トップページ >1868年生まれの有名人

このサイトに登録されている誕生日で有名人の数:89,185人


スポンサーリンク


このサイトに登録されている「1868年」生まれの有名人の数:140:人
 1  廣田理太郎    広島県 福山市 出身Wikipedia
廣田 理太郎(ひろた りたろう、明治1年(1868年) - 昭和10年(1935年)9月2日)は、日本の工学者、実業家、教育者。 
全国の広島県出身者    全国の福山市出身者
東京大学出身      広島県出身の東京大学の出身者      全国の東京大学の出身者
広島県立広島国泰寺高等学校出身      全国の広島県立広島国泰寺高等学校の出身者
 2  フランク安田    宮城県 出身Wikipedia
フランク安田または安田恭輔(Frank Yasuda、1868年 - 1958年1月12日)は、アメリカ合衆国アラスカ州で村人を導いて新しい村をつくった日系アメリカ人一世。その活躍から「ジャパニーズモーゼ」あるいは「アラスカのサンタクロース」などとも呼ばれている。
全国の宮城県出身者
 3  水月哲英    福岡県 出身Wikipedia
水月 哲英(みづき てつえい、1868年 - 1948年4月)は、日本の宗教家、教育者。筑紫高等女学校(現・筑紫女学園)創立、初代校長。
全国の福岡県出身者
東京大学出身      福岡県出身の東京大学の出身者      全国の東京大学の出身者
福岡県立修猷館高等学校出身      全国の福岡県立修猷館高等学校の出身者
 4  三本武重Wikipedia
三本 武重(みつもと たけしげ、1868年(明治元年) - ?)は、明治期の鉄道官僚。勲五等
慶應義塾大学出身      出身の慶應義塾大学の出身者      全国の慶應義塾大学の出身者
 5  能海寛    島根県 浜田市 出身Wikipedia
能海 寛(のうみ ゆたか、1868年(慶応4年、同年に明治改元) - 1903年(明治36年)?)は、チベットを探検した真宗大谷派の僧、仏教学者。
全国の島根県出身者    全国の浜田市出身者
東洋大学出身      島根県出身の東洋大学の出身者      全国の東洋大学の出身者
崇徳学園出身      全国の崇徳学園の出身者
 6  吉田庾Wikipedia
吉田 庾(よしだ こくら、1868年(慶応3年) - 1961年(昭和36年)10月31日)は、近代日本の国家主義者。玄洋社9代目社長、明道館長。諱は悠年。
慶應義塾大学出身      全国の慶應義塾大学の出身者
 7  木檜三四郎Wikipedia
木檜 三四郎(こぐれ さんしろう、1868年 - 1959年8月14日)は、明治から昭和にかけての日本の政治家。初代参議院仮議長である。正四位勲二等旭日重光章。群馬県吾妻郡岩島村(のち吾妻町、現在の東吾妻町)出身。東京専門学校(現在の早稲田大学)政治科卒業。
早稲田大学出身      全国の早稲田大学の出身者
 8  第二次世界大戦前の日本の政治家一覧Wikipedia
第二次世界大戦前の日本の政治家一覧(だいにじせかいたいせんぜんのにほんのせいじかいちらん)では、第二次世界大戦以前すなわち明治維新以降終戦までに至る、明治元年(1868年)〜昭和20年(1945年)の近代日本の政治家を一覧にした。国会議員だけではなく政治活動家も、この一覧に加える。
東京大学出身      出身の東京大学の出身者      全国の東京大学の出身者
 9  野村一郎Wikipedia
野村 一郎(のむら いちろう、1868年 - 1942年7月28日)は、大阪と台湾、朝鮮を拠点に、旧台湾総督官邸(現台北賓館)、旧朝鮮総督府庁舎などの設計を手がけた建築家。また、台湾総督府に在任中、台北市の都市計画にも携わった。
東京大学出身      全国の東京大学の出身者
 10  佐々木勇太郎Wikipedia
佐々木 勇太郎(ささき ゆうたろう、1868年(明治元年) - ?)は、明治期の鉄道実業家。
慶應義塾大学出身      出身の慶應義塾大学の出身者      全国の慶應義塾大学の出身者
 11  大工原銀太郎    長野県 出身Wikipedia
大工原 銀太郎(たいくばら ぎんたろう、1868年1月27日〈慶応4年1月3日〉 - 1934年〈昭和9年〉3月9日)は、日本の科学者。土壌酸性による影響がアルミニウムによることを世界で初めて発見した研究者。
全国の長野県出身者
東京大学出身      長野県出身の東京大学の出身者      全国の東京大学の出身者
 12  山田良政    青森県 弘前市 出身Wikipedia
山田 良政(やまだ よしまさ、慶応4年1月1日(1868年1月25日) - 明治33年(1900年)10月22日)は、日本の革命運動家、大陸浪人である。熊本の宮崎滔天らと共に孫文の支援者となり辛亥革命に参加。実弟の山田純三郎も兄の遺志を継いで孫文を支援した。
全国の青森県出身者    全国の弘前市出身者
東京海洋大学出身      青森県出身の東京海洋大学の出身者      全国の東京海洋大学の出身者
東奥義塾高等学校出身      全国の東奥義塾高等学校の出身者
 13  尾崎紅葉Wikipedia
尾崎 紅葉(おざき こうよう、1868年1月10日(慶応3年12月16日) - 1903年(明治36年)10月30日)は、日本の小説家。本名、徳太郎。「縁山」「半可通人」「十千万堂」「花紅治史」などの号も持つ。江戸生まれ。帝国大学国文科中退。
東京大学出身      全国の東京大学の出身者
東京都立日比谷高等学校出身      全国の東京都立日比谷高等学校の出身者
 14  田中王堂    埼玉県 所沢市中富(旧・入間郡中富村) 出身Wikipedia
田中 王堂(たなか おうどう、1868年1月24日(慶応3年12月30日) - 1932年(昭和7年)5月9日)は日本の哲学者、評論家。王堂、王堂学人は号で、本名は喜一。早稲田大学文学部教授。
全国の埼玉県出身者    全国の所沢市中富(旧・入間郡中富村)出身者
 15  水野錬太郎    秋田県 出身Wikipedia
水野 錬太郎(みずの れんたろう、慶応4年1月10日(1868年2月3日) - 昭和24年(1949年)11月25日)は、日本の内務官僚、政治家。勲等は勲一等。内務大臣、朝鮮総督府政務総監、文部大臣、貴族院議員などを歴任した。
全国の秋田県出身者
東京大学出身      秋田県出身の東京大学の出身者      全国の東京大学の出身者
 16  松波仁一郎    大阪府 出身Wikipedia
松波 仁一郎(まつなみ にいちろう、1868年1月25日(慶応4年1月1日) - 1945年(昭和20年)11月3日)は、日本の法学者。専門は海商法。大阪府出身。民法典起草補助委員の一人。
全国の大阪府出身者
東京大学出身      大阪府出身の東京大学の出身者      全国の東京大学の出身者
 17  鈴木三郎助    神奈川県 葉山町 出身Wikipedia
鈴木 三郎助(すずき さぶろうすけ、1868年1月21日(慶応3年12月27日) - 1931年3月29日)は、日本の実業家、味の素の創設者。神奈川県出身。従五位勲四等。
全国の神奈川県出身者    全国の葉山町出身者
京華商業高等学校出身      全国の京華商業高等学校の出身者
