トップページ >1866年生まれの有名人

このサイトに登録されている誕生日で有名人の数:89,189人


スポンサーリンク


このサイトに登録されている「1866年」生まれの有名人の数:114:人
 1  鹿島清兵衛    大阪府 出身Wikipedia
鹿嶋 清兵衛(かじま せいべい、1866年(慶応2年) - 1924年(大正13年)8月6日)は、明治期の写真家。豪商の跡取り養子だったが、新橋の人気芸者・ぽん太を身請けしたことから家を出て、趣味の写真を本業とした。撮影中の事故で負傷し、その後は能の笛方になった。妻・ぽん太も唄や踊りで暮らしを支え、その献身的な姿が貞女としてもてはやされた。清兵衛の型破りな生き方は、森鴎外の小説『百物語』のモデルにもなった。昭和30年代に、清兵衛が隠したと思われる埋蔵金が見つかり、再び世間を賑わせた。
全国の大阪府出身者
 2  滋賀重列Wikipedia
滋賀 重列(しが しげつら、1866年 - 1936年)は日本の建築家。
東京工業大学出身      全国の東京工業大学の出身者
東京都立日比谷高等学校出身      全国の東京都立日比谷高等学校の出身者
 3  諸井春畦    埼玉県 本庄市(旧・児玉郡本庄宿) 出身Wikipedia
諸井 春畦(もろい しゅんけい、1866年(慶応2年) - 1919年(大正8年)5月9日)は、明治期から大正期にかけての実業家、書家。諱は直行、字は習郷、通称は時三郎。春畦は号である。
全国の埼玉県出身者    全国の本庄市(旧・児玉郡本庄宿)出身者
 4  石田仁太郎Wikipedia
石田 仁太郎(いしだ じんたろう、1866年[2] - 1940年[2])は、日本の政治家、弁護士。栃木県宇都宮市長、衆議院議員などを歴任した。
明治大学出身      全国の明治大学の出身者
 5  石谷伝四郎    鳥取県 出身Wikipedia
石谷 伝四郎(いしたに でんしろう、1866年 - 1923年)は、日本の実業家、政治家。鳥取県平民[1]。鳥取県多額納税者[1]。
全国の鳥取県出身者
慶應義塾大学出身      鳥取県出身の慶應義塾大学の出身者      全国の慶應義塾大学の出身者
 6  藤田川藤介    富山県 出身Wikipedia
藤田川藤介(ふじたがわ とうすけ、1866年 - 没年不明)は、明治時代の大相撲力士である。富山県出身で最高位は東三段目十八枚目。引退後は世話人。
全国の富山県出身者
 7  太田達人    岩手県 出身Wikipedia
太田 達人(おおた たつと、1866年 - 1945年)は、陸奥国岩手郡東中野村(現盛岡市)出身の教育者。父は盛岡藩の武士。夏目漱石とは大学予備門時代からの親友で、晩年の自伝的作品「硝子戸の中」で友達「O」として登場している。
全国の岩手県出身者
青山学院大学出身      岩手県出身の青山学院大学の出身者      全国の青山学院大学の出身者
秋田県立横手高等学校出身      全国の秋田県立横手高等学校の出身者
 8  屋部憲通    沖縄県 山川村 出身Wikipedia
屋部 憲通(やぶ けんつう、1866年 - 1937年)は、戦前活躍した沖縄県の唐手(現・空手)家。松村宗棍、糸洲安恒らに師事した首里手の大家で、松茂良興作にも師事して泊手も修めた。
全国の沖縄県出身者    全国の山川村出身者
 9  三鬼鑑太郎Wikipedia
三鬼 鑑太郎(みき かんたろう、1866年(慶応2年) - 1943年(昭和18年)4月21日)は、日本の政治家(衆議院議員)、実業家。
明治大学出身      全国の明治大学の出身者
 10  義村朝義    沖縄県 赤平村 出身Wikipedia
義村 朝義(よしむら ちょうぎ、1866年(慶応2年)-1945年(昭和20年))は、琉球王国末期に生まれた琉球王族であり、義村御殿4世当主。書道や絵画をよくし、また、空手(唐手)家としても知られる。
全国の沖縄県出身者    全国の赤平村出身者
 11  遠藤於莵Wikipedia
遠藤 於莵(えんどう おと、1866年 - 1943年2月17日)は、日本の建築家。日本における鉄筋コンクリート技術の先駆者の一人で、「日本のペレ」とも評される。
東京大学出身      全国の東京大学の出身者
 12  児島献吉郎    岡山県 出身Wikipedia
児島 献吉郎(こじま けんきちろう、1866年 - 1931年12月22日)は日本の中国文学者。京城帝国大学教授。二松学舎学長。
全国の岡山県出身者
二松學舍大学出身      岡山県出身の二松學舍大学の出身者      全国の二松學舍大学の出身者
 13  蘆野敬三郎Wikipedia
蘆野 敬三郎(あしの けいざぶろう、1866年(慶応2年) - 1941年(昭和16年)2月17日)は、数学天文学者、海軍大学教授、理学士、気象関係従事者。従三位勲二等。
慶應義塾大学出身      全国の慶應義塾大学の出身者
 14  望月小太郎    山梨県 出身Wikipedia
望月 小太郎(もちづき こたろう、1866年1月1日(慶応元年11月15日) - 1927年(昭和2年)5月19日)は、日本の政治家、弁護士、衆議院議員(7期)、ジャーナリスト。号は鶯渓。従五位旭日中綬章。
全国の山梨県出身者
慶應義塾大学出身      山梨県出身の慶應義塾大学の出身者      全国の慶應義塾大学の出身者
 15  山内晋卿    島根県 出身Wikipedia
山内 晋卿(やまのうち しんきょう、旧名: 晋(すすむ)、1866年1月26日(慶応元年12月10日) - 1945年(昭和20年)9月9日)は、仏教学者、漢文学者、中国史学者。石見国(現島根県)生まれ。
全国の島根県出身者
東北大学出身      島根県出身の東北大学の出身者      全国の東北大学の出身者
 16  山内晋卿    島根県 出身Wikipedia
