トップページ >1871年生まれの有名人

このサイトに登録されている誕生日で有名人の数:89,187人


スポンサーリンク


このサイトに登録されている「1871年」生まれの有名人の数:111:人
 1  範多龍太郎Wikipedia
範多 龍太郎(はんた りゅうたろう、1871年 - 1936年11月10日)は、日本の実業家で造船技術者。日本の造船の近代化を開拓した。
グラスゴー大学出身      全国のグラスゴー大学の出身者
兵庫県立神戸高等学校出身      全国の兵庫県立神戸高等学校の出身者
 2  林竹治郎    宮城県 出身Wikipedia
林 竹治郎(はやし たけじろう、1871年 - 1941年)は日本の画家である。「朝の祈り」という名画を描いたことで知られる。ハンセン病患者のために生涯を尽くした医師林文雄の父。
全国の宮城県出身者
東京芸術大学出身      宮城県出身の東京芸術大学の出身者      全国の東京芸術大学の出身者
 3  日下部久太郎    岐阜県 出身Wikipedia
日下部 久太郎(くさかべ きゅうたろう、1871年(明治4年) - 1953年(昭和28年))は日本の実業家。海運業で財を成す。
全国の岐阜県出身者
 4  岸吉松    新潟県 出身Wikipedia
岸吉松(きし きちまつ、1871年(明治4年) - 1956年(昭和31年))は、新潟県出身の実業家。岸宇吉の子。アメリカ合衆国テキサス州南東部に移住して当地に稲作を広め、また当地での石油採掘で財を成した。現地では「バロン・キシ」と呼ばれた。
全国の新潟県出身者
一橋大学出身      新潟県出身の一橋大学の出身者      全国の一橋大学の出身者
 5  島村抱月    島根県 浜田市 出身Wikipedia
島村 抱月(しまむら ほうげつ、1871年2月28日(明治4年1月10日)- 1918年(大正7年)11月5日)は、日本の文芸評論家、演出家、劇作家、小説家、詩人。新劇運動の先駆けの一人として知られる。旧姓は佐々山、幼名は瀧太郎。
全国の島根県出身者    全国の浜田市出身者
早稲田大学出身      島根県出身の早稲田大学の出身者      全国の早稲田大学の出身者
 6  島村抱月    島根県 出身Wikipedia
島村 抱月(しまむら ほうげつ、1871年2月28日(明治4年1月10日)- 1918年(大正7年)11月5日)は、日本の文芸評論家、演出家、劇作家、小説家、詩人。新劇運動の先駆けの一人として知られる。旧姓は佐々山、幼名は瀧太郎。
全国の島根県出身者
早稲田大学出身      島根県出身の早稲田大学の出身者      全国の早稲田大学の出身者
 7  間島弟彦Wikipedia
間島弟彦(まじま おとひこ/つぎひこ[1]、1871年 - 1928年)は、明治〜昭和時代前期の銀行家、歌人である。
青山学院大学出身      出身の青山学院大学の出身者      全国の青山学院大学の出身者
 8  三浦数平    大分県 出身Wikipedia
三浦 数平(みうら かずへい、明治4年(1871年)1月 - 昭和4年(1929年)9月7日)は、日本の政治家。大分市長、衆議院議員(立憲政友会)。大分県士族[1]。旧姓桜井[2]。
全国の大分県出身者
明治大学出身      大分県出身の明治大学の出身者      全国の明治大学の出身者
 9  井口阿くり    秋田県 出身Wikipedia
井口 阿くり(いのくち あくり、1871年1月12日(明治3年11月22日) - 1931年(昭和6年)3月26日)(通名井口あくり)は、現・秋田県秋田市南通亀の町出身の教育学者、体操家。アメリカ留学後女子高等師範学校や日本体育会体操学校の教授を勤め、学校体育にスウェーデン体操を導入した。女子体育の先駆者で「日本女子体育の母」と呼ばれる。1911年(明治44年)藤田積造と結婚し藤田姓となる。
全国の秋田県出身者
日本体育大学出身      秋田県出身の日本体育大学の出身者      全国の日本体育大学の出身者
 10  小野寺重太郎    福井県 出身Wikipedia
小野寺 重太郎(おのでら じゅうたろう、1871年1月18日(明治3年11月28日) - 1939年(昭和14年)2月5日)は、日本の陸軍軍人。最終階級は陸軍中将。
全国の福井県出身者
 11  御木徳一    愛媛県 出身Wikipedia
御木 徳一(みき とくはる、明治4年1月27日(1871年3月17日) - 昭和13年(1938年)7月6日)は日本の宗教家。PL教団の前身であるひとのみち教団の教祖。
全国の愛媛県出身者
 12  藤野正年Wikipedia
藤野 正年(ふじの まさとし、1871年(明治4年1月) - 1943年(昭和18年)12月13日)は日本の政治家、実業家。衆議院議員、大阪米穀取引所理事。
法政大学出身      全国の法政大学の出身者
 13  吉橋徳三郎    埼玉県 出身Wikipedia
吉橋 徳三郎(よしはし とくさぶろう、1871年1月3日(明治3年11月13日) - 1920年(大正9年)8月5日)は、日本の陸軍軍人。陸軍士官学校士官候補生2期、陸軍大学校卒業。騎兵科に属し、第一次世界大戦後に日本陸軍で騎兵の乗馬戦闘廃止論争が生じた際、騎兵科を代表して乗馬戦闘存続を主張したが、論争の末に自殺した。最終階級は少将。
全国の埼玉県出身者
 14  川崎卓吉    広島県 出身Wikipedia
川崎 卓吉(かわさき たくきち、明治4年1月18日(1871年3月8日) - 昭和11年(1936年)3月27日)は、日本の官僚、政治家。広島県賀茂郡広村(現・呉市広町)生まれ。
全国の広島県出身者
東京大学出身      広島県出身の東京大学の出身者      全国の東京大学の出身者
広島県立広島国泰寺高等学校出身      全国の広島県立広島国泰寺高等学校の出身者
 15  島内桓太Wikipedia
島内 桓太(しまのうち かんた、1871年1月31日(明治3年12月11日) - 1940年9月19日)は、日本海軍の軍人。最終階級は海軍少将。
海軍兵学校出身      全国の海軍兵学校の出身者
