トップページ >1869年生まれの有名人

このサイトに登録されている誕生日で有名人の数:89,186人


スポンサーリンク


このサイトに登録されている「1869年」生まれの有名人の数:113:人
 1  白洲文平Wikipedia
白洲 文平(しらす ふみひら、1869年(明治2年) - 1935年(昭和10年)10月23日)は日本の実業家である。
ハーバード大学出身      全国のハーバード大学の出身者
明治学院高等学校出身      全国の明治学院高等学校の出身者
 2  諸井四郎    埼玉県 本庄市 出身Wikipedia
諸井 四郎(もろい しろう、1869年(明治2年) - 1954年(昭和29年))は、武蔵国児玉郡本庄宿(現在の埼玉県本庄市)出身の、明治期から昭和期にかけての日本の実業家。
全国の埼玉県出身者    全国の本庄市出身者
 3  松本鹿次郎    東京都 出身Wikipedia
松本 鹿次郎(まつもと しかじろう、1869年(明治2年) - ?)は、明治大正期の鉄道官僚。鹿二郎とも
全国の東京都出身者
慶應義塾大学出身      東京都出身の慶應義塾大学の出身者      全国の慶應義塾大学の出身者
 4  林和太郎Wikipedia
林 和太郎(はやし わたろう、1869年(明治2年) - ?)は、明治期の官僚、帝国鉄道庁参事。
慶應義塾大学出身      出身の慶應義塾大学の出身者      全国の慶應義塾大学の出身者
 5  戸津高知Wikipedia
戸津 高知(とつ たかとも、1869年 - 1959年12月)は、日本の教育者。学校法人北海学園元理事長で、北海学園を代表する人物の一人であり、札幌商業学校の創設者。愛称として、生徒から敬愛を込めてとっつぁんと呼ばれた。
北海道大学出身      全国の北海道大学の出身者
 6  稲田藤治郎    鳥取県 出身Wikipedia
稲田 藤治郎(いなだ とうじろう、明治2年(1869年) - 昭和17年(1942年))は、日本の政治家、実業家。元衆議院議員。稲田家の七代目。鳥取県平民[1]。
全国の鳥取県出身者
一橋大学出身      鳥取県出身の一橋大学の出身者      全国の一橋大学の出身者
 7  藤田平太郎    大阪府 出身Wikipedia
藤田 平太郎(ふじた へいたろう、明治2年(1869年) - 昭和15年(1940年)2月23日)は、日本の実業家、政治家。貴族院議員、男爵、公正会所属、従三位。藤田財閥2代目総帥。
全国の大阪府出身者
慶應義塾大学出身      大阪府出身の慶應義塾大学の出身者      全国の慶應義塾大学の出身者
 8  樺山資英    鹿児島県 出身Wikipedia
樺山 資英(かばやま すけひで、明治元年11月19日(1869年1月1日) - 昭和16年(1941年)3月19日)は、日本の官僚、政治家。貴族院議員。
全国の鹿児島県出身者
コロンビア大学出身      鹿児島県出身のコロンビア大学の出身者      全国のコロンビア大学の出身者
東京都立日比谷高等学校出身      全国の東京都立日比谷高等学校の出身者
 9  白川義則    愛媛県 出身Wikipedia
白川 義則(しらかわ よしのり、1869年1月24日(明治元年12月12日) - 1932年(昭和7年)5月26日)は、日本の陸軍軍人。最終階級は陸軍大将、栄典は勲一等功二級男爵。
全国の愛媛県出身者
愛媛県立松山東高等学校出身      全国の愛媛県立松山東高等学校の出身者
 10  柏原文太郎    千葉県 成田市 出身Wikipedia
柏原 文太郎(かしわばら ぶんたろう、明治2年1月18日(1869年2月28日) - 昭和11年(1936年)8月10日)は、日本の教育家、社会事業家。千葉県出身。
全国の千葉県出身者    全国の成田市出身者
早稲田大学出身      千葉県出身の早稲田大学の出身者      全国の早稲田大学の出身者
 11  高木益太郎Wikipedia
高木 益太郎(たかぎ ますたろう、明治2年1月25日(1869年3月7日) - 昭和4年(1929年)12月11日)は日本の政治家、弁護士、実業家。衆議院議員、『法律新聞』創刊者、尾西鉄道社長、法政大学理事。
法政大学出身      全国の法政大学の出身者
 12  柏原文太郎    千葉県 出身Wikipedia
柏原 文太郎(かしわばら ぶんたろう、1869年1月 - 1936年8月10日)は、日本の教育家、社会事業家。千葉県出身。
全国の千葉県出身者
早稲田大学出身      千葉県出身の早稲田大学の出身者      全国の早稲田大学の出身者
 13  樺山資英    鹿児島県 出身Wikipedia
樺山 資英(かばやま すけひで、明治元年11月19日(1869年1月1日) - 昭和16年(1941年)3月19日)は、日本の官僚、政治家。貴族院議員。
全国の鹿児島県出身者
コロンビア大学出身      鹿児島県出身のコロンビア大学の出身者      全国のコロンビア大学の出身者
栃木県立宇都宮高等学校出身      全国の栃木県立宇都宮高等学校の出身者
 14  賀古残夢    石川県 金沢市 出身Wikipedia
賀古 残夢(かこ ざんむ、1869年1月13日 - 1938年3月21日)は、日本の映画監督、演出家、小説家。本名は賀古 保五郎(かこ やすごろう)。
全国の石川県出身者    全国の金沢市出身者
 15  岡田三郎助    佐賀県 出身Wikipedia
岡田 三郎助(おかだ さぶろうすけ、1869年1月22日(明治2年1月12日) - 1939年(昭和14年)9月23日)は佐賀県に生まれ、明治~昭和にかけて活躍した洋画家である。女性像を得意とし、日本的な感覚の洋画に秀作を残している。東京美術学校(現・東京藝術大学)教授。第1回文化勲章を受章。 妻・岡田八千代は小説家・劇作家で、小山内薫の妹である。