 18  斎藤緑雨Wikipedia
斎藤 緑雨(さいとう りょくう 齋藤緑雨、1868年1月24日(慶応3年12月30日) - 1904年(明治37年)4月13日)は、明治時代の小説家、評論家。本名・賢(まさる)。「正直正太夫」をはじめ、「江東みどり」「登仙坊」など別名も多数ある。幸田露伴がつけたという戒名は「春暁院緑雨醒客」。
明治大学出身      全国の明治大学の出身者
東京都立日比谷高等学校出身      全国の東京都立日比谷高等学校の出身者
 19  松波仁一郎    大阪府 出身Wikipedia
松波 仁一郎(まつなみ にいちろう、1868年1月25日(慶応4年1月1日) - 1945年(昭和20年)11月3日)は、日本の法学者。専門は海商法。大阪府出身。民法典起草補助委員の一人。
全国の大阪府出身者
同志社大学出身      大阪府出身の同志社大学の出身者      全国の同志社大学の出身者
 20  水野錬太郎    秋田県 出身Wikipedia
水野 錬太郎(みずの れんたろう、慶応4年1月10日(1868年2月3日) - 昭和24年(1949年)11月25日)は、日本の内務官僚、政治家。勲等は勲一等。内務大臣、朝鮮総督府政務総監、文部大臣、貴族院議員などを歴任した。
全国の秋田県出身者
東京大学出身      秋田県出身の東京大学の出身者      全国の東京大学の出身者
 21  大島雅太郎    宮崎県 出身Wikipedia
大島 雅太郎(おおしま まさたろう、1868年1月25日(慶應4年/明治元年1月1日) - 1948年(昭和23年)6月9日)は、戦前の三井合名会社理事、蒐書家、慶應義塾評議員、日本書誌学会同人。
全国の宮崎県出身者
慶應義塾大学出身      宮崎県出身の慶應義塾大学の出身者      全国の慶應義塾大学の出身者
 22  鈴木貫太郎    千葉県 野田市 出身Wikipedia
鈴木 貫太郎(すずき かんたろう、1868年1月18日(慶応3年12月24日) - 1948年(昭和23年)4月17日)は、日本の海軍軍人、政治家。階級・栄典は海軍大将従一位勲一等功三級男爵。
全国の千葉県出身者    全国の野田市出身者
攻玉社高等学校出身      全国の攻玉社高等学校の出身者
 23  阿部房次郎Wikipedia
阿部 房次郎(あべ ふさじろう、慶応4年1月18日(1868年2月11日) - 昭和12年(1937年)5月12日)は、日本の実業家、政治家。長男の阿部孝次郎も東洋紡績社長。
慶應義塾大学出身      出身の慶應義塾大学の出身者      全国の慶應義塾大学の出身者
 24  大工原銀太郎Wikipedia
大工原 銀太郎(たいくばら ぎんたろう、1868年1月27日〈慶応4年1月3日〉 - 1934年〈昭和9年〉3月9日)は、日本の科学者。土壌酸性による影響がアルミニウムによることを世界で初めて発見した研究者。
東京大学出身      全国の東京大学の出身者
 25  山田安民    奈良県 宇陀市 出身Wikipedia
山田 安民(やまだ やすたみ、慶応4年2月1日〔1868年2月23日〕- 昭和18年〔1943年〕4月13日)は、日本の実業家、薬剤師。族籍は奈良県平民[2]。前名卯之吉[2]。ロート製薬の創業者。私立奈良盲唖学校開設者。奈良県における障害児教育の先駆者。
全国の奈良県出身者    全国の宇陀市出身者
 26  内田重成Wikipedia
内田 重成(うちだ しげなり、1868年2月8日(慶応4年1月15日) - 1965年(昭和40年)10月4日)は、山口県出身の裁判官、軍人、政治家。海軍中将、貴族院議員。関西法律学校(後の関西大学)、和仏法律学校(後の法政大学)卒業。
関西大学出身      全国の関西大学の出身者
 27  赤間嘉之吉    福岡県 出身Wikipedia
赤間 嘉之吉(あかま かのきち、1868年(慶応4年2月) - 1926年(大正15年)8月24日)は、日本の政治家、実業家。衆議院議員、伊藤商店総支配人、東亜煙草理事、九州興業社長。
全国の福岡県出身者
法政大学出身      福岡県出身の法政大学の出身者      全国の法政大学の出身者
 28  村上直次郎    福岡県 出身Wikipedia
村上 直次郎(むらかみ なおじろう、1868年2月26日(慶応4年2月4日) - 1966年(昭和41年)9月17日)は、日本の歴史学者。
全国の福岡県出身者
同志社大学出身      福岡県出身の同志社大学の出身者      全国の同志社大学の出身者
 29  村上直次郎    福岡県 出身Wikipedia
村上 直次郎(むらかみ なおじろう、1868年2月26日(慶応4年2月4日) - 1966年(昭和41年)9月17日)は、日本の歴史学者。
全国の福岡県出身者
東京大学出身      福岡県出身の東京大学の出身者      全国の東京大学の出身者
 30  中鉢美明    宮城県 出身Wikipedia
中鉢 美明(ちゅうばち よしあき、1868年(明治元年)2月 - 1936年(昭和11年)9月26日)は日本の政治家、弁護士。衆議院議員、東京市助役。
全国の宮城県出身者
法政大学出身      宮城県出身の法政大学の出身者      全国の法政大学の出身者
 31  内田重成Wikipedia
内田 重成(うちだ しげなり、1868年2月8日(慶応4年1月15日) - 1965年(昭和40年)10月4日)は、山口県出身の裁判官、軍人、政治家。海軍中将、貴族院議員。関西法律学校(後の関西大学)、和仏法律学校(後の法政大学)卒業。
法政大学出身      全国の法政大学の出身者
 32  鶯亭金升    千葉県 船橋市 出身Wikipedia
鶯亭 金升(おうてい きんしょう、慶応4年2月23日(1868年3月16日)- 昭和29年(1954年)10月31日)は、雑誌記者・新聞記者・遊芸的文芸作者。本名は長井総太郎。筆名に竹葉亭昌安・竹葉亭金升・鶯亭化七・台山辺人などがあった。
全国の千葉県出身者    全国の船橋市出身者
 33  岡田啓介    福井県 出身Wikipedia
岡田 啓介(おかだ けいすけ、1868年2月14日(慶応4年旧暦1月21日[注釈 1]) - 1952年(昭和27年)10月17日)は、日本の軍人、政治家。最終階級は海軍大将。栄典は勲一等功三級。
全国の福井県出身者
福井県立藤島高等学校出身      全国の福井県立藤島高等学校の出身者
 34  松村龍雄    佐賀県 出身Wikipedia
松村 龍雄(まつむら たつお、1868年2月25日(慶応4年2月3日) - 1932年7月18日)は、日本海軍の軍人。最終階級は海軍中将。
全国の佐賀県出身者
攻玉社高等学校出身      全国の攻玉社高等学校の出身者
 35  新海竹太郎    山形県 出身Wikipedia
新海 竹太郎(しんかい たけたろう、慶応4年2月10日(1868年3月3日) - 昭和2年(1927年)3月12日)は、現在の山形県山形市生まれの彫刻家。息子に画家の新海覚雄がいる。
全国の山形県出身者
 36  岡倉由三郎    神奈川県 横浜市 出身Wikipedia
岡倉 由三郎(おかくら よしざぶろう、慶応4年2月22日(1868年3月15日) - 昭和11年(1936年)10月31日)は、日本の英語学者。