島根県立隠岐水産高等学校出身      全国の島根県立隠岐水産高等学校の出身者
 16  小野塚喜平次    新潟県 長岡市 出身Wikipedia
小野塚 喜平次(おのづか きへいじ、1871年2月10日(明治3年12月21日) - 1944年(昭和19年)11月27日)日本初の政治学者の一人とされる。東京帝国大学総長。
全国の新潟県出身者    全国の長岡市出身者
東京大学出身      新潟県出身の東京大学の出身者      全国の東京大学の出身者
新潟県立長岡高等学校出身      全国の新潟県立長岡高等学校の出身者
 17  朝永三十郎    長崎県 出身Wikipedia
朝永 三十郎(ともなが さんじゅうろう、明治4年2月5日(1871年3月25日) - 昭和26年(1951年)9月18日)は、日本の哲学者。京都大学名誉教授(西洋哲学)。京都学派を代表する人物の一人。子に物理学者の朝永振一郎。
全国の長崎県出身者
東京帝国大学出身      長崎県出身の東京帝国大学の出身者      全国の東京帝国大学の出身者
長崎県立大村高等学校出身      全国の長崎県立大村高等学校の出身者
 18  志賀潔    宮城県 出身Wikipedia
志賀 潔(しが きよし、1871年2月7日(明治3年12月18日) - 1957年(昭和32年)1月25日)は、日本の医学者・細菌学者である。
全国の宮城県出身者
北里大学出身      宮城県出身の北里大学の出身者      全国の北里大学の出身者
 19  五百木良三    愛媛県 出身Wikipedia
五百木 良三(いおき りょうぞう、明治3年12月14日(1871年2月3日) - 昭和12年(1937年)6月14日)は、日本の国粋主義者。俳号は飄亭。
全国の愛媛県出身者
愛媛県立松山東高等学校出身      全国の愛媛県立松山東高等学校の出身者
 20  中林友信Wikipedia
中林 友信(なかばやし とものぶ、明治4年2月3日[1](1871年3月23日) - 昭和3年(1928年)2月18日[2])は、衆議院議員(立憲政友会→政友本党→立憲民政党)。
明治大学出身      全国の明治大学の出身者
 21  西村清雄    愛媛県 出身Wikipedia
西村 清雄(にしむら すがお、明治4年2月13日(1871年4月2日) - 昭和39年(1964年)12月25日)は日本の教育者。日本人の創作讃美歌の有名な古典「山路こえて」を作詞したクリスチャン。松山名誉市民第3号。
全国の愛媛県出身者
愛媛県立松山東高等学校出身      全国の愛媛県立松山東高等学校の出身者
 22  志賀潔Wikipedia
志賀 潔(しが きよし、1871年2月7日(明治3年12月18日) - 1957年(昭和32年)1月25日)は、日本の医学者・細菌学者である。
北里大学出身      全国の北里大学の出身者
 23  高山樗牛    山形県 鶴岡市 出身Wikipedia
高山 樗牛(たかやま ちょぎゅう、 1871年2月28日(明治4年1月10日) - 1902年(明治35年)12月24日)は明治時代の日本の文芸評論家、思想家。東京大学講師。文学博士。明治30年代の言論を先導した。本名は林次郎。
全国の山形県出身者    全国の鶴岡市出身者
東京大学出身      山形県出身の東京大学の出身者      全国の東京大学の出身者
日本学園高等学校出身      全国の日本学園高等学校の出身者
 24  朝永三十郎    長崎県 出身Wikipedia
朝永 三十郎(ともなが さんじゅうろう、明治4年2月5日(1871年3月25日) - 昭和26年(1951年)9月18日)は、日本の哲学者。京都大学名誉教授(西洋哲学)。京都学派を代表する人物の一人。子に物理学者の朝永振一郎。
全国の長崎県出身者
東京帝国大学出身      長崎県出身の東京帝国大学の出身者      全国の東京帝国大学の出身者
日本学園高等学校出身      全国の日本学園高等学校の出身者
 25  戸川秋骨    熊本県 玉名市 出身Wikipedia
戸川 秋骨 (とがわ しゅうこつ、1871年2月7日(明治3年12月18日) - 1939年(昭和14年)7月9日)は、日本の評論家、英文学者、教育者、翻訳家、随筆家。
全国の熊本県出身者    全国の玉名市出身者
明治学院大学出身      熊本県出身の明治学院大学の出身者      全国の明治学院大学の出身者
獨協高等学校出身      全国の獨協高等学校の出身者
 26  高山樗牛    山形県 鶴岡市 出身Wikipedia
高山 樗牛(たかやま ちょぎゅう、 1871年2月28日(明治4年1月10日) - 1902年(明治35年)12月24日)は明治時代の日本の文芸評論家、思想家。東京大学講師。文学博士。明治30年代の言論を先導した。本名は林次郎。
全国の山形県出身者    全国の鶴岡市出身者
東京大学出身      山形県出身の東京大学の出身者      全国の東京大学の出身者
福島県立安積高等学校出身      全国の福島県立安積高等学校の出身者
 27  戸川秋骨    熊本県 玉名市 出身Wikipedia
戸川 秋骨 (とがわ しゅうこつ、1871年2月7日(明治3年12月18日) - 1939年(昭和14年)7月9日)は、日本の評論家、英文学者、教育者、翻訳家、随筆家。
全国の熊本県出身者    全国の玉名市出身者
明治学院大学出身      熊本県出身の明治学院大学の出身者      全国の明治学院大学の出身者
明治学院高等学校出身      全国の明治学院高等学校の出身者
 28  楠本長三郎    長崎県 出身Wikipedia
楠本 長三郎(くすもと ちょうざぶろう、1871年3月10日(明治4年1月20日) - 1946年(昭和21年)12月6日)は、日本の内科学者。府立大阪医科大学を昇格させ大阪帝国大学を創設した。その後、大阪帝国大学第二代総長となり、微生物病研究所、産業科学研究所等を設置し、大阪帝国大学拡大に貢献した。位階は正三位。勲等は勲一等。
全国の長崎県出身者
東京帝国大学出身      長崎県出身の東京帝国大学の出身者      全国の東京帝国大学の出身者
