トップページ >1882年生まれの有名人

このサイトに登録されている誕生日で有名人の数:89,188人


スポンサーリンク


このサイトに登録されている「1882年」生まれの有名人の数:151:人
 1  片岡敏郎    静岡県 出身Wikipedia
片岡 敏郎(かたおか としろう、1882年 - 1945年)は、戦前に活躍したコピーライター(当時の呼び名で「アドライター」)である。静岡県出身。
全国の静岡県出身者
 2  中根駒十郎    愛知県 岡崎市 出身Wikipedia
中根 駒十郎(なかね こまじゅうろう、1882年 - 1964年)は、新潮社の編集者、専務取締役。
全国の愛知県出身者    全国の岡崎市出身者
 3  宮本英脩    茨城県 出身Wikipedia
宮本 英脩(みやもと ひでなが、1882年 - 1944年4月22日)は、茨城県出身の刑法学者。裁判官。
全国の茨城県出身者
東京大学出身      茨城県出身の東京大学の出身者      全国の東京大学の出身者
 4  岩田新Wikipedia
岩田 新(いわた あらた、1882年 - 1947年)は、日本の法学者。民法学者。法学博士(東京帝國大学)。東京商科大学名誉教授。愛知県碧海郡知立町(現・知立市)出身。
一橋大学出身      全国の一橋大学の出身者
 5  武田豊四郎Wikipedia
武田 豊四郎(たけだ とよしろう、1882年 - 1957年)は、日本の仏教学者、民俗学者。早稲田大学仏教青年会初代会長。
早稲田大学出身      全国の早稲田大学の出身者
 6  土井芳輔Wikipedia
土井 芳輔(どい よしすけ、明治15年(1882年) - 大正12年(1923年)1月27日)は、日韓併合時代の南満州鉄道・京城出張所所長。板垣正貫の岳父。
明治大学出身      全国の明治大学の出身者
 7  佐上信一Wikipedia
佐上 信一(さがみ しんいち、1882年 - 1943年)は、日本の内務官僚。岡山県知事、長崎県知事、京都府知事、北海道庁長官などの要職を歴任した。
東京大学出身      全国の東京大学の出身者
広島県立広島国泰寺高等学校出身      全国の広島県立広島国泰寺高等学校の出身者
 8  石山賢吉Wikipedia
石山 賢吉(いしやま けんきち、1882年(明治15年)1月2日 ‐ 1964年(昭和39年)7月23日)は日本の実業家、ジャーナリスト、政治家。ダイヤモンド社創業者。
慶應義塾大学出身      全国の慶應義塾大学の出身者
 9  生方賢一郎    群馬県 出身Wikipedia
生方 賢一郎(うぶかた けんいちろう、1882年1月6日 - 1961年2月25日)は日本の俳優。群馬県利根郡新治村新巻(現在の同県同郡みなかみ町)出身。本名同じ。
全国の群馬県出身者
関西大学出身      群馬県出身の関西大学の出身者      全国の関西大学の出身者
 10  生方賢一郎Wikipedia
生方 賢一郎(うぶかた けんいちろう、1882年1月6日 - 1961年2月25日)は日本の俳優。群馬県出身。
関西大学出身      全国の関西大学の出身者
 11  鈴木隆 (政治家)    千葉県 市原市 出身Wikipedia
鈴木 隆(すずき たかし、1882年(明治15年)1月13日 - 1978年(昭和53年)3月30日[2])は、日本の政治家・実業家。衆議院議員(5期)。千葉県市原郡出身。
全国の千葉県出身者    全国の市原市出身者
 12  梅津美治郎    大分県 中津市 出身Wikipedia
梅津 美治郎(うめづ よしじろう[注釈 1]、1882年(明治15年)1月4日 - 1949年(昭和24年)1月8日)は、日本の陸軍軍人。最終階級は陸軍大将。
全国の大分県出身者    全国の中津市出身者
 13  田中寛一    岡山県 出身Wikipedia
田中 寛一(たなか かんいち、1882年(明治15年)1月20日 - 1962年(昭和37年)11月12日)は、日本の教育心理学者。東京帝国大学文学博士[2]、東京文理科大学名誉教授。日本の心理測定の先駆者。「田中ビネー知能検査」「田中B式知能検査」をはじめ、多くの心理検査を考案した[3][4][5]。
全国の岡山県出身者
京都大学出身      岡山県出身の京都大学の出身者      全国の京都大学の出身者
 14  田中寛一    岡山県 出身Wikipedia
田中 寛一(たなか かんいち、1882年1月20日 - 1962年11月12日)は、日本の教育心理学者。東京文理科大学名誉教授、文化功労者。日本の心理測定の先駆者。岡山県出身。
全国の岡山県出身者
京都大学出身      岡山県出身の京都大学の出身者      全国の京都大学の出身者
 15  河面冬山    広島県  広島市 出身Wikipedia
河面 冬山(こうも とうざん、1882年1月20日 - 1955年10月26日)は、漆工芸家。広島県広島市草津(現西区)生まれ。本名・冬一。
全国の広島県出身者    全国の 広島市出身者
 16  川田順Wikipedia
川田 順(かわだ じゅん、1882年(明治15年)1月15日 - 1966年(昭和41年)1月22日)は、歌人、実業家。住友総本社常務理事。漢学者川田甕江の三男。女優・歌手の佐良直美は従曾孫娘。
東京大学出身      全国の東京大学の出身者
東京都立戸山高等学校出身      全国の東京都立戸山高等学校の出身者
 17  百武源吾Wikipedia
百武 源吾(ひゃくたけ げんご、1882年(明治15年)1月28日 - 1976年(昭和51年)1月15日)は、日本の海軍軍人。最終階級は海軍大将。第7代九州帝国大学総長。佐賀県出身。兄・三郎と源吾は海軍兵学校を首席卒業し、ともに海軍大将となった日本海軍史上唯一の兄弟である。
佐賀県立佐賀西高等学校出身      全国の佐賀県立佐賀西高等学校の出身者
 18  柴田雄次    東京都 出身Wikipedia
柴田 雄次(しばた ゆうじ、1882年1月28日 - 1980年1月28日)は、東京府出身の化学者。東京大学名誉教授。正三位勲一等瑞宝章。
全国の東京都出身者
東京大学出身      東京都出身の東京大学の出身者      全国の東京大学の出身者
筑波大学附属高等学校出身      全国の筑波大学附属高等学校の出身者
 19  百武源吾    佐賀県 出身Wikipedia
百武 源吾(ひゃくたけ げんご、1882年(明治15年)1月28日 - 1976年(昭和51年)1月15日)は、日本の海軍軍人。最終階級は海軍大将。第7代九州帝国大学総長。佐賀県出身。兄・三郎と源吾は海軍兵学校を首席卒業し、ともに海軍大将となった日本海軍史上唯一の兄弟である。
全国の佐賀県出身者
海城高等学校出身      全国の海城高等学校の出身者
 20  山岡国利    鹿児島県 出身Wikipedia
山岡 国利(やまおか くにとし、1882年(明治15年)2月 - 1945年(昭和20年)3月25日[2])は、日本の内務・農商務官僚、実業家。官選県知事。旧姓・奥、旧名・堅次。
全国の鹿児島県出身者
 21  前田米蔵    和歌山県 出身Wikipedia
前田 米蔵(まえだ よねぞう[3]、1882年2月17日 - 1954年3月18日)は、日本の政党政治家。
全国の和歌山県出身者
中央大学出身      和歌山県出身の中央大学の出身者      全国の中央大学の出身者
 22  中島完一    岐阜県  下呂市 出身Wikipedia
中島 完一(なかしま かんいち、1882年(明治15年)2月3日 - 1943年(昭和18年)2月19日)は、大日本帝国陸軍の軍人。最終階級は陸軍中将。
全国の岐阜県出身者    全国の 下呂市出身者
 23  高島基江Wikipedia
高島 基江(たかしま もとえ、1882年2月18日 - 1969年3月28日)は日本の実業家。東洋高圧工業社長、帝国燃料興業総裁、満州合成燃料理事長。
福岡県立修猷館高等学校出身      全国の福岡県立修猷館高等学校の出身者
 24  矢田挿雲    石川県 金沢市 出身Wikipedia
矢田 挿雲(やだ そううん、1882年(明治15年)2月9日 - 1961年(昭和36年)12月13日)は、石川県金沢市出身の小説家、俳人。本名は義勝。矢田插雲とも。
全国の石川県出身者    全国の金沢市出身者
早稲田大学出身      石川県出身の早稲田大学の出身者      全国の早稲田大学の出身者
宮城県仙台第一高等学校出身      全国の宮城県仙台第一高等学校の出身者
 25  田渕豊吉    和歌山県 御坊市 出身Wikipedia
田渕 豊吉(たぶち とよきち、1882年(明治15年)2月23日 - 1943年(昭和18年)1月15日)は、明治・大正・昭和期における日本の政治家。無所属、衆議院議員(5期)
全国の和歌山県出身者    全国の御坊市出身者
早稲田大学出身      和歌山県出身の早稲田大学の出身者      全国の早稲田大学の出身者
 26  梨本伊都子Wikipedia
梨本 伊都子(なしもと いつこ、1882年(明治15年)2月2日 - 1976年(昭和51年)8月19日)は、日本の元皇族。旧名は鍋島伊都子。梨本宮守正王の妃。皇族女性随一の美人と謳われた。妹に松平信子。お印は桂。
学習院女子高等科出身      全国の学習院女子高等科の出身者
 27  黒田慶太郎Wikipedia
黒田 慶太郎(くろだ けいたろう、明治15年(1882年)2月 - 没年不明)は、日本の実業家。中国にあった日系紡績会社、上海紡織(シャンボウ)の代表取締役会長として戦前の上海に暮らした[1]。
一橋大学出身      全国の一橋大学の出身者
 28  中村謙一    東京都 出身Wikipedia
中村 謙一(なかむら けんいち、1882年2月 - 1943年2月26日)は、日本の官僚、華族。鉄道省建設局長、鉄道会議議員、鉄道工事統制協会長、土木学会長、災害予防調査会委員、発電調査会委員等を歴任し、貴族院議員も務める。勲三等男爵。墓地は多磨霊園。
全国の東京都出身者
東京大学出身      東京都出身の東京大学の出身者      全国の東京大学の出身者
東京都立日比谷高等学校出身      全国の東京都立日比谷高等学校の出身者
 29  植村恒三郎    福島県 出身Wikipedia
植村 恒三郎(うえむら つねさぶろう、1882年(明治15年)2月 - 1945年(昭和20年)は、日本の林学者。林政学、森林経理学を専門とした九州帝国大学教授、同名誉教授である。入会権について史的研究を行い[3][4]、川瀬善太郎に続き入会権公有論を唱える[4]。また樺太に設けられた九州帝大演習林の指導、調査報告を行った[5]。「本邦に於ける林野の入会関係に就て」で林学博士(東京帝大)[6]。
全国の福島県出身者
東京大学出身      福島県出身の東京大学の出身者      全国の東京大学の出身者
 30  多田駿    宮城県 出身Wikipedia
多田 駿(ただ はやお、1882年(明治15年)2月24日 - 1948年(昭和23年)12月18日)は、日本の陸軍軍人。最終階級は陸軍大将。宮城県仙台市生まれ。生家は旧仙台藩(伊達藩)士である。
全国の宮城県出身者
 31  蓮沼門三    福島県 出身Wikipedia
蓮沼 門三(はすぬま もんぞう、1882年2月22日 - 1980年6月6日)は、社会教育団体「修養団」を設立した日本の社会教育家。
全国の福島県出身者
東京学芸大学出身      福島県出身の東京学芸大学の出身者      全国の東京学芸大学の出身者
 32  田渕豊吉    和歌山県 出身Wikipedia
田渕 豊吉(たぶち とよきち、1882年(明治15年)2月23日 - 1943年(昭和18年)1月15日)は、明治・大正・昭和期における日本の政治家。無所属、衆議院議員(5期)
全国の和歌山県出身者
早稲田大学出身      和歌山県出身の早稲田大学の出身者      全国の早稲田大学の出身者
 33  大庭政世    島根県 津和野町 出身Wikipedia
大庭 政世(おおば まさよ、明治15年2月14日(1882年) - 昭和14年5月19日(1939年)は、島根県津和野町出身の農民運動家。日本初の産業組合病院の設立に尽力した。
全国の島根県出身者    全国の津和野町出身者
 34  久野節Wikipedia
久野 節(くの みさお、1882年(明治15年)2月21日 - 1962年(昭和37年)8月7日)は、日本の建築家。鉄道省技師、中部鉄道管理局、鉄道省初代建築課長、逓信省技師を歴任。旧制堺中学校、東京帝国大学建築学科卒。従四位。
東京帝国大学出身      全国の東京帝国大学の出身者
大阪府立三国丘高等学校出身      全国の大阪府立三国丘高等学校の出身者
 35  森恪Wikipedia
森 恪(もり かく、1882年(明治16年)2月28日 - 1932年(昭和7年)12月11日)は、昭和戦前期の日本の政治家、衆議院議員。名の「恪」を「かく」と読むのは有職読みで、本来の読みは「つとむ」。
日本大学第三高等学校出身      全国の日本大学第三高等学校の出身者
 36  前田米蔵    和歌山県 出身Wikipedia
前田 米蔵(まえだ よねぞう、1882年2月17日 - 1954年3月18日)は、日本の政党政治家。和歌山県出身だが、選挙区は中選挙区制時代の旧東京府第6区だった。衆議院議員選挙に通算10回当選し、大政翼賛会総務会長を務めたことで知られている。親軍派だったため戦後は不遇だった。
全国の和歌山県出身者
中央大学出身      和歌山県出身の中央大学の出身者      全国の中央大学の出身者
 37  清水徳太郎    富山県 出身Wikipedia
清水 徳太郎(しみず とくたろう、1882年(明治15年)2月8日 - 1963年(昭和38年)11月28日)は、日本の鉄道・内務官僚、政治家。官選和歌山県知事、衆議院議員。
全国の富山県出身者
東京大学出身      富山県出身の東京大学の出身者      全国の東京大学の出身者
早稲田高等学校出身      全国の早稲田高等学校の出身者
 38  泉谷祐勝Wikipedia
泉谷 祐勝(いずみたに すけかつ、1882年(明治15年)3月 - 1967年(昭和42年)2月3日)は、日本のアマチュア野球選手。黎明期の早稲田大学野球部の中心選手であり、後には宮内省野球班を組織した。守備位置は捕手、一塁手。慶應義塾大学野球部の主将を務めた佐々木勝麿は実弟。
早稲田大学出身      全国の早稲田大学の出身者
兵庫県立神戸高等学校出身      全国の兵庫県立神戸高等学校の出身者
 39  丸茂藤平    長野県 出身Wikipedia
丸茂 藤平(まるも とうへい、1882年(明治15年)3月25日 - 1956年(昭和31年)[2])は、日本の内務官僚、官選岩手県知事。旧姓・両角[3]。
全国の長野県出身者
 40  荻野久作Wikipedia
荻野 久作(おぎの きゅうさく、1882年3月25日 - 1975年1月1日)は産婦人科医、医学博士である。女性の月経周期と妊娠との関連性を研究した先駆的業績で知られる。
新潟大学出身      全国の新潟大学の出身者
愛知県立時習館高等学校出身      全国の愛知県立時習館高等学校の出身者
 41  周布兼道    山口県 出身Wikipedia
周布 兼道(すふ かねみち、1882年3月 - 1955年6月29日)は、日本の貴族院議員。男爵。周布公平の長男。長州藩士・周布兼翼(周布政之助)の孫にあたる。
全国の山口県出身者
東京都立日比谷高等学校出身      全国の東京都立日比谷高等学校の出身者
 42  嶋田青峰    三重県 志摩市 出身Wikipedia
