トップページ >1880年生まれの有名人

このサイトに登録されている誕生日で有名人の数:89,189人


スポンサーリンク


このサイトに登録されている「1880年」生まれの有名人の数:126:人
 1  大多和與四郎    千葉県 出身Wikipedia
大多和 與四郎(おおたわ よしろう、1880年(明治13年) - 1938年(昭和13年))は、伝染性紅斑(通称:リンゴ病)を日本で初めて発見したとして知られる千葉県白子町(旧 関村)の医学者。
全国の千葉県出身者
 2  森安三郎    福岡県 出身Wikipedia
森 安三郎(もり やすさぶろう、1880年 - 1952年9月25日)は、日本の外交官。
全国の福岡県出身者
東京大学出身      福岡県出身の東京大学の出身者      全国の東京大学の出身者
福岡県立修猷館高等学校出身      全国の福岡県立修猷館高等学校の出身者
 3  中村伝治Wikipedia
中村伝治 (なかむら でんじ、1880年(明治13年) - 1968年(昭和43年))は、日本の建築家。 横河工務所(後の横河建築設計事務所)の代表作を多くてがけ、後に横河民輔から横河工務所を受け継ぐ。 その他では建築界へのメートル法の導入、工業品規格統一(戦前のJES)のための調査、戦前の建築士法制定運動に尽力する。学会では建築設計資料集成の刊行に携わる。
東京大学出身      全国の東京大学の出身者
東京都立日比谷高等学校出身      全国の東京都立日比谷高等学校の出身者
 4  片岡音吾Wikipedia
片岡 音吾(かたおか おとご、1880年 - 1948年5月6日)は日本の実業家。野村證券初代社長。
大阪市立大学出身      全国の大阪市立大学の出身者
 5  深尾弘    福島県 出身Wikipedia
深尾 弘(ふかお ひろし、? - 明治13年〈1880年〉)は、日本の海軍軍人。草創期の海軍にあって英国に留学した海軍少尉補である。
全国の福島県出身者
 6  山田博愛    新潟県 出身Wikipedia
山田博愛(やまだ ひろよし(はくあい)、1880年 - 1958年)は日本の内務官僚で都市計画家、土木技術者。旧都市計画法、関東大震災後の帝都復興計画を立案した。新潟県出身。
全国の新潟県出身者
東京大学出身      新潟県出身の東京大学の出身者      全国の東京大学の出身者
 7  葛野壮一郎    大阪府 出身Wikipedia
葛野 壮一郎(かどの そういちろう、1880年 - 1944年1月18日)は、関西を中心に多くの建築物の設計を手がけた建築家。建築にとどまらず、音楽、絵画などにも造詣が深く、また、女子教育にも熱心に関わるなど、多方面で活躍した。
全国の大阪府出身者
東京大学出身      大阪府出身の東京大学の出身者      全国の東京大学の出身者
 8  片岡音吾Wikipedia
片岡 音吾(かたおか おとご、1880年 - 1948年5月6日)は日本の実業家。野村證券初代社長。
一橋大学出身      全国の一橋大学の出身者
 9  本城藤造    鳥取県 鳥取市 出身Wikipedia
本城 藤造(ほんじょう とうぞう、明治13年(1880年) - 昭和7年(1932年))は、日本の政治家。第34代鳥取県議会議長。元鳥取県気高郡大和村長。農業。
全国の鳥取県出身者    全国の鳥取市出身者
鳥取県立倉吉農業高等学校出身      全国の鳥取県立倉吉農業高等学校の出身者
 10  白男川譲介    鹿児島県 出身Wikipedia
白男川 譲介(しろおかわ / しろおがわ[2] じょうすけ、1880年(明治13年)1月[3] - 1951年(昭和26年))は、日本の内務・警察官僚、実業家。官選県知事、鹿児島市長。旧姓・池田。
全国の鹿児島県出身者
 11  塩野季彦Wikipedia
塩野 季彦(しおの すえひこ、明治13年(1880年)1月1日 - 昭和24年(1949年)1月7日)は、日本の司法官僚、政治家。司法大臣である。思想検事の主流として活動し、「塩野閥」などと言われた派閥を形作っていたことで知られている。(特捜検察と公安検察の対立参照。)
東京大学出身      全国の東京大学の出身者
東京都立日比谷高等学校出身      全国の東京都立日比谷高等学校の出身者
 12  東季彦    奈良県 十津川村 出身Wikipedia
東 季彦(あずま すえひこ、1880年1月 - 1979年7月)は、日本の法学者、出版事業家。旧姓乾(いぬい)。商法の権威として知られた。佐佐木信綱門下の歌人でもある。
全国の奈良県出身者    全国の十津川村出身者
東京大学出身      奈良県出身の東京大学の出身者      全国の東京大学の出身者
 13  杉山元Wikipedia
杉山 元 (すぎやま げん/はじめ、1880年(明治13年)1月1日 - 1945年(昭和20年)9月12日)は、大日本帝国陸軍軍人。元帥陸軍大将、陸軍大臣、教育総監、太平洋戦争開戦時の参謀総長。福岡県出身。
陸軍士官学校出身      全国の陸軍士官学校の出身者
福岡県立育徳館高等学校出身      全国の福岡県立育徳館高等学校の出身者
 14  尾佐竹猛    石川県 出身Wikipedia
尾佐竹 猛(おさたけ たけき、1880年1月20日 - 1946年10月1日)は、日本の法学者(専門は法制史)、明治文化研究者。学位は法学博士。大審院判事。号は雨花子。
全国の石川県出身者
明治大学出身      石川県出身の明治大学の出身者      全国の明治大学の出身者
 15  立見豊丸Wikipedia
立見 豊丸(たつみ とよまる、1880年(明治13年)1月28日 – 1942年(昭和17年)11月2日)は、大日本帝国陸軍軍人。貴族院子爵議員。陸軍政務次官。
陸軍士官学校出身      出身の陸軍士官学校の出身者      全国の陸軍士官学校の出身者
筑波大学附属高等学校出身      全国の筑波大学附属高等学校の出身者
 16  小林順一郎    新潟県 出身Wikipedia
小林 順一郎(こばやし じゅんいちろう、1880年1月3日 - 1963年11月20日)は、日本の陸軍砲兵大佐、実業家、右翼の黒幕、右翼団体三六倶楽部主宰者、大政翼賛会総務。戦後A級戦犯として逮捕された。新潟県長岡市出身。
全国の新潟県出身者
新潟県立長岡高等学校出身      全国の新潟県立長岡高等学校の出身者
 17  菊竹六鼓    福岡県 うきは市 出身Wikipedia
菊竹 六鼓(きくたけ ろっこ、男性、1880年1月25日 - 1937年7月21日)は、福岡県出身のジャーナリスト。五・一五事件に際し、福岡日日新聞の紙上で軍部批判・憲政擁護の論陣を張ったことで知られる。六鼓(六皷)[註 1]は号で、本名は淳(すなお)。兄に政治家の菊竹博之がいる。
