トップページ >1858年生まれの有名人

このサイトに登録されている誕生日で有名人の数:89,185人


スポンサーリンク


このサイトに登録されている「1858年」生まれの有名人の数:59:人
 1  稲野年恒    石川県 出身Wikipedia
稲野 年恒(いなの としつね、安政5年〈1858年〉 - 明治40年〈1907年〉5月27日)とは、明治時代の浮世絵師、日本画家。
全国の石川県出身者
 2  渡辺嘉重    茨城県 出身Wikipedia
渡辺 嘉重(わたなべ よししげ、1858年 - 1937年2月4日)は、日本の教育者。下総国岡田郡花島村(現:茨城県常総市花島町)生まれ。
全国の茨城県出身者
 3  北川武    愛知県 出身Wikipedia
北川 武(きたがわ たけし、1858年(安政5年) - 1913年(大正2年)1月2日は、日本の陸軍軍人。最終階級は陸軍少将。位階勲等功級は、従四位・勲三等・功四級。陸軍電信部隊の創設者。
全国の愛知県出身者
 4  戸谷半兵衛    埼玉県 本庄市 出身Wikipedia
戸谷 半兵衛(とや はんべえ)は、18世紀から19世紀の本庄宿の新田町(現在の本庄市宮本町と泉町の辺り)に店をかまえ、代々戸谷半兵衛を襲名していた豪商であり、宿役人。店の名の「中屋」にちなんで中屋半兵衛とも呼ばれた(こちらの名の方が認知度は高い)。中半の略称でも親しまれている。中山道で最大の宿場である本庄宿の豪商として全国的に名の知れた商人であった。本店は本庄宿の「中屋」であるが、江戸室町に支店である「島屋」を持ち、代々京都の方の商人とも付き合っていたため、その人脈はかなり広く、才能にも、度胸(行動)にも優れていた(京都にも支店はあった)。中屋は、太物、小間物、荒物などを商った。戸谷家は、経済面の救済だけでなく、文化面でも影響力が強い一族であり、関東一の豪商ともされる(『関八州田舎分限角力番付』に西方筆頭の大関として位置付けられている)。大名への貸し金も多額であった。しかし、その返済は滞り、未回収金は数万両に及び、この為、安政5年(1858年)頃より、幕府への御用金納入に支障をきたし、名字帯刀を取り上げられ、さらに家財闕所等の処分を受けるが、明治期には回復した。
全国の埼玉県出身者    全国の本庄市出身者
 5  小栗栖香平Wikipedia
小栗栖 香平(おぐるす こうへい、1858年(安政5年) - ?)は、明治期の官僚、教育者、児童新聞社長。
慶應義塾大学出身      出身の慶應義塾大学の出身者      全国の慶應義塾大学の出身者
 6  秋月左都夫    宮崎県 出身Wikipedia
秋月 左都夫(あきづき さつお、安政5年(1858年)2月24日 - 昭和20年(1945年)6月25日)は、日向国生れの外交官。宮内省御用掛、正三位・勲一等。
全国の宮崎県出身者
 7  加藤六蔵Wikipedia
加藤 六蔵(かとう ろくぞう、1858年(安政5年) - 1909年(明治42年))は、明治期の政治家、醤油醸造実業家。
慶應義塾大学出身      出身の慶應義塾大学の出身者      全国の慶應義塾大学の出身者
 8  加藤六蔵    愛知県 出身Wikipedia
加藤 六蔵(かとう ろくぞう、1858年(安政5年) - 1909年(明治42年))は、明治期の政治家、醤油醸造実業家。
全国の愛知県出身者
慶應義塾大学出身      愛知県出身の慶應義塾大学の出身者      全国の慶應義塾大学の出身者
 9  細田謙蔵    鳥取県 出身Wikipedia
細田 謙蔵(ほそだ けんぞう、1858年(安政5年) - 1945年(昭和20年))は、日本の漢学者、書家、大学教授。号は剣堂。
全国の鳥取県出身者
二松學舍大学出身      鳥取県出身の二松學舍大学の出身者      全国の二松學舍大学の出身者
 10  湯浅半月    群馬県 出身Wikipedia
湯浅 吉郎(ゆあさ きちろう・湯浅 半月(ゆあさ はんげつ)、安政5年2月16日(1858年3月30日)-昭和18年(1943年)2月4日)は、明治-昭和にかけての聖書学者・図書館学者・詩人。雅号の半月でも知られている。兄は衆議院議員湯浅治郎。また、治郎の子で甥に当たる湯浅八郎は同志社大学、国際基督教大学の総長を歴任。
