トップページ >1867年生まれの有名人

このサイトに登録されている誕生日で有名人の数:89,189人


スポンサーリンク


このサイトに登録されている「1867年」生まれの有名人の数:128:人
 1  比嘉保彦    沖縄県 出身Wikipedia
比嘉 保彦(ひが やすひこ、1867年 - 1937年12月11日)は沖縄県出身の日本メソジスト教会所属の牧師である。
全国の沖縄県出身者
鎮西学院高等学校出身      全国の鎮西学院高等学校の出身者
 2  加藤与之吉    埼玉県 出身Wikipedia
加藤 与之吉(かとう よのきち、1867年 - 1933年)は、日本の土木技術者、都市計画家。鹿嶺という雅号をもつ。
全国の埼玉県出身者
東京大学出身      埼玉県出身の東京大学の出身者      全国の東京大学の出身者
 3  井上徳三郎    愛知県 名古屋市 出身Wikipedia
井上 徳三郎(いのうえ とくさぶろう、1867年(慶応3年)- 1936年(昭和11年)12月1日)は、現在の愛知県名古屋市中区出身の実業家である。
全国の愛知県出身者    全国の名古屋市出身者
 4  坪田十郎    兵庫県 出身Wikipedia
坪田 十郎(つぼた じゅうろう、1867年(慶応3年)[1] - 1925年(大正14年)9月17日)は、兵庫県出身の政治家、実業家。
全国の兵庫県出身者
明治大学出身      兵庫県出身の明治大学の出身者      全国の明治大学の出身者
 5  吉田庫三    山口県 出身Wikipedia
吉田 庫三(よしだ くらぞう、1867年 - 1922年6月)は、日本の教育者。長州藩(現山口県)出身。吉田松陰の甥に当たる。
全国の山口県出身者
東京海洋大学出身      山口県出身の東京海洋大学の出身者      全国の東京海洋大学の出身者
 6  加藤与之吉    埼玉県 出身Wikipedia
加藤 与之吉(かとう よのきち、1867年 - 1933年)は、日本の土木技術者、都市計画家。鹿嶺という雅号をもつ。
全国の埼玉県出身者
東京大学出身      埼玉県出身の東京大学の出身者      全国の東京大学の出身者
 7  中村千幹    福岡県 出身Wikipedia
中村 千幹(なかむら ちから、1867年〈慶応2年〉 - 1916年〈大正5年〉)は、北海道開拓者、富良野開拓の父と呼ばれる。
全国の福岡県出身者
慶應義塾大学出身      福岡県出身の慶應義塾大学の出身者      全国の慶應義塾大学の出身者
 8  田島錦治    東京都 出身Wikipedia
田島 錦治(たじま きんじ、慶応3年(1867年) - 昭和9年(1934年)は経済学者。号は「赤城」。京都帝国大学初代経済学部長。立命館大学第2代学監。同大学第3代学長。財団法人立命館初代協議員。大日本武徳会弓道範士。日本漕艇協会第三代会長。関西漕艇協会初代会長。帝国学士院会員。
全国の東京都出身者
二松學舍大学出身      東京都出身の二松學舍大学の出身者      全国の二松學舍大学の出身者
 9  嘉悦孝    熊本県 出身Wikipedia
嘉悦 孝(かえつ たか、慶応3年(1867年) - 昭和24年(1949年) )は、熊本県熊本市本山町出身[1]の女性教育者。明治36年に日本初の女子商業教育校、私立女子商業学校を創立。学校法人嘉悦学園創立者。
全国の熊本県出身者
二松學舍大学出身      熊本県出身の二松學舍大学の出身者      全国の二松學舍大学の出身者
 10  吉田庫三    山口県 出身Wikipedia
吉田 庫三(よしだ くらぞう、1867年 - 1922年6月)は、日本の教育者。長州藩(現山口県)出身。吉田松陰の甥に当たる。
全国の山口県出身者
二松學舍大学出身      山口県出身の二松學舍大学の出身者      全国の二松學舍大学の出身者
 11  宮武外骨    香川県 出身Wikipedia
宮武 外骨(みやたけ がいこつ、慶応3年1月18日(1867年2月22日) - 昭和30年(1955年)7月28日)は、日本のジャーナリスト(新聞記者、編集者)、著作家、新聞史研究家、江戸明治期の世相風俗研究家。
全国の香川県出身者
 12  嘉悦孝    熊本県 出身Wikipedia
嘉悦 孝(かえつ たか、慶応3年1月26日(1867年3月2日) - 昭和24年(1949年)2月5日)は、熊本県熊本市本山町出身の女性教育者。明治36年に日本初の女子商業教育校、私立女子商業学校を創立。学校法人嘉悦学園創立者。孝子とも。
全国の熊本県出身者
二松學舍大学出身      熊本県出身の二松學舍大学の出身者      全国の二松學舍大学の出身者
 13  後藤宙外    秋田県 出身Wikipedia
後藤 宙外(ごとう ちゅうがい、1867年1月27日[注釈 1](慶応2年12月22日[注釈 2][1][2]) 1938年(昭和13年)6月12日)は、明治後期から昭和初期に活躍した小説家、評論家。本名寅之助。
全国の秋田県出身者
早稲田大学出身      秋田県出身の早稲田大学の出身者      全国の早稲田大学の出身者
 14  藤瀬政次郎    長崎県 出身Wikipedia
藤瀬 政次郎(ふじせ まさじろう、1867年1月5日 - 1927年1月7日 )は、日本の実業家。三井物産株式会社取締役、東洋綿花株式会社(後のトーメン、現在の豊田通商)代表取締役社長。
全国の長崎県出身者
一橋大学出身      長崎県出身の一橋大学の出身者      全国の一橋大学の出身者
 15  中村十作    新潟県 出身Wikipedia
中村 十作(なかむら じゅうさく、慶応3年1月18日(1867年2月22日) - 昭和18年(1943年)1月22日)は、越後国頸城郡稲増村(現在の新潟県上越市板倉区稲増)出身の宮古島における人頭税廃止に尽力した人物。
全国の新潟県出身者
 16  永田泰次郎Wikipedia
永田 泰次郎(ながた やすじろう、1867年1月26日(慶応3年12月21日) - 1923年(大正12年)1月19日)は、日本の大日本帝国海軍軍人。最終階級は海軍中将。勲三等金鵄勲章。
慶應義塾大学出身      全国の慶應義塾大学の出身者
 17  後藤宙外    秋田県 大仙市 出身Wikipedia
後藤 宙外(ごとう ちゅうがい、1867年1月27日[注釈 1](慶応2年12月22日[注釈 2][2]) - 1938年(昭和13年)6月12日)は、明治後期から昭和初期に活躍した小説家、評論家。本名寅之助。
全国の秋田県出身者    全国の大仙市出身者
早稲田大学出身      秋田県出身の早稲田大学の出身者      全国の早稲田大学の出身者
 18  柳原極堂    愛媛県 出身Wikipedia
柳原 極堂(やなぎはら きょくどう、慶応3年2月11日(1867年3月16日)- 昭和32年(1957年)10月7日)は愛媛県出身の俳人である。
