トップページ >1873年生まれの有名人

このサイトに登録されている誕生日で有名人の数:89,188人


スポンサーリンク


このサイトに登録されている「1873年」生まれの有名人の数:111:人
 1  三根円次郎    長崎県 大村市 出身Wikipedia
三根 円次郎(みね えんじろう、1873年 - 1935年3月18日)は長崎県大村市出身の日本の教育者である。
全国の長崎県出身者    全国の大村市出身者
東京帝国大学出身      長崎県出身の東京帝国大学の出身者      全国の東京帝国大学の出身者
長崎県立大村高等学校出身      全国の長崎県立大村高等学校の出身者
 2  平石弁蔵    福島県 出身Wikipedia
平石 弁蔵(ひらいし べんぞう、1873年(明治6年) - 1942年(昭和17年))は、日本の陸軍軍人。最終階級は陸軍歩兵少佐。『会津戊辰戦争』の著者として知られる。
全国の福島県出身者
 3  森広蔵    鳥取県 出身Wikipedia
森 広蔵(もり こうぞう、1873年 - 1944年)は日本の実業家。台湾銀行頭取等を経て、安田保善社理事に就任。昭和初期に安田財閥の最高経営者として組織・人事の再編成を行った。
全国の鳥取県出身者
一橋大学出身      鳥取県出身の一橋大学の出身者      全国の一橋大学の出身者
 4  前川貫一    滋賀県 出身Wikipedia
前川貫一(まえかわ かんいち、1873年 - 1955年)は、日本の河川技術者。建築家前川國男と、日本銀行総裁を務めた前川春雄の父。滋賀県出身。
全国の滋賀県出身者
東京大学出身      滋賀県出身の東京大学の出身者      全国の東京大学の出身者
 5  牧彦七Wikipedia
牧 彦七(まき ひこしち、1873年 - 1950年)は、日本の道路技術者。都市計画家。
東京大学出身      全国の東京大学の出身者
 6  八田三喜    石川県 出身Wikipedia
八田 三喜(はった みき、1873年 - 1962年)は、日本の教育者。 息子は演出家の八田元夫と教育者の八田亭二。
全国の石川県出身者
東京帝国大学出身      石川県出身の東京帝国大学の出身者      全国の東京帝国大学の出身者
新潟県立佐渡高等学校出身      全国の新潟県立佐渡高等学校の出身者
 7  江田鎌治郎    新潟県 出身Wikipedia
江田鎌治郎(えだ かまじろう 1873年 - 1957年)は、日本の技術者、実業家。速醸もとの発明者として知られる。
全国の新潟県出身者
東京工業大学出身      新潟県出身の東京工業大学の出身者      全国の東京工業大学の出身者
 8  蒲生保郷Wikipedia
蒲生 保郷(がもう やすさと、1873年 - 1928年)は、日本の教育者。
一橋大学出身      全国の一橋大学の出身者
 9  田中銀之助Wikipedia
田中 銀之助(たなか ぎんのすけ、1873年(明治6年)1月20日 - 1935年(昭和10年)8月27日)は、明治、大正、昭和の実業家。イギリス・ケンブリッジ大学に留学し、帰国後ラグビーを日本に伝えた。
ケンブリッジ大学トリニティ・ホール・カレッジ出身      全国のケンブリッジ大学トリニティ・ホール・カレッジの出身者
学習院高等科出身      全国の学習院高等科の出身者
 10  岩野泡鳴    兵庫県 出身Wikipedia
岩野 泡鳴(いわの ほうめい、1873年(明治6年)1月20日 - 1920年(大正9年)5月9日、本名は岩野美衛(よしえ)。)は、明治・大正期の日本の小説家・詩人。名東県津名郡洲本馬場町(現・兵庫県洲本市海岸通2丁目)出身。明治学院、仙台神学校(現在の東北学院)、専修学校(現在の専修大学)に学ぶ。当時、神田神保町の専修学校では法律学と経済学を修め、1891年(明治24年)に卒業した。彼が満足に学校を終えたのは専修学校だけであり、卒業後、彼は志を転じ文学に向かう。
全国の兵庫県出身者
明治学院大学出身      兵庫県出身の明治学院大学の出身者      全国の明治学院大学の出身者
 11  藤田謙一    青森県 弘前市 出身Wikipedia
藤田 謙一(ふじた けんいち、1873年(明治6年)1月5日 - 1946年(昭和21年)3月12日)は、日本の実業家。日本商工会議所初代会頭、貴族院議員を務めた。
全国の青森県出身者    全国の弘前市出身者
明治大学出身      青森県出身の明治大学の出身者      全国の明治大学の出身者
 12  二木謙三    秋田県 秋田市 出身Wikipedia
二木 謙三(ふたき けんぞう、1873年(明治6年)1月10日 - 1966年(昭和41年)4月27日)は、日本の細菌学者、医師。 秋田県秋田市千秋明徳町、樋口順泰の二男として出生、二木家の養子となる。山口高等学校を経て、東京帝国大学医学部を卒業、東京市立駒込病院に勤務。1903年(明治36年)赤痢菌「駒込A、B菌」を分離する。1905年(明治38年)ドイツに留学、ミュンヘン大学教授のグルーバーに師事。1909年(明治42年)駒込病院副院長、東大講師、医学博士、1914年(大正3年)年東大助教授、1915年(大正4年)高木逸磨等と共に「鼠咬症(そこうしょう)スピロヘータ」発見。1919年(大正8年)駒込病院長、1921年(大正10年)東大教授。1929年(昭和4年)学士院賞受賞、日本医科大学、東京歯科医専、日本女子大学教授となる。1951年(昭和26年)日本学士院会員、日本伝染病学会(現・日本感染症学会)長。1955年(昭和30年)文化勲章授与。1966年(昭和41年)93歳で没す。天然免疫学理の証明の実績を遺し、玄米食の提唱、実践運動や教育者として功績を残した。歴史学者で國學院大學名誉教授、日本中世史(戦国史)、有職故実の二木謙一の祖父。
全国の秋田県出身者    全国の秋田市出身者
 13  八代国治    千葉県 出身Wikipedia
八代 国治(やしろ くにじ、1873年1月2日 - 1924年4月2日)は、明治・大正期の歴史学者。長慶天皇在位の結論を出したことで知られている。
全国の千葉県出身者
國學院大學出身      千葉県出身の國學院大學の出身者      全国の國學院大學の出身者
 14  小林一三    山梨県 韮崎市 出身Wikipedia