全国の佐賀県出身者
 16  岸本鹿太郎    岡山県 出身Wikipedia
岸本 鹿太郎(きしもと しかたろう、1869年2月19日(明治2年1月9日) - 1942年9月3日)は、日本陸軍の軍人。最終階級は陸軍大将。
全国の岡山県出身者
 17  佐藤房隆    福島県 出身Wikipedia
佐藤 房隆(さとう ふさたか、1869年2月15日(明治2年1月5日) – 1927年(昭和2年)2月16日)は、日本の陸軍軍人。日露戦争では近衛歩兵第三連隊第一大隊長として戦い、のち歩兵第六十六連隊長を務めた陸軍少将である。
全国の福島県出身者
 18  蔵園三四郎    鹿児島県 出身Wikipedia
蔵園 三四郎(くらその さんしろう、1869年2月(明治2年旧暦1月)- 1939年(昭和14年)4月6日[1])は、日本の衆議院議員(政友本党 → 立憲民政党 → 立憲政友会 → 昭和会)、弁護士。
全国の鹿児島県出身者
明治大学出身      鹿児島県出身の明治大学の出身者      全国の明治大学の出身者
 19  熊耳耕年    宮城県 出身Wikipedia
熊耳 耕年(くまがみ こうねん=KUMAGAMI Kônen、明治2年2月12日〈1869年3月24日〉 - 昭和13年〈1938年〉8月24日)とは、明治から昭和時代はじめにかけての浮世絵師、日本画家。耕年、抱光、大然堂と号す。
全国の宮城県出身者
 20  木下謙次郎    大分県 出身Wikipedia
木下 謙次郎(きのした けんじろう、明治2年2月28日(1869年4月9日) - 昭和22年(1947年)3月28日)は、日本の明治から昭和初期にかけての政治家。貴族院議員、衆議院議員、関東長官。美食家としても知られ、著書『美味求真』は、食通の原典として今日も名高い。
全国の大分県出身者
中央大学出身      大分県出身の中央大学の出身者      全国の中央大学の出身者
 21  小川尚義    愛媛県 出身Wikipedia
小川 尚義(おがわ なおよし、明治2年2月9日(1869年3月21日) - 昭和22年(1947年)11月20日)は明治から昭和前期の言語学者、台湾語と台湾諸語研究者、辞書編纂者。台北帝国大学名誉教授。
全国の愛媛県出身者
愛媛県立松山東高等学校出身      全国の愛媛県立松山東高等学校の出身者
 22  下平英太郎    福島県 出身Wikipedia
下平 英太郎(しもだいら えいたろう、1869年3月1日(明治2年1月19日) - 1933年(昭和8年)5月13日)は、日本の海軍軍人。 装甲巡洋艦「八雲」艦長として第一次世界大戦における青島攻略戦に参戦し、のち戦艦「日向」初代艦長を務めた海軍少将である。従四位勲三等功四級。
全国の福島県出身者
 23  和田幸次郎    福島県 出身Wikipedia
和田 幸次郎(わだ こうじろう、1869年3月又は4月(明治2年) - 1926年(大正15年)10月29日)は、日本の海軍軍人。 戦艦「朝日」砲術長として日本海海戦などを戦った。最終階級は海軍大佐。
全国の福島県出身者
 24  稲田藤治郎    鳥取県 米子市 出身Wikipedia
稲田 藤治郎(いなだ とうじろう、明治2年3月21日(1869年5月2日) - 昭和17年(1942年)2月22日[2])は、日本の政治家、実業家。元衆議院議員。稲田家の七代目。鳥取県平民[3]。
全国の鳥取県出身者    全国の米子市出身者
一橋大学出身      鳥取県出身の一橋大学の出身者      全国の一橋大学の出身者
 25  山路一善    愛媛県 出身Wikipedia
山路 一善(やまじ かずよし、明治2年3月13日(1869年4月24日)- 1963年(昭和38年)3月13日)は、明治から大正の大日本帝国海軍の海軍中将。兄に愛媛県師範学校長の山路一遊と、日本興業銀行副総裁の佃一予。夫人「すえ」は山本権兵衛の次女(財部彪夫人の実妹)。日本海軍での航空兵力の導入、整備に尽力し、「海軍航空の生みの親」と呼ばれる。
全国の愛媛県出身者
愛媛県立松山東高等学校出身      全国の愛媛県立松山東高等学校の出身者
 26  山村豊次郎    愛媛県 出身Wikipedia
山村 豊次郎(やまむら とよじろう、明治2年3月16日(1869年4月27日) - 昭和13年(1938年)9月13日)は、日本の衆議院議員(立憲政友会)、宇和島市長。
全国の愛媛県出身者
 27  井上準之助    大分県 出身Wikipedia
井上 準之助(いのうえ じゅんのすけ、明治2年3月25日(1869年5月6日) - 昭和7年(1932年)2月9日)は、日本の政治家、財政家。日本銀行第9、11代総裁。山本、濱口、第2次若槻内閣で大蔵大臣に就任。貴族院議員。
全国の大分県出身者
東京大学出身      大分県出身の東京大学の出身者      全国の東京大学の出身者
国士舘高等学校出身      全国の国士舘高等学校の出身者
 28  塚本靖Wikipedia
塚本 靖(つかもと やすし、1869年3月27日(明治2年2月15日) - 1937年(昭和12年)8月9日)は、日本の建築家。東京帝国大学において建築意匠・装飾・工芸の研究・指導に当たった。号は准亭。
東京大学出身      全国の東京大学の出身者
 29  唐渡房次郎Wikipedia
唐渡 房次郎(からわたり ふさじろう 1869年(明治2年) – 1924年(大正13年)3月16日)は、日本の裁判官。
明治大学出身      全国の明治大学の出身者
 30  大町桂月    高知県 出身Wikipedia
大町 桂月(おおまち けいげつ、1869年3月6日(明治2年1月24日)- 1925年(大正14年)6月10日)は高知県出身で、近代日本の詩人、歌人、随筆家、評論家。本名:大町芳衛(よしえ)。