長崎県立大村高等学校出身      全国の長崎県立大村高等学校の出身者
 29  川崎卓吉    広島県 出身Wikipedia
川崎 卓吉(かわさき たくきち、明治4年1月18日(1871年3月8日) - 昭和11年(1936年)3月27日)は、日本の官僚、政治家。広島県賀茂郡広村(現・呉市広町)生まれ。
全国の広島県出身者
東京大学出身      広島県出身の東京大学の出身者      全国の東京大学の出身者
千葉県立千葉高等学校出身      全国の千葉県立千葉高等学校の出身者
 30  建部遯吾    新潟県 新潟市(旧・中蒲原郡横越村) 出身Wikipedia
建部 遯吾(たけべ とんご、明治4年3月21日(1871年5月10日) - 昭和20年(1945年)2月18日)は、社会学者、東京帝国大学教授、政治家。
全国の新潟県出身者    全国の新潟市(旧・中蒲原郡横越村)出身者
東京大学出身      新潟県出身の東京大学の出身者      全国の東京大学の出身者
 31  建部遯吾    新潟県 出身Wikipedia
建部 遯吾(たけべ とんご、明治4年3月21日(1871年5月10日) - 昭和20年(1945年)2月18日)は、社会学者、東京帝国大学教授、政治家。
全国の新潟県出身者
東京大学出身      新潟県出身の東京大学の出身者      全国の東京大学の出身者
 32  荒岩亀之助    鳥取県 大山町 出身Wikipedia
荒岩 亀之助(あらいわ かめのすけ、1871年3月1日 - 1920年9月3日)は、鳥取県西伯郡大山町出身の元大相撲力士。本名は山崎 徳三郎(やまざき とくさぶろう)。
全国の鳥取県出身者    全国の大山町出身者
 33  井上友一    石川県 出身Wikipedia
井上 友一(いのうえ ともいち、明治4年4月10日(1871年5月28日) - 大正8年(1919年)6月12日)は、東京府知事を務めた、地方行政を専門とした内務官僚。号は明府。弟に、陸軍中将・井上一次。
全国の石川県出身者
 34  加藤正治    長野県 筑北村 出身Wikipedia
加藤 正治(かとう まさはる、1871年4月29日(明治4年3月10日) - 1952年(昭和27年)3月16日)は、日本の法学者。東京大学名誉教授。第11代中央大学学長、初代総長。日本郵船副社長加藤正義の養子になった。旧姓平林。
全国の長野県出身者    全国の筑北村出身者
関西学院大学出身      長野県出身の関西学院大学の出身者      全国の関西学院大学の出身者
長野県松本深志高等学校出身      全国の長野県松本深志高等学校の出身者
 35  横山源之助    富山県 魚津市 出身Wikipedia
横山 源之助(よこやま げんのすけ、1871年4月10日(明治4年2月2日) - 1915年(大正4年)6月3日)は、富山県中新川郡魚津町(現・魚津市)出身のジャーナリスト。号は天涯茫々生。他に有磯逸郎・無膓・夢蝶・漂天痴童・樹下石上人といった筆名を用いた。
全国の富山県出身者    全国の魚津市出身者
中央大学出身      富山県出身の中央大学の出身者      全国の中央大学の出身者
富山県立富山高等学校出身      全国の富山県立富山高等学校の出身者
 36  吉岡弥生    静岡県 出身Wikipedia
吉岡 彌生(よしおか やよい、1871年4月29日(明治4年3月10日) - 1959年(昭和34年)5月22日)は、日本の教育者、医師。位階は正五位。勲等は勲二等。東京女医学校・東京女子医学専門学校・東京女子医科大学創立者。東京女医学校校長、東京女子医科大学学頭、至誠会会長などを歴任した。旧姓は鷲山(わしやま)。俗に吉岡 弥生(よしおか やよい)とも表記される。
全国の静岡県出身者
日本医科大学出身      静岡県出身の日本医科大学の出身者      全国の日本医科大学の出身者
 37  帆足準三    山口県 出身Wikipedia
帆足 準三(ほあし じゅんぞう、1871年4月7日(明治4年2月18日)[1] – 1913年(大正2年)10月3日)は、戦前の日本の朝鮮総督府官僚。
全国の山口県出身者
明治大学出身      山口県出身の明治大学の出身者      全国の明治大学の出身者
 38  横山源之助    富山県 魚津市 出身Wikipedia
横山源之助(よこやま げんのすけ、1871年4月10日(明治4年2月2日) - 1915年(大正4年)6月3日)は、富山県中新川郡魚津町(現・魚津市)出身のジャーナリスト。号は天涯茫々生。他に有磯逸郎・無膓・夢蝶・漂天痴童・樹下石上人といった筆名を用いた。
全国の富山県出身者    全国の魚津市出身者
中央大学出身      富山県出身の中央大学の出身者      全国の中央大学の出身者
 39  横山源之助    富山県 出身Wikipedia
横山源之助(よこやま げんのすけ、1871年4月10日(明治4年2月2日) - 1915年(大正4年)6月3日)は、富山県中新川郡魚津町(現・魚津市)出身のジャーナリスト。号は天涯茫々生。他に有磯逸郎・無膓・夢蝶・漂天痴童・樹下石上人といった筆名を用いた。
全国の富山県出身者
中央大学出身      富山県出身の中央大学の出身者      全国の中央大学の出身者
 40  鴻池新十郎    大阪府 出身Wikipedia
鴻池 新十郎(こうのいけ しんじゅうろう、1871年4月2日(明治4年2月13日) - 1929年(昭和4年)10月15日)は、鴻池財閥総裁、10代目鴻池善右衛門の次男。
全国の大阪府出身者
慶應義塾大学出身      大阪府出身の慶應義塾大学の出身者      全国の慶應義塾大学の出身者
 41  大塚榛山    群馬県 東吾妻町 出身Wikipedia
大塚 榛山(おおつか しんざん、明治4年4月15日(1871年6月2日) - 昭和19年(1944年)2月5日)は、日本の日本画家、南画家、壁画家、日本美術研究家。群馬県吾妻郡荻生村(現在の東吾妻町)出身。
全国の群馬県出身者    全国の東吾妻町出身者
 42  安満欽一    佐賀県 出身Wikipedia
