トップページ >1861年生まれの有名人

このサイトに登録されている誕生日で有名人の数:89,188人


スポンサーリンク


このサイトに登録されている「1861年」生まれの有名人の数:64:人
 1  楠木武俊Wikipedia
楠木 武俊(くすのき たけとし、1861年(文久元年) - ?)は、明治期の官僚、実業家。勲六等瑞宝章。
慶應義塾大学出身      出身の慶應義塾大学の出身者      全国の慶應義塾大学の出身者
 2  竹村良貞    新潟県 出身Wikipedia
竹村 良貞(たけむら よしさだ、1861年-1940年6月9日)は、明治期のジャーナリスト、政治家、帝国通信社社長。
全国の新潟県出身者
慶應義塾大学出身      新潟県出身の慶應義塾大学の出身者      全国の慶應義塾大学の出身者
 3  岡村竹四郎Wikipedia
岡村 竹四郎(おかむら たけしろう、1861年(文久元年) - ?)は、明治期の実業家、信陽堂(現・東洋印刷会社)創立者。妻は版画家の岡村政子。
慶應義塾大学出身      出身の慶應義塾大学の出身者      全国の慶應義塾大学の出身者
 4  伊藤伝右衛門    福岡県 飯塚市 出身Wikipedia
伊藤 伝右衛門(いとう でんえもん、1861年1月6日(万延元年11月26日) - 1947年(昭和22年)12月15日)は、明治・大正・昭和時代の福岡県筑豊の実業家・炭鉱主。傳右衛門、伝右エ門とも。
全国の福岡県出身者    全国の飯塚市出身者
 5  小笠原鑅次郎Wikipedia
小笠原 鑅次郎(おがさわら こうじろう、1861年1月27日(万延元年12月17日) – 1932年(昭和7年)12月25日[1])は、日本の実業家、官僚。
明治大学出身      全国の明治大学の出身者
 6  岡田国太郎    滋賀県 守山市 出身Wikipedia
岡田 国太郎(おかだ くにたろう、1861年1月29日(万延元年12月19日) - 1945年(昭和20年)3月2日)は、医学博士・細菌学者。滋賀県出身者として最初の医学博士(博士登録番号42番)。
全国の滋賀県出身者    全国の守山市出身者
東京大学出身      滋賀県出身の東京大学の出身者      全国の東京大学の出身者
京都府立洛北高等学校出身      全国の京都府立洛北高等学校の出身者
 7  鈴木馬左也    宮崎県 出身Wikipedia
鈴木 馬左也(すずき まさや、文久元年2月24日(1861年4月3日) - 大正11年(1922年)12月25日)は、第三代住友総理事である。
全国の宮崎県出身者
東京帝国大学出身      宮崎県出身の東京帝国大学の出身者      全国の東京帝国大学の出身者
宮崎県立宮崎大宮高等学校出身      全国の宮崎県立宮崎大宮高等学校の出身者
 8  野坂茂三郎    鳥取県 米子市 出身Wikipedia
野坂 茂三郎(のさか もさぶろう、万延2年2月11日(1861年3月21日) - 大正12年(1923年)5月7日)は、日本の政治家、実業家。元衆議院議員、郡会議員、町会議員。元中国貯蓄銀行頭取、米子銀行取締役。鳥取県平民。大地主。
全国の鳥取県出身者    全国の米子市出身者
 9  内村鑑三    群馬県 出身Wikipedia
内村 鑑三(うちむら かんぞう、万延2年2月13日(1861年3月23日)- 昭和5年(1930年)3月28日)は、日本のキリスト教思想家・文学者・伝道者・聖書学者。福音主義信仰と時事社会批判に基づく日本独自のいわゆる無教会主義を唱えた。「代表的日本人」の著者でもある。
全国の群馬県出身者
北海道大学出身      群馬県出身の北海道大学の出身者      全国の北海道大学の出身者
 10  天野為之Wikipedia