山内 晋卿(やまのうち しんきょう、旧名: 晋(すすむ)、1866年1月26日(慶応元年12月10日) - 1945年(昭和20年)9月9日)は、仏教学者、漢文学者、中国史学者。石見国(現島根県)生まれ。
全国の島根県出身者
東京大学出身      島根県出身の東京大学の出身者      全国の東京大学の出身者
 17  榎本虎彦Wikipedia
榎本 虎彦(えのもと とらひこ、慶応2年1月10日(1866年2月24日) - 大正5年(1916年)11月16日)は明治・大正の歌舞伎作家。俳号は破笠。和歌山市出身である。歌舞伎座の立作者として『南都炎上』、『名工柿右衛門』などの代表作を残す。
和歌山大学出身      全国の和歌山大学の出身者
 18  近藤次繁    長野県 出身Wikipedia
近藤 次繁(こんどう つぐしげ、1866年1月17日(慶応元年12月1日) - 1944年(昭和19年)3月4日)は、日本の明治から昭和期における医学博士・外科医。東京帝国大学医学部教授・病院長。日本で最初に胃がんの手術を成功させた外科医である。。
全国の長野県出身者
東京帝国大学出身      長野県出身の東京帝国大学の出身者      全国の東京帝国大学の出身者
長野県松本深志高等学校出身      全国の長野県松本深志高等学校の出身者
 19  遠山参良    熊本県 鏡町(現・八代市) 出身Wikipedia
遠山 参良(とおやま さぶろう(さんりょう)、慶応2年1月13日(1866年2月27日) - 昭和7年(1932年)10月9日))は、明治〜昭和時代前期の教育者。米国留学後、第五高等学校英語教授になり、1911年3月九州学院初代院長となる。
全国の熊本県出身者    全国の鏡町(現・八代市)出身者
 20  本田増次郎    岡山県 美作国津山 出身Wikipedia
本田 増次郎(ほんだ ますじろう、1866年1月15日(慶応2年11月29日)- 1925年11月25日)は、岡山県久米郡美咲町出身のイギリス文学者、教育家、ジャーナリスト、民間外交家。柔道3段。
全国の岡山県出身者    全国の美作国津山出身者
 21  山内晋卿    島根県 大田市 出身Wikipedia
山内 晋卿(やまのうち しんきょう、旧名: 晋(すすむ)、1866年1月26日(慶応元年12月10日) - 1945年(昭和20年)9月9日)は、仏教学者、漢文学者、中国史学者。石見国(現島根県)生まれ。
全国の島根県出身者    全国の大田市出身者
東北大学出身      島根県出身の東北大学の出身者      全国の東北大学の出身者
 22  橋本又吉郎Wikipedia
橋本 又吉郎(はしもと またきちろう、1866年1月31日(慶応元年12月15日) - 1928年(昭和3年)6月3日)は、日本の海軍軍人。最終階級は海軍少将。現在の広島県出身。
修道高等学校出身      全国の修道高等学校の出身者
 23  安藤和風    秋田県 出身Wikipedia
安藤 和風(あんどう はるかぜ、慶応2年1月12日(1866年2月26日) - 昭和11年(1936年)12月26日)は、日本のジャーナリスト、マスメディア経営者、俳人、郷土史研究家。通名および俳号は「和風」をそのまま音読みして「わふう」。
全国の秋田県出身者
東京学園高等学校出身      全国の東京学園高等学校の出身者
 24  安藤和風    秋田県 出身Wikipedia
安藤 和風(あんどう はるかぜ、慶応2年1月12日(1866年2月26日) - 昭和11年(1936年)12月26日)は、日本のジャーナリスト、マスメディア経営者、俳人、郷土史研究家。通名および俳号は「和風」をそのまま音読みして「わふう」。
全国の秋田県出身者
秋田県立秋田高等学校出身      全国の秋田県立秋田高等学校の出身者
 25  作田右手雄Wikipedia
作田 右手雄(1866年(慶応2年)1月12日 – 不明)は、日本の裁判官。
明治大学出身      全国の明治大学の出身者
 26  山本玄峰    和歌山県 田辺市 出身Wikipedia
山本 玄峰(やまもと げんぽう、慶応2年1月28日(1866年3月14日) - 昭和36年(1961年)6月3日)は、和歌山県本宮町生まれの禅僧。昭和において多くの著名人が参禅に訪れた静岡県三島市の龍沢寺の住職として有名。鈴木貫太郎に終戦を勧め、戦後も象徴天皇制を鋭く示唆する。
全国の和歌山県出身者    全国の田辺市出身者
 27  松方幸次郎    鹿児島県 鹿児島市 出身Wikipedia
松方 幸次郎(まつかた こうじろう、1866年1月17日(慶応元年12月1日) - 1950年(昭和25年)6月24日)は、日本の実業家、政治家。川崎造船所社長、衆議院議員(日本進歩党)、美術収集家。エール大学、ソルボンヌ大学卒業。
全国の鹿児島県出身者    全国の鹿児島市出身者
攻玉社高等学校出身      全国の攻玉社高等学校の出身者
 28  寺崎広業    秋田県 秋田市 出身Wikipedia
寺崎 広業(てらさき こうぎょう、慶応2年2月25日(1866年4月10日) - 1919年2月21日)は、秋田県出身の日本画家。
全国の秋田県出身者    全国の秋田市出身者
 29  若槻禮次郎    島根県 松江市 出身Wikipedia
若槻 禮次郞(わかつき れいじろう、慶応2年2月5日(1866年3月21日) - 昭和24年(1949年)11月20日)は、日本の大蔵官僚、政治家。栄典は正二位勲一等男爵。旧姓は奥村。幼名は源之丞。号は克堂。新字体にて若槻 礼次郎(わかつき れいじろう)と表記されることもある[注釈 1]。
全国の島根県出身者    全国の松江市出身者
東京大学出身      島根県出身の東京大学の出身者      全国の東京大学の出身者
 30  斎藤秀三郎    宮城県 出身Wikipedia
斎藤 秀三郎(さいとう ひでさぶろう、1866年2月16日(慶応2年1月2日) - 1929年(昭和4年)11月9日は、明治・大正期を代表する英語学者・教育者。宮城県仙台市出身。
