トップページ >1857年生まれの有名人

このサイトに登録されている誕生日で有名人の数:89,185人


スポンサーリンク


このサイトに登録されている「1857年」生まれの有名人の数:57:人
 1  吉川半七Wikipedia
吉川弘文館(よしかわこうぶんかん)は日本史関連を主軸とした老舗の出版社。1857年(安政4年)に、吉川半七により設立。戦後1949年(昭和24年)に株式会社として現在に至る。
東京都立日比谷高等学校出身      全国の東京都立日比谷高等学校の出身者
 2  大津和多理Wikipedia
大津和多理(おおつ わたり、1857年 - 1917年)は、教育者。学校法人北海学園の原型となる北海英語学校の創設者。愛称は、超然とした態度で髭を生やした風貌から仙人。宮城県仙台市生まれ。
北海道大学出身      全国の北海道大学の出身者
 3  増島六一郎    滋賀県 彦根市 出身Wikipedia
増島 六一郎(ますじま ろくいちろう、1857年(安政4年) - 1948年(昭和23年)は、現在の滋賀県彦根市生まれの弁護士。父が61歳のときