トップページ >1865年生まれの有名人

このサイトに登録されている誕生日で有名人の数:89,185人


スポンサーリンク


このサイトに登録されている「1865年」生まれの有名人の数:101:人
 1  潮恒太郎    島根県 出身Wikipedia
潮 恒太郎(うしお つねたろう、1865年(慶応元年) - 1919年(大正8年)6月20日)は、明治から大正期の日本の司法官。
全国の島根県出身者
 2  尼子四郎    広島県  山県郡戸河内村 出身Wikipedia
尼子 四郎(あまこ しろう、慶應元年(1865年)- 昭和5年(1930年)7月7日)は、日本の医学者、出版・編集者。字は信久、石筍と号す。安芸国山県郡戸河内村本郷(現在の広島県安芸太田町)出身[2]。
全国の広島県出身者    全国の 山県郡戸河内村出身者
広島大学出身      広島県出身の広島大学の出身者      全国の広島大学の出身者
 3  大橋翠石    岐阜県 大垣市 出身Wikipedia
大橋 翠石(おおはし すいせき、1865年(慶応元年) - 1945年(昭和20年)8月31日)は岐阜県大垣市出身の明治から昭和にかけて活躍した日本画家である。世に「虎の翠石」と言われて名高く、その描くところの虎画は本物の虎がまるで生きているかのような躍動感がある。
全国の岐阜県出身者    全国の大垣市出身者
 4  松岡好一    長野県 出身Wikipedia
松岡 好一(まつおか こういち、1865年 - 1921年6月29日)は、日本のジャーナリスト。
全国の長野県出身者
 5  斎藤外市    山形県 出身Wikipedia
斎藤 外市(さいとう といち、1865年(慶応元年) - 1926年(大正15年)1月31日)は、日本の発明家、実業家、政治家(鶴岡町町議会議員)、鶴岡ガス株式会社初代社長。
全国の山形県出身者
 6  石橋忍月    福岡県 八女市 出身Wikipedia
石橋 忍月(いしばし にんげつ、慶応元年9月1日(グレゴリオ暦1865年10月20日) - 1926年(大正15年)2月1日)は日本の文芸評論家、小説家、弁護士、政治家。本名は友吉。号は萩の門、気取半之丞、福洲学人など。三男は文芸評論家の山本健吉。
全国の福岡県出身者    全国の八女市出身者
 7  浅川範彦    高知県 出身Wikipedia
浅川 範彦(あさかわ のりひこ、1865年 - 1907年1月10日)は、明治時代の細菌学者、医学博士。北里柴三郎に師事し、ジフテリアや破傷風などの血清研究に功績を残した。生前は日本の免疫学の第一人者であり、丹念に追求していくその研究手法は「探偵的研究」とも呼ばれた。日本細菌学会賞の一つに、その功績を記念する浅川賞がある。
全国の高知県出身者
日本医科大学出身      高知県出身の日本医科大学の出身者      全国の日本医科大学の出身者
 8  尼子四郎    広島県 出身Wikipedia
尼子 四郎(あまこ しろう、慶應元年(1865年)- 昭和5年(1930年)7月7日[1])は、日本の医学者、出版・編集者。字は信久、石筍と号す[1]。安芸国山県郡戸河内村本郷(現在の広島県安芸太田町)出身[2]。
全国の広島県出身者
広島大学出身      広島県出身の広島大学の出身者      全国の広島大学の出身者
 9  今泉一瓢    大分県 出身Wikipedia
今泉 一瓢(いまいずみ いっぴょう、1865年(慶応元年) - 1904年(明治37年)9月)は、明治期の錦絵師、漫画家。一瓢は画号で、本名は今泉 秀太郎(いまいずみ ひでたろう)、筆名及び雅号は無鉄峰。1891年(明治24年)4月27日、『時事新報』紙上で日本で初めて「漫画」という語を使い始めた人物として知られている[1]。柔道の達人でもあった。[要出典]
全国の大分県出身者
慶應義塾大学出身      大分県出身の慶應義塾大学の出身者      全国の慶應義塾大学の出身者
 10  郷誠之助    岐阜県 出身Wikipedia
郷 誠之助(ごう せいのすけ、元治2年1月8日(1865年2月3日) - 昭和17年(1942年)1月19日)は、日本の実業家。日本経済聯盟会会長、日本商工会議所会頭を歴任。貴族院議員。
全国の岐阜県出身者
 11  滝沢吉三郎    埼玉県 出身Wikipedia
滝沢 吉三郎(たきざわ きちさぶろう、慶応元年(1865年)1月 - 昭和22年(1947年)8月[1])は日本の実業家。瀧澤地業(名)代表社員[2]。東京府平民[3]。小穴製作所、南洋殖産会社各取締役[2]。東京キヤリコ、東京麻絲紡績各監査役[2]。二女富美江は東京大学名誉教授舞出長五郎の妻。
全国の埼玉県出身者
一橋大学出身      埼玉県出身の一橋大学の出身者      全国の一橋大学の出身者
 12  尹致昊Wikipedia
尹 致昊(日本語読み;いん ちこう、朝鮮語読み;ユン・チホ、1865年1月16日 - 1945年12月8日)は、李氏朝鮮末期から連合軍軍政期に活動した韓国の政治家である。終戦直前に貴族院朝鮮勅選議員。号は佐翁(좌옹)、日本名は伊東致昊(いとう ちこう)。本貫は海平尹氏。
慶應義塾大学出身      全国の慶應義塾大学の出身者
 13  小菅剣之助    愛知県 名古屋市 出身Wikipedia
小菅 剣之助(こすげ けんのすけ/こすが けんのすけ、常用漢字制定前は小菅剱之助、元治2年1月24日(1865年2月19日) - 昭和19年(1944年)3月6日)は、将棋棋士(名誉名人)、実業家、国会議員。八代 伊藤宗印門下。愛知県名古屋市出身。