全国の高知県出身者
東京帝国大学出身      高知県出身の東京帝国大学の出身者      全国の東京帝国大学の出身者
獨協高等学校出身      全国の獨協高等学校の出身者
 31  伊東祐保    佐賀県 出身Wikipedia
伊東 祐保(いとう すけやす、明治2年3月3日(1869年4月14日) - 大正3年(1914年)10月18日)は、日本の海軍軍人。最終階級は海軍大佐。 第一次世界大戦において防護巡洋艦・「高千穂」艦長として戦死した。
全国の佐賀県出身者
 32  橋本卯太郎    岡山県 出身Wikipedia
橋本 卯太郎(はしもと うたろう、明治2年(1869年)3月 - 昭和13年(1938年)7月7日は、日本の実業家。大日本麦酒(現・サッポロビール)の元常務取締役)。酵母を扱う技師から常務に出世[1]、明治、大正期における郷土出身の立志伝中の一人である[2]。東京府平民[3]。
全国の岡山県出身者
東京工業大学出身      岡山県出身の東京工業大学の出身者      全国の東京工業大学の出身者
 33  小山豊太郎    群馬県 出身Wikipedia
小山 豊太郎(こやま とよたろう、明治2年3月10日(1869年4月21日) - 昭和22年(1947年)8月4日)は日本の政治活動家、テロリスト。名は六之助(ろくのすけ)とも。書家としての号は忘雪野人(ぼうせつやじん)。男性。
全国の群馬県出身者
慶應義塾大学出身      群馬県出身の慶應義塾大学の出身者      全国の慶應義塾大学の出身者
 34  大碇紋太郎    愛知県 半田市 出身Wikipedia
大碇 紋太郎(おおいかり もんたろう、1869年4月3日(明治2年2月22日)-没年不明)は、大相撲の大関。身長170cm、体重105kg。
全国の愛知県出身者    全国の半田市出身者
 35  川上眉山    大阪府 出身Wikipedia
川上 眉山(かわかみ びざん、1869年4月16日(明治2年3月5日)- 1908年(明治41年)6月15日)は、明治時代の小説家。大阪生まれ。本名亮、別号に煙波山人。
全国の大阪府出身者
東京都立日比谷高等学校出身      全国の東京都立日比谷高等学校の出身者
 36  赤羽克己    福島県 出身Wikipedia
赤羽 克己(あかばね かつみ、1869年4月10日(明治2年2月29日) - 1941年(昭和16年)7月5日)は、日本の実業家。南満州鉄道理事としてオイルシェール事業に取り組んだ。
全国の福島県出身者
一橋大学出身      福島県出身の一橋大学の出身者      全国の一橋大学の出身者
 37  赤羽克己    福島県 出身Wikipedia
赤羽 克己(あかばね かつみ、1869年4月10日(明治2年2月29日) - 1941年(昭和16年)7月5日)は、日本の実業家。南満州鉄道理事としてオイルシェール事業に取り組んだ。
全国の福島県出身者
一橋大学出身      福島県出身の一橋大学の出身者      全国の一橋大学の出身者
 38  藤田包助    山口県 出身Wikipedia
藤田 包助(ふじた かねすけ[1]、1869年(明治2年4月) - 1945年(昭和20年)1月22日[1])は、日本の政治家、実業家。
全国の山口県出身者
明治大学出身      山口県出身の明治大学の出身者      全国の明治大学の出身者
 39  野口孫市    兵庫県 姫路市 出身Wikipedia
野口 孫市(のぐち まごいち、明治2年4月23日(1869年6月3日) - 大正4年(1915年)10月26日)は、明治、大正期に活躍した建築家、工学博士。
全国の兵庫県出身者    全国の姫路市出身者
東京大学出身      兵庫県出身の東京大学の出身者      全国の東京大学の出身者
 40  東武    奈良県 出身Wikipedia
東 武(あずま たけし、明治2年4月14日(1869年5月25日) - 昭和14年(1939年)9月3日)は日本の政治家、出版事業家。従四位勲二等。所属政党は立憲政友会。別名、東牧堂(あずま ぼくどう)。
全国の奈良県出身者
中央大学出身      奈良県出身の中央大学の出身者      全国の中央大学の出身者
奈良県立十津川高等学校出身      全国の奈良県立十津川高等学校の出身者
 41  早川彌三郎Wikipedia
早川 彌三郎(はやかわ やさぶろう、1869年(明治2年)4月28日 - 没年不明)は、日本の裁判官。
明治大学出身      全国の明治大学の出身者
 42  戸板関子Wikipedia
戸板 関子(といた せきこ、明治2年4月19日(1869年5月30日) - 昭和4年(1929年)1月14日)は、日本の教育者。戸板学園の創立者。
東洋英和女学院高等部出身      全国の東洋英和女学院高等部の出身者
 43  野口孫市    兵庫県 出身Wikipedia
野口 孫市(のぐち まごいち、明治2年4月23日(1869年6月3日) - 大正4年(1915年)10月26日)は、明治、大正期に活躍した建築家、工学博士。
全国の兵庫県出身者
東京大学出身      兵庫県出身の東京大学の出身者      全国の東京大学の出身者
 44  東武    奈良県 出身Wikipedia
東 武(あずま たけし、明治2年(1869年)4月 - 昭和14年(1939年)9月3日)は日本の政治家、出版事業家。従四位勲二等。所属政党は立憲政友会。別名、東牧堂(あずま ぼくどう)。
全国の奈良県出身者
中央大学出身      奈良県出身の中央大学の出身者      全国の中央大学の出身者
 45  高崎安彦    岡山県 出身Wikipedia
高崎 安彦(たかさき やすひこ、1869年4月26日(明治2年3月15日) - 1911年(明治44年)1月11日)は、明治期の宮内省式部官、貴族院議員、男爵、正四位勲四等。