嶋田 青峰(しまだ せいほう、1882年3月8日 - 1944年5月31日)は、日本の俳人・翻訳家・新聞記者・教員。三重県答志郡[注 1]的矢村(現在の三重県志摩市磯部町的矢)出身。本名は賢平。姓の「しまだ」は「嶋田」と書くのが正式であるが、一般に「島田」の表記も用いられる。俳号の青峰は、故郷の山・青峰山(あおのみねさん、標高336m)に由来する。
全国の三重県出身者    全国の志摩市出身者
早稲田大学出身      三重県出身の早稲田大学の出身者      全国の早稲田大学の出身者
広島県立広島皆実高等学校出身      全国の広島県立広島皆実高等学校の出身者
 43  久野寧Wikipedia
久野 寧(くの やす、1882年3月30日 - 1977年12月30日)は、日本の生理学者。発汗と体温調節の生理についての研究で知られる[1]。日本学士院会員、文化勲章受章者。
名古屋大学出身      全国の名古屋大学の出身者
 44  橋田邦彦    鳥取県 出身Wikipedia
橋田 邦彦(はしだ くにひこ、1882年(明治15年)3月15日 - 1945年(昭和20年)9月14日)は、日本の医学者、教育者。医学博士。号は無適。旧姓藤田。生理学者藤田敏彦の実弟。
全国の鳥取県出身者
東京帝国大学出身      鳥取県出身の東京帝国大学の出身者      全国の東京帝国大学の出身者
鳥取県立鳥取西高等学校出身      全国の鳥取県立鳥取西高等学校の出身者
 45  嶋田青峰    三重県 志摩市 出身Wikipedia
嶋田 青峰(しまだ せいほう、1882年3月8日 - 1944年5月31日)は、日本の俳人・翻訳家・新聞記者・教員。三重県答志郡[注 1]的矢村(現在の三重県志摩市磯部町的矢)出身。本名は賢平。姓の「しまだ」は「嶋田」と書くのが正式であるが、一般に「島田」の表記も用いられる。俳号の青峰は、故郷の山・青峰山(あおのみねさん、標高336m)に由来する。
全国の三重県出身者    全国の志摩市出身者
早稲田大学出身      三重県出身の早稲田大学の出身者      全国の早稲田大学の出身者
日本学園高等学校出身      全国の日本学園高等学校の出身者
 46  荻野久作Wikipedia
荻野 久作(おぎの きゅうさく、1882年3月25日 - 1975年1月1日)は産婦人科医、医学博士である。女性の月経周期と妊娠との関連性を研究した先駆的業績で知られる。
新潟大学出身      全国の新潟大学の出身者
日本学園高等学校出身      全国の日本学園高等学校の出身者
 47  波多野養作Wikipedia
波多野 養作(はたの ようさく、1882年3月 - 1935年7月)は、日本の探検家。外務省嘱託。日露戦争末期に外務省の特命で中国西域を探査。
福岡県立修猷館高等学校出身      全国の福岡県立修猷館高等学校の出身者
 48  伊藤精司    新潟県 出身Wikipedia
伊藤 精司(いとう せいじ、1882年(明治15年)3月1日 - 1964年(昭和39年)6月22日)は、日本陸軍の軍人。階級は陸軍少将。武道の称号は大日本武徳会銃剣術範士、剣道教士。流派は直心影流。
全国の新潟県出身者
陸軍士官学校出身      新潟県出身の陸軍士官学校の出身者      全国の陸軍士官学校の出身者
新潟県立新潟高等学校出身      全国の新潟県立新潟高等学校の出身者
 49  坂本繁二郎    福岡県 久留米市 出身Wikipedia
坂本 繁二郎(さかもと はんじろう、 1882年3月2日 - 1969年7月14日)は、明治後期~昭和期の洋画家である。
全国の福岡県出身者    全国の久留米市出身者
東京芸術大学出身      福岡県出身の東京芸術大学の出身者      全国の東京芸術大学の出身者
福岡県立明善高等学校出身      全国の福岡県立明善高等学校の出身者
 50  岡本半次郎    広島県 福山市 出身Wikipedia
岡本 半次郎(おかもと はんじろう、1882年4月22日 - 1960年3月4日)は日本の教育者。昆虫学者、農学博士。
全国の広島県出身者    全国の福山市出身者
北海道大学出身      広島県出身の北海道大学の出身者      全国の北海道大学の出身者
広島県立福山誠之館高等学校出身      全国の広島県立福山誠之館高等学校の出身者
 51  生田長江    鳥取県 渋谷区 出身Wikipedia
生田 長江(いくた ちょうこう、1882年(明治15年)4月21日 - 1936年(昭和11年)1月11日)は、日本の評論家、翻訳家、劇作家、小説家。
全国の鳥取県出身者    全国の渋谷区出身者
東京帝国大学出身      鳥取県出身の東京帝国大学の出身者      全国の東京帝国大学の出身者
桃山学院高等学校出身      全国の桃山学院高等学校の出身者
 52  生田長江    鳥取県 渋谷区 出身Wikipedia
生田 長江(いくた ちょうこう、1882年(明治15年)4月21日 - 1936年(昭和11年)1月11日)は、日本の評論家、翻訳家、劇作家、小説家。
全国の鳥取県出身者    全国の渋谷区出身者
東京帝国大学出身      鳥取県出身の東京帝国大学の出身者      全国の東京帝国大学の出身者
青山学院高等部出身      全国の青山学院高等部の出身者
 53  五島慶太    長野県 出身Wikipedia
五島 慶太(ごとう けいた、1882年(明治15年)4月18日 - 1959年(昭和34年)8月14日)は日本の実業家。東京急行電鉄(東急)の事実上の創業者。正三位勲一等。旧姓は小林。
全国の長野県出身者
東京教育大学出身      長野県出身の東京教育大学の出身者      全国の東京教育大学の出身者
長野県松本深志高等学校出身      全国の長野県松本深志高等学校の出身者
 54  小川未明    新潟県 上越市(旧高田市) 出身Wikipedia
小川 未明 (おがわ みめい、1882年(明治15年)4月7日 - 1961年(昭和36年)5月11日)は、小説家・児童文学作家。本名は小川 健作(おがわ けんさく)。「日本のアンデルセン」「日本児童文学の父」と呼ばれ、浜田広介と坪田譲治と並んで「児童文学界の三種の神器」と評された。娘の岡上鈴江も児童文学者。
全国の新潟県出身者    全国の上越市(旧高田市)出身者
早稲田大学出身      新潟県出身の早稲田大学の出身者      全国の早稲田大学の出身者
新潟県立高田高等学校出身      全国の新潟県立高田高等学校の出身者
 55  五島慶太    長野県 出身Wikipedia
五島 慶太(ごとう けいた、1882年(明治15年)4月18日 - 1959年(昭和34年)8月14日)は日本の実業家。東京急行電鉄(東急)の事実上の創業者。正三位勲一等。旧姓は小林。
全国の長野県出身者
東京教育大学出身      長野県出身の東京教育大学の出身者      全国の東京教育大学の出身者
長野県上田高等学校出身      全国の長野県上田高等学校の出身者
 56  大倉邦彦Wikipedia
大倉 邦彦(おおくら・くにひこ、旧姓:江原 、1882年(明治15年)4月9日 - 1971年(昭和46年)7月25日)は日本の実業家・教育者。
東洋大学出身      出身の東洋大学の出身者      全国の東洋大学の出身者
佐賀県立佐賀西高等学校出身      全国の佐賀県立佐賀西高等学校の出身者
 57  五島慶太    長野県 出身Wikipedia
五島 慶太(ごとう けいた、1882年(明治15年)4月18日 - 1959年(昭和34年)8月14日)は日本の実業家。東京急行電鉄(東急)の事実上の創業者。正三位勲一等。旧姓は小林。
全国の長野県出身者
東京教育大学出身      長野県出身の東京教育大学の出身者      全国の東京教育大学の出身者
三重県立四日市商業高等学校出身      全国の三重県立四日市商業高等学校の出身者
 58  久村種樹    滋賀県 出身Wikipedia
久村 種樹(ひさむら たねき、1882年4月16日 - 1967年4月26日)は、日本陸軍の軍人。最終階級は陸軍中将。