全国の宮城県出身者
 31  若槻礼次郎    島根県 松江市 出身Wikipedia
若槻 禮次郞(わかつき れいじろう、慶応2年2月5日(1866年3月21日) - 昭和24年(1949年)11月20日)は、日本の大蔵官僚、政治家。栄典は正二位勲一等男爵。旧姓は奥村。幼名は源之丞。号は克堂。新字体にて若槻 礼次郎(わかつき れいじろう)と表記されることもある[注釈 1]。
全国の島根県出身者    全国の松江市出身者
東京大学出身      島根県出身の東京大学の出身者      全国の東京大学の出身者
島根県立松江北高等学校出身      全国の島根県立松江北高等学校の出身者
 32  中部幾次郎    兵庫県 明石市 出身Wikipedia
中部 幾次郎(なかべ いくじろう 1866年2月18日(旧暦慶応2年1月4日) - 1946年(昭和21年)5月19日)は、明治から昭和初期(1900年代後半~1940年代前半)の実業家。林兼商店(後の大洋漁業、現在のマルハニチロの前身の一つ)創業者。貴族院議員。
全国の兵庫県出身者    全国の明石市出身者
 33  大瀬甚太郎    石川県 金沢市 出身Wikipedia
大瀬 甚太郎(おおせ じんたろう、1866年2月9日(慶応元年12月24日) - 1944年(昭和19年)5月29日は、近代日本の教育学者。号は金城。近代日本における体系的な教育学の樹立者、西洋教育史学の開拓者として評価されている。
全国の石川県出身者    全国の金沢市出身者
 34  河口慧海    大阪府 堺市 出身Wikipedia
河口 慧海(かわぐち えかい、1866年2月26日(慶応2年1月12日) - 1945年(昭和20年)2月24日)は、黄檗宗の僧侶。仏教学者にして探検家。幼名を定治郎という。僧名は慧海仁広(えかいじんこう)。
全国の大阪府出身者    全国の堺市出身者
東洋大学出身      大阪府出身の東洋大学の出身者      全国の東洋大学の出身者
 35  中川小十郎Wikipedia
中川 小十郎(なかがわ こじゅうろう、1866年2月18日(慶応2年1月4日) - 1944年(昭和19年)10月7日)は、元貴族院議員、文部省官僚で、京都法政学校(現在の立命館大学)創立者。丹波国南桑田郡馬路村(現在の京都府亀岡市馬路町)生まれ。 官僚 教育者 実業家
東京大学出身      全国の東京大学の出身者
東京都立日比谷高等学校出身      全国の東京都立日比谷高等学校の出身者
 36  野間口兼雄    鹿児島県 出身Wikipedia
野間口 兼雄(のまぐち かねお、慶応2年2月14日(1866年3月30日) - 昭和18年(1943年)12月24日)は、日本の海軍軍人、海軍大将。
全国の鹿児島県出身者
攻玉社高等学校出身      全国の攻玉社高等学校の出身者
 37  河口慧海Wikipedia
河口 慧海(かわぐち えかい、1866年2月26日(慶応2年1月12日) - 1945年(昭和20年)2月24日)は、黄檗宗の僧侶。仏教学者にして探検家。幼名を定治郎という。僧名は慧海仁広(えかいじんこう)。
東洋大学出身      全国の東洋大学の出身者
 38  松崎蔵之助    千葉県 出身Wikipedia
松崎 蔵之助(まつざき くらのすけ、1866年2月1日(慶応元年12月16日) - 1919年(大正8年)11月12日)は明治時代から大正時代にかけての日本の経済学者。法学博士。
全国の千葉県出身者
東京大学出身      千葉県出身の東京大学の出身者      全国の東京大学の出身者
東京都立日比谷高等学校出身      全国の東京都立日比谷高等学校の出身者
 39  菊池慎之助    茨城県 水戸市 出身Wikipedia
菊池 慎之助(きくち しんのすけ、1866年3月31日(慶応2年2月15日) - 1927年8月22日)は、日本陸軍の軍人。最終階級は陸軍大将。
全国の茨城県出身者    全国の水戸市出身者
 40  廣池千九郎    大分県 出身Wikipedia
廣池 千九郎(ひろいけ ちくろう、1866年(慶応2年)3月29日 - 1938年(昭和13年)6月4日)は、日本の法学者 、歴史学者、教育者、元宗教家。
全国の大分県出身者
慶應義塾大学出身      大分県出身の慶應義塾大学の出身者      全国の慶應義塾大学の出身者
 41  岡井藤之丞    岐阜県 出身Wikipedia
岡井 藤之丞(おかい とうのじょう、1866年(慶應2年3月)-1944年(昭和19年)12月19日)は日本の政治家、弁護士。衆議院議員(中央倶楽部)。
全国の岐阜県出身者
法政大学出身      岐阜県出身の法政大学の出身者      全国の法政大学の出身者
 42  廣池千九郎    大分県 出身Wikipedia
廣池 千九郎(ひろいけ ちくろう、1866年(慶応2年)3月29日 - 1938年(昭和13年)6月4日)は、日本の法学者 、歴史学者、教育者、元宗教家。
全国の大分県出身者
慶應義塾大学出身      大分県出身の慶應義塾大学の出身者      全国の慶應義塾大学の出身者
 43  西郷四郎    福島県 出身Wikipedia
西郷 四郎(さいごう しろう、1866年3月20日(慶応2年2月4日) - 1922年(大正11年)12月22日)は、明治時代の柔道家。講道館四天王の一人。富田常雄の小説『姿三四郎』のモデル。
全国の福島県出身者
成城高等学校出身      全国の成城高等学校の出身者
 44  黒木欽堂    香川県 出身Wikipedia
黒木 欽堂(くろき きんどう、1866年3月11日-1923年8月31日)は、大正時代の書家。名は安雄。
全国の香川県出身者
二松學舍大学出身      香川県出身の二松學舍大学の出身者      全国の二松學舍大学の出身者
 45  山屋他人    岩手県 出身Wikipedia