天野 為之(あまの ためゆき、1861年2月6日(万延元年12月27日) - 1938年(昭和13年)3月26日)は、明治・大正・昭和期の経済学者、ジャーナリスト、政治家、教育者、法学博士。衆議院議員、東洋経済新報社主幹、早稲田大学学長、早稲田実業学校校長を歴任した。勲三等瑞宝章受章。
東京大学出身      出身の東京大学の出身者      全国の東京大学の出身者
佐賀県立唐津東高等学校出身      全国の佐賀県立唐津東高等学校の出身者
 11  奥村七郎    福岡県 出身Wikipedia
奥村 七郎(おくむら ひちろう、1861年(文久元年3月) - 1922年(大正11年)1月21日)は日本の政治家、実業家。衆議院議員(憲政会)、博多米穀取引所理事長、博多商業会議所会頭。
全国の福岡県出身者
明治大学出身      福岡県出身の明治大学の出身者      全国の明治大学の出身者
 12  鳩山春子    長野県 松本市 出身Wikipedia
鳩山 春子(はとやま はるこ、文久元年3月23日(1861年5月2日) - 1938年7月12日)は、日本の教育者。共立女子大学創立者の一人。旧姓多賀。
全国の長野県出身者    全国の松本市出身者
お茶の水女子大学出身      長野県出身のお茶の水女子大学の出身者      全国のお茶の水女子大学の出身者
 13  鳩山春子Wikipedia
鳩山 春子(はとやま はるこ、文久元年3月23日(1861年5月2日) - 1938年7月12日)は、日本の教育者。共立女子大学創立者の一人。旧姓多賀。
お茶の水女子大学出身      全国のお茶の水女子大学の出身者
 14  磯辺弥一郎    大分県 出身Wikipedia
磯辺 弥一郎(いそべ やいちろう、1861年3月17日(万延2年2月7日) - 1931年(昭和6年)4月23日)は、国民英学会の創立者。
全国の大分県出身者
慶應義塾大学出身      大分県出身の慶應義塾大学の出身者      全国の慶應義塾大学の出身者
 15  奥村七郎    福岡県 出身Wikipedia
奥村 七郎(おくむら ひちろう、1861年(文久元年3月) - 1922年(大正11年)1月21日)は日本の政治家、実業家。衆議院議員(憲政会)、博多米穀取引所理事長、博多商業会議所会頭。
全国の福岡県出身者
法政大学出身      福岡県出身の法政大学の出身者      全国の法政大学の出身者
 16  宇都宮太郎    佐賀県 出身Wikipedia
宇都宮 太郎(うつのみや たろう、文久元年3月18日(1861年4月27日) - 1922年(大正11年)2月15日)は、日本の陸軍軍人。イギリス大使館付武官、参謀本部第二部長、第7師団長、第4師団長、三・一運動時の朝鮮軍司令官、軍事参議官を歴任した。階級は陸軍大将、位階・勲等は正三位勲一等功三級。桂太郎、仙波太郎と共に「陸軍の三太郎」と呼ばれる。最近15年分の日記を遺族が公開し、2007年4月から11月にかけて出版された。いわゆる「佐賀の左肩党」の盟主で、荒木貞夫・真崎甚三郎の庇護者でもあった。子息にミノファーゲン社長・衆議院議員の宇都宮徳馬。
全国の佐賀県出身者
 17  渡部芳造    鳥取県 境港市 出身Wikipedia
渡部 芳造(わたなべ よしぞう、文久元年4月18日(1861年5月27日) - 昭和11年(1936年)3月7日)は日本の政治家。衆議院議員。
全国の鳥取県出身者    全国の境港市出身者
 18  加藤友三郎Wikipedia
加藤 友三郎(かとう ともさぶろう、1861年4月1日(文久元年2月22日) - 1923年(大正12年)8月24日)は、日本の海軍軍人、政治家。階級は海軍大将、没後 元帥海軍大将。日露戦争で連合艦隊参謀長(日本海海戦時、第一艦隊参謀長兼任)、ワシントン会議で日本首席全権委員を務める。海軍大臣(第20-24代)、内閣総理大臣(第21代)を歴任し、山梨軍縮やシベリア出兵撤兵を成し遂げた。位階は正二位。勲等は大勲位。功級は功二級。爵位は子爵。
修道高等学校出身      全国の修道高等学校の出身者
 19  桂秀馬    新潟県 出身Wikipedia
桂 秀馬(かつら ひでま、1861年4月9日(文久元年2月30日) - 1911年(明治44年)11月6日)は、日本の明治期における外科医。宮内省侍医。越後国出身。
全国の新潟県出身者
日本医科大学出身      新潟県出身の日本医科大学の出身者      全国の日本医科大学の出身者
 20  芳ノ山夛治郎    熊本県 玉名郡 出身Wikipedia
芳ノ山夛治郎(よしのやまたじろう、1861年4月17日(文久元年3月8日) - 1911年(明治44年)8月30日)は、京都相撲・出水川部屋、境川部屋、武隈部屋、高砂部屋、湊部屋に所属した元力士。7代境川。本名は濱崎太次郎(旧姓市川)。肥後国玉名郡出身。身長体重不明。最高位は東前頭4枚目。
全国の熊本県出身者    全国の玉名郡出身者
 21  後藤文一郎Wikipedia
後藤 文一郎(ごとう ぶんいちろう、1861年(文久元年4月14日) - 1928年(昭和3年)9月29日)は、日本の政治家、弁護士。元衆議院議員(4期)。
法政大学出身      全国の法政大学の出身者
 22  江間俊一    静岡県 出身Wikipedia
江間 俊一(えま しゅんいち、文久元年(1861年)5月 - 昭和8年(1933年)5月31日)は静岡県出身の、日本の弁護士、政治家。
全国の静岡県出身者
明治大学出身      静岡県出身の明治大学の出身者      全国の明治大学の出身者
 23  守屋此助Wikipedia
守屋 此助 (もりや このすけ、1861年(文久1年5月6日) - 1931年(昭和6年)6月9日)は、日本の政治家、弁護士。衆議院議員、横浜市会議長。
法政大学出身      全国の法政大学の出身者
 24  小原雲心    島根県 松江市 出身Wikipedia
小原 雲心(おはら うんしん、文久元年5月19日(1861年6月26日) - 大正6年(1917年)1月1日)は、いけばな小原流の創始者(初世、開祖、流祖などとも呼ばれる)。出雲国松江(現島根県松江市)出身。
全国の島根県出身者    全国の松江市出身者
 25  高島小金治Wikipedia
高島 小金治(たかしま こきんじ、1861年5月17日(文久元年4月8日) - 1922年(大正11年)3月28日)は、明治期の実業家。日清豆粕製造(現・日清オイリオ)初代社長。大倉喜八郎の女婿で、終始その片腕となり、大倉組副頭取を務めた。
慶應義塾大学出身      出身の慶應義塾大学の出身者      全国の慶應義塾大学の出身者
 26  井上豊太郎    島根県 大田市 出身Wikipedia
井上 豊太郎(いのうえ とよたろう、1861年6月6日(文久元年4月28日) - 1951年(昭和26年)1月13日)は、日本の医学者、眼科医。島根県生まれ。
全国の島根県出身者    全国の大田市出身者
 27  中島竦    埼玉県 久喜市(旧・埼玉郡久喜本町) 出身Wikipedia
中島 竦(なかじま・しょう、1861年-1940年6月11日)は、明治から昭和にかけての漢学者。竦は「たかし」とも読む。幼名は辣之助、字は翹之。号は玉振(道人)または蠔山(介夫)。兄に中島綽軒(靖)・中島斗南(端)、弟に関翊・山本開蔵・中島田人(作家・中島敦の父)・中島比多吉がいる。
全国の埼玉県出身者    全国の久喜市(旧・埼玉郡久喜本町)出身者
 28  奥繁三郎    京都府 出身Wikipedia
奥 繁三郎(おく しげさぶろう、文久元年6月25日(1861年8月1日) - 大正13年(1924年)9月8日)は、京都府出身の明治、大正時代の政治家。元衆議院議長。関西法律学校(現関西大学)卒。
全国の京都府出身者
