トップページ >1875年生まれの有名人

このサイトに登録されている誕生日で有名人の数:89,185人


スポンサーリンク


このサイトに登録されている「1875年」生まれの有名人の数:109:人
 1  久世庸夫    福岡県 出身Wikipedia
久世 庸夫(くせ つねお、1875年 - 1945年7月31日)は、日本の政治家、大蔵官僚。 第8,9,12,13代福岡市長。
全国の福岡県出身者
東京大学出身      福岡県出身の東京大学の出身者      全国の東京大学の出身者
福岡県立修猷館高等学校出身      全国の福岡県立修猷館高等学校の出身者
 2  星野勇三    山形県 出身Wikipedia
星野 勇三(ほしの ゆうぞう、1875年 - 1964年11月2日)は、日本の農学者、遺伝学者。農学博士。称号は北海道帝国大学名誉教授・羽黒町名誉町民(現・鶴岡市名誉市民)。山形県東田川郡羽黒町(現・鶴岡市)出身。
全国の山形県出身者
 3  陳天華Wikipedia
陳 天華(ちん てんか、1875年 - 1905年12月8日)は清末の革命家。華興会や中国同盟会に参加した反清・革命派の人士である。字は星台、過庭。別号は思黄。
法政大学出身      全国の法政大学の出身者
 4  崔廷献Wikipedia
崔 廷献(さい ていけん、繁体字:崔廷獻、簡体字:崔廷献、ピン音:Cuī Tíngxiàn、ウェード式:Ts'ui T'ing-hsien、1875年(清光緒元年) - 1942年(民国31年))は、清末、中華民国の政治家・教育者。字は文徴。閻錫山率いる山西派の一員と目され、山西省の各種内政事業に従事した人物である。
法政大学出身      全国の法政大学の出身者
 5  藤田秀太郎Wikipedia
藤田 秀太郎(ふじた ひでたろう、1875年 - 1960年)は、日本の眼科学者。
東京大学出身      全国の東京大学の出身者
福岡県立修猷館高等学校出身      全国の福岡県立修猷館高等学校の出身者
 6  細谷而楽    群馬県 出身Wikipedia
細谷而楽(ほそやじらく、1875年(明治8) - 1940年(昭和15))は、彫刻家。本名三郎。群馬県城東町(現、前橋市一毛町)生まれ。
全国の群馬県出身者
 7  斯波孝四郎    石川県 出身Wikipedia
斯波 孝四郎(しば こうしろう、1875年(明治8年)1月24日 ‐ 1971年(昭和46年)6月13日)は、日本の実業家、技術者。
全国の石川県出身者
 8  村川堅固    熊本県 出身Wikipedia
村川 堅固(むらかわ けんご、1875年1月28日 - 1946年1月21日)は、日本の西洋史学者。
全国の熊本県出身者
東京大学出身      熊本県出身の東京大学の出身者      全国の東京大学の出身者
 9  長嶺俊之助    秋田県 出身Wikipedia
長嶺 俊之助(ながみね しゅんのすけ、1875年(明治8年)1月12日 - 1945年(昭和20年)11月29日)は、大日本帝国陸軍の軍人。最終階級は陸軍少将。
全国の秋田県出身者
秋田県立秋田高等学校出身      全国の秋田県立秋田高等学校の出身者
 10  井上秀    兵庫県 出身Wikipedia
井上 秀(いのうえ ひで、1875年(明治8年)1月6日 - 1963年(昭和38年)7月19日)は日本の家政学者・教育家。日本女子大学校(現在の日本女子大学)初の女性校長(第4代、1931年11月 - 1946年11月)。
全国の兵庫県出身者
日本女子大学校出身      兵庫県出身の日本女子大学校の出身者      全国の日本女子大学校の出身者
京都府立鴨沂高等学校出身      全国の京都府立鴨沂高等学校の出身者
 11  村川堅固    熊本県 出身Wikipedia
村川 堅固(むらかわ けんご、1875年1月28日 - 1946年1月21日)は、日本の西洋史学者。
全国の熊本県出身者
東京大学出身      熊本県出身の東京大学の出身者      全国の東京大学の出身者
 12  緒方勝一    佐賀県 出身Wikipedia
緒方 勝一(おがた しょういち、1875年1月25日 - 1960年12月28日)は、日本陸軍の軍人。最終階級は陸軍大将。
全国の佐賀県出身者
陸軍士官学校出身      佐賀県出身の陸軍士官学校の出身者      全国の陸軍士官学校の出身者
成城高等学校出身      全国の成城高等学校の出身者
 13  叶内長兵衛    山形県 出身Wikipedia
叶内長兵衛(かのうち ちょうべい、1875年(明治8年)1月27日 - 1961年(昭和36年)2月2日)は、日本の銀行家。政治家。元殖産相互銀行社長。
全国の山形県出身者
 14  和田重次郎    愛媛県 出身Wikipedia
和田 重次郎(わだ じゅうじろう、1875年(明治8年)1月6日 - 1937年(昭和12年)3月5日)は、北米、アラスカ、カナダで著名なマッシャー(犬橇使い)。金鉱発掘やトレイル開拓、遭難船救助など行う。アラスカで行われる屋内マラソンランナーとしても三度の優勝を飾る。
全国の愛媛県出身者
 15  若宮貞夫    兵庫県 出身Wikipedia
若宮 貞夫(わかみや さだお、明治8年(1875年)1月5日 - 昭和21年(1946年)9月8日)は日本の逓信官僚、政治家。元衆議院議員。東京府平民[1]。
全国の兵庫県出身者
東京大学出身      兵庫県出身の東京大学の出身者      全国の東京大学の出身者
 16  高嶋米峰    新潟県 出身Wikipedia
高嶋 米峰(高島、たかしま べいほう、1875年1月15日 - 1949年10月25日)は、日本の社会教育家、仏教学者、宗教家。号は大圓[1]。
全国の新潟県出身者