山屋 他人(やまや たにん、慶応2年3月4日(1866年)4月18日 - 昭和15年(1940年)9月10日)は、日本の海軍軍人。海軍大将。皇太子徳仁親王妃雅子は曾孫にあたる。
全国の岩手県出身者
攻玉社高等学校出身      全国の攻玉社高等学校の出身者
 46  若槻禮次郎    島根県 出身Wikipedia
若槻 禮次郞(わかつき れいじろう、1866年3月21日(慶応2年2月5日) - 1949年(昭和24年)11月20日)は、日本の大蔵官僚、政治家。位階は正二位。勲等は勲一等。爵位は男爵。旧姓は奥村。幼名は源之丞。号は克堂。新字体にて若槻 礼次郎(わかつき れいじろう)と表記されることもある[1]。
全国の島根県出身者
東京大学出身      島根県出身の東京大学の出身者      全国の東京大学の出身者
 47  石井菊次郎    千葉県 長柄郡真名村 出身Wikipedia
石井 菊次郎(いしい きくじろう、慶応2年旧暦3月10日(1866年4月24日)- 1945年(昭和20年)5月25日?)は、日本の外交官、政治家。第2次大隈内閣で外務大臣を務め、国際連盟設立期には日本代表を務めた。特使としてアメリカで締結した石井・ランシング協定にその名を残すことでも知られる。
全国の千葉県出身者    全国の長柄郡真名村出身者
東京帝国大学出身      千葉県出身の 東京帝国大学の出身者      全国の 東京帝国大学の出身者
千葉県立千葉高等学校出身      全国の千葉県立千葉高等学校の出身者
 48  石井菊次郎    千葉県 出身Wikipedia
石井 菊次郎(いしい きくじろう、1866年4月24日(慶応2年3月10日) - 1945年(昭和20年)5月25日?)は、日本の外交官、政治家。第2次大隈内閣で外務大臣を務め、国際連盟設立期には日本代表を務めた。また特使としてアメリカで締結した、石井・ランシング協定にその名を残す。
全国の千葉県出身者
東京大学出身      千葉県出身の東京大学の出身者      全国の東京大学の出身者
 49  石井菊次郎    千葉県 出身Wikipedia
石井 菊次郎(いしい きくじろう、1866年4月24日(慶応2年3月10日) - 1945年(昭和20年)5月25日?)は、日本の外交官、政治家。第2次大隈内閣で外務大臣を務め、国際連盟設立期には日本代表を務めた。また特使としてアメリカで締結した、石井・ランシング協定にその名を残す。
全国の千葉県出身者
東京大学出身      千葉県出身の東京大学の出身者      全国の東京大学の出身者
 50  2代目川崎八右衛門    茨城県 茨城町 出身Wikipedia
2代目川崎 八右衛門(かわさき はちえもん、慶応2年(1866年)4月5日 - 昭和22年(1947年))は、日本の実業家。初代川崎八右衛門、世舞子夫妻の三男。金三郎と命名される。川崎守之助の父。妻、幸子(こうこ)は、男爵郷誠之助の妹。東京川崎財閥第2代目当主。
全国の茨城県出身者    全国の茨城町出身者
 51  石田仁太郎    熊本県 出身Wikipedia
石田 仁太郎(いしだ じんたろう、慶応2年4月8日(1866年5月22日) - 昭和15年(1940年)[3])は、日本の政治家、弁護士。栃木県宇都宮市長、衆議院議員などを歴任した。
全国の熊本県出身者
明治大学出身      熊本県出身の明治大学の出身者      全国の明治大学の出身者
 52  松本亀次郎    静岡県 掛川市 出身Wikipedia
松本 龜次郎(まつもと かめじろう、1866年4月3日(慶応2年2月18日)- 1945年9月12日)は、日本の教育者、日本語教師、国語学者。北京大学教授、東亜高等予備校教頭などを歴任した。
全国の静岡県出身者    全国の掛川市出身者
東京高等師範学校出身      静岡県出身の東京高等師範学校の出身者      全国の東京高等師範学校の出身者
静岡県立掛川西高等学校出身      全国の静岡県立掛川西高等学校の出身者
 53  平生釟三郎    岐阜県 出身Wikipedia
平生 釟三郎(ひらお はちさぶろう、慶応2年5月22日(1866年7月4日) - 昭和20年(1945年)11月27日)は、日本の実業家、教育者(甲南学園創立者)、政治家(廣田内閣で文部大臣、貴族院勅選議員、枢密顧問官)。
全国の岐阜県出身者
一橋大学出身      岐阜県出身の一橋大学の出身者      全国の一橋大学の出身者
岐阜県立岐阜高等学校出身      全国の岐阜県立岐阜高等学校の出身者
 54  渡辺香墨    茨城県 出身Wikipedia
渡辺 香墨(わたなべ こうぼく、1866年(慶應2年5月27日) - 1912年(大正元年)12月28日)は、日本の法律家、俳人。正岡子規の門人、台湾俳壇の基礎を作った一人。本名は助次郎(すけじろう)。
全国の茨城県出身者
法政大学出身      茨城県出身の法政大学の出身者      全国の法政大学の出身者
 55  今村力三郎    長野県 出身Wikipedia
今村 力三郎(いまむら りきさぶろう、1866年6月14日(慶応2年5月2日 ) - 1954年(昭和29年)6月12日)は、日本の弁護士であり、元裁判官。専修大学総長(第5代)。
全国の長野県出身者
専修大学出身      長野県出身の専修大学の出身者      全国の専修大学の出身者
 56  東郷慎十郎Wikipedia
東郷 慎十郎(とうごう しんじゅうろう 慶応2年5月12日(1866年6月25日) - 昭和5年(1930年)4月20日)は日本の実業家・篤志家。湘南地域の学校や教育施設などに多額の寄付を行い、地域の教育に多大な貢献をした。特に鎌倉町の図書館設立に当たっては、建設費の寄付・図書千冊の寄贈を行い、中心的な役割を果たした。
東京都立日比谷高等学校出身      全国の東京都立日比谷高等学校の出身者
 57  大田黒重五郎    東京都 出身Wikipedia
大田黒 重五郎(おおたぐろ じゅうごろう、慶応2年6月15日(1866年7月26日)[1] - 昭和19年(1944年)7月28日)は江戸出身の実業家。
