トップページ >1863年生まれの有名人

このサイトに登録されている誕生日で有名人の数:78,818人


スポンサーリンク


このサイトに登録されている「1863年」生まれの有名人の数:48:人
 1  春日森富三郎    岡山県 岡山市(旧・備前国上道郡) 出身Wikipedia
春日森 富三郎(かすがもり とみさぶろう、1863年 - 1914年11月4日)は、備前国上道郡(現在の岡山県岡山市)出身で大阪相撲及び広角組の大鳴門部屋(入門時は千田川部屋)所属の元大相撲力士。本名は、上岡富三郎(かみおか とみさぶろう)。最高位は、大阪相撲の前頭2枚目(広角組では関脇)。身長179cm、体重86kg。
全国の岡山県出身者    全国の岡山市(旧・備前国上道郡)出身者
 2  花井お梅    千葉県 佐倉市 出身Wikipedia
花井 お梅(はない おうめ、1863年(元治元年) - 1916年(大正5年)12月13日)は、幕末から大正時代にかけての女性。芸妓などで生計を立てていたが、1887年(明治20年)に犯した殺人事件が、色々な演芸に脚色され、演じられた。
全国の千葉県出身者    全国の佐倉市出身者
 3  熊川熊次郎    熊本県 出身Wikipedia
熊川熊次郎(くまかわくまじろう、生年不明-1863年7月19日(文久3年6月4日))は、大坂相撲・小野川部屋に所属した元力士。現在の熊本県である肥後国出身。地位は中頭(関取)また前頭7枚目とも。
全国の熊本県出身者
 4  坪井正五郎    東京都 出身Wikipedia
坪井 正五郎(つぼい しょうごろう、文久3年1月5日(1863年2月22日) - 大正2年(1913年)5月26日)は、日本の自然人類学者。
全国の東京都出身者
 5  鎌田三之助    宮城県 出身Wikipedia
鎌田 三之助(かまだ さんのすけ、1863年(文久3年)1月13日 - 1950年(昭和25年)5月3日)は、日本の政治家。衆議院議員、宮城県鹿島台村(現在の大崎市)村長。品井沼干拓事業に打ち込み「わらじ村長」の名で知られた。
全国の宮城県出身者
明治大学出身      宮城県出身の明治大学の出身者      全国の明治大学の出身者
 6  阪谷芳郎Wikipedia
阪谷 芳郎(さかたに よしろう[1]、文久3年1月16日(1863年3月5日) - 昭和16年(1941年)11月14日)は、日本の大蔵官僚、政治家。子爵、法学博士。岡山県美星町(現井原市)出身。大蔵大臣、東京市長、貴族院議員等を歴任。
東京大学出身      全国の東京大学の出身者
 7  イザベラ・ブラックモーアWikipedia
イザベラ・ブラックモーア(またはブラックモア)(Isabella S Blackmore,1863年1月7日 - 1942年1月2日)は、カナダ・メソジスト教会婦人伝道会の宣教師である。
東洋英和女学院高等部出身      全国の東洋英和女学院高等部の出身者
 8  久保田与四郎    長野県 出身Wikipedia
久保田 与四郎(くぼた よしろう、文久3年1月11日(1863年2月28日) - 大正8年(1919年)4月24日)は、日本の政治家、弁護士。
全国の長野県出身者
明治大学出身      長野県出身の明治大学の出身者      全国の明治大学の出身者
 9  押川則吉    鹿児島県 出身Wikipedia
押川 則吉(おしかわ のりきち、1863年2月7日(文久2年12月19日) - 1918年(大正7年)2月18日)は、日本の農商務・内務官僚、政治家。官選県知事、製鉄所長官、貴族院議員。幼名・千代太郎。
全国の鹿児島県出身者
 10  梅田ミト    熊本県 飽託郡飽田町(現・熊本市南区) 出身Wikipedia
梅田 ミト(うめだ ミト、文久3年2月9日(1863年3月27日) - 1975年5月31日)は、長寿日本一および長寿世界一であった熊本県の女性。