東洋大学出身      新潟県出身の東洋大学の出身者      全国の東洋大学の出身者
 17  小西重直    山形県 米沢市 出身Wikipedia
小西 重直(こにし しげなお、1875年(明治8年)1月15日- 1948年(昭和23年)7月21日)は、日本の教育学者。第9代京都帝国大学総長。
全国の山形県出身者    全国の米沢市出身者
東京大学出身      山形県出身の東京大学の出身者      全国の東京大学の出身者
福島県立安積高等学校出身      全国の福島県立安積高等学校の出身者
 18  石井常造    福島県 出身Wikipedia
石井 常造(いしい つねぞう、1875年(明治8年)1月2日 - 没年不詳)は、日本の陸軍軍人、生気研究者。基隆要塞司令官を務めた陸軍少将で、また生気自強療法を唱え生気の医療への応用を図った。従四位勳三等功四級。
全国の福島県出身者
陸軍士官学校出身      福島県出身の陸軍士官学校の出身者      全国の陸軍士官学校の出身者
東京都立日比谷高等学校出身      全国の東京都立日比谷高等学校の出身者
 19  小口忠太    長野県 上田市 出身Wikipedia
小口 忠太(おぐち ちゅうた、1875年1月6日 - 1945年7月23日)は日本の医師。医学者。
全国の長野県出身者    全国の上田市出身者
 20  田口掬汀    秋田県 仙北市 出身Wikipedia
田口 掬汀(たぐち きくてい、1875年1月18日 - 1943年8月9日)は、日本の小説家、劇作家、美術評論家である。本名は田口 鏡次郎(たぐち きょうじろう)。子息に画家の田口省吾、孫に小説家の高井有一。
全国の秋田県出身者    全国の仙北市出身者
 21  牧野賤男    新潟県 出身Wikipedia
牧野 賤男(まきの しずお、1875年(明治8年)2月 - 1943年(昭和18年)12月30日[1])は、日本の衆議院議員(立憲政友会)、弁護士。
全国の新潟県出身者
明治大学出身      新潟県出身の明治大学の出身者      全国の明治大学の出身者
 22  飯島忠夫    長野県 出身Wikipedia
飯島 忠夫(いいじま ただお、1875年2月3日 - 1954年9月27日)は、東洋史学者。
全国の長野県出身者
 23  重村義一    広島県 出身Wikipedia
重村 義一(しげむら ぎいち、1875年(明治8年)2月14日 - 1938年(昭和13年)3月31日)は、日本の海軍軍人。最終階級は海軍機関少将。広島県出身。
全国の広島県出身者
修道高等学校出身      全国の修道高等学校の出身者
 24  石川岩吉Wikipedia
石川 岩吉(いしかわ いわきち、1875年2月22日 - 1960年6月6日)は、日本の教育者。國學院大學名誉学長。
法政大学出身      全国の法政大学の出身者
東京都立日比谷高等学校出身      全国の東京都立日比谷高等学校の出身者
 25  飯塚国三郎    栃木県 出身Wikipedia
飯塚 國三郎(いいづか くにさぶろう、明治8年(1875年)2月13日 - 昭和33年(1958年)7月25日)は、日本の柔道家。段位は講道館柔道十段、大日本武徳会柔道範士。慶應義塾體育會柔道部師範、国際柔道協会会長などを歴任した。
全国の栃木県出身者
二松學舍大学出身      栃木県出身の二松學舍大学の出身者      全国の二松學舍大学の出身者
 26  三上義夫    広島県 出身Wikipedia
三上 義夫(みかみ よしお、1875年〈明治8年〉2月16日 - 1950年〈昭和25年〉12月31日)は日本の数学史家、和算研究家。日本の数学と中国の数学を英文で西洋に紹介した。
全国の広島県出身者
 27  小倉正恒    石川県 出身Wikipedia
小倉 正恒(おぐら まさつね、1875年(明治8年)3月22日 - 1961年(昭和36年)11月20日)は、第六代住友総理事である。
全国の石川県出身者
東京大学出身      石川県出身の東京大学の出身者      全国の東京大学の出身者
 28  一松定吉    大分県 出身Wikipedia
一松 定吉(ひとつまつ さだよし、1875年3月18日 - 1973年6月8日)は、明治、大正、昭和期の日本の政治家、弁護士。
全国の大分県出身者
明治大学出身      大分県出身の明治大学の出身者      全国の明治大学の出身者
 29  小倉正恒    石川県 出身Wikipedia
小倉 正恒(おぐら まさつね、明治8年(1875年)3月22日 - 昭和36年(1961年)11月20日)は、第六代住友総理事である。
全国の石川県出身者
東京大学出身      石川県出身の東京大学の出身者      全国の東京大学の出身者
 30  蒲原有明Wikipedia
蒲原 有明(かんばら ありあけ、1875年(明治8年)3月15日 - 1952年(昭和27年)2月3日)は、日本の詩人。本名、隼雄(はやお)。東京生れ。
東京都立日比谷高等学校出身      全国の東京都立日比谷高等学校の出身者
 31  清水南山    広島県 出身Wikipedia
清水 南山(しみず なんざん、本名: 清水 亀蔵、1875年3月30日 - 1948年12月7日)は、広島県三原市幸崎町出身の彫金家。日本画の大家である平山郁夫の祖母の兄。
全国の広島県出身者
東京芸術大学出身      広島県出身の東京芸術大学の出身者      全国の東京芸術大学の出身者
 32  植田謙吉    大阪府 出身Wikipedia
植田 謙吉(うえだ けんきち、1875年(明治8年)3月8日 - 1962年(昭和37年)9月11日)は、日本の陸軍軍人。陸士10期、陸大21期。陸軍大将正三位勲一等功三級。
全国の大阪府出身者