全国の福岡県出身者    全国のうきは市出身者
早稲田大学出身      福岡県出身の早稲田大学の出身者      全国の早稲田大学の出身者
福岡県立明善高等学校出身      全国の福岡県立明善高等学校の出身者
 18  東季彦    奈良県 出身Wikipedia
東 季彦(あずま すえひこ、1880年1月 - 1979年7月)は、日本の法学者、出版事業家。旧姓乾(いぬい)。商法の権威として知られた。佐佐木信綱門下の歌人でもある。
全国の奈良県出身者
東京大学出身      奈良県出身の東京大学の出身者      全国の東京大学の出身者
 19  布施現之助    北海道 小樽市 出身Wikipedia
布施 現之助(ふせ げんのすけ、1880年1月24日 - 1946年12月12日)は、解剖学者。医学博士。専攻は神経解剖学。
全国の北海道出身者    全国の小樽市出身者
東京大学出身      北海道出身の東京大学の出身者      全国の東京大学の出身者
北海道札幌南高等学校出身      全国の北海道札幌南高等学校の出身者
 20  尾佐竹猛    石川県 金沢市 出身Wikipedia
尾佐竹 猛(おさたけ たけき、1880年1月20日 - 1946年10月1日)は、日本の法学者(専門は法制史)、明治文化研究者。学位は法学博士。大審院判事。号は雨花子。
全国の石川県出身者    全国の金沢市出身者
明治大学出身      石川県出身の明治大学の出身者      全国の明治大学の出身者
 21  山本五郎    岐阜県 出身Wikipedia
山本 五郎(やまもと ごろう、1880年2月12日 - 1941年4月12日)は岐阜県揖斐郡出身の実業家。写真機械店と写真館を経営。愛友写真倶楽部代表。
全国の岐阜県出身者
 22  保井コノ    香川県 出身Wikipedia
保井 コノ(やすい コノ、1880年2月16日 [1]- 1971年3月24日)は日本の植物学者。日本女性初の理学博士。学位論文は「日本産石炭の構造の研究」。元お茶の水女子大学教授。
全国の香川県出身者
お茶の水女子大学出身      香川県出身のお茶の水女子大学の出身者      全国のお茶の水女子大学の出身者
 23  近藤朔風    兵庫県 豊岡市(旧出石町) 出身Wikipedia
近藤 朔風(こんどう さくふう、1880年(明治13年)2月14日 - 1915年(大正4年)1月14日)は、訳詞家。原詩に忠実な、歌い易い訳詞で、西欧歌曲への市民の耳を開いた。『泉に沿いて茂る菩提樹』・『なじかは知らねど心侘びて』・『わらべは見たり野中のばーら』などは、今も歌い継がれる。本名逸五郎。筆名には近藤あきら・羌村もあった。
全国の兵庫県出身者    全国の豊岡市(旧出石町)出身者
 24  小久江美代吉    静岡県 出身Wikipedia
小久江 美代吉(おぐえ みよきち[1]、1880年(明治13年)2月 - 1979年(昭和54年)8月18日[1])は、日本の政治家、弁護士。衆議院議員(立憲民政党)。
全国の静岡県出身者
明治大学出身      静岡県出身の明治大学の出身者      全国の明治大学の出身者
 25  武林無想庵Wikipedia
武林 無想庵(たけばやし むそうあん、1880年2月23日 - 1962年3月27日)は、日本の小説家、翻訳家。本名は磐雄(いわお)、のちに盛一(せいいち)。
東京大学出身      全国の東京大学の出身者
東京都立日比谷高等学校出身      全国の東京都立日比谷高等学校の出身者
 26  小久江美代吉    静岡県 出身Wikipedia
小久江 美代吉(おぐえ みよきち[1]、1880年(明治13年)2月 - 1979年(昭和54年)8月18日[1])は、日本の政治家、弁護士。衆議院議員(立憲民政党)。
全国の静岡県出身者
法政大学出身      静岡県出身の法政大学の出身者      全国の法政大学の出身者
 27  西ノ海嘉治郎 (2代)    鹿児島県 西之表市 出身Wikipedia
西ノ海 嘉治郎(2代)(にしのうみ かじろう、1880年2月6日 – 1931年1月27日)は、鹿児島県熊毛郡種子島(現・鹿児島県西之表市)出身の元大相撲力士。第25代横綱。本名は牧瀬 休八(まきせ きゅうはち)で、後に近藤 休八(こんどう きゅうはち)。
全国の鹿児島県出身者    全国の西之表市出身者
 28  中村與資平Wikipedia
中村 與資平(なかむら よしへい、1880年2月8日 - 1963年12月21日)は、明治期から昭和期に活躍した建築家。朝鮮・旧満州及び静岡県などにおいて多くの銀行や公共建築の設計を手がけたことで知られる。
東京大学出身      全国の東京大学の出身者
 29  宮脇長吉    香川県 出身Wikipedia
宮脇 長吉(みやわき ちょうきち、1880年2月5日 - 1953年2月16日)は、日本の陸軍軍人、政治家、実業家。最終階級は陸軍大佐。衆議院議員。紀行作家宮脇俊三の父。
全国の香川県出身者
 30  建畠大夢    和歌山県 有田川町 出身Wikipedia
建畠 大夢(たてはた たいむ、1880年2月29日 - 1942年3月22日)は、彫刻家、帝国芸術院会員。本名は彌一郎。
全国の和歌山県出身者    全国の有田川町出身者
 31  保井コノ    香川県 出身Wikipedia
保井 コノ(やすい コノ、1880年2月16日 - 1971年3月24日)は日本の植物学者。日本女性初の理学博士。学位論文は「日本産石炭の構造の研究」。元お茶の水女子大学教授。
全国の香川県出身者
お茶の水女子大学出身      香川県出身のお茶の水女子大学の出身者      全国のお茶の水女子大学の出身者
 32  大平賢作    新潟県 出身Wikipedia
大平 賢作(おおだいら けんさく、1880年2月8日 - 1953年12月17日)は、日本の銀行家。住友銀行頭取・会長。
全国の新潟県出身者
一橋大学出身      新潟県出身の一橋大学の出身者      全国の一橋大学の出身者
新潟県立新潟高等学校出身      全国の新潟県立新潟高等学校の出身者
 33  三淵忠彦    福島県 出身Wikipedia
三淵 忠彦(みぶち ただひこ、1880年(明治13年)3月3日 - 1950年(昭和25年)7月14日)は、日本の初代最高裁判所長官である。栄典は正三位・勲二等瑞宝章。
全国の福島県出身者
東京大学出身      福島県出身の東京大学の出身者      全国の東京大学の出身者