全国の熊本県出身者    全国の飽託郡飽田町(現・熊本市南区)出身者
 11  関根萬司Wikipedia
関根 萬司(せきね まんじ 、1863年2月17日(文久2年12月29日) - 1924年(大正13年)4月27日)は、日本の教育者。越後国刈羽郡北条村小島(現:新潟県柏崎市大字小島)出身。
東京物理学校出身      全国の東京物理学校の出身者
関根学園高等学校出身      全国の関根学園高等学校の出身者
 12  茂庄五郎    長崎県 出身Wikipedia
茂 庄五郎(しげ しょうごろう、文久3年2月(1863年) - 大正2年(1913年)3月29日)は、明治時代に関西で活躍した建築家。関西の建築設計事務所設立の草分けとして、また工場建築を多く手がけたことで知られる。
全国の長崎県出身者
東京大学出身      長崎県出身の東京大学の出身者      全国の東京大学の出身者
 13  横山富次郎    東京都 出身Wikipedia
横山 富次郎(よこやま とみじろう、1863年(文久3年2月) - 1936年(昭和11年)3月21日)は日本の政治家、実業家。衆議院議員(政友会)。
全国の東京都出身者
法政大学出身      東京都出身の法政大学の出身者      全国の法政大学の出身者
 14  岡倉天心    神奈川県 横浜市 出身Wikipedia
岡倉 天心(おかくら てんしん、1863年2月14日(文久2年12月26日) - 1913年(大正2年)9月2日)は、日本の思想家、文人。本名は岡倉覚三(かくぞう)。幼名は岡倉角蔵。
全国の神奈川県出身者    全国の横浜市出身者
東京外国語大学出身      神奈川県出身の東京外国語大学の出身者      全国の東京外国語大学の出身者
 15  鎌田三之助    宮城県 出身Wikipedia
鎌田 三之助(かまだ さんのすけ、1863年3月2日(文久3年1月13日) - 1950年(昭和25年)5月3日)は、日本の政治家。衆議院議員、宮城県鹿島台村(現在の大崎市)村長。品井沼干拓事業に打ち込み「わらじ村長」の名で知られた。
全国の宮城県出身者
明治大学出身      宮城県出身の明治大学の出身者      全国の明治大学の出身者
 16  森山儀文治Wikipedia
森山 儀文治(もりやま ぎぶんじ、1863年(文久3年)3月 - 1945年(昭和20年2月9日)は、日本の政治家、弁護士。
明治大学出身      出身の明治大学の出身者      全国の明治大学の出身者
 17  徳富蘇峰    熊本県 益城町 出身Wikipedia
徳富 蘇峰(とくとみ そほう、1863年3月14日(文久3年1月25日) - 1957年(昭和32年)11月2日)は、明治から昭和にかけての日本のジャーナリスト、思想家、歴史家、評論家。『國民新聞』を主宰し、大著『近世日本国民史』を著したことで知られる。
全国の熊本県出身者    全国の益城町出身者
国士舘高等学校出身      全国の国士舘高等学校の出身者
 18  筑紫熊七    熊本県 出身Wikipedia
筑紫 熊七(つくし くましち、1863年3月14日(文久3年1月25日) - 1944年(昭和19年)1月21日)は、日本陸軍の軍人。陸軍中将従三位勲一等功三級。
全国の熊本県出身者
 19  小川三千三Wikipedia
小川 三千三(おがわ みちぞう、1863年3月29日(文久3年2月11日)[1] - 1899年(明治32年)5月12日)は日本の明治期の弁護士、政治家。東京市会議員、日本橋区会議長。
法政大学出身      全国の法政大学の出身者
 20  山極勝三郎    長野県 上田市 出身Wikipedia
山極 勝三郎(やまぎわ かつさぶろう、1863年4月10日(文久3年2月23日) - 1930年(昭和5年)3月2日)は、日本の病理学者。人工癌研究のパイオニアとして知られる。