全国の滋賀県出身者
 59  堀切善兵衛    福島県 出身Wikipedia
堀切 善兵衛(ほりきり ぜんべえ、1882年(明治15年)5月4日 - 1946年(昭和21年)11月25日)は、日本の政党政治家。立憲政友会所属。
全国の福島県出身者
慶應義塾大学出身      福島県出身の慶應義塾大学の出身者      全国の慶應義塾大学の出身者
 60  羽田亨    京都府 出身Wikipedia
羽田 亨(はねだ とおる、1882年(明治15年)5月15日 - 1955年(昭和30年)4月13日)は東洋史学者。京都大学名誉教授。文化勲章受章者。 文学博士(京都帝国大学、1922年)。京都府峰山町(現・京丹後市)生まれ。
全国の京都府出身者
東京大学出身      京都府出身の東京大学の出身者      全国の東京大学の出身者
武蔵高等学校出身      全国の武蔵高等学校の出身者
 61  野上俊夫    新潟県 出身Wikipedia
野上 俊夫(のがみ としお、1882年5月2日-1963年5月24日)は、日本の心理学者、京都帝国大学名誉教授。 新潟県出身。1906年東京帝国大学文学部心理学科卒。1911年京都帝大助教授、1915年米国へ留学、1917年教授、1942年定年退官、名誉教授、浪速大学(現在の大阪府立大学)教授、京都女子大学教授。米国の青年心理学者スタンリー・ホールの影響を受け、実際的な心理学を目指した。
全国の新潟県出身者
東京大学出身      新潟県出身の東京大学の出身者      全国の東京大学の出身者
新潟県立新潟高等学校出身      全国の新潟県立新潟高等学校の出身者
 62  野口雨情    茨城県 多賀郡磯原村(現・北茨城市) 出身Wikipedia
野口雨情(のぐち うじょう、1882年(明治15年)5月29日 - 1945年(昭和20年)1月27日、本名・英吉)は、詩人、童謡・民謡作詞家。多くの名作を残し、北原白秋、西條八十とともに、童謡界の三大詩人と謳われた[2]。
全国の茨城県出身者    全国の多賀郡磯原村(現・北茨城市)出身者
早稲田大学出身      茨城県出身の早稲田大学の出身者      全国の早稲田大学の出身者
 63  斎藤茂吉Wikipedia
斎藤 茂吉(さいとう もきち、1882年(明治15年)5月14日 - 1953年(昭和28年)2月25日)は、日本の歌人、精神科医。伊藤左千夫門下であり、大正から昭和前期にかけてのアララギの中心人物。
東京大学出身      全国の東京大学の出身者
開成高等学校出身      全国の開成高等学校の出身者
 64  川村驥山    静岡県 袋井市 出身Wikipedia
川村 驥山(かわむら きざん、1882年5月20日 - 1969年4月6日)は、日本の書家。日本芸術院会員。本名は川村慎一郎、別号に酔仏居士、酔驥、長嘯庵主人などがある。
全国の静岡県出身者    全国の袋井市出身者
 65  三善信房    熊本県 嘉島町 出身Wikipedia
三善 信房(みよし のぶふさ、1882年5月14日 - 1965年4月4日)は、日本の政治家・農業指導者。衆議院議員(4期)。藍綬褒章、正四位勲二等瑞宝章受章。
全国の熊本県出身者    全国の嘉島町出身者
熊本県立熊本高等学校出身      全国の熊本県立熊本高等学校の出身者
 66  木下栄    兵庫県 出身Wikipedia
木下 栄(きのした さかえ、1882年(明治15年)5月-1952年(昭和27年)5月26日)は日本の政治家、実業家。衆議院議員(3期)、神姫合同自動車(現神姫バス)社長。
全国の兵庫県出身者
法政大学出身      兵庫県出身の法政大学の出身者      全国の法政大学の出身者
 67  白井慶吉    新潟県 出身Wikipedia
白井慶吉(しらい けいきち、1882年5月15日 - 1985年6月2日)は、日本の牧師。日本基督教団第5代議長。クリスチャン政治家加藤勝弥の従兄。加藤俊子の甥にあたる。
全国の新潟県出身者
新潟県立新潟商業高等学校出身      全国の新潟県立新潟商業高等学校の出身者
 68  野口雨情    茨城県 出身Wikipedia
野口雨情(のぐち うじょう、1882年(明治15年)5月29日 - 1945年(昭和20年)1月27日、本名・英吉[1])は、詩人、童謡・民謡作詞家。多くの名作を残し、北原白秋、西條八十とともに、童謡界の三大詩人と謳われた[2]。
全国の茨城県出身者
早稲田大学出身      茨城県出身の早稲田大学の出身者      全国の早稲田大学の出身者
 69  堀切善兵衛    福島県 出身Wikipedia
堀切 善兵衛(ほりきり ぜんべえ、1882年(明治15年)5月4日 - 1946年(昭和21年)11月25日)は、日本の政党政治家・経済学者。立憲政友会所属[2]。
全国の福島県出身者
慶應義塾大学出身      福島県出身の慶應義塾大学の出身者      全国の慶應義塾大学の出身者
 70  川村驥山    長野県 出身Wikipedia
川村 驥山(かわむら きざん、1882年5月20日 - 1969年4月6日)は、日本の書家。日本芸術院会員。本名は川村慎一郎、別号に酔仏居士、酔驥、長嘯庵主人などがある。
全国の長野県出身者
 71  元田敏夫Wikipedia
元田 敏夫(もとだ としお、1882年(明治15年)5月 - 1958年(昭和33年)3月30日)は、日本の内務官僚。官選県知事。
東京大学出身      全国の東京大学の出身者
東京都立日比谷高等学校出身      全国の東京都立日比谷高等学校の出身者
 72  金田一京助    岩手県 出身Wikipedia
金田一 京助(きんだいち きょうすけ、1882年(明治15年)5月5日 - 1971年(昭和46年)11月14日)は、日本の言語学者、民俗学者。日本のアイヌ語研究の本格的創始者として知られる。國學院大學教授を経て東京帝国大学教授、國學院大學名誉教授。日本学士院会員。日本言語学会会長(二代目)。東京帝国大学より文学博士。栄典は従三位・勲一等・瑞宝章・文化勲章。盛岡市名誉市民。歌人・石川啄木の親友であったことでも有名。 長男の春彦、孫の真澄や秀穂も言語学者。
全国の岩手県出身者
東京大学出身      岩手県出身の東京大学の出身者      全国の東京大学の出身者
岩手県立盛岡第一高等学校出身      全国の岩手県立盛岡第一高等学校の出身者
 73  長谷部言人Wikipedia
長谷部 言人(はせべ ことんど、1882年6月10日 - 1969年12月3日)は東京市麹町区(現・東京都千代田区)出身の人類学者、解剖学者。日本学士院会員。
東京大学出身      全国の東京大学の出身者
東京都立日比谷高等学校出身      全国の東京都立日比谷高等学校の出身者
 74  小倉進平Wikipedia
小倉 進平(おぐら しんぺい、1882年6月4日 - 1944年2月8日)は、日本の言語学者。朝鮮語研究、日本語研究。日本語研究にも多くの業績があるが、特に朝鮮語研究においてその後の研究の礎を築いた。
東京帝国大学出身      全国の東京帝国大学の出身者
宮城県仙台第一高等学校出身      全国の宮城県仙台第一高等学校の出身者
 75  宇井伯寿Wikipedia
宇井 伯寿(うい はくじゅ、旧字体:伯壽、1882年(明治15年)6月1日 - 1963年(昭和38年)7月14日)は、日本の曹洞宗の僧侶、インド哲学研究者、仏教学者、文学博士。日本学士院会員。本名は茂七(しげしち)。
東京帝国大学出身      全国の東京帝国大学の出身者
愛知高等学校出身      全国の愛知高等学校の出身者
 76  金子養三    広島県 出身Wikipedia
金子 養三(かねこ ようぞう、1882年(明治15年)6月11日 - 1941年(昭和16年)12月27日)は、日本の海軍軍人。最終階級は海軍少将。日本海軍の最初期の搭乗員で、また搭乗員経験者として最初の将官となった。日本海軍飛行機の元祖、また海鷲育ての親ともいわれる人物である。