全国の愛知県出身者    全国の名古屋市出身者
 14  竹下平作    熊本県 出身Wikipedia
竹下 平作(たけした へいさく、1865年1月14日(元治元年12月17日) - 1927年(昭和2年)10月31日)は、日本の陸軍軍人。最終階級は陸軍中将。
全国の熊本県出身者
 15  呉秀三Wikipedia
呉 秀三(くれ しゅうぞう、元治2年2月17日(1865年3月14日)- 昭和7年(1932年)3月26日)は、日本の医学者、精神科医。東京帝国大学医科大学教授(精神病学講座)。わが国における精神病学の創立者。クレペリン学派の新しい精神病学の普及を通じて精神病患者の看護法を改めた。わが国における最初の精神衛生団体である精神病者慈善救治会を組織(1902年)、三浦謹之助と共に日本神経学会を創立。[1]日本の近代精神医学者のほとんどが、呉の息のかかった人といえる[2]。
東京大学出身      全国の東京大学の出身者
 16  呉秀三    東京都 港区 出身Wikipedia
呉 秀三(くれ しゅうぞう、元治2年2月17日(1865年3月14日)- 昭和7年(1932年)3月26日)は、日本の医学者、精神科医。東京帝国大学医科大学教授(精神病学講座)。日本における精神病学の創立者。クレペリン学派の新しい精神病学の普及を通じて精神病患者の看護法を改めた。日本における最初の精神衛生団体である精神病者慈善救治会を組織(1902年)、三浦謹之助と共に日本神経学会を創立。日本の近代精神医学者のほとんどが、呉の息のかかった人といえる[2]。
全国の東京都出身者    全国の港区出身者
東京大学出身      東京都出身の東京大学の出身者      全国の東京大学の出身者
 17  鈴木荘六    新潟県 出身Wikipedia
鈴木 荘六(すずき そうろく、元治2年2月19日(1865年3月16日)- 昭和15年(1940年)2月20日)は、日本陸軍の軍人。陸軍大将正二位勲一等功二級。第4代帝国在郷軍人会長。
全国の新潟県出身者
 18  三遊亭三福    愛知県 名古屋市 出身Wikipedia
初代三遊亭 三福(1865年(慶應2年)2月3日 - 1907年(明治40年)9月4日)は、明治期に活躍した落語家。本名:三橋亀太郎。
全国の愛知県出身者    全国の名古屋市出身者
 19  小川正孝    愛媛県 出身Wikipedia
小川 正孝(おがわ まさたか、1865年2月21日(元治2年1月26日) - 1930年(昭和5年)7月11日)は、日本の化学者。次男の小川栄次郎(1905年-1945年)は化学者となって九州大学教授を務め、四男の小川四郎(1912年-1999年)は物理学者になって東北大学金属材料研究所及び芝浦工業大学教授を務めた。
全国の愛媛県出身者
愛媛県立松山東高等学校出身      全国の愛媛県立松山東高等学校の出身者
 20  河野齢蔵    長野県 出身Wikipedia
河野 齢蔵(こうの れいぞう、元治2年2月8日(1865年3月5日) - 昭和14年(1939年)4月3日)は高山植物学の権威、教育家、山岳写真家の草分け。河野常吉は実兄、著述家の河野義行は孫娘の夫にあたる。
全国の長野県出身者
 21  呉秀三    広島県  呉市 出身Wikipedia
呉 秀三(くれ しゅうぞう、元治2年2月17日(1865年3月14日)- 昭和7年(1932年)3月26日)は、日本の医学者、精神科医。東京帝国大学医科大学教授(精神病学講座)。日本における精神病学の創立者。クレペリン学派の新しい精神病学の普及を通じて精神病患者の看護法を改めた。日本における最初の精神衛生団体である精神病者慈善救治会を組織(1902年)、三浦謹之助と共に日本神経学会を創立。日本の近代精神医学者のほとんどが、呉の息のかかった人といえる[2]。
全国の広島県出身者    全国の 呉市出身者
東京大学出身      広島県出身の東京大学の出身者      全国の東京大学の出身者
 22  安部磯雄Wikipedia
安部 磯雄(あべ いそお、元治2年2月4日(1865年3月1日) - 昭和24年(1949年)2月10日)は、日本の社会主義者。キリスト教的人道主義の立場から社会主義を活発に宣伝し、日本社会主義運動の先駆者であった。また、日本における野球の発展に貢献し「日本野球の父」と呼ばれる。 早稲田大学野球部創設者でもある。
同志社大学出身      全国の同志社大学の出身者
福岡県立修猷館高等学校出身      全国の福岡県立修猷館高等学校の出身者
 23  菅沼貞風    長崎県 出身Wikipedia
菅沼 貞風(すがぬま・ただかぜ / ていふう、慶応元年3月10日(1865年4月5日) - 1889年(明治22年)7月6日)は、日本の経済史家・著述家・南進論者。弟に海軍少将で西海中学(現・西海学園高等学校)創立者の菅沼周次郎がいる。専修学校(現在の専修大学)の学風に大きく魅了され、法律学と経済学を修し卒業。
全国の長崎県出身者
専修大学出身      長崎県出身の専修大学の出身者      全国の専修大学の出身者
 24  白鳥庫吉    千葉県 出身Wikipedia
白鳥 庫吉(しらとり くらきち、1865年3月1日(元治2年2月4日) - 1942年3月30日)は、日本の東洋史学者、文学博士。東京帝国大学(現・東京大学)教授。東洋文庫理事長。
全国の千葉県出身者