全国の愛媛県出身者
愛媛県立松山東高等学校出身      全国の愛媛県立松山東高等学校の出身者
 19  金須嘉之進    宮城県 出身Wikipedia
金須嘉之進(きす よしのしん、1867年2月21日 - 1951年4月7日)は演奏家・聖歌指揮者・作曲家。正教徒であり、聖名はインノケンティ。主に日本正教会で聖歌の指導・聖歌の作曲等で活躍したほか、世俗の領域でも各種音楽教育に尽力した。リムスキー=コルサコフに師事。弟子に古関裕而がいる。
全国の宮城県出身者
 20  夏目漱石    東京都 新宿区 出身Wikipedia
夏目 漱石(なつめ そうせき、1867年2月9日(慶応3年1月5日) - 1916年(大正5年)12月9日)は、日本の小説家、評論家、英文学者。本名、夏目 金之助(なつめ きんのすけ)。江戸の牛込馬場下横町(現在の東京都新宿区喜久井町)出身。俳号は愚陀仏。
全国の東京都出身者    全国の新宿区出身者
東京大学出身      東京都出身の東京大学の出身者      全国の東京大学の出身者
東京都立日比谷高等学校出身      全国の東京都立日比谷高等学校の出身者
 21  上田萬年Wikipedia
上田 萬年(うえだ かずとし、1867年2月11日(慶応3年1月7日) - 1937年(昭和12年)10月26日)は、日本の国語学者、言語学者。東京帝国大学国語研究室の初代主任教授、東京帝国大学文科大学長や文学部長を務めた。小説家円地文子の父。教え子に新村出、橋本進吉、金田一京助、亀田次郎らがいる。また、文部省専門学務局長や、1908年に設置された臨時仮名遣調査委員会の委員等を務めた。1908年帝国学士院会員。
東京大学出身      全国の東京大学の出身者
東京都立日比谷高等学校出身      全国の東京都立日比谷高等学校の出身者
 22  益田古峯Wikipedia
益田 古峯(ますだ こほう、1867年2月3日(慶応2年12月29日) - 1944年(昭和19年)4月10日)は戦前日本の教育者。名は祐之。筑前秋月藩出身で、号は故郷の古処山に因る。大橋陶庵、栗本義喬、楠本碩水等に漢学を学び、『福陵新報』記者、東筑中学校雇教師を経て、福岡県中学修猷館で約30年間漢文を教えた。
福岡県立東筑高等学校出身      全国の福岡県立東筑高等学校の出身者
 23  岩崎一高    愛媛県 出身Wikipedia
岩崎 一高(いわさき かずたか、慶応3年2月15日[1](1867年3月20日) - 昭和19年(1944年)3月22日)は、日本の衆議院議員(立憲政友会)、松山市長。
全国の愛媛県出身者
専修大学出身      愛媛県出身の専修大学の出身者      全国の専修大学の出身者
 24  岩崎一高    愛媛県 出身Wikipedia
岩崎 一高(いわさき かずたか、慶応3年2月15日(1867年3月20日) - 昭和19年(1944年)3月22日)は、日本の衆議院議員(立憲政友会)、松山市長。
全国の愛媛県出身者
専修大学出身      愛媛県出身の専修大学の出身者      全国の専修大学の出身者
愛媛県立松山東高等学校出身      全国の愛媛県立松山東高等学校の出身者
 25  中野逍遙    愛媛県 宇和島市 出身Wikipedia
中野 逍遥(なかの しょうよう、慶応3年2月11日(1867年3月16日) - 明治27年(1894年)11月16日)は日本の漢詩人。本名は重太郎。字(あざな)は威卿。別号に狂骨子など。
全国の愛媛県出身者    全国の宇和島市出身者
東京大学出身      愛媛県出身の東京大学の出身者      全国の東京大学の出身者
愛媛県立宇和島東高等学校出身      全国の愛媛県立宇和島東高等学校の出身者
 26  菊池謙二郎    茨城県 出身Wikipedia
菊池 謙二郎(きくち けんじろう、1867年2月23日(慶応3年1月19日) - 1945年(昭和20年)2月3日)は、日本の教育者、歴史研究者。号は仙湖。正岡子規、秋山真之、夏目漱石らとの交友、藤田東湖を中心とした水戸学の研究で知られ、衆議院議員も務めた。
全国の茨城県出身者
東京帝国大学出身      茨城県出身の東京帝国大学の出身者      全国の東京帝国大学の出身者
岡山県立津山高等学校出身      全国の岡山県立津山高等学校の出身者
 27  松平康荘Wikipedia
松平 康荘(まつだいら やすたか、慶応3年2月6日(1867年3月11日) - 昭和5年(1930年)11月17日)は、明治から昭和期の日本の華族。旧福井藩主家(越前松平家)第18代当主、侯爵。
慶應義塾大学出身      出身の慶應義塾大学の出身者      全国の慶應義塾大学の出身者
 28  山崎朝雲    福岡県 福岡市博多区冷泉町 出身Wikipedia
山崎 朝雲(やまざき ちょううん、1867年3月22日(慶応3年2月17日) - 1954年(昭和29年)6月4日)は、彫刻家。筑前国博多櫛田前町(現・福岡県福岡市博多区冷泉町)生まれ。本名は春吉。別号は羯摩。代表作に「大葉子」。
全国の福岡県出身者    全国の福岡市博多区冷泉町出身者
 29  豊田佐吉    静岡県 湖西市・旧遠江国山口村 出身Wikipedia
豊田 佐吉(とよだ さきち、1867年3月19日(慶応3年2月14日) - 1930年(昭和5年)10月30日)は、日本の発明家、実業家。豊田式木鉄混製力織機(豊田式汽力織機)、無停止杼換式自動織機(G型自動織機)をはじめとして、生涯で発明特許84件、外国特許13件、実用新案35件の発明をした。
全国の静岡県出身者    全国の湖西市・旧遠江国山口村出身者
 30  原嘉道Wikipedia
原 嘉道(はら よしみち(かどう) 1867年3月23日(慶応3年2月18日) - 1944年8月7日)は、日本の官僚、弁護士、法学者、政治家。第9代中央大学学長。田中義一内閣の司法大臣や枢密院議長を歴任した。男爵、法学博士。幼名は亀太郎。
東京大学出身      出身の東京大学の出身者      全国の東京大学の出身者
 31  鹿子木小五郎    熊本県 肥後国熊本城下中職人町(現熊本市中央区) 出身Wikipedia
鹿子木 小五郎(かのこぎ こごろう、1867年3月30日(慶応3年2月25日)- 1922年(大正11年)4月1日)は、日本の官僚、裁判官、政治家。県知事、貴族院議員。
全国の熊本県出身者    全国の肥後国熊本城下中職人町(現熊本市中央区)出身者
 32  本多日生    兵庫県 出身Wikipedia
本多 日生(ほんだ にっしょう、1867年(慶応3年)3月13日 - 1931年(昭和6年)3月16日)は、日本の宗教家、僧侶。日蓮宗妙満寺派、顕本法華宗元管長であり、法号は聖応院日生。近代日本の代表的な日蓮仏教の改革者として名を残す。
全国の兵庫県出身者
東洋大学出身      兵庫県出身の東洋大学の出身者      全国の東洋大学の出身者