全国の岡山県出身者
慶應義塾大学出身      岡山県出身の慶應義塾大学の出身者      全国の慶應義塾大学の出身者
 46  磯田粂三郎    奈良県 出身Wikipedia
磯田 粂三郎(いそだ くめさぶろう、1869年(明治2年)5月 - 1934年(昭和9年)8月17日[1])は、衆議院議員(立憲政友会)、弁護士。
全国の奈良県出身者
明治大学出身      奈良県出身の明治大学の出身者      全国の明治大学の出身者
 47  今村恭太郎Wikipedia
今村 恭太郎(いまむら やすたろう 1869年(明治2年)5月10日 – 1936年(昭和11年)12月7日)は、日本の裁判官。日比谷焼打事件の裁判長などを務め、借地借家法の功労者としても知られる。
明治大学出身      全国の明治大学の出身者
 48  吉岡範策    熊本県 小川町(現・宇城市) 出身Wikipedia
吉岡 範策(よしおか はんさく、1869年5月8日 - 1930年3月19日)は、日本海軍の軍人。海軍中将。
全国の熊本県出身者    全国の小川町(現・宇城市)出身者
 49  松井健吉    石川県 出身Wikipedia
松井 健吉(まつい けんきち、1869年(明治2年)5月10日 - 1905年(明治38年)5月27日)は、日本の海軍軍人。日本海海戦において戦死した第1艦隊第1戦隊参謀である。最終階級は海軍中佐。
全国の石川県出身者
 50  安達峰一郎    山形県 出身Wikipedia
安達 峰一郎(あだち みねいちろう、明治2年6月19日(1869年7月27日) - 昭和9年(1934年)12月28日)は、日本の外交官・国際法学者。
全国の山形県出身者
東京大学出身      山形県出身の東京大学の出身者      全国の東京大学の出身者
 51  宇佐美勝夫Wikipedia
宇佐美 勝夫(うさみ かつお、1869年6月21日(明治2年5月12日) - 1942年)は、日本の内務官僚、政治家。幼名は慎平。富山県知事、東京府知事、貴族院議員などを歴任した。
東京大学出身      出身の東京大学の出身者      全国の東京大学の出身者
 52  藤原銀次郎Wikipedia
藤原 銀次郎(ふじわら ぎんじろう/ふじはら ぎんじろう[1]、明治2年6月17日(1869年7月25日) - 昭和35年(1960年)3月17日)は、日本の実業家、政治家。東京府平民[2]。
慶應義塾大学出身      出身の慶應義塾大学の出身者      全国の慶應義塾大学の出身者
 53  星野庄三郎    新潟県 出身Wikipedia
星野 庄三郎(ほしの しょうざぶろう、1869年6月15日(明治2年5月6日) - 1931年(昭和6年)1月22日)は、日本の陸軍軍人。陸士2期、陸大14期。栄典は従三位勲一等功三級。最終階級は陸軍中将。
全国の新潟県出身者
 54  2代目・島津源蔵    京都府 出身Wikipedia
二代目・島津 源蔵(しまづ げんぞう、明治2年6月17日(1869年7月25日) - 昭和26年(1951年)10月3日)は日本の近代の発明家。幼名は梅次郎。島津製作所の二代目社長で、父は島津製作所の創業者である初代・島津源蔵。日本の十大発明家の一人として1930年の宮中晩餐会に招待されている。京都府平民。
全国の京都府出身者
 55  俵孫一    島根県 浜田市 出身Wikipedia
俵 孫一(たわら まごいち、1869年6月16日(明治2年5月7日) - 1944年(昭和19年)6月17日)は、日本の官僚、政治家。衆議院議員。商工大臣、立憲民政党幹事長などを歴任した。従二位勲一等。
全国の島根県出身者    全国の浜田市出身者
東京大学出身      島根県出身の東京大学の出身者      全国の東京大学の出身者
島根県立浜田高等学校出身      全国の島根県立浜田高等学校の出身者
 56  森山松之助Wikipedia
森山 松之助(もりやま まつのすけ、明治2年6月2日(1869年7月15日) - 昭和24年(1949年)4月2日)は、日本統治時代の台湾で活躍した建築家。大阪市出身。台湾総督府営繕課在任中、台湾の多くの官庁建築を手がけたことで知られる。
東京大学出身      全国の東京大学の出身者
 57  藤原銀次郎    長野県 長野市 出身Wikipedia
藤原 銀次郎(ふじわら ぎんじろう/ふじはら ぎんじろう、明治2年6月17日(1869年7月25日) - 昭和35年(1960年)3月17日)は、日本の実業家、政治家。東京府平民[3]。
全国の長野県出身者    全国の長野市出身者
慶應義塾大学出身      長野県出身の慶應義塾大学の出身者      全国の慶應義塾大学の出身者
 58  大橋乙羽    山形県 出身Wikipedia
大橋 乙羽(おおはし おとわ、明治2年6月2日(1869年7月10日) - 明治34年(1901年)6月1日)は、日本の小説家、編集者。本名、又太郎。旧姓、渡部。羽前国米沢(現・山形県米沢市)生れ。
全国の山形県出身者
 59  千葉昌雄    熊本県 八代市 出身Wikipedia
千葉 昌雄(ちば まさお、1869年7月31日(明治2年6月23日) - 1945年(昭和20年)7月19日)は、日本組合基督教会の牧師である。旧姓渡瀬。同じく牧師の渡瀬常吉の実弟で、渡瀬主一郎の実兄である。
全国の熊本県出身者    全国の八代市出身者
 60  久原房之助    山口県 出身Wikipedia
久原 房之助 (くはら ふさのすけ、1869年7月12日(明治2年6月4日) - 1965年(昭和40年)1月29日は、日本の実業家、政治家。衆議院議員当選5回(16、17、18、19、25回総選挙)。逓信大臣、内閣参議、大政翼賛会総務、立憲政友会(久原派)総裁を歴任。