全国の群馬県出身者
 11  中島力造    京都府 出身Wikipedia
中島 力造(なかじま りきぞう、安政5年1月8日(1858年2月21日) - 大正7年(1918年)12月21日)は倫理学者。同志社英学校最初の学生のひとりで開校当初元良勇次郎、上野栄三郎とともに真っ先に駆けつけた。
全国の京都府出身者
同志社大学出身      京都府出身の同志社大学の出身者      全国の同志社大学の出身者
 12  御木本幸吉    三重県 鳥羽市 出身Wikipedia
御木本 幸吉(みきもと こうきち、安政5年1月25日(1858年3月10日) - 1954年(昭和29年)9月21日)は、日本の実業家。真珠の養殖とそのブランド化などで富を成した人物である。御木本真珠店(現・ミキモト)創業者。真珠王とも呼ばれた。
全国の三重県出身者    全国の鳥羽市出身者
 13  元田肇    大分県 出身Wikipedia
元田 肇(もとだ はじめ、1858年2月28日(安政5年1月15日) - 1938年(昭和13年)10月1日)は、明治、大正、昭和期の日本の政治家。号は国東。第25代衆議院議長、逓信大臣、鉄道大臣(初代)を歴任した。中央大学創立者18人の内の一人。
全国の大分県出身者
東京大学出身      大分県出身の東京大学の出身者      全国の東京大学の出身者
 14  和井内貞行    秋田県 鹿角市 出身Wikipedia
和井内 貞行(わいない さだゆき、安政5年2月15日(1858年3月29日) - 大正11年(1922年)5月16日)は、秋田県十和田湖開発の先駆者である。
全国の秋田県出身者    全国の鹿角市出身者
 15  山縣伊三郎Wikipedia
山縣 伊三郎(やまがた いさぶろう、1858年2月6日(安政4年12月23日) - 1927年(昭和2年)9月24日)は、日本の官僚。元老山縣有朋の養子で公爵を継いだ。旧姓は勝津。妻は加藤弘之の娘の隆子。息子は有道、三郎と養子の有光。
二松學舍大学出身      出身の二松學舍大学の出身者      全国の二松學舍大学の出身者
 16  三谷軌秀    高知県 出身Wikipedia
三谷 軌秀(みたに のりひで、1858年2月18日(安政5年1月5日) - 1934年昭和9年3月8日)は、日本の政治家、実業家。衆議院議員。幼名は五市。
全国の高知県出身者
法政大学出身      高知県出身の法政大学の出身者      全国の法政大学の出身者
 17  井上円了    新潟県 出身Wikipedia
井上 円了(いのうえ えんりょう 井上圓了、安政5年2月4日(1858年3月18日) - 大正8年(1919年)6月6日)は、仏教哲学者、教育家。
全国の新潟県出身者
東洋大学出身      新潟県出身の東洋大学の出身者      全国の東洋大学の出身者
 18  大矢四郎兵衛    富山県 砺波市 出身Wikipedia
大矢 四郎兵衛(おおや しろべえ、1858年2月2日(安政4年12月19日) - 1930年(昭和5年)9月25日)は、日本の富山県出身の実業家、政治家(衆議院議員)。
全国の富山県出身者    全国の砺波市出身者
 19  井上円了    新潟県 出身Wikipedia
井上 円了(いのうえ えんりょう 井上圓了、安政5年2月4日(1858年3月18日) - 大正8年(1919年)6月6日)は、仏教哲学者、教育家。
全国の新潟県出身者
東京大学出身      新潟県出身の東京大学の出身者      全国の東京大学の出身者
 20  元田肇Wikipedia
元田 肇(もとだ はじめ、1858年2月28日(安政5年1月15日) - 1938年(昭和13年)10月1日)は、明治、大正、昭和期の日本の政治家。号は国東。第25代衆議院議長、逓信大臣、鉄道大臣(初代)を歴任した。中央大学創立者18人の内の一人。
東京大学出身      全国の東京大学の出身者
 21  井上円了    新潟県 長岡市(旧・三島郡越路町) 出身Wikipedia
