トップページ >1879年生まれの有名人

このサイトに登録されている誕生日で有名人の数:89,187人


スポンサーリンク


このサイトに登録されている「1879年」生まれの有名人の数:126:人
 1  新免一五坊    岡山県 出身Wikipedia
新免一五坊(しんめん いちごぼう、1879年(明治12年) - 1941年(昭和16年))は、日本の俳人・教員。本名は睦之助。後に藤木姓を名乗る。
全国の岡山県出身者
 2  岩下家一Wikipedia
岩下 家一(いわした かいち、明治12年(1879年) - 昭和36年(1961年))は、薩摩藩出身の明治の政治家岩下方平を祖父に持つ華族(子爵)である。
一橋大学出身      全国の一橋大学の出身者
 3  菊池契月    長野県 出身Wikipedia
菊池 契月(きくち けいげつ、1879年11月14日 - 1955年9月9日)は、明治後期から昭和中期にかけての日本画家。本名菊池(旧姓細野)完爾。
全国の長野県出身者
 4  鳥井信治郎    大阪府 出身Wikipedia
鳥井 信治郎(とりい しんじろう、1879年1月30日 - 1962年2月20日)は、日本の実業家、サントリー創業者である。
全国の大阪府出身者
大阪市立大学出身      大阪府出身の大阪市立大学の出身者      全国の大阪市立大学の出身者
 5  鳥井信治郎    大阪府 出身Wikipedia
鳥井 信治郎(とりい しんじろう、1879年1月30日 - 1962年2月20日)は、日本の実業家、サントリー(現サントリーホールディングス株式会社)の創業者である。
全国の大阪府出身者
大阪市立大学出身      大阪府出身の大阪市立大学の出身者      全国の大阪市立大学の出身者
 6  赤池濃    長野県 坂城町 出身Wikipedia
赤池 濃(あかいけ あつし、1879年1月27日 - 1945年9月10日)は、日本の内務官僚、政治家。静岡県知事、警視総監、貴族院議員。
全国の長野県出身者    全国の坂城町出身者
東京大学出身      長野県出身の東京大学の出身者      全国の東京大学の出身者
東京都立日比谷高等学校出身      全国の東京都立日比谷高等学校の出身者
 7  前田晁    山梨県 出身Wikipedia
前田 晁(まえだ あきら、1879年1月15日 - 1961年9月9日)は、日本の小説家、翻訳者。号は木城。妻は童話作家の徳永寿美子。
全国の山梨県出身者
早稲田大学出身      山梨県出身の早稲田大学の出身者      全国の早稲田大学の出身者
 8  水野直    東京都 出身Wikipedia
水野 直(みずの なおし、1879年(明治12年)1月5日 - 1929年(昭和4年)4月30日)は、日本の華族(子爵)・政治家。貴族院の院内会派・研究会の幹部で、加藤高明内閣の陸軍政務次官。水野宗家第18代当主。旧紀伊新宮藩主・水野忠幹の五男。養父は旧結城藩当主家の水野忠愛。妻は旧菊間藩主・水野忠敬の三女・貞子。教育調査会会員、臨時教育会議委員、学習院御用掛、鉄道会議臨時議員などを歴任した。
全国の東京都出身者
東京大学出身      東京都出身の東京大学の出身者      全国の東京大学の出身者
 9  新美卯一郎    熊本県 出身Wikipedia
新美 卯一郎(にいみ ういちろう、1879年1月12日 - 1911年1月24日)は、明治期の社会主義者である。幸徳事件(大逆事件)で処刑された12名の1人。
全国の熊本県出身者
 10  松尾卯一太    熊本県 出身Wikipedia
松尾 卯一太(まつお ういった、1879年1月27日 - 1911年1月24日)は、社会主義者である。幸徳事件(大逆事件)で処刑された12名の1人。
全国の熊本県出身者
 11  前田晁    山梨県 山梨市 出身Wikipedia
前田 晁(まえだ あきら、1879年(明治12年)1月15日 - 1961年(昭和36年)9月9日)は、日本の小説家・翻訳者。号は木城。妻は童話作家の徳永寿美子。
全国の山梨県出身者    全国の山梨市出身者
早稲田大学出身      山梨県出身の早稲田大学の出身者      全国の早稲田大学の出身者
早稲田大学高等学院出身      全国の早稲田大学高等学院の出身者
 12  佐分利貞男    広島県 出身Wikipedia
佐分利 貞男(さぶり さだお、1879年(明治12年)1月20日 - 1929年(昭和4年)11月29日)は、大正・昭和初期の外交官。広島県出身。妻は小村寿太郎の娘・文子。
全国の広島県出身者
東京帝国大学出身      広島県出身の東京帝国大学の出身者      全国の東京帝国大学の出身者
日本学園高等学校出身      全国の日本学園高等学校の出身者
 13  宮島清次郎    栃木県 佐野市 出身Wikipedia
宮島 清次郎(みやじま せいじろう、明治12年(1879年)1月20日 – 昭和38年(1963年)9月6日)は、大正・昭和期の経営者・財界人・代議士。元日清紡績社長・会長、元日本工業倶楽部理事長。
全国の栃木県出身者    全国の佐野市出身者
東京帝国大学出身      栃木県出身の東京帝国大学の出身者      全国の東京帝国大学の出身者
栃木県立宇都宮高等学校出身      全国の栃木県立宇都宮高等学校の出身者
 14  佐藤寛次    山形県 出身Wikipedia
佐藤 寛次(さとう かんじ、1879年1月26日 - 1967年5月31日)は、明治・大正期の農学者(農学博士)。東京農業大学第三代学長専攻は農業経済学。山形県出身。 農学博士、農業教育者。
全国の山形県出身者
東京大学出身      山形県出身の東京大学の出身者      全国の東京大学の出身者
 15  二宮治重    岡山県 出身Wikipedia
二宮 治重(にのみや はるしげ、1879年2月17日 - 1945年2月17日)は、日本の陸軍軍人、政治家。最終階級は陸軍中将。文部大臣。
全国の岡山県出身者
 16  平沼亮三Wikipedia
平沼 亮三(ひらぬま りょうぞう、1879年(明治12年)2月25日 - 1959年(昭和34年)2月13日)は、日本の実業家、政治家、アマチュアスポーツ選手。元貴族院議員、元横浜市長。日本における市民スポーツの父と呼ばれる。
慶應義塾大学出身      全国の慶應義塾大学の出身者
 17  安藤紀三郎    兵庫県 出身Wikipedia
安藤 紀三郎(あんどう きさぶろう、1879年2月11日 - 1954年5月10日)は、日本の政治家、陸軍軍人。
全国の兵庫県出身者