全国の山口県出身者
慶應義塾大学出身      山口県出身の慶應義塾大学の出身者      全国の慶應義塾大学の出身者
 61  安達峰一郎    山形県 出身Wikipedia
安達 峰一郎(あだち みねいちろう、1869年7月27日(明治2年6月19日) - 1934年(昭和9年)12月28日)は、日本の外交官・国際法学者。
全国の山形県出身者
東京大学出身      山形県出身の東京大学の出身者      全国の東京大学の出身者
山形県立山形東高等学校出身      全国の山形県立山形東高等学校の出身者
 62  久原房之助    山口県 出身Wikipedia
久原 房之助 (くはら ふさのすけ、1869年7月12日(明治2年6月4日) - 1965年(昭和40年)1月29日)は、日本の実業家、政治家。衆議院議員当選5回(16、17、18、19、25回総選挙)。逓信大臣、内閣参議、大政翼賛会総務、立憲政友会(久原派)総裁を歴任。
全国の山口県出身者
一橋大学出身      山口県出身の一橋大学の出身者      全国の一橋大学の出身者
 63  新山平四郎Wikipedia
新山 平四郎(にいやま へいしろう、1869年7月17日 - 不明)は、明治から昭和初期にかけて文部省技師として活躍した建築家。明治期の新設された学校建築を多く手がけた。
工学院大学出身      全国の工学院大学の出身者
 64  伊賀駒吉郎Wikipedia
伊賀 駒吉郎(いが こまきちろう、1869年7月23日〈明治2年〉 - 1946年〈昭和21年〉3月3日)は、日本の思想家、教育者、心理学者、宗教学者。関西教育界の第一人者であり、特に、女子教育で定評があった。当時、菊池寛、三土忠造とともに、香川県出身の代表的な三人として並べられることもあった。甲陽学院中学校・高等学校創立者。
東洋大学出身      全国の東洋大学の出身者
甲陽学院高等学校出身      全国の甲陽学院高等学校の出身者
 65  斎藤半六    石川県 出身Wikipedia
斎藤 半六(さいとう はんろく、1869年7月24日 (明治2年6月16日) - 1952年(昭和27年)4月25日)は、日本海軍の軍人。最終階級は海軍中将。
全国の石川県出身者
 66  久原房之助    山口県 出身Wikipedia
久原 房之助 (くはら ふさのすけ、1869年7月12日(明治2年6月4日) - 1965年(昭和40年)1月29日は、日本の実業家、政治家。衆議院議員当選5回(16、17、18、19、25回総選挙)。逓信大臣、内閣参議、大政翼賛会総務、立憲政友会(久原派)総裁を歴任。
全国の山口県出身者
一橋大学出身      山口県出身の一橋大学の出身者      全国の一橋大学の出身者
 67  相馬半治    愛知県 犬山市 出身Wikipedia
相馬 半治(そうま はんじ、1869年8月15日(明治2年7月8日) - 1946年(昭和21年)1月7日)は明治製糖、明治製菓の創立者の一人。1903年に東京高等工業学校(現東京工業大学)の教授となり、1906年に教授を辞めて明治製糖の設立に加わり、1916年に明治製菓設立に加わり、1923年から1942年まで明治製菓会長。
全国の愛知県出身者    全国の犬山市出身者
 68  江見水蔭    岡山県 岡山市 出身Wikipedia
江見 水蔭(えみ すいいん、明治2年8月12日(1869年9月17日) - 昭和9年(1934年)11月3日)は、小説家、翻案作家、雑誌発行者、紀行家、冒険家。本名忠功(ただかつ)。岡山県岡山市生れ。
全国の岡山県出身者    全国の岡山市出身者
 69  和合英太郎    広島県  広島市 出身Wikipedia
和合 英太郎(わごう えいたろう、1869年8月15日 - 1939年6月11日)は、製氷業のパイオニアといわれる実業家。また今日言うM&Aの先駆け的経営者でもあった。
全国の広島県出身者    全国の 広島市出身者
 70  寺島成信    山形県 出身Wikipedia
寺島 成信(てらしま しげのぶ、1869年8月10日(明治2年7月3日) - 1939年(昭和14年)4月2日)は、出羽国庄内(現・山形県鶴岡市)出身の経済学者、経済学博士。
全国の山形県出身者
慶應義塾大学出身      山形県出身の慶應義塾大学の出身者      全国の慶應義塾大学の出身者
 71  寺島成信    山形県 出身Wikipedia
寺島 成信(てらしま しげのぶ、1869年8月10日(明治2年7月3日) - 1939年(昭和14年)4月2日)は、出羽国庄内(現・山形県鶴岡市)出身の経済学者、経済学博士。
全国の山形県出身者
慶應義塾大学出身      山形県出身の慶應義塾大学の出身者      全国の慶應義塾大学の出身者
 72  角田勤一郎    静岡県 出身Wikipedia
角田 浩々歌客(かくだ こうこうかきゃく、明治2年9月16日(1869年10月20日) - 大正5年(1916年)3月16日)は、明治時代の詩人、北欧文学者、文芸評論家、新聞記者。本名:角田勤一郎。大阪の論壇・文壇で重きを成して世論形成に大きな力を持ち、東の坪内逍遥と並び称された[1]。
全国の静岡県出身者
慶應義塾大学出身      静岡県出身の慶應義塾大学の出身者      全国の慶應義塾大学の出身者
 73  勝田主計    愛媛県 出身Wikipedia
勝田 主計(しょうだ かずえ、明治2年9月15日(1869年10月19日)- 昭和23年(1948年)10月10日)は日本の大蔵官僚、政治家。同郷の俳人・正岡子規や海軍軍人・秋山真之の友人であった[1]。
全国の愛媛県出身者
東京大学出身      愛媛県出身の東京大学の出身者      全国の東京大学の出身者