 34  三淵忠彦    岡山県 出身Wikipedia
三淵 忠彦(みぶち ただひこ、1880年(明治13年)3月3日 - 1950年(昭和25年)7月14日)は、初代最高裁判所長官である。栄典は正三位・勲二等瑞宝章。
全国の岡山県出身者
京都大学出身      岡山県出身の京都大学の出身者      全国の京都大学の出身者
 35  松岡洋右    山口県 出身Wikipedia
松岡 洋右(まつおか ようすけ、1880年(明治13年)3月4日 - 1946年(昭和21年)6月27日)は、日本の外交官、政治家。
全国の山口県出身者
明治大学出身      山口県出身の明治大学の出身者      全国の明治大学の出身者
 36  佐竹三吾Wikipedia
佐竹 三吾(さたけ さんご、1880年(明治13年)3月5日 - 1976年(昭和51年)5月24日)は、日本の鉄道官僚、政治家、実業家。貴族院議員(勅選)、法制局長官。
東京帝国大学出身      全国の東京帝国大学の出身者
東京都立戸山高等学校出身      全国の東京都立戸山高等学校の出身者
 37  小磯國昭    山形県 宇都宮市 出身Wikipedia
小磯 國昭(こいそ くにあき、1880年(明治13年)3月22日 - 1950年(昭和25年)11月3日)は、日本の陸軍軍人、政治家。階級は陸軍大将。位階は従二位。勲等は勲一等。功級は功二級。
全国の山形県出身者    全国の宇都宮市出身者
陸軍士官学校出身      山形県出身の陸軍士官学校の出身者      全国の陸軍士官学校の出身者
山形県立山形東高等学校出身      全国の山形県立山形東高等学校の出身者
 38  藍澤彌八Wikipedia
藍澤 彌八(あいざわ やはち、1880年3月22日 - 1969年1月29日)は、日本の実業家。
日本大学出身      全国の日本大学の出身者
 39  桝井光次郎    広島県  佐伯郡宮内村 出身Wikipedia
桝井 光次郎(ますい みつじろう、1880年3月19日 - 1950年12月1日)は、実業家、種苗業者。現在日本で栽培されるイチジク(無花果)の主品種「桝井ドーフィン」創始者。広島県佐伯郡宮内村(現・廿日市市)出身。
全国の広島県出身者    全国の 佐伯郡宮内村出身者
 40  松井七夫    愛知県 出身Wikipedia
松井 七夫(まつい ななお/しちお、1880年3月15日 - 1943年2月20日)は、日本陸軍の軍人。最終階級は陸軍中将。
全国の愛知県出身者
 41  佐竹三吾Wikipedia
佐竹 三吾(さたけ さんご、1880年(明治13年)3月5日 - 1976年(昭和51年)5月24日)は、日本の鉄道官僚、政治家、実業家。貴族院議員(勅選)、法制局長官。
東京帝国大学出身      全国の東京帝国大学の出身者
岐阜県立岐阜高等学校出身      全国の岐阜県立岐阜高等学校の出身者
 42  小磯国昭    山形県 出身Wikipedia
小磯 國昭(こいそ くにあき、1880年(明治13年)3月22日 - 1950年(昭和25年)11月3日)は、日本の陸軍軍人、政治家。階級は陸軍大将。位階は従二位。勲等は勲一等。功級は功二級。
全国の山形県出身者
 43  小磯國昭    山形県 宇都宮市 出身Wikipedia
小磯 國昭(こいそ くにあき、1880年(明治13年)3月22日 - 1950年(昭和25年)11月3日)は、日本の陸軍軍人、政治家。階級は陸軍大将。位階は従二位。勲等は勲一等。功級は功二級。
全国の山形県出身者    全国の宇都宮市出身者
陸軍士官学校出身      山形県出身の陸軍士官学校の出身者      全国の陸軍士官学校の出身者
山形県立新庄北高等学校出身      全国の山形県立新庄北高等学校の出身者
 44  米内光政    岩手県 盛岡市 出身Wikipedia
米内 光政(よない みつまさ、1880年(明治13年)3月2日 - 1948年(昭和23年)4月20日)は、日本の海軍軍人、政治家。最終階級は海軍大将。位階は従二位。勲等は勲一等。功級は功一級。第23代連合艦隊司令長官。第39-41、49-52代海軍大臣。第37代内閣総理大臣。
全国の岩手県出身者    全国の盛岡市出身者
海軍兵学校出身      岩手県出身の海軍兵学校の出身者      全国の海軍兵学校の出身者
岩手県立盛岡第一高等学校出身      全国の岩手県立盛岡第一高等学校の出身者
 45  三淵忠彦    岡山県 出身Wikipedia
三淵 忠彦(みぶち ただひこ、1880年(明治13年)3月3日 - 1950年(昭和25年)7月14日)は、初代最高裁判所長官である。栄典は正三位・勲二等瑞宝章。
全国の岡山県出身者
東京大学出身      岡山県出身の東京大学の出身者      全国の東京大学の出身者
 46  松岡洋右    山口県 出身Wikipedia
松岡 洋右(まつおか ようすけ、1880年(明治13年)3月4日 - 1946年(昭和21年)6月27日)は、日本の外交官、政治家。日本の国際連盟脱退、日独伊三国同盟の締結、日ソ中立条約の締結など第二次世界大戦前夜の日本外交の重要な局面に、代表的な外交官ないしは外務大臣として関与した。敗戦後、極東国際軍事裁判の公判中に病死した。外交官同士のジョセフ・グルーと親交があった。
全国の山口県出身者
明治大学出身      山口県出身の明治大学の出身者      全国の明治大学の出身者
 47  熊谷守一    岐阜県 出身Wikipedia
熊谷守一(くまがい もりかず、1880年(明治13年)4月2日 - 1977年(昭和52年)8月1日)は、日本の画家。日本の美術史においてフォービズムの画家と位置づけられている。しかし作風は徐々にシンプルになり、晩年は抽象絵画に接近した。富裕層の出身であるが極度の芸術家気質で貧乏生活を送り、「二科展」に出品を続け「画壇の仙人」と呼ばれた。
全国の岐阜県出身者
東京芸術大学出身      岐阜県出身の東京芸術大学の出身者      全国の東京芸術大学の出身者
 48  熊谷守一    岐阜県 中津川市 出身Wikipedia
熊谷 守一(くまがい もりかず、1880年(明治13年)4月2日 - 1977年(昭和52年)8月1日)は、日本の画家。日本の美術史においてフォービズムの画家と位置づけられている。しかし作風は徐々にシンプルになり、晩年は抽象絵画に接近した。富裕層の出身であるが極度の芸術家気質で貧乏生活を送り、「二科展」に出品を続け「画壇の仙人」と呼ばれた。
全国の岐阜県出身者    全国の中津川市出身者
東京芸術大学出身      岐阜県出身の東京芸術大学の出身者      全国の東京芸術大学の出身者