関西大学出身      京都府出身の関西大学の出身者      全国の関西大学の出身者
 29  片桐酉次郎    福島県 出身Wikipedia
片桐 酉次郎(かたぎり ゆうじろう、文久元年6月19日(1861年7月26日) - 昭和13年(1938年)12月27日)は、日本の海軍軍人。政治家。最終階級は海軍主計大監(主計大佐)。シーメンス事件において海軍の不正を糾弾し免官となる。代々幡町町長、衆議院議員。
全国の福島県出身者
 30  白瀬矗    秋田県 にかほ市 出身Wikipedia
白瀬 矗(しらせ のぶ、文久元年6月13日(1861年7月20日) - 昭和21年(1946年)9月4日)は、日本の陸軍軍人、南極探検家。最終階級は陸軍輜重兵中尉。幼名は知教(ちきょう)[2]。
全国の秋田県出身者    全国のにかほ市出身者
 31  恩田重信    長野県 出身Wikipedia
恩田 重信(おんだ しげのぶ、文久元年6月16日(1861年7月23日) - 昭和22年(1947年)7月30日)は、日本の薬学者。明治薬学専門学校(現・明治薬科大学)の創立者。
全国の長野県出身者
 32  森田思軒    岡山県 出身Wikipedia
森田 思軒(もりた しけん、文久元年7月21日(1861年8月26日)[注 1] - 明治30年(1897年)11月14日)は、新聞記者・翻訳家・漢文学者。本名は文蔵。別号に埜客(やきゃく)、羊角山人(ようかくさんじん)、白蓮庵主人(びゃくれんあんしゅじん)、紅芍園主人(こうしゃくえんしゅじん)など。
全国の岡山県出身者
慶應義塾大学出身      岡山県出身の慶應義塾大学の出身者      全国の慶應義塾大学の出身者
 33  深田直城    滋賀県 大津市 出身Wikipedia
深田 直城(ふかだ ちょくじょう、文久元年7月14日(1861年8月19日) - 昭和22年(1947年))は、明治時代の日本画家で文展(現日展)審査員を務めた。
全国の滋賀県出身者    全国の大津市出身者
 34  蔵原惟郭    熊本県 肥後国阿蘇郡黒川村(現・阿蘇市) 出身Wikipedia
蔵原 惟郭(くらはら これひろ、文久元年7月6日(1861年8月11日) - 昭和24年(1949年)1月8日)は肥後国(熊本県)出身の政治家、教育家。衆議院議員(立憲同志会)、熊本英学校校長。Ph.D.
全国の熊本県出身者    全国の肥後国阿蘇郡黒川村(現・阿蘇市)出身者
 35  木村清四郎Wikipedia
木村 清四郎(きむら せいしろう、1861年7月12日(文久2年6月5日) - 1934年(昭和9年)9月24日)は、明治期の日本銀行副総裁、貴族院議員。
慶應義塾大学出身      出身の慶應義塾大学の出身者      全国の慶應義塾大学の出身者
 36  森田思軒    岡山県 備中国笠岡西本町(現・笠岡市) 出身Wikipedia
森田 思軒(もりた しけん、1861年8月26日(文久元年7月21日)[注 1] - 1897年(明治30年)11月14日)は、日本のジャーナリスト・翻訳家・漢文学者。本名は文蔵。別号に埜客(やきゃく)、羊角山人(ようかくさんじん)、白蓮庵主人(びゃくれんあんしゅじん)、紅芍園主人(こうしゃくえんしゅじん)など。
全国の岡山県出身者    全国の備中国笠岡西本町(現・笠岡市)出身者
慶應義塾大学出身      岡山県出身の慶應義塾大学の出身者      全国の慶應義塾大学の出身者
 37  水上浩躬    熊本県 出身Wikipedia
水上 浩躬(みなかみ ひろみ、またはみなかみ ひろちか[2][3][4]、1861年8月12日(文久元年7月7日)[3] - 1932年3月26日[3])は、日本の政治家。第3代神戸市長(在任:1905年9月27日[5][6] - 1909年[7])。神戸港の築港に取り組み、第一期工事を実現させた功績から「築港市長」[7]と呼ばれる。肥後国[3](熊本県[2])出身。