 74  藤田豊八    徳島県 出身Wikipedia
藤田 豊八(ふじた とよはち、1869年9月15日 - 1929年7月15日)は明治・大正期の東洋史学者。文学博士。号を剣峰。
全国の徳島県出身者
東京大学出身      徳島県出身の東京大学の出身者      全国の東京大学の出身者
 75  中村清二    福井県 出身Wikipedia
中村 清二(なかむら せいじ、明治2年9月24日(1869年10月28日) - 1960年(昭和35年)7月18日)は日本の物理学者。
全国の福井県出身者
 76  青木信光Wikipedia
青木 信光(あおき のぶみつ、明治2年9月20日(1869年10月24日) - 昭和24年(1949年)12月20日)は、明治から昭和の華族(子爵)・政治家。
中央大学出身      出身の中央大学の出身者      全国の中央大学の出身者
 77  小田切磐太郎    長野県 須坂市 出身Wikipedia
小田切 磐太郎(おたぎり いわたろう、明治2年10月3日(1869年11月6日) - 1945年(昭和20年)9月22日[2])は、日本の内務官僚、政治家、弁護士、実業家。官選県知事、衆議院議員。
全国の長野県出身者    全国の須坂市出身者
 78  鹿島房次郎    広島県 出身Wikipedia
鹿島 房次郎(かじま ふさじろう、1869年[1]10月25日 - 1932年7月29日[2])は、広島県比婆郡庄原村(現・庄原市)出身の実業家、政治家。神戸市会議員を経て第4代神戸市長(在任:1910年2月28日[3] - 1920年[4])。 自治体官僚主導による都市経営手法の源流を創った人物の一人とされ[5]、その人格[† 1]および手腕は、歴代神戸市長中の白眉と称される[6]。 旧姓・田部[7]。広島県出身[1]。
全国の広島県出身者
一橋大学出身      広島県出身の一橋大学の出身者      全国の一橋大学の出身者
 79  麻田駒之助    京都府 出身Wikipedia
麻田 駒之助(あさだ こまのすけ、明治2年10月14日(1869年11月17日) - 昭和23年(1948年)11月24日)は、日本の出版者、中央公論社の初期の社長。『ホトトギス』の俳人で俳号を椎花。
全国の京都府出身者
京都府立洛北高等学校出身      全国の京都府立洛北高等学校の出身者
 80  福田笑迎    秋田県 五城目町 出身Wikipedia
福田 笑迎(ふくだ しょうげい、1869年10月18日 - 1909年)は、日本の画家、著作家である。
全国の秋田県出身者    全国の五城目町出身者
 81  矢橋賢吉Wikipedia
矢橋 賢吉(やばし けんきち、1869年10月24日(明治2年9月20日) - 1927年(昭和2年)5月24日)は日本の建築家、官僚。
東京大学出身      全国の東京大学の出身者
岐阜県立大垣北高等学校出身      全国の岐阜県立大垣北高等学校の出身者
 82  上山満之進    山口県 出身Wikipedia
上山 満之進(かみやま まんのしん / みつのしん、1869年10月31日(明治2年9月27日) - 1938年(昭和13年)7月30日)は、日本の官僚、政治家。農商務次官、台湾総督、貴族院議員、枢密顧問官。
全国の山口県出身者
山口大学出身      山口県出身の山口大学の出身者      全国の山口大学の出身者
 83  勝田主計    愛媛県 出身Wikipedia
勝田 主計(しょうだ かずえ、明治2年旧暦9月15日(1869年10月19日)- 昭和23年(1948年)10月10日)は日本の大蔵官僚、政治家。同郷の俳人・正岡子規や海軍軍人・秋山真之の友人だった。
全国の愛媛県出身者
東京大学出身      愛媛県出身の東京大学の出身者      全国の東京大学の出身者
愛媛県立松山東高等学校出身      全国の愛媛県立松山東高等学校の出身者
 84  藤田豊八    徳島県 美馬市 出身Wikipedia
藤田 豊八(ふじた とよはち、1869年10月19日(明治2年9月15日) - 1929年(昭和4年)7月15日)は明治・大正期の東洋史学者。文学博士。号を剣峰。
全国の徳島県出身者    全国の美馬市出身者
東京大学出身      徳島県出身の東京大学の出身者      全国の東京大学の出身者
徳島県立城南高等学校出身      全国の徳島県立城南高等学校の出身者
 85  鈴木孝雄    千葉県 出身Wikipedia
鈴木 孝雄(すずき たかお、明治2年10月29日(1869年12月2日) - 1964年(昭和39年)1月29日)は、日本の陸軍軍人。最終階級は陸軍大将。栄典は勲一等功三級。砲兵監・第14師団長・陸軍技術本部長・軍事参議官を歴任。
全国の千葉県出身者
陸軍士官学校出身      千葉県出身の陸軍士官学校の出身者      全国の陸軍士官学校の出身者
成城高等学校出身      全国の成城高等学校の出身者
 86  木下尚江Wikipedia
木下 尚江(きのした なおえ、1869年10月12日(明治2年9月8日)- 1937年(昭和12年)11月5日)は、日本の社会運動家、作家。男性。尚江は本名。
早稲田大学出身      全国の早稲田大学の出身者
長野県松本深志高等学校出身      全国の長野県松本深志高等学校の出身者
 87  水越理庸    愛知県 出身Wikipedia
水越 理庸(1869年(明治2年)10月11日 – 没年不明)は、愛知県出身の官僚、実業家。
全国の愛知県出身者
明治大学出身      愛知県出身の明治大学の出身者      全国の明治大学の出身者
 88  福田辰五郎    埼玉県 富士見市(旧・南畑村) 出身Wikipedia
福田 辰五郎(ふくだ たつごろう、明治2年10月1日(1869年11月4日) - 大正7年(1918年)8月5日[2])は、衆議院議員(維新会→新政会)、弁護士。旧姓・丸山。