小林 一三(こばやし いちぞう、1873年(明治6年)1月3日 - 1957年(昭和32年)1月25日)は、日本の実業家、政治家。阪急電鉄・宝塚歌劇団・阪急百貨店・東宝をはじめとする阪急東宝グループ(現・阪急阪神東宝グループ)の創業者。号は逸翁、別号に靄渓学人、靄渓山人。旧邸雅俗山荘は逸翁美術館。
全国の山梨県出身者    全国の韮崎市出身者
慶應義塾大学出身      山梨県出身の慶應義塾大学の出身者      全国の慶應義塾大学の出身者
不二聖心女子学院高等学校出身      全国の不二聖心女子学院高等学校の出身者
 15  岩野泡鳴    兵庫県 出身Wikipedia
岩野 泡鳴(いわの ほうめい、1873年(明治6年)1月20日 - 1920年(大正9年)5月9日、本名は岩野美衛(よしえ)。)は、明治・大正期の日本の小説家・詩人。名東県津名郡洲本馬場町(現・兵庫県洲本市海岸通2丁目)出身。明治学院、仙台神学校(現在の東北学院)、専修学校(現在の専修大学)に学ぶ。当時、神田神保町の専修学校では法律学と経済学を修め、1891年(明治24年)に卒業した。彼が満足に学校を終えたのは専修学校だけであり、卒業後、彼は志を転じ文学に向かう。
全国の兵庫県出身者
専修大学出身      兵庫県出身の専修大学の出身者      全国の専修大学の出身者
 16  岩野泡鳴    兵庫県 出身Wikipedia
岩野 泡鳴(いわの ほうめい、1873年(明治6年)1月20日 - 1920年(大正9年)5月9日、本名は岩野美衛(よしえ)。)は、明治・大正期の日本の小説家・詩人。名東県津名郡洲本馬場町(現・兵庫県洲本市海岸通2丁目)出身。明治学院、仙台神学校(現在の東北学院)、専修学校(現在の専修大学)に学ぶ。当時、神田神保町の専修学校では法律学と経済学を修め、1891年(明治24年)に卒業した。彼が満足に学校を終えたのは専修学校だけであり、卒業後、彼は志を転じ文学に向かう。
全国の兵庫県出身者
東北学院大学出身      兵庫県出身の東北学院大学の出身者      全国の東北学院大学の出身者
 17  光行次郎    佐賀県 出身Wikipedia
光行 次郎(みつゆき じろう、明治6年(1873年)1月20日 - 昭和20年(1945年)8月6日)は、日本の検察官、政治家。検事総長、貴族院議員。
全国の佐賀県出身者
明治大学出身      佐賀県出身の明治大学の出身者      全国の明治大学の出身者
 18  藤田謙一Wikipedia
藤田 謙一(ふじた けんいち、1873年(明治6年)1月5日 - 1946年(昭和21年)3月12日)は、日本の実業家。日本商工会議所初代会頭、貴族院議員を務めた。
明治大学出身      全国の明治大学の出身者
 19  上畠益三郎    大阪府 出身Wikipedia
上畠 益三郎(うえはた ますさぶろう、1873年1月7日 - 1938年1月25日)は日本の政治家、法律家、実業家。衆議院議員、弁護士、大阪株式取引所理事長、日本信託銀行取締役、法政大学監事。  
全国の大阪府出身者
法政大学出身      大阪府出身の法政大学の出身者      全国の法政大学の出身者
 20  岩野泡鳴    兵庫県 洲本市 出身Wikipedia
岩野 泡鳴(いわの ほうめい、1873年(明治6年)1月20日 - 1920年(大正9年)5月9日)は、明治・大正期の日本の小説家・詩人。本名は岩野美衛(よしえ)。名東県津名郡洲本馬場町(現・兵庫県洲本市海岸通2丁目)出身。明治学院、仙台神学校(現在の東北学院)、専修学校(現在の専修大学)に学ぶ。当時、神田神保町の専修学校では法律学と経済学を修め、1891年(明治24年)に卒業した。彼が満足に学校を終えたのは専修学校だけであり、卒業後、彼は志を転じ文学に向かう。
全国の兵庫県出身者    全国の洲本市出身者
明治学院大学出身      兵庫県出身の明治学院大学の出身者      全国の明治学院大学の出身者
 21  小林一三    山梨県 韮崎市 出身Wikipedia
小林 一三(こばやし いちぞう、1873年(明治6年)1月3日 - 1957年(昭和32年)1月25日)は、日本の実業家、政治家。阪急電鉄・宝塚歌劇団・阪急百貨店・東宝をはじめとする阪急東宝グループ(現・阪急阪神東宝グループ)の創業者。号は逸翁、別号に靄渓学人、靄渓山人。旧邸雅俗山荘は逸翁美術館。
全国の山梨県出身者    全国の韮崎市出身者
慶應義塾大学出身      山梨県出身の慶應義塾大学の出身者      全国の慶應義塾大学の出身者
新潟県立加茂農林高等学校出身      全国の新潟県立加茂農林高等学校の出身者
 22  桃澤如水    長野県 出身Wikipedia
桃澤 如水(ももざわ にょすい、1873年(明治6年)1月14日 - 1906年(明治39年)8月29日)は、歌人で日本画家。本名は桃澤 重治(ももざわ しげはる)、画名は如水(にょすい)または桃画史(とうがし)、歌名を茂春(もしゅん)といい、筆名を三六、三六軒、子脩(ししゅう)などと称した。その祖に江戸時代中期の歌人である桃澤夢宅がいる。
全国の長野県出身者
 23  平山秀雄    熊本県 出身Wikipedia
平山 秀雄(ひらやま ひでお、Hideo Hirayama 1873年1月19日 - 1852年6月4日)は、香川県出身の実業家、レッテルの開祖 平山秀山堂代表取締役。全国正札・レッテル組合連合会会長
全国の熊本県出身者
 24  福田令寿    熊本県 松橋町(現・宇城市) 出身Wikipedia
福田 令寿(ふくだ れいじゅ、1873年1月10日 - 1973年8月7日)は、日本の医師。教育者。社会事業家。熊本市名誉市民。
全国の熊本県出身者    全国の松橋町(現・宇城市)出身者
 25  木村茂    広島県 福山市 出身Wikipedia
木村 茂(きむら しげる、明治6年(1873年)2月11日 - 1972年8月25日)は、日本の陸軍軍人。歩兵将校の後主計に転じ、陸軍被服本廠長・第1師団経理部長・陸軍経理学校長を歴任する。階級は陸軍主計総監。
全国の広島県出身者    全国の福山市出身者
陸軍士官学校出身      広島県出身の陸軍士官学校の出身者      全国の陸軍士官学校の出身者
広島県立福山誠之館高等学校出身      全国の広島県立福山誠之館高等学校の出身者