 49  佐野利器    山形県 出身Wikipedia
佐野 利器(さの としかた、1880年(明治13年)4月1日 - 1956年(昭和31年)12月5日)は日本の建築家、構造学者。芸術としての建築より、工学としての建築に重きを置き、日本の構造学の発展に貢献した[1]。
全国の山形県出身者
東京大学出身      山形県出身の東京大学の出身者      全国の東京大学の出身者
 50  守山恒太郎    東京都 出身Wikipedia
守山 恒太郎(もりやま つねたろう、1880年4月27日 - 1912年2月12日)は、東京都出身の野球選手。
全国の東京都出身者
東京帝国大学出身      東京都出身の東京帝国大学の出身者      全国の東京帝国大学の出身者
獨協高等学校出身      全国の獨協高等学校の出身者
 51  佐野利器    山形県 出身Wikipedia
佐野 利器(さの としかた、1880年(明治13年)4月1日 - 1956年(昭和31年)12月5日)は日本の建築家、構造学者。芸術としての建築より、工学としての建築、とくに耐震工学に重きを置き、日本の構造学の発展に貢献した。
全国の山形県出身者
東京大学出身      山形県出身の東京大学の出身者      全国の東京大学の出身者
 52  三宅恒方    石川県 出身Wikipedia
三宅 恒方(みやけ つねかた、1880年5月21日 - 1921年2月2日)は、日本の昆虫学者、理学博士。
全国の石川県出身者
東京大学出身      石川県出身の東京大学の出身者      全国の東京大学の出身者
東京都立日比谷高等学校出身      全国の東京都立日比谷高等学校の出身者
 53  濱野英次郎    岡山県 出身Wikipedia
濱野 英次郎(はまの えいじろう、1880年(明治13年)5月24日 - 1952年(昭和27年)3月2日)は、日本の海軍軍人。美保関事件後に連合艦隊参謀長を務めた海軍中将である。
全国の岡山県出身者
 54  工藤十三雄    青森県 出身Wikipedia
工藤 十三雄(くどう とさお、1880年(明治13年)5月16日 – 1950年(昭和25年)12月17日)は、衆議院議員(政友本党→立憲政友会)、ジャーナリスト。
全国の青森県出身者
青森県立弘前高等学校出身      全国の青森県立弘前高等学校の出身者
 55  丸山幹治    長野県 長野市 出身Wikipedia
丸山 幹治(まるやまかんじ、男性、明治13年(1880年)5月2日 - 昭和30年(1955年)8月16日) は、ジャーナリスト・政治評論家。 号・侃堂。
全国の長野県出身者    全国の長野市出身者
早稲田大学出身      長野県出身の早稲田大学の出身者      全国の早稲田大学の出身者
 56  伊藤平治郎    三重県 出身Wikipedia
伊藤 平治郎(いとう へいじろう、1880年(明治13年)5月18日 - 1941年(昭和16年)1月三重県三重郡富洲原町(現在の四日市市富洲原地区)富田一色出身の政治家・実業家・歌人。
全国の三重県出身者
一橋大学出身      三重県出身の一橋大学の出身者      全国の一橋大学の出身者
日本大学第三高等学校出身      全国の日本大学第三高等学校の出身者
 57  丸山幹治    長野県 出身Wikipedia
丸山 幹治(まるやまかんじ、男性、明治13年(1880年)5月2日 - 昭和30年(1955年)8月16日) は、ジャーナリスト・政治評論家。 号・侃堂。
全国の長野県出身者
早稲田大学出身      長野県出身の早稲田大学の出身者      全国の早稲田大学の出身者
 58  安東昌喬    岐阜県 出身Wikipedia
安東 昌喬(あんどう まさたか、1880年5月28日 - 1956年4月7日)は、日本海軍の軍人。最終階級は海軍中将。
全国の岐阜県出身者
海軍兵学校出身      岐阜県出身の海軍兵学校の出身者      全国の海軍兵学校の出身者
北海道札幌南高等学校出身      全国の北海道札幌南高等学校の出身者
 59  松谷與二郎    石川県 出身Wikipedia
松谷 與二郎(略字表記「松谷与二郎」、まつたに よじろう、1880年6月4日 - 1937年3月17日)は、社会運動家、弁護士、政治家。衆議院議員。
全国の石川県出身者
明治大学出身      石川県出身の明治大学の出身者      全国の明治大学の出身者
 60  末次信正    山口県 出身Wikipedia
末次 信正(すえつぐ のぶまさ、1880年(明治13年)6月30日[注 1] - 1944年(昭和19年)12月29日)は、日本の海軍軍人、政治家。最終階級は海軍大将、従二位・勲一等。第1次近衛内閣の内務大臣。坊の岬沖海戦で戦死した末次信義海軍中佐は長男。
全国の山口県出身者
広島県立広島国泰寺高等学校出身      全国の広島県立広島国泰寺高等学校の出身者
 61  長島毅Wikipedia
長島 毅(ながしま はたす、1880年(明治13年)6月8日 - 1948年(昭和23年)3月18日)は、日本の裁判官。大審院長を務めた。
東京大学出身      全国の東京大学の出身者
東京都立日比谷高等学校出身      全国の東京都立日比谷高等学校の出身者
 62  永野修身    高知県 出身Wikipedia
永野 修身(ながの おさみ、1880年(明治13年)6月15日 - 1947年(昭和22年)1月5日)は、日本の海軍軍人、教育者。海軍兵学校28期、海軍大学校甲種8期。最終階級および栄典は元帥海軍大将従二位勲一等功五級。第24代連合艦隊司令長官。第38代海軍大臣。第16代軍令部総長。海軍三長官全てを経験した唯一の軍人。A級戦犯の容疑で東京裁判中に巣鴨プリズンにて病死。千葉工業大学の創設者。
全国の高知県出身者
海軍兵学校出身      高知県出身の海軍兵学校の出身者      全国の海軍兵学校の出身者
高知県立高知小津高等学校出身      全国の高知県立高知小津高等学校の出身者
 63  藤浪剛一Wikipedia
藤浪 剛一(ふじなみ ごういち、1880年6月7日 - 1942年11月29日)は、日本の医学者、放射線科医。父は医師の藤浪万得、兄は病理学者の藤浪鑑。妻は青鞜社発起人の一人でもある小説家の物集和子。
岡山大学出身      全国の岡山大学の出身者
愛知県立旭丘高等学校出身      全国の愛知県立旭丘高等学校の出身者
 64  山崎達之輔    福岡県 大川市 出身Wikipedia
山崎 達之輔(やまざき たつのすけ、1880年(明治13年)6月19日 - 1948年(昭和23年)3月15日)は、日本の官僚、政治家。1924年(大正13年)以来衆議院総選挙で連続7回当選した。