全国の神奈川県出身者    全国の横浜市出身者
 37  米山梅吉Wikipedia
米山梅吉(よねやま うめきち、慶応4年2月4日(1868年2月26日) - 昭和21年(1946年)4月28日)は、明治〜昭和時代前期の銀行家、貴族院議員。日本にロータリークラブを初めて設立した人物でもある。
青山学院大学出身      全国の青山学院大学の出身者
 38  狩野直喜    熊本県 出身Wikipedia
狩野 直喜(かの なおき、1868年2月11日(慶応4年1月18日) - 1947年(昭和22年)12月13日)は、肥後国生まれの中国学者・歴史学者、京都帝国大学名誉教授。字は子温、号に君山、半農人がある。内藤湖南・桑原隲蔵と並ぶ京都支那学の創始者の一人。
全国の熊本県出身者
 39  乾正士    高知県 出身Wikipedia
乾 正士(いぬい せいし、慶応4年3月25日(1868年4月17日) - 昭和16年(1941年)6月18日)は、日本の軍人。土佐藩士・板垣退助の庶長子。母は萩原復斎の娘、龠(やく)[1]。退助の嫡男子・板垣鉾太郎より2ヶ月早く出生したが、庶長子のため二男として育てられる。士族。
全国の高知県出身者
早稲田大学出身      高知県出身の早稲田大学の出身者      全国の早稲田大学の出身者
 40  小川芋銭    茨城県 新治県城中村(現・牛久市)。出生地は赤坂の牛久藩邸 出身Wikipedia
小川 芋銭(おがわ うせん、本名:小川茂吉、幼名:不動太郎、男性、1868年3月11日(慶応4年2月18日) - 1938年(昭和13年)12月17日)は、日本の画家。19世紀から20世紀前半にかけて活躍した日本の日本画家である。
全国の茨城県出身者    全国の新治県城中村(現・牛久市)。出生地は赤坂の牛久藩邸出身者
 41  市邨芳樹    広島県 出身Wikipedia
市邨 芳樹(いちむら よしき、慶応4年3月5日(1868年3月28日) - 昭和16年(1941年)1月1日)は、広島県尾道市出身の教育者、学校の設置者[1][2]。女子産業教育の先鞭者[2][3]。広島県立尾道商業高等学校、名古屋経済大学市邨中学校・高等学校、名古屋経済大学高蔵高等学校・中学校創立者[4]。
全国の広島県出身者
一橋大学出身      広島県出身の一橋大学の出身者      全国の一橋大学の出身者
 42  浜田国松    三重県 出身Wikipedia
濱田 國松(はまだ くにまつ、新字体:浜田 国松、慶応4年旧暦3月10日(1868年4月2日) - 昭和14年(1939年)9月6日)は、日本の政治家。立憲政友会所属の衆議院議員として第31代衆議院議長になった。
全国の三重県出身者
三重大学出身      三重県出身の三重大学の出身者      全国の三重大学の出身者
 43  市邨芳樹    広島県 出身Wikipedia
市邨 芳樹(いちむら よしき、慶応4年3月5日(1868年3月28日) - 昭和16年(1941年)1月1日)は、広島県尾道市出身の教育者、学校の設置者[2]。女子産業教育の先鞭者[2][3]。広島県立尾道商業高等学校、名古屋経済大学市邨中学校・高等学校、名古屋経済大学高蔵高等学校・中学校創立者[4]。
全国の広島県出身者
一橋大学出身      広島県出身の一橋大学の出身者      全国の一橋大学の出身者
 44  斎藤阿具    埼玉県 さいたま市(旧・浦和市) 出身Wikipedia
斎藤 阿具(さいとう あぐ、1868年3月11日(慶応4年2月18日) - 1942年(昭和17年)3月1日)は、日本の歴史学者。夏目漱石の友人として知られる。
全国の埼玉県出身者    全国のさいたま市(旧・浦和市)出身者
 45  秋山真之    愛媛県 出身Wikipedia
秋山 真之(あきやま さねゆき、旧字体: 秋山 眞之、慶応4年3月20日(1868年4月12日) - 大正7年(1918年)2月4日)は、日本の海軍軍人。最終階級は海軍中将。位階勲等功級は従四位勲二等功三級。勲二等旭日重光章、功三級金鵄勲章を授与された。幼名は淳五郎(じゅんごろう)。
全国の愛媛県出身者
愛媛県立松山東高等学校出身      全国の愛媛県立松山東高等学校の出身者
 46  松井慶四郎    大阪府 出身Wikipedia
松井 慶四郎(まつい けいしろう、1868年3月28日(慶応4年3月5日) - 1946年(昭和21年)6月4日)は、明治から昭和時代の日本の外交官、外務大臣。男爵。大阪府出身。
全国の大阪府出身者
東京大学出身      大阪府出身の東京大学の出身者      全国の東京大学の出身者
 47  吉富朝次郎    岡山県 (総社市出身) 出身Wikipedia
吉富 朝次郎(よしとみ あさじろう、1868年3月10日(慶応4年2月17日) - 1941年(昭和16年)8月4日)は、日本の洋画家である。岡山県における美術教育に尽力した。
全国の岡山県出身者    全国の(総社市出身)出身者
 48  鷲尾順敬    大阪府 出身Wikipedia
鷲尾 順敬(わしお じゅんきょう、慶応4年3月18日(1868年4月10日) - 昭和16年(1941年1月13日))は、摂津国(大阪府)出身の仏教史学者。
全国の大阪府出身者
東洋大学出身      大阪府出身の東洋大学の出身者      全国の東洋大学の出身者
 49  浜田国松    三重県 出身Wikipedia
濱田 國松(はまだ くにまつ、新字体:浜田 国松、慶応4年3月10日(1868年4月2日) - 昭和14年(1939年)9月6日)は日本の男性政治家である。第31代衆議院議長。
全国の三重県出身者
三重大学出身      三重県出身の三重大学の出身者      全国の三重大学の出身者
 50  浜田国松    三重県 出身Wikipedia
濱田 國松(はまだ くにまつ、新字体:浜田 国松、慶応4年3月10日(1868年4月2日) - 昭和14年(1939年)9月6日)は日本の男性政治家である。第31代衆議院議長。
全国の三重県出身者
中央大学出身      三重県出身の中央大学の出身者      全国の中央大学の出身者
 51  千坂智次郎    山形県 米沢市 出身Wikipedia
千坂 智次郎(ちさか ちじろう、慶応4年2月15日(1868年3月8日) - 昭和11年(1936年)2月23日)は、日本海軍の軍人。最終階級は海軍中将。
全国の山形県出身者    全国の米沢市出身者
海軍兵学校出身      山形県出身の海軍兵学校の出身者      全国の海軍兵学校の出身者
山形県立米沢興譲館高等学校出身      全国の山形県立米沢興譲館高等学校の出身者
 52  白沢保美    長野県 出身Wikipedia
白沢 保美(白澤 保美、しらさわ やすみ、しらさわ ほみ、しらさわ やすよし、1868年(慶応4年)4月 - 1947年12月20日)は、日本の樹木学者。東京市の初期、都市緑化事業の指導にあたる。
全国の長野県出身者
東京大学出身      長野県出身の東京大学の出身者      全国の東京大学の出身者
 53  奈良武次    栃木県 鹿沼市 出身Wikipedia
奈良 武次(なら たけじ、慶応4年4月6日(1868年4月28日) - 昭和37年(1962年)12月21日)は、日本陸軍の軍人。最終階級は陸軍大将。男爵。