陸軍士官学校出身      兵庫県出身の陸軍士官学校の出身者      全国の陸軍士官学校の出身者
兵庫県立篠山鳳鳴高等学校出身      全国の兵庫県立篠山鳳鳴高等学校の出身者
 18  臼田亞浪    長野県 出身Wikipedia
臼田 亞浪(うすだ あろう、1879年(明治12年)2月1日 - 1951年(昭和26年)11月11日)は日本の俳人。本名は臼田卯一郎(ういちろう)。
全国の長野県出身者
明治大学出身      長野県出身の明治大学の出身者      全国の明治大学の出身者
 19  臼田亞浪Wikipedia
臼田 亞浪(うすだ あろう、1879年(明治12年)2月1日 - 1951年(昭和26年)11月11日)は日本の俳人。本名は臼田卯一郎(ういちろう)。
明治大学出身      全国の明治大学の出身者
 20  黒田善太郎    富山県 富山市 出身Wikipedia
黒田 善太郎(くろだ ぜんたろう、1879年2月7日 - 1966年3月27日)は、富山県富山市出身の実業家。
全国の富山県出身者    全国の富山市出身者
 21  平沼亮三    神奈川県 横浜市 出身Wikipedia
平沼 亮三(ひらぬま りょうぞう、1879年(明治12年)2月25日 - 1959年(昭和34年)2月13日)は、日本の実業家、政治家、アマチュアスポーツ選手。衆議院議員(憲政会・民政党)、貴族院議員(同成会)、横浜市長。日本における市民スポーツの父と呼ばれる。
全国の神奈川県出身者    全国の横浜市出身者
慶應義塾大学出身      神奈川県出身の慶應義塾大学の出身者      全国の慶應義塾大学の出身者
 22  臼田亞浪Wikipedia
臼田 亞浪(うすだ あろう、1879年(明治12年)2月1日 - 1951年(昭和26年)11月11日)は日本の俳人。本名は臼田卯一郎(ういちろう)。
法政大学出身      全国の法政大学の出身者
 23  田邊七六    山梨県 出身Wikipedia
田邊 七六(たなべ しちろく、1879年3月1日 - 1952年8月1日)は山梨県出身の日本の政治家、実業家。「カミソリ将軍」とあだ名されたほどの切れ者であった。衆議院議員選挙に7回当選。
全国の山梨県出身者
明治大学出身      山梨県出身の明治大学の出身者      全国の明治大学の出身者
 24  瀬川章友    山形県 新庄市 出身Wikipedia
瀬川 章友(せがわ のりとも、1879年(明治12年)3月6日 - 1938年(昭和13年)2月22日)は、日本の陸軍軍人。最終階級は陸軍中将。
全国の山形県出身者    全国の新庄市出身者
陸軍士官学校出身      山形県出身の陸軍士官学校の出身者      全国の陸軍士官学校の出身者
山形県立山形東高等学校出身      全国の山形県立山形東高等学校の出身者
 25  入江貫一Wikipedia
入江 貫一(いりえ かんいち、1879年(明治12年)3月6日 - 1955年(昭和30年)4月22日)は、日本の官僚。帝室会計審査局長官、貴族院議員等を務めた。
東京大学出身      全国の東京大学の出身者
東京都立日比谷高等学校出身      全国の東京都立日比谷高等学校の出身者
 26  大野守衛    山口県 出身Wikipedia
大野 守衛(おおの もりえ、1879年(明治12年)3月1日 – 1958年(昭和33年)7月18日)は、日本の外交官。神奈川県藤沢市長。錦鶏間祗候[3]。
全国の山口県出身者
東京大学出身      山口県出身の東京大学の出身者      全国の東京大学の出身者
東京都立日比谷高等学校出身      全国の東京都立日比谷高等学校の出身者
 27  正宗白鳥    岡山県 出身Wikipedia
正宗 白鳥(まさむね はくちょう、男性、1879年(明治12年)3月3日 - 1962年(昭和37年)10月28日)は、明治~昭和期の小説家、劇作家、文学評論家。本名は正宗忠夫。
全国の岡山県出身者
早稲田大学出身      岡山県出身の早稲田大学の出身者      全国の早稲田大学の出身者
 28  石田収蔵    秋田県 鹿角市 出身Wikipedia
石田 収蔵(いしだ しゅうぞう、1879年3月6日 - 1940年1月31日)は、日本の人類学者。樺太(サハリン)のアイヌ、ウィルタ、ニヴフなど北方諸民族の先駆的研究者。東京農業大学教授。
全国の秋田県出身者    全国の鹿角市出身者
 29  橋戸信Wikipedia
橋戸 信(はしど しん/まこと(文献により一定していない)、1879年(明治12年)3月10日 - 1936年(昭和11年)3月23日)は、日本のアマチュア野球選手(遊撃手、投手)、新聞記者。ペンネームは「橋戸 頑鉄」(はしど がんてつ)。
早稲田大学出身      全国の早稲田大学の出身者
青山学院高等部出身      全国の青山学院高等部の出身者
 30  正宗白鳥    岡山県 和気郡穂浪村(現・備前市) 出身Wikipedia
正宗 白鳥(まさむね はくちょう、1879年(明治12年)3月3日 - 1962年(昭和37年)10月28日)は、明治 から昭和にかけて活躍した小説家、劇作家、文学評論家。本名は正宗 忠夫(まさむね ただお)。
全国の岡山県出身者    全国の和気郡穂浪村(現・備前市)出身者
早稲田大学出身      岡山県出身の早稲田大学の出身者      全国の早稲田大学の出身者
岡山県立和気閑谷高等学校出身      全国の岡山県立和気閑谷高等学校の出身者
 31  草村北星    熊本県 高瀬村(現・玉名市) 出身Wikipedia
草村 北星(くさむら ほくせい、1879年3月10日 - 1950年5月25日)は、日本の小説家。明治期家庭小説の作家。
全国の熊本県出身者    全国の高瀬村(現・玉名市)出身者
 32  北嶋南五    秋田県 五城目町 出身Wikipedia
北嶋 南五(きたじま なんご、1879年3月12日 - 1951年4月2日)は、俳人である。五城目町長などの公職も歴任した。
全国の秋田県出身者    全国の五城目町出身者
 33  阿部正己Wikipedia
阿部 正己(あべ まさき、1879年3月23日 - 1946年3月15日)は、日本の歴史家。
東洋大学出身      全国の東洋大学の出身者
 34  アルベルト・アインシュタインWikipedia
アルベルト・アインシュタイン[1](独: Albert Einstein、1879年3月14日 - 1955年4月18日)は、ドイツ生まれのユダヤ人の理論物理学者。