全国の東京都出身者
一橋大学出身      東京都出身の一橋大学の出身者      全国の一橋大学の出身者
 58  石谷伝四郎    鳥取県 智頭町 出身Wikipedia
石谷 伝四郎(いしたに でんしろう、1866年6月12日(慶応2年4月29日)- 1923年(大正12年)12月19日[2])は、日本の実業家、政治家。鳥取県平民[3]。鳥取県多額納税者[3]。
全国の鳥取県出身者    全国の智頭町出身者
慶應義塾大学出身      鳥取県出身の慶應義塾大学の出身者      全国の慶應義塾大学の出身者
 59  今村力三郎    長野県 出身Wikipedia
今村 力三郎(いまむら りきさぶろう、1866年6月14日(慶応2年5月2日 ) - 1954年(昭和29年)6月12日)は、日本の弁護士であり、元裁判官。専修大学総長(第5代)。
全国の長野県出身者
専修大学出身      長野県出身の専修大学の出身者      全国の専修大学の出身者
 60  二宮忠八    愛媛県 出身Wikipedia
二宮 忠八(にのみや ちゅうはち、慶応2年6月9日(1866年7月20日)- 1936年(昭和11年)4月8日)は、明治時代の航空機研究者。伊予国宇和郡八幡浜浦矢野町(愛媛県八幡浜市矢野町)出身。
全国の愛媛県出身者
 61  土肥慶蔵    福井県 出身Wikipedia
土肥 慶蔵(どひ けいぞう、慶応2年6月9日(1866年7月20日) - 昭和6年(1931年)11月6日)は、日本の医学者。号は鶚軒。
全国の福井県出身者
 62  高楠順次郎Wikipedia
高楠 順次郎(たかくす じゅんじろう、1866年6月29日(慶応2年5月17日) - 1945年(昭和20年)6月28日)は、戦前の仏教学者、インド学者。1912年、帝国学士院会員。学位は文学博士、ドクトル・フィロソフィエ(ライプツィヒ大学)など。称号は東京帝国大学名誉教授。1944年に文化勲章を受章。
東洋大学出身      全国の東洋大学の出身者
 63  栃内曽次郎    岩手県 出身Wikipedia
栃内 曽次郎(とちない そうじろう、慶応2年6月8日(1866年7月19日) - 昭和7年(1932年)7月12日)は、日本の海軍軍人。最終階級は海軍大将。晩年には貴族院議員を務めた。
全国の岩手県出身者
攻玉社高等学校出身      全国の攻玉社高等学校の出身者
 64  高楠順次郎Wikipedia
高楠 順次郎(たかくす じゅんじろう、1866年6月29日(慶応2年5月17日) - 1945年(昭和20年)6月28日)は、戦前の仏教学者、インド学者。1912年、帝国学士院会員。学位は文学博士、ドクトル・フィロソフィエ(ライプツィヒ大学)など。称号は東京帝国大学名誉教授。1944年に文化勲章を受章。
龍谷大学出身      全国の龍谷大学の出身者
 65  高楠順次郎    広島県 出身Wikipedia
高楠 順次郎(たかくす じゅんじろう、1866年6月29日(慶応2年5月17日) - 1945年(昭和20年)6月28日)は、戦前の仏教学者、インド学者。1912年、帝国学士院会員。学位は文学博士、ドクトル・フィロソフィエ(ライプツィヒ大学)など。称号は東京帝国大学名誉教授。1944年に文化勲章を受章。
全国の広島県出身者
龍谷大学出身      広島県出身の龍谷大学の出身者      全国の龍谷大学の出身者
 66  福田雅太郎Wikipedia
福田 雅太郎(ふくだ まさたろう、1866年7月7日(慶応2年5月25日) - 1932年6月1日)は、日本陸軍の軍人。陸士旧9期、陸大9期。栄典は従三位勲一等功三級、聖マイケル・聖ジョージ勲章ナイト・コマンダー(KCMG)[要出典]。最終階級は陸軍大将。
陸軍士官学校出身      出身の陸軍士官学校の出身者      全国の陸軍士官学校の出身者
長崎県立大村高等学校出身      全国の長崎県立大村高等学校の出身者
 67  本多静六    埼玉県 久喜市 出身Wikipedia
本多 静六(ほんだ せいろく、慶応2年7月2日(1866年8月11日) - 昭和27(1952年)1月29日)は、日本の林学博士、造園家、株式投資家。日本の「公園の父」といわれる。旧名、折原静六。
全国の埼玉県出身者    全国の久喜市出身者
 68  佐藤義長    福島県 出身Wikipedia
佐藤 義長(さとう よしなが、1866年7月20日(慶応2年5月20日) - 1937年(昭和12年)1月8日)は、日本の農学者。農芸化学を専門とする農学博士で、宇都宮高等農林、盛岡高等農林の各校長を務めた。
全国の福島県出身者
 69  佐藤鉄太郎    山形県 出身Wikipedia
佐藤 鐡太郎(さとう てつたろう、慶応2年7月13日(1866年8月22日) - 昭和17年(1942年)3月4日)は、日本の海軍軍人、貴族院議員、学習院教授。最終階級及び栄典は海軍中将・正三位・勲一等瑞宝章・功三級。山形県鶴岡市出身。
全国の山形県出身者
 70  葉住利蔵    群馬県 出身Wikipedia
葉住 利蔵(はすみ りぞう、慶應2年7月6日(1866年8月15日) - 大正15年(1926年)9月14日)は、日本の実業家、政治家。上野国太田(現・群馬県太田市)出身。号は松堂。
全国の群馬県出身者
 71  石井義太郎    佐賀県 出身Wikipedia
石井 義太郎(いしい よしたろう / ぎたろう、慶応2年7月27日(1866年9月5日) - 昭和2年(1927年)2月16日)は、日本の海軍軍人。最終階級は海軍少将。
全国の佐賀県出身者
 72  光永星郎    熊本県 八代郡野津村(現・氷川町) 出身Wikipedia
光永 星郎(みつなが ほしお、慶応2年7月26日(1866年9月4日) – 昭和20年(1945年)2月20日)は、日本の広告代理店・電通の創業者(より正確には、日本広告および日本電報通信社の創業者)である。雅号は「八火」。