全国の熊本県出身者
 38  久米民之助    群馬県 出身Wikipedia
久米 民之助(くめ たみのすけ、文久元年8月27日(1861年10月1日) - 昭和6年(1931年)5月24日)は、日本の技術者、実業家。衆議院議員を4期務めた政治家。
全国の群馬県出身者
慶應義塾大学出身      群馬県出身の慶應義塾大学の出身者      全国の慶應義塾大学の出身者
 39  久米民之助    群馬県 出身Wikipedia
久米 民之助(くめ たみのすけ、文久元年8月27日(1861年10月1日) - 昭和6年(1931年)5月24日)は、日本の技術者、実業家。衆議院議員を4期務めた政治家。
全国の群馬県出身者
慶應義塾大学出身      群馬県出身の慶應義塾大学の出身者      全国の慶應義塾大学の出身者
 40  織田了    愛知県 出身Wikipedia
織田 了(おだ りょう、1861年(文久元年)9月 - 1939年(昭和14年)3月24日[1])は、衆議院議員(立憲同志会→憲政会)、弁護士。
全国の愛知県出身者
明治大学出身      愛知県出身の明治大学の出身者      全国の明治大学の出身者
 41  藤沢利喜太郎    新潟県 佐渡市 出身Wikipedia
藤沢 利喜太郎(ふじさわ りきたろう、文久元年9月9日(1861年10月12日) - 昭和8年(1933年)12月23日)は日本の数学者。明治期より日本の数学教育の確立と西欧の数学の移入に尽力した。
全国の新潟県出身者    全国の佐渡市出身者
 42  中橋徳五郎    石川県 金沢市 出身Wikipedia
中橋 徳五郎(なかはし とくごろう、文久元年9月10日(1861年10月13日) - 昭和9年(1934年)3月25日)は、日本の政治家、実業家、官僚。大阪商船社長、衆議院議員、内務大臣、商工大臣、文部大臣を歴任。旧姓、斎藤。号は狸庵。
全国の石川県出身者    全国の金沢市出身者
 43  米井源次郎Wikipedia
米井 源次郎(よねい げんじろう、文久元年9月16日(1861年10月19日)-1919年(大正8年)7月20日)は日本の実業家。麒麟麦酒の創設に携わり、明治屋の2代目社長を務めた。
慶應義塾大学出身      出身の慶應義塾大学の出身者      全国の慶應義塾大学の出身者
 44  斎藤力三郎    千葉県 出身Wikipedia
斎藤 力三郎(さいとう りきさぶろう、1861年10月8日(文久元年9月5日) - 1915年(大正4年)5月26日)は、日本の陸軍軍人。最終階級は陸軍中将。
全国の千葉県出身者
 45  高橋義雄Wikipedia
高橋 義雄(たかはし よしお 、1861年10月2日(文久元年8月28日) - 1937年(昭和12年)12月12日)は、日本の実業家。茶人・高橋 箒庵(そうあん)としても知られる。
慶應義塾大学出身      出身の慶應義塾大学の出身者      全国の慶應義塾大学の出身者
 46  横山雅男    広島県  賀茂郡吉土実村現東広島市西条 出身Wikipedia
横山 雅男(よこやま まさお、文久2年10月15日(1861年12月16日) - 1943年(昭和18年)2月22日)は、日本の統計学者。安芸国賀茂郡吉土実村(現・広島県東広島市)出身。
全国の広島県出身者    全国の 賀茂郡吉土実村現東広島市西条出身者
 47  池辺義象    熊本県 出身Wikipedia
池辺 義象(いけべ よしかた、文久元年10月3日(1861年11月5日) - 大正12年(1923年)3月6日)は、国文学者、歌人。
全国の熊本県出身者
 48  有馬良橘    和歌山県 出身Wikipedia