千葉工業大学出身      全国の千葉工業大学の出身者
 35  内田隆    福島県 出身Wikipedia
内田 隆(うちだ たかし、1879年(明治12年)3月30日 - 1963年(昭和38年)7月11日[2])は、日本の台湾総督府・内務官僚、実業家。官選秋田県知事。旧姓・長田。
全国の福島県出身者
東京大学出身      福島県出身の東京大学の出身者      全国の東京大学の出身者
 36  米村末喜    熊本県 出身Wikipedia
米村 末喜(よねむら すえき、1879年(明治11年)3月13日 - 1941年(昭和16年)12月27日)は、日本の海軍軍人。最終階級は海軍中将。航海術の権威であり、海軍部内で航海の神様と呼ばれた人物である。
全国の熊本県出身者
 37  田邊七六    山梨県 出身Wikipedia
田邊 七六(たなべ しちろく、1879年3月1日 - 1952年8月1日)は山梨県出身の日本の政治家、実業家。「カミソリ将軍」とあだ名されたほどの切れ者であった。衆議院議員選挙に7回当選。
全国の山梨県出身者
明治大学出身      山梨県出身の明治大学の出身者      全国の明治大学の出身者
 38  犬童球渓    熊本県 人吉市 出身Wikipedia
犬童 球渓(いんどう きゅうけい、1879年4月20日 - 1943年10月19日)は、日本の詩人、作詞家、教育者。熊本県人吉市出身。1901年、熊本師範学校卒業し、宇土郡網田小学校に勤務する 。1905年、東京音楽学校卒業。本名は「犬童信蔵(いんどう のぶぞう)」というが、球磨川の渓谷に生まれたことから「球渓」というペンネームをつけた。1943年、人吉市で自殺。
全国の熊本県出身者    全国の人吉市出身者
熊本県立第一高等学校出身      全国の熊本県立第一高等学校の出身者
 39  朝潮太郎 (2代)    愛媛県 出身Wikipedia
朝潮 太郎(あさしお たろう、1879年4月19日 - 1961年4月30日)は、日本の大相撲の力士である。所属部屋:高砂→佐ノ山→高砂。最高位は大関。本名薦田長吉(後に坪井)。身長176cm、体重113kg。
全国の愛媛県出身者
 40  武富済    愛知県 出身Wikipedia
武富 済(たけとみ わたる、1879年(明治12年)4月23日 - 1937年(昭和12年)4月20日)は、日本の検事、弁護士、衆議院議員(憲政会→立憲民政党)。正しくは武富 濟。
全国の愛知県出身者
東京大学出身      愛知県出身の東京大学の出身者      全国の東京大学の出身者
東京都立日比谷高等学校出身      全国の東京都立日比谷高等学校の出身者
 41  岩佐禄郎    新潟県 出身Wikipedia
岩佐 禄郎(いわさ ろくろう、1879年4月3日 - 1938年8月3日)は、日本の陸軍軍人。最終階級は陸軍中将。第23代憲兵司令官。士官候補生15期。
全国の新潟県出身者
 42  秦真次    福岡県 出身Wikipedia
秦 真次(はた しんじ、1879年4月6日 - 1950年2月24日)は、日本の陸軍軍人、神職。最終階級は陸軍中将。
全国の福岡県出身者
皇學館大学出身      福岡県出身の皇學館大学の出身者      全国の皇學館大学の出身者
成城高等学校出身      全国の成城高等学校の出身者
 43  斎藤瀏    長野県 出身Wikipedia
斎藤 瀏(さいとう りゅう、1879年4月16日 - 1953年7月5日)は、日本の陸軍軍人、歌人。最終階級は陸軍少将。長女の斎藤史は同じく歌人。
全国の長野県出身者
陸軍士官学校出身      長野県出身の陸軍士官学校の出身者      全国の陸軍士官学校の出身者
長野県松本深志高等学校出身      全国の長野県松本深志高等学校の出身者
 44  長塚節    茨城県 常総市 出身Wikipedia
長塚 節(ながつか たかし、1879年(明治12年)4月3日 - 1915年(大正4年)2月8日)は、歌人、小説家。
全国の茨城県出身者    全国の常総市出身者
茨城県立水戸第一高等学校出身      全国の茨城県立水戸第一高等学校の出身者
 45  西山翠嶂    京都府 出身Wikipedia
西山 翠嶂(にしやま すいしょう、1879年(明治12年)4月2日 - 1958年(昭和33年)3月30日)は、大正から昭和にかけて活躍した日本画家。本名は卯三郎(うさぶろう)。京都府生まれ。
全国の京都府出身者
京都市立芸術大学出身      京都府出身の京都市立芸術大学の出身者      全国の京都市立芸術大学の出身者
京都市立銅駝美術工芸高等学校出身      全国の京都市立銅駝美術工芸高等学校の出身者
 46  牛塚虎太郎    富山県 射水市(旧大門町) 出身Wikipedia
牛塚 虎太郎(うしづか とらたろう、1879年(明治12年)4月28日 - 1966年(昭和41年)11月1日)は、東京市長および衆議院議員を歴任した官僚、政治家。
全国の富山県出身者    全国の射水市(旧大門町)出身者
 47  物集高量    東京都 出身Wikipedia
物集 高量(もずめ たかかず、1879年4月3日 - 1985年10月25日)は、東京府出身の国文学者、作家。物集 梧水名義による著作もある。
全国の東京都出身者
東京帝国大学出身      東京都出身の東京帝国大学の出身者      全国の東京帝国大学の出身者
郁文館高等学校出身      全国の郁文館高等学校の出身者
 48  上田貞次郎    東京都 出身Wikipedia
上田 貞次郎(うえだ ていじろう、1879年5月12日 - 1940年5月8日)は日本の経営学者、経済学者。1937年、帝国学士院会員。1932年、勲二等瑞宝章。1940年、正三位勲二等旭日重光章。
全国の東京都出身者
一橋大学出身      東京都出身の一橋大学の出身者      全国の一橋大学の出身者
正則高等学校出身      全国の正則高等学校の出身者
 49  村瀬武男    愛媛県 出身Wikipedia
村瀬 武男(むらせ たけお、1879年(明治12年)5月11日 - 1959年(昭和34年)2月3日)は、愛媛県出身の政治家。衆議院議員、愛媛県会議長などを務めた。
全国の愛媛県出身者
修道高等学校出身      全国の修道高等学校の出身者
 50  井手薫    岐阜県 出身Wikipedia
井手 薫(いで かおる、1879年(明治12年)5月6日 - 1944年(昭和19年))は、日本統治時代の台湾で活躍した建築家。岐阜県出身。台湾総督府営繕課在任中、台湾の官庁や民間建築を多く手がけ、その設計理念と風格は台湾建築界に影響を与えた。