 26  河東碧梧桐    愛媛県 出身Wikipedia
河東碧梧桐(かわひがし へきごとう、1873年(明治6年)2月26日 - 1937年(昭和12年)2月1日)は、日本の俳人・随筆家。本名は秉五郎(へいごろう)。
全国の愛媛県出身者
東北大学出身      愛媛県出身の東北大学の出身者      全国の東北大学の出身者
愛媛県立松山東高等学校出身      全国の愛媛県立松山東高等学校の出身者
 27  大沼保吉    山形県 出身Wikipedia
大沼 保吉(おおぬま やすきち、1873年〈明治6年〉2月3日 - 1962年〈昭和37年〉10月22日)は、日本の造り酒屋経営者。政治家。寿虎屋酒造経営者(第8代)。千代寿虎屋酒造経営者(初代)。山形市長(第10代・3期)。山形県会議員(1期)。山形市会議員(4期)。山形市名誉市民(第1号)。山形商工会議所会頭(第6代)。山形県酒造組合連合会会長。山形市東南村山郡酒造組合組合長(初代)。
全国の山形県出身者
一橋大学出身      山形県出身の一橋大学の出身者      全国の一橋大学の出身者
 28  大沼保吉    山形県 出身Wikipedia
大沼 保吉(おおぬま やすきち、1873年〈明治6年〉2月3日 - 1962年〈昭和37年〉10月22日)は、日本の造り酒屋経営者。政治家。寿虎屋酒造経営者(第8代)。千代寿虎屋酒造経営者(初代)。山形市長(第10代・3期)。山形県会議員(1期)。山形市会議員(4期)。山形市名誉市民(第1号)。山形商工会議所会頭(第6代)。山形県酒造組合連合会会長。山形市東南村山郡酒造組合組合長(初代)。
全国の山形県出身者
一橋大学出身      山形県出身の一橋大学の出身者      全国の一橋大学の出身者
 29  岡田庄作    島根県 出身Wikipedia
岡田 庄作(おかだ しょうさく、1873年(明治6年)3月 - 1937年(昭和12年)5月4日)は、日本の裁判官、弁護士。
全国の島根県出身者
明治大学出身      島根県出身の明治大学の出身者      全国の明治大学の出身者
 30  青柳栄司    長野県 出身Wikipedia
青柳 栄司(あおやぎ えいじ、1873年3月12日 - 1944年8月12日)は、日本の電気工学者。送配電に関する研究に従事し、半真空電球やタングステンアーク灯などを発明。窒素バリウムの製法と適用法を確立した。また電気工学講習所などの設立につくした。信濃国安曇郡上堀金村(現長野県安曇野市)生まれ。
全国の長野県出身者
東京帝国大学出身      長野県出身の東京帝国大学の出身者      全国の東京帝国大学の出身者
長野県松本深志高等学校出身      全国の長野県松本深志高等学校の出身者
 31  秦佐八郎    島根県 益田市 出身Wikipedia
秦 佐八郎(はた さはちろう、1873年3月23日 - 1938年11月22日)は島根県美濃郡都茂村(現益田市)出身の細菌学者。学位は医学博士。当時難病であった梅毒の特効薬サルヴァルサン(砒素化合物製剤606号)をドイツのパウル・エールリヒ(1908年ノーベル生理学・医学賞受賞)と共に開発し、多くの患者を救ったことで知られる。
全国の島根県出身者    全国の益田市出身者
岡山大学出身      島根県出身の岡山大学の出身者      全国の岡山大学の出身者
 32  丹下梅子    鹿児島県 出身Wikipedia
丹下 梅子(たんげ うめこ、1873年3月17日 - 1955年1月29日)は、日本の栄養学者で、日本初の女性農学博士である。女性で初めて帝国大学に入学、卒業した。
全国の鹿児島県出身者
日本女子大学出身      鹿児島県出身の日本女子大学の出身者      全国の日本女子大学の出身者
 33  丹下梅子    鹿児島県 出身Wikipedia
丹下 梅子(たんげ うめこ、1873年3月17日 - 1955年1月29日)は、日本の栄養学者で、日本初の女性農学博士である。女性で初めて帝国大学に入学、卒業した。
全国の鹿児島県出身者
日本女子大学出身      鹿児島県出身の日本女子大学の出身者      全国の日本女子大学の出身者
 34  丹下梅子    鹿児島県 出身Wikipedia
丹下 梅子(たんげ うめこ、1873年3月17日 - 1955年1月29日)は、日本の栄養学者で、日本初の女性農学博士である。女性で初めて帝国大学に入学、卒業した。
全国の鹿児島県出身者
鹿児島大学出身      鹿児島県出身の鹿児島大学の出身者      全国の鹿児島大学の出身者
 35  岡田庄作    島根県 出身Wikipedia
岡田 庄作(おかだ しょうさく、1873年(明治6年)3月 - 1937年(昭和12年)5月4日)は、日本の裁判官、弁護士。
全国の島根県出身者
明治大学出身      島根県出身の明治大学の出身者      全国の明治大学の出身者
 36  鈴木寅彦Wikipedia
鈴木 寅彦(すずき とらひこ、1873年(明治6年)3月23日 - 1941年(昭和16年)9月18日は、日本の実業家、政治家。福島県士族[2]。日本曹達社長、北海道瓦斯会長、東京瓦斯専務などを務め、衆議院議員当選5回。東京市政疑獄で有罪となったのち、第15代若松市長に就任。長女の隆子と岡田幸三郎の間に生まれた孫娘は順子と名づけられ、遠藤周作に嫁ぐ[3]。
早稲田大学出身      全国の早稲田大学の出身者
 37  鈴木寅彦    福島県 出身Wikipedia
鈴木 寅彦(すずき とらひこ、1873年(明治6年)3月23日 - 1941年(昭和16年)9月18日は、日本の実業家、政治家。福島県士族。日本曹達社長、北海道瓦斯会長、東京瓦斯専務などを務め、衆議院議員当選5回。東京市政疑獄で有罪となったのち、第15代若松市長に就任。長女の隆子と岡田幸三郎の間に生まれた孫娘は順子と名づけられ、遠藤周作に嫁ぐ[3]。
全国の福島県出身者
早稲田大学出身      福島県出身の早稲田大学の出身者      全国の早稲田大学の出身者
 38  幸田成友Wikipedia
幸田 成友(こうだ しげとも、1873年3月9日 - 1954年5月15日)は、日本の歴史学者。
東京大学出身      全国の東京大学の出身者
東京都立日比谷高等学校出身      全国の東京都立日比谷高等学校の出身者