全国の栃木県出身者    全国の鹿沼市出身者
 54  仁保亀松    三重県 出身Wikipedia
仁保 亀松(にほ かめまつ、1868年4月24日(慶応4年4月2日)- 1943年(昭和18年)9月26日)は、日本の法学者。京都帝国大学名誉教授。財団法人立命館初代協議員。日本民法典の成立に寄与。
全国の三重県出身者
東京大学出身      三重県出身の東京大学の出身者      全国の東京大学の出身者
 55  原煕    石川県 出身Wikipedia
原 煕(はら ひろし、1868年(慶応4年)4月 - 1934年1月9日)は、日本の農学者。造園家。日本の造園・園芸学界の指導的地位にあって初期の園芸学確立と発達に貢献、また社会緑化に力を尽す。農学博士。金沢市出身。
全国の石川県出身者
東京大学出身      石川県出身の東京大学の出身者      全国の東京大学の出身者
 56  内田魯庵Wikipedia
内田 魯庵(うちだ ろあん、1868年4月27日(慶応4年4月5日) - 1929年(昭和4年)6月29日)は、明治期の評論家、翻訳家、小説家。本名貢(みつぎ)。別号不知庵(ふちあん)、三文字屋金平(さんもんじやきんぴら)など。江戸下谷車坂六軒町(現東京都台東区)生まれ。洋画家内田巌は長男。孫(巌の娘)に翻訳家の内田莉莎子。
早稲田大学出身      全国の早稲田大学の出身者
 57  関根金次郎    千葉県 野田市 出身Wikipedia
関根 金次郎(せきね きんじろう、1868年4月23日(慶応4年4月1日) - 1946年(昭和21年)3月12日)は、明治から昭和初期の将棋棋士、十三世名人。本来の表記は關根金次郞。将棋連盟や実力名人制を創始した事から近代将棋の父と称される。
全国の千葉県出身者    全国の野田市出身者
 58  鏡保之助    静岡県 出身Wikipedia
鏡 保之助(かがみ やすのすけ、慶応4年4月28日(1868年5月20日) - 昭和6年(1931年)3月29日)は、明治から昭和始めにかけて活躍した農学者。農業教育者、庭園研究家。元姓は中川で人造肥料施用法原理を表した他、庭園研究にも勤しむ。駿河国(現在の静岡県)出身。
全国の静岡県出身者
静岡県立静岡高等学校出身      全国の静岡県立静岡高等学校の出身者
 59  内田魯庵    東京都 出身Wikipedia
内田 魯庵(うちだ ろあん、1868年4月27日(慶応4年4月5日) - 1929年(昭和4年)6月29日)は、明治期の評論家、翻訳家、小説家。本名貢(みつぎ)。別号不知庵(ふちあん)、三文字屋金平(さんもんじやきんぴら)など。江戸下谷車坂六軒町(現東京都台東区)生まれ。洋画家内田巌は長男。孫(巌の娘)に翻訳家の内田莉莎子。
全国の東京都出身者
早稲田大学出身      東京都出身の早稲田大学の出身者      全国の早稲田大学の出身者
 60  神野勝之助    東京都 出身Wikipedia
神野 勝之助(かみの かつのすけ、1868年4月29日(慶応4年4月7日)– 1928年(昭和3年)10月5日)は、日本の大蔵官僚、政治家。大蔵次官、貴族院議員。
全国の東京都出身者
東京大学出身      東京都出身の東京大学の出身者      全国の東京大学の出身者
東京都立日比谷高等学校出身      全国の東京都立日比谷高等学校の出身者
 61  権藤成卿Wikipedia
権藤 成卿(ごんどう せいきょう(せいけい)、1868年4月13日(慶応4年3月21日) - 1937年(昭和12年)7月9日)は、日本の農本主義思想家、制度学者。本名は善太郎。号は成卿、間々道人,間々子など[1]。明治政府の絶対国家主義や官治主義(官僚制)[2],資本主義,都会主義を批判し、農村を基盤とした古代中国の社稷型封建制を理想として共済共存の共同体としての「社稷国家」の実現と農民・人民の自治および、東洋固有の「原始自治」(「自然而治」[3])を唱えた[1][4]。
二松學舍大学出身      出身の二松學舍大学の出身者      全国の二松學舍大学の出身者
 62  楠美恩三郎    青森県 弘前市 出身Wikipedia
楠美 恩三郎(くすみ おんざぶろう、1868年4月17日(慶応4年3月25日) - 1927年(昭和2年)10月8日)は、日本の作曲家、教育者。青森県弘前市出身。
全国の青森県出身者    全国の弘前市出身者
 63  中條精一郎    山形県 出身Wikipedia
中條 精一郎(ちゅうじょう せいいちろう、慶応4年4月18日(1868年5月10日) - 昭和11年(1936年)1月30日)は日本の建築家。曽禰達蔵とともに曽禰中條建築事務所を主宰し、オフィスビルを中心にして多くの建築作品を手がけた。
全国の山形県出身者
東京大学出身      山形県出身の東京大学の出身者      全国の東京大学の出身者
 64  内田魯庵Wikipedia
内田 魯庵(うちだ ろあん、1868年4月27日(慶応4年4月5日) - 1929年(昭和4年)6月29日)は、明治期の評論家、翻訳家、小説家。本名貢(みつぎ)。別号不知庵(ふちあん)、三文字屋金平(さんもんじやきんぴら)など。江戸下谷車坂六軒町(現東京都台東区)生まれ。洋画家内田巌は長男。孫(巌の娘)に翻訳家の内田莉莎子。
立教大学出身      全国の立教大学の出身者
 65  神戸次郎    山形県 出身Wikipedia
神戸 次郎(かんべ じろう、慶応4年(1868年)4月 - 1933年(昭和8年)9月30日)は、日本の陸軍軍人。最終階級は陸軍少将。功四級。田川郡日枝村(現・鶴岡市)出身。
全国の山形県出身者
 66  白沢保美Wikipedia
白沢 保美(白澤 保美、しらさわ やすみ、しらさわ ほみ、しらさわ やすよし、1868年(慶応4年)4月 - 1947年12月20日)は、日本の樹木学者。東京市の初期、都市緑化事業の指導にあたる。
東京大学出身      全国の東京大学の出身者
 67  原煕    石川県 出身Wikipedia
原 煕(はら ひろし、1868年(慶応4年)4月 - 1934年1月9日)は、日本の農学者。造園家。日本の造園・園芸学界の指導的地位にあって初期の園芸学確立と発達に貢献、また社会緑化に力を尽す。農学博士。金沢市出身。
全国の石川県出身者
東京大学出身      石川県出身の東京大学の出身者      全国の東京大学の出身者
 68  岡田朝太郎    岐阜県 出身Wikipedia
岡田 朝太郎(おかだ あさたろう、1868年5月 - 1936年11月13日)は、日本の法学者。専門は刑法。
全国の岐阜県出身者
東京大学出身      岐阜県出身の東京大学の出身者      全国の東京大学の出身者
 69  矢澤米三郎    長野県 出身Wikipedia
矢澤 米三郎(やざわ よねさぶろう、1868年(明治元年)5月2日 - 1942年(昭和17年)3月31日)は日本の博物学者、教育者である。日本におけるライチョウ研究の先駆者として知られる。
全国の長野県出身者
 70  本田美禅    長野県 出身Wikipedia
本田 美禅(ほんだ びぜん、慶応4年5月20日(1868年7月9日) - 昭和21年(1946年)3月29日)は、日本の小説家。本名は本田 浜太郎。