安満 欽一(やすみつ きんいち、1871年4月2日(明治4年2月13日) - 1960年10月24日)は、日本陸軍の軍人。最終階級は陸軍中将。
全国の佐賀県出身者
陸軍士官学校出身      佐賀県出身の陸軍士官学校の出身者      全国の陸軍士官学校の出身者
東京都立日比谷高等学校出身      全国の東京都立日比谷高等学校の出身者
 43  菅野尚一    山口県 出身Wikipedia
菅野 尚一(すがの ひさいち、1871年5月10日(明治4年3月21日) - 1953年(昭和28年)6月20日)は、長府藩出身の陸軍軍人。陸軍大将正三位勲一等功三級。
全国の山口県出身者
 44  逆鉾与治郎    鹿児島県 南さつま市 出身Wikipedia
逆鉾 与治郎(さかほこ よじろう、本名:年永→今井 与次郎、1871年5月10日 - 1939年10月22日)は、明治時代に活躍した鹿児島県日置郡金峰町(現南さつま市)出身の大相撲力士。高砂部屋、のち井筒部屋所属。最高位は東関脇。現役時代の体格は168cm、82kg。得意手はハズ押し、左四つ。
全国の鹿児島県出身者    全国の南さつま市出身者
 45  平野耕輔Wikipedia
平野 耕輔(ひらの こうすけ、1871年6月10日 - 1947年4月10日)は日本の化学者、窯業学者。
東京工業大学出身      出身の東京工業大学の出身者      全国の東京工業大学の出身者
 46  高山正雄    長野県 塩尻市 出身Wikipedia
高山 正雄(たかやま まさお、1871年6月24日(明治4年5月7日) - 1944年(昭和19年)10月10日)は、日本の法医学者。
全国の長野県出身者    全国の塩尻市出身者
明治大学出身      長野県出身の明治大学の出身者      全国の明治大学の出身者
 47  三土忠造    香川県 出身Wikipedia
三土 忠造(みつち ちゅうぞう、明治4年6月25日(1871年8月11日) - 昭和23年(1948年)4月1日)は、明治から昭和にかけての日本の政治家。
全国の香川県出身者
香川大学出身      香川県出身の香川大学の出身者      全国の香川大学の出身者
 48  加茂令子    千葉県 出身Wikipedia
加茂 令子(かも れいこ、1871年6月14日(明治4年4月27日) - 1948年(昭和23年)3月5日)は日本の教育者である。
全国の千葉県出身者
東洋英和女学院高等部出身      全国の東洋英和女学院高等部の出身者
 49  三土忠造    香川県 出身Wikipedia
三土 忠造(みつち ちゅうぞう、明治4年6月25日(1871年8月11日) - 昭和23年(1948年)4月1日)は、明治から昭和にかけての日本の政治家。
全国の香川県出身者
東京教育大学出身      香川県出身の東京教育大学の出身者      全国の東京教育大学の出身者
 50  高山正雄    長野県 出身Wikipedia
高山 正雄(たかやま まさお、1871年6月24日(明治4年5月7日) - 1944年(昭和19年)10月10日)は、日本の法医学者。
全国の長野県出身者
明治大学出身      長野県出身の明治大学の出身者      全国の明治大学の出身者
 51  牧野虎次    滋賀県 日野町 出身Wikipedia
牧野 虎次(まきの とらじ、明治4年7月3日(1871年8月18日) - 昭和39年(1964年)2月1日)は、日本の牧師、社会事業家。元同志社総長。京都市名誉市民。
全国の滋賀県出身者    全国の日野町出身者
 52  喜田貞吉    徳島県 出身Wikipedia
喜田 貞吉(きた さだきち、1871年7月11日(明治4年5月24日) - 1939年(昭和14年)7月3日)は、第二次世界大戦前の日本の歴史学者、文学博士。考古学、民俗学も取り入れ、学問研究を進めた。
全国の徳島県出身者
東京大学出身      徳島県出身の東京大学の出身者      全国の東京大学の出身者
 53  三浦周行    島根県 松江市 出身Wikipedia
三浦 周行(みうら ひろゆき、1871年7月21日(明治4年6月4日) - 1931年(昭和6年)9月6日)は、日本の歴史学者・法制史の研究者、文学博士。京都帝国大学教授。第10回帝国学士院恩賜賞の受賞者。文格院殿嵩山周行居士。東京農業大学農学部農学科蔬菜学研究室教授の三浦周行は同姓同名の別人。
全国の島根県出身者    全国の松江市出身者
 54  喜田貞吉    徳島県 出身Wikipedia
喜田 貞吉(きた さだきち、1871年7月11日(明治4年5月24日) - 1939年(昭和14年)7月3日)は、第二次世界大戦前の日本の歴史学者、文学博士。考古学、民俗学も取り入れ、学問研究を進めた。
全国の徳島県出身者
東京大学出身      徳島県出身の東京大学の出身者      全国の東京大学の出身者
徳島県立城南高等学校出身      全国の徳島県立城南高等学校の出身者
 55  赤尾藤吉郎    山梨県 出身Wikipedia
赤尾 藤吉郎(あかお とうきちろう、1871年(明治4年)7月-1938年(昭和13年)10月3日)は日本の政治家、弁護士。衆議院議員(立憲政友会)。
全国の山梨県出身者
法政大学出身      山梨県出身の法政大学の出身者      全国の法政大学の出身者
 56  牧口常三郎Wikipedia
牧ロ 常三郎(まきぐち つねさぶろう、1871年7月23日〈明治4年6月6日〉 - 1944年〈昭和19年〉11月18日)は、日本の思想家、教育者、地理学者、宗教家。
北海道教育大学出身      全国の北海道教育大学の出身者
 57  原脩次郎    京都府 出身Wikipedia
原 脩次郎(はら しゅうじろう、1871年7月1日(明治4年5月14日) - 1934年(昭和9年)3月6日)は、明治から昭和期の実業家、政治家。衆議院議員、拓務大臣、鉄道大臣。
全国の京都府出身者
中央大学出身      京都府出身の中央大学の出身者      全国の中央大学の出身者
 58  川村竹治    秋田県 出身Wikipedia