全国の岐阜県出身者
東京大学出身      岐阜県出身の東京大学の出身者      全国の東京大学の出身者
 51  重岡信治郎    愛媛県 出身Wikipedia
重岡 信治郎(しげおか のぶじろう 1879年(明治12年)5月10日 - 1971年(昭和46年)1月16日)は、日本の海軍軍人。井出謙治らに続き、潜水艦の拡充に尽力した海軍中将である。 なお"重岡信次郎"とする資料もある。
全国の愛媛県出身者
愛媛県立松山東高等学校出身      全国の愛媛県立松山東高等学校の出身者
 52  勝正憲    福岡県 出身Wikipedia
勝 正憲(かつ まさのり、1879年(明治12年)5月21日 - 1957年(昭和32年)11月11日)は、日本の大蔵官僚、政治家。衆議院議員、逓信大臣。
全国の福岡県出身者
東京大学出身      福岡県出身の東京大学の出身者      全国の東京大学の出身者
福岡県立育徳館高等学校出身      全国の福岡県立育徳館高等学校の出身者
 53  井手薫    岐阜県 出身Wikipedia
井手 薫(いで かおる、1879年(明治12年)5月6日 - 1944年(昭和19年))は、日本統治時代の台湾で活躍した建築家。岐阜県出身。台湾総督府営繕課在任中、台湾の官庁や民間建築を多く手がけ、その設計理念と風格は台湾建築界に影響を与えた。
全国の岐阜県出身者
東京大学出身      岐阜県出身の東京大学の出身者      全国の東京大学の出身者
 54  松岡荒村    熊本県 高田村(現・八代市) 出身Wikipedia
松岡 荒村(まつおか こうそん、1879年(明治12年)5月8日 - 1904年(明治37年)7月23日)は、詩人、評論家。
全国の熊本県出身者    全国の高田村(現・八代市)出身者
早稲田大学出身      熊本県出身の早稲田大学の出身者      全国の早稲田大学の出身者
同志社高等学校出身      全国の同志社高等学校の出身者
 55  古賀十二郎    長崎県 出身Wikipedia
古賀 十二郎(こが じゅうじろう、明治12年(1879年)5月16日 - 昭和29年(1954年)9月6日)は、長崎学の基礎を築いた市井の郷土史研究家。東京外国語学校(現東京外国語大学)卒業。
全国の長崎県出身者
東京外国語大学出身      長崎県出身の東京外国語大学の出身者      全国の東京外国語大学の出身者
長崎市立長崎商業高等学校出身      全国の長崎市立長崎商業高等学校の出身者
 56  木村尚達    熊本県 出身Wikipedia
木村 尚達(きむら しょうたつ、明治12年(1879年)5月27日 - 昭和22年(1947年)11月1日)は、日本の裁判官、検察官、政治家。検事総長、司法大臣、貴族院議員。
全国の熊本県出身者
 57  岸本綾夫    岡山県 出身Wikipedia
岸本 綾夫(きしもと あやお、1879年6月27日 - 1946年11月28日)は、日本の陸軍軍人、東京市長。軍人としての最終階級は陸軍大将。
全国の岡山県出身者
東京大学出身      岡山県出身の東京大学の出身者      全国の東京大学の出身者
 58  椙山正弌Wikipedia
椙山 正弌(すぎやま まさかず、明治12年(1879年)6月26日 - 昭和39年(1964年)2月18日)は、岐阜県生まれの尾張藩士族であり、愛知県名古屋市の教育者。椙山女学園初代学園長・理事長。藍綬褒章の受章2回。
東京家政大学出身      全国の東京家政大学の出身者
 59  小野葉桜    宮崎県 美郷町(旧西郷村) 出身Wikipedia
小野 葉桜(おの はざくら、 明治12年(1879年)6月15日 - 昭和17年(1942年))は、日本の歌人。 本名・岩治(いわじ)。
全国の宮崎県出身者    全国の美郷町(旧西郷村)出身者
 60  岸本綾夫    岡山県 出身Wikipedia
岸本 綾夫(きしもと あやお、1879年6月27日 - 1946年11月28日)は、日本の陸軍軍人、東京市長。軍人としての最終階級は陸軍大将。
全国の岡山県出身者
東京大学出身      岡山県出身の東京大学の出身者      全国の東京大学の出身者
 61  田辺淳吉Wikipedia
田辺 淳吉(たなべ じゅんきち、1879年6月26日 - 1926年7月13日)は主に大正期に活躍した日本の建築家。清水組(現清水建設)の技師として銀行、学校、邸宅等を設計し、後に独立。
東京大学出身      全国の東京大学の出身者
筑波大学附属高等学校出身      全国の筑波大学附属高等学校の出身者
 62  國枝博    岐阜県 出身Wikipedia
國枝 博(くにえだ ひろし、1879年6月20日 - 1943年8月6日)は、大阪を拠点に活躍した日本の建築家。朝鮮総督府に在任中、主任技師として朝鮮総督府庁舎の設計に携わった。
全国の岐阜県出身者
東京大学出身      岐阜県出身の東京大学の出身者      全国の東京大学の出身者
 63  櫻井忠温    愛媛県 出身Wikipedia
櫻井 忠温(さくらい ただよし、1879年(明治12年)6月11日 - 1965年(昭和40年)9月17日)は、日本陸軍軍人、作家。最終階級は陸軍少将。翻訳家、教育者の櫻井鴎村は実兄。木村駿吉の娘婿で海軍中将の櫻井忠武は実弟。
全国の愛媛県出身者
愛媛県立松山東高等学校出身      全国の愛媛県立松山東高等学校の出身者
 64  國枝博    岐阜県 出身Wikipedia
國枝 博(くにえだ ひろし、1879年6月20日 - 1943年8月6日)は、大阪を拠点に活躍した建築家。朝鮮総督府に在任中、主任技師として朝鮮総督府庁舎の設計に携わった。
全国の岐阜県出身者
東京大学出身      岐阜県出身の東京大学の出身者      全国の東京大学の出身者
 65  椙山正弌Wikipedia
椙山 正弌(すぎやま まさかず、明治12年(1879年)6月26日 - 昭和39年(1964年)2月18日)は、岐阜県生まれの尾張藩士族であり、愛知県名古屋市の教育者。椙山女学園初代学園長・理事長。藍綬褒章の受章2回。
岐阜大学出身      全国の岐阜大学の出身者
 66  椙山正弌    岐阜県  武儀郡(現在の関市) 出身Wikipedia
椙山 正弌(すぎやま まさかず、明治12年(1879年)6月26日 - 昭和39年(1964年)2月18日)は、岐阜県生まれの尾張藩士族であり、愛知県名古屋市の教育者。椙山女学園初代学園長・理事長。藍綬褒章の受章2回。