東京大学出身      千葉県出身の東京大学の出身者      全国の東京大学の出身者
 25  白鳥庫吉    千葉県 出身Wikipedia
白鳥 庫吉(しらとり くらきち、1865年3月1日(元治2年2月4日) - 1942年3月30日)は、日本の東洋史学者、文学博士。東京帝国大学(現・東京大学)教授。東洋文庫理事長。
全国の千葉県出身者
東京大学出身      千葉県出身の東京大学の出身者      全国の東京大学の出身者
 26  広瀬久政Wikipedia
広瀬 久政(ひろせ ひさまさ、1865年3月13日(慶應元年2月16日) - 1939年(昭和14年)9月28日)は、日本の政治家、山梨県の名望家。衆議院議員(3期、立憲政友会)。
法政大学出身      全国の法政大学の出身者
 27  鳥谷部春汀    青森県 出身Wikipedia
鳥谷部 春汀(とやべ しゅんてい、元治2年3月3日(1865年3月29日) - 明治41年(1908年)12月21日)は、明治時代の日本のジャーナリスト。本名は銑太郎、春汀と号する。
全国の青森県出身者
 28  井上敬之助    滋賀県 湖南市 出身Wikipedia
井上敬之助(いのうえ けいのすけ、元治2年3月18日(1865年4月13日) - 昭和2年(1927年)8月10日)は、滋賀県議会議長、衆議院議員。滋賀県政の大御所として当時知事が二人いると言われた。
全国の滋賀県出身者    全国の湖南市出身者
 29  江頭安太郎Wikipedia
江頭 安太郎(えがしら やすたろう、1865年3月9日(元治2年2月12日) - 1913年(大正2年)1月23日)は日本の海軍軍人。海軍中将従四位勲二等功三級。皇太子徳仁親王妃雅子は曾孫にあたる。
佐賀県立佐賀西高等学校出身      全国の佐賀県立佐賀西高等学校の出身者
 30  江頭安太郎    佐賀県 出身Wikipedia
江頭 安太郎(えがしら やすたろう、1865年3月9日(元治2年2月12日) - 1913年(大正2年)1月23日)は日本の海軍軍人。海軍中将従四位勲二等功三級。皇太子徳仁親王妃雅子は曾孫にあたる。
全国の佐賀県出身者
攻玉社高等学校出身      全国の攻玉社高等学校の出身者
 31  山下義韶    神奈川県 出身Wikipedia
山下 義韶(やました よしつぐ[1]、1865年3月13日(元治2年2月16日) - 1935年(昭和10年)2月26日)は、日本の柔道家。段位は講道館柔道十段、大日本武徳会柔道範士。講道館四天王の一人で、史上初めて十段位を授与された[2]。
全国の神奈川県出身者
二松學舍大学出身      神奈川県出身の二松學舍大学の出身者      全国の二松學舍大学の出身者
 32  大久保利武    鹿児島県 出身Wikipedia
大久保 利武(おおくぼ としたけ、慶応元年4月13日(1865年5月7日) - 昭和18年(1943年)7月13日)は、明治時代の内務官僚・貴族院議員。位階勲等爵位は正二位勲一等侯爵。
全国の鹿児島県出身者
 33  江口定条    高知県 出身Wikipedia
江口 定条(えぐち さだえ、1865年4月1日 - 1946年3月14日)は日本の実業家、政治家。
全国の高知県出身者
一橋大学出身      高知県出身の一橋大学の出身者      全国の一橋大学の出身者
 34  中原清    宮崎県 出身Wikipedia
中原 清(なかはら きよし、慶応元年4月23日(1865年5月17日) - 大正11年(1922年)1月3日[1])は、衆議院議員(立憲政友会)、弁護士。
全国の宮崎県出身者
明治大学出身      宮崎県出身の明治大学の出身者      全国の明治大学の出身者
 35  大原義剛Wikipedia
大原 義剛(おおはら よしたけ、慶応元年4月27日〈1865年5月21日〉 - 1945年〈昭和20年〉1月17日)は、日本の政治家、玄洋社の結成に参加した国家主義者。衆議院議員。
慶應義塾大学出身      全国の慶應義塾大学の出身者
 36  横川省三    岩手県 出身Wikipedia
横川 省三(よこかわ しょうぞう、元治2年4月4日(1865年4月28日) - 明治37年(1904年)4月21日)は明治期の新聞記者。南部盛岡藩の出身。初名は勇治。勇次のペンネームで活動することもあった。旧姓は三田村、山田(兵役逃れ目的で「徴兵養子」となったためである。「俺は今日から山田勇治じゃ。徴兵にゃ行かんぞ」と吹聴している)。
全国の岩手県出身者
 37  簡野道明    愛媛県 出身Wikipedia
簡野 道明(かんの どうめい(みちあき)、慶応元年4月9日〈1865年5月3日〉 - 昭和13年〈1938年〉2月11日)は日本の漢文学者(漢字学者)・言語学者・教育者である。
全国の愛媛県出身者
 38  樋口喜吉    福島県 出身Wikipedia
樋口 喜吉(ひぐち きよし、1865年5月9日(慶応元年4月15日) - 1934年(昭和9年)7月12日)は、日本の陸軍軍人。最終階級は陸軍少将。予備役編入後、光学関係の研究に従事し、特許権や実用新案権を取得した。
全国の福島県出身者
 39  宮入慶之助    長野県 長野市 出身Wikipedia
宮入 慶之助(みやいり けいのすけ、慶応元年5月15日(1865年6月8日) - 1946年4月6日)は日本の寄生虫学者、衛生学者。九州帝国大学教授。
全国の長野県出身者    全国の長野市出身者
 40  太田朝敷    沖縄県 出身Wikipedia