川村 竹治(かわむら たけじ、明治4年7月17日(1871年9月1日) - 昭和30年(1955年)9月8日)は大正から昭和にかけて活躍した官僚・政治家。満鉄社長、司法大臣等を歴任。
全国の秋田県出身者
東京大学出身      秋田県出身の東京大学の出身者      全国の東京大学の出身者
日本学園高等学校出身      全国の日本学園高等学校の出身者
 59  津村重舎    奈良県 出身Wikipedia
津村 重舎(つむら じゅうしゃ、1871年8月28日 - 1941年4月28日)は日本の実業家。大和国(奈良県)出身。1893年(明治26年)に中将湯本舗津村順天堂(現・ツムラ及びバスクリンの前身)を創業した。1925年(大正14年)から1936年(昭和11年)まで貴族院議員を務めた。
全国の奈良県出身者
一橋大学出身      奈良県出身の一橋大学の出身者      全国の一橋大学の出身者
 60  国木田独歩    山口県 銚子市 出身Wikipedia
国木田 独歩(くにきだ どっぽ、1871年8月30日(明治4年7月15日) - 1908年(明治41年)6月23日)は、日本の小説家、詩人、ジャーナリスト、編集者。千葉県銚子生まれ、広島県広島市、山口県育ち。
全国の山口県出身者    全国の銚子市出身者
早稲田大学出身      山口県出身の早稲田大学の出身者      全国の早稲田大学の出身者
山口県立山口高等学校出身      全国の山口県立山口高等学校の出身者
 61  津村重舎    奈良県 宇陀市 出身Wikipedia
津村 重舎(つむら じゅうしゃ、1871年8月20日(明治4年7月5日) - 1941年(昭和16年)4月28日)は日本の実業家。大和国(奈良県)出身。1893年(明治26年)に中将湯本舗津村順天堂(現・ツムラ及びバスクリンの前身)を創業した。1925年(大正14年)から1936年(昭和11年)まで貴族院議員を務めた。
全国の奈良県出身者    全国の宇陀市出身者
一橋大学出身      奈良県出身の一橋大学の出身者      全国の一橋大学の出身者
 62  境野哲Wikipedia
境野 哲(さかいの さとる/さとし、明治4年8月12日(1871年9月26日) - 昭和8年(1933年)11月11日)は、日本の仏教史学者・仏教運動家。宗教家(真宗大谷派僧侶)。文学博士。専門は中国仏教史。号は黄洋(こうよう)。境野黄洋の通称で知られる。
東洋大学出身      全国の東洋大学の出身者
 63  三土忠造    香川県 出身Wikipedia
三土 忠造(みつち ちゅうぞう、1871年8月11日(明治4年6月25日) - 1948年(昭和23年)4月1日)は、明治から昭和にかけての日本の政治家。
全国の香川県出身者
東京教育大学出身      香川県出身の東京教育大学の出身者      全国の東京教育大学の出身者
 64  廣澤金次郎Wikipedia
廣澤 金次郞(ひろさわ きんじろう、1871年8月28日(明治4年7月13日) - 1928年(昭和3年)12月13日)は、日本の官僚、政治家、実業家。爵位は伯爵。新字体で広沢 金次郎(ひろさわ きんじろう)とも表記される。
慶應義塾大学出身      全国の慶應義塾大学の出身者
 65  佐伯好郎    広島県 出身Wikipedia
佐伯 好郎(さえき よしろう、明治4年8月1日(1871年9月15日) - 1965年6月26日)は、日本の言語学者(英語学者、西洋古典学者、ローマ法学者、東洋学者・東洋宗教史家。キリスト者でもある。英語名はピーター・(ヨシロウ・)サエキ。広島県出身。
全国の広島県出身者
 66  山内確三郎    福岡県 出身Wikipedia
山内 確三郎(やまのうち かくさぶろう、1871年8月2日 - 1947年1月20日)は、日本の司法官。司法次官、東京控訴院院長。族籍は東京府平民。法学博士。
全国の福岡県出身者
福岡県立修猷館高等学校出身      全国の福岡県立修猷館高等学校の出身者
 67  福井準造    神奈川県 出身Wikipedia
福井 準造(ふくい じゅんぞう、明治4年9月21日(1871年11月3日) - 昭和12年(1937年)12月10日)は、日本の衆議院議員(立憲政友会)。
全国の神奈川県出身者
神奈川県立平塚農業高等学校初声分校出身      全国の神奈川県立平塚農業高等学校初声分校の出身者
 68  福井準造    神奈川県 出身Wikipedia
福井 準造(ふくい じゅんぞう、明治4年9月21日(1871年11月3日) - 昭和12年(1937年)12月10日)は、日本の衆議院議員(立憲政友会)。
全国の神奈川県出身者
神奈川県立秦野高等学校出身      全国の神奈川県立秦野高等学校の出身者
 69  高岡熊雄    島根県 津和野町 出身Wikipedia
高岡 熊雄(たかおか くまお、1871年9月29日(明治4年8月15日) - 1961年(昭和36年)12月29日)は日本の農学者・農政学者・農業経済学者。第3代北海道帝国大学総長。島根県生まれ。
全国の島根県出身者    全国の津和野町出身者
北海道大学出身      島根県出身の北海道大学の出身者      全国の北海道大学の出身者
山口県立山口高等学校出身      全国の山口県立山口高等学校の出身者
 70  樋口長市    長野県 松本市 出身Wikipedia
樋口 長市(ひぐち ちょういち、1871年 − 1945年9月1日)は、日本の教育学者である。八大教育主張講演の論者の一人であり、「自学主義」を唱える。だがその「自学」とは、あくまで教科書を中心としたものであった。
全国の長野県出身者    全国の松本市出身者
 71  本山白雲    高知県 出身Wikipedia
本山 白雲(もとやま はくうん、明治4年9月1日(1871年10月14日) - 昭和27年(1952年)2月18日)は、日本の銅像作家。高知市桂浜の坂本龍馬の銅像の作者。本名は本山辰吉、「白雲」は雅号。彫塑が巧みで土佐のミケランジェロと呼ばれた。
全国の高知県出身者
東京芸術大学出身      高知県出身の東京芸術大学の出身者      全国の東京芸術大学の出身者