全国の広島県出身者
修道高等学校出身      全国の修道高等学校の出身者
 77  笠原敏郎    新潟県 出身Wikipedia
笠原 敏郎(かさはら としろう、1882年6月16日 - 1969年6月9日)は日本の都市計画家。内務官僚。
全国の新潟県出身者
東京大学出身      新潟県出身の東京大学の出身者      全国の東京大学の出身者
 78  滝田樗陰    秋田県 出身Wikipedia
滝田 樗陰(たきたちょいん 1882年(明治15年)6月28日- 1925年(大正14年)10月27日)は日本の雑誌編集者。本名は滝田哲太郎。総合雑誌『中央公論』の編集長を務めた。
全国の秋田県出身者
秋田県立秋田高等学校出身      全国の秋田県立秋田高等学校の出身者
 79  宇井伯壽Wikipedia
宇井 伯寿(うい はくじゅ、旧字体:伯壽、1882年(明治15年)6月1日 - 1963年(昭和38年)7月14日)は、日本の曹洞宗の僧侶、インド哲学研究者、仏教学者、文学博士。日本学士院会員。本名は茂七(しげしち)。
東京帝国大学出身      全国の東京帝国大学の出身者
東洋大学京北高等学校出身      全国の東洋大学京北高等学校の出身者
 80  大倉喜七郎    東京都 出身Wikipedia
大倉 喜七郎(おおくら きしちろう、1882年6月16日 - 1963年2月2日)は、大倉財閥2代目総帥。男爵。東京生まれ。長唄の名を聴松。
全国の東京都出身者
慶應義塾大学出身      東京都出身の慶應義塾大学の出身者      全国の慶應義塾大学の出身者
 81  金子養三    広島県 出身Wikipedia
金子 養三(かねこ ようぞう、1882年(明治15年)6月11日 - 1941年(昭和16年)12月27日)は、日本の海軍軍人。最終階級は海軍少将。日本海軍の最初期の搭乗員で、また搭乗員経験者として最初の将官となった。日本海軍飛行機の元祖、また海鷲育ての親ともいわれる人物である。
全国の広島県出身者
攻玉社高等学校出身      全国の攻玉社高等学校の出身者
 82  石上露子    大阪府 富田林市 出身Wikipedia
石上 露子(いそのかみ つゆこ、1882年(明治15年)6月11日 - 1959年(昭和34年)10月8日)は、日本の作家、歌人。大阪府富田林市出身。 雅号はゆふちどり。新詩社の社友となり、「明星」等に短歌、詩、小説等を発表した。本名杉山 孝(すぎやま たか)。代表作は「小板橋」。
全国の大阪府出身者    全国の富田林市出身者
梅花高等学校出身      全国の梅花高等学校の出身者
 83  山崎甚五郎    兵庫県 出身Wikipedia
山崎 甚五郎(やまざき じんごろう、1882年(明治15年)7月2日 - 1927年(昭和2年)6月19日)は日本の電気化学者、教育者。兵庫県多紀郡丸山村(現篠山市)で誕生。苛性ソーダの電解法による製造方法を開発し大規模工業化への飛躍的な途を拓いた。粘土などからアルミナ(酸化アルミニウム)を製造する方法を発明した。山梨高等工業学校(現山梨大学工学部)の初代校長。
全国の兵庫県出身者
京都大学出身      兵庫県出身の京都大学の出身者      全国の京都大学の出身者
 84  大塚堅之助    愛知県 出身Wikipedia
大塚 堅之助(おおつか けんのすけ、1882年(明治15年)7月2日)- 1962年(昭和37年)11月22日)は、日本の陸軍軍人。最終階級は陸軍中将。
全国の愛知県出身者
 85  寺澤寛一    山形県 出身Wikipedia
寺沢 寛一(てらざわ かんいち、1882年7月15日 - 1969年2月5日)は、日本の理論物理学者・数学者。日本学士院会員、東京帝国大学名誉教授、東京帝国大学総長事務取扱、理学部長、高等逓信講習所所長、千葉工業大学学長、電気通信大学学長などを歴任。多年にわたり東京帝国大学理学部物理学教室の運営に力があった。著書「自然科学者のための数学概論」は応用数学の名著として名高い。
全国の山形県出身者
東京大学出身      山形県出身の東京大学の出身者      全国の東京大学の出身者
 86  青木繁    福岡県 久留米市 出身Wikipedia
青木 繁(あおき しげる、1882年(明治15年)7月13日 - 1911年(明治44年)3月25日)は日本の洋画家。
全国の福岡県出身者    全国の久留米市出身者
東京芸術大学出身      福岡県出身の東京芸術大学の出身者      全国の東京芸術大学の出身者
福岡県立明善高等学校出身      全国の福岡県立明善高等学校の出身者
 87  黒河内四郎    福島県 出身Wikipedia
黒河内 四郎(くろかわち しろう[注 1]/くろこうち しろう、1882年(明治15年)7月 - 1960年(昭和35年)6月3日)は、日本の鉄道省官僚、土木工学者(工学博士)。鉄道省工務局長を最後に退官し、東京高速鉄道技師長として現在の銀座線新橋、渋谷間の開通に貢献。第31代土木学会会長、初代日本保線協会会長。
全国の福島県出身者
東京大学出身      福島県出身の東京大学の出身者      全国の東京大学の出身者
 88  桑田芳蔵    鳥取県 出身Wikipedia
桑田 芳蔵(くわだ よしぞう、1882年7月11日 - 1967年10月10日)は、日本の心理学者(民族心理学専攻)、東京帝国大学および大阪大学名誉教授。
全国の鳥取県出身者
東京大学出身      鳥取県出身の東京大学の出身者      全国の東京大学の出身者
 89  成石平四郎    和歌山県 出身Wikipedia
成石 平四郎(なるいし へいしろう、1882年8月12日 - 1911年1月24日)は社会主義者。幸徳事件(大逆事件)で処刑された12名の1人。
全国の和歌山県出身者
中央大学出身      和歌山県出身の中央大学の出身者      全国の中央大学の出身者
 90  河野省三    埼玉県 加須市(旧・北埼玉郡騎西町) 出身Wikipedia
河野 省三(こうの せいぞう、1882年8月10日 - 1963年1月8日)は、日本の神道学者。國學院大學学長。埼玉県出身。号は紫雲。
全国の埼玉県出身者    全国の加須市(旧・北埼玉郡騎西町)出身者
國學院大學出身      埼玉県出身の國學院大學の出身者      全国の國學院大學の出身者
埼玉県立不動岡高等学校出身      全国の埼玉県立不動岡高等学校の出身者
 91  生方敏郎    群馬県 出身Wikipedia
生方 敏郎(うぶかた としろう、1882年8月24日 - 1969年8月6日)は、日本の随筆家、文学者。
全国の群馬県出身者
早稲田大学出身      群馬県出身の早稲田大学の出身者      全国の早稲田大学の出身者
群馬県立沼田高等学校出身      全国の群馬県立沼田高等学校の出身者
 92  沢田竹治郎    岐阜県 出身Wikipedia
澤田 竹治郎(さわだ たけじろう、1882年(明治15年)8月2日 - 1973年(昭和48年)3月11日)は、日本の内務官僚、裁判官。最高裁判所判事。岐阜県出身。
全国の岐阜県出身者
東京帝国大学出身      岐阜県出身の東京帝国大学の出身者      全国の東京帝国大学の出身者
岐阜県立岐阜高等学校出身      全国の岐阜県立岐阜高等学校の出身者
 93  高橋三吉Wikipedia
高橋 三吉(たかはし さんきち、明治15年(1882年)8月24日 - 昭和41年(1966年)6月15日)は、大正から昭和期の日本の海軍軍人。最終階級は海軍大将。
攻玉社高等学校出身      全国の攻玉社高等学校の出身者
 94  石原謙    東京都 出身Wikipedia
石原 謙(いしはら けん、1882年8月1日 - 1976年7月4日)は、キリスト教史学者。東京生まれ。日本学士院会員。
全国の東京都出身者
東京大学出身      東京都出身の東京大学の出身者      全国の東京大学の出身者