全国の長野県出身者    全国の上田市出身者
 21  S.H.ウェンライトWikipedia
サミュエル・H・ウェンライト(Samuel H Wainright、1863年4月15日 - 1950年12月7日)は、アメリカ南メソジスト教会の宣教師である。
関西学院大学出身      出身の関西学院大学の出身者      全国の関西学院大学の出身者
 22  松平康国Wikipedia
松平 康國(まつだいら やすくに、文久3年4月11日(1863年5月28日) - 昭和20年(1945年)1月30日)は、長崎出身の漢学者。字は子寛、天行・破天荒斎と号する。早稲田大学名誉教授。東洋文化學會理事。東洋文化研究所教頭。
二松學舍大学出身      出身の二松學舍大学の出身者      全国の二松學舍大学の出身者
 23  井手三郎    熊本県 肥後国飽田郡中島村(現・熊本市西区) 出身Wikipedia
井手 三郎(いで さぶろう、文久3年5月15日(1863年6月30日) - 昭和6年(1931年)11月16日[2])は、衆議院議員(中央倶楽部→立憲同志会→憲政会)、ジャーナリスト。
全国の熊本県出身者    全国の肥後国飽田郡中島村(現・熊本市西区)出身者
 24  町田忠治    秋田県 秋田市 出身Wikipedia
町田 忠治(まちだ ちゅうじ、文久3年3月30日(1863年5月17日) - 昭和21年(1946年)11月12日)は、明治から昭和期の政治家。
全国の秋田県出身者    全国の秋田市出身者
秋田県立秋田高等学校出身      全国の秋田県立秋田高等学校の出身者
 25  平岡定太郎    兵庫県 加古川市* 出身Wikipedia
平岡 定太郎(ひらおか さだたろう、文久3年6月4日(1863年7月19日) - 昭和17年(1942年)8月26日)は、日本の内務官僚。樺太庁長官(第3代)。福島県知事(第17代)。正三位勲三等。兵庫県平民[2]。
全国の兵庫県出身者    全国の加古川市*出身者
早稲田大学出身      兵庫県出身の早稲田大学の出身者      全国の早稲田大学の出身者
 26  国井庫    山形県 出身Wikipedia
国井 庫(くにい くら、文久3年7月16日[1](1863年8月29日) - 大正8年(1919年)5月27日[2])は、衆議院議員(憲政本党→立憲国民党)、弁護士。
全国の山形県出身者
明治大学出身      山形県出身の明治大学の出身者      全国の明治大学の出身者
 27  乗松雅休Wikipedia
乗松 雅休(のりまつ まさやす、文久3年7月12日(1863年8月25日) - 大正10年(1921年)2月12日)は日本のプロテスタント最初の海外宣教師。
愛媛県立松山東高等学校出身      全国の愛媛県立松山東高等学校の出身者
 28  葛西萬司    岩手県 出身Wikipedia
葛西 萬司(かさい まんじ、 文久3年7月21日(1863年9月3日)- 昭和17年(1942年)8月19日) は明治から昭和初期に活躍した建築家。盛岡市出身。辰野金吾と建築設計事務所を共同経営したことなどで知られる。 工手学校(現工学院大学)造家学科教員。
全国の岩手県出身者
東京大学出身      岩手県出身の東京大学の出身者      全国の東京大学の出身者
 29  野上嘉平Wikipedia
野上 嘉平(のがみかへい、1863年(文久3年)7月 - 1913年(大正2年)10月3日)は日本の政治家、実業家。衆議院議員(憲政本党)。
法政大学出身      全国の法政大学の出身者
 30  油屋熊八    愛媛県 出身Wikipedia
油屋 熊八(あぶらや くまはち、1863年8月29日(文久3年7月16日) - 1935年(昭和10年)3月24日)は、日本の実業家。温泉都市大分県別府市の観光開発に尽力し、田園的な温泉保養地由布院の礎を築いた。