有馬 良橘(ありま りょうきつ、文久元年11月15日(1861年12月16日) - 昭和19年(1944年)5月1日)は、日本の軍人。最終階級は海軍大将。和歌山県和歌山市出身。養子に海軍中将・有馬寛がいる。
全国の和歌山県出身者
同志社大学出身      和歌山県出身の同志社大学の出身者      全国の同志社大学の出身者
 49  若湊祐三郎    石川県 小松市 出身Wikipedia
若湊 祐三郎(わかみなと すけさぶろう、本名:村田 竹松(むらた たけまつ)、1861年11月5日 - 1920年9月21日)は、石川県能美郡(現小松市)出身の元大相撲力士。最高位は関脇。所属は初め富士ヶ根部屋で、伊勢ノ海部屋を経て高砂部屋。現役時代の体格は169cm、90kg。得意手は突っ張り。
全国の石川県出身者    全国の小松市出身者
 50  有馬良橘    和歌山県 和歌山市 出身Wikipedia
有馬 良橘(ありま りょうきつ、文久元年11月15日(1861年12月16日) - 昭和19年(1944年)5月1日)は、日本の軍人。最終階級は海軍大将。和歌山県和歌山市出身。養子に海軍中将・有馬寛がいる。
全国の和歌山県出身者    全国の和歌山市出身者
同志社大学出身      和歌山県出身の同志社大学の出身者      全国の同志社大学の出身者
 51  牧野伸顕    鹿児島県 出身Wikipedia
牧野 伸顕(まきの のぶあき、1861年11月24日(文久元年10月22日) - 1949年(昭和24年)1月25日)は、日本の政治家。位階は従一位。勲等は勲一等。爵位は伯爵。名はシンケンと通称されることもある(有職読み)。以前の諱は是利(これとし)。[1]吉田茂は女婿、麻生太郎と寬仁親王妃信子は曾孫にあたる。
全国の鹿児島県出身者
二松學舍大学出身      鹿児島県出身の二松學舍大学の出身者      全国の二松學舍大学の出身者
 52  佐治幸平    福島県 出身Wikipedia
佐治 幸平(さじ こうへい、文久元年11月12日(1861年12月13日) - 大正6年(1917年)8月13日)は、日本の政治家、会津地域を代表する自由民権運動家の一人である。第3代[* 1]若松市長、衆議院議員、実業家。
全国の福島県出身者
福島大学出身      福島県出身の福島大学の出身者      全国の福島大学の出身者
 53  有馬良橘    和歌山県 出身Wikipedia
有馬 良橘(ありま りょうきつ、文久元年11月15日(1861年12月16日) - 昭和19年(1944年)5月1日)は、日本の軍人。最終階級は海軍大将。和歌山県和歌山市出身。養子に海軍中将・有馬寛がいる。
全国の和歌山県出身者
慶應義塾大学出身      和歌山県出身の慶應義塾大学の出身者      全国の慶應義塾大学の出身者
 54  和田豊治Wikipedia
和田 豊治(わだ とよじ、1861年(文久元年)11月 - 1924年(大正13年)3月4日)は、日本の明治・大正期の財界人、貴族院勅選挙議員。富士紡績会社や理化学研究所など、創立に携わった会社は数十社を超え、渋沢栄一に続く大正時代の「財界世話人」として君臨した。
慶應義塾大学出身      出身の慶應義塾大学の出身者      全国の慶應義塾大学の出身者
 55  牧野伸顕    鹿児島県 鹿児島市 出身Wikipedia
牧野 伸顕(まきの のぶあき、1861年11月24日(文久元年10月22日) - 1949年(昭和24年)1月25日)は、日本の政治家。位階は従一位。勲等は勲一等。爵位は伯爵。名はシンケンと通称されることもある(有職読み)。以前の諱は是利(これとし)[注釈 1]。吉田茂は女婿、寬仁親王妃信子と麻生太郎は曾孫にあたる。
全国の鹿児島県出身者    全国の鹿児島市出身者
二松學舍大学出身      鹿児島県出身の二松學舍大学の出身者      全国の二松學舍大学の出身者
 56  田辺朔郎    東京都 出身Wikipedia