全国の福岡県出身者    全国の大川市出身者
京都大学出身      福岡県出身の京都大学の出身者      全国の京都大学の出身者
 65  橋本増吉    長崎県 出身Wikipedia
橋本 増吉(はしもと ますきち、1880年6月12日 - 1956年5月19日)は、日本の東洋史学者。
全国の長崎県出身者
東洋大学出身      長崎県出身の東洋大学の出身者      全国の東洋大学の出身者
 66  山崎達之輔Wikipedia
山崎 達之輔(やまざき たつのすけ、1880年(明治13年)6月19日 - 1948年(昭和23年)3月15日)は、日本の官僚、政治家。1924年(大正13年)以来衆議院議員総選挙に連続7回当選した。
京都大学出身      全国の京都大学の出身者
 67  澤木興道    三重県 津市 出身Wikipedia
澤木 興道(さわき こうどう、道号:祖門、1880年6月16日 - 1965年12月21日)は、昭和を代表する日本の曹洞宗の僧侶である。
全国の三重県出身者    全国の津市出身者
 68  神津俶祐    長野県 出身Wikipedia
神津 俶祐(こうづ しゅくすけ、1880年6月5日 - 1955年2月11日)は日本の岩石学者、鉱物学者。東北大学教授。
全国の長野県出身者
 69  長島毅Wikipedia
長島 毅(ながしま はたす、1880年6月8日 - 1948年3月18日)は、日本の裁判官。大審院長。横浜市生まれ。
東京大学出身      全国の東京大学の出身者
 70  永松幾五郎    熊本県 南関町 出身Wikipedia
永松 幾五郎(ながまつ いくごろう、1880年(明治13年)7月27日 - 1961年(昭和36年)8月24日)は、日本ナザレン教会の牧師である。
全国の熊本県出身者    全国の南関町出身者
 71  大原孫三郎    岡山県 倉敷村(現・倉敷市) 出身Wikipedia
大原 孫三郎(おおはら まごさぶろう、1880年7月28日 - 1943年1月18日)は日本の実業家。
全国の岡山県出身者    全国の倉敷村(現・倉敷市)出身者
早稲田大学出身      岡山県出身の早稲田大学の出身者      全国の早稲田大学の出身者
 72  大原孫三郎    岡山県 出身Wikipedia
大原 孫三郎(おおはら まごさぶろう、1880年7月28日 - 1943年1月18日)は日本の実業家。
全国の岡山県出身者
早稲田大学出身      岡山県出身の早稲田大学の出身者      全国の早稲田大学の出身者
 73  熊谷岱蔵    長野県 塩尻市 出身Wikipedia
熊谷 岱蔵(くまがい たいぞう、1880年(明治13年)7月19日 - 1962年(昭和37年)2月19日)は、内科医学者、医学博士。東北帝国大学医科大学(後の東北大学医学部)教授、総長。附属抗酸菌病研究所初代所長。興亜工業大学顧問を兼任。従二位、勲一等旭日大綬章。
全国の長野県出身者    全国の塩尻市出身者
東京帝国大学出身      長野県出身の東京帝国大学の出身者      全国の東京帝国大学の出身者
長野県松本深志高等学校出身      全国の長野県松本深志高等学校の出身者
 74  深沢友彦    熊本県 熊本区藪内町(現・熊本市上通町) 出身Wikipedia
深沢 友彦(ふかざわ ともひこ、1880年(明治13年)7月20日 - 1970年(昭和45年)8月27日)は、日本陸軍の軍人。最終階級は陸軍中将。第10代八王子市長を務めた。
全国の熊本県出身者    全国の熊本区藪内町(現・熊本市上通町)出身者
 75  櫻内幸雄    島根県 安来市 出身Wikipedia
櫻内 幸雄(さくらうち ゆきお、1880年(明治13年)8月14日 - 1947年(昭和22年)10月9日)は、日本の実業家、政治家。衆議院議員。商工大臣、農林大臣、大蔵大臣など歴任。
全国の島根県出身者    全国の安来市出身者
 76  杉政人    岡山県 出身Wikipedia
杉政人(すぎ まさと、明治13年(1880年)8月13日 - 昭和26年(1951年)11月19日)は、日本海軍の軍人。最終階級は海軍中将。岡山県高梁市出身。
全国の岡山県出身者
 77  原田維織    鹿児島県 出身Wikipedia
原田 維織(はらだ いおり、1880年(明治13年)8月 - 1953年(昭和28年)11月14日[2])は、日本の内務・警察官僚、実業家。官選県知事。
全国の鹿児島県出身者
 78  水谷吉蔵    大阪府 出身Wikipedia
水谷 吉蔵(みずたに きちぞう、1880年(明治13年)8月30日 - 没年不明)は日本の陸軍軍人、政治学者。法政大学法学部教授、最終階級は陸軍輜重兵少佐。日本に初めて戦車を導入する際、イギリスに派遣された人物。
全国の大阪府出身者
法政大学出身      大阪府出身の法政大学の出身者      全国の法政大学の出身者
 79  畑歓三Wikipedia
畑 歓三(はた かんぞう、1880年8月16日 - 1957年1月31日)は、日本の教育者。関西学院文学部教授などを歴任した。
早稲田大学出身      全国の早稲田大学の出身者
愛媛県立松山東高等学校出身      全国の愛媛県立松山東高等学校の出身者
 80  桜内幸雄    島根県 出身Wikipedia
櫻内 幸雄(さくらうち ゆきお、1880年(明治13年)8月14日 - 1947年(昭和22年)10月9日)は、日本の実業家、政治家。元衆議院議員。商工大臣、農林大臣、大蔵大臣など歴任。
全国の島根県出身者
早稲田大学出身      島根県出身の早稲田大学の出身者      全国の早稲田大学の出身者
 81  加藤繁    島根県 松江市 出身Wikipedia
加藤 繁(かとう しげる/しげし、1880年9月3日 - 1946年3月7日)は、明治から昭和前期にかけての東洋史学者。名前の読み方については2説あり、戸籍上は「しげし」が正しいとする説もあるが、加藤自身は「しげる」と称していた。
全国の島根県出身者    全国の松江市出身者
東京大学出身      島根県出身の東京大学の出身者      全国の東京大学の出身者
 82  大山郁夫    兵庫県 相生市 出身Wikipedia
大山 郁夫(おおやま いくお、1880年(明治13年)9月20日 - 1955年(昭和30年)11月30日)は、日本の政治家、政治学者。
全国の兵庫県出身者    全国の相生市出身者
早稲田大学出身      兵庫県出身の早稲田大学の出身者      全国の早稲田大学の出身者
 83  加藤繁    島根県 出身Wikipedia