 39  丹下梅子    鹿児島県 出身Wikipedia
丹下 梅子(たんげ うめこ、1873年3月17日 - 1955年1月29日)は、日本の栄養学者で、日本初の女性農学博士である。女性で初めて帝国大学に入学、卒業した。
全国の鹿児島県出身者
東北大学出身      鹿児島県出身の東北大学の出身者      全国の東北大学の出身者
 40  秦佐八郎    島根県 出身Wikipedia
秦 佐八郎(はた さはちろう、1873年3月23日 - 1938年11月22日)は島根県美濃郡都茂村(現益田市)出身の細菌学者。学位は医学博士。当時難病であった梅毒の特効薬サルヴァルサン(砒素化合物製剤606号)をドイツのパウル・エールリヒ(1908年ノーベル生理学・医学賞受賞)と共に開発し、多くの患者を救ったことで知られる。
全国の島根県出身者
岡山大学出身      島根県出身の岡山大学の出身者      全国の岡山大学の出身者
 41  小幡酉吉    石川県 出身Wikipedia
小幡 酉吉(おばた ゆうきち、1873年(明治6年)4月12日 - 1947年(昭和22年)8月9日)は、日本の外交官。
全国の石川県出身者
 42  安宅弥吉    石川県 出身Wikipedia
安宅 弥吉(あたか やきち、1873年4月25日 - 1949年2月5日)は石川県金沢市金石生まれの実業家。安宅産業や学校法人甲南女子学園の創設者。元大阪商工会議所会頭。鈴木大拙のパトロン的存在としても知られる。
全国の石川県出身者
一橋大学出身      石川県出身の一橋大学の出身者      全国の一橋大学の出身者
 43  下村観山Wikipedia
下村 観山(しもむら かんざん、1873年(明治6年)4月10日 - 1930年(昭和5年)5月10日)は、明治 - 昭和初期の日本画の大家。本名・晴三郎。
東京芸術大学出身      全国の東京芸術大学の出身者
 44  安宅弥吉    石川県 出身Wikipedia
安宅 弥吉(あたか やきち、1873年4月25日 - 1949年2月5日)は石川県金沢市金石生まれの実業家。安宅産業や学校法人甲南女子学園の創設者。元大阪商工会議所会頭。鈴木大拙のパトロン的存在としても知られる[1]。
全国の石川県出身者
一橋大学出身      石川県出身の一橋大学の出身者      全国の一橋大学の出身者
 45  江木翼Wikipedia
江木 翼(えぎ たすく、1873年(明治6年)4月24日 - 1932年(昭和7年)9月18日)は、明治、大正、昭和時代の官僚政治家。
東京大学出身      全国の東京大学の出身者
 46  五十嵐甚蔵    新潟県 出身Wikipedia
五十嵐 甚蔵(いがらし じんぞう、明治6年(1873年)4月27日 - 昭和10年(1935年)6月28日)は、貴族院多額納税者議員、勲四等、研究会所属。
全国の新潟県出身者
慶應義塾大学出身      新潟県出身の慶應義塾大学の出身者      全国の慶應義塾大学の出身者
 47  小西和    香川県 出身Wikipedia
小西 和(こにし かなう、1873年(明治6年)4月26日 - 1947年(昭和22年)11月30日)は、日本の衆議院議員(立憲国民党→中正会→憲政会→立憲民政党)、実業家。
全国の香川県出身者
愛媛県立松山東高等学校出身      全国の愛媛県立松山東高等学校の出身者
 48  加藤敬三郎    愛知県 出身Wikipedia
加藤 敬三郎(かとう けいさぶろう、1873年(明治6年)4月19日 - 1939年(昭和14年)12月3日)は、日本の逓信官僚、銀行家、政治家。北海道拓殖銀行頭取、朝鮮銀行総裁、貴族院議員。旧姓・川村。
全国の愛知県出身者
 49  江木翼Wikipedia
江木 翼(えぎ たすく、1873年(明治6年)4月24日 - 1932年(昭和7年)9月18日)は、明治、大正、昭和時代の官僚政治家。
山口大学出身      全国の山口大学の出身者
 50  金谷範三    大分県 豊後高田市 出身Wikipedia
金谷 範三(かなや はんぞう、1873年4月24日 - 1933年6月6日)は、日本陸軍の軍人。最終階級は陸軍大将。
全国の大分県出身者    全国の豊後高田市出身者
陸軍士官学校出身      大分県出身の陸軍士官学校の出身者      全国の陸軍士官学校の出身者
成城高等学校出身      全国の成城高等学校の出身者
 51  春日俊文    長野県 出身Wikipedia
春日 俊文(かすが としふみ、1873年(明治6年)4月-1937年(昭和12年)6月9日)は日本の政治家。衆議院議員(立憲政友会)(2期)。
全国の長野県出身者
法政大学出身      長野県出身の法政大学の出身者      全国の法政大学の出身者
 52  松室重光Wikipedia
松室 重光(まつむろ しげみつ、1873年4月26日 - 1937年1月30日)は、京都を中心に多くの建築物の設計を手がけた建築家。ネオ・ルネサンス様式の名建築として知られる京都府庁舎旧本館や、京都ハリストス正教会聖堂などの設計などで知られる。
東京大学出身      全国の東京大学の出身者
 53  下村観山    和歌山県 和歌山市 出身Wikipedia
下村 観山(しもむら かんざん、1873年(明治6年)4月10日 - 1930年(昭和5年)5月10日)は、明治 - 昭和初期の日本画家。本名は晴三郎。
全国の和歌山県出身者    全国の和歌山市出身者
東京芸術大学出身      和歌山県出身の東京芸術大学の出身者      全国の東京芸術大学の出身者
 54  安河内麻吉    福岡県 出身Wikipedia
安河内 麻吉(やすこうち あさきち、1873年(明治6年)4月15日 - 1927年(昭和2年)7月15日)は、日本の内務官僚。
全国の福岡県出身者
福岡県立修猷館高等学校出身      全国の福岡県立修猷館高等学校の出身者
 55  春日俊文    長野県 出身Wikipedia
春日 俊文(かすが としふみ、1873年(明治6年)4月20日 - 1937年(昭和12年)6月9日)は、日本の政治家。衆議院議員(立憲政友会)(2期)。
全国の長野県出身者
法政大学出身      長野県出身の法政大学の出身者      全国の法政大学の出身者
 56  三室戸敬光Wikipedia