全国の岐阜県出身者    全国の 武儀郡(現在の関市)出身者
東京家政大学出身      岐阜県出身の東京家政大学の出身者      全国の東京家政大学の出身者
 67  左近司政三    山形県 出身Wikipedia
左近司 政三(さこんじ せいぞう、1879年(明治12年)6月27日 - 1969年(昭和44年)8月30日)は、日本の海軍軍人。政治家。最終階級は海軍中将。第3次近衛文麿内閣の商工大臣。鈴木貫太郎内閣の国務大臣。
全国の山形県出身者
海城高等学校出身      全国の海城高等学校の出身者
 68  畑俊六    福島県 出身Wikipedia
畑 俊六(はた しゅんろく、明治12年(1879年)7月26日 - 昭和37年(1962年)5月10日)は、日本の陸軍軍人。最終階級は元帥陸軍大将。偕行社会長。位階勲等は従二位勲一等功一級。
全国の福島県出身者
 69  曽我鍛    愛媛県 出身Wikipedia
曽我 鍛(そが きたう、1879年(明治12年)7月15日 - 1959年(昭和34年)12月28日)は愛媛県出身の編集者、作家、記者。通称はきたえ。ペンネームは曽我正堂(そがせいどう)、黄塔、鬼塔、青銅散士など。
全国の愛媛県出身者
愛媛県立松山東高等学校出身      全国の愛媛県立松山東高等学校の出身者
 70  畑俊六    福島県 出身Wikipedia
畑 俊六(はた しゅんろく、1879年(明治12年)7月26日 - 1962年(昭和37年)5月10日)は、日本の陸軍軍人。最終階級は元帥陸軍大将。偕行社会長。位階勲等は従二位勲一等功一級。
全国の福島県出身者
陸軍士官学校出身      福島県出身の陸軍士官学校の出身者      全国の陸軍士官学校の出身者
東京都立日比谷高等学校出身      全国の東京都立日比谷高等学校の出身者
 71  古武弥四郎    岡山県 出身Wikipedia
古武 弥四郎(こたけ やしろう、1879年7月12日 - 1968年5月30日)は岡山県出身の生化学、医化学者。
全国の岡山県出身者
京都大学出身      岡山県出身の京都大学の出身者      全国の京都大学の出身者
 72  古武弥四郎    岡山県 出身Wikipedia
古武 弥四郎(こたけ やしろう、1879年7月12日 - 1968年5月30日)は岡山県出身の生化学、医化学者。
全国の岡山県出身者
京都大学出身      岡山県出身の京都大学の出身者      全国の京都大学の出身者
 73  岩田衛    熊本県 出身Wikipedia
岩田 衛(いわた まもる、1879年(明治12年)7月2日 - 1942年(昭和17年)6月9日[2])は、日本の内務官僚。官選県知事、長岡市長。
全国の熊本県出身者
 74  大湊直太郎    山形県 出身Wikipedia
大湊 直太郎(おおみなと なおたろう、1879年(明治12年)7月1日 - 1958年(昭和33年)4月27日)は、日本海軍の軍人。最終階級は海軍中将。
全国の山形県出身者
 75  山川登美子    福井県 小浜市 出身Wikipedia
山川登美子(やまかわ とみこ、1879年(明治12年)7月19日 - 1909年(明治42年)4月15日)は、歌人である。本名・とみ。
全国の福井県出身者    全国の小浜市出身者
梅花学園出身      福井県出身の梅花学園の出身者      全国の梅花学園の出身者
梅花高等学校出身      全国の梅花高等学校の出身者
 76  八木貞助    長野県 出身Wikipedia
八木 貞助(やぎ ていすけ、1879年8月22日 - 1951年6月20日)は、日本の地質学者、植物学者。
全国の長野県出身者
 77  唐牛敏世    青森県 黒石市 出身Wikipedia
唐牛 敏世(かろうじ びんせい、1879年(明治12年)8月15日 - 1979年(昭和54年)1月19日)は、日本の銀行家。みちのく銀行初代頭取。勲四等旭日小綬章1978年(昭和53年)。
全国の青森県出身者    全国の黒石市出身者
明治大学出身      青森県出身の明治大学の出身者      全国の明治大学の出身者
 78  青木存義    宮城県 出身Wikipedia
青木 存義(あおき ながよし、1879年8月15日 - 1935年4月19日)は、日本の国文学者、唱歌作詞家、小説家。
全国の宮城県出身者
東京大学出身      宮城県出身の東京大学の出身者      全国の東京大学の出身者
宮城県仙台第一高等学校出身      全国の宮城県仙台第一高等学校の出身者
 79  滝廉太郎    東京都 港区西新橋 出身Wikipedia
瀧 廉太郎(たき れんたろう、1879年(明治12年)8月24日 - 1903年(明治36年)6月29日)は、日本の音楽家、作曲家。明治の西洋音楽黎明期における代表的な音楽家の一人である。
全国の東京都出身者    全国の港区西新橋出身者
 80  寺内寿一    山口県 出身Wikipedia
寺内 寿一(てらうち ひさいち、旧字体: 寺內壽一、1879年(明治12年)8月8日 - 1946年(昭和21年)6月12日)は、日本の陸軍軍人、政治家。最終階級は元帥陸軍大将。勲等は勲一等。爵位は伯爵。山口県出身。
全国の山口県出身者
陸軍士官学校出身      山口県出身の陸軍士官学校の出身者      全国の陸軍士官学校の出身者
成城高等学校出身      全国の成城高等学校の出身者
 81  奈良磐松    秋田県 出身Wikipedia
奈良磐松(なら いわまつ、1879年(明治12年)8月15日 - 1961年(昭和36年)3月13日)は、日本の銀行家。政治家。元秋田銀行頭取。元金足村(かなあしむら)村長。
全国の秋田県出身者
秋田県立秋田高等学校出身      全国の秋田県立秋田高等学校の出身者
 82  乃木勝典Wikipedia
乃木 勝典(のぎ かつすけ、1879年(明治12年)8月28日 - 1904年(明治37年)5月27日))は、明治時代の陸軍軍人で、乃木希典・静子夫妻の長男。戦死時の階級は陸軍歩兵少尉。戦死による一階級特進により、最終階級は陸軍歩兵中尉。
成城高等学校出身      全国の成城高等学校の出身者
 83  岩崎小弥太    東京都 出身Wikipedia
岩崎 小弥太(いわさき こやた、1879年(明治12年)8月3日 - 1945年(昭和20年)12月2日)は、日本の実業家で、三菱財閥の4代目総帥。男爵。
全国の東京都出身者
ケンブリッジ大学出身      東京都出身のケンブリッジ大学の出身者      全国のケンブリッジ大学の出身者