陸軍士官学校出身      大阪府出身の陸軍士官学校の出身者      全国の陸軍士官学校の出身者
大阪府立北野高等学校出身      全国の大阪府立北野高等学校の出身者
 33  小野寺長治郎    宮城県 出身Wikipedia
小野寺 長治郎(おのでら ちょうじろう、1875年(明治8年)3月24日 - 1939年(昭和14年)2月7日)は、日本の陸軍軍人。階級は陸軍主計中将。貴族院議員。
全国の宮城県出身者
東京大学出身      宮城県出身の東京大学の出身者      全国の東京大学の出身者
東京都立戸山高等学校出身      全国の東京都立戸山高等学校の出身者
 34  八波則吉    福岡県 出身Wikipedia
八波 則吉(やつなみ のりきち、1875年3月1日 - 1953年12月7日)は、日本の日本文学研究者、国語教育学者、作詞家。旧制第四高等学校教授、旧制第五高等学校名誉教授。
全国の福岡県出身者
福岡県立修猷館高等学校出身      全国の福岡県立修猷館高等学校の出身者
 35  清水六和    京都府 出身Wikipedia
清水 六和(きよみず ろくわ、1875年3月6日 - 1959年8月1日)は陶芸家、5代目清水六兵衛。
全国の京都府出身者
京都市立芸術大学出身      京都府出身の京都市立芸術大学の出身者      全国の京都市立芸術大学の出身者
 36  一松定吉    大分県 出身Wikipedia
一松 定吉(ひとつまつ さだよし、1875年3月18日 - 1973年6月8日)は、明治、大正、昭和期の日本の政治家、弁護士。
全国の大分県出身者
明治大学出身      大分県出身の明治大学の出身者      全国の明治大学の出身者
 37  橋本増治郎    愛知県 岡崎市 出身Wikipedia
橋本 増治郎(はしもと ますじろう、1875年(明治8年)4月28日 - 1944年(昭和19年)1月18日)は、愛知県岡崎市出身の技術者・実業家。
全国の愛知県出身者    全国の岡崎市出身者
東京工業大学出身      愛知県出身の東京工業大学の出身者      全国の東京工業大学の出身者
 38  岩田宙造    山口県 出身Wikipedia
岩田 宙造(いわた ちゅうぞう、1875年4月7日 - 1966年2月22日)は、日本の弁護士、政治家。正三位勲一等瑞宝章。法学博士。元貴族院議員。
全国の山口県出身者
山口大学出身      山口県出身の山口大学の出身者      全国の山口大学の出身者
 39  斎藤隆三    茨城県 守谷市 出身Wikipedia
斉藤 隆三(さいとう りゅうぞう、1875年(明治8年)4月6日 - 1961年(昭和36年)4月7日)は、千葉県相馬郡守谷町(現:茨城県守谷市)出身の史学者・文学博士。
全国の茨城県出身者    全国の守谷市出身者
東京大学出身      茨城県出身の東京大学の出身者      全国の東京大学の出身者
茨城県立水戸第一高等学校出身      全国の茨城県立水戸第一高等学校の出身者
 40  真境名安興    沖縄県 桃原村 出身Wikipedia
真境名 安興(まじきな あんこう、同治14年4月15日(1875年5月20日) - 1933年(昭和8年)12月28日)は、ジャーナリスト、歴史学者、沖縄学の研究者。伊波普猷、東恩納寛惇とともに、戦前の沖縄学における「御三家」と呼ばれる。著書に「沖縄一千年史」など。。
全国の沖縄県出身者    全国の桃原村出身者
沖縄県立首里高等学校出身      全国の沖縄県立首里高等学校の出身者
 41  上村松園Wikipedia
上村 松園(うえむら しょうえん、1875年(明治8年)4月23日 - 1949年(昭和24年)8月27日)は、日本画家。本名は上村 津禰(うえむら つね、「禰」は「示」ヘンに「爾」)、常子(つねこ)と名乗っていたこともある。明治の京都下京に生まれ育ち、女性の目を通して「美人画」を描いた。1948年(昭和23年)女性として初めて文化勲章を受賞。
京都市立芸術大学出身      全国の京都市立芸術大学の出身者
 42  上村松園    京都府 京都市下京区 出身Wikipedia
上村 松園(うえむら しょうえん、1875年(明治8年)4月23日 - 1949年(昭和24年)8月27日)は、日本画家。本名は上村 津禰(うえむら つね、「禰」は「示」ヘンに「爾」)、常子(つねこ)と名乗っていたこともある。明治の京都下京に生まれ育ち、女性の目を通して「美人画」を描いた。1948年(昭和23年)女性として初めて文化勲章を受章。
全国の京都府出身者    全国の京都市下京区出身者
京都市立芸術大学出身      京都府出身の京都市立芸術大学の出身者      全国の京都市立芸術大学の出身者
 43  高木貞治Wikipedia
高木 貞治(たかぎ ていじ、1875年(明治8年)4月21日 - 1960年(昭和35年)2月28日)は、日本の数学者。東京帝国大学教授。第1回フィールズ賞選考委員。文化勲章受章。
東京大学出身      全国の東京大学の出身者
岐阜県立岐阜高等学校出身      全国の岐阜県立岐阜高等学校の出身者
 44  岩田宙造    山口県 出身Wikipedia
岩田 宙造(いわた ちゅうぞう、1875年4月7日 - 1966年2月22日)は、日本の弁護士、政治家。正三位勲一等瑞宝章。法学博士。元貴族院議員。
全国の山口県出身者
東京大学出身      山口県出身の東京大学の出身者      全国の東京大学の出身者
 45  藤沢周次    東京都 出身Wikipedia
藤沢 周次(ふじさわ しゅうじ、1875年4月10日 - 1945年11月29日)は明治・大正期日本の英文学者、劇作家。学習院名誉教授。号は古雪(こせつ)。
全国の東京都出身者
東京大学出身      東京都出身の東京大学の出身者      全国の東京大学の出身者