 33  原嘉道    長野県 須坂市 出身Wikipedia
原 嘉道(はら よしみち(かどう) 1867年3月23日(慶応3年2月18日) - 1944年8月7日)は、日本の官僚、弁護士、法学者、政治家。第9代中央大学学長。田中義一内閣の司法大臣や枢密院議長を歴任した。男爵、法学博士。幼名は亀太郎。
全国の長野県出身者    全国の須坂市出身者
東京大学出身      長野県出身の東京大学の出身者      全国の東京大学の出身者
 34  山香二郎吉    広島県 出身Wikipedia
山香 二郎吉(やまが じろきち、1867年3月31日(慶応3年2月26日)- 1936年(昭和11年)1月21日)は、日本の裁判官、検察官。大審院(現最高裁判所)判事などを務めた。
全国の広島県出身者
東京大学出身      広島県出身の東京大学の出身者      全国の東京大学の出身者
修道高等学校出身      全国の修道高等学校の出身者
 35  相生由太郎Wikipedia
相生 由太郎(あいおい よしたろう、慶応3年4月28日(1867年5月31日) - 昭和5年(1930年)1月3日)は明治・大正・昭和にかけて満州で活躍した日本人実業家。
一橋大学出身      全国の一橋大学の出身者
福岡県立修猷館高等学校出身      全国の福岡県立修猷館高等学校の出身者
 36  三島弥太郎    鹿児島県 鹿児島市 出身Wikipedia
三島 彌太郎(みしま やたろう、慶応3年4月1日(1867年5月4日) - 1919年(大正8年)3月7日)は、日本の銀行家。子爵。三島通庸の長男であり、三島彌彦は弟。最初の妻は大山巌の長女信子、離別後四条隆謌侯爵の三女加根子と再婚。長男は三島通陽、娘梅子の夫は土方与志。徳富蘆花の小説『不如帰』の登場人物、川島武夫のモデルでもある。
全国の鹿児島県出身者    全国の鹿児島市出身者
 37  武藤山治    愛知県 出身Wikipedia
武藤 山治(むとう さんじ、1867年4月5日(慶応3年3月1日) - 1934年(昭和9年)3月10日)は、明治・大正・昭和前期の経営者、労務管理思想家、言論人、衆議院議員(3期)。『博聞雑誌』を創刊した後、三井財閥に聘され、日本の紡績王として34年間会社経営に携わり、「経営家族主義」と「温情主義」を提唱・実践して日本的経営論を考案。
全国の愛知県出身者
慶應義塾大学出身      愛知県出身の慶應義塾大学の出身者      全国の慶應義塾大学の出身者
 38  六角紫水    広島県 出身Wikipedia
六角 紫水(ろっかく しすい、1867年4月24日(慶応3年3月20日) - 1950年(昭和25年)4月15日)は、日本の漆工芸家。日本の漆工芸界の草分け。旧姓・藤岡、幼名・仲太郎。のち注多良と改名。 広島県能美島、大柿町(現江田島市)生まれ。
全国の広島県出身者
東京芸術大学出身      広島県出身の東京芸術大学の出身者      全国の東京芸術大学の出身者
 39  一木喜徳郎Wikipedia
一木 喜德郞(いちき きとくろう、慶応3年4月4日(1867年5月7日) - 昭和19年(1944年)12月17日)は、日本の内務官僚、法学者(公法学)、政治家。位階・勲等は従一位大勲位。爵位は男爵。旧氏名は岡田 丘平。
東京大学出身      全国の東京大学の出身者
静岡県立掛川西高等学校出身      全国の静岡県立掛川西高等学校の出身者
 40  赤尾彦作    山梨県 出身Wikipedia
赤尾 彦作(あかお ひこさく、慶応3年4月15日(1867年5月18日) - 昭和28年(1953年)11月26日)は日本の政治家、弁護士、実業家。元衆議院議員、元横浜弁護士会会長
全国の山梨県出身者
法政大学出身      山梨県出身の法政大学の出身者      全国の法政大学の出身者
 41  服部宇之吉    福島県 出身Wikipedia
服部 宇之吉(はっとり うのきち、慶応3年4月30日(1867年6月2日) - 昭和14年(1939年)7月11日)は、中国哲学者。東京大学卒。東京帝国大学教授、ハーバード大学教授、東方文化学院院長などを歴任。帝国学士院会員。福島県出身。
全国の福島県出身者
國學院大學出身      福島県出身の國學院大學の出身者      全国の國學院大學の出身者
 42  六角紫水    広島県 出身Wikipedia
六角 紫水(ろっかく しすい、1867年4月24日(慶応3年3月20日) - 1950年(昭和25年)4月15日)は、日本の漆工芸家。日本の漆工芸界の草分け。旧姓・藤岡、幼名・仲太郎。のち注多良と改名。 広島県能美島、大柿町(現江田島市)生まれ。
全国の広島県出身者
東京芸術大学出身      広島県出身の東京芸術大学の出身者      全国の東京芸術大学の出身者
 43  武藤山治Wikipedia
武藤 山治(むとう さんじ、1867年4月5日(慶応3年3月1日) - 1934年(昭和9年)3月10日)は、明治・大正・昭和前期の経営者、労務管理思想家、言論人、衆議院議員(3期)。『博聞雑誌』を創刊した後、三井財閥に聘され、日本の紡績王として34年間会社経営に携わり、「経営家族主義」と「温情主義」を提唱・実践して日本的経営論を考案。
慶應義塾大学出身      出身の慶應義塾大学の出身者      全国の慶應義塾大学の出身者
 44  服部宇之吉    福島県 出身Wikipedia
服部 宇之吉(はっとり うのきち、慶応3年4月30日(1867年6月2日) - 昭和14年(1939年)7月11日)は、中国哲学者。東京大学卒。東京帝国大学教授、ハーバード大学教授、東方文化学院院長などを歴任。帝国学士院会員。福島県出身。
全国の福島県出身者
國學院大學出身      福島県出身の國學院大學の出身者      全国の國學院大學の出身者
 45  宮崎弥蔵    熊本県 肥後国玉名郡荒尾村(現・荒尾市) 出身Wikipedia
宮崎 弥蔵(みやざき・やぞう、慶応3年4月8日(1867年5月11日) - 明治29年(1896年)7月4日)は、明治期のアジア主義者。一時、徴兵逃れの養子縁組により島津姓を名乗ったため、島津弥蔵とも。兄の民蔵、弟の虎蔵らとあわせ「宮崎三兄弟」「民権兄弟」として名高い。
全国の熊本県出身者    全国の肥後国玉名郡荒尾村(現・荒尾市)出身者
 46  財部彪    宮崎県 都城市 出身Wikipedia
財部 彪(たからべ たけし、慶応3年4月7日(1867年5月10日) - 昭和24年(1949年)1月13日)は、日本の軍人、政治家。宮崎県都城市出身。階級は海軍大将。
全国の宮崎県出身者    全国の都城市出身者
攻玉社高等学校出身      全国の攻玉社高等学校の出身者
 47  望月圭介    広島県  豊田郡大崎上島町 出身Wikipedia
望月 圭介(もちづき けいすけ、1867年4月1日(慶応3年2月27日) - 1941年(昭和16年)1月1日)は日本の政党政治家。広島県出身。