全国の熊本県出身者    全国の八代郡野津村(現・氷川町)出身者
 73  黒井悌次郎    山形県 米沢市 出身Wikipedia
黒井 悌次郎(くろい ていじろう、慶応2年5月22日(1866年7月4日) - 昭和12年(1937年)4月29日)は明治から大正期の日本の海軍軍人。海軍大将。山形県出身。なお、江戸時代の米沢藩士・黒井忠寄との関係は不詳。
全国の山形県出身者    全国の米沢市出身者
海軍兵学校出身      山形県出身の海軍兵学校の出身者      全国の海軍兵学校の出身者
山形県立米沢興譲館高等学校出身      全国の山形県立米沢興譲館高等学校の出身者
 74  内藤湖南    秋田県 鹿角市 出身Wikipedia
内藤 湖南(ないとう こなん、1866年8月27日(慶応2年7月18日) - 1934年(昭和9年)6月26日)は日本の東洋史学者。名は虎次郎。字は炳卿(へいけい)。湖南は号。別号に黒頭尊者。白鳥庫吉と共に戦前を代表する東洋学者であり、戦前の邪馬台国論争、中国に於ける時代区分論争などで学会を二分した。
全国の秋田県出身者    全国の鹿角市出身者
秋田大学出身      秋田県出身の秋田大学の出身者      全国の秋田大学の出身者
 75  仲小路廉    山口県 出身Wikipedia
仲小路 廉(なかしょうじ れん、1866年8月23日(慶応2年7月3日) - 1924年(大正13年)1月17日)は、日本の検察官、官僚、貴族院勅選議員。
全国の山口県出身者
大阪府立北野高等学校出身      全国の大阪府立北野高等学校の出身者
 76  松浦寅三郎    長崎県 出身Wikipedia
松浦 寅三郎(まつうら とらさぶろう、慶応2年8月4日(1866年9月12日) - 昭和22年(1947年)1月15日)は、日本の教育者。
全国の長崎県出身者
皇學館大学出身      長崎県出身の皇學館大学の出身者      全国の皇學館大学の出身者
学習院女子高等科出身      全国の学習院女子高等科の出身者
 77  中村不折    東京都 出身Wikipedia
中村 不折(なかむら ふせつ、1866年8月19日(慶応2年7月10日) - 1943年(昭和18年)6月6日)は明治、大正、昭和期に活躍した日本の洋画家、書家である。正五位。太平洋美術学校校長。夏目漱石『吾輩は猫である』の挿絵画家として知られている。
全国の東京都出身者
 78  松浦寅三郎    長崎県 出身Wikipedia
松浦 寅三郎(まつうら とらさぶろう、慶応2年8月4日(1866年9月12日) - 昭和22年(1947年)1月15日)は、日本の教育者。
全国の長崎県出身者
東京大学出身      長崎県出身の東京大学の出身者      全国の東京大学の出身者
東京都立日比谷高等学校出身      全国の東京都立日比谷高等学校の出身者
 79  黒田清輝    鹿児島県 鹿児島市 出身Wikipedia
黒田 清輝(くろだ せいき、1866年8月9日(慶応2年6月29日) - 1924年(大正13年)7月15日)は、日本の洋画家、政治家。位階は従三位。勲等は勲二等。爵位は子爵。通称は新太郎(しんたろう)。名の清輝は、本名は「きよてる」だが、画名は「せいき」と読む。教え子からは「メートル(先生)」(maître)とフランス語で呼ばれた。
全国の鹿児島県出身者    全国の鹿児島市出身者
二松學舍大学出身      鹿児島県出身の二松學舍大学の出身者      全国の二松學舍大学の出身者
 80  黒田清輝    鹿児島県 出身Wikipedia
黒田 清輝(くろだ せいき、1866年8月9日(慶応2年6月29日) - 1924年(大正13年)7月15日)は、日本の洋画家、政治家。位階は従三位。勲等は勲二等。爵位は子爵。通称は新太郎(しんたろう)。名の清輝は、本名では「きよてる」と読むが、画名では「せいき」と読む。
全国の鹿児島県出身者
二松學舍大学出身      鹿児島県出身の二松學舍大学の出身者      全国の二松學舍大学の出身者
 81  井深彦三郎    福島県 出身Wikipedia
井深 彦三郎(いぶか ひこさぶろう、慶応2年8月2日〈1866年9月10日〉- 大正5年〈1916年〉4月4日)は、日本の政治家、大陸浪人。明治時代の陸軍工作員であり、衆議院議員当選1回。旧会津藩士族の出身で、兄に松平容保の小姓から後に宣教師、明治学院総理となった井深梶之助、娘にハンセン氏病患者の救済に尽くした井深八重がいる。
全国の福島県出身者
 82  鈴木島吉    静岡県 出身Wikipedia
鈴木 島吉(すずき しまきち、1866年8月5日(慶応2年6月25日) - 1943年(昭和18年)11月24日)は、明治期の銀行家、日本興業銀行初代総裁。
全国の静岡県出身者
慶應義塾大学出身      静岡県出身の慶應義塾大学の出身者      全国の慶應義塾大学の出身者
 83  内藤湖南    秋田県 出身Wikipedia
内藤 湖南(ないとう こなん、1866年8月27日(慶応2年7月18日)[1] - 1934年(昭和9年)6月26日)は日本の東洋史学者。名は虎次郎。字は炳卿(へいけい)。湖南は号。別号に黒頭尊者。白鳥庫吉と共に戦前を代表する東洋学者であり、戦前の邪馬台国論争、中国に於ける時代区分論争などで学会を二分した。
全国の秋田県出身者
秋田大学出身      秋田県出身の秋田大学の出身者      全国の秋田大学の出身者
 84  坂本紅蓮洞Wikipedia
坂本 紅蓮洞(さかもと ぐれんどう、1866年(慶応2年)9月?日 - 1925年(大正14年)12月16日[1])は、明治・大正期の文芸評論家、新聞記者、放浪生活者。本名は易徳。肩書きは「奇人」[2]。のらりくらりと放浪生活に身をやつし、酒に酔っては毒舌を弄し、窮乏のうちに死んだ「文壇名物男」であった[1]。
慶應義塾大学出身      全国の慶應義塾大学の出身者