筑波大学附属高等学校出身      全国の筑波大学附属高等学校の出身者
 84  大正天皇Wikipedia
大正天皇(たいしょうてんのう、1879年(明治12年)8月31日 - 1926年(大正15年)12月25日)は、日本の第123代天皇。諱は嘉仁(よしひと)。幼少時の御称号は明宮(はるのみや)。お印は壽(じゅ)
二松學舍大学出身      出身の二松學舍大学の出身者      全国の二松學舍大学の出身者
学習院高等科出身      全国の学習院高等科の出身者
 85  寺内寿一    山口県 出身Wikipedia
寺内 寿一(てらうち ひさいち、旧字体: 寺內壽一、1879年(明治12年)8月8日 - 1946年(昭和21年)6月12日)は、日本の陸軍軍人、政治家。最終階級は元帥陸軍大将。勲等は勲一等。爵位は伯爵。山口県出身。
全国の山口県出身者
陸軍士官学校出身      山口県出身の陸軍士官学校の出身者      全国の陸軍士官学校の出身者
筑波大学附属高等学校出身      全国の筑波大学附属高等学校の出身者
 86  三隅正Wikipedia
三隅 正(みすみ ただし、1879年(明治12年)8月-1935年(昭和10年)2月24日)は日本の弁護士、政治家。元東京府会議長。
法政大学出身      全国の法政大学の出身者
 87  唐牛敏世    青森県 出身Wikipedia
唐牛 敏世(かろうじ びんせい、1879年(明治12年)8月15日 - 1979年(昭和54年)1月19日)は、日本の銀行家。みちのく銀行初代頭取。勲四等旭日小綬章1978年(昭和53年)。
全国の青森県出身者
明治大学出身      青森県出身の明治大学の出身者      全国の明治大学の出身者
 88  小寺源吾    岐阜県 出身Wikipedia
小寺 源吾(こでら げんご、1879年(明治12年)9月7日 - 1959年(昭和34年)6月15日)は日本の実業家。大日本紡績元社長。
全国の岐阜県出身者
慶應義塾大学出身      岐阜県出身の慶應義塾大学の出身者      全国の慶應義塾大学の出身者
 89  三ツ木秀治    福島県 出身Wikipedia
三ツ木 秀治(みつぎ ひではる、1879年(明治12年)9月30日 - 1952年(昭和27年)1月15日)は、日本の陸軍軍人、実業家。最終階級は陸軍少将。 予備役後は京豊自動車工業社長などを勤めた。
全国の福島県出身者
 90  佐久間勉    福井県 出身Wikipedia
佐久間 勉(さくま つとむ、1879年9月13日 - 1910年4月15日)は、日本の海軍軍人。最終階級は海軍大尉。
全国の福井県出身者
海軍兵学校出身      福井県出身の海軍兵学校の出身者      全国の海軍兵学校の出身者
福井県立若狭高等学校出身      全国の福井県立若狭高等学校の出身者
 91  石原忍    東京都 出身Wikipedia
石原 忍(いしはら しのぶ、1879年9月25日 - 1963年1月3日)は、日本の医学者、眼科医、陸軍軍人(最終階級は軍医少将)。東京帝国大学教授。東京府生まれ。石原式色覚異常検査表視力検査表の考案者。視力、色覚、屈折異常など、機能検査表の研究をはじめ、先天性全色盲の発見、この分野の先駆者となった。最初の色神検査表は1929年の第13回国際眼科学会で国際的に認定された。
全国の東京都出身者
東京大学出身      東京都出身の東京大学の出身者      全国の東京大学の出身者
東京都立戸山高等学校出身      全国の東京都立戸山高等学校の出身者
 92  辻寛治    島根県 寛治:医学者、京都帝国大学名誉教 出身Wikipedia
辻 寛治(つじ かんじ、1879年9月19日 - 1960年6月2日)は日本の医学者(内分泌学)・京都帝国大学名誉教授。島根県出身。
全国の島根県出身者    全国の寛治:医学者、京都帝国大学名誉教出身者
 93  青山憲三    石川県 出身Wikipedia
青山 憲三(あおやま けんぞう、1879年(明治12年)9月-1953年(昭和28年)1月27日)は日本の政治家。衆議院議員(6期)。
全国の石川県出身者
法政大学出身      石川県出身の法政大学の出身者      全国の法政大学の出身者
 94  八田嘉明    東京都 出身Wikipedia
八田 嘉明(はった よしあき、1879年9月14日 - 1964年4月26日)は、日本の鉄道技術者、官僚、実業家、政治家。工学博士。東京府生まれ。
全国の東京都出身者
東京大学出身      東京都出身の東京大学の出身者      全国の東京大学の出身者
筑波大学附属高等学校出身      全国の筑波大学附属高等学校の出身者
 95  小寺源吾    岐阜県 出身Wikipedia
小寺 源吾(こでら げんご、1879年(明治12年)9月7日 - 1959年(昭和34年)6月15日)は日本の実業家。大日本紡績元社長。
全国の岐阜県出身者
慶應義塾大学出身      岐阜県出身の慶應義塾大学の出身者      全国の慶應義塾大学の出身者
 96  四王天延孝    埼玉県 出身Wikipedia
四王天 延孝(しおうてん のぶたか、1879年〈明治12年〉9月2日 - 1962年〈昭和37年〉8月8日)は、日本の陸軍軍人、政治家。ユダヤ陰謀論を唱え『シオン賢者の議定書』の邦訳などを行なった。最終階級は陸軍中将。衆議院議員。旧姓・西村。
全国の埼玉県出身者
 97  佐久間勉    福井県 出身Wikipedia
佐久間 勉(さくま つとむ、1879年9月13日 - 1910年4月15日)は、日本の海軍軍人。最終階級は海軍大尉。
全国の福井県出身者
海軍兵学校出身      福井県出身の海軍兵学校の出身者      全国の海軍兵学校の出身者
攻玉社高等学校出身      全国の攻玉社高等学校の出身者
 98  黒田英雄    岡山県 出身Wikipedia
黒田 英雄(くろだ ひでお、1879年(明治12年)9月2日 – 1956年(昭和31年)11月1日)は、日本の大蔵官僚、政治家。大蔵次官、貴族院議員、参議院議員。
全国の岡山県出身者
東京大学出身      岡山県出身の東京大学の出身者      全国の東京大学の出身者
開成高等学校出身      全国の開成高等学校の出身者
 99  櫻井天壇    新潟県 五泉市 出身Wikipedia
櫻井 天壇(さくらい てんだん、1879年(明治12年)10月18日 - 1933年(昭和8年)9月10日)は、日本のドイツ文学者、文芸評論家、翻訳家。元第八高等学校独語主任教授。会津八一の先輩で義弟。本名は櫻井 政隆(さくらい まさたか)。