全国の埼玉県出身者    全国の富士見市(旧・南畑村)出身者
一橋大学出身      埼玉県出身の一橋大学の出身者      全国の一橋大学の出身者
 89  鹿島房次郎    広島県 出身Wikipedia
鹿島 房次郎(かじま ふさじろう、1869年[1]10月25日 - 1932年7月29日[2])は、広島県比婆郡庄原村(現・庄原市)出身の実業家、政治家。神戸市会議員を経て第4代神戸市長(在任:1910年2月28日[3] - 1920年[4])。 自治体官僚主導による都市経営手法の源流を創った人物の一人とされ[5]、その人格[† 1]および手腕は、歴代神戸市長中の白眉と称される[6]。 旧姓・田部[7]。広島県出身[1]。
全国の広島県出身者
慶應義塾大学出身      広島県出身の慶應義塾大学の出身者      全国の慶應義塾大学の出身者
 90  鹿島房次郎    広島県  比婆郡庄原村 出身Wikipedia
鹿島 房次郎(かじま ふさじろう、1869年10月25日 - 1932年7月29日[2])は、広島県比婆郡庄原村(現・庄原市)出身の実業家、政治家。神戸市会議員を経て第4代神戸市長(在任:1910年2月28日[3] - 1920年[4])。 自治体官僚主導による都市経営手法の源流を創った人物の一人とされ[5]、その人格[† 1]および手腕は、歴代神戸市長中の白眉と称される[6]。 旧姓・田部[7]。広島県出身。
全国の広島県出身者    全国の 比婆郡庄原村出身者
一橋大学出身      広島県出身の一橋大学の出身者      全国の一橋大学の出身者
 91  福田辰五郎    埼玉県 出身Wikipedia
福田 辰五郎(ふくだ たつごろう、1869年(明治2年)10月 - 1918年(大正7年)8月5日[1])は、衆議院議員(維新会→新政会)、弁護士。旧姓・丸山。
全国の埼玉県出身者
一橋大学出身      埼玉県出身の一橋大学の出身者      全国の一橋大学の出身者
 92  福来友吉    岐阜県 出身Wikipedia
福来 友吉(福來 友吉、ふくらい ともきち、明治2年11月3日(1869年12月5日) - 1952年(昭和27年)3月13日)は、日本の心理学者、超心理学者。東京帝国大学助教授、高野山大学教授。文学博士。念写の発見者とされる。
全国の岐阜県出身者
高野山大学出身      岐阜県出身の高野山大学の出身者      全国の高野山大学の出身者
 93  伊沢多喜男    長野県 出身Wikipedia
伊沢 多喜男(いさわ たきお、旧字体:伊澤、明治2年11月24日(1869年12月26日) - 昭和24年(1949年)8月13日)は、日本の内務官僚、政治家。
全国の長野県出身者
東京大学出身      長野県出身の東京大学の出身者      全国の東京大学の出身者
 94  田川大吉郎    長崎県 出身Wikipedia
田川 大吉郎(たがわ だいきちろう、1869年11月29日(明治2年10月26日) - 1947年(昭和22年)10月9日)は、新聞記者、評論家、随筆家、社会運動家、官僚、衆議院議員、キリスト教徒。
全国の長崎県出身者
早稲田大学出身      長崎県出身の早稲田大学の出身者      全国の早稲田大学の出身者
長崎県立大村高等学校出身      全国の長崎県立大村高等学校の出身者
 95  伊沢多喜男Wikipedia
伊沢 多喜男(いざわ たきお、旧字体:伊澤、明治2年11月24日(1869年12月26日) - 昭和24年(1949年)8月13日)は、日本の内務官僚、政治家。
東京大学出身      全国の東京大学の出身者
 96  紀藤閑之介    山口県 出身Wikipedia
紀藤 閑之介(きとう かんのすけ、1869年〈明治2年〉11月7日 - 1961年〈昭和36年〉9月28日 )は、日本の政治家、実業家。第3・6代山口県宇部市長[2]。
全国の山口県出身者
 97  森下亀太郎    岡山県 出身Wikipedia
森下 亀太郎(もりした かめたろう、明治2年(1869年)11月 - 昭和21年(1946年)4月26日)は岡山県出身の、日本の弁護士、政治家。
全国の岡山県出身者
明治大学出身      岡山県出身の明治大学の出身者      全国の明治大学の出身者
 98  南弘    富山県 氷見市 出身Wikipedia
南 弘(みなみ ひろし、1869年11月13日(明治2年10月10日) - 1946年(昭和21年)2月8日)は、日本の官僚・政治家。
全国の富山県出身者    全国の氷見市出身者
東京大学出身      富山県出身の東京大学の出身者      全国の東京大学の出身者
富山県立富山高等学校出身      全国の富山県立富山高等学校の出身者
 99  小山松吉Wikipedia
小山 松吉(こやま まつきち、1869年11月1日(明治2年9月28日) - 1948年(昭和23年)3月27日)は、日本の法学者、司法官僚、政治家。学位は法学博士。検事総長、司法大臣、貴族院勅選議員、法政大学総長を歴任。茨城県出身者では初の国務大臣である。
獨協大学出身      出身の獨協大学の出身者      全国の獨協大学の出身者
獨協高等学校出身      全国の獨協高等学校の出身者
 100  各務鎌吉    岐阜県 岐阜市 出身Wikipedia
各務 鎌吉(かがみ けんきち、明治元年12月22日(1869年2月3日) - 昭和14年(1939年)5月27日)は、明治から昭和にかけての日本の実業家。三菱財閥系の東京海上火災保険の社長・会長をはじめ、三菱財閥の要職を務めて三井財閥の池田成彬とともに内外より重んじられ貴族院議員を務めた。その業績は、日本では「損害保険業界の父」といわれ、国際的にも世界保健殿堂に日本人として初めて選出されている。