 85  山岡順太郎    石川県 出身Wikipedia
山岡 順太郎(やまおか じゅんたろう、慶応2年9月18日(1866年10月26日) - 昭和3年(1928年)11月26日)は、日本の実業家。大阪商工会議所第8代会頭(1919年 - 1923年)。関西大学第11代学長(1922年 - 1925年)。
全国の石川県出身者
金沢大学出身      石川県出身の金沢大学の出身者      全国の金沢大学の出身者
 86  渡邊正清    山口県 出身Wikipedia
渡邊 正清(わたなべ まさきよ、慶応2年9月9日[1](1866年10月17日) – 昭和3年(1928年)9月3日)は、日本の衆議院議員(憲政会→立憲民政党)、検事、弁護士。
全国の山口県出身者
明治大学出身      山口県出身の明治大学の出身者      全国の明治大学の出身者
 87  松原岩五郎    鳥取県 原岩五 出身Wikipedia
松原 岩五郎(まつばら いわごろう、1866年9月14日(慶応2年8月6日) - 1935年(昭和10年)2月26日)は、日本の小説家、ジャーナリストである。二十三階堂と号した。
全国の鳥取県出身者    全国の原岩五出身者
 88  杉山義雄Wikipedia
杉山 義雄(すぎやま よしお 1866年(慶応2年)9月 - 1933年(昭和8年)4月8日)は、日本の実業家。
明治大学出身      全国の明治大学の出身者
 89  鳳凰馬五郎    千葉県 習志野市 出身Wikipedia
鳳凰馬五郎(ほうおう うまごろう、1866年9月3日 - 1907年5月4日)は、下総国千葉郡久々田村(現在の千葉県習志野市津田沼)出身で宮城野部屋(一時錦戸部屋に移籍)所属の元大相撲力士。最高位は大関。5代目年寄・宮城野を襲名。身長179cm、体重117kg。本名は三代川(後に宮城野姓)寅之助。
全国の千葉県出身者    全国の習志野市出身者
 90  山岡順太郎    石川県 出身Wikipedia
山岡 順太郎(やまおか じゅんたろう、慶応2年9月18日(1866年10月26日) - 昭和3年(1928年)11月26日)は、日本の実業家。大阪商工会議所第8代会頭(1919年 - 1923年)。関西大学第11代学長(1922年 - 1925年)。
全国の石川県出身者
金沢大学出身      石川県出身の金沢大学の出身者      全国の金沢大学の出身者
 91  土橋八千太    長野県 諏訪市 出身Wikipedia
土橋 八千太(つちはし やちた、慶応2年10月28日(1866年12月4日)- 昭和40年(1965年)3月11日)はカトリック司祭・天文学者・漢学者。上智大学第3代学長。洗礼名はパウロ。弟は日本で初めて電気炉製鋼を実用化した土橋長兵衛である。
全国の長野県出身者    全国の諏訪市出身者
 92  今井今助    群馬県 川場村 出身Wikipedia
今井 今助(いまい いますけ、1866年10月23日(慶応2年9月15日) - 1948年(昭和23年)2月18日[2])は、日本の政治家。群馬県出身。
全国の群馬県出身者    全国の川場村出身者
 93  横山彦六    福井県 出身Wikipedia
横山 彦六(よこやま ひころく、1866年(慶応2年10月) - 1957年2月15日)は、日本陸軍の軍人。最終階級は陸軍中将。
全国の福井県出身者
 94  山座円次郎Wikipedia
山座 円次郎(やまざ えんじろう、慶応2年10月26日(1866年12月2日) - 大正3年(1914年)5月28日)は、明治・大正期の日本の外交官。外務省政務局長、駐中国特命全権公使。
東京大学出身      全国の東京大学の出身者
福岡県立修猷館高等学校出身      全国の福岡県立修猷館高等学校の出身者
 95  石塚英蔵    福島県 出身Wikipedia
石塚 英蔵(いしづか えいぞう、1866年10月31日(慶応2年7月23日) - 1942年(昭和17年)7月28日)は、日本の官僚、政治家。台湾総督、貴族院議員、枢密顧問官。
全国の福島県出身者
東京大学出身      福島県出身の東京大学の出身者      全国の東京大学の出身者
 96  石原久    埼玉県 出身Wikipedia
石原 久(いしはら ひさし、1866年11月18日(慶應2年10月12日) - 1941年(昭和16年)6月19日)は明治〜昭和期の医学博士、口腔外科医・歯科医。東京帝国大学教授、医科大学における日本で最初の「歯科」教室の創始者。
全国の埼玉県出身者
東京大学出身      埼玉県出身の東京大学の出身者      全国の東京大学の出身者
 97  藤井健次郎    石川県 金沢市 出身Wikipedia
藤井 健次郎(ふじい けんじろう、1866年11月11日(慶応2年10月5日) - 1952年(昭和27年)1月11日)は、日本の植物学者、遺伝学者。
全国の石川県出身者    全国の金沢市出身者
東京大学出身      石川県出身の東京大学の出身者      全国の東京大学の出身者
 98  荒木寅三郎    群馬県 出身Wikipedia
荒木 寅三郎(あらき とらさぶろう 1866年11月23日(慶応2年10月17日)-1942年1月28日)は日本の医学者。京都帝国大学総長、学習院長や枢密顧問官を歴任する。
全国の群馬県出身者
学習院大学出身      群馬県出身の学習院大学の出身者      全国の学習院大学の出身者
 99  藤井健次郎    石川県 出身Wikipedia
藤井 健次郎(ふじい けんじろう、1866年11月11日(慶応2年10月5日) - 1952年(昭和27年)1月11日)は、日本の植物学者、遺伝学者。
全国の石川県出身者
東京大学出身      石川県出身の東京大学の出身者      全国の東京大学の出身者
 100  荒木寅三郎    群馬県 出身Wikipedia