全国の広島県出身者    全国の 豊田郡大崎上島町出身者
攻玉社高等学校出身      全国の攻玉社高等学校の出身者
 48  三島彌太郎    鹿児島県 出身Wikipedia
三島 彌太郎(みしま やたろう、慶応3年4月1日(1867年5月4日) - 1919年(大正8年)3月7日)は、日本の銀行家。子爵。三島通庸の長男であり、徳富蘆花の小説『不如帰』の登場人物、川島武夫のモデルでもある。
全国の鹿児島県出身者
コーネル大学出身      鹿児島県出身のコーネル大学の出身者      全国のコーネル大学の出身者
攻玉社高等学校出身      全国の攻玉社高等学校の出身者
 49  中原市五郎    長野県 出身Wikipedia
中原 市五郎(なかはら いちごろう、1867年5月15日 - 1941年3月22日)は、日本の歯科医師、政治家。日本歯科医学専門学校(現:日本歯科大学)の創始者。
全国の長野県出身者
 50  相生由太郎Wikipedia
相生 由太郎(あいおい よしたろう、1867年5月31日 - 1930年1月3日)は明治・大正・昭和にかけて満州で活躍した日本人実業家。
一橋大学出身      全国の一橋大学の出身者
 51  石川玄三    栃木県 出身Wikipedia
石川 玄三(いしかわ げんぞう、1867年(慶應3年5月) - 1931年(昭和6年)4月15日)は日本の政治家。衆議院議員(2期、立憲政友会)。
全国の栃木県出身者
法政大学出身      栃木県出身の法政大学の出身者      全国の法政大学の出身者
 52  佐々木藤太郎    山口県 出身Wikipedia
佐々木 藤太郎(ささき とうたろう、1867年5月25日(慶応3年4月22日)[1] - 1948年(昭和23年)5月16日[2])は、日本の官僚、実業家。第2代朝鮮慶尚南道長官。
全国の山口県出身者
明治大学出身      山口県出身の明治大学の出身者      全国の明治大学の出身者
 53  伊能嘉矩    岩手県 出身Wikipedia
伊能 嘉矩(いのう かのり、慶応3年5月9日(1867年6月11日) - 大正14年(1925年)9月30日)は、日本の人類学者・民俗学者。 明治時代においていち早く人類学を学び、特に台湾原住民の研究では膨大な成果を残した。郷里岩手県遠野地方の歴史・民俗・方言の研究にも取り組み、遠野民俗学の先駆者と言われた。梅陰子という筆名での著作も多数ある。
全国の岩手県出身者
二松學舍大学出身      岩手県出身の二松學舍大学の出身者      全国の二松學舍大学の出身者
 54  山下亀三郎    愛媛県 出身Wikipedia
山下 亀三郎(やました かめさぶろう、1867年5月12日(慶応3年4月9日) - 1944年(昭和19年)12月13日)は日本の実業家。勲一等。山下汽船(現・商船三井)・山下財閥の創業者。勝田銀次郎、内田信也と並ぶ三大船成金の一人。
全国の愛媛県出身者
明治大学出身      愛媛県出身の明治大学の出身者      全国の明治大学の出身者
愛媛県立宇和島東高等学校出身      全国の愛媛県立宇和島東高等学校の出身者
 55  芳賀矢一    福井県 出身Wikipedia
芳賀 矢一(はが やいち、慶応3年5月14日(1867年6月16日) - 昭和2年(1927年)2月6日)は、日本の国文学者。帝国学士院会員。
全国の福井県出身者
東京大学出身      福井県出身の東京大学の出身者      全国の東京大学の出身者
 56  芳賀矢一    福井県 出身Wikipedia
芳賀 矢一(はが やいち、慶応3年5月14日(1867年6月12日) - 昭和2年(1927年)2月6日)は、日本の国文学者[1]。帝国学士院会員。
全国の福井県出身者
國學院大學出身      福井県出身の國學院大學の出身者      全国の國學院大學の出身者
 57  芳賀矢一    福井県 出身Wikipedia
芳賀 矢一(はが やいち、慶応3年5月14日(1867年6月12日) - 昭和2年(1927年)2月6日)は、日本の国文学者[1]。帝国学士院会員。
全国の福井県出身者
東京大学出身      福井県出身の東京大学の出身者      全国の東京大学の出身者
 58  丸山晩霞    長野県 東御市 出身Wikipedia
丸山 晩霞(まるやま ばんか、慶応3年5月3日(1867年6月5日) - 昭和17年(1942年)3月4日)は、日本の水彩画家。
全国の長野県出身者    全国の東御市出身者
 59  黒田長成    福岡県 出身Wikipedia
黒田 長成(くろだ ながしげ、慶応3年5月5日(1867年6月7日) - 昭和14年(1939年)8月14日)は、日本の政治家で侯爵。号は桜谷。父は筑前福岡藩の最後の藩主黒田長知であり、母はその正室・理玖(黒田長溥娘)である。妻は公爵島津忠義の娘、清子。後嗣は嫡男、黒田長礼。黒田長政から数えて福岡黒田家13代目の当主である。位階は従一位、勲等勲章は勲一等旭日桐花大綬章。
全国の福岡県出身者
慶應義塾大学出身      福岡県出身の慶應義塾大学の出身者      全国の慶應義塾大学の出身者
 60  武田千代三郎Wikipedia
武田 千代三郎(たけだ ちよさぶろう、1867年5月27日(慶応3年4月24日)- 1932年(昭和7年)5月26日)は、日本の内務官僚、教育者、スポーツ指導者。県知事、神宮皇學館長、大日本体育協会副会長、大阪市立高等商業学校長。駅伝競走の命名者として知られる。
皇學館大学出身      全国の皇學館大学の出身者
 61  伊能嘉矩    岩手県 出身Wikipedia
伊能 嘉矩(いのう かのり、慶応3年5月9日(1867年6月11日) - 大正14年(1925年)9月30日)は、日本の人類学者・民俗学者。 明治時代においていち早く人類学を学び、特に台湾原住民の研究では膨大な成果を残した。郷里岩手県遠野地方の歴史・民俗・方言の研究にも取り組み、遠野民俗学の先駆者と言われた。梅陰子という筆名での著作も多数ある。
全国の岩手県出身者
二松學舍大学出身      岩手県出身の二松學舍大学の出身者      全国の二松學舍大学の出身者
 62  桂田富士郎    石川県 加賀市  出身Wikipedia
桂田 富士郎(かつらだ ふじろう、1867年6月7日(慶応3年5月5日) - 1946年(昭和21年)4月5日)は日本の医師、病理学者である。日本住血吸虫の発見で知られる。
全国の石川県出身者    全国の加賀市 出身者
 63  吉田磯吉    福岡県 遠賀郡芦屋町 出身Wikipedia
吉田 磯吉(よしだ いそきち、1867年6月5日(慶応3年5月3日) - 1936年1月17日)は、日本の実業家・政治家である。
全国の福岡県出身者    全国の遠賀郡芦屋町出身者
 64  石井亮一Wikipedia