全国の長野県出身者
 71  土居通博    岡山県 出身Wikipedia
土居 通博(どい みちひろ、1868年5月16日(慶応4年4月24日) - 1939年(昭和14年)12月8日)は、岡山県出身の政治家、実業家。
全国の岡山県出身者
明治大学出身      岡山県出身の明治大学の出身者      全国の明治大学の出身者
 72  加藤茂苞    山形県 出身Wikipedia
加藤 茂苞(かとう しげもと、慶応4年5月27日(1868年7月16日) - 1949年8月17日)は、出羽国鶴岡(現・山形県鶴岡市)出身の、農学者。農学博士。九州帝国大学教授。水原高等農林学校教授。東京農業大学教授。
全国の山形県出身者
東京大学出身      山形県出身の東京大学の出身者      全国の東京大学の出身者
 73  松方正雄    鹿児島県 出身Wikipedia
松方 正雄(まつかた まさお、1868年5月7日 - 1942年3月25日)は、鹿児島県出身の実業家。父は松方正義で四男。
全国の鹿児島県出身者
 74  湯川寛吉    和歌山県 新宮市 出身Wikipedia
湯川 寛吉(ゆかわ かんきち、慶応4年5月24日(1868年7月13日) - 昭和6年(1931年)8月23日)は、第5代住友総理事である。
全国の和歌山県出身者    全国の新宮市出身者
 75  福澤桃介    埼玉県 出身Wikipedia
福澤 桃介(ふくざわ ももすけ、慶應4年6月25日(新暦:1868年8月13日) - 1938年(昭和13年)2月15日)は、明治から昭和初期にかけて活動した日本の実業家。
全国の埼玉県出身者
慶應義塾大学出身      埼玉県出身の慶應義塾大学の出身者      全国の慶應義塾大学の出身者
埼玉県立川越高等学校出身      全国の埼玉県立川越高等学校の出身者
 76  甲斐和里子    広島県 深安郡神辺町 出身Wikipedia
甲斐 和里子(かい わりこ、1868年(慶応4年)6月3日 - 1962年(昭和37年)11月27日)は、日本の教育者。京都女子大学の前身、顕道女学院の創始者。旧姓・足利。
全国の広島県出身者    全国の深安郡神辺町出身者
 77  花井卓蔵    広島県 出身Wikipedia
花井 卓蔵(はない たくぞう、慶応4年6月12日(1868年7月31日) - 昭和6年(1931年)12月3日)は、明治・大正に活躍した弁護士・政治家。第3代検事総長・中央大学教授を務めた花井忠の岳父。
全国の広島県出身者
中央大学出身      広島県出身の中央大学の出身者      全国の中央大学の出身者
 78  飯塚啓    群馬県 出身Wikipedia
飯塚 啓(いいづか あきら、慶応4年6月16日(1868年8月4日) - 昭和13年(1938年)12月10日)は、日本の動物学者。元学習院大学教授。環虫類の世界的権威として知られた。特に、ゴカイの研究は世界のトップと言っても過言ではなかった。著書「海産動物学」は、名テキストとして長く使用された。また、東京科学博物館動物学部長としても活躍した。息子は飯塚浩二。
全国の群馬県出身者
 79  宇垣一成    岡山県 出身Wikipedia
宇垣 一成(うがき かずしげ、慶応4年6月21日(1868年8月9日) - 昭和31年(1956年)4月30日)は、日本の陸軍軍人、政治家。最終階級は陸軍大将。
全国の岡山県出身者
陸軍士官学校出身      岡山県出身の陸軍士官学校の出身者      全国の陸軍士官学校の出身者
成城高等学校出身      全国の成城高等学校の出身者
 80  山崎覚次郎    静岡県 掛川市 出身Wikipedia
山崎 覚次郎(やまざき かくじろう、慶応4年6月15日(1868年8月3日) - 昭和20年(1945年)6月28日)は日本の経済学者。法学博士。貨幣論、金融論を研究。
全国の静岡県出身者    全国の掛川市出身者
東京帝国大学出身      静岡県出身の東京帝国大学の出身者      全国の東京帝国大学の出身者
静岡県立掛川西高等学校出身      全国の静岡県立掛川西高等学校の出身者
 81  福澤桃介    埼玉県 出身Wikipedia
福澤 桃介(ふくざわ とうすけ/ももすけ、1868年6月25日(慶應4年5月6日) - 1938年(昭和13年)2月15日)は、日本の実業家、政治家。旧姓は岩崎[1]。
全国の埼玉県出身者
慶應義塾大学出身      埼玉県出身の慶應義塾大学の出身者      全国の慶應義塾大学の出身者
 82  瀬戸口藤吉    鹿児島県 垂水市 出身Wikipedia
瀬戸口藤吉(せとぐちとうきち、1868年6月29日(慶応4年5月10日) - 1941年(昭和16年)11月8日)は、日本の音楽家の一人で海軍軍楽師。出生地は鹿児島県鹿児島郡小川町(現・鹿児島市)と肝属郡垂水村(現・垂水市)の二説がある。軍艦行進曲などの作曲家として知られ、「日本行進曲の父」と讃えられる。
全国の鹿児島県出身者    全国の垂水市出身者
 83  花井卓蔵    広島県  御調郡三原町 出身Wikipedia
花井 卓蔵(はない たくぞう、慶応4年6月12日(1868年7月31日) - 昭和6年(1931年)12月3日)は、明治・大正に活躍した弁護士・政治家。第3代検事総長・中央大学教授を務めた花井忠の岳父。
全国の広島県出身者    全国の 御調郡三原町出身者
中央大学出身      広島県出身の中央大学の出身者      全国の中央大学の出身者
 84  前田卓    熊本県 玉名郡小天村(現・玉名市小天町) 出身Wikipedia
前田 卓(まえだ つな、明治元年(1868年)6月17日 - 昭和13年(1938年)9月6日)は、明治から昭和時代にかけての女性。前田案山子の次女。夏目漱石の『草枕』の那美のモデルとなった女性である。孫文や黄興ら中国の革命家が日本で作った「中国革命同盟会(のちの中国同盟会)」を支援したことでも知られる。
全国の熊本県出身者    全国の玉名郡小天村(現・玉名市小天町)出身者
 85  秋山定輔    岡山県 出身Wikipedia
秋山 定輔(あきやま ていすけ、慶応4年7月7日(1868年8月24日) - 昭和25年(1950年)1月19日)は、岡山県出身の政治家、実業家。衆議院議員。
全国の岡山県出身者
東京大学出身      岡山県出身の東京大学の出身者      全国の東京大学の出身者
 86  織田萬    佐賀県 出身Wikipedia
織田 萬(おだ よろず、慶応4年7月4日(1868年8月21日) - 昭和20年(1945年)5月26日)は、日本の法学者。専門は行政法。京都帝国大学名誉教授、常設国際司法裁判所判事、関西大学学長。財団法人立命館名誉総長。佐賀県須古邑生まれ。
全国の佐賀県出身者
東京大学出身      佐賀県出身の東京大学の出身者      全国の東京大学の出身者
 87  長谷川戍吉    福島県 出身Wikipedia
長谷川 戍吉(はせがわ じゅきち、1868年7月7日(慶応4年5月18日) - 1907年(明治40年)1月21日)は、日本の陸軍軍人。日露戦争において騎兵挺進隊隊長を務めた、いわゆる長谷川挺進隊の指揮官である。戦後旧部下の不祥事が原因で自決した。最終階級は陸軍騎兵少佐。[* 1]