 46  橋本増治郎    愛知県 出身Wikipedia
橋本 増治郎(はしもと ますじろう、1875年(明治8年)4月28日 - 1944年(昭和19年)1月18日)は、愛知県岡崎市出身の技術者・実業家。
全国の愛知県出身者
東京工業大学出身      愛知県出身の東京工業大学の出身者      全国の東京工業大学の出身者
 47  下村宏    和歌山県 出身Wikipedia
下村 宏(しもむら ひろし、明治8年(1875年)5月11日 - 昭和32年(1957年)12月9日)は、明治・大正・昭和の官僚、新聞経営者、政治家、歌人。号は海南(かいなん)。
全国の和歌山県出身者
東京大学出身      和歌山県出身の東京大学の出身者      全国の東京大学の出身者
 48  下村宏    和歌山県 出身Wikipedia
下村 宏(しもむら ひろし、明治8年(1875年)5月11日 - 昭和32年(1957年)12月9日)は、明治・大正・昭和の官僚、新聞経営者、政治家、歌人。号は海南(かいなん)。
全国の和歌山県出身者
東京大学出身      和歌山県出身の東京大学の出身者      全国の東京大学の出身者
 49  樋口龍峡    長野県 飯田市 出身Wikipedia
樋口 龍峡(ひぐち りゅうきょう、1875年5月14日 - 1929年6月6日)は、評論家、社会学者、政治家。 本名は樋口秀雄、別号は暁雪。1909年に文芸革新会を興し、自然主義批判の文芸評論家として活躍した一方で、1915年には衆議院議員に当選し、政治家としても活動した。
全国の長野県出身者    全国の飯田市出身者
東京帝国大学出身      長野県出身の東京帝国大学の出身者      全国の東京帝国大学の出身者
長野県松本深志高等学校出身      全国の長野県松本深志高等学校の出身者
 50  関屋貞三郎Wikipedia
関屋 貞三郎(せきや ていざぶろう、1875年(明治8年)5月4日 - 1950年(昭和25年)6月10日)は、日本の官僚。宮内次官、貴族院議員、枢密顧問官等を歴任した。栃木県出身。
東京大学出身      全国の東京大学の出身者
 51  松戸覚之助    千葉県 松戸市 出身Wikipedia
松戸 覚之助(まつど かくのすけ、1875年5月24日 - 1934年6月21日)は、明治から昭和にかけての梨農家。千葉県大橋村(後に八柱村、現在の松戸市)の人。「二十世紀」の発見者。
全国の千葉県出身者    全国の松戸市出身者
 52  水野廣徳    愛媛県 出身Wikipedia
水野 広徳(みずの ひろのり、旧字体: 水野 廣德、明治8年(1875年)5月24日 - 昭和20年(1945年)10月18日)は、日本海軍の軍人・軍事評論家。最終階級は海軍大佐。父は旧松山藩能方の水野光之で末子。
全国の愛媛県出身者
愛媛県立松山東高等学校出身      全国の愛媛県立松山東高等学校の出身者
 53  藤村作    福岡県 出身Wikipedia
藤村 作(ふじむら つくる、1875年5月6日 - 1953年12月1日)は、福岡県柳川出身の国文学者、東京帝国大学名誉教授。
全国の福岡県出身者
東洋大学出身      福岡県出身の東洋大学の出身者      全国の東洋大学の出身者
 54  小山完吾    長野県 出身Wikipedia
小山 完吾(こやま かんご、明治8年(1875年)5月18日 - 昭和30年(1955年)7月23日)は、日本のジャーナリスト・政治家。貴族院勅選議員、衆議院議員、時事新報社長。交友倶楽部所属。
全国の長野県出身者
慶應義塾大学出身      長野県出身の慶應義塾大学の出身者      全国の慶應義塾大学の出身者
 55  藤村作    福岡県 柳川市 出身Wikipedia
藤村 作(ふじむら つくる、1875年〈明治8年〉5月6日 - 1953年〈昭和28年〉12月1日)は、福岡県柳川出身の国文学者、東京帝国大学名誉教授。
全国の福岡県出身者    全国の柳川市出身者
東洋大学出身      福岡県出身の東洋大学の出身者      全国の東洋大学の出身者
 56  小山完吾    長野県 出身Wikipedia
小山 完吾(こやま かんご、明治8年(1875年)5月 - 昭和30年(1955年)7月23日)は、貴族院勅選議員、衆議院議員、時事新報社長。交友倶楽部所属。
全国の長野県出身者
慶應義塾大学出身      長野県出身の慶應義塾大学の出身者      全国の慶應義塾大学の出身者
 57  高嶋菊次郎    福岡県 出身Wikipedia
高嶋 菊次郎(たかしま きくじろう 1875年(明治8年)5月17日 - 1969年(昭和44年)1月29日)は、明治、大正、昭和期の実業家。
全国の福岡県出身者
一橋大学出身      福岡県出身の一橋大学の出身者      全国の一橋大学の出身者
鎮西学院高等学校出身      全国の鎮西学院高等学校の出身者
 58  河原操子    長野県 松本市 出身Wikipedia
河原 操子(かわはら みさこ、1875年6月6日 - 1945年3月7日)は女子教育者。
全国の長野県出身者    全国の松本市出身者
 59  五来欣造    茨城県 常陸太田市 出身Wikipedia
五来 欣造(ごらい きんぞう、1875年(明治8年)6月 - 1944年(昭和19年)8月1日)は、日本の政治学者、文学者、読売新聞主筆、明治大学教授、早稲田大学教授、皇化連盟代表。茨城県出身。五来素川(ごらい そせん)や斬馬剣禅(ざんば けんぜん)の筆名での作品を残す。青年時代に植村正久の教えをうけた敬虔なクリスチャンであった。
全国の茨城県出身者    全国の常陸太田市出身者
東京帝国大学出身      茨城県出身の東京帝国大学の出身者      全国の東京帝国大学の出身者