石井 亮一(いしい りょういち、慶応3年5月25日(1867年6月27日) - 昭和12年(1937年)6月14日)は、明治時代から昭和時代初期にかけての心理学者・教育学者・社会事業家。
立教大学出身      出身の立教大学の出身者      全国の立教大学の出身者
佐賀県立佐賀西高等学校出身      全国の佐賀県立佐賀西高等学校の出身者
 65  三井清一郎    石川県 七尾市 出身Wikipedia
三井 清一郎(みつい せいいちろう、慶応3年6月19日(1867年7月20日) - 1949年11月30日)は、石川県出身の日本の陸軍軍人・政治家(貴族院議員)である。従三位勲一等で、元功四級陸軍主計中将。宇垣一成陸相の下で宇垣軍縮を断行した陸軍省経理局長である。
全国の石川県出身者    全国の七尾市出身者
 66  岸清一    島根県 出身Wikipedia
岸 清一(きし せいいち、慶応3年7月4日(1867年8月3日) - 1933年(昭和8年)10月29日)は、日本の弁護士、政治家。国際オリンピック委員会(IOC)委員。日本の体育・スポーツ界発展のため尽力し、“近代スポーツの父”として慕われた。法学博士。
全国の島根県出身者
東京大学出身      島根県出身の東京大学の出身者      全国の東京大学の出身者
島根県立松江北高等学校出身      全国の島根県立松江北高等学校の出身者
 67  久保市三郎    埼玉県 出身Wikipedia
久保 市三郎(くぼ いちさぶろう、1867年(慶応3年7月) - 1956年(昭和31年)3月1日)は、明治時代から昭和時代の実業家・政治家。旧姓、小沢。
全国の埼玉県出身者
慶應義塾大学出身      埼玉県出身の慶應義塾大学の出身者      全国の慶應義塾大学の出身者
 68  吉田増次郎Wikipedia
吉田 増次郎(よしだ ますじろう、1867年7月29日 (慶応3年6月28日) - 1942年3月14日)は、日本海軍の軍人。最終階級は海軍中将。
海軍兵学校出身      全国の海軍兵学校の出身者
静岡県立静岡高等学校出身      全国の静岡県立静岡高等学校の出身者
 69  久保市三郎    埼玉県 羽生市(旧・三田ヶ谷村) 出身Wikipedia
久保 市三郎(くぼ いちさぶろう、1867年(慶応3年7月) - 1956年(昭和31年)3月1日)は、明治時代から昭和時代の実業家・政治家。旧姓、小沢。
全国の埼玉県出身者    全国の羽生市(旧・三田ヶ谷村)出身者
慶應義塾大学出身      埼玉県出身の慶應義塾大学の出身者      全国の慶應義塾大学の出身者
 70  鈴木天眼    福島県 出身Wikipedia
鈴木 天眼(すずき てんがん、慶応3年7月8日(1867年8月7日) - 大正15年(1926年)12月10日)は、明治期のジャーナリスト、衆議院議員。『東洋日の出新聞』創刊者。天眼は号、本名は力(ちから)。
全国の福島県出身者
 71  賀陽宮邦憲王Wikipedia
賀陽宮邦憲王(かやのみや くにのりおう、1867年7月2日(慶応3年6月1日) - 1909年(明治42年)12月8日)は日本の皇族、伊勢神宮祭主。
皇學館大学出身      出身の皇學館大学の出身者      全国の皇學館大学の出身者
 72  石橋思案Wikipedia
石橋 思案(いしばし しあん、1867年7月3日(慶応3年6月2日) – 1927年(昭和2年)1月28日)は、日本の小説家。本名、助三郎。横浜弁天町生れ。東京帝国大学中退。
東京帝国大学出身      全国の東京帝国大学の出身者
学習院高等科出身      全国の学習院高等科の出身者
 73  谷ノ音喜市    島根県 松江市 出身Wikipedia
谷ノ音 喜市(たにのおと きいち、1867年8月1日 - 1921年7月26日)は、島根県出身の大相撲力士。雷部屋所属。最高位は関脇。本名は深田久市。身長176cm、体重86kg。7代高島。
全国の島根県出身者    全国の松江市出身者
 74  大越兼吉    福島県 出身Wikipedia
大越 兼吉(おおこし かねきち、1867年8月26日(旧暦7月27日) - 1905年3月7日)は、大日本帝国陸軍軍人。最終階級は陸軍歩兵中佐。
全国の福島県出身者
 75  高根義人Wikipedia
高根 義人(たかね よしひと、1867年8月10日(慶応3年7月11日) - 1930年(昭和5年)7月14日)は、日本の法学者。専門は商法。
東京大学出身      全国の東京大学の出身者
 76  菊池武徳Wikipedia
菊池 武徳(きくち たけのり、慶応3年(1867年)8月 - 昭和21年(1946年)2月11日)は、ジャーナリスト、政治家。
慶應義塾大学出身      出身の慶應義塾大学の出身者      全国の慶應義塾大学の出身者
 77  幸田露伴Wikipedia
幸田 露伴(こうだ ろはん、1867年8月22日(慶応3年7月23日) - 1947年(昭和22年)7月30日)は、日本の小説家。本名は成行(しげゆき)。別号に蝸牛庵(かぎゅうあん)、笹のつゆ、雷音洞主、脱天子など多数。江戸(現東京都)下谷生れ。帝国学士院会員。帝国芸術院会員。第1回文化勲章受章。娘の幸田文も随筆家・小説家。高木卓の伯父。
青山学院大学出身      全国の青山学院大学の出身者
東京都立日比谷高等学校出身      全国の東京都立日比谷高等学校の出身者
 78  白石元治郎    福島県 出身Wikipedia
白石元治郎 (しらいし もとじろう、1867年8月20日(慶応3年7月21日) - 1945年(昭和20年)12月24日)は実業家。日本鋼管の初代社長。浅野総一郎の娘婿にあたる。
全国の福島県出身者
東京大学出身      福島県出身の東京大学の出身者      全国の東京大学の出身者
 79  井上微笑    福岡県 出身Wikipedia
井上 微笑(いのうえ びしょう、1867年8月1日(慶応3年7月2日) - 1936年(昭和11年)6月12日)は、俳人。
全国の福岡県出身者
 80  五島清太郎    山口県 出身Wikipedia
五島 清太郎(ごとう せいたろう、1867年8月18日 - 1935年7月20日)は日本の動物学者。東京帝国大学教授。寄生虫関連の研究で知られる。歌人 五島美代子の父。
全国の山口県出身者
東京大学出身      山口県出身の東京大学の出身者      全国の東京大学の出身者
 81  高山長幸    愛媛県 出身Wikipedia
高山 長幸(たかやま ながゆき/ながよし[1]、1867年8月7日(慶応3年7月8日) - 1937年(昭和12年)1月19日)は、明治から昭和にかけての衆議院議員(6期)、銀行家、帝国商業銀行取締役会長、東洋拓殖総裁等を歴任。号は孤竹。勲四等瑞宝章。
全国の愛媛県出身者
慶應義塾大学出身      愛媛県出身の慶應義塾大学の出身者      全国の慶應義塾大学の出身者