太田 朝敷(おおた ちょうふ、1865年5月2日(尚泰18年4月8日) - 1938年(昭和13年)11月25日)[1]は、沖縄の新聞人、政治家。
全国の沖縄県出身者
慶應義塾大学出身      沖縄県出身の慶應義塾大学の出身者      全国の慶應義塾大学の出身者
 41  石井十次    岡山県 出身Wikipedia
石井 十次(いしい じゅうじ、1865年5月5日(慶応元年4月11日) - 1914年(大正3年)1月30日)は、明治期の慈善事業家で、岡山孤児院を創設した人物である。その功績から、「児童福祉の父」と言われる。アリス・ペティ・アダムス、留岡幸助、山室軍平とともに「岡山四聖人」と称される。
全国の岡山県出身者
岡山大学出身      岡山県出身の岡山大学の出身者      全国の岡山大学の出身者
 42  澤柳政太郎    長野県 出身Wikipedia
澤柳 政太郎(さわやなぎ まさたろう、1865年5月17日(慶応元年4月23日) - 1927年(昭和2年)12月24日)は、近代日本の文部官僚、教育者、貴族院勅選議員。大正自由主義教育運動の中で中心的な役割を果たす。子の一人に、美術史学者となった澤柳大五郎がいる。
全国の長野県出身者
東京大学出身      長野県出身の東京大学の出身者      全国の東京大学の出身者
 43  沢柳政太郎    長野県 出身Wikipedia
澤柳 政太郎(さわやなぎ まさたろう、1865年5月17日(慶応元年4月23日) - 1927年(昭和2年)12月24日)は、近代日本の文部官僚、教育者、貴族院勅選議員。大正自由主義教育運動の中で中心的な役割を果たす。子の一人に、美術史学者となった澤柳大五郎がいる。
全国の長野県出身者
東北大学出身      長野県出身の東北大学の出身者      全国の東北大学の出身者
東京都立日比谷高等学校出身      全国の東京都立日比谷高等学校の出身者
 44  澤柳政太郎    長野県 出身Wikipedia
澤柳 政太郎(さわやなぎ まさたろう、1865年5月17日(慶応元年4月23日) - 1927年(昭和2年)12月24日)は、近代日本の文部官僚、教育者、貴族院勅選議員。大正自由主義教育運動の中で中心的な役割を果たす。子の一人に、美術史学者となった澤柳大五郎がいる。
全国の長野県出身者
東京大学出身      長野県出身の東京大学の出身者      全国の東京大学の出身者
 45  宮崎民蔵    熊本県 肥後国玉名郡荒尾村(現・荒尾市) 出身Wikipedia
宮崎 民蔵(みやざき たみぞう、慶応元年5月20日(1865年6月13日) - 昭和3年(1928年)7月15日)は、明治・大正期の社会運動家。号は巡耕。
全国の熊本県出身者    全国の肥後国玉名郡荒尾村(現・荒尾市)出身者
 46  澤柳政太郎    長野県 出身Wikipedia
澤柳 政太郎(さわやなぎ まさたろう、1865年5月17日(慶応元年4月23日) - 1927年(昭和2年)12月24日)は、近代日本の文部官僚、教育者、貴族院勅選議員。大正自由主義教育運動の中で中心的な役割を果たす。子の一人に、美術史学者となった澤柳大五郎がいる。
全国の長野県出身者
千葉工業大学出身      長野県出身の千葉工業大学の出身者      全国の千葉工業大学の出身者
 47  富士川游Wikipedia
富士川 游(ふじかわ ゆう、慶應元年5月11日(1865年6月4日)- 昭和15年(1940年)11月6日)は、日本の医学者、医学史家。旧姓は藤川、幼名は充人。安芸国沼田郡安村大字長楽寺(後に安佐郡に編入、現・広島県広島市安佐南区長楽寺)出身。
修道高等学校出身      全国の修道高等学校の出身者
 48  石井十次    宮崎県 高鍋町 出身Wikipedia
石井 十次(いしい じゅうじ、1865年5月5日(慶応元年4月11日) - 1914年(大正3年)1月30日)は、明治期の慈善事業家で、岡山孤児院を創設した人物である。その功績から、「児童福祉の父」と言われる。アリス・ペティ・アダムス、留岡幸助、山室軍平とともに「岡山四聖人」と称される。
全国の宮崎県出身者    全国の高鍋町出身者
岡山大学出身      宮崎県出身の岡山大学の出身者      全国の岡山大学の出身者
 49  浄法寺五郎    栃木県 出身Wikipedia
浄法寺 五郎(じょうほうじ ごろう、1865年5月22日(慶応元年4月28日) - 1938年1月20日)は、日本陸軍の軍人。最終階級は陸軍中将。
全国の栃木県出身者
二松學舍大学出身      栃木県出身の二松學舍大学の出身者      全国の二松學舍大学の出身者
 50  石井十次    宮崎県 出身Wikipedia
石井 十次(いしい じゅうじ、1865年5月5日(慶応元年4月11日) - 1914年(大正3年)1月30日)は、明治期の慈善事業家で、岡山孤児院を創設した人物である。その功績から、「児童福祉の父」と言われる。アリス・ペティ・アダムス、留岡幸助、山室軍平とともに「岡山四聖人」と称される。
全国の宮崎県出身者
岡山大学出身      宮崎県出身の岡山大学の出身者      全国の岡山大学の出身者
 51  太田朝敷    沖縄県 出身Wikipedia
太田 朝敷(おおた ちょうふ、1865年5月2日(尚泰18年4月8日) - 1938年(昭和13年)11月25日)は、沖縄の新聞人、政治家。
全国の沖縄県出身者
慶應義塾大学出身      沖縄県出身の慶應義塾大学の出身者      全国の慶應義塾大学の出身者