早稲田高等学校出身      全国の早稲田高等学校の出身者
 95  鈴木三重吉Wikipedia
鈴木 三重吉(すずき みえきち、1882年(明治15年)9月29日 - 1936年(昭和11年)6月27日)は、広島県広島市出身の小説家・児童文学者。日本の児童文化運動の父とされる。
東京大学出身      全国の東京大学の出身者
広島県立広島国泰寺高等学校出身      全国の広島県立広島国泰寺高等学校の出身者
 96  郡場寛    青森県 旧青森村 出身Wikipedia
郡場 寛(こおりば かん、1882年(明治15年)9月6日 - 1957年(昭和32年)12月15日)は、日本の植物生理生態学者。理学博士。旧姓白戸。
全国の青森県出身者    全国の旧青森村出身者
東京大学出身      青森県出身の東京大学の出身者      全国の東京大学の出身者
青森県立弘前高等学校出身      全国の青森県立弘前高等学校の出身者
 97  三沢寛一    長野県 伊那市 出身Wikipedia
三沢 寛一(みさわ かんいち、1882年(明治15年)9月 - 1968年(昭和43年)7月15日)は、日本の文部・内務官僚、政治家。北海道札幌市長、山形県知事、島根県知事、札幌観光協会長。
全国の長野県出身者    全国の伊那市出身者
京都帝国大学出身      長野県出身の京都帝国大学の出身者      全国の京都帝国大学の出身者
長野県松本深志高等学校出身      全国の長野県松本深志高等学校の出身者
 98  寺島健    和歌山県 田辺市 出身Wikipedia
寺島 健(てらじま けん、1882年(明治15年)9月23日 - 1972年(昭和47年)10月30日)は、日本の海軍軍人、政治家。海軍中将で予備役となったのち、東條内閣で逓信大臣、鉄道大臣を務めた。
全国の和歌山県出身者    全国の田辺市出身者
 99  黒木勘蔵    長野県 出身Wikipedia
黒木勘蔵(くろき かんぞう、1882年9月10日 ‐ 1930年10月8日)は、日本近世文学研究者。
全国の長野県出身者
 100  今井清    愛知県 出身Wikipedia
今井 清(いまい きよし、1882年9月10日 - 1938年1月22日)は、日本の陸軍軍人。最終階級は陸軍中将。
全国の愛知県出身者
 101  本野精吾    東京都 出身Wikipedia
本野 精吾(もとの せいご、1882年(明治15年)9月30日 - 1944年(昭和19年)8月26日)は、大正期から昭和初期にかけて京都を中心に活躍した建築家。日本におけるモダニズム建築の先駆者のひとり。
全国の東京都出身者
東京大学出身      東京都出身の東京大学の出身者      全国の東京大学の出身者
 102  竹田宮恒久王Wikipedia
竹田宮恒久王(たけだのみや つねひさおう、1882年(明治15年)9月22日 - 1919年(大正8年)4月23日)は日本の皇族・陸軍軍人。
陸軍士官学校出身      出身の陸軍士官学校の出身者      全国の陸軍士官学校の出身者
学習院高等科出身      全国の学習院高等科の出身者
 103  田中萬逸    大阪府 出身Wikipedia
田中 萬逸(たなか まんいつ、1882年9月23日 - 1963年12月5日)は、日本の政治家。元国務大臣・衆議院副議長。
全国の大阪府出身者
早稲田大学出身      大阪府出身の早稲田大学の出身者      全国の早稲田大学の出身者
 104  阿武天風    山口県 萩市 出身Wikipedia
阿武 天風(あぶ てんぷう、1882年(明治15年)9月8日 - 1928年(昭和3年)6月22日)は日本の軍人、小説家、編集者。雑誌『冒険世界』の主筆を務めるなどして、冒険小説を多く発表した。代表作に『太陽は勝てり』など。
全国の山口県出身者    全国の萩市出身者
海軍兵学校出身      山口県出身の海軍兵学校の出身者      全国の海軍兵学校の出身者
山口県立萩高等学校出身      全国の山口県立萩高等学校の出身者
 105  古荘幹郎    熊本県 出身Wikipedia
古荘 幹郎(ふるしょう もとお、1882年9月14日 - 1940年7月21日)は、日本の陸軍軍人。最終階級は陸軍大将。
全国の熊本県出身者
 106  小川清彦    東京都 出身Wikipedia
小川 清彦(おがわ きよひこ、1882年10月2日 - 1950年1月10日)は、明治から昭和期にかけての天文学者・暦学者。日本における古天文学の創始者と言われている。
全国の東京都出身者
東京理科大学出身      東京都出身の東京理科大学の出身者      全国の東京理科大学の出身者
 107  水谷竹紫    長崎県 出身Wikipedia
水谷 竹紫(みずたに ちくし、1882年(明治15年)10月8日 - 1935年(昭和10年)9月14日)は日本の劇作家、演出家、編集者。第2次芸術座の中心人物として活動した。
全国の長崎県出身者
早稲田大学出身      長崎県出身の早稲田大学の出身者      全国の早稲田大学の出身者
長崎県立大村高等学校出身      全国の長崎県立大村高等学校の出身者
 108  上野精一    大阪府 出身Wikipedia
上野 精一(うえの せいいち、1882年10月28日 - 1970年4月19日)は、日本の新聞経営者。朝日新聞社社主。
全国の大阪府出身者
東京大学出身      大阪府出身の東京大学の出身者      全国の東京大学の出身者
大阪府立北野高等学校出身      全国の大阪府立北野高等学校の出身者
 109  林久治郎    栃木県 出身Wikipedia
林 久治郎(はやし きゅうじろう、1882年10月17日 - 1964年7月23日)は、日本の外交官。元駐ブラジル大使、元南洋協会理事長。
全国の栃木県出身者
早稲田大学出身      栃木県出身の早稲田大学の出身者      全国の早稲田大学の出身者
 110  佐藤尚武    大阪府 青森県出身選挙区は青森 出身Wikipedia
佐藤 尚武(さとう なおたけ、1882年(明治15年)10月30日 - 1971年(昭和46年)12月18日)は、日本の外交官・政治家。林内閣で外務大臣、戦後には参議院議長等を歴任、第二次世界大戦末期のソ連対日参戦当時の駐ソビエト連邦大使でもあった。
全国の大阪府出身者    全国の青森県出身選挙区は青森出身者
一橋大学出身      大阪府出身の一橋大学の出身者      全国の一橋大学の出身者
正則高等学校出身      全国の正則高等学校の出身者
 111  内藤伸    島根県 雲南市 出身Wikipedia
内藤 伸(ないとう しん、1882年10月1日 - 1967年8月21日)は、彫刻家・日本芸術院会員。
全国の島根県出身者    全国の雲南市出身者
 112  角田政之助    群馬県 出身Wikipedia
角田 政之助(つのだ まさのすけ、1882年(明治15年)10月18日 - 1974年(昭和49年)1月24日)は、日本の陸軍軍人。最終階級は陸軍少将。
全国の群馬県出身者
陸軍士官学校出身      群馬県出身の陸軍士官学校の出身者      全国の陸軍士官学校の出身者
群馬県立沼田高等学校出身      全国の群馬県立沼田高等学校の出身者
 113  東恩納寛惇    沖縄県 那覇市 出身Wikipedia
東恩納 寛惇(ひがしおんな かんじゅん、1882年10月14日 - 1963年1月24日)は、日本の歴史学者である。沖縄県那覇市出身。
全国の沖縄県出身者    全国の那覇市出身者
東京帝国大学出身      沖縄県出身の東京帝国大学の出身者      全国の東京帝国大学の出身者
沖縄県立首里高等学校出身      全国の沖縄県立首里高等学校の出身者
 114  滋野清武    愛知県 名古屋市 出身Wikipedia
滋野 清武(しげの きよたけ、1882年10月6日-1924年10月13日)は、明治・大正期の飛行家である。男爵。通称をバロン滋野。