 82  鳥居素川    熊本県 出身Wikipedia
鳥居 素川(とりい そせん、1867年8月3日(慶応3年7月4日) – 1928年3月10日)は、明治・大正期の日本のジャーナリスト、新聞記者。本名は赫雄(てるお)。別号に素卿、玄兎。肥後国熊本の生れ。
全国の熊本県出身者
 83  五島清太郎    山口県 出身Wikipedia
五島 清太郎(ごとう せいたろう、1867年8月18日 - 1935年7月20日)は日本の動物学者。東京帝国大学教授。寄生虫関連の研究で知られる。歌人 五島美代子の父。
全国の山口県出身者
同志社大学出身      山口県出身の同志社大学の出身者      全国の同志社大学の出身者
 84  高根義人Wikipedia
高根 義人(たかね よしひと、1867年8月10日(慶応3年7月11日) - 1930年(昭和5年)7月14日)は、日本の法学者。専門は商法。
早稲田大学出身      全国の早稲田大学の出身者
 85  池田成彬    山形県 出身Wikipedia
池田 成彬(いけだ しげあき、慶応3年7月16日(1867年8月15日) - 昭和25年(1950年)10月9日)は、戦前の政治家、財界人。第14代日本銀行総裁、大蔵大臣兼商工大臣、内閣参議(第一次近衛内閣・平沼内閣・第2次近衛内閣)、枢密顧問官(東條内閣)、三井合名会社筆頭常務理事(事実上の三井財閥総帥)を歴任。平沼内閣が潰れると、元老・西園寺公望から首相打診があったが陸軍が阿部信行を推したため立ち消えとなり「幻の首相」となった。
全国の山形県出身者
慶應義塾大学出身      山形県出身の慶應義塾大学の出身者      全国の慶應義塾大学の出身者
山形県立米沢興譲館高等学校出身      全国の山形県立米沢興譲館高等学校の出身者
 86  平山信    東京都 出身Wikipedia
平山 信(ひらやま まこと、慶応3年9月9日(1867年10月6日) - 昭和20年(1945年)6月2日)は、日本の男性天文学者。名前の「信」は「しん」と読まれることもある。
全国の東京都出身者
東京大学出身      東京都出身の東京大学の出身者      全国の東京大学の出身者
 87  阿部徳三郎    岩手県 出身Wikipedia
阿部 徳三郎(あべ とくさぶろう、慶応3年9月22日[1](1867年10月19日) - 1918年(大正7年)5月14日[2])は、衆議院議員(立憲政友会)、弁護士。
全国の岩手県出身者
明治大学出身      岩手県出身の明治大学の出身者      全国の明治大学の出身者
 88  平山信    東京都 出身Wikipedia
平山 信(ひらやま まこと、慶応3年9月9日(1867年10月6日) - 昭和20年(1945年)6月2日)は、日本の男性天文学者。名前の「信」は「しん」と読まれることもある。
全国の東京都出身者
東京大学出身      東京都出身の東京大学の出身者      全国の東京大学の出身者
 89  勝田孫弥    鹿児島県 出身Wikipedia
勝田 孫弥(かつだ まごや、1867年9月22日(慶応3年8月25日) - 1941年(昭和16年)8月21日)は、鹿児島県出身の教育家・歴史家である。元士族。
全国の鹿児島県出身者
明治大学出身      鹿児島県出身の明治大学の出身者      全国の明治大学の出身者
 90  勝田孫弥    鹿児島県 出身Wikipedia
勝田 孫弥(かつだ まごや、1867年9月22日(慶応3年8月25日) - 1941年(昭和16年)8月21日)は、鹿児島県出身の教育家・歴史家である。元士族。
全国の鹿児島県出身者
明治大学出身      鹿児島県出身の明治大学の出身者      全国の明治大学の出身者
 91  三木竹二    島根県 出身Wikipedia
三木 竹二(みき たけじ、慶応3年9月5日(1867年10月2日) - 明治41年(1908年)1月10日)は、明治の劇評家で、医者。本名は森 篤次郎(もり とくじろう)。歌舞伎の型などを研究し、歌舞伎批評に客観的な基準を確立した。近年、初めてその劇評をまとめた『観劇偶評』(渡辺保編、岩波文庫、2004年)が刊行された。兄は小説家の森鴎外、妹は翻訳家・歌人・随筆家の小金井喜美子。
全国の島根県出身者
 92  長野宇平治    新潟県 上越市 出身Wikipedia
長野 宇平治(ながの うへいじ、慶応3年9月1日(1867年9月28日) - 昭和12年(1937年)12月14日)は、日本の建築家。日本建築士会初代会長。辰野金吾の弟子として知られ、数々の銀行建築を残した。越後国高田(現:新潟県上越市)生まれ。
全国の新潟県出身者    全国の上越市出身者
東京大学出身      新潟県出身の東京大学の出身者      全国の東京大学の出身者
新潟県立高田高等学校出身      全国の新潟県立高田高等学校の出身者
 93  上林敬次郎    京都府 出身Wikipedia
上林 敬次郎(かんばやし けいじろう、1867年(慶応3年9月)[1]- 没年不詳)は戦前の日本の大蔵・朝鮮総督府官僚。李王職次官、咸鏡北道知事、忠清南道長官。
全国の京都府出身者
法政大学出身      京都府出身の法政大学の出身者      全国の法政大学の出身者
 94  平沼騏一郎Wikipedia
平沼 騏一郎(ひらぬま きいちろう、慶応3年9月28日(1867年10月25日) - 昭和27年(1952年)8月22日)は、日本の司法官僚、政治家。位階は正二位。勲等は勲一等。爵位は男爵。学位は法学博士。号は機外。
東京大学出身      全国の東京大学の出身者
 95  平沼騏一郎    岡山県 津山城下南新座(現津山市) 出身Wikipedia
平沼 騏一郎(ひらぬま きいちろう、慶応3年9月28日(1867年10月25日) - 昭和27年(1952年)8月22日)は、日本の司法官僚、政治家。位階は正二位。勲等は勲一等。爵位は男爵。学位は法学博士。号は機外。
全国の岡山県出身者    全国の津山城下南新座(現津山市)出身者
東京大学出身      岡山県出身の東京大学の出身者      全国の東京大学の出身者
 96  正岡子規    愛媛県 出身Wikipedia
正岡 子規(まさおか しき、1867年10月14日〈慶応3年9月17日〉 - 1902年〈明治35年〉9月19日)は、日本の俳人、歌人、国語学研究家。名は常規(つねのり)。幼名は処之助(ところのすけ)で、のちに升(のぼる)と改めた。 正岡 子規(まさおか しき、1867年10月14日〈慶応3年9月17日〉 - 1902年〈明治35年〉9月19日)は、日本の俳人、歌人、国語学研究家。名は常規(つねのり)。幼名は処之助(ところのすけ)で、のちに升(のぼる)と改めた。
全国の愛媛県出身者
東京大学出身      愛媛県出身の東京大学の出身者      全国の東京大学の出身者