全国の福島県出身者
 88  広瀬武夫    大分県 竹田市 出身Wikipedia
広瀬武夫(ひろせ たけお、旧字体: 廣瀨武夫、1868年7月16日(慶応4年5月27日) - 1904年(明治37年)3月27日)は、日本の海軍軍人。
全国の大分県出身者    全国の竹田市出身者
 89  磯部保次    茨城県 出身Wikipedia
磯部 保次/磯辺 保次(いそべ やすじ、1868年7月26日 - 1928年12月4日)は常陸国出身の政治家で実業家。
全国の茨城県出身者
慶應義塾大学出身      茨城県出身の慶應義塾大学の出身者      全国の慶應義塾大学の出身者
 90  須永元Wikipedia
須永 元(すなが はじめ、1868年7月20日〈慶応4年6月1日〉 - 1942年〈昭和17年〉7月1日)は、明治時代の漢学者、実業家、朝鮮独立運動を支援した活動家。輹斎と号した。
二松學舍大学出身      出身の二松學舍大学の出身者      全国の二松學舍大学の出身者
 91  織田萬    佐賀県 出身Wikipedia
織田 萬(おだ よろず、慶応4年7月4日(1868年8月21日) - 昭和20年(1945年)5月26日)は、日本の法学者。専門は行政法。京都帝国大学名誉教授、常設国際司法裁判所判事、関西大学学長。財団法人立命館名誉総長。佐賀県須古邑生まれ。
全国の佐賀県出身者
二松學舍大学出身      佐賀県出身の二松學舍大学の出身者      全国の二松學舍大学の出身者
 92  前田兵郎Wikipedia
前田 兵郎(まえだ ひょうろう、1868年〈明治元年7月〉 - 1920年〈大正9年〉7月8日)は日本の政治家、弁護士。衆議院議員。
法政大学出身      全国の法政大学の出身者
 93  広瀬武夫    大分県 竹田市 出身Wikipedia
広瀬 武夫(ひろせ たけお、旧字体: 廣瀨武夫、1868年7月16日(慶応4年5月27日) - 1904年(明治37年)3月27日)は、日本の海軍軍人。
全国の大分県出身者    全国の竹田市出身者
攻玉社高等学校出身      全国の攻玉社高等学校の出身者
 94  須永元Wikipedia
須永 元(すなが はじめ、1868年7月20日〈慶応4年6月1日〉 - 1942年〈昭和17年〉7月1日)は、明治時代の漢学者、実業家、朝鮮独立運動を支援した活動家。輹斎と号した。
慶應義塾大学出身      出身の慶應義塾大学の出身者      全国の慶應義塾大学の出身者
 95  岸本賀昌Wikipedia
岸本 賀昌(きしもと がしょう、1868年8月18日(尚泰21年7月1日) - 1928年(昭和3年)2月28日)は、沖縄県出身の日本の内務官僚、政治家。
慶應義塾大学出身      出身の慶應義塾大学の出身者      全国の慶應義塾大学の出身者
 96  石光真清Wikipedia
石光 真清(眞清)(いしみつ まきよ、慶応4年8月30日(1868年)10月15日) - 昭和17年(1942年)5月15日)は、日本陸軍の軍人(最終階級陸軍少佐)、諜報活動家。明治から大正にかけてシベリア、満州での諜報活動に従事した。
一橋大学出身      全国の一橋大学の出身者
 97  山田美妙Wikipedia
山田 美妙(やまだ びみょう、1868年8月25日(慶応4年7月8日) - 1910年(明治43年)10月24日)は、日本の小説家・詩人・評論家。言文一致体および新体詩運動の先駆者として知られる。二世曲亭主人、美妙斎、美妙子、樵耕蛙船、飛影などの号も用いた。
東京大学出身      全国の東京大学の出身者
東京都立日比谷高等学校出身      全国の東京都立日比谷高等学校の出身者
 98  原富太郎    岐阜県 出身Wikipedia
原 富太郎(はら とみたろう、慶応4年8月23日(1868年10月8日) - 昭和14年(1939年)8月16日)は、実業家、茶人。号は三溪。美濃国厚見郡佐波村(現・岐阜県岐阜市)出身。
全国の岐阜県出身者
早稲田大学出身      岐阜県出身の早稲田大学の出身者      全国の早稲田大学の出身者
 99  石光真清    熊本県 熊本市 出身Wikipedia
石光 真清(眞清)(いしみつ まきよ、慶応4年8月30日(1868年)10月15日) - 昭和17年(1942年)5月15日)は、日本陸軍の軍人(最終階級陸軍少佐)、諜報活動家。明治から大正にかけてシベリア、満州での諜報活動に従事した。
全国の熊本県出身者    全国の熊本市出身者
一橋大学出身      熊本県出身の一橋大学の出身者      全国の一橋大学の出身者
 100  安田篤    東京都 出身Wikipedia
安田 篤(やすだ あつし、1868年9月8日 - 1924年5月12日)は、日本の菌類学者である。
全国の東京都出身者
東京大学出身      東京都出身の東京大学の出身者      全国の東京大学の出身者
東京都立日比谷高等学校出身      全国の東京都立日比谷高等学校の出身者
 101  清水澄    石川県 出身Wikipedia
清水 澄(しみず とおる、1868年9月27日(慶応4年8月12日) - 1947年(昭和22年)9月25日)は、日本の憲法・行政法学者。学位は、法学博士。帝国学士院会員。枢密院議長。栄典は従二位勲一等。
全国の石川県出身者
東京大学出身      石川県出身の東京大学の出身者      全国の東京大学の出身者
 102  坂本素魯哉    高知県 出身Wikipedia
坂本 素魯哉(さかもと そろや[1]、1868年(明治元年9月) – 1938年(昭和13年)8月3日[1])は、日本の銀行家、政治家(衆議院議員)。実弟は、衆議院議員を務めた坂本志魯雄[2]。
全国の高知県出身者
明治大学出身      高知県出身の明治大学の出身者      全国の明治大学の出身者
 103  清水澄    石川県 金沢市 出身Wikipedia
清水 澄(しみず とおる、1868年9月27日(慶応4年8月12日) - 1947年(昭和22年)9月25日)は、日本の憲法・行政法学者。学位は、法学博士。帝国学士院会員。枢密院議長。栄典は従二位勲一等。
全国の石川県出身者    全国の金沢市出身者
東京大学出身      石川県出身の東京大学の出身者      全国の東京大学の出身者
 104  磯部保次    茨城県 笠間市 出身Wikipedia
磯部 保次/磯辺 保次(いそべ やすじ、1868年9月12日(明治元年7月26日) - 1928年(昭和3年)12月4日)は、常陸国出身の政治家で実業家。
全国の茨城県出身者    全国の笠間市出身者
慶應義塾大学出身      茨城県出身の慶應義塾大学の出身者      全国の慶應義塾大学の出身者
 105  大芝惣吉    山梨県 出身Wikipedia
大芝 惣吉(おおしば そうきち、1868年(明治元年9月)- 1925年(大正14年)10月7日)は、日本の内務官僚、検察官、政治家。政友会系県知事、衆議院議員。
全国の山梨県出身者
法政大学出身      山梨県出身の法政大学の出身者      全国の法政大学の出身者
 106  木檜三四郎    群馬県 東吾妻町 出身Wikipedia