 72  本田義成    新潟県 出身Wikipedia
本田 義成(ほんだ よしなり、1871年(明治4年)9月 – 1952年(昭和27年)4月12日[1])は、衆議院議員(立憲政友会)。
全国の新潟県出身者
明治大学出身      新潟県出身の明治大学の出身者      全国の明治大学の出身者
 73  鈴木達治    愛媛県 出身Wikipedia
鈴木 達治(すずき たつじ、1871年9月11日 - 1961年8月29日)は科学者・教育者。愛媛県出身。号は煙洲。
全国の愛媛県出身者
東京大学出身      愛媛県出身の東京大学の出身者      全国の東京大学の出身者
 74  安藤広太郎    兵庫県 丹波市 出身Wikipedia
安藤 広太郎(あんどう ひろたろう、1871年9月15日(明治4年8月1日) - 1958年(昭和33年)10月14日)は、明治から昭和期における農政家、農学者。農学博士。
全国の兵庫県出身者    全国の丹波市出身者
 75  信夫淳平    鳥取県 出身Wikipedia
信夫 淳平(しのぶ じゅんぺい、明治4年9月1日(1871年10月14日) - 昭和37年(1962年)11月1日)は、日本の外交官、国際法学者。法学博士。早稲田大学教授、学士院会員、中華民国顧問等を歴任。1943年学士院恩賜賞受賞、従三位勲一等瑞宝章。
全国の鳥取県出身者
早稲田大学出身      鳥取県出身の早稲田大学の出身者      全国の早稲田大学の出身者
鳥取県立鳥取西高等学校出身      全国の鳥取県立鳥取西高等学校の出身者
 76  三輪源造    新潟県 出身Wikipedia
三輪 源造(みわ げんぞう、1871年9月18日(明治4年8月4日) - 1946年(昭和21年)11月5日)は日本の教育者、国文学者である。
全国の新潟県出身者
同志社神学校出身      新潟県出身の同志社神学校の出身者      全国の同志社神学校の出身者
同志社高等学校出身      全国の同志社高等学校の出身者
 77  角源泉    和歌山県 出身Wikipedia
角 源泉(すみ げんせん、明治4年9月18日(1871年10月31日) - 昭和17年(1942年)8月14日)は、日本の政治家、官僚。衆議院議員、新宮市長。山本七平の大叔父。
全国の和歌山県出身者
法政大学出身      和歌山県出身の法政大学の出身者      全国の法政大学の出身者
 78  岡松参太郎    宮崎県 出身Wikipedia
岡松 参太郎(おかまつ さんたろう、1871年9月23日(明治4年8月9日) - 1921年(大正10年)12月15日)は、日本の法学者(専攻は民法学)。京都帝国大学法科大学(現在の京都大学法学部)教授。儒学者の岡松甕谷の三男。
全国の宮崎県出身者
東京大学出身      宮崎県出身の東京大学の出身者      全国の東京大学の出身者
東京都立日比谷高等学校出身      全国の東京都立日比谷高等学校の出身者
 79  福井準造    神奈川県 出身Wikipedia
福井 準造(ふくい じゅんぞう、明治4年9月21日(1871年11月3日) - 昭和12年(1937年)12月10日)は、日本の衆議院議員(立憲政友会)。
全国の神奈川県出身者
神奈川県立平塚農業高等学校出身      全国の神奈川県立平塚農業高等学校の出身者
 80  信夫淳平    鳥取県 出身Wikipedia
信夫 淳平(しのぶ じゅんぺい、明治4年(1871年)9月13日 - 昭和37年(1962年)11月1日)は、日本の外交官、国際法学者。法学博士。早稲田大学教授、学士院会員、中華民国顧問等を歴任。1943年学士院恩賜賞受賞、従三位勲一等瑞宝章[1]。
全国の鳥取県出身者
一橋大学出身      鳥取県出身の一橋大学の出身者      全国の一橋大学の出身者
 81  鈴木達治    愛媛県 出身Wikipedia
鈴木 達治(すずき たつじ、1871年9月11日 - 1961年8月29日)は科学者・教育者。愛媛県出身。号は煙洲。
全国の愛媛県出身者
同志社大学出身      愛媛県出身の同志社大学の出身者      全国の同志社大学の出身者
 82  信夫淳平    鳥取県 出身Wikipedia
信夫 淳平(しのぶ じゅんぺい、明治4年(1871年)9月13日 - 昭和37年(1962年)11月1日)は、日本の外交官、国際法学者。法学博士。早稲田大学教授、学士院会員、中華民国顧問等を歴任。1943年学士院恩賜賞受賞、従三位勲一等瑞宝章[1]。
全国の鳥取県出身者
早稲田大学出身      鳥取県出身の早稲田大学の出身者      全国の早稲田大学の出身者
 83  水崎基一    長野県 出身Wikipedia
水崎 基一(みずさき もといち、1871年(明治4年)9月28日 - 1937年(昭和12年)11月29日)は、日本の経済学者、教育者。同志社大学経済学部教授を経て、浅野綜合中学校(現・浅野中学校・高等学校)初代校長。クリスチャンで書、漢詩、短歌の雅号は濃川[2]。
全国の長野県出身者
 84  南日恒太郎    富山県 出身Wikipedia
南日 恒太郎(なんにち つねたろう、明治4年9月30日(1871年11月12日) - 昭和3年(1928年)7月20日)は、明治から大正にかけての英語教育者。旧制富山高等学校初代校長。
全国の富山県出身者
 85  三谷一二Wikipedia
三谷 一二(みたに いちじ、明治4年(1871年)10月22日 - 1965年10月26日)は、日本の政治家、銀行員、実業家。第4代福山市長(1期)。
一橋大学出身      全国の一橋大学の出身者
広島県立福山誠之館高等学校出身      全国の広島県立福山誠之館高等学校の出身者
 86  高野岩三郎    長崎県 出身Wikipedia
高野 岩三郎(たかの いわさぶろう、1871年10月15日(明治4年9月2日) - 1949年(昭和24年)4月5日)は、日本の社会統計学者、社会運動家。
全国の長崎県出身者
東京大学出身      長崎県出身の東京大学の出身者      全国の東京大学の出身者
開成高等学校出身      全国の開成高等学校の出身者