茨城県立水戸第一高等学校出身      全国の茨城県立水戸第一高等学校の出身者
 60  原夫次郎    島根県 出身Wikipedia
原 夫次郎(はら ふじろう、明治8年(1875年)6月14日 - 昭和28年(1953年)11月26日は、日本の政治家・弁護士。島根県知事(1期)・衆議院議員。 島根県平田市(現・出雲市)出身。和仏法律学校(現・法政大学)仏語法科卒。
全国の島根県出身者
法政大学出身      島根県出身の法政大学の出身者      全国の法政大学の出身者
 61  日高胖Wikipedia
日高 胖(ひだか ゆたか、1875年6月15日 - 1952年12月20日)は、旧住友財閥において多くの建築物の設計を手がけた建築家。アール・ヌーヴォー様式の神本理髪店の設計や、住友ビルディングの建設の総指揮をとったことなどで知られる。
東京大学出身      出身の東京大学の出身者      全国の東京大学の出身者
 62  柳田國男    兵庫県 福崎町 出身Wikipedia
柳田 國男(やなぎた くにお、1875年(明治8年)7月31日 - 1962年(昭和37年)8月8日)は、日本の民俗学者・官僚。現在の兵庫県神崎郡福崎町生まれで、最晩年に名誉町民第1号となった。没後に正三位勲一等。当時の池田勇人首相が「民間人とはいえ、これだけの人物に瑞宝章では軽い」と発言し旭日大綬章が供えられた。帝国憲法下の農務官僚で貴族院書記官長、終戦後から廃止になるまで最後の枢密顧問官に就いた。
全国の兵庫県出身者    全国の福崎町出身者
東京大学出身      兵庫県出身の東京大学の出身者      全国の東京大学の出身者
開成高等学校出身      全国の開成高等学校の出身者
 63  菊池武夫 (陸軍軍人)    熊本県 菊池郡 出身Wikipedia
菊池 武夫(きくち たけお、1875年(明治8年)7月23日 - 1955年(昭和30年)12月1日)は、日本の陸軍軍人、政治家。貴族院議員(男爵議員)。陸軍中将功四級男爵。熊本県菊池郡出身。
全国の熊本県出身者    全国の菊池郡出身者
 64  中川健蔵    新潟県 出身Wikipedia
中川 健藏(なかがわ けんぞう、1875年(明治8年)7月16日 - 1944年(昭和19年)6月26日)は、日本の官僚、政治家。台湾総督、貴族院議員。
全国の新潟県出身者
東京帝国大学出身      新潟県出身の東京帝国大学の出身者      全国の東京帝国大学の出身者
正則高等学校出身      全国の正則高等学校の出身者
 65  馬場恒吾Wikipedia
馬場 恒吾(ばば つねご、1875年7月18日 - 1956年4月5日)は、日本のジャーナリスト・政治評論家・実業家。
早稲田大学出身      全国の早稲田大学の出身者
 66  林古渓Wikipedia
林 古渓(はやし こけい、1875年7月15日 - 1947年2月20日)は歌人、作詞家、漢文学者、立正大学教授、東洋大学講師。本名は竹次郎。東京・神田出身。哲学館(現・東洋大学)教育学部卒。「浜辺の歌」(成田為三作曲)の作詞をした事でも知られる。
東洋大学出身      出身の東洋大学の出身者      全国の東洋大学の出身者
 67  箭内亙    福島県 出身Wikipedia
箭内 亙(やない わたり、1875年(明治8年)7月17日 - 1926年(大正15年)2月10日)は、東洋史学者、東京帝国大学教授。号は尚軒。
全国の福島県出身者
東京大学出身      福島県出身の東京大学の出身者      全国の東京大学の出身者
福島県立安積高等学校出身      全国の福島県立安積高等学校の出身者
 68  高橋龍太郎Wikipedia
高橋 龍太郎(たかはし りゅうたろう、1875年7月15日 - 1967年12月22日)は昭和期の実業家、政治家。ビール製造技術者から経営者となり、「日本のビール王」とも称される。プロ野球団のオーナーや、日本サッカー協会会長など、スポーツとも関係を持った。
京都大学出身      全国の京都大学の出身者
愛媛県立松山東高等学校出身      全国の愛媛県立松山東高等学校の出身者
 69  柳田國男    兵庫県 福崎町 出身Wikipedia
柳田 國男(やなぎた くにお、1875年(明治8年)7月31日 - 1962年(昭和37年)8月8日)は、日本の民俗学者・官僚。現在の兵庫県神崎郡福崎町生まれで、最晩年に名誉町民第1号となった。没後に正三位勲一等。当時の池田勇人首相が「民間人とはいえ、これだけの人物に瑞宝章では軽い」と発言し旭日大綬章が供えられた。帝国憲法下の農務官僚で貴族院書記官長、終戦後から廃止になるまで最後の枢密顧問官に就いた。
全国の兵庫県出身者    全国の福崎町出身者
東京大学出身      兵庫県出身の東京大学の出身者      全国の東京大学の出身者
郁文館高等学校出身      全国の郁文館高等学校の出身者
 70  工藤鉄男    青森県 出身Wikipedia
工藤 鉄男(くどう てつお、1875年8月5日 - 1953年6月16日)は、大正・昭和期の日本の男性政治家。元国務大臣。本名は工藤 鐵男(読みは同じ)。
全国の青森県出身者
日本大学出身      青森県出身の日本大学の出身者      全国の日本大学の出身者
 71  工藤鉄男    青森県 青森市 出身Wikipedia
工藤 鉄男(工藤 鐵男、くどう てつお、1875年8月5日 - 1953年6月16日)は、大正・昭和期の日本の男性政治家。元国務大臣。
全国の青森県出身者    全国の青森市出身者
日本大学出身      青森県出身の日本大学の出身者      全国の日本大学の出身者
 72  市村光恵    高知県 出身Wikipedia