荒木 寅三郎(あらき とらさぶろう 1866年11月23日(慶応2年10月17日)-1942年1月28日)は日本の医学者。京都帝国大学総長、学習院長や枢密顧問官を歴任する。
全国の群馬県出身者
学習院大学出身      群馬県出身の学習院大学の出身者      全国の学習院大学の出身者
 101  松井茂Wikipedia
松井 茂(まつい しげる、1866年11月4日(慶応2年9月27日) - 1945年(昭和20年)9月9日)は、日本の内務官僚、政治家。
東京帝国大学出身      全国の東京帝国大学の出身者
愛媛県立松山東高等学校出身      全国の愛媛県立松山東高等学校の出身者
 102  永沼秀文    宮城県 出身Wikipedia
永沼 秀文(ながぬま ひでふみ、1866年11月10日(慶応2年10月4日) - 1939年(昭和14年)2月1日)は、日本の陸軍軍人。陸士旧8期。
全国の宮城県出身者
 103  石井敬吉    茨城県 出身Wikipedia
石井 敬吉(いしい けいきち、慶応2年11月11日(1866年12月17日) - 昭和7年(1932年)3月10日)は、明治から昭和時代前期の建築家、構造家、建築学者、建築史家。最初の日本建築史研究者として知られる伊東忠太より早く日本建築史の研究を開始する。その後は実際の建築実務に関心を移し、構造と構法に関する研究を進めた。工手学校(現工学院大学)造家学科教員。
全国の茨城県出身者
東京帝国大学出身      茨城県出身の東京帝国大学の出身者      全国の東京帝国大学の出身者
茨城県立水戸第一高等学校出身      全国の茨城県立水戸第一高等学校の出身者
 104  松井茂Wikipedia
松井 茂(まつい しげる、1866年11月4日(慶応2年9月27日) - 1945年(昭和20年)9月9日)は、日本の内務官僚、政治家。
東京帝国大学出身      全国の東京帝国大学の出身者
獨協高等学校出身      全国の獨協高等学校の出身者
 105  松井茂Wikipedia
松井 茂(まつい しげる、1866年11月4日(慶応2年9月27日) - 1945年(昭和20年)9月9日)は、日本の内務官僚、政治家。
東京帝国大学出身      全国の東京帝国大学の出身者
広島県立広島国泰寺高等学校出身      全国の広島県立広島国泰寺高等学校の出身者
 106  小錦八十吉    千葉県 横芝光町 出身Wikipedia
小錦 八十吉(こにしき やそきち、1866年11月21日(慶応2年10月15日) - 1914年10月22日)は、上総国武射郡(現:千葉県山武郡横芝光町)出身の元大相撲力士。第17代横綱。本名は岩井 八十吉(いわい やそきち)。
全国の千葉県出身者    全国の横芝光町出身者
 107  木内重四郎    千葉県 出身Wikipedia
木内 重四郎(きうち じゅうしろう、慶応元年12月10日(1866年1月26日) - 大正14年(1925年)1月9日)は、戦前日本の官僚・政治家。
全国の千葉県出身者
東京帝国大学出身      千葉県出身の東京帝国大学の出身者      全国の東京帝国大学の出身者
千葉県立千葉高等学校出身      全国の千葉県立千葉高等学校の出身者
 108  伊藤乙次郎    愛知県 出身Wikipedia
伊藤 乙次郎(いとう おとじろう、1866年12月2日(慶応2年10月26日) - 1941年3月27日)は、日本海軍の軍人。最終階級は海軍中将。
全国の愛知県出身者
愛知県立旭丘高等学校出身      全国の愛知県立旭丘高等学校の出身者
 109  山之内一次    鹿児島県 出身Wikipedia
山之内 一次(やまのうち かずじ、1866年12月12日(慶応2年11月6日) - 1932年(昭和7年)12月21日)は、日本の内務・鉄道官僚、政治家。第1次山本内閣の内閣書記官長、第2次山本内閣の鉄道大臣、貴族院勅撰議員。
全国の鹿児島県出身者
 110  岸本能武太Wikipedia
岸本 能武太(きしもと のぶた、慶応元年12月16日(1866年1月22日) - 昭和3年(1928年)11月16日)は、宗教学者。
同志社大学出身      全国の同志社大学の出身者
 111  遠藤於莵    長野県 木曽町 出身Wikipedia
遠藤 於莵(えんどう おと、1866年12月28日 - 1943年2月17日)は、日本の建築家。日本における鉄筋コンクリート技術の先駆者の一人で、「日本のペレ」とも評される。
全国の長野県出身者    全国の木曽町出身者
東京大学出身      長野県出身の東京大学の出身者      全国の東京大学の出身者
 112  日比野寛Wikipedia
日比野 寛(ひびの ゆたか / ひろし、1866年12月9日(慶応2年11月3日) - 1950年4月2日)は、日本の教育者、政治家。衆議院議員。愛知県中島郡大里村(現:稲沢市)出身。旧姓は織田(おだ - )。日本におけるマラソン指導の始祖とされている。
東京大学出身      全国の東京大学の出身者
愛知県立旭丘高等学校出身      全国の愛知県立旭丘高等学校の出身者
 113  吉田増蔵    福岡県 京都郡みやこ町勝山 出身Wikipedia
吉田 増蔵(よしだ ますぞう、1866年12月29日(慶応2年11月23日) - 1941年(昭和16年)12月19日)は明治~昭和時代の漢学者。
全国の福岡県出身者    全国の京都郡みやこ町勝山出身者
 114  矢野恒太Wikipedia
矢野恒太(やのつねた、慶応元年12月2日(1866年1月18日) - 昭和26年(1951年)9月23日)は明治期から大正期に生命保険業界の基礎を築いた実業家。第一生命保険創業者。医師。日本アクチュアリー会初代代表。「相互会社の産みの親」と呼ばれ、「蒼梧」と号した。
岡山大学出身      全国の岡山大学の出身者




スポンサーリンク




有名人ナビ 出身高校編

有名人ナビ 出身大学編

有名人ナビ 誕生日編

有名人ナビ 出身都道府県編





スポンサーリンク