 87  廣田精一Wikipedia
廣田 精一(ひろた せいいち、広田 精一、明治4年10月20日(1871年12月2日) - 昭和6年(1931年)1月25日)は工学博士。教育者、私立電機学校(現・東京電機大学)、神戸高等工業学校(現・神戸大学工学部)[1][2]設立者。出版事業者、オーム社設立者。廣田理太郎の弟。広島県福山市出身。
東京大学出身      全国の東京大学の出身者
 88  佐藤亀八郎Wikipedia
佐藤 亀八郎(さとう かめはちろう、1871年(明治4年)10月 - 1936年(昭和11年)7月15日)は日本の政治家、実業家。貴族院議員、宮城県農工銀行頭取、宮城県販売購買組合理事長。
法政大学出身      全国の法政大学の出身者
宮城県農業高等学校出身      全国の宮城県農業高等学校の出身者
 89  千田嘉平    鹿児島県 出身Wikipedia
千田 嘉平(せんだ かへい、1871年10月12日(明治4年8月28日)- 1943年(昭和18年)2月18日)は、日本の陸軍軍人、政治家、華族。陸軍少将、貴族院男爵議員。
全国の鹿児島県出身者
陸軍士官学校出身      鹿児島県出身の陸軍士官学校の出身者      全国の陸軍士官学校の出身者
東京都立日比谷高等学校出身      全国の東京都立日比谷高等学校の出身者
 90  廣田精一    広島県  福山市 出身Wikipedia
廣田 精一(ひろた せいいち、広田 精一、明治4年10月20日(1871年12月2日) - 昭和6年(1931年)1月25日)は工学博士。教育者、私立電機学校(現・東京電機大学)、神戸高等工業学校(現・神戸大学工学部)[2]設立者。出版事業者、オーム社設立者。廣田理太郎の弟。広島県福山市出身。
全国の広島県出身者    全国の 福山市出身者
東京大学出身      広島県出身の東京大学の出身者      全国の東京大学の出身者
 91  太田政弘    山形県 出身Wikipedia
太田 政弘(おおた まさひろ、1871年11月16日(明治4年10月4日) - 1951年(昭和26年)1月24日)は、日本の内務官僚、政治家。警視総監(第30代)、関東長官(第6代)、台湾総督(第14代)、貴族院議員。
全国の山形県出身者
東京帝国大学出身      山形県出身の東京帝国大学の出身者      全国の東京帝国大学の出身者
山形県立山形東高等学校出身      全国の山形県立山形東高等学校の出身者
 92  仁田大八郎    静岡県 出身Wikipedia
仁田 大八郎(にった だいはちろう 、1871年11月19日(明治4年10月7日) - 1945年(昭和20年)3月1日)は、明治から昭和時代前期の静岡県田方郡で活躍した実業家、政治家。
全国の静岡県出身者
静岡県立静岡高等学校出身      全国の静岡県立静岡高等学校の出身者
 93  政尾藤吉    愛媛県 出身Wikipedia
政尾 藤吉(まさお とうきち、明治3年11月17日(1871年1月7日) – 大正10年(1921年)8月11日)は、日本の衆議院議員(立憲政友会)、駐シャム(タイ)公使。法学博士。
全国の愛媛県出身者
早稲田大学出身      愛媛県出身の早稲田大学の出身者      全国の早稲田大学の出身者
愛媛県立大洲高等学校出身      全国の愛媛県立大洲高等学校の出身者
 94  西沢定吉    山形県 出身Wikipedia
西沢 定吉(にしざわ さだきち、明治4年11月4日[1](1871年12月15日) - 昭和16年(1941年)9月24日[1])は、日本の衆議院議員(立憲政友会)、天童町長。
全国の山形県出身者
専修大学出身      山形県出身の専修大学の出身者      全国の専修大学の出身者
 95  深井英五    群馬県 出身Wikipedia
深井 英五(ふかい えいご、明治4年11月20日(1871年12月31日) - 昭和20年(1945年)10月21日)は日本の銀行家・経済学者・作家。第13代日本銀行総裁・貴族院議員。群馬県高崎市出身。歴代日銀総裁でもっとも経済理論に精通し、金融恐慌時は副総裁として井上準之助をサポート。ぎりぎりのところで日本経済を救った立役者として知られている。
全国の群馬県出身者
同志社大学出身      群馬県出身の同志社大学の出身者      全国の同志社大学の出身者
 96  堺利彦    福岡県 みやこ町 出身Wikipedia
堺 利彦(さかい としひこ、明治3年11月25日(1871年1月15日) - 昭和8年(1933年)1月23日)は、日本の社会主義者・思想家・歴史家・著述家・小説家。号は枯川、別名は、貝塚渋六。
全国の福岡県出身者    全国のみやこ町出身者
福岡県立育徳館高等学校出身      全国の福岡県立育徳館高等学校の出身者
 97  児玉謙次    東京都 出身Wikipedia
児玉 謙次(こだま けんじ、1871年11月7日 - 1954年2月13日)は、日本の実業家。
全国の東京都出身者
一橋大学出身      東京都出身の一橋大学の出身者      全国の一橋大学の出身者
 98  永井作次Wikipedia
永井 作次(ながい さくじ、1871年(明治4年)11月 - 1930年(昭和5年)6月5日)は、日本の政治家、法律家、実業家。衆議院議員、鹿児島座社長、鹿児島電気常務。
法政大学出身      全国の法政大学の出身者
 99  深井英五    群馬県 出身Wikipedia
深井 英五(ふかい えいご、明治4年11月20日(1871年12月31日) - 昭和20年(1945年)10月21日)は、日本の銀行家・経済学者・著作家。第13代日本銀行総裁・貴族院議員。群馬県高崎市出身。歴代日銀総裁でもっとも経済理論に精通し、金融恐慌時は副総裁として井上準之助をサポートした。ぎりぎりのところで日本経済を救った立役者として知られている。
全国の群馬県出身者
同志社大学出身      群馬県出身の同志社大学の出身者      全国の同志社大学の出身者
 100  幸徳秋水    高知県 四万十市 出身Wikipedia