全国の新潟県出身者    全国の五泉市出身者
東京帝国大学出身      新潟県出身の東京帝国大学の出身者      全国の東京帝国大学の出身者
新潟県立新潟高等学校出身      全国の新潟県立新潟高等学校の出身者
 100  高山輝義    福島県 出身Wikipedia
高山 輝義(たかやま てるよし、1879年(明治12年)10月4日 - 没年不詳)は、日本の陸軍軍人、政治家。最終階級は陸軍少将。第16代若松市長。
全国の福島県出身者
 101  河上肇    山口県 岩国市 出身Wikipedia
河上 肇(かわかみ はじめ、1879年10月20日 - 1946年1月30日)は、日本の経済学者である。京都帝国大学でマルクス経済学の研究を行っていたが、教授の職を辞し、共産主義の実践活動に入る。日本共産党の党員となったため検挙され、獄中生活を送る。カール・マルクス『資本論』の翻訳(第一巻の一部のみ翻訳)やコミンテルン三十二年テーゼの翻訳のほか、ベストセラー『貧乏物語』の他に、『第二貧乏物語』『資本論入門』の著作がある。死後に刊行された『自叙伝』は広く読まれた。名文家であり、漢詩もよく知られている。福田徳三とは終生のライバルであった。
全国の山口県出身者    全国の岩国市出身者
山口大学出身      山口県出身の山口大学の出身者      全国の山口大学の出身者
山口県立山口高等学校出身      全国の山口県立山口高等学校の出身者
 102  馬場鋭一Wikipedia
馬場 鍈一(ばば えいいち、1879年(明治12年)10月5日 – 1937年(昭和12年)12月21日)は、日本の政治家、大蔵官僚、貴族院勅選議員。広田内閣で大蔵大臣、第一次近衛内閣で内務大臣をつとめた。蔵相時代に行った大規模な省内人事の刷新や極端な積極財政は、官界や財界に大きな混乱を招く結果となった。
東京大学出身      全国の東京大学の出身者
東京都立日比谷高等学校出身      全国の東京都立日比谷高等学校の出身者
 103  則井万寿雄    岡山県 出身Wikipedia
則井 万寿雄(のりい ますお、1879年(明治12年)10月24日 - 1936年(昭和11年)10月26日[1])は、衆議院議員(立憲政友会)、弁護士。
全国の岡山県出身者
明治大学出身      岡山県出身の明治大学の出身者      全国の明治大学の出身者
 104  三宅篤夫    和歌山県 出身Wikipedia
三宅 篤夫(みやけ あつお、1879年10月19日 - 1961年9月25日)は、日本陸軍の軍人。最終階級は陸軍少将。陸士12期憲兵科。和歌山県、士族出身。
全国の和歌山県出身者
 105  河上肇    山口県 岩国市 出身Wikipedia
河上 肇(かわかみ はじめ、1879年10月20日 - 1946年1月30日)は、日本の経済学者である。京都帝国大学でマルクス経済学の研究を行っていたが、教授の職を辞し、共産主義の実践活動に入る。日本共産党の党員となったため検挙され、獄中生活を送る。カール・マルクス『資本論』の翻訳(第一巻の一部のみ翻訳)やコミンテルン三十二年テーゼの翻訳のほか、ベストセラー『貧乏物語』の他に、『第二貧乏物語』『資本論入門』の著作がある。死後に刊行された『自叙伝』は広く読まれた。名文家であり、漢詩もよく知られている。福田徳三とは終生のライバルであった。
全国の山口県出身者    全国の岩国市出身者
山口大学出身      山口県出身の山口大学の出身者      全国の山口大学の出身者
山口県立岩国高等学校出身      全国の山口県立岩国高等学校の出身者
 106  相原四郎    愛媛県 出身Wikipedia
相原 四郎(あいばら しろう[注 1]、1879年(明治12年)10月2日 - 1911年(明治44年)1月8日)は、日本の海軍軍人。 日本海軍の最初の搭乗員であり、また日本初の航空事故犠牲者とする見解もある。相原は仏海軍士官ル・プリウール、田中舘愛橘と協力して日本で最初のグライダー製作および飛行の成功に貢献し自らも搭乗した。この成功は日本における航空工学に則った機体飛行の最初の事例であった[3]。最終階級は海軍大尉。
全国の愛媛県出身者
愛媛県立松山東高等学校出身      全国の愛媛県立松山東高等学校の出身者
 107  馬場鍈一Wikipedia
馬場 鍈一(ばば えいいち、1879年(明治12年)10月5日 – 1937年(昭和12年)12月21日)は、日本の政治家、大蔵官僚、貴族院勅選議員。広田内閣で大蔵大臣、第一次近衛内閣で内務大臣をつとめた。蔵相時代に行った大規模な省内人事の刷新や極端な積極財政は、官界や財界に大きな混乱を招く結果となった。
東京大学出身      全国の東京大学の出身者
 108  加藤虎之亮    静岡県 出身Wikipedia
加藤 虎之亮(かとう とらのすけ、明治12年(1879年)10月21日 - 昭和33年(1958年)12月2日)は、静岡県出身の中国哲学者、漢詩人、蔵書家。字は子弸、号は天淵。周礼の研究家として知られる。文学博士。
全国の静岡県出身者
東洋大学出身      静岡県出身の東洋大学の出身者      全国の東洋大学の出身者
 109  佐藤運雄Wikipedia
佐藤 運雄(さとう かずお、1879年11月18日 - 1964年1月1日)は、日本の歯学者。日本大学理事長・名誉会頭。
東京歯科大学出身      全国の東京歯科大学の出身者
東京都立日比谷高等学校出身      全国の東京都立日比谷高等学校の出身者
 110  佐藤運雄Wikipedia
佐藤 運雄(さとう かずお 1879年11月18日 - 1964年1月1日)は、日本の歯学者。日本大学理事長・名誉会頭。
東京歯科大学出身      全国の東京歯科大学の出身者
 111  雨宮敬作    山梨県 山梨市 出身Wikipedia
雨宮 敬作(あまみや けいさく、明治12年(1879年)11月5日 - 昭和39年(1964年)7月21日)は、日本の教育者。山梨英和女学校における初の日本人校長。
全国の山梨県出身者    全国の山梨市出身者
早稲田大学出身      山梨県出身の早稲田大学の出身者      全国の早稲田大学の出身者
山梨英和高等学校出身      全国の山梨英和高等学校の出身者
 112  岸井孝一    石川県 出身Wikipedia
岸井 孝一(きしい こういち、1879年(明治12年)11月21日 - 1960年(昭和35年)3月23日)は、日本の海軍軍人。第一次世界大戦において第二水雷戦隊、第二特務艦隊の各参謀を務める。最終階級は海軍少将。