井上 円了(いのうえ えんりょう 井上圓了、1858年3月18日(安政5年2月4日) - 1919年(大正8年)6月6日)は、仏教哲学者、教育者。
全国の新潟県出身者    全国の長岡市(旧・三島郡越路町)出身者
東洋大学出身      新潟県出身の東洋大学の出身者      全国の東洋大学の出身者
新潟県立長岡高等学校出身      全国の新潟県立長岡高等学校の出身者
 22  小沢豁郎    長野県 出身Wikipedia
小沢 豁郎(おざわ かつろう、安政5年3月12日(1858年4月25日) - 明治34年(1901年)3月19日)は、日本の陸軍軍人、国粋主義者。清仏戦争に乗じて清国改造の革命を起こそうとした。東邦協会設立発起人。
全国の長野県出身者
 23  北条時敬    石川県 出身Wikipedia
北条 時敬(ほうじょう ときゆき、安政5年3月23日(1858年5月6日) - 昭和4年(1929年)4月27日)は、日本の教育者・数学者。幼名は粂次郎(くめじろう)。第12代学習院院長。
全国の石川県出身者
東北大学出身      石川県出身の東北大学の出身者      全国の東北大学の出身者
 24  渡邊嘉一    長野県 出身Wikipedia
渡邊 嘉一(わたなべ かいち、1858年3月22日(安政5年2月8日) - 1932年12月4日)は日本の土木技術者、実業家。日本土木史の父と呼ばれる。旧姓、宇治橋。
全国の長野県出身者
 25  北条時敬    石川県 出身Wikipedia
北条 時敬(ほうじょう ときゆき、安政5年3月23日(1858年5月6日) - 昭和4年(1929年)4月27日)は、教育者・数学者。幼名は粂次郎(くめじろう)。第12代学習院院長。
全国の石川県出身者
学習院大学出身      石川県出身の学習院大学の出身者      全国の学習院大学の出身者
 26  北条時敬    石川県 出身Wikipedia
北条 時敬(ほうじょう ときゆき、安政5年3月23日(1858年5月6日) - 昭和4年(1929年)4月27日)は、教育者・数学者。幼名は粂次郎(くめじろう)。第12代学習院院長。
全国の石川県出身者
東北大学出身      石川県出身の東北大学の出身者      全国の東北大学の出身者
 27  森雅守    福島県 出身Wikipedia
森 雅守(もり まさもり、1858年4月4日(安政5年2月21日) - 1894年(明治27年)5月20日)は、日本の陸軍軍人。上原勇作、楠瀬幸彦と三羽烏と謳われた秀才であったが、イタリアで自殺した。最終階級は陸軍砲兵少佐。
全国の福島県出身者
 28  石川暎作    福島県 出身Wikipedia
石川 暎作(いしかわ えいさく、安政5年4月20日(1858年6月1日) - 明治19年(1886年)4月27日)は、明治期の大蔵官僚、『東京経済雑誌』編纂者。日本で初めて、アダム・スミスの『富国論』を翻訳出版した。
全国の福島県出身者
慶應義塾大学出身      福島県出身の慶應義塾大学の出身者      全国の慶應義塾大学の出身者
 29  石川暎作    福島県 出身Wikipedia
石川 暎作(いしかわ えいさく、安政5年4月20日(1858年6月1日) - 明治19年(1886年)4月27日)は、明治期の大蔵官僚、『東京経済雑誌』編纂者。日本で初めて、アダム・スミスの『富国論』を翻訳出版した。
全国の福島県出身者
慶應義塾大学出身      福島県出身の慶應義塾大学の出身者      全国の慶應義塾大学の出身者
 30  安場末喜    熊本県 出身Wikipedia
安場 末喜(やすば すえのぶ / まき、1858年(安政5年5月) - 1930年(昭和5年)3月20日)は、日本の実業家、政治家。貴族院議員、男爵。従三位勲三等、公正会所属。
全国の熊本県出身者
慶應義塾大学出身      熊本県出身の慶應義塾大学の出身者      全国の慶應義塾大学の出身者
 31  渡辺暢    千葉県 出身Wikipedia
渡辺 暢(わたなべ とおる / のぶ、1858年5月20日(安政5年4月8日) - 1939年5月24日)は、日本の司法官、政治家。貴族院議員。旧佐倉藩士。