木檜 三四郎(こぐれ さんしろう、1868年9月19日(明治元年8月4日) - 1959年8月14日)は、明治から昭和にかけての日本の政治家。初代参議院仮議長である。正四位勲二等旭日重光章。群馬県吾妻郡岩島村(のち吾妻町、現在の東吾妻町)出身。東京専門学校(現在の早稲田大学)政治科卒業。
全国の群馬県出身者    全国の東吾妻町出身者
東京専門学校出身      群馬県出身の東京専門学校の出身者      全国の東京専門学校の出身者
 107  武藤信義    佐賀県 出身Wikipedia
武藤 信義(むとう のぶよし、1868年9月1日(慶応4年7月15日) - 1933年7月27日)は、日本の陸軍軍人。元帥、陸軍大将、正二位勲一等功一級男爵。関東軍司令官兼駐満大使兼関東長官・教育総監・軍事参議官・東京警備司令官等を歴任した。
全国の佐賀県出身者
 108  小栗孝三郎    石川県 出身Wikipedia
小栗 孝三郎(おぐり こうざぶろう、1868年9月19日(慶応4年8月4日) - 1944年(昭和19年)10月15日)は、日本海軍の軍人。最終階級は海軍大将。
全国の石川県出身者
 109  向野堅一    福岡県 出身Wikipedia
向野 堅一(こうの けんいち、1868年10月19日(慶応4年9月4日) - 1931年(昭和6年)9月17日)は、明治から昭和初期の実業家。日清戦争当時、軍事探偵として活動した。戦後、満州経済界で活躍した。
全国の福岡県出身者
福岡県立修猷館高等学校出身      全国の福岡県立修猷館高等学校の出身者
 110  津原武Wikipedia
津原 武(つはら たけし、1868年(明治1年10月)-1953年(昭和28年)5月20日)は日本の政治家、実業家。衆議院議員、加悦鉄道社長、宮津銀行監査役、丹後縮緬工業組合理事長。
明治大学出身      全国の明治大学の出身者
 111  寺石正路    高知県 高知市 出身Wikipedia
寺石 正路(てらいし まさみち、1868年10月17日(慶應4年9月2日) - 1949年(昭和24年)12月23日)は、高知県の郷土史家。考古学者。作家。
全国の高知県出身者    全国の高知市出身者
東京大学出身      高知県出身の東京大学の出身者      全国の東京大学の出身者
高知県立高知小津高等学校出身      全国の高知県立高知小津高等学校の出身者
 112  志田甲太郎Wikipedia
志田 鉀太郎(しだ こうたろう、1868年10月5日(慶応4年8月20日) - 1951年(昭和26年)3月13日)は、日本の法学者。
東京帝国大学出身      全国の東京帝国大学の出身者
東京都立日比谷高等学校出身      全国の東京都立日比谷高等学校の出身者
 113  大村西崖    静岡県 出身Wikipedia
大村 西崖(おおむら せいがい、明治元年10月12日(1868年11月25日) - 昭和2年(1927年)3月8日)は、日本の美術史家・美術評論家。幼名は、塩沢峰吉。雅号は、無記庵、など。多数の著書、美術書を刊行した。
全国の静岡県出身者
東京芸術大学出身      静岡県出身の東京芸術大学の出身者      全国の東京芸術大学の出身者
 114  津原武Wikipedia
津原 武(つはら たけし、1868年(明治1年10月)-1953年(昭和28年)5月20日)は日本の政治家、実業家。衆議院議員、加悦鉄道社長、宮津銀行監査役、丹後縮緬工業組合理事長。
法政大学出身      全国の法政大学の出身者
 115  赤星典太    熊本県 肥後国熊本城下手取本町(現・熊本市中央区) 出身Wikipedia
赤星 典太(あかほし / あかぼし[2] てんた、1868年10月22日(慶応4年9月7日)[2] - 1958年(昭和33年)6月13日)は、日本の内務官僚、実業家。官選県知事、錦鶏間祗候。
全国の熊本県出身者    全国の肥後国熊本城下手取本町(現・熊本市中央区)出身者
 116  大森房吉    福井県 出身Wikipedia
大森 房吉(おおもり ふさきち、1868年10月30日(明治元年9月15日) - 1923年11月8日)は日本の地震学者。
全国の福井県出身者
 117  志田甲太郎Wikipedia
志田 鉀太郎(しだ こうたろう、1868年10月5日(慶応4年8月20日) - 1951年(昭和26年)3月13日)は、日本の法学者。
東京帝国大学出身      全国の東京帝国大学の出身者
日本学園高等学校出身      全国の日本学園高等学校の出身者
 118  早速整爾Wikipedia
早速 整爾(はやみ せいじ、明治元年10月2日(1868年11月15日) - 大正15年(1926年)9月13日)は、明治、大正期の日本の実業家、政治家。初代大蔵政務次官、農林大臣及び大蔵大臣。
早稲田大学出身      全国の早稲田大学の出身者
広島県立広島国泰寺高等学校出身      全国の広島県立広島国泰寺高等学校の出身者
 119  松村貞雄    高知県 出身Wikipedia
松村 貞雄(まつむら さだお、1868年10月21日(慶應4年9月6日) - 1923年(大正12年)2月21日)は日本の外交官。ウラジオストック総領事、サンパウロ総領事等を歴任。
全国の高知県出身者
法政大学出身      高知県出身の法政大学の出身者      全国の法政大学の出身者
 120  手島兵次郎    広島県 出身Wikipedia
手島 兵次郎(てしま へいじろう、1868年10月22日(明治元年9月7日) - 1918年(大正7年))は、日本の検察官、官僚。台湾総督府法務部長、覆審法院検察官長を歴任した。また台湾法制起草委員なども務め、台湾の法制度整備に尽くした。
全国の広島県出身者
修道高等学校出身      全国の修道高等学校の出身者
 121  佐藤慶太郎Wikipedia
佐藤 慶太郎(さとう けいたろう、1868年11月22日〈明治元年10月9日〉 – 1940年(昭和15年)1月17日)は、福岡県出身の実業家。
明治大学出身      全国の明治大学の出身者
福岡県立修猷館高等学校出身      全国の福岡県立修猷館高等学校の出身者
 122  丘浅次郎    静岡県 出身Wikipedia
丘 浅次郎(おか あさじろう、明治元年11月18日(1868年12月31日) - 昭和19年(1944年)5月2日)は、日本の動物学者。
全国の静岡県出身者
 123  仁井田益太郎    福島県 出身Wikipedia
仁井田 益太郎(にいだ ますたろう、1868年11月18日(明治元年10月5日)- 1945年1月17日)は、日本の法学者、法学博士、裁判官、弁護士。京都帝国大学法科大学教授、東京帝国大学法科大学教授を歴任。
全国の福島県出身者
東京大学出身      福島県出身の東京大学の出身者      全国の東京大学の出身者
 124  横山大観    茨城県 水戸市 出身Wikipedia
横山 大観(よこやま たいかん、正字体:大觀、1868年11月2日(明治元年9月18日) - 1958年(昭和33年)2月26日)は、日本の美術家、日本画家。常陸国水戸(現在の茨城県水戸市下市)出身。近代日本画壇の巨匠であり、今日「朦朧体(もうろうたい)」と呼ばれる、線描を抑えた独特の没線描法を確立した。帝国美術院会員。第1回文化勲章受章。死後、正三位勲一等旭日大綬章を追贈された。茨城県名誉県民。東京都台東区名誉区民。本名、横山 秀麿(よこやま ひでまろ)。