 52  中村直吉    愛知県 豊橋市 出身Wikipedia
中村 直吉(なかむら なおきち、慶応元年6月25日(1865年8月16日) - 昭和7年(1932年)7月27日)は、明治時代の冒険家。三河国吉田呉服町(現・愛知県豊橋市呉服町)に生まれる。
全国の愛知県出身者    全国の豊橋市出身者
 53  森永太一郎    佐賀県 出身Wikipedia
森永 太一郎(もりなが たいちろう、慶応元年6月17日(1865年8月8日) - 昭和12年(1937年)1月24日)は、日本の実業家。佐賀県伊万里市出身。
全国の佐賀県出身者
 54  村上鬼城    東京都 出身Wikipedia
村上 鬼城(むらかみ きじょう、1865年6月10日(慶応元年5月17日) - 1938年(昭和13年)9月17日)は日本の俳人、司法代書人。本名は村上 荘太郎(むらかみ しょうたろう)。
全国の東京都出身者
明治大学出身      東京都出身の明治大学の出身者      全国の明治大学の出身者
 55  小泉又次郎    神奈川県 横浜市金沢区生まれ 横須賀市育ち 出身Wikipedia
小泉 又次郎(こいずみ またじろう、1865年6月10日(慶応元年5月17日) - 1951年(昭和26年)9月24日)は、日本の政治家。第87-89代内閣総理大臣小泉純一郎の祖父。横須賀市長、逓信大臣、衆議院副議長などを歴任した。義侠心のある大衆政治家で、入れ墨があったことから「いれずみ大臣」「いれずみの又さん」などの異名をとった。神奈川県平民。
全国の神奈川県出身者    全国の横浜市金沢区生まれ 横須賀市育ち出身者
 56  川西清兵衛    兵庫県 神戸市 出身Wikipedia
川西 清兵衛(かわにし せいべえ、慶応元年7月18日(1865年9月7日) - 昭和22年(1947年)11月19日)は、日本の実業家。川西財閥の創業者。
全国の兵庫県出身者    全国の神戸市出身者
 57  赤沼金三郎    長野県 出身Wikipedia
赤沼 金三郎(あかぬま きんざぶろう、1865年7月22日(慶応元年5月30日) - 1900年(明治33年)11月5日)は明治時代の教育者、軍人、倫理学者。字は士朗、号は天心狂史、枕戟学人。死去時の地位は第一高等学校講師陸軍歩兵中尉従七位勲六等文学士。
全国の長野県出身者
 58  長岡半太郎    長崎県 出身Wikipedia
長岡 半太郎(ながおか はんたろう、1865年8月19日(慶応元年6月28日) - 1950年(昭和25年)12月11日)は、日本の物理学者。土星型原子モデル提唱などの学問的業績を残した。また、東京帝国大学教授として多くの弟子を指導し、初代大阪帝国大学総長や帝国学士院院長などの要職も歴任した。1937年(昭和12年)、初代文化勲章受章。正三位勲一等旭日大綬章追贈。
全国の長崎県出身者
東京大学出身      長崎県出身の東京大学の出身者      全国の東京大学の出身者
 59  臼井甕男    岐阜県 山県市 出身Wikipedia
臼井 甕男(うすい みかお、1865年8月15日 - 1926年3月9日)は、現在レイキとして世界中に広まっている手当て療法を中心とした民間療法の一種「臼井靈氣療法」(臼井霊気療法)の創始者である。
全国の岐阜県出身者    全国の山県市出身者
 60  木村越後    愛知県 出身Wikipedia
木村 越後(きむら えちご、慶応元年8月11日(1865年9月30日) - 大正11年(1922年)7月22日、本名:上田秋次郎(のち柳川正直と称す))は大坂相撲を代表する行司。現在の愛知県清須市出身。
全国の愛知県出身者
 61  泉重千代    鹿児島県 伊仙町 出身Wikipedia
泉 重千代(いずみ しげちよ、1865年8月20日? - 1986年2月21日)は、鹿児島県徳之島(大島郡伊仙町)出身の男性で、1995年までギネスブック公認の人類の世界最長寿、2012年まで男性としての世界最長寿とされていた人物。慶応元年6月29日(1865年8月20日)生まれの120歳とされてきたが、後述の通り、この日付には疑問が提出されている。
全国の鹿児島県出身者    全国の伊仙町出身者
 62  山田斂    福井県 出身Wikipedia
山田 斂(やまだ おさむ、1865年(慶応元年)8月19日 - 1941年(昭和16年)12月20日)は、貴族院議員。
全国の福井県出身者
明治大学出身      福井県出身の明治大学の出身者      全国の明治大学の出身者
 63  長岡半太郎    長崎県 出身Wikipedia
長岡 半太郎(ながおか はんたろう、1865年8月19日(慶応元年6月28日) - 1950年(昭和25年)12月11日)は、日本の物理学者。土星型原子モデル提唱などの学問的業績を残した。また、東京帝国大学教授として多くの弟子を指導し、初代大阪帝国大学総長や帝国学士院院長などの要職も歴任した。1937年(昭和12年)、第一回文化勲章受章。正三位勲一等旭日大綬章追贈。
全国の長崎県出身者
東京大学出身      長崎県出身の東京大学の出身者      全国の東京大学の出身者
 64  納所弁次郎    宮城県 出身Wikipedia
納所 弁次郎(のうしょ べんじろう、慶応元年9月24日(1865年11月12日) - 昭和11年(1936年)5月11日)は、日本の作曲家、音楽教育家。
全国の宮城県出身者
東京芸術大学出身      宮城県出身の東京芸術大学の出身者      全国の東京芸術大学の出身者