全国の千葉県出身者
千葉県立佐倉高等学校出身      全国の千葉県立佐倉高等学校の出身者
 32  安場末喜    熊本県 出身Wikipedia
安場 末喜(やすば すえのぶ / まき、1858年(安政5年5月) - 1930年(昭和5年)3月20日)は、日本の実業家、政治家。貴族院議員、男爵。従三位勲三等、公正会所属。
全国の熊本県出身者
慶應義塾大学出身      熊本県出身の慶應義塾大学の出身者      全国の慶應義塾大学の出身者
 33  伊東義五郎    長野県 出身Wikipedia
伊東 義五郎(いとう よしごろう、1858年6月26日(安政5年5月16日) - 1919年2月22日)は、日本海軍の軍人、最終階級は海軍中将。男爵。
全国の長野県出身者
 34  大島健一    岐阜県 恵那市 出身Wikipedia
大島 健一(おおしま けんいち、1858年6月19日(安政5年5月9日) - 1947年(昭和22年)3月24日)は、日本の陸軍軍人、政治家。最終階級は陸軍中将。陸軍大臣、大東文化学院総長(第3代)などを歴任した。
全国の岐阜県出身者    全国の恵那市出身者
 35  山田東次    神奈川県 出身Wikipedia
山田 東次(やまだ とうじ、安政5年6月21日(1858年7月31日) - 明治32年(1899年)12月18日)は明治期の政治家、法学者、教育者。衆議院議員、法典調査会委員、和仏法律学校(現法政大学)理事。
全国の神奈川県出身者
法政大学出身      神奈川県出身の法政大学の出身者      全国の法政大学の出身者
 36  小山健三    埼玉県 行田市 出身Wikipedia
小山 健三(こやま けんぞう、1858年7月23日(安政5年6月13日) - 1923年(大正12年)12月19日)は、明治から大正時代に活躍した日本の官僚、教育者、学校経営者、実業家、貴族院議員。前半生は教育者、近代日本教育の建設者として、とりわけ専門教育の礎を築くことに大きな功績を残し、東京高等商業学校(現一橋大学)校長などを歴任。後半生は、三十四銀行(後の三和銀行、現東京三菱UFJ銀行)第2代頭取に就任して、事業を大きく発展させるとともに、日本の金融界の発展に尽くす。福沢諭吉の養子であり「日本の電力王」と呼ばれた福沢桃介に、「東に渋沢栄一、西に小山健三あり」と言わしめた。勲二等瑞宝章受章。
全国の埼玉県出身者    全国の行田市出身者
 37  藤井較一    岡山県 出身Wikipedia
藤井 較一(ふじい こういち、安政5年8月18日(1858年9月24日) - 大正15年(1926年)7月9日)は、日本の海軍軍人。最終階級は海軍大将。
全国の岡山県出身者
 38  團琢磨Wikipedia
團 琢磨(だん たくま 安政5年8月1日(1858年9月7日) - 1932年(昭和7年)3月5日)は、日本の工学者、実業家。爵位は男爵。アメリカで鉱山学を学び、三井三池炭鉱の経営を行う。経営を成功させ、三井財閥の総帥となった。三井合名会社理事長、日本工業倶楽部初代理事長などを歴任した。
マサチューセッツ工科大学出身      全国のマサチューセッツ工科大学の出身者
福岡県立修猷館高等学校出身      全国の福岡県立修猷館高等学校の出身者
 39  山口半六    島根県 松江市 出身Wikipedia
山口 半六(やまぐち はんろく、安政5年8月23日(1858年9月29日) - 明治33年(1900年)8月23日)は、明治時代を代表する建築家。文部省在籍時に多くの学校建築を手がけた。代表作に兵庫県庁舎(現・兵庫県公館。半六の死去後に竣工)などがある。 工手学校(現工学院大学)造家学科教員。
全国の島根県出身者    全国の松江市出身者
 40  田口謙吉Wikipedia
田口 謙吉(たぐち けんきち、1858年(安政5年)8月23日 - 1928年(昭和3年)10月18日)は、日本の実業家。参天製薬創業者。   
修道高等学校出身      全国の修道高等学校の出身者
 41  成瀬仁蔵    山口県 出身Wikipedia