全国の茨城県出身者    全国の水戸市出身者
東京芸術大学出身      茨城県出身の東京芸術大学の出身者      全国の東京芸術大学の出身者
日本学園高等学校出身      全国の日本学園高等学校の出身者
 125  磯村豊太郎    大分県 出身Wikipedia
磯村 豊太郎(いそむら とよたろう、1868年(明治元年)11月 - 1939年(昭和14年)10月26日)は、明治期の官僚、実業家、貴族院議員。
全国の大分県出身者
慶應義塾大学出身      大分県出身の慶應義塾大学の出身者      全国の慶應義塾大学の出身者
 126  成瀬正恭Wikipedia
成瀬 正恭(なるせ せいきょう、1868年11月 - 1930年)は、日本の実業家である。法学修士(コーネル大学)。
慶應義塾大学出身      全国の慶應義塾大学の出身者
 127  横山大観    茨城県 水戸市 出身Wikipedia
横山 大観(よこやま たいかん、正字体:大觀、1868年11月2日(明治元年9月18日) - 1958年(昭和33年)2月26日)は、日本の美術家、日本画家。常陸国水戸(現在の茨城県水戸市下市)出身。
全国の茨城県出身者    全国の水戸市出身者
東京芸術大学出身      茨城県出身の東京芸術大学の出身者      全国の東京芸術大学の出身者
東京都立日比谷高等学校出身      全国の東京都立日比谷高等学校の出身者
 128  卜部喜太郎    埼玉県 本庄市(旧・児玉郡沼和田村) 出身Wikipedia
卜部 喜太郎(うらべ きたろう、1868年11月25日(明治元年10月12日) - 1942年(昭和17年)11月13日)は、日本の弁護士、政治家。東京弁護士会会長、東京弁護士会常議員会議長などを歴任。
全国の埼玉県出身者    全国の本庄市(旧・児玉郡沼和田村)出身者
 129  下坂藤太郎    福島県 出身Wikipedia
下坂 藤太郎(しもざか とうたろう、1868年11月17日(明治元年10月4日) - 1941年(昭和16年)1月12日)は、日本の大蔵官僚、実業家。理財局銀行課長を最後に退官し、台湾銀行理事、副頭取を歴任。東洋製糖(のち大日本製糖)、東洋海上保険(のち日新火災海上保険)、日商(のち日商岩井)の各社長。
全国の福島県出身者
東京大学出身      福島県出身の東京大学の出身者      全国の東京大学の出身者
 130  北村透谷    神奈川県 小田原市 出身Wikipedia
北村 透谷(きたむら とうこく、1868年12月29日(明治元年11月16日) - 1894年(明治27年)5月16日)は、日本の評論家・詩人。明治期に近代的な文芸評論をおこない、島崎藤村らに大きな影響を与えた。
全国の神奈川県出身者    全国の小田原市出身者
早稲田大学出身      神奈川県出身の早稲田大学の出身者      全国の早稲田大学の出身者
 131  當山久三    沖縄県 出身Wikipedia
當山 久三(とうやま きゅうぞう、1868年12月22日(同治7年11月9日) - 1910年(明治43年)9月17日)は、日本の政治家、社会運動家、教育者。沖縄県における海外集団移民事業の主導者として知られ、「沖縄移民の父」と称される。
全国の沖縄県出身者
 132  磯村豊太郎    大分県 出身Wikipedia
磯村 豊太郎(いそむら とよたろう、1868年12月20日(明治元年11月7日) - 1939年(昭和14年)10月26日)は、明治期の官僚、実業家、貴族院議員。
全国の大分県出身者
慶應義塾大学出身      大分県出身の慶應義塾大学の出身者      全国の慶應義塾大学の出身者
 133  小松山与三松    石川県 小松市 出身Wikipedia
小松山 与三松(こまつやま よさまつ、本名:本田 与三松(ほんだ よさまつ、旧姓:太田)、慶応3年12月14日(1868年1月8日) - 大正6年(1917年)5月17日)は、加賀国能美郡(現在の石川県小松市)出身の明治期の元大相撲力士。身長175cm、体重90kg。最高位は西前頭2枚目。八角部屋所属。養女の夫は元小結鶴ヶ濱(13代玉垣)。
全国の石川県出身者    全国の小松市出身者
 134  高橋光威    新潟県 出身Wikipedia
高橋 光威(たかはし みつたけ、慶応3年12月19日(1868年1月13日) - 昭和7年(1932年)4月9日)は、日本の衆議院議員(立憲政友会所属)。
全国の新潟県出身者
慶應義塾大学出身      新潟県出身の慶應義塾大学の出身者      全国の慶應義塾大学の出身者
 135  船越義珍    沖縄県 山川村 出身Wikipedia
船越 義珍(ふなこし ぎちん、1868年12月23日(明治元年11月10日) - 1957年4月26日)は、沖縄県出身の空手家。初めて空手(当時は唐手)を本土に紹介した一人であり、松濤館流の事実上の開祖。本土での空手普及に功績があった。経歴や実力については不明な部分もある。
全国の沖縄県出身者    全国の山川村出身者
 136  桑田熊蔵    鳥取県 倉吉市 出身Wikipedia
桑田 熊蔵(くわた くまぞう、1868年12月30日(明治元年11月17日) - 1932年(昭和7年)12月10日)は、日本の法学者。学位は法学博士。貴族院多額納税者議員。工場法実現のために尽力した。
全国の鳥取県出身者    全国の倉吉市出身者
 137  関野貞Wikipedia
関野 貞(せきの ただし、慶応3年12月15日(1868年1月9日) - 昭和10年(1935年)7月29日)は、日本の建築史学者、東大教授。文化財の保存に努めたことで知られる。
東京大学出身      全国の東京大学の出身者
新潟県立高田高等学校出身      全国の新潟県立高田高等学校の出身者
 138  山下啓次郎    鹿児島県 鹿児島市 出身Wikipedia
山下 啓次郎(やました けいじろう、 慶応3年12月18日(1868年1月12日) - 昭和6年(1931年)2月6日)は明治・大正期の建築家である。
全国の鹿児島県出身者    全国の鹿児島市出身者
東京大学出身      鹿児島県出身の東京大学の出身者      全国の東京大学の出身者
 139  北村透谷Wikipedia
北村 透谷(きたむら とうこく、1868年12月29日(明治元年11月16日) - 1894年(明治27年)5月16日)は、日本の評論家・詩人。明治期に近代的な文芸評論をおこない、島崎藤村らに大きな影響を与えた。
早稲田大学出身      全国の早稲田大学の出身者
 140  山下啓次郎    鹿児島県 出身Wikipedia
山下 啓次郎(やました けいじろう、 慶応3年12月18日(1868年1月12日) - 昭和6年(1931年)2月6日)は明治・大正期の建築家である。
全国の鹿児島県出身者
東京大学出身      鹿児島県出身の東京大学の出身者      全国の東京大学の出身者




スポンサーリンク




有名人ナビ 出身高校編

有名人ナビ 出身大学編

有名人ナビ 誕生日編

有名人ナビ 出身都道府県編





スポンサーリンク