 65  謝花昇    沖縄県 出身Wikipedia
謝花 昇(じゃはな のぼる、尚泰18年9月28日(1865年11月16日) - 明治41年(1908年)10月29日)は、沖縄の社会運動家。
全国の沖縄県出身者
 66  内田康哉    熊本県 竜北町(現・氷川町) 出身Wikipedia
内田 康哉(うちだ こうさい(やすや)、1865年9月29日(慶応元年8月10日) - 1936年(昭和11年)3月12日は、日本の外交官・政治家。伯爵。
全国の熊本県出身者    全国の竜北町(現・氷川町)出身者
同志社大学出身      熊本県出身の同志社大学の出身者      全国の同志社大学の出身者
 67  三上参次    兵庫県 出身Wikipedia
三上 参次(みかみ さんじ、慶応元年9月10日(1865年10月29日) - 昭和14年(1939年)6月7日)は、日本史学者。
全国の兵庫県出身者
東京大学出身      兵庫県出身の東京大学の出身者      全国の東京大学の出身者
 68  桜井鉄太郎    静岡県 出身Wikipedia
桜井 鉄太郎(さくらい てつたろう、1865年9月20日(慶応元年8月1日) - 1945年2月20日[3])は、日本の官僚。大蔵次官(心得)、台湾銀行頭取、第5代神戸市長(在任:1920年10月18日[4] - 1922年(大正11年)5月27日[5])。静岡県出身。
全国の静岡県出身者
東京大学出身      静岡県出身の東京大学の出身者      全国の東京大学の出身者
東京都立日比谷高等学校出身      全国の東京都立日比谷高等学校の出身者
 69  橘周太    長崎県 出身Wikipedia
橘 周太(たちばな しゅうた、慶応元年9月15日(1865年11月3日) - 明治37年(1904年)8月31日)は、日本の陸軍軍人。日露戦争における遼陽の戦いで戦死し、以後軍神として尊崇される。官位は陸軍歩兵中佐正六位勲四等功四級。
全国の長崎県出身者
二松學舍大学出身      長崎県出身の二松學舍大学の出身者      全国の二松學舍大学の出身者
 70  狩野亨吉Wikipedia
狩野 亨吉(かのう こうきち、1865年9月17日(慶応元年7月28日) - 1942年(昭和17年)12月22日)は、日本の教育者。号は君山。
東京大学出身      全国の東京大学の出身者
東京都立日比谷高等学校出身      全国の東京都立日比谷高等学校の出身者
 71  鮫島慶彦    鹿児島県 出身Wikipedia
鮫島 慶彦(さめしま けいひこ、1865年(慶応元年9月) - 1928年(昭和3年)10月4日)は、日本の政治家。
全国の鹿児島県出身者
二松學舍大学出身      鹿児島県出身の二松學舍大学の出身者      全国の二松學舍大学の出身者
 72  橋本圭三郎    新潟県 出身Wikipedia
橋本 圭三郎(はしもと けいざぶろう、1865年9月23日 - 1959年2月14日)は、日本の官僚・実業家。貴族院議員。新潟県長岡市千手町出身。
全国の新潟県出身者
東京大学出身      新潟県出身の東京大学の出身者      全国の東京大学の出身者
 73  左近義弼Wikipedia
左近 義弼(さこん よしすけ、慶応元年9月5日(1865年10月24日) - 昭和19年(1944年)9月1日)は聖書学者、聖書翻訳者。青山学院の教授。
慶應義塾大学出身      全国の慶應義塾大学の出身者
 74  左近義弼Wikipedia
左近 義弼(さこん よしすけ、慶応元年9月5日(1865年10月24日) - 昭和19年(1944年)9月1日)は聖書学者、聖書翻訳者。青山学院の教授。
青山学院大学出身      全国の青山学院大学の出身者
 75  橋本圭三郎    新潟県 出身Wikipedia
橋本 圭三郎(はしもと けいざぶろう、慶応元年9月23日(1865年11月11日) - 昭和34年(1959年)2月14日)は、日本の官僚・実業家。貴族院議員。新潟県長岡市千手町出身。
全国の新潟県出身者
東京大学出身      新潟県出身の東京大学の出身者      全国の東京大学の出身者
新潟県立長岡高等学校出身      全国の新潟県立長岡高等学校の出身者
 76  橘周太    長崎県 出身Wikipedia
橘 周太(たちばな しゅうた、慶応元年9月15日(1865年11月3日) - 明治37年(1904年)8月31日)は、日本の陸軍軍人。日露戦争における遼陽の戦いで戦死し、以後軍神として尊崇される。官位は陸軍歩兵中佐正六位勲四等功四級。
全国の長崎県出身者
二松學舍大学出身      長崎県出身の二松學舍大学の出身者      全国の二松學舍大学の出身者
 77  永井建子    広島県  佐伯郡石内村 出身Wikipedia
永井 建子(ながい けんし、慶応元年9月8日(1865年10月27日) - 昭和15年(1940年)3月13日)は、日本の陸軍軍人、音楽家、作曲家。陸軍軍楽隊第6代隊長。広島県佐伯郡石内村(現・広島市佐伯区五日市町)生まれ。草分けと言われる軍歌のほかに歌劇や唱歌、校歌(崇徳高等学校、早稲田実業、拓殖大学、大谷大学ほか)も多く手掛けている。軍歌「元寇」、「雪の進軍」は特に有名。長男・永井巴も作曲家。声楽家・川崎豊は甥(妹の子)。
全国の広島県出身者    全国の 佐伯郡石内村出身者
 78  小松緑    福島県 出身Wikipedia