全国の愛媛県出身者
 31  近衛篤麿    京都府 出身Wikipedia
近衞 篤麿(このえ あつまろ、1863年8月10日(文久3年6月26日) - 1904年(明治37年)1月1日)は、明治時代後期の華族・政治家。号は霞山。近衛家は五摂家筆頭の家柄で、公爵。第3代貴族院議長、第7代学習院院長、帝国教育会初代会長。本姓は藤原。
全国の京都府出身者
学習院大学出身      京都府出身の学習院大学の出身者      全国の学習院大学の出身者
 32  清沢満之Wikipedia
清沢 満之(きよざわ まんし、1863年8月10日(文久3年6月26日) - 1903年(明治36年)6月6日)は、日本の明治期に活躍した真宗大谷派(本山・東本願寺)の僧侶、哲学者・宗教家。旧姓は「徳永」。幼名は「満之助」。院号法名は、「信力院釋現誠」。
東洋大学出身      全国の東洋大学の出身者
愛知県立旭丘高等学校出身      全国の愛知県立旭丘高等学校の出身者
 33  山下源太郎    山形県 米沢市 出身Wikipedia
山下 源太郎(やました げんたろう、文久3年7月30日(1863年8月26日) - 昭和6年(1931年)2月18日)は、明治、大正時代の日本海軍軍人、華族。位階・勲等・功級・爵位は、海軍大将・正二位・勲一等・功三級・男爵。日露戦争時の軍令部作戦班長(のちの作戦部長)、連合艦隊司令長官、軍令部長などを歴任した。
全国の山形県出身者    全国の米沢市出身者
海軍兵学校出身      山形県出身の海軍兵学校の出身者      全国の海軍兵学校の出身者
山形県立米沢興譲館高等学校出身      全国の山形県立米沢興譲館高等学校の出身者
 34  藤山雷太    佐賀県 出身Wikipedia
藤山 雷太(ふじやま らいた、1863年9月13日(旧暦文久3年8月1日)- 1938年(昭和13年)12月19日)は、佐賀藩出身の明治・大正・昭和の実業家、貴族院勅選議員。東京商業会議所会頭、芝浦製作所所長、大日本製糖社長、藤山同族社長、大日本製氷会長、日印協会理事、また三井財閥・安田財閥・共同の各信託会社の相談役・取締役等を歴任し、藤山コンツェルンを創立した。正五位勲三等。
全国の佐賀県出身者
長崎大学出身      佐賀県出身の長崎大学の出身者      全国の長崎大学の出身者
 35  大井成元    山口県 出身Wikipedia
大井 成元(おおい しげもと、文久3年9月10日(1863年10月22日) - 1951年(昭和26年)7月15日)は、日本の陸軍軍人。陸軍大将従二位勲一等功一級男爵。旧名菊太郎。
全国の山口県出身者
 36  堀内文次郎Wikipedia
堀内 文次郎(ほりうち ぶんじろう、文久3年9月17日(1863年10月29日) - 1942年(昭和17年)3月14日)は、日本の陸軍軍人。陸士旧7期。栄典は従四位勲二等功二級。最終階級は陸軍中将。
攻玉社高等学校出身      全国の攻玉社高等学校の出身者
 37  西沢正太郎    長野県 坂城町 出身Wikipedia
西沢 正太郎(にしざわ しょうたろう、1863年10月21日(文久3年9月9日) - 1910年(明治43年)2月2日[2])は、日本の内務官僚。官選県知事。号・靖軒、獅牢[3]。
全国の長野県出身者    全国の坂城町出身者
 38  荒井賢太郎    新潟県 出身Wikipedia
荒井 賢太郎(あらい けんたろう、文久3年10月15日(1863年11月25日) - 昭和13年(1938年)1月29日)は、日本の官僚・政治家。新潟県士族[1]。
全国の新潟県出身者
東京大学出身      新潟県出身の東京大学の出身者      全国の東京大学の出身者
 39  山口玄洞    広島県  尾道市 出身Wikipedia