成瀬 仁蔵(なるせ じんぞう、1858年8月2日(安政5年6月23日) - 1919年(大正8年)3月4日)は、明治から大正のキリスト教牧師(プロテスタント)であり、日本における女子高等教育の開拓者の1人であり、日本女子大学(日本女子大学校)の創設者として知られる。
全国の山口県出身者
 42  櫻井錠二    石川県 金沢市 出身Wikipedia
櫻井 錠二(さくらい じょうじ、1858年9月24日(安政5年8月18日) - 1939年(昭和14年)1月28日)は、日本の化学者。
全国の石川県出身者    全国の金沢市出身者
 43  島村速雄Wikipedia
島村 速雄(しまむら はやお、安政5年9月20日(1858年10月26日) - 大正12年(1923年)1月8日)は、日本の海軍軍人。元帥海軍大将正二位勲一等功二級男爵。高知県出身。海南学校出身。二男は立花和雄(立花伯爵家を継承)。
海軍兵学校卒出身      全国の海軍兵学校卒の出身者
高知県立高知小津高等学校出身      全国の高知県立高知小津高等学校の出身者
 44  渡部鼎    福島県 出身Wikipedia
渡部 鼎(わたなべ かなえ、安政5年9月7日(1858年10月13日) - 昭和7年(1932年)7月18日)は、日本の医師、政治家。会陽医院院長。衆議院議員二期。野口英世の左手を手術した人物として知られる。
全国の福島県出身者
カリフォルニア大学出身      福島県出身のカリフォルニア大学の出身者      全国のカリフォルニア大学の出身者
 45  富井政章Wikipedia
富井 政章(とみい まさあきら、1858年10月16日(安政5年9月10日)- 1935年9月14日)は、日本の法学者、教育者。法学博士。帝国大学法科大学(現東京大学法学部)教授、帝国大学法科大学長、貴族院勅選議員、枢密顧問官等を歴任。法典調査会民法起草委員。和仏法律学校(現法政大学)校長。京都法政学校(現立命館大学)初代校長、立命館大学初代学長。男爵。
東京外国語大学出身      全国の東京外国語大学の出身者
京都府立洛北高等学校出身      全国の京都府立洛北高等学校の出身者
 46  江木衷    山口県 出身Wikipedia
江木 衷(えぎ まこと/ちゅう、1858年10月25日(安政5年9月19日) - 1925年(大正14年)4月8日)は、日本の法学者。弁護士。兄は江木千之、妻は江木欣々。
全国の山口県出身者
東京大学出身      山口県出身の東京大学の出身者      全国の東京大学の出身者
 47  坂本俊篤    長野県 出身Wikipedia
坂本 俊篤(さかもと としあつ、1858年11月30日(安政5年10月25日) - 1941年3月17日)は、日本海軍の軍人、政治家。海軍中将従二位勲一等功三級男爵。貴族院議員。
全国の長野県出身者
 48  波多野承五郎    静岡県 出身Wikipedia
波多野 承五郎(はたの しょうごろう、1858年(安政5年)11月 - 1929年(昭和4年)9月16日)は日本の実業家。慶應義塾出身で福澤諭吉の弟子。『時事新報』記者、慶應義塾評議員、三井銀行理事。
全国の静岡県出身者
慶應義塾大学出身      静岡県出身の慶應義塾大学の出身者      全国の慶應義塾大学の出身者
 49  新井毫    群馬県 出身Wikipedia
新井 毫/新井 豪(あらい ごう、1858年(安政5年)11月10日 - 1909年(明治42年)10月24日)は、明治時代の政治家、国民協会所属(3期)。
全国の群馬県出身者
慶應義塾大学出身      群馬県出身の慶應義塾大学の出身者      全国の慶應義塾大学の出身者
 50  今沢義雄    愛知県 豊田市 出身Wikipedia
今澤 義雄(いまさわ よしお、1858年11月29日(安政5年10月24日) - 1941年(昭和16年)12月5日)は、日本の武士(岡崎藩士)、日本陸軍の軍人。陸軍少将、従四位・勲三等・功三級。
全国の愛知県出身者    全国の豊田市出身者
 51  尾崎行雄    神奈川県 相模原市(旧津久井町) 出身Wikipedia