小松 緑(こまつ みどり、慶応元年9月7日(1865年10月26日)-昭和17年(1942年)1月16日)は明治・大正期の外交官で退官後は著述家として活躍した。号は霞南。
全国の福島県出身者
イェール大学出身      福島県出身のイェール大学の出身者      全国のイェール大学の出身者
 79  福田英子Wikipedia
福田 英子(ふくだ ひでこ、慶応元年10月5日(1865年11月22日) - 昭和2年(1927年)5月2日)は、江戸時代末期(幕末)から昭和初期にかけての社会運動家。婦人解放運動のさきがけとして知られ、「東洋のジャンヌ・ダルク」と称された。旧姓は景山。
女子学院高等学校出身      全国の女子学院高等学校の出身者
 80  竹越與三郎    埼玉県 出身Wikipedia
竹越 與三郎(たけこし よさぶろう、慶応元年10月5日(1865年11月22日) - 昭和25年(1950年)1月12日))は、明治から戦前昭和にかけての歴史学者・思想史家・殖民学者・政治家で、Liberal Imperialists(自由帝国主義者)。衆議院議員・枢密顧問官・貴族院勅選議員・宮内省臨時帝室編修局御用掛、編修官長などを歴任し、戦後に公職追放指定を受け、一切の職を辞任。位階は正四位、勲等は勲一等。号は三叉(さんさ)。
全国の埼玉県出身者
慶應義塾大学出身      埼玉県出身の慶應義塾大学の出身者      全国の慶應義塾大学の出身者
 81  町田経宇    鹿児島県 出身Wikipedia
町田 経宇(まちだ けいう、1865年10月22日(慶応元年9月3日) - 1939年(昭和14年)1月10日)は、日本陸軍の軍人。陸士旧9期、陸大9期。
全国の鹿児島県出身者
 82  竹越与三郎    埼玉県 出身Wikipedia
竹越 與三郎(たけこし よさぶろう、慶応元年10月5日(1865年11月22日) - 昭和25年(1950年)1月12日))は、明治から戦前昭和にかけての歴史学者・思想史家・殖民学者・政治家で、Liberal Imperialists(自由帝国主義者)。衆議院議員・枢密顧問官・貴族院勅選議員・宮内省臨時帝室編修局御用掛、編修官長などを歴任し、戦後に公職追放指定を受け、一切の職を辞任。位階は正四位、勲等は勲一等。号は三叉(さんさ)。
全国の埼玉県出身者
慶應義塾大学出身      埼玉県出身の慶應義塾大学の出身者      全国の慶應義塾大学の出身者
 83  竹越與三郎    埼玉県 本庄宿 出身Wikipedia
竹越 與三郎(たけこし よさぶろう、慶応元年10月5日(1865年11月22日) - 昭和25年(1950年)1月12日))は、日本の明治から戦前昭和にかけての歴史学者・思想史家・殖民学者・政治家。衆議院議員・枢密顧問官・貴族院勅選議員・宮内省臨時帝室編修局御用掛、同編修官長などを歴任し、戦後に公職追放指定を受け、一切の職を辞任。位階は正四位、勲等は勲一等。号は三叉(さんさ)。
全国の埼玉県出身者    全国の本庄宿出身者
慶應義塾大学出身      埼玉県出身の慶應義塾大学の出身者      全国の慶應義塾大学の出身者
 84  竹越与三郎    埼玉県 本庄市 出身Wikipedia
竹越 與三郎(たけこし よさぶろう、慶応元年10月5日(1865年11月22日) - 昭和25年(1950年)1月12日))は、日本の明治から戦前昭和にかけての歴史学者・思想史家・殖民学者・政治家。衆議院議員・枢密顧問官・貴族院勅選議員・宮内省臨時帝室編修局御用掛、同編修官長などを歴任し、戦後に公職追放指定を受け、一切の職を辞任。位階は正四位、勲等は勲一等。号は三叉(さんさ)。
全国の埼玉県出身者    全国の本庄市出身者
慶應義塾大学出身      埼玉県出身の慶應義塾大学の出身者      全国の慶應義塾大学の出身者
 85  岩崎久彌Wikipedia
岩崎 久弥(いわさき ひさや、1865年10月14日〈慶応元年8月25日〉 - 1955年12月2日)は、日本の実業家。三菱財閥3代目総帥。1893年男爵を授けられた。
慶應義塾大学出身      出身の慶應義塾大学の出身者      全国の慶應義塾大学の出身者
 86  岩崎久弥    高知県 出身Wikipedia
岩崎 久弥(いわさき ひさや、1865年10月14日〈慶応元年8月25日〉 - 1955年12月2日)は、日本の実業家。三菱財閥3代目総帥。1893年男爵を授けられた。
全国の高知県出身者
 87  石原和三郎    群馬県 みどり市(旧勢多郡東村) 出身Wikipedia
石原 和三郎(いしはら わさぶろう、慶応元年10月12日(1865年11月29日) - 大正11年(1922年)1月4日)は作詞家。
全国の群馬県出身者    全国のみどり市(旧勢多郡東村)出身者
 88  松本亦太郎    群馬県 出身Wikipedia
松本 亦太郎(まつもと またたろう、1865年11月3日(慶応元年9月15日) - 1943年(昭和18年)12月24日)は、日本の心理学者。旧姓は飯野、1879年松本家の養子となる。
全国の群馬県出身者
同志社大学出身      群馬県出身の同志社大学の出身者      全国の同志社大学の出身者
京都府立洛北高等学校出身      全国の京都府立洛北高等学校の出身者
 89  内田康哉    熊本県 出身Wikipedia
内田 康哉(うちだ こうさい(やすや)、1865年11月17日(慶応元年9月29日) - 1936年(昭和11年)3月12日は、日本の外交官・政治家。伯爵。