全国の愛知県出身者    全国の名古屋市出身者
 115  小林橘川    滋賀県 守山市 出身Wikipedia
小林 橘川(こばやし きっせん、1882年(明治15年)10月1日 - 1961年(昭和36年)3月16日)は、ジャーナリストとして活動し戦後名古屋市長(1952年(昭和27年)9月 - 1961年(昭和36年)3月)に就任した。
全国の滋賀県出身者    全国の守山市出身者
 116  五代目 市川三升    東京都 出身Wikipedia
五代目市川三升(いちかわ さんしょう、1882年(明治15年)10月31日 - 1956年(昭和31年)2月1日)は、大正から昭和の中頃にかけての歌舞伎役者。屋号は成田屋。定紋は三升、替紋は杏葉牡丹。本名は堀越福三郎(ほりこし ふくさぶろう)。
全国の東京都出身者
慶應義塾大学出身      東京都出身の慶應義塾大学の出身者      全国の慶應義塾大学の出身者
 117  有地十五郎    東京都 出身Wikipedia
有地 十五郎(ありち じゅうごろう、1882年10月22日 - 1947年11月8日)は、日本海軍の軍人。最終階級は海軍中将。
全国の東京都出身者
海軍兵学校出身      東京都出身の海軍兵学校の出身者      全国の海軍兵学校の出身者
筑波大学附属高等学校出身      全国の筑波大学附属高等学校の出身者
 118  野村胡堂    岩手県 紫波町 出身Wikipedia
野村 胡堂(のむら こどう、1882年10月15日 - 1963年4月14日)は、日本の小説家・作家・音楽評論家。音楽評論家としての筆名は野村あらえびす。『銭形平次 捕物控』の作者として知られる。本名:野村 長一(のむら おさかず)、娘は作家の松田瓊子。
全国の岩手県出身者    全国の紫波町出身者
東京帝国大学出身      岩手県出身の東京帝国大学の出身者      全国の東京帝国大学の出身者
岩手県立盛岡第一高等学校出身      全国の岩手県立盛岡第一高等学校の出身者
 119  小川清彦    東京都 出身Wikipedia
小川 清彦(おがわ きよひこ、1882年10月2日 - 1950年1月10日)は、明治から昭和期にかけての天文学者・暦学者。日本における古天文学の創始者と言われている。
全国の東京都出身者
東京理科大学出身      東京都出身の東京理科大学の出身者      全国の東京理科大学の出身者
 120  東恩納寛惇    沖縄県 那覇市 出身Wikipedia
東恩納 寛惇(ひがしおんな かんじゅん、1882年10月14日 - 1963年1月24日)は、日本の歴史学者である。沖縄県那覇市出身。
全国の沖縄県出身者    全国の那覇市出身者
東京帝国大学出身      沖縄県出身の東京帝国大学の出身者      全国の東京帝国大学の出身者
拓殖大学第一高等学校出身      全国の拓殖大学第一高等学校の出身者
 121  豊田収    鳥取県 北栄町 出身Wikipedia
豊田 収(とよだ おさむ、1882年(明治15年)11月25日 - 1969年(昭和44年)7月24日)は、日本の教育者、政治家。衆議院議員を6期務めた。青山学院大学講師、中央大学講師も務めた。
全国の鳥取県出身者    全国の北栄町出身者
 122  小牧健夫    東京都 出身Wikipedia
小牧 健夫(こまき たけお、1882年11月29日 - 1960年7月15日)は、日本の独文学者、詩人。別名・小牧暮潮、初号・小牧楚水。
全国の東京都出身者
東京大学出身      東京都出身の東京大学の出身者      全国の東京大学の出身者
東京都立日比谷高等学校出身      全国の東京都立日比谷高等学校の出身者
 123  出光万兵衛    福岡県 出身Wikipedia
出光 万兵衛(いでみつ まんべえ、1882年11月9日 - 1964年7月16日)は、日本の海軍軍人。最終階級は海軍中将。 スポーツキャスターの出光ケイは孫にあたる。
全国の福岡県出身者
海軍兵学校出身      福岡県出身の海軍兵学校の出身者      全国の海軍兵学校の出身者
福岡県立東筑高等学校出身      全国の福岡県立東筑高等学校の出身者
 124  上野直昭Wikipedia
上野 直昭(うえの なおてる、1882年11月11日 - 1973年4月11日)は、日本の美学者。
東京帝国大学出身      全国の東京帝国大学の出身者
正則高等学校出身      全国の正則高等学校の出身者
 125  村上武次郎    京都府 出身Wikipedia
村上 武次郎(むらかみ たけじろう、1882年11月10日 - 1969年7月29日)は冶金学者。
全国の京都府出身者
京都大学出身      京都府出身の京都大学の出身者      全国の京都大学の出身者
 126  平山蘆江Wikipedia
平山 蘆江(ひらやま ろこう、1882年11月15日 - 1953年4月18日)は日本の新聞記者、作家。
東京都立戸山高等学校出身      全国の東京都立戸山高等学校の出身者
 127  村上武次郎    京都府 亀岡市 出身Wikipedia
村上 武次郎(むらかみ たけじろう、1882年11月10日 - 1969年7月29日)は冶金学者。
全国の京都府出身者    全国の亀岡市出身者
京都大学出身      京都府出身の京都大学の出身者      全国の京都大学の出身者
 128  郷古潔    岩手県 奥州市 出身Wikipedia
郷古 潔(ごうこ きよし、1882年11月13日 - 1961年4月28日)は、三菱重工業社長、太平洋戦争時の東條内閣顧問。戦後はA級戦犯として逮捕され、公職追放された。
全国の岩手県出身者    全国の奥州市出身者
東京帝国大学出身      岩手県出身の東京帝国大学の出身者      全国の東京帝国大学の出身者
岩手県立盛岡第一高等学校出身      全国の岩手県立盛岡第一高等学校の出身者
 129  菰田万一郎Wikipedia
菰田 万一郎(こもだ まんいちろう、1882年11月9日 - 1940年3月6日)は日本の教育者。旧姓は早川。
東京帝国大学出身      全国の東京帝国大学の出身者
長野県上田高等学校出身      全国の長野県上田高等学校の出身者
 130  大海原重義    滋賀県 彦根市 出身Wikipedia
大海原 重義(おおみはら しげよし、1882年(明治15年)11月8日 - 1940年(昭和15年)11月21日)は、日本の内務官僚。府県知事。
全国の滋賀県出身者    全国の彦根市出身者
東京帝国大学出身      滋賀県出身の東京帝国大学の出身者      全国の東京帝国大学の出身者
三重県立津高等学校出身      全国の三重県立津高等学校の出身者
 131  山岡重厚    東京都 出身Wikipedia
山岡 重厚(やまおか しげあつ、1882年(明治15年 )11月17日 - 1954年(昭和29年 )3月27日)は、日本の陸軍軍人。最終階級は陸軍中将。
全国の東京都出身者
陸軍士官学校出身      東京都出身の陸軍士官学校の出身者      全国の陸軍士官学校の出身者
東京都立日比谷高等学校出身      全国の東京都立日比谷高等学校の出身者
 132  浅利三朗    岩手県 出身Wikipedia
浅利 三朗(あさり さぶろう、1882年(明治15年)11月10日 – 1966年(昭和41年)11月3日)は、日本の内務官僚、政治家。県知事、衆議院議員。
全国の岩手県出身者
東京帝国大学出身      岩手県出身の東京帝国大学の出身者      全国の東京帝国大学の出身者
岩手県立一関第一高等学校出身      全国の岩手県立一関第一高等学校の出身者
 133  岡正雄    島根県 出身Wikipedia
岡 正雄(おか まさお、1882年(明治15年)12月 - 1948年(昭和23年)10月3日)は、日本の内務・警察官僚。憲政会系官選県知事、内務省警保局長。