山口 玄洞(やまぐち げんどう、文久3年10月10日(1863年11月20日) - 昭和12年(1937年)1月10日)は、日本の実業家、帝国議会議員。広島県尾道市出身。大阪府平民。大阪府多額納税者。(株)山口玄創業者[4]。尾道市名誉市民。
全国の広島県出身者    全国の 尾道市出身者
 40  長瀬富郎    岐阜県 中津川市 出身Wikipedia
長瀬 富郎(ながせ とみろう、文久3年11月21日(1863年12月31日) - 明治44年(1911年)10月26日)は実業家。花王創業者。
全国の岐阜県出身者    全国の中津川市出身者
 41  江藤新作    佐賀県 出身Wikipedia
江藤 新作(えとう しんさく、1863年11月27日(文久3年10月17日) - 1910年(明治43年)1月6日)は明治時代の政治家、衆議院議員。幼名松次郎。号は節山。初代司法卿、江藤新平の次男。次男は江藤夏雄(衆議院議員)。
全国の佐賀県出身者
法政大学出身      佐賀県出身の法政大学の出身者      全国の法政大学の出身者
 42  森槐南Wikipedia
森 槐南(もり かいなん、文久3年11月16日(1863年12月26日) - 明治44年(1911年)3月7日)は、明治期日本の漢詩人、官僚。
二松學舍大学出身      全国の二松學舍大学の出身者
 43  棚橋一郎    岐阜県 出身Wikipedia
棚橋 一郎(たなはし いちろう、文久2年11月12日(1863年1月1日) - 昭和17年(1942年)2月7日)は、岐阜県出身の教育者、漢学者(今でいう倫理学者)。衆議院議員、東京市会議員。
全国の岐阜県出身者
東洋大学出身      岐阜県出身の東洋大学の出身者      全国の東洋大学の出身者
東京女子学園高等学校出身      全国の東京女子学園高等学校の出身者
 44  相馬順胤Wikipedia
相馬 順胤(そうま ありたね、1863年11月10日(文久3年9月29日) - 1919年(大正8年)2月13日)は、旧陸奥中村藩主の相馬子爵家第30代当主。
慶應義塾大学出身      出身の慶應義塾大学の出身者      全国の慶應義塾大学の出身者
 45  志賀重昂    愛知県 出身Wikipedia
志賀 重昂(しが しげたか、文久3年11月15日(1863年12月25日) - 昭和2年(1927年)4月6日)は、日本の地理学者、評論家、教育者、衆議院議員。誕生日は9月15日(1863年10月27日)ともいう。矧川(しんせん)・矧川漁長を号した。
全国の愛知県出身者
北海道大学出身      愛知県出身の北海道大学の出身者      全国の北海道大学の出身者
攻玉社高等学校出身      全国の攻玉社高等学校の出身者
 46  白仁武Wikipedia
白仁 武(しらに たけし、1863年12月1日(文久3年10月21日)- 1941年(昭和16年)4月20日)は、日本の内務官僚・実業家。官選栃木県知事、日本郵船社長。
東京大学出身      全国の東京大学の出身者
福岡県立伝習館高等学校出身      全国の福岡県立伝習館高等学校の出身者
 47  利光鶴松Wikipedia
利光 鶴松(としみつ つるまつ、1863年12月31日 - 1945年7月4日)は、日本の政治家・実業家。
明治大学出身      全国の明治大学の出身者
 48  鈴木券太郎Wikipedia
鈴木 券太郎(すずき けんたろう、文久2年12月〈1863年〉 - 1939年〈昭和14年〉3月14日)は、明治から大正・昭和にかけて非常に著名だった国権主義的なジャーナリスト、教育者。号は醇庵。他に乳水陳人、毛山狂生など。
慶應義塾大学出身      出身の慶應義塾大学の出身者      全国の慶應義塾大学の出身者




スポンサーリンク




有名人ナビ 出身高校編

有名人ナビ 出身大学編

有名人ナビ 誕生日編

有名人ナビ 出身都道府県編





スポンサーリンク