全国の熊本県出身者
東京大学出身      熊本県出身の東京大学の出身者      全国の東京大学の出身者
 90  岡野敬次郎    群馬県 出身Wikipedia
岡野 敬次郎(おかの けいじろう、1865年11月9日(慶応元年9月21日) - 1925年(大正14年)12月23日)は、日本の官僚、政治家、法学者。男爵。法制局長官(第11代、第13代、第15代)司法大臣(第25代)、農商務大臣(第33代)、文部大臣(第41代)、枢密院副議長(第9代)、東京帝国大学法学部教授、中央大学学長を務めた。
全国の群馬県出身者
東京大学出身      群馬県出身の東京大学の出身者      全国の東京大学の出身者
 91  内田康哉    熊本県 出身Wikipedia
内田 康哉(うちだ こうさい(やすや)、1865年11月17日(慶応元年9月29日) - 1936年(昭和11年)3月12日は、日本の外交官・政治家。伯爵。
全国の熊本県出身者
同志社大学出身      熊本県出身の同志社大学の出身者      全国の同志社大学の出身者
 92  関場不二彦    福島県 出身Wikipedia
関場 不二彦(せきば ふじひこ、1865年(慶應1年)11月7日(9月19日) - 1939年(昭和14年)8月25日)は、日本の外科医、医史学者である。スクリバ門下十哲の一人で、北海道医学界の中心的存在であった。北海道医師会、札幌医師会の初代会長。『卵巣腫瘍ノ臨床上知見及外科的療法ノ追加』で医学博士(東京帝大)[2]。
全国の福島県出身者
東京大学出身      福島県出身の東京大学の出身者      全国の東京大学の出身者
 93  小杉天外    秋田県 仙北市 出身Wikipedia
小杉 天外(こすぎ てんがい、1865年11月7日(慶応元年9月19日) - 1952年(昭和27年)9月1日)は、日本の小説家。出羽国仙北郡六郷村(現・秋田県仙北郡美郷町)生まれ。本名・為蔵。
全国の秋田県出身者    全国の仙北市出身者
 94  上泉徳弥    山形県 出身Wikipedia
上泉 徳弥(かみいずみ とくや、1865年11月13日(慶応元年9月25日) - 1946年11月27日)は、日本海軍の軍人。最終階級は海軍中将。
全国の山形県出身者
海軍兵学校出身      山形県出身の海軍兵学校の出身者      全国の海軍兵学校の出身者
攻玉社高等学校出身      全国の攻玉社高等学校の出身者
 95  伊東里き    三重県 英虞郡片田村(現・志摩市) 出身Wikipedia
伊東 里き(いとう りき、Riki Ito、慶応元年11月2日〔グレゴリオ暦:1865年12月19日〕 - 昭和25年〔1950年〕3月14日)は、北アメリカへの移住に尽力した日本人女性。アメリカ合衆国で助産師の資格を取得した初めての日本人であるとされる。三重県英虞郡片田村(現在の志摩市志摩町片田)出身。
全国の三重県出身者    全国の英虞郡片田村(現・志摩市)出身者
 96  上泉徳弥    山形県 出身Wikipedia
上泉 徳弥(かみいずみ とくや、1865年11月13日(慶応元年9月25日) - 1946年11月27日)は、日本海軍の軍人。最終階級は海軍中将。
全国の山形県出身者
海軍兵学校出身      山形県出身の海軍兵学校の出身者      全国の海軍兵学校の出身者
山形県立米沢興譲館高等学校出身      全国の山形県立米沢興譲館高等学校の出身者
 97  中田錦吉    秋田県 出身Wikipedia
中田 錦吉(なかた きんきち、元治元年12月9日(1865年1月6日) - 大正15年(1926年)2月20日)は、第四代住友総理事である。
全国の秋田県出身者
東京大学出身      秋田県出身の東京大学の出身者      全国の東京大学の出身者
 98  松浦有志太郎    熊本県 宇土郡松合村(現・宇城市不知火町) 出身Wikipedia
松浦 有志太郎(まつうら うしたろう、1865年12月19日(慶応元年11月2日) - 1937年(昭和12年)8月28日)は、京都帝国大学皮膚科教授を務め、正円形粃糠疹という疾患を命名した。定年前に大学を辞し、禁酒、廃娼運動に没頭した。
全国の熊本県出身者    全国の宇土郡松合村(現・宇城市不知火町)出身者
 99  村上浪六    大阪府 出身Wikipedia
村上 浪六(むらかみ なみろく、1865年12月18日(慶応元年11月1日) - 1944年(昭和19年)12月1日)は、日本の小説家。
全国の大阪府出身者
 100  畠山勇子    千葉県 出身Wikipedia
畠山 勇子(はたけやま ゆうこ、慶応元年(1865年)12月 - 明治24年(1891年)5月20日)は、1891年の大津事件で日露関係が緊張した際、被害者のロシア皇太子ニコライに謝罪の遺書を残して自殺した女性である。
全国の千葉県出身者
 101  岩崎清七    栃木県 出身Wikipedia
岩崎 清七(いわさき きよしち、1865年12月18日(元治元年12月18日) - 1946年(昭和21年)4月11日)は、明治期の実業家。磐城セメント(住友セメント)を創業した。
全国の栃木県出身者
慶應義塾大学出身      栃木県出身の慶應義塾大学の出身者      全国の慶應義塾大学の出身者




スポンサーリンク




有名人ナビ 出身高校編

有名人ナビ 出身大学編

有名人ナビ 誕生日編

有名人ナビ 出身都道府県編





スポンサーリンク