愛媛県立松山東高等学校出身      全国の愛媛県立松山東高等学校の出身者
 97  竹中彰元    岐阜県  真宗大谷派(東本願寺)の僧侶。日中戦争に際して反戦発言を行った。 出身Wikipedia
竹中 彰元(たけなか しょうげん、慶應3年10月3日〈1867年10月29日〉 - 1945年(昭和20年)10月21日)は日本の僧。真宗大谷派(本山・東本願寺、京都市左京区)に属する、美濃国岩手村(現在の岐阜県垂井町)の明泉寺の寺族として生まれた[2]。出生名は竹中 慈元であった。
全国の岐阜県出身者    全国の 真宗大谷派(東本願寺)の僧侶。日中戦争に際して反戦発言を行った。出身者
東洋大学出身      岐阜県出身の東洋大学の出身者      全国の東洋大学の出身者
 98  竹中彰元    岐阜県 出身Wikipedia
竹中 彰元(たけなか しょうげん、慶應3年10月3日〈1867年10月29日〉 - 1945年(昭和20年)10月21日)は日本の僧。真宗大谷派(本山・東本願寺、京都市左京区)に属する、美濃国岩手村(現在の岐阜県垂井町)の明泉寺の寺族として生まれた[1][2]。出生名は竹中 慈元であった[1]。
全国の岐阜県出身者
東洋大学出身      岐阜県出身の東洋大学の出身者      全国の東洋大学の出身者
 99  鈴木喜三郎Wikipedia
鈴木 喜三郎(すずき きさぶろう、慶応3年10月11日(1867年11月6日)- 昭和15年(1940年)6月24日)は、日本の司法官僚、政治家。立憲政友会第7代総裁。旧姓は川島。鳩山和夫の長女カヅと結婚し、鳩山一郎は義弟にあたる。司法官僚から、貴族院議員、清浦奎吾内閣の司法大臣、田中義一内閣の内務大臣を歴任し、衆議院議員から再度貴族院議員となった。犬養毅暗殺後の立憲政友会第7代総裁(在任、昭和7 - 昭和12、1932年 - 1937年)を務めた。
東京大学出身      出身の東京大学の出身者      全国の東京大学の出身者
 100  正岡子規    愛媛県 出身Wikipedia
正岡 子規(まさおか しき、1867年10月14日(慶応3年9月17日) - 1902年(明治35年)9月19日)は、日本の俳人、歌人、国語学研究家。名は常規(つねのり)。幼名は処之助(ところのすけ)で、のちに升(のぼる)と改めた。
全国の愛媛県出身者
東京大学出身      愛媛県出身の東京大学の出身者      全国の東京大学の出身者
 101  井上密    千葉県 出身Wikipedia
井上 密(いのうえ ひそか、1867年10月2日 - 1916年9月13日)は、日本の法学者、政治家。専門は憲法学。
全国の千葉県出身者
二松學舍大学出身      千葉県出身の二松學舍大学の出身者      全国の二松學舍大学の出身者
 102  藤島武二    鹿児島県 鹿児島市 出身Wikipedia
藤島 武二(ふじしま たけじ、1867年10月15日(慶応3年9月18日) - 1943年(昭和18年)3月19日)は、明治末から昭和期にかけて活躍した洋画家である。明治から昭和前半まで、日本の洋画壇において長らく指導的役割を果たしてきた重要な画家である。ロマン主義的な作風の作品を多く残している。
全国の鹿児島県出身者    全国の鹿児島市出身者
 103  頼母木桂吉    広島県  芦名郡網引村 出身Wikipedia
頼母木 桂吉(たのもぎ けいきち、慶応3年10月10日(1867年11月5日)- 昭和15年(1940年)2月29日)は日本の政治家・実業家。広島県芦品郡綱引村(現・福山市)生まれ。号は喜陽。
全国の広島県出身者    全国の 芦名郡網引村出身者
 104  正岡子規    愛媛県 出身Wikipedia
正岡 子規(まさおか しき、1867年10月14日(慶応3年9月17日) - 1902年(明治35年)9月19日)は、日本の俳人、歌人、国語学研究家。名は常規(つねのり)。幼名は処之助(ところのすけ)で、のちに升(のぼる)と改めた。
全国の愛媛県出身者
東京大学出身      愛媛県出身の東京大学の出身者      全国の東京大学の出身者
 105  両角三郎    福島県 出身Wikipedia
両角 三郎(もろずみ さぶろう、慶應3年11月2日(1867年11月27日) - 昭和26年(1951年)6月28日)は、日本の陸軍軍人。最終階級は陸軍中将。正四位勳二等功五級。
全国の福島県出身者
 106  中村啓次郎    和歌山県 和歌山市 出身Wikipedia
中村 啓次郎(なかむら けいじろう、1867年11月10日(慶応3年10月15日) - 1937年(昭和12年)5月22日)は、日本の政治家、弁護士、実業家。衆議院議員、衆議院議長。銀行家巽孝之丞の実弟。また、小泉信三の祖父小泉文庫はいとこにあたる[2]。
全国の和歌山県出身者    全国の和歌山市出身者
 107  武内作平Wikipedia
武内 作平(たけうち さくへい、1867年11月18日(慶応3年10月23日) - 1931年(昭和6年)11月8日)は、日本の政治家。愛媛県今治市出身。関西法律学校(現関西大学)、和仏法律学校(現法政大学)卒。
関西大学出身      全国の関西大学の出身者
 108  山本条太郎    福井県 出身Wikipedia
山本 条太郎(やまもと じょうたろう、1867年11月6日(慶応3年10月11日) - 1936年(昭和11年)3月25日)は日本の実業家・政治家。
全国の福井県出身者
 109  森道伯    茨城県 水戸市 出身Wikipedia
森 道伯(もり どうはく、慶応3年11月7日(1867年12月2日) - 昭和6年(1931年)1月19日))とは、明治・大正・昭和時代の日本の漢方家であり、後世派の一流派である一貫堂医学の創始者。
全国の茨城県出身者    全国の水戸市出身者
 110  武内作平Wikipedia
武内 作平(たけうち さくへい、1867年11月18日(慶応3年10月23日) - 1931年(昭和6年)11月8日)は、日本の政治家。愛媛県今治市出身。関西法律学校(現関西大学)、和仏法律学校(現法政大学)卒。
法政大学出身      全国の法政大学の出身者
 111  川合信水    山梨県 出身Wikipedia
川合 信水(かわい しんすい、1867年11月17日(慶応3年10月22日) - 1962年(昭和37年)7月3日)は、日本の宗教家、教育者、基督心宗の創始者[1]。号は山月[2]。
全国の山梨県出身者
東北学院大学出身      山梨県出身の東北学院大学の出身者      全国の東北学院大学の出身者
 112  島田墨仙    福井県 出身Wikipedia
島田 墨仙(しまだ ぼくせん、1867年11月4日(慶応3年10月9日) - 1943年(昭和18年)7月9日)は、明治から昭和初期に活躍した日本画家。橋本雅邦の弟子で、歴史画、特に歴史人物画に優品を残した。