三室戸 敬光(みむろど ゆきみつ、1873年5月18日 - 1956年10月31日)は、日本の華族。明治法律学校(現:明治大学)卒業。子爵。1925年(大正14年)から貴族院議員(会派は研究会)に互選。宮中顧問官。
明治大学出身      全国の明治大学の出身者
 57  伊藤安吉    東京都 出身Wikipedia
伊藤 安吉(いとう やすきち、1873年(明治6年)5月14日 - 1951年(昭和26年)9月15日)は、日本の海軍軍人、政治家、華族。海軍造機少将、貴族院男爵議員。
全国の東京都出身者
海軍兵学校出身      東京都出身の海軍兵学校の出身者      全国の海軍兵学校の出身者
東京都立日比谷高等学校出身      全国の東京都立日比谷高等学校の出身者
 58  有賀光豊    長野県 南箕輪村 出身Wikipedia
有賀 光豊(あるが みつとよ、1873年5月23日 - 1949年5月31日)は、日本の官僚。貴族院議員。実業家。
全国の長野県出身者    全国の南箕輪村出身者
中央大学出身      長野県出身の中央大学の出身者      全国の中央大学の出身者
長野県松本深志高等学校出身      全国の長野県松本深志高等学校の出身者
 59  美濃部達吉    兵庫県 出身Wikipedia
美濃部 達吉(みのべ たつきち、1873年(明治6年)5月7日 - 1948年(昭和23年)5月23日)は、日本の法学者、憲法学者、政治家、東京帝国大学名誉教授。
全国の兵庫県出身者
東京大学出身      兵庫県出身の東京大学の出身者      全国の東京大学の出身者
 60  窪田四郎    茨城県 出身Wikipedia
窪田 四郎(くぼた しろう、1873年5月25日 - 1944年9月14日)は日本の実業家。
全国の茨城県出身者
一橋大学出身      茨城県出身の一橋大学の出身者      全国の一橋大学の出身者
 61  山田孝雄    富山県 富山市 出身Wikipedia
山田 孝雄(やまだ よしお、1873年(明治6年)5月10日(実際には1875年(明治8年)8月20日) - 1958年(昭和33年)11月20日)は、日本の国語学者、国文学者、歴史学者。
全国の富山県出身者    全国の富山市出身者
皇學館大学出身      富山県出身の皇學館大学の出身者      全国の皇學館大学の出身者
富山県立富山高等学校出身      全国の富山県立富山高等学校の出身者
 62  窪田四郎    茨城県 行方市 出身Wikipedia
窪田 四郎(くぼた しろう、1873年5月25日 - 1944年9月14日)は日本の実業家。
全国の茨城県出身者    全国の行方市出身者
一橋大学出身      茨城県出身の一橋大学の出身者      全国の一橋大学の出身者
 63  美濃部達吉    兵庫県 高砂市 出身Wikipedia
美濃部 達吉(みのべ たつきち、1873年(明治6年)5月7日 - 1948年(昭和23年)5月23日)は、日本の法学者、憲法学者、政治家、東京帝国大学名誉教授。
全国の兵庫県出身者    全国の高砂市出身者
東京大学出身      兵庫県出身の東京大学の出身者      全国の東京大学の出身者
 64  石井露月    秋田県 秋田市 出身Wikipedia
石井 露月(いしい ろげつ、1873年(明治6年)5月17日) - 1928年(昭和3年)9月18日)は、日本の俳人。本名は祐治。
全国の秋田県出身者    全国の秋田市出身者
秋田県立秋田高等学校出身      全国の秋田県立秋田高等学校の出身者
 65  尚順    沖縄県 那覇市 出身Wikipedia
尚 順(しょう じゅん、1873年5月2日- 1945年6月17日)は、最後の琉球国王・尚泰王の四男。男爵で貴族院議員。琉球新報、沖縄銀行(日本の華族界における十五銀行(別名、華族銀行)に相当する銀行で、現在の沖縄銀行とは無関係)の創立者。
全国の沖縄県出身者    全国の那覇市出身者
 66  桐生悠々    石川県 金沢市 出身Wikipedia
桐生 悠々(きりゅう ゆうゆう、1873年5月20日 - 1941年9月10日)は、石川県出身のジャーナリスト、評論家。本名は政次(まさじ)。明治末から昭和初期にかけて反権力・反軍的な言論(広い意味でのファシズム批判)をくりひろげ、特に信濃毎日新聞主筆時代に書いた社説「関東防空大演習を嗤(わら)ふ」は、当時にあって日本の都市防空の脆弱性を正確に指摘したことで知られる。
全国の石川県出身者    全国の金沢市出身者
 67  秋山武三郎    山形県 米沢市 出身Wikipedia
秋山 武三郎(あきやま たけさぶろう、明治6年(1873年)5月8日 - 昭和13年(1938年)3月6日)は、電気通信技術の専門家。勲五等(明治39年(1906年))。学資を稼ぎながら苦学して大成した後もつね子夫人とともに勤倹に努め、昭和11年(1936年)「郷里の教育基金に」と、米沢市に20万円を寄付した(当時の米沢市年間予算が39万円)。苦学力行の士として知られる。
全国の山形県出身者    全国の米沢市出身者
東京帝国大学出身      山形県出身の東京帝国大学の出身者      全国の東京帝国大学の出身者
山形県立米沢興譲館高等学校出身      全国の山形県立米沢興譲館高等学校の出身者
 68  小畑大太郎    東京都 出身Wikipedia
小畑 大太郎(おばた だいたろう、明治6年(1873年)5月 - 昭和21年(1946年)8月9日)は、日本の銀行家、政治家。貴族院議員、男爵、正三位勲三等。公正会所属。弟は陸軍三羽烏の小畑敏四郎。
全国の東京都出身者
慶應義塾大学出身      東京都出身の慶應義塾大学の出身者      全国の慶應義塾大学の出身者
 69  林鶴一    徳島県 徳島市 出身Wikipedia
林 鶴一(はやし つるいち、1873年(明治6年)6月13日 - 1935年(昭和10年)10月4日)は日本の数学者、数学史家。京都帝国大学理工科大学の助教授、東北帝国大学理科大学の教授を務めた。
全国の徳島県出身者    全国の徳島市出身者
東京帝国大学出身      徳島県出身の東京帝国大学の出身者      全国の東京帝国大学の出身者
徳島県立城南高等学校出身      全国の徳島県立城南高等学校の出身者
 70  名尾良辰Wikipedia