加藤 繁(かとう しげる/しげし、1880年9月3日 - 1946年3月7日)は、明治から昭和前期にかけての東洋史学者。名前の読み方については2説あり、戸籍上は「しげし」が正しいとする説もあるが、加藤自身は「しげる」と称していた[1]。
全国の島根県出身者
東京大学出身      島根県出身の東京大学の出身者      全国の東京大学の出身者
 84  吉江喬松    長野県 塩尻市 出身Wikipedia
吉江 喬松(よしえ たかまつ、1880年9月5日 - 1940年3月26日)は、フランス文学者、詩人、作家、評論家、早稲田大学教授。号は孤雁。
全国の長野県出身者    全国の塩尻市出身者
早稲田大学出身      長野県出身の早稲田大学の出身者      全国の早稲田大学の出身者
長野県松本深志高等学校出身      全国の長野県松本深志高等学校の出身者
 85  大山郁夫    兵庫県 出身Wikipedia
大山 郁夫(おおやま いくお、1880年(明治13年)9月20日 - 1955年(昭和30年)11月30日)は、日本の政治家、政治学者。
全国の兵庫県出身者
早稲田大学出身      兵庫県出身の早稲田大学の出身者      全国の早稲田大学の出身者
 86  井上柳梧    東京都 出身Wikipedia
井上 柳梧(いのうえ りゅうご、1880年9月21日 - 1962年3月6日)は、日本の蚕糸学者。上田蚕糸専門学校の第2代校長。
全国の東京都出身者
東京大学出身      東京都出身の東京大学の出身者      全国の東京大学の出身者
筑波大学附属高等学校出身      全国の筑波大学附属高等学校の出身者
 87  W.M.ヴォーリズ    滋賀県 近江八幡市 出身Wikipedia
ウィリアム・メレル・ヴォーリズ(William Merrell Vories、1880年10月28日 - 1964年5月7日)は、アメリカ合衆国に生まれ、日本で数多くの西洋建築を手懸けた建築家。
全国の滋賀県出身者    全国の近江八幡市出身者
 88  伊原五郎兵衛    長野県 飯田市 出身Wikipedia
伊原 五郎兵衛(いはら ごろうべい、1880年10月8日 - 1952年4月3日)は、長野県飯田市出身の実業家・鉄道経営者。
全国の長野県出身者    全国の飯田市出身者
東京帝国大学出身      長野県出身の東京帝国大学の出身者      全国の東京帝国大学の出身者
長野県松本深志高等学校出身      全国の長野県松本深志高等学校の出身者
 89  建川美次Wikipedia
建川 美次(たてかわ よしつぐ、1880年(明治13年)10月3日 - 1945年(昭和20年)9月9日)は、日本の陸軍軍人、外交官。最終階級は陸軍中将。栄典は勲一等功四級。
陸軍士官学校出身      全国の陸軍士官学校の出身者
新潟県立新潟高等学校出身      全国の新潟県立新潟高等学校の出身者
 90  三矢宮松    山形県 出身Wikipedia
三矢 宮松(みつや みやまつ、1880年(明治13年)10月23日 - 1959年(昭和34年)1月10日)は、日本の内務官僚、宮内官僚。
全国の山形県出身者
東京大学出身      山形県出身の東京大学の出身者      全国の東京大学の出身者
東京都立戸山高等学校出身      全国の東京都立戸山高等学校の出身者
 91  大ノ川甚太郎    石川県 金沢市 出身Wikipedia
大ノ川 甚太郎(おおのかわ じんたろう、本名:木越 甚太郎(きごし じんたろう)、1880年10月25日 - 1917年1月20日)は、石川県河北郡(現在の金沢市)出身の明治から大正期にかけての元大相撲力士。身長168cm、体重94kg。所属は君ヶ濱部屋から出羽ノ海部屋。最高位は小結。 得意技は突っ張り、引き落とし、かっぱじき。 あだ名は「コブさん」。
全国の石川県出身者    全国の金沢市出身者
 92  須田實    秋田県 出身Wikipedia
須田 實(すだ みのる、1880年(明治13年)10月30日 - 没年不詳)は、日本の陸軍軍人。最終階級は陸軍少将。
全国の秋田県出身者
秋田県立秋田高等学校出身      全国の秋田県立秋田高等学校の出身者
 93  上田万平    熊本県 天草 出身Wikipedia
上田 万平(うえだ まんぺい、1880年(明治13年)10月4日 - 1935年(昭和10年)7月8日[2])は、日本の内務官僚、実業家。官選県知事。
全国の熊本県出身者    全国の天草出身者
 94  藤田尚徳    東京都 出身Wikipedia
藤田 尚徳(ふじた ひさのり、1880年(明治13年)10月30日 - 1970年(昭和45年)7月23日)は、日本の海軍軍人、神職、侍従長。軍人としての最終階級は海軍大将。
全国の東京都出身者
東京都立日比谷高等学校出身      全国の東京都立日比谷高等学校の出身者
 95  藤田尚徳    東京都 出身Wikipedia
藤田 尚徳(ふじた ひさのり、1880年(明治13年)10月30日 - 1970年(昭和45年)7月23日)は、日本の海軍軍人、神職、侍従長。軍人としての最終階級は海軍大将。
全国の東京都出身者
攻玉社高等学校出身      全国の攻玉社高等学校の出身者
 96  横濱勉    岩手県 出身Wikipedia
横濱 勉(よこはま つとむ、1880年10月 - 1960年12月23日)は、明治末期から大正期にかけて多くの建築物の設計を手がけた盛岡市出身の建築家。旧第九十銀行本店(国の重要文化財)などの設計で知られる。
全国の岩手県出身者
東京大学出身      岩手県出身の東京大学の出身者      全国の東京大学の出身者
 97  甘露寺受長    東京都 出身Wikipedia
甘露寺 受長(かんろじ おさなが、1880年(明治23年)10月5日 - 1977年(昭和52年)6月20日)は日本の華族(伯爵)。東宮侍従・侍従次長。明治神宮宮司。学習院初等科、学習院中等科、学習院高等科を経て東京帝国大学法科卒業。法学博士。
全国の東京都出身者
東京大学出身      東京都出身の東京大学の出身者      全国の東京大学の出身者
学習院高等科出身      全国の学習院高等科の出身者
 98  山室宗武    熊本県 出身Wikipedia
山室 宗武(やまむろ そうぶ、1880年10月21日 - 1963年10月31日)は、日本陸軍の軍人。最終階級は陸軍中将。
全国の熊本県出身者
 99  鮎川義介    山口県 出身Wikipedia