市村 光恵(いちむら みつえ、1875年8月5日 - 1928年9月27日)は、日本の地方政治家、憲法学者。
全国の高知県出身者
 73  松田重次郎    広島県  安芸郡仁保島村 出身Wikipedia
松田 重次郎(まつだ じゅうじろう、1875年8月6日 - 1952年3月9日)は、日本のエンジニア、実業家。マツダの事実上の創業者として、貨物自動車(トラック)の生産に従事した。現広島東洋カープオーナー・松田元および、現広島エフエム放送社長・松田弘の曽祖父にあたる。
全国の広島県出身者    全国の 安芸郡仁保島村出身者
 74  今西龍    岐阜県 池田町 出身Wikipedia
今西 龍(いまにし りゅう、1875年8月15日 - 1932年5月20日)は、日本の朝鮮史家、京都帝国大学教授。
全国の岐阜県出身者    全国の池田町出身者
東京帝国大学出身      岐阜県出身の東京帝国大学の出身者      全国の東京帝国大学の出身者
郁文館高等学校出身      全国の郁文館高等学校の出身者
 75  奥村信太郎    東京都 出身Wikipedia
奥村 信太郎(おくむら しんたろう、1875年9月22日 - 1951年3月4日)は、日本のジャーナリスト、元毎日新聞社社長。
全国の東京都出身者
慶應義塾大学出身      東京都出身の慶應義塾大学の出身者      全国の慶應義塾大学の出身者
 76  杉山金太郎    和歌山県 和歌山市 出身Wikipedia
杉山 金太郎(すぎやま きんたろう、明治8年(1875年)9月19日 - 昭和48年(1973年)3月10日)は、日本の実業家。豊年製油(現J-オイルミルズ)会長。
全国の和歌山県出身者    全国の和歌山市出身者
大阪市立大学出身      和歌山県出身の大阪市立大学の出身者      全国の大阪市立大学の出身者
広島県立福山誠之館高等学校出身      全国の広島県立福山誠之館高等学校の出身者
 77  高橋偵造    長野県 飯山市 出身Wikipedia
高橋 偵造(たかはし ていぞう、1875年9月2日 - 1952年9月26日)は、日本の農芸化学者。
全国の長野県出身者    全国の飯山市出身者
東京帝国大学出身      長野県出身の東京帝国大学の出身者      全国の東京帝国大学の出身者
長野県松本深志高等学校出身      全国の長野県松本深志高等学校の出身者
 78  平塚広義Wikipedia
平塚 広義(ひらつか ひろよし、旧字体 : 平塚 廣義、1875年9月2日 - 1948年1月26日)は、日本の内務官僚。1府3県の知事、台湾総督府総務長官、貴族院勅選議員などをつとめた。正三位勲二等、山形県士族。父は新庄藩士の平塚榮次郎、弟は蚕糸学者で文化功労者の平塚英吉、長男は俳優・著述家の九重京司(本名・平塚広雄)である。
東京帝国大学出身      全国の東京帝国大学の出身者
山形県立山形東高等学校出身      全国の山形県立山形東高等学校の出身者
 79  曽我量深    新潟県 新潟市(旧西蒲原郡味方村) 出身Wikipedia
曽我 量深(そが りょうじん、1875年(明治8年)9月5日 - 1971年(昭和46年)6月20日)は、日本の明治~昭和期に活躍した真宗大谷派僧侶、仏教思想家。真宗大谷派講師、大谷大学学長、同大学名誉教授。旧姓、富岡。法名、「無極院釋量深」。
全国の新潟県出身者    全国の新潟市(旧西蒲原郡味方村)出身者
 80  田中仙樵    京都府 出身Wikipedia
田中 仙樵(たなか せんしょう、1875年(明治8年)9月3日 - 1960年(昭和35年)10月6日)は、茶人。京都府生まれ。
全国の京都府出身者
明治大学出身      京都府出身の明治大学の出身者      全国の明治大学の出身者
 81  大江スミ    長崎県 出身Wikipedia
大江 スミ(おおえ すみ、明治8年9月7日(1875年9月7日) - 昭和23年(1948年)1月6日)は、明治から昭和にかけて活躍した教育家。女子教育の先覚者。東京家政学院(現東京家政学院大学)創立者。長崎県出身。旧姓・宮川
全国の長崎県出身者
二松學舍大学出身      長崎県出身の二松學舍大学の出身者      全国の二松學舍大学の出身者
東洋英和女学院高等部出身      全国の東洋英和女学院高等部の出身者
 82  益田太郎冠者Wikipedia
益田太郎冠者(ますだたろうかじゃ、1875年(明治8年)9月25日 - 1953年(昭和28年)5月18日)は、日本の実業家・劇作家・音楽家。貴族院議員。男爵。東京都出身。本名、太郎。
東京都立日比谷高等学校出身      全国の東京都立日比谷高等学校の出身者
 83  松田源治    大分県 出身Wikipedia
松田 源治(まつだ げんじ、1875年10月4日 - 1936年2月1日)は、日本の政治家。衆議院議員(当選9回)。拓務大臣、文部大臣、衆議院副議長を務めた。中央大学、日本大学卒業。
全国の大分県出身者
日本大学出身      大分県出身の日本大学の出身者      全国の日本大学の出身者
 84  竹崎八十雄    熊本県 熊本市 出身Wikipedia
竹崎 八十雄(たけざき やそお、1875年(明治8年)10月5日 - 1950年(昭和25年)5月11日)は、日本の牧師で、教育者である。
全国の熊本県出身者    全国の熊本市出身者
 85  近藤達児    福島県 出身Wikipedia
近藤 達児(こんどう たつじ、1875年(明治8年)10月9日 - 1931年(昭和6年)9月22日)は、衆議院議員(立憲国民党→革新倶楽部→立憲政友会)、弁護士。
全国の福島県出身者
東京帝国大学出身      福島県出身の東京帝国大学の出身者      全国の東京帝国大学の出身者