名尾 良辰(なお よしたつ、1873年(明治6年)6月1日 - 1967年(昭和42年)11月9日)は、日本の朝鮮総督府・内務・警察官僚。政友会系官選秋田県知事、台南州知事。
佐賀県立佐賀西高等学校出身      全国の佐賀県立佐賀西高等学校の出身者
 71  山崎延吉    石川県 出身Wikipedia
山崎 延吉(やまざき のぶよし、1873年6月26日 - 1954年7月19日)は、石川県出身の日本の農政家・教育者、衆議院議員(1期)、貴族院勅選議員。愛知県立農林学校初代校長。帝国農会幹事。愛知県の農業改善に力を尽くし安城市一帯が「日本デンマーク」と呼ばれるほどの農業先進地になったのは山崎の力が大きい。我農生との雅号をもつ。
全国の石川県出身者
東京大学出身      石川県出身の東京大学の出身者      全国の東京大学の出身者
 72  小沼敬三郎    岡山県 出身Wikipedia
小沼 敬三郎(こぬま けいざぶろう、1873年6月 - 1957年12月24日)は、岡山県津山市南新座出身の地方政治家、大蔵官僚。
全国の岡山県出身者
法政大学出身      岡山県出身の法政大学の出身者      全国の法政大学の出身者
 73  山崎延吉    石川県 金沢市 出身Wikipedia
山崎 延吉(やまざき のぶよし、1873年6月26日 - 1954年7月19日)は、石川県出身の日本の農政家・教育者、衆議院議員(1期)、貴族院勅選議員。愛知県立農林学校初代校長。帝国農会幹事。愛知県の農業改善に力を尽くし安城市一帯が「日本デンマーク」と呼ばれるほどの農業先進地になったのは山崎の力が大きい。我農生との雅号をもつ。
全国の石川県出身者    全国の金沢市出身者
東京大学出身      石川県出身の東京大学の出身者      全国の東京大学の出身者
 74  中村巍    和歌山県 出身Wikipedia
中村 巍(なかむら たかし、1873年(明治6年)7月 - 1949年)は、日本の衆議院議員(立憲政友会)、外交官。
全国の和歌山県出身者
一橋大学出身      和歌山県出身の一橋大学の出身者      全国の一橋大学の出身者
 75  久邇宮邦彦王Wikipedia
久邇宮邦彦王(くにのみや くによしおう、1873年(明治6年)7月23日 - 1929年(昭和4年)1月27日)は、日本の皇族、陸軍軍人。階級及び位階勲等は軍事参議官、陸軍大将、大勲位、功四級。贈元帥、贈大勲位菊花章頸飾。
陸軍士官学校出身      出身の陸軍士官学校の出身者      全国の陸軍士官学校の出身者
京都府立洛北高等学校出身      全国の京都府立洛北高等学校の出身者
 76  山本信哉Wikipedia
山本 信哉(やまもと のぶき、明治6年(1873年)7月19日 - 昭和19年(1944年)12月18日)は、日本の歴史学者、神道学者。東京帝国大学史料編纂所史料編纂官。
國學院大學出身      全国の國學院大學の出身者
 77  久邇宮邦彦王Wikipedia
久邇宮邦彦王(くにのみや くによしおう、1873年(明治6年)7月23日 - 1929年(昭和4年)1月27日)は、日本の皇族、陸軍軍人。階級及び位階勲等は軍事参議官、陸軍大将、大勲位、功四級。贈元帥、贈大勲位菊花章頸飾。
陸軍士官学校出身      出身の陸軍士官学校の出身者      全国の陸軍士官学校の出身者
成城高等学校出身      全国の成城高等学校の出身者
 78  佐々木駒之助    秋田県 出身Wikipedia
佐々木 駒之助(ささき こまのすけ、明治6年(1873年)7月 - 昭和29年(1954年)6月2日)は、貴族院勅選議員、東洋拓殖総裁。同和会所属。
全国の秋田県出身者
慶應義塾大学出身      秋田県出身の慶應義塾大学の出身者      全国の慶應義塾大学の出身者
秋田県立秋田高等学校出身      全国の秋田県立秋田高等学校の出身者
 79  中島久万吉    高知県 出身Wikipedia
中島 久万吉(なかじま くまきち、1873年7月24日 - 1960年4月25日)は、財界人であり、政治家、実業家、男爵。
全国の高知県出身者
一橋大学出身      高知県出身の一橋大学の出身者      全国の一橋大学の出身者
日本大学第三高等学校出身      全国の日本大学第三高等学校の出身者
 80  久邇宮邦彦王Wikipedia
久邇宮邦彦王(くにのみや くによしおう、1873年(明治6年)7月23日 - 1929年(昭和4年)1月27日)は、日本の皇族、陸軍軍人。階級及び位階勲等は軍事参議官、陸軍大将、大勲位、功四級。贈元帥、贈大勲位菊花章頸飾。
陸軍士官学校出身      出身の陸軍士官学校の出身者      全国の陸軍士官学校の出身者
学習院高等科出身      全国の学習院高等科の出身者
 81  井上一次    石川県 出身Wikipedia
井上 一次(いのうえ かずつぐ、1873年7月28日 - 没年不詳)は、日本陸軍の軍人。最終階級は陸軍中将。
全国の石川県出身者
 82  野口遵    石川県 金沢市 出身Wikipedia
野口 遵(のぐち したがう、1873年7月26日 - 1944年1月15日)は、日本の実業家。日本窒素肥料(現・チッソ)を中核とする日窒コンツェルンを一代で築いた。「電気化学工業の父」や「朝鮮半島の事業王」などと称された。チッソの他にも、旭化成、積水化学工業、積水ハウス、信越化学工業の実質的な創業者でもある。
全国の石川県出身者    全国の金沢市出身者
東京大学出身      石川県出身の東京大学の出身者      全国の東京大学の出身者
東京都立日比谷高等学校出身      全国の東京都立日比谷高等学校の出身者
 83  池松時和    鹿児島県 出身Wikipedia
池松 時和(いけまつ ときかず、1873年8月 - 1953年4月17日)は、日本の内務官僚。政友会系官選府県知事。
全国の鹿児島県出身者
 84  山縣初男    新潟県 出身Wikipedia
山縣 初男(やまがた はつお、1873年(明治6年)8月31日 - 1971年(昭和46年)1月11日)は、日本陸軍の軍人。最終階級は陸軍大佐。陸軍の中国通(支那通)の一人として知られ、繆斌工作に関与していた。別号は三志園、海城。娘婿は自由民主党の政治家である三原朝雄。新潟県村上本町表新町(現・村上市)に生まれる。