全国の岐阜県出身者    全国の岐阜市出身者
一橋大学出身      岐阜県出身の一橋大学の出身者      全国の一橋大学の出身者
東京都立日比谷高等学校出身      全国の東京都立日比谷高等学校の出身者
 101  高瀬武次郎Wikipedia
高瀬 武次郎(たかせ たけじろう、明治元年12月16日(1869年1月28日) - 昭和25年(1950年)2月9日)は明治から昭和にかけての陽明学者。号は惺軒。従三位勲三等文学博士京都帝国大学名誉教授。
東京大学出身      全国の東京大学の出身者
京都府立洛北高等学校出身      全国の京都府立洛北高等学校の出身者
 102  大塚保治    群馬県 出身Wikipedia
大塚 保治(おおつか やすじ、明治元年12月20日(1869年2月1日) - 1931年(昭和6年)3月2日)は日本の美学者、東京帝国大学教授。夏目漱石との交友でも知られる。
全国の群馬県出身者
東京大学出身      群馬県出身の東京大学の出身者      全国の東京大学の出身者
 103  山本邦之助    島根県 出身Wikipedia
山本 邦之助(やまもと くにのすけ、1869年12月15日(明治2年11月13日) - 1955年(昭和30年)12月23日)は、東京キリスト教青年会(YMCA)の第2代目総主事である。
全国の島根県出身者
一橋大学出身      島根県出身の一橋大学の出身者      全国の一橋大学の出身者
 104  大場茂馬    山形県 出身Wikipedia
大場 茂馬(おおば しげま、1869年12月19日(明治2年11月17日) - 1920年(大正9年)12月30日)は、日本の刑法学者、弁護士、政治家。元公安審査委員会委員長の大場茂行は息子。
全国の山形県出身者
中央大学出身      山形県出身の中央大学の出身者      全国の中央大学の出身者
山形県立山形東高等学校出身      全国の山形県立山形東高等学校の出身者
 105  矢島宇吉    群馬県 出身Wikipedia
矢島 宇吉(やじま うきち、1869年12月25日 - 1932年11月27日)は、日本の牧師。
全国の群馬県出身者
明治学院大学出身      群馬県出身の明治学院大学の出身者      全国の明治学院大学の出身者
 106  大塚保治    群馬県 出身Wikipedia
大塚 保治(おおつか やすじ、明治元年12月20日(1869年2月1日) - 1931年(昭和6年)3月2日)は日本の美学者、東京帝国大学教授。夏目漱石との交友でも知られる。
全国の群馬県出身者
東京大学出身      群馬県出身の東京大学の出身者      全国の東京大学の出身者
 107  山田三良    奈良県 出身Wikipedia
山田 三良(やまだ さぶろう、1869年12月10日(明治2年11月8日) - 1965年(昭和40年)12月17日)は、日本の国際私法学者。法学博士。法華会創立者。
全国の奈良県出身者
東京大学出身      奈良県出身の東京大学の出身者      全国の東京大学の出身者
 108  山田三良    奈良県 出身Wikipedia
山田 三良(やまだ さぶろう、1869年12月10日(明治2年11月8日) - 1965年(昭和40年)12月17日)は、日本の国際私法学者。法学博士。法華会創立者。
全国の奈良県出身者
早稲田大学出身      奈良県出身の早稲田大学の出身者      全国の早稲田大学の出身者
 109  森下博    広島県 福山市鞆町 出身Wikipedia
森下 博(もりした ひろし、1869年12月5日(明治2年11月3日) - 1943年(昭和18年)3月20日)は、実業家。森下仁丹創業者、元社長。日本の広告王と称された商品広告の先駆者。広島県鞆町生まれ。幼名は茂三(もぞう)。
全国の広島県出身者    全国の福山市鞆町出身者
 110  大砲万右エ門    宮城県 出身Wikipedia
大砲 万右エ門(おおづつ まんえもん、1869年12月30日(明治2年11月28日) - 1918年(大正7年)5月27日)は、角田県刈田郡大鷹沢村三沢(現:宮城県白石市大鷹沢三沢)出身の元大相撲力士。第18代横綱。本名は角張 萬次(かくばり まんじ)。
全国の宮城県出身者
 111  湯浅一郎    群馬県 安中市 出身Wikipedia
湯浅 一郎(ゆあさ いちろう、明治元年12月18日(1869年1月30日) - 昭和6年(1931年)6月23日)は、明治・大正・昭和期の日本の洋画家。政治家・湯浅治郎の長男。湯浅八郎は弟。上野国(現・群馬県安中市)出身。
全国の群馬県出身者    全国の安中市出身者
 112  山田三良    奈良県 出身Wikipedia
山田 三良(やまだ さぶろう、1869年12月10日(明治2年11月8日) - 1965年(昭和40年)12月17日)は、日本の国際私法学者。法学博士。法華会創立者。
全国の奈良県出身者
早稲田大学出身      奈良県出身の早稲田大学の出身者      全国の早稲田大学の出身者
 113  馬場孤蝶    高知県 渋谷区 出身Wikipedia
馬場孤蝶(ばば こちょう、1869年12月10日(明治2年11月8日) - 1940年(昭和15年)6月22日)は、英文学者、評論家、翻訳家、詩人、慶應義塾大学教授。
全国の高知県出身者    全国の渋谷区出身者
明治学院大学出身      高知県出身の明治学院大学の出身者      全国の明治学院大学の出身者
明治学院高等学校出身      全国の明治学院高等学校の出身者




スポンサーリンク




有名人ナビ 出身高校編

有名人ナビ 出身大学編

有名人ナビ 誕生日編

有名人ナビ 出身都道府県編





スポンサーリンク