尾崎 行雄(おざき ゆきお、安政5年[注釈 1]11月20日(1858年12月24日) - 昭和29年(1954年)10月6日)は、日本の政治家。日本の議会政治の黎明期から戦後に至るまで衆議院議員を務め、当選回数・議員勤続年数・最高齢議員記録と複数の日本記録を有することから「憲政の神様」「議会政治の父」と呼ばれる。正三位勲一等(1946年(昭和21年)5月4日付返上)。伊勢神宮内宮前・合格神社の祭神[2]。
全国の神奈川県出身者    全国の相模原市(旧津久井町)出身者
慶應義塾大学出身      神奈川県出身の慶應義塾大学の出身者      全国の慶應義塾大学の出身者
 52  鍋島直柔Wikipedia
鍋島 直柔(なべしま なおとう、1858年11月12日(安政5年10月7日) - 1910年(明治43年)2月7日)は、日本の子爵、蓮池藩鍋島家当主、貴族院議員。従五位。妻は鍋島直紀の娘。
慶應義塾大学出身      出身の慶應義塾大学の出身者      全国の慶應義塾大学の出身者
 53  箕作佳吉    東京都 出身Wikipedia
箕作 佳吉(みつくり かきち、安政4年12月1日(1858年1月15日)- 明治42年(1909年)9月16日)は明治時代の日本の動物学者。理学博士。
全国の東京都出身者
慶應義塾大学出身      東京都出身の慶應義塾大学の出身者      全国の慶應義塾大学の出身者
 54  齋藤実    岩手県 出身Wikipedia
斎藤 実(さいとう まこと、旧字体:齋藤 實、1858年12月2日(安政5年10月27日) - 1936年(昭和11年)2月26日)は、日本の海軍軍人、政治家。階級は海軍大将。位階は従一位。勲等は大勲位。功級は功二級。爵位は子爵。出生時の名前は富五郎(とみごろう)といったが、海軍兵学校卒業後に改名した。号は泉水(せんすい)。
全国の岩手県出身者
専修大学出身      岩手県出身の専修大学の出身者      全国の専修大学の出身者
 55  尾崎行雄Wikipedia
尾崎 行雄(おざき ゆきお、1858年12月24日(安政5年[注釈 1]11月20日) - 1954年(昭和29年)10月6日)は、日本の政治家。日本の議会政治の黎明期から戦後に至るまで衆議院議員を務め、当選回数・議員勤続年数・最高齢議員記録と複数の日本記録を有することから「憲政の神様」「議会政治の父」と呼ばれる。正三位勲一等(1946年(昭和21年)5月4日付返上)[1]。伊勢神宮内宮前・合格神社の祭神[2]。
慶應義塾大学出身      全国の慶應義塾大学の出身者
 56  元良勇次郎Wikipedia
元良 勇次郎(もとら ゆうじろう、安政5年11月1日(1858年12月5日) - 大正元年(1912年)12月13日)は、日本最初の心理学者である。旧姓は杉田、1881年に元良家の養子となる。
同志社大学出身      全国の同志社大学の出身者
正則高等学校出身      全国の正則高等学校の出身者
 57  瀧口吉良Wikipedia
瀧口 吉良(たきぐち よしなが、1858年12月2日(安政5年10月27日) - 1935年(昭和10年)8月18日)は、明治期山口県の銀行家、政治家。号は明城。勲四等旭日小綬章
慶應義塾大学出身      出身の慶應義塾大学の出身者      全国の慶應義塾大学の出身者
 58  箕作佳吉Wikipedia
箕作 佳吉(みつくり かきち、安政4年12月1日(1858年1月15日)- 明治42年(1909年)9月16日)は、江戸生まれの日本の男性動物学者。
慶應義塾大学出身      全国の慶應義塾大学の出身者
 59  斎藤実    岩手県 出身Wikipedia
斎藤 実(さいとう まこと、旧字体:齋藤 實、1858年12月2日(安政5年10月27日) - 1936年(昭和11年)2月26日)は、日本の海軍軍人、政治家。階級は海軍大将。位階は従一位。勲等は大勲位。功級は功二級。爵位は子爵。出生時の名前は富五郎(とみごろう)といったが、海軍兵学校卒業後に改名した。号は皋水(こうすい)。
全国の岩手県出身者




スポンサーリンク




有名人ナビ 出身高校編

有名人ナビ 出身大学編

有名人ナビ 誕生日編

有名人ナビ 出身都道府県編





スポンサーリンク