全国の福井県出身者
福井県立藤島高等学校出身      全国の福井県立藤島高等学校の出身者
 113  山田準Wikipedia
山田 済斎(やまだ せいさい、慶応3年11月23日(1867年12月18日) - 昭和27年(1952年)11月21日)は、日本の漢学者、陽明学者、教育者。
二松學舍大学出身      出身の二松學舍大学の出身者      全国の二松學舍大学の出身者
 114  大石誠之助    和歌山県 新宮市 出身Wikipedia
大石 誠之助(おおいし せいのすけ、慶応3年11月4日(1867年11月29日) - 明治44年(1911年)1月24日)は、日本の社会主義者・キリスト者、医師。幸徳事件(大逆事件)で処刑された12名の1人。雅号は「禄亭」(ろくてい)。
全国の和歌山県出身者    全国の新宮市出身者
 115  三田村甚三郎    福井県 出身Wikipedia
三田村 甚三郎(みたむら じんざぶろう、1867年11月7日(慶応3年10月12日) - 1934年(昭和9年)2月13日)は、福井県武生市(現越前市)出身の日本の実業家、政治家。
全国の福井県出身者
福井県立藤島高等学校出身      全国の福井県立藤島高等学校の出身者
 116  清水釘吉    東京都 出身Wikipedia
清水 釘吉(しみず ていきち、慶応3年11月10日(1867年12月5日) - 昭和23年(1948年)9月7日)は、日本の実業家。清水組代表取締役社長。旧姓・小野。
全国の東京都出身者
青山学院大学出身      東京都出身の青山学院大学の出身者      全国の青山学院大学の出身者
 117  伊東忠太    山形県 佐倉市 出身Wikipedia
伊東 忠太(いとう ちゅうた、1867年11月21日(慶応3年10月26日) - 1954年(昭和29年)4月7日) は、明治~昭和期の建築家、建築史家である。山形県米沢市出身。号は紅雲。位階・勲等・学位・称号は、正三位・勲二等瑞宝章・工学博士・東京帝国大学名誉教授・米沢市名誉市民・第1号。早稲田大学教授。叔父(父の弟)に、官僚・政治家の平田東助がいる。
全国の山形県出身者    全国の佐倉市出身者
東京大学出身      山形県出身の東京大学の出身者      全国の東京大学の出身者
千葉県立佐倉高等学校出身      全国の千葉県立佐倉高等学校の出身者
 118  清水釘吉    東京都 出身Wikipedia
清水 釘吉(しみず ていきち、慶応3年11月10日(1867年12月5日) - 昭和23年(1948年)9月7日)は、日本の実業家。清水組代表取締役社長。旧姓・小野。
全国の東京都出身者
慶應義塾大学出身      東京都出身の慶應義塾大学の出身者      全国の慶應義塾大学の出身者
 119  龍口了信    広島県 出身Wikipedia
龍口 了信(たつぐち りょうしん、1867年11月5日(慶応3年10月10日) - 1943年12月4日)は、日本の教育者、宗教家、政治家、衆議院議員。高輪中学校・高等学校創立者。 
全国の広島県出身者
 120  伊丹弥太郎    佐賀県 出身Wikipedia
伊丹 弥太郎(いたみ やたろう、慶応2年12月12日(1867年1月17日) - 昭和8年(1933年)10月3日)は佐賀藩出身の実業家、貴族院議員。電力事業や鉄道事業に力を尽くした。現在の佐賀県佐賀市出身。
全国の佐賀県出身者
 121  毛利高範    熊本県 出身Wikipedia
毛利 高範(もうり たかのり、慶応2年12月5日(1867年1月10日) - 昭和14年(1939年)6月12日)は、子爵、貴族院議員、毛利式速記術の創始者。細川護立とははとこ。
全国の熊本県出身者
 122  岡村司    茨城県 古河市 出身Wikipedia
岡村 司(おかむら つかさ、慶応2年12月14日(1867年1月19日) - 大正11年(1922年)3月23日は、明治・大正期の法学者・弁護士。子に数学者の岡村博がいる。
全国の茨城県出身者    全国の古河市出身者
二松學舍大学出身      茨城県出身の二松學舍大学の出身者      全国の二松學舍大学の出身者
 123  岡村司    茨城県 出身Wikipedia
岡村 司(おかむら つかさ、慶応2年12月14日(1867年1月19日) - 大正11年(1922年)3月23日は、明治・大正期の法学者・弁護士。子に数学者の岡村博がいる。
全国の茨城県出身者
二松學舍大学出身      茨城県出身の二松學舍大学の出身者      全国の二松學舍大学の出身者
 124  林市蔵    熊本県 出身Wikipedia
林 市蔵(はやし いちぞう、1867年12月23日(慶応3年11月28日) - 1952年(昭和27年)2月17日)は、日本の内務官僚、銀行家。府県知事、日本信託銀行頭取。
全国の熊本県出身者
 125  三橋四郎    東京都 出身Wikipedia
三橋 四郎(みつはし しろう、慶応3年12月2日(1867年12月27日) - 大正4年(1915年)11月5日)は、明治期から大正初期に活躍した建築家。領事館をはじめとする多くの官庁建築の設計に携わるとともに、鉄網コンクリート工法を考案したことで知られる。
全国の東京都出身者
東京大学出身      東京都出身の東京大学の出身者      全国の東京大学の出身者
 126  中村是公Wikipedia
中村 是公(なかむら よしこと、通称: なかむら ぜこう、1867年12月20日(慶応3年11月25日) - 1927年(昭和2年)3月1日)は、日本の官僚・実業家・政治家である。南満州鉄道株式会社(満鉄)総裁、鉄道院総裁、東京市長、貴族院議員などを歴任した。
東京大学出身      全国の東京大学の出身者
広島県立広島国泰寺高等学校出身      全国の広島県立広島国泰寺高等学校の出身者
 127  床次竹二郎    鹿児島県 鹿児島市 出身Wikipedia
床次 竹二郎(とこなみ たけじろう、慶応2年12月1日(1867年1月6日) - 昭和10年(1935年)9月8日)は、日本の官僚、政治家、衆議院議員、内務大臣、鉄道大臣、逓信大臣、政友本党総裁。鹿児島県士族。「床次竹次郎」[注 1]は誤りである。
全国の鹿児島県出身者    全国の鹿児島市出身者
 128  生江孝之Wikipedia
生江 孝之(なまえ たかゆき、1867年12月7日(慶応3年11月12日) - 1957年(昭和32年)7月31日)は、日本の事業家、宗教家、大学教授。「昭和社会事業史への証言」(吉田久一・一番ヶ瀬泰子著)において「日本社会事業の父」と称されたとの記述がある。
青山学院大学出身      全国の青山学院大学の出身者




スポンサーリンク




有名人ナビ 出身高校編

有名人ナビ 出身大学編

有名人ナビ 誕生日編

有名人ナビ 出身都道府県編





スポンサーリンク