全国の島根県出身者
 134  久米成夫    鹿児島県 出身Wikipedia
久米 成夫(くめ なりお、1882年(明治15年)12月1日 - 1954年(昭和29年)9月29日)は、日本の内務官僚。政友会系官選県知事、鹿児島市長。
全国の鹿児島県出身者
 135  種田山頭火    山口県 防府市 出身Wikipedia
種田 山頭火(たねだ さんとうか、1882年(明治15年)12月3日 - 1940年(昭和15年)10月11日)は、戦前日本の俳人。よく山頭火と呼ばれる。自由律俳句で著名。1925年に熊本市の曹洞宗報恩寺で出家得度して耕畝(こうほ)と改名。本名・種田正一。
全国の山口県出身者    全国の防府市出身者
早稲田大学出身      山口県出身の早稲田大学の出身者      全国の早稲田大学の出身者
山口県立山口高等学校出身      全国の山口県立山口高等学校の出身者
 136  久布白落実    熊本県 鹿本郡 出身Wikipedia
久布白 落実(くぶしろ おちみ、1882年12月16日 - 1972年10月23日)は、戦前戦後における女性解放運動家の一人。
全国の熊本県出身者    全国の鹿本郡出身者
女子学院高等学校出身      全国の女子学院高等学校の出身者
 137  岡田茂吉    東京都 出身Wikipedia
岡田 茂吉(おかだ もきち、1882年〈明治15年〉12月23日 - 1955年〈昭和30年〉2月10日)は、日本の文化人。宗教家、文明評論家、書家、画家、歌人、華道流祖、造園家、建築家、美術品収集家。
全国の東京都出身者
 138  岡崎栄松Wikipedia
岡崎 栄松(おかざき えいまつ、1882年12月22日 - 1960年4月28日)は、かつての仙台市長である。
日本大学出身      全国の日本大学の出身者
 139  江崎利一    佐賀県 出身Wikipedia
江崎 利一(えざき りいち、明治15年(1882年)12月23日 - 昭和55年(1980年)2月2日)は日本の実業家。江崎グリコの創業者。現社長・江崎勝久の祖父。
全国の佐賀県出身者
 140  国府田敬三郎    福島県 出身Wikipedia
国府田 敬三郎(こうだ けいざぶろう、1882年12月6日 - 1964年12月16日)は、日本の福島県出身の農場経営者。アメリカ合衆国カリフォルニア州で、大農方式による同地の気候に合った良質な米「国宝ローズ」の大量生産に成功し、「ライス・キング」と呼ばれた。
全国の福島県出身者
 141  谷寿夫    岡山県 出身Wikipedia
谷 寿夫(たに ひさお、1882年(明治15年)12月23日 - 1947年(昭和22年)4月26日)は、日本の陸軍軍人。最終階級は陸軍中将。
全国の岡山県出身者
陸軍士官学校出身      岡山県出身の陸軍士官学校の出身者      全国の陸軍士官学校の出身者
岡山県立岡山朝日高等学校出身      全国の岡山県立岡山朝日高等学校の出身者
 142  高松春治    富山県 出身Wikipedia
高松 梅治(たかまつうめじ、うめはる、明治15年1882年12月〜)とは、日本の軍人、学者、発明家である。無限軌道を発明したことで知られる。
全国の富山県出身者
慶應義塾大学出身      富山県出身の慶應義塾大学の出身者      全国の慶應義塾大学の出身者
富山県立富山高等学校出身      全国の富山県立富山高等学校の出身者
 143  東郷茂徳    鹿児島県 出身Wikipedia
東郷 茂徳(とうごう しげのり、旧字体: 東鄕茂德、1882年(明治15年)12月10日 - 1950年(昭和25年)7月23日)は日本の外交官、政治家。太平洋戦争開戦時及び終戦時の日本の外務大臣。朝鮮人陶工の子孫。
全国の鹿児島県出身者
東京大学出身      鹿児島県出身の東京大学の出身者      全国の東京大学の出身者
 144  倉橋惣三Wikipedia
倉橋 惣三(くらはし そうぞう 1882年12月28日 - 1955年4月21日)は、日本の児童心理学者。
東京大学出身      全国の東京大学の出身者
東京都立日比谷高等学校出身      全国の東京都立日比谷高等学校の出身者
 145  東郷茂徳    鹿児島県 日置市 出身Wikipedia
東郷 茂徳(とうごう しげのり、旧字体: 東鄕茂德、生名:朴茂德、1882年(明治15年)12月10日 - 1950年(昭和25年)7月23日)は日本の外交官、政治家。太平洋戦争開戦時および終戦時の日本の外務大臣。鹿児島県日置郡にあった、朝鮮人陶工の子孫で形成された集落「苗代川村」(現・日置市東市来町美山)の出身である。
全国の鹿児島県出身者    全国の日置市出身者
東京大学出身      鹿児島県出身の東京大学の出身者      全国の東京大学の出身者
鹿児島県立鶴丸高等学校出身      全国の鹿児島県立鶴丸高等学校の出身者
 146  宮原清    長野県 出身Wikipedia
宮原 清(みやはら きよし、1882年12月4日 - 1963年10月16日)は、日本の実業家。日本社会人野球協会初代会長。
全国の長野県出身者
慶應義塾大学出身      長野県出身の慶應義塾大学の出身者      全国の慶應義塾大学の出身者
長野県上田高等学校出身      全国の長野県上田高等学校の出身者
 147  谷寿夫    岡山県 出身Wikipedia
谷 寿夫(たに ひさお、1882年(明治15年)12月23日 - 1947年(昭和22年)4月26日)は、日本の陸軍軍人。最終階級は陸軍中将。
全国の岡山県出身者
陸軍士官学校出身      岡山県出身の陸軍士官学校の出身者      全国の陸軍士官学校の出身者
東京都立戸山高等学校出身      全国の東京都立戸山高等学校の出身者
 148  種田山頭火    山口県 防府市 出身Wikipedia
種田 山頭火(たねだ さんとうか、1882年(明治15年)12月3日 - 1940年(昭和15年)10月11日)は、戦前日本の俳人。よく山頭火と呼ばれる。自由律俳句で著名。1925年に熊本市の曹洞宗報恩寺で出家得度して耕畝(こうほ)と改名。本名・種田正一。
全国の山口県出身者    全国の防府市出身者
早稲田大学出身      山口県出身の早稲田大学の出身者      全国の早稲田大学の出身者
早稲田大学高等学院出身      全国の早稲田大学高等学院の出身者
 149  大島破竹郎    福島県 出身Wikipedia
大島 破竹郎(おおしま はちくろう、1882年(明治15年)12月 - 1953年(昭和28年)6月12日)は、日本の官僚。佐賀県知事、高知県知事、郡山市長を歴任した。
全国の福島県出身者
東京大学出身      福島県出身の東京大学の出身者      全国の東京大学の出身者
 150  橋本進吉    福井県 出身Wikipedia
橋本 進吉(はしもと しんきち、1882年12月24日 - 1945年1月30日)は、日本の言語学者・国語学者。
全国の福井県出身者
東京大学出身      福井県出身の東京大学の出身者      全国の東京大学の出身者
京都府立洛北高等学校出身      全国の京都府立洛北高等学校の出身者
 151  工藤忠    青森県 出身Wikipedia
工藤 忠(くどう ちゅう、初名は工藤 鉄三郎(くどう てつさぶろう)、のち満洲国執政溥儀から「忠」名を与えられて、戸籍上も工藤忠に改名。明治15年(1882年)12月10日 - 昭和40年(1965年)12月18日)は、明治、大正、昭和期におけるアジア主義者の大陸活動家及び満州国の政治家。満州国の侍衛長。最終階級は満州国侍衛処長、宮内府顧問官。
全国の青森県出身者
順天高等学校出身      全国の順天高等学校の出身者




スポンサーリンク




有名人ナビ 出身高校編

有名人ナビ 出身大学編

有名人ナビ 誕生日編

有名人ナビ 出身都道府県編





スポンサーリンク