全国の新潟県出身者
 85  新城新蔵    福島県 会津郡若松町 出身Wikipedia
新城 新蔵(しんじょう しんぞう、1873年(明治6年)8月20日 - 1938年(昭和13年)8月1日)は日本の天文学者・東洋学者、理学博士。専門は宇宙物理学および中国古代暦術。戦前における東洋天文学研究の権威であった。第8代京都帝国大学総長。
全国の福島県出身者    全国の会津郡若松町出身者
東京帝国大学出身      福島県出身の東京帝国大学の出身者      全国の東京帝国大学の出身者
福島県立安積高等学校出身      全国の福島県立安積高等学校の出身者
 86  河上清    山形県 出身Wikipedia
河上 清(かわかみ きよし、1873年8月2日 - 1949年10月12日)は、米国で活躍した日本人ジャーナリスト。日本におけるキリスト教社会主義の活動家の1人である。山形県出身。
全国の山形県出身者
慶應義塾大学出身      山形県出身の慶應義塾大学の出身者      全国の慶應義塾大学の出身者
山形県立米沢興譲館高等学校出身      全国の山形県立米沢興譲館高等学校の出身者
 87  佐野善作    静岡県 出身Wikipedia
佐野 善作(さの ぜんさく、1873年8月29日 - 1952年5月1日)は、日本の会計学者、経済学者、教育家。商業教育に大きな功績があるとして、1952年に勲一等瑞宝章を受章した。長男は哲学者の佐野一彦。
全国の静岡県出身者
一橋大学出身      静岡県出身の一橋大学の出身者      全国の一橋大学の出身者
 88  關一    静岡県 出身Wikipedia
關 一(せき はじめ、新字体:関一、1873年9月26日 - 1935年10月26日)は、日本の社会政策学者・都市計画学者及び大阪市長等を務めた政治家である。静岡県伊豆生まれ。
全国の静岡県出身者
一橋大学出身      静岡県出身の一橋大学の出身者      全国の一橋大学の出身者
 89  羽仁もと子    青森県 八戸市 出身Wikipedia
羽仁 もと子(はに もとこ、1873年9月8日 - 1957年4月7日)は、日本で女性初のジャーナリスト。また、自由学園の創立者。また家計簿の考案者としても知られている。
全国の青森県出身者    全国の八戸市出身者
東京都立白鴎高等学校出身      全国の東京都立白鴎高等学校の出身者
 90  吉丸一昌    大分県 臼杵市 出身Wikipedia
吉丸 一昌(よしまる かずまさ、1873年9月15日 - 1916年3月7日)は、日本の作詞家、文学者、教育者。代表作は『早春賦』など。東京府立第三中学校教諭、東京音楽学校(現在の東京芸術大学)教授。大分県北海部郡海添村(現臼杵市海添)出身。
全国の大分県出身者    全国の臼杵市出身者
東京帝国大学出身      大分県出身の東京帝国大学の出身者      全国の東京帝国大学の出身者
大分県立大分上野丘高等学校出身      全国の大分県立大分上野丘高等学校の出身者
 91  青柳有美    秋田県 秋田市 出身Wikipedia
青柳 有美(あおやぎ ゆうび、1873年(明治6年)9月27日 - 1945年(昭和20年)7月10日)は、ジャーナリスト、随筆家、牧師。
全国の秋田県出身者    全国の秋田市出身者
同志社大学出身      秋田県出身の同志社大学の出身者      全国の同志社大学の出身者
同志社高等学校出身      全国の同志社高等学校の出身者
 92  西郷孤月    長野県 出身Wikipedia
西郷 孤月(さいごう こげつ、明治6年(1873年)9月23日 - 大正元年(1912年)8月31日)は、明治期の日本画家、美術教育者である。本名は規(めぐる)。日本美術院の創設者のひとり。
全国の長野県出身者
東京美術学校出身      長野県出身の東京美術学校の出身者      全国の東京美術学校の出身者
日本学園高等学校出身      全国の日本学園高等学校の出身者
 93  岡實    東京都 出身Wikipedia
岡 實(おか みのる、1873年9月12日 - 1939年11月20日)は、日本の農商務官僚、大阪毎日新聞社会長。
全国の東京都出身者
東京帝国大学出身      東京都出身の東京帝国大学の出身者      全国の東京帝国大学の出身者
東京高等学校出身      全国の東京高等学校の出身者
 94  勝田銀次郎    愛媛県 出身Wikipedia
勝田 銀次郎(かつた ぎんじろう、1873年10月1日 - 1952年4月24日)は、日本の政治家、実業家。勝田商会創業者。山下亀三郎、内田信也と並ぶ「三大船成金」の一人[3]。神戸市会議員、衆議院議員、貴族院議員、第8代神戸市長(在任:1933年12月21日[4] - 1941年12月20日[5])。準戦時体制下の神戸市政を担い「鉄腕市長」と呼ばれた[5]。愛媛県出身[6]。
全国の愛媛県出身者
青山学院大学出身      愛媛県出身の青山学院大学の出身者      全国の青山学院大学の出身者
愛媛県立松山東高等学校出身      全国の愛媛県立松山東高等学校の出身者
 95  安村竹松    和歌山県 出身Wikipedia
安村 竹松(やすむら たけまつ、1873年(明治6年)10月 - 1946年(昭和21年)12月2日[1])は、日本の政治家、弁護士。
全国の和歌山県出身者
明治大学出身      和歌山県出身の明治大学の出身者      全国の明治大学の出身者
 96  津田左右吉    岐阜県 出身Wikipedia
津田 左右吉(つだ そうきち、1873年(明治6年)10月3日 - 1961年(昭和36年)12月4日)は、20世紀前半の日本史学者である。『日本書紀』『古事記』を史料批判の観点から研究したことで知られる。栄典は従三位勲一等瑞宝章、文化勲章。
全国の岐阜県出身者
早稲田大学出身      岐阜県出身の早稲田大学の出身者      全国の早稲田大学の出身者
名古屋大谷高等学校出身      全国の名古屋大谷高等学校の出身者
 97  勝田銀次郎    愛媛県 出身Wikipedia