幸徳 秋水(こうとく しゅうすい、1871年11月5日(明治4年9月23日) - 1911年(明治44年)1月24日)は、明治時代のジャーナリスト、思想家、社会主義者、無政府主義者である。
全国の高知県出身者    全国の四万十市出身者
高知県立中村高等学校出身      全国の高知県立中村高等学校の出身者
 101  太田政弘    山形県 出身Wikipedia
太田 政弘(おおた まさひろ、1871年11月16日(明治4年10月4日) - 1951年(昭和26年)1月24日)は、日本の内務官僚、政治家。警視総監(第30代)、関東長官(第6代)、台湾総督(第14代)、貴族院議員。
全国の山形県出身者
東京帝国大学出身      山形県出身の東京帝国大学の出身者      全国の東京帝国大学の出身者
日本学園高等学校出身      全国の日本学園高等学校の出身者
 102  桑原隲蔵    福井県 出身Wikipedia
桑原 隲蔵(くわばら じつぞう、明治3年12月7日(1871年1月27日) - 1931年(昭和6年)5月24日)は、日本の東洋史学者・京都帝国大学教授。
全国の福井県出身者
東京大学出身      福井県出身の東京大学の出身者      全国の東京大学の出身者
京都府立洛北高等学校出身      全国の京都府立洛北高等学校の出身者
 103  菱刈隆    鹿児島県 出身Wikipedia
菱刈 隆(ひしかり たかし、1871年12月27日(明治4年11月16日) - 1952年(昭和27年)7月31日)は、日本陸軍の軍人、外交官。最終階級は陸軍大将。栄典は勲一等功五級。幼名、幸吉。
全国の鹿児島県出身者
 104  土井晩翠Wikipedia
土井 晩翠(どい ばんすい、1871年12月5日(明治4年10月23日) - 1952年(昭和27年)10月19日)は、日本の詩人、英文学者。本名、林吉(りんきち)。姓は元は「つちい」だったが昭和初期に改称した[2]。男性的な漢詩調の詩風で、女性的な詩風の島崎藤村と並んで「藤晩時代」と称された[1]。また、瀧廉太郎の作曲で知られる『荒城の月』の作詞者としても知られ、校歌・寮歌なども多く作詞した。戦陣訓の文校正でも知られる。英文学者としては、ホメロス、カーライル、バイロンなどを翻訳している。
東京大学出身      全国の東京大学の出身者
 105  弘世助太郎    滋賀県 出身Wikipedia
弘世 助太郎(ひろせ すけたろう、明治4年12月9日 (旧暦)(1871年1月18日) - 1936年(昭和11年)3月9日)は実業家。日本生命三代目社長で「中興の祖」とされる。弘世現は娘婿。
全国の滋賀県出身者
滋賀県立彦根東高等学校出身      全国の滋賀県立彦根東高等学校の出身者
 106  藤村義朗    熊本県 出身Wikipedia
藤村 義朗(ふじむら よしろう、明治3年旧暦12月4日(1871年1月24日) - 1933年(昭和8年)11月27日)は、日本の実業家、政治家。爵位は男爵。幼名は狐狸馬。
全国の熊本県出身者
 107  菱刈隆    鹿児島県 出身Wikipedia
菱刈 隆(ひしかり たか、1871年12月27日(明治4年11月16日) - 1952年(昭和27年)7月31日)は、日本陸軍の軍人、外交官。最終階級は陸軍大将。栄典は勲一等功五級。幼名、幸吉。
全国の鹿児島県出身者
陸軍士官学校出身      鹿児島県出身の陸軍士官学校の出身者      全国の陸軍士官学校の出身者
成城高等学校出身      全国の成城高等学校の出身者
 108  土井晩翠    宮城県 出身Wikipedia
土井 晩翠(どい ばんすい、1871年12月5日(明治4年10月23日) - 1952年(昭和27年)10月19日)は、日本の詩人、英文学者。本名、林吉(りんきち)。姓は元は「つちい」だったが昭和初期に改称した[2]。男性的な漢詩調の詩風で、女性的な詩風の島崎藤村と並んで「藤晩時代」と称された。また、瀧廉太郎の作曲で知られる『荒城の月』の作詞者としても知られ、校歌・寮歌なども多く作詞した。戦陣訓の文校正でも知られる。英文学者としては、ホメロス、カーライル、バイロンなどを翻訳している。
全国の宮城県出身者
東京大学出身      宮城県出身の東京大学の出身者      全国の東京大学の出身者
 109  五百木飄亭    愛媛県 出身Wikipedia
五百木 良三(いおき りょうぞう、明治3年12月14日(1871年2月3日) - 昭和12年(1937年)6月14日)は、日本の国粋主義者。俳号は飄亭。
全国の愛媛県出身者
 110  山下芳太郎    愛媛県 出身Wikipedia
山下 芳太郎(やました よしたろう、1871年12月24日(明治4年11月13日) - 1923年4月7日)は、日本の実業家、言語政策研究家、外交官である。漢字は非能率的であると考え、仮名文字協会(後の財団法人カナモジカイ)を設立し、カタカナによる左横書き文書やカタカナのタイプライターの普及をめざした。遺書も墓もカタカナで書かれている。
全国の愛媛県出身者
一橋大学出身      愛媛県出身の一橋大学の出身者      全国の一橋大学の出身者
愛媛県立松山東高等学校出身      全国の愛媛県立松山東高等学校の出身者
 111  宮崎滔天    熊本県 出身Wikipedia
宮崎 滔天(みやざき とうてん、明治3年12月3日(1871年1月23日) - 大正11年(1922年)12月6日)は、日本で孫文達を支援して、辛亥革命を支えた革命家、および浪曲師。欧州に侵略されているアジアを救うには、アジア文明の中心である中国の独立と中国民衆の自由が先決であり、それが世界平和に繋がるという信念のもと、大陸浪人として活躍した。本名は寅蔵(もしくは虎蔵)。白浪庵滔天と号した。浪曲師としての名前は桃中軒 牛右衛門(とうちゅうけん うしえもん)。桃中軒雲右衛門の浪曲台本も書いた。
全国の熊本県出身者
鎮西学院高等学校出身      全国の鎮西学院高等学校の出身者




スポンサーリンク




有名人ナビ 出身高校編

有名人ナビ 出身大学編

有名人ナビ 誕生日編

有名人ナビ 出身都道府県編





スポンサーリンク