田辺 朔郎(たなべ さくろう、1861年12月2日(文久元年11月1日) - 1944年(昭和19年)9月5日)は、日本の土木技術者・工学者。琵琶湖疏水や日本初の水力発電所の建設、関門海底トンネルの提言を行った。北海道の狩勝峠の名づけを行った。
全国の東京都出身者
 57  川村惇Wikipedia
川村 惇(かわむら じゅん、文久元年(1861年)12月 - 昭和5年(1930年)4月11日)は、ジャーナリスト、政治家、教育者。
慶應義塾大学出身      出身の慶應義塾大学の出身者      全国の慶應義塾大学の出身者
 58  田中智學    東京都 出身Wikipedia
田中 智學(たなか ちがく、田中 智学、1861年12月14日(文久元年11月13日) - 1939年11月17日)は、第二次世界大戦前の日本の宗教家。本名は巴之助。
全国の東京都出身者
 59  和田豊治    大分県 出身Wikipedia
和田 豊治(わだ とよじ、1861年12月19日(文久元年11月18日) - 1924年(大正13年)3月4日)は、日本の明治・大正期の財界人、貴族院勅選挙議員。富士紡績会社や理化学研究所など、創立に携わった会社は数十社を超え、渋沢栄一に続く大正時代の「財界世話人」として君臨した。
全国の大分県出身者
慶應義塾大学出身      大分県出身の慶應義塾大学の出身者      全国の慶應義塾大学の出身者
 60  笹原辰太郎    福島県 出身Wikipedia
笹原 辰太郎(ささはら たつたろう、1861年12月11日(文久1年11月10日) - 1929年(昭和4年)7月21日)は、日本の警察官、実業家。愛知郡長退官後に名古屋市東郊耕地整理組合長ほか複数の土地整理組合で幹部を務め、名古屋における土地整理事業の先駆者に位置づけられる人物である。石川電気鉄道社長。
全国の福島県出身者
福島大学出身      福島県出身の福島大学の出身者      全国の福島大学の出身者
 61  浅岡満俊    愛媛県 出身Wikipedia
浅岡 満俊(あさおか みつとし、1861年12月28日(文久元年11月27日) - 1936年(昭和11年)8月26日)は、日本の海軍軍人。海軍造船中将。
全国の愛媛県出身者
慶應義塾大学出身      愛媛県出身の慶應義塾大学の出身者      全国の慶應義塾大学の出身者
愛媛県立松山東高等学校出身      全国の愛媛県立松山東高等学校の出身者
 62  落合直文    宮城県 出身Wikipedia
落合 直文(おちあい なおぶみ、1861年12月16日(文久元年11月15日) - 1903年(明治36年)12月16日)は、日本の歌人、国文学者。元の名は鮎貝盛光といい、朝鮮語学者の鮎貝房之進は実弟。
全国の宮城県出身者
二松學舍大学出身      宮城県出身の二松學舍大学の出身者      全国の二松學舍大学の出身者
 63  落合直文    宮城県 出身Wikipedia
落合 直文(おちあい なおぶみ、1861年12月16日(文久元年11月15日) - 1903年(明治36年)12月16日)は、日本の歌人、国文学者。元の名は鮎貝盛光といい、朝鮮語学者の鮎貝房之進は実弟。
全国の宮城県出身者
二松學舍大学出身      宮城県出身の二松學舍大学の出身者      全国の二松學舍大学の出身者
 64  小栗貞雄Wikipedia
小栗 貞雄(おぐり さだお、1861年12月29日(文久元年11月28日) - 1935年(昭和10年)3月16日)は、明治期の製薬実業家、政治家。
慶應義塾大学出身      出身の慶應義塾大学の出身者      全国の慶應義塾大学の出身者




スポンサーリンク




有名人ナビ 出身高校編

有名人ナビ 出身大学編

有名人ナビ 誕生日編

有名人ナビ 出身都道府県編





スポンサーリンク