勝田 銀次郎(かつた ぎんじろう、1873年[1]10月1日 - 1952年4月24日[2])は、日本の政治家、実業家。勝田商会創業者。山下亀三郎、内田信也と並ぶ「三大船成金」の一人[3]。神戸市会議員、衆議院議員、貴族院議員、第8代神戸市長(在任:1933年12月21日[4] - 1941年12月20日[5])。準戦時体制下の神戸市政を担い「鉄腕市長」と呼ばれた[5]。愛媛県出身[1][6]。
全国の愛媛県出身者
青山学院大学出身      愛媛県出身の青山学院大学の出身者      全国の青山学院大学の出身者
 98  高見山酉之助    千葉県 銚子市 出身Wikipedia
髙見山 酉之助(たかみやま とりのすけ、1873年10月25日 - 1924年1月11日)は、大相撲の力士。新治県海上郡(現在の千葉県銚子市)出身。最高位は関脇(1910年1月場所)。本名吉岡酉之助。現役時代の体格は173cm、139kg。
全国の千葉県出身者    全国の銚子市出身者
 99  登張竹風    広島県  安芸郡江田島村字津久茂 出身Wikipedia
登張 竹風(とばり ちくふう、1873年10月2日 - 1955年1月6日)は、ドイツ文学者、評論家。本名信一郎(のぶいちろう)。
全国の広島県出身者    全国の 安芸郡江田島村字津久茂出身者
 100  山本滝之助    広島県  沼隈郡沼隈町 出身Wikipedia
山本 滝之助(やまもと たきのすけ、1873年11月15日 - 1931年10月26日)は、明治~昭和期の社会教育家、思想家。「青年団運動の先覚者」。広島県福山市出身。
全国の広島県出身者    全国の 沼隈郡沼隈町出身者
 101  吉田豊彦    鹿児島県 出身Wikipedia
吉田 豊彦(よしだ とよひこ、明治6年(1873年)11月1日 - 昭和26年(1951年)1月10日)は、日本の陸軍軍人。陸軍省兵器局長、陸軍造兵廠長官、陸軍技術本部長等を歴任し、階級は陸軍大将勲一等功四級に至る。軍を退いてからは日本製鐵取締役や満州電業社長を務める。
全国の鹿児島県出身者
 102  泉鏡花    石川県 帝国芸術院会員 出身Wikipedia
泉 鏡花(いずみ きょうか、1873年(明治6年)11月4日 - 1939年(昭和14年)9月7日)は、日本の小説家。明治後期から昭和初期にかけて活躍した。小説の他に戯曲や俳句も手がけた。本名、鏡太郎(きょうたろう)。金沢市下新町生れ。
全国の石川県出身者    全国の帝国芸術院会員出身者
 103  津野田是重    熊本県 出身Wikipedia
津野田 是重(つのだ これしげ、1873年(明治6年)11月25日 - 1930年(昭和5年)9月2日)は、大日本帝国陸軍の軍人、政治家。熊本県出身。最終階級は陸軍少将。衆議院議員。
全国の熊本県出身者
 104  星野元治    群馬県 出身Wikipedia
星野 元治(ほしの もとじ、明治6年11月3日 (1873年11月3日) - 昭和30年(1955年)1月16日)は、日本の実業家・政治家。名前の英文表記:Motoji Hoshino
全国の群馬県出身者
明治学院大学出身      群馬県出身の明治学院大学の出身者      全国の明治学院大学の出身者
明治学院高等学校出身      全国の明治学院高等学校の出身者
 105  小島烏水    香川県 出身Wikipedia
小島 烏水(こじま うすい、1873年12月29日-1948年12月13日)は、日本の登山家、随筆家、文芸批評家、浮世絵や西洋版画の収集家・研究家。本名は小島 久太。
全国の香川県出身者
横浜市立横浜商業高等学校出身      全国の横浜市立横浜商業高等学校の出身者
 106  松井元興Wikipedia
松井 元興(まつい もとおき、1873年12月25日 - 1947年5月24日)は、日本の物理化学者。京都帝国大学総長、立命館大学学長、日本物理化学研究会初代会長。
東京大学出身      全国の東京大学の出身者
福岡県立修猷館高等学校出身      全国の福岡県立修猷館高等学校の出身者
 107  滝精一    東京都 出身Wikipedia
滝 精一(たき せいいち、1873年12月23日 - 1945年5月17日)は、美術史家、東京帝国大学教授。
全国の東京都出身者
東京大学出身      東京都出身の東京大学の出身者      全国の東京大学の出身者
 108  星一Wikipedia
星 一(ほし はじめ、1873年(明治6年)12月25日 - 1951年(昭和26年)1月19日)は、福島県いわき市出身の実業家・政治家。略称、ホシピン。SF作家星新一の父。写真植字機を開発した石井茂吉と森澤信夫が出会うきっかけとなった星製薬を築いた。また、星薬科大学の創立者。
コロンビア大学出身      全国のコロンビア大学の出身者
東京学園高等学校出身      全国の東京学園高等学校の出身者
 109  朝河貫一    福島県 出身Wikipedia
朝河 貫一(あさかわ かんいち、1873年(明治6年)12月20日 - 1948年(昭和23年)8月10日)は、日本の歴史学者。イェール大学では“Historian”、“Curator”(キュレーター)、“Peace Advocate”(平和の提唱者)として評価されている人である。
全国の福島県出身者
早稲田大学出身      福島県出身の早稲田大学の出身者      全国の早稲田大学の出身者
福島県立安積高等学校出身      全国の福島県立安積高等学校の出身者
 110  森村開作    東京都 出身Wikipedia
七代目 森村 市左衛門(ななだいめ もりむら いちざえもん)こと森村 開作(もりむら かいさく、1873年(明治6年)12月16日 - 1962年(昭和37年)7月5日[1])は、大正昭和期の日本の実業家。森村財閥を創設した六代目森村市左衛門の次男。
全国の東京都出身者
慶應義塾大学出身      東京都出身の慶應義塾大学の出身者      全国の慶應義塾大学の出身者
 111  木暮理太郎    群馬県 沼田市 日本山岳会会長・エッセイスト 出身Wikipedia
木暮 理太郎(こぐれ りたろう、1873年12月7日 - 1944年5月7日)は、日本の登山家。
全国の群馬県出身者    全国の沼田市 日本山岳会会長・エッセイスト出身者




スポンサーリンク




有名人ナビ 出身高校編

有名人ナビ 出身大学編

有名人ナビ 誕生日編

有名人ナビ 出身都道府県編





スポンサーリンク