京華高等学校出身      全国の京華高等学校の出身者
 86  犬塚太郎    佐賀県 出身Wikipedia
犬塚 太郎(いぬづか たろう、1875年(明治8年)10月23日 - 1936年(昭和11年)7月17日)は、日本の海軍軍人。第三回旅順港閉塞作戦に「愛国丸」指揮官として参戦。大正天皇の侍従武官、昭和天皇の皇太子時代における東宮武官、日本海海戦における東伏見宮依仁親王の皇族附武官、秩父宮別当を務める。最終階級は海軍中将。
全国の佐賀県出身者
 87  松田源治    大分県 出身Wikipedia
松田 源治(まつだ げんじ、1875年10月4日 - 1936年2月1日)は、日本の政治家。衆議院議員(当選9回)。拓務大臣、文部大臣、衆議院副議長を務めた。中央大学、日本大学卒業。
全国の大分県出身者
中央大学出身      大分県出身の中央大学の出身者      全国の中央大学の出身者
 88  竹内賀久治    岡山県 出身Wikipedia
竹内 賀久治(たけうち かくじ、明治8年(1875年)10月3日‐昭和21年(1946年)11月18日)は、日本の弁護士・教育者である。学位は法学博士。法政大学総長をつとめた。
全国の岡山県出身者
法政大学出身      岡山県出身の法政大学の出身者      全国の法政大学の出身者
 89  津田信夫    千葉県 佐倉市 出身Wikipedia
津田 信夫(つだ しのぶ、1875年10月23日 - 1946年2月17日)は日本を代表する鋳金工芸作家。東京美術学校(現在の東京芸術大学)教授、芸術院会員。
全国の千葉県出身者    全国の佐倉市出身者
東京芸術大学出身      千葉県出身の東京芸術大学の出身者      全国の東京芸術大学の出身者
千葉県立佐倉高等学校出身      全国の千葉県立佐倉高等学校の出身者
 90  田部隆次    富山県 出身Wikipedia
田部 隆次(たなべ りゅうじ、1875年10月20日 - 1957年12月20日)は、英文学者。富山県の南日家に生まれ、兄に英語教育者の南日恒太郎、弟に、やはり田部家へ養子に入った英文学者の田部重治がいる。村松剛・村松英子の母方の祖父。
全国の富山県出身者
 91  寒川鼠骨    愛媛県 出身Wikipedia
寒川 鼠骨(さむかわ そこつ、1875年(明治8年)11月3日 - 1954年(昭和29年)8月18日)は、正岡子規門下の俳人。病床の子規に侍り、遺族を見守り、遺墨・遺構の保存に尽くした。
全国の愛媛県出身者
愛媛県立松山東高等学校出身      全国の愛媛県立松山東高等学校の出身者
 92  宇野哲人Wikipedia
宇野 哲人(うの てつと、明治8年(1875年)11月15日 - 昭和49年(1974年)2月19日)は儒学者で、東洋学の開拓者の一人。東京大学名誉教授。東方文化学院院長、実践女子大学学長、東方学会[1]理事長・会長などを歴任。
東京大学出身      全国の東京大学の出身者
 93  阿部信行Wikipedia
阿部 信行(あべ のぶゆき、1875年(明治8年)11月24日 - 1953年(昭和28年)9月7日)は、日本の陸軍軍人、政治家。 陸軍士官学校9期、陸軍大学校19期(恩賜)、陸軍大将。位階は正二位。勲等は勲一等。
陸軍士官学校出身      全国の陸軍士官学校の出身者
東京都立日比谷高等学校出身      全国の東京都立日比谷高等学校の出身者
 94  秋瑾Wikipedia
秋瑾(しゅうきん、1875年11月8日-1907年7月15日)は、清朝末期の女性革命家。詩人。原名、閨瑾(けいきん)。日本留学時(1904年)に「閨」を削って「瑾」とした。幼名は玉姑。字(あざな)は璿卿(せんけい)、号は旦吾。紹興の人物。秋瑾とは、「秋の美しい玉」の意味である。
実践女子大学出身      全国の実践女子大学の出身者
 95  福田彦助    山口県 出身Wikipedia
福田 彦助(ふくだ ひこすけ、1875年11月5日 - 1959年7月30日)は、日本陸軍の軍人。最終階級は陸軍中将。
全国の山口県出身者
陸軍士官学校出身      山口県出身の陸軍士官学校の出身者      全国の陸軍士官学校の出身者
成城高等学校出身      全国の成城高等学校の出身者
 96  町野武馬    福島県 出身Wikipedia
町野 武馬(まちの たけま、1875年(明治8年)11月16日 - 1968年(昭和43年)1月10日)は、日本の陸軍軍人、政治家。張作霖の顧問を務め、最終階級は陸軍大佐。衆議院議員。戦後再建された大日本武徳会会長。
全国の福島県出身者
成城高等学校出身      全国の成城高等学校の出身者
 97  金城紀光    沖縄県 那覇市 出身Wikipedia
金城 紀光(かなぐすく / きんじょう きこう、1875年(明治8年)11月4日 - 1967年(昭和42年)8月10日)は、沖縄県出身の医師、政治家。衆議院議員、那覇市長。
全国の沖縄県出身者    全国の那覇市出身者
東京帝国大学出身      沖縄県出身の東京帝国大学の出身者      全国の東京帝国大学の出身者
沖縄県立首里高等学校出身      全国の沖縄県立首里高等学校の出身者
 98  長谷川如是閑    東京都 出身Wikipedia
長谷川 如是閑(はせがわ にょぜかん、1875年(明治8年)11月30日 - 1969年(昭和44年)11月11日)は、日本のジャーナリスト、文明批評家、評論家、作家。明治・大正・昭和と三代にわたり、新聞記事・評論・エッセイ・戯曲・小説・紀行と約3000本もの作品を著した。大山郁夫らとともに雑誌『我等』(後に『批判』)を創刊し、大正デモクラシー期の代表的論客の一人。「如是閑」は雅号、本名は萬次郎。
全国の東京都出身者
明治大学出身      東京都出身の明治大学の出身者      全国の明治大学の出身者