鮎川 義介(あゆかわ よしすけ〈通称、あいかわ ぎすけ〉 、 1880年〈明治13年〉11月6日 – 1967年〈昭和42年〉2月13日)は、日本の実業家、政治家。日産コンツェルン創始者。満州重工業開発株式会社総裁、貴族院議員、帝国石油株式会社社長、石油資源開発株式会社社長、参議院議員などを歴任した。
全国の山口県出身者
山口大学出身      山口県出身の山口大学の出身者      全国の山口大学の出身者
山口県立山口高等学校出身      全国の山口県立山口高等学校の出身者
 100  布施辰治    宮城県 出身Wikipedia
布施 辰治(ふせ たつじ、1880年(明治13年)11月13日[注 1] - 1953年(昭和28年)9月13日)は、宮城県出身の弁護士・社会運動家である。日本人として唯一の大韓民国建国勲章受章者として知られる。
全国の宮城県出身者
明治大学出身      宮城県出身の明治大学の出身者      全国の明治大学の出身者
 101  荒城二郎    北海道 札幌市 出身Wikipedia
荒城 二郎(あらき じろう、1880年(明治13年)11月6日 - 1952年(昭和27年)6月3日)は、北海道出身(本籍は東京都)の海軍軍人(中将)。兄の卓爾は陸軍少将。妹は井上達三の妻[2]で、井上成美とは縁戚関係にあった。
全国の北海道出身者    全国の札幌市出身者
 102  鮎川義介    山口県 出身Wikipedia
鮎川 義介(あいかわ(本名は「あゆかわ」[1][2][3]) よしすけ、1880年〈明治13年〉11月6日 – 1967年〈昭和42年〉2月13日)は、日本の実業家、政治家。日産コンツェルン創始者。満州重工業開発株式会社総裁、貴族院議員、帝国石油株式会社社長、石油資源開発株式会社社長、参議院議員などを歴任した。
全国の山口県出身者
東洋大学出身      山口県出身の東洋大学の出身者      全国の東洋大学の出身者
 103  鮎川義介    山口県 出身Wikipedia
鮎川 義介(あゆかわ よしすけ〈通称、あいかわ ぎすけ〉[2][3] 、 1880年〈明治13年〉11月6日 – 1967年〈昭和42年〉2月13日)は、日本の実業家、政治家。日産コンツェルン創始者。満州重工業開発株式会社総裁、貴族院議員、帝国石油株式会社社長、石油資源開発株式会社社長、参議院議員などを歴任した。
全国の山口県出身者
山口大学出身      山口県出身の山口大学の出身者      全国の山口大学の出身者
 104  林桂    和歌山県 出身Wikipedia
林 桂(はやし かつら、明治13年(1880年)11月15日 - 昭和36年(1961年)3月1日)は、日本の陸軍軍人。第5師団長、教育総監部本部長、陸軍省整備局長を歴任する。階級は陸軍中将で、昭和9年(1934年)勲一等旭日大綬章を受章する。
全国の和歌山県出身者
 105  鮎川義介    山口県 出身Wikipedia
鮎川 義介(あいかわ(本名は「あゆかわ」[1][2][3]) よしすけ、1880年〈明治13年〉11月6日 – 1967年〈昭和42年〉2月13日)は、日本の実業家、政治家。日産コンツェルン創始者。満州重工業開発株式会社総裁、貴族院議員、帝国石油株式会社社長、石油資源開発株式会社社長、参議院議員などを歴任した。
全国の山口県出身者
山口大学出身      山口県出身の山口大学の出身者      全国の山口大学の出身者
 106  大島正徳    神奈川県 海老名市 出身Wikipedia
大島 正徳(おおしま まさのり、1880年11月11日 - 1947年4月21日)は、日本の哲学者、教育家。
全国の神奈川県出身者    全国の海老名市出身者
東京帝国大学出身      神奈川県出身の東京帝国大学の出身者      全国の東京帝国大学の出身者
同志社高等学校出身      全国の同志社高等学校の出身者
 107  布施辰治    宮城県 出身Wikipedia
布施 辰治(ふせ たつじ、1880年(明治13年)11月13日[注 1] - 1953年(昭和28年)9月13日)は、宮城県出身の弁護士・社会運動家である。日本人として唯一の大韓民国建国勲章受章者として知られる。
全国の宮城県出身者
明治大学出身      宮城県出身の明治大学の出身者      全国の明治大学の出身者
 108  鮎川義介    山口県 出身Wikipedia
鮎川 義介(あいかわ(本名は「あゆかわ」[1][2][3]) よしすけ、1880年〈明治13年〉11月6日 – 1967年〈昭和42年〉2月13日)は、日本の実業家、政治家。日産コンツェルン創始者。満州重工業開発株式会社総裁、貴族院議員、帝国石油株式会社社長、石油資源開発株式会社社長、参議院議員などを歴任した。
全国の山口県出身者
東京大学出身      山口県出身の東京大学の出身者      全国の東京大学の出身者
 109  厨川白村Wikipedia
厨川 白村(くりやがわ はくそん、1880年11月19日 - 1923年9月2日)は、英文学者、評論家。京都市生まれ。本名・辰夫。
東京大学出身      全国の東京大学の出身者
 110  加藤七左衛門    岐阜県 出身Wikipedia
加藤 七左衛門(かとう しちざえもん、1880年(明治13年)11月 - 1971年(昭和46年)7月)は、日本の剣道家。段位称号は範士九段。
全国の岐阜県出身者
 111  斎藤良衛    福島県 出身Wikipedia
斎藤 良衛(さいとう りょうえ、1880年(明治13年)11月15日- 1956年(昭和31年)11月4日)は、日本の外交官。外務省通商局長を最後に退官し、南満州鉄道理事、同最高顧問、外務省顧問を務める。『支那ニ於ケル外国人ノ権利義務』で法学博士(東京帝大)[2]。
全国の福島県出身者
東京大学出身      福島県出身の東京大学の出身者      全国の東京大学の出身者
 112  佐々木秀司    福島県 出身Wikipedia
佐々木 秀司(ささき ひでじ、1880年(明治13年)11月 - 1934年(昭和9年)11月14日)は、日本の内務・警察官僚、実業家。政友会系官選香川県知事。
全国の福島県出身者
東京大学出身      福島県出身の東京大学の出身者      全国の東京大学の出身者
 113  脇光三    滋賀県 出身Wikipedia
脇光三(わき こうぞう、1880年(明治13年)12月11日 - 1904年(明治37年)4月15日)は、明治期の特務機関員。日露戦争時にロシア軍内に潜伏し、鉄道爆破を目的とする特務に就いていた民間の志士のひとり。もともとは医学を志していたが、極東情勢の悪化、ロシアの侵攻に危機を感じ台湾協会学校に編入する。卒業後、日露戦争が勃発。横川省三や沖禎介らとともにロシア軍の背後攪乱のため嫩江に架かる鉄橋爆破の秘密訓令を受け、敵陣を潜行するも失敗。内モンゴルクーロンホで死去した。