全国の石川県出身者
 113  板倉卓造    広島県 出身Wikipedia
板倉 卓造(いたくら たくぞう、明治12年(1879年)12月9日 - 昭和38年(1963年)12月23日)は、日本の法学者、ジャーナリスト。新聞経営者、元時事新報社長。政治家。広島県比婆郡庄原村(のち庄原市)生まれ。息子は三井銀行(現・三井住友銀行)社長を務めた板倉譲治。
全国の広島県出身者
慶應義塾大学出身      広島県出身の慶應義塾大学の出身者      全国の慶應義塾大学の出身者
 114  南弥右衛門    和歌山県 すさみ町 出身Wikipedia
南 弥右衛門(みなみ やえもん、明治12年(1879年)12月2日 - 昭和48年(1973年)5月7日)は、明治時代から昭和時代にかけての日本の農民、カリフォルニア移民。和歌山県西牟婁郡江住村出身。明治38年(1905年)渡米。農業労働者から身を興して農場主となり、「サンタマリアのレタス王」と呼ばれるほどの成功を収めた。
全国の和歌山県出身者    全国のすさみ町出身者
 115  葛原猪平    山口県 出身Wikipedia
葛原 猪平(くずはら いへい、1879年12月22日 - 1942年1月15日)は、日本の実業家、政治家である。山口電灯、葛原冷蔵の創立者として知られ、衆議院議員もつとめた[1]。
全国の山口県出身者
一橋大学出身      山口県出身の一橋大学の出身者      全国の一橋大学の出身者
 116  倉元要一    福岡県 出身Wikipedia
倉元 要一(くらもと よういち、1879年(明治12年)12月 - 1942年(昭和17年)11月12日)は、日本の衆議院議員(立憲政友会)。
全国の福岡県出身者
明治大学出身      福岡県出身の明治大学の出身者      全国の明治大学の出身者
 117  古屋慶隆    岐阜県 恵那市] 出身Wikipedia
古屋 慶隆(ふるや よしたか、1879年12月18日 - 1945年3月10日)は、戦前日本の政治家。岐阜県恵那市出身。古屋家は典型的な地方の名望家であり、慶隆の父・善造も衆議院議員を1期務めた[2] 。
全国の岐阜県出身者    全国の恵那市]出身者
明治大学出身      岐阜県出身の明治大学の出身者      全国の明治大学の出身者
 118  板倉卓造    広島県  比婆郡庄原村 出身Wikipedia
板倉 卓造(いたくら たくぞう、明治12年(1879年)12月9日 - 昭和38年(1963年)12月23日)は、日本の法学者、ジャーナリスト。新聞経営者、元時事新報社長。政治家。広島県比婆郡庄原村(のち庄原市)生まれ。息子は三井銀行(現・三井住友銀行)社長を務めた板倉譲治。
全国の広島県出身者    全国の 比婆郡庄原村出身者
慶應義塾大学出身      広島県出身の慶應義塾大学の出身者      全国の慶應義塾大学の出身者
 119  坂田幹太    山口県 出身Wikipedia
坂田 幹太(さかた みきた、1879年(明治12年)12月13日 - 1958年(昭和33年)10月18日)は、日本の内務官僚、政治家、実業家。県知事、貴族院議員。旧姓・水谷。
全国の山口県出身者
東京大学出身      山口県出身の東京大学の出身者      全国の東京大学の出身者
東京都立日比谷高等学校出身      全国の東京都立日比谷高等学校の出身者
 120  永井荷風Wikipedia
永井 荷風(ながい かふう、1879年(明治12年)12月3日 - 1959年(昭和34年)4月30日)は、日本の小説家。本名は永井 壮吉(ながい そうきち、旧字体:壯吉)。号に金阜山人(きんぷさんじん)・断腸亭主人(だんちょうていしゅじん)ほか。
一橋大学出身      全国の一橋大学の出身者
筑波大学附属高等学校出身      全国の筑波大学附属高等学校の出身者
 121  永井荷風Wikipedia
永井 荷風(ながい かふう、1879年(明治12年)12月3日 - 1959年(昭和34年)4月30日)は、日本の小説家。本名は永井 壮吉(ながい そうきち、旧字体:壯吉)。号に金阜山人(きんぷさんじん)・断腸亭主人(だんちょうていしゅじん)ほか。
一橋大学出身      全国の一橋大学の出身者
日本学園高等学校出身      全国の日本学園高等学校の出身者
 122  荻原碌山    長野県 出身Wikipedia
荻原碌山(おぎわら ろくざん、1879年(明治12年)12月1日 - 1910年(明治43年)4月22日)は、明治期の彫刻家。本名は守衛(もりえ)、「碌山」は号である。
全国の長野県出身者
 123  矢田七太郎    静岡県 出身Wikipedia
矢田 七太郎(やだ しちたろう、1879年(明治12年)12月4日 - 1957年(昭和32年)3月1日)は、日本の外交官。駐スイス公使。東亜同文書院大学学長。
全国の静岡県出身者
東京大学出身      静岡県出身の東京大学の出身者      全国の東京大学の出身者
早稲田高等学校出身      全国の早稲田高等学校の出身者
 124  梁瀬長太郎    群馬県 出身Wikipedia
梁瀬 長太郎(やなせ ちょうたろう 1879年〈明治12年〉12月15日 - 1956年〈昭和31年〉6月11日)は、日本の実業家である。株式会社ヤナセの創業者として知られる。
全国の群馬県出身者
一橋大学出身      群馬県出身の一橋大学の出身者      全国の一橋大学の出身者
東京都立日比谷高等学校出身      全国の東京都立日比谷高等学校の出身者
 125  冨田溪仙    福岡県 福岡市 出身Wikipedia
冨田 溪仙(とみた けいせん、1879年12月9日 - 1936年7月6日)は、明治から昭和初期に活躍した日本画家。初め狩野派、四条派に学んだが、それに飽きたらず、仏画、禅画、南画、更には西洋の表現主義を取り入れ、デフォルメの効いた自在で奔放な作風を開いた。
全国の福岡県出身者    全国の福岡市出身者
 126  古屋慶隆    岐阜県 出身Wikipedia
古屋 慶隆(ふるや よしたか、1879年12月 - 1945年3月10日)は、戦前日本の政治家。岐阜県恵那市出身。古屋家は典型的な地方の名望家であり、慶隆の父・善造も衆議院議員を1期務めた。
全国の岐阜県出身者
明治大学出身      岐阜県出身の明治大学の出身者      全国の明治大学の出身者




スポンサーリンク




有名人ナビ 出身高校編

有名人ナビ 出身大学編

有名人ナビ 誕生日編

有名人ナビ 出身都道府県編





スポンサーリンク