日本学園高等学校出身      全国の日本学園高等学校の出身者
 99  西野元    茨城県 出身Wikipedia
西野 元(にしの げん、1875年(明治8年)11月29日 – 1950年(昭和25年)8月3日)は、日本の大蔵官僚、政治家、銀行家。大蔵次官、貴族院議員、枢密顧問官。大蔵省の至宝といわれた人物で、八八艦隊計画成立後に、海軍首脳に対しその実施不可能であることを踏まえワシントン会議に臨むよう訴えた。
全国の茨城県出身者
東京帝国大学出身      茨城県出身の東京帝国大学の出身者      全国の東京帝国大学の出身者
茨城県立水戸第一高等学校出身      全国の茨城県立水戸第一高等学校の出身者
 100  宇野哲人    熊本県 熊本市 出身Wikipedia
宇野 哲人(うの てつと、明治8年(1875年)11月15日 - 昭和49年(1974年)2月19日)は儒学者で、東洋学の開拓者の一人。東京大学名誉教授。東方文化学院院長、実践女子大学学長、東方学会理事長・会長などを歴任。
全国の熊本県出身者    全国の熊本市出身者
東京大学出身      熊本県出身の東京大学の出身者      全国の東京大学の出身者
 101  高原操    福岡県 出身Wikipedia
高原 操(たかはら みさお、1875年12月16日 - 1946年11月21日)は、日本のジャーナリスト。大阪朝日新聞主筆兼取締役編集局長。大正デモクラシーの第一線言論人。
全国の福岡県出身者
東京大学出身      福岡県出身の東京大学の出身者      全国の東京大学の出身者
福岡県立修猷館高等学校出身      全国の福岡県立修猷館高等学校の出身者
 102  松永安左エ門    長崎県 出身Wikipedia
松永 安左エ門(松永 安左衞門、まつなが やすざえもん、1875年(明治8年)12月1日 - 1971年(昭和46年)6月16日)は、「電力王」「電力の鬼」と言われた日本の財界人。政治家(帝国議会衆議院議員1期)。美術コレクター、茶人としても知られ、耳庵(じあん)の号を持つ近代小田原三茶人の一人。氏名は「松永安左ヱ門」と表記されることもある。
全国の長崎県出身者
慶應義塾大学出身      長崎県出身の慶應義塾大学の出身者      全国の慶應義塾大学の出身者
長崎県立壱岐高等学校出身      全国の長崎県立壱岐高等学校の出身者
 103  黒住成章    岡山県 出身Wikipedia
黒住 成章(くろずみ なりあき、1875年(明治8年)12月-1928年(昭和3年)7月16日)は日本の政治家、弁護士。元衆議院議員、元函館弁護士会長。初名は佐平治。
全国の岡山県出身者
法政大学出身      岡山県出身の法政大学の出身者      全国の法政大学の出身者
 104  松永安左エ門    長崎県 出身Wikipedia
松永 安左エ門(まつなが やすざえもん、1875年(明治8年)12月1日 - 1971年(昭和46年)6月16日)は、「電力王」「電力の鬼」と言われた日本の財界人。政治家(帝国議会衆議院議員1期)。美術コレクター、茶人としても知られ、耳庵(じあん)の号を持つ近代小田原三茶人の一人。氏名は「松永安左ヱ門」と表記されることもある。
全国の長崎県出身者
北里大学出身      長崎県出身の北里大学の出身者      全国の北里大学の出身者
 105  野口米次郎    愛知県 出身Wikipedia
野口 米次郎(のぐち よねじろう、1875年(明治8年)12月8日 - 1947年(昭和22年)7月13日)は、明治・大正・昭和前期の英詩人、小説家、評論家、俳句研究者。イサム・ノグチの父親。内田魯庵からノーベル文学賞の受賞を待望され、太平洋戦争には協力的であった。
全国の愛知県出身者
慶應義塾大学出身      愛知県出身の慶應義塾大学の出身者      全国の慶應義塾大学の出身者
愛知県立旭丘高等学校出身      全国の愛知県立旭丘高等学校の出身者
 106  松永安左エ門    長崎県 出身Wikipedia
松永 安左エ門(まつなが やすざえもん、1875年(明治8年)12月1日 - 1971年(昭和46年)6月16日)は、「電力王」「電力の鬼」と言われた日本の財界人。政治家(帝国議会衆議院議員1期)。美術コレクター、茶人としても知られ、耳庵(じあん)の号を持つ近代小田原三茶人の一人。氏名は「松永安左ヱ門」と表記されることもある。
全国の長崎県出身者
慶應義塾大学出身      長崎県出身の慶應義塾大学の出身者      全国の慶應義塾大学の出身者
 107  大倉和親Wikipedia
大倉 和親(おおくら かずちか、1875年(明治8年)12月11日 - 1955年(昭和30年)7月1日)は、明治期の実業家。大倉孫兵衛の長男で日本陶器合名会社(現・ノリタケカンパニーリミテド)初代社長。東洋陶器(現・TOTO)や日本碍子の社長、伊奈製陶株式会社会長も務めた。
慶應義塾大学出身      全国の慶應義塾大学の出身者
 108  三浦虎次郎    佐賀県 出身Wikipedia
三浦 虎次郎(みうら とらじろう、1875年(明治8年)12月23日 - 1894年(明治27年)9月17日)は、日本の海軍軍人。最終階級は海軍三等水兵。『勇敢なる水兵』のモデル。
全国の佐賀県出身者
 109  瀬沼夏葉    群馬県 出身Wikipedia
瀬沼 夏葉(せぬま かよう、1875年12月11日 - 1915年2月28日)は日本の小説家、翻訳家、教師。本名は瀬沼 郁子(旧姓:山田)。アントン・チェーホフを初めて日本に紹介した[2]。
全国の群馬県出身者




スポンサーリンク




有名人ナビ 出身高校編

有名人ナビ 出身大学編

有名人ナビ 誕生日編

有名人ナビ 出身都道府県編





スポンサーリンク