全国の滋賀県出身者
拓殖大学出身      滋賀県出身の拓殖大学の出身者      全国の拓殖大学の出身者
 114  川崎克    三重県 出身Wikipedia
川崎 克(かわさき かつ、本名:かわさき こく(漢字は同じ)、1880年(明治13年)12月28日 - 1949年(昭和24年)2月3日)は三重県伊賀上野(現・伊賀市)出身の日本の政治家。長男に経済学博士の川崎勉、次男に元厚生大臣の川崎秀二がいる。元厚生労働大臣の川崎二郎は孫にあたる。
全国の三重県出身者
日本大学出身      三重県出身の日本大学の出身者      全国の日本大学の出身者
 115  二階堂トクヨ    宮城県 出身Wikipedia
二階堂トクヨ(にかいどう トクヨ、1880年12月5日 - 1941年7月17日)は、宮城県大崎市(旧三本木町)出身の教育者。日本女子体育大学創設者[1]。
全国の宮城県出身者
お茶の水女子大学出身      宮城県出身のお茶の水女子大学の出身者      全国のお茶の水女子大学の出身者
 116  梅谷光貞    兵庫県 出身Wikipedia
梅谷 光貞(うめたに みつさだ、1880年(明治13年)12月2日 - 1936年(昭和11年)9月27日[1])は、日本の内務・警察官僚。官選県知事。
全国の兵庫県出身者
東京大学出身      兵庫県出身の東京大学の出身者      全国の東京大学の出身者
 117  二階堂トクヨ    宮城県 出身Wikipedia
二階堂トクヨ(にかいどう トクヨ、1880年12月5日 - 1941年7月17日)は、宮城県大崎市(旧三本木町)出身の教育者。日本女子体育大学創設者。
全国の宮城県出身者
お茶の水女子大学出身      宮城県出身のお茶の水女子大学の出身者      全国のお茶の水女子大学の出身者
 118  山川均    岡山県 倉敷市 出身Wikipedia
山川 均(やまかわ ひとし、1880年(明治13年)12月20日 - 1958年(昭和33年)3月23日)は、在野の経済学者で、社会主義者・社会運動家・思想家・評論家。労農派マルクス主義の指導的理論家であった。
全国の岡山県出身者    全国の倉敷市出身者
同志社大学出身      岡山県出身の同志社大学の出身者      全国の同志社大学の出身者
同志社高等学校出身      全国の同志社高等学校の出身者
 119  内田信也    茨城県 出身Wikipedia
内田 信也(うちだ のぶや、本名:のぶなり、1880年(明治13年)12月6日 - 1971年(昭和46年)1月7日)は日本の実業家、政治家。
全国の茨城県出身者
一橋大学出身      茨城県出身の一橋大学の出身者      全国の一橋大学の出身者
群馬県立館林高等学校出身      全国の群馬県立館林高等学校の出身者
 120  八角三郎    岩手県 盛岡市 出身Wikipedia
八角 三郎(やすみ さぶろう、1880年(明治13年)12月19日 - 1965年(昭和40年)1月20日)は、日本の海軍軍人、政治家。最終階級は海軍中将、衆議院議員。
全国の岩手県出身者    全国の盛岡市出身者
海軍兵学校出身      岩手県出身の海軍兵学校の出身者      全国の海軍兵学校の出身者
岩手県立盛岡第一高等学校出身      全国の岩手県立盛岡第一高等学校の出身者
 121  中野太三郎    福岡県 出身Wikipedia
中野 太三郎(なかの たさぶろう、1880年(明治13年)12月 - 1941年(昭和16年)11月10日)は、朝鮮総督府官僚、実業家。玄洋社員。
全国の福岡県出身者
東京大学出身      福岡県出身の東京大学の出身者      全国の東京大学の出身者
福岡県立修猷館高等学校出身      全国の福岡県立修猷館高等学校の出身者
 122  苫米地義三    青森県 旧藤坂村 出身Wikipedia
苫米地 義三(とまべち ぎぞう、明治13年(1880年)12月25日 - 昭和34年(1959年)6月29日)は日本の政治家。衆議院議員(1946年-1952年、当選3回)、参議院議員(1953年-1959年、当選1回)。青森県上北郡藤坂村出身。(三本木市を経て現十和田市)関東管領上杉憲政の末裔、山内上杉流苫米地家の一族で古くは中臣鎌足まで遡ることができる日本の名門家系。旧制札幌中学校、東京高等工業学校応用化学科卒(明治36年)。日本進歩党、民主党、国民民主党(党首)、改進党、日本民主党、自由民主党に所属。
全国の青森県出身者    全国の旧藤坂村出身者
東京工業大学出身      青森県出身の東京工業大学の出身者      全国の東京工業大学の出身者
北海道札幌南高等学校出身      全国の北海道札幌南高等学校の出身者
 123  内田信也    茨城県 出身Wikipedia
内田 信也(うちだ のぶや、本名:のぶなり、1880年(明治13年)12月6日 - 1971年(昭和46年)1月7日)は日本の実業家、政治家。
全国の茨城県出身者
一橋大学出身      茨城県出身の一橋大学の出身者      全国の一橋大学の出身者
麻布高等学校出身      全国の麻布高等学校の出身者
 124  今村信次郎    山形県 米沢市 出身Wikipedia
今村 信次郎(いまむら のぶじろう、1880年(明治13年)12月4日 - 1969年(昭和44年)9月1日)は、日本海軍の軍人。最終階級は海軍中将。
全国の山形県出身者    全国の米沢市出身者
海軍兵学校出身      山形県出身の海軍兵学校の出身者      全国の海軍兵学校の出身者
山形県立米沢興譲館高等学校出身      全国の山形県立米沢興譲館高等学校の出身者
 125  秦逸三    広島県  安芸郡海田町 出身Wikipedia
秦 逸三(はた いつぞう、1880年12月14日 - 1944年5月25日)は、日本で初めて人造絹糸(レーヨン)製造に成功した科学者・実業家。帝国人造絹糸(現・帝人の前身)共同設立者。広島県安芸郡海田町出身。
全国の広島県出身者    全国の 安芸郡海田町出身者
 126  内田信也    茨城県 出身Wikipedia
内田 信也(うちだ のぶや、本名:のぶなり、1880年12月6日 - 1971年1月7日)は日本の実業家、政治家。
全国の茨城県出身者
一橋大学出身      茨城県出身の一橋大学の出身者      全国の一橋大学の出身者




スポンサーリンク




有名人ナビ 出身高校編

有名人ナビ 出身大学編

有名人ナビ 誕生日編

有名人ナビ 出身都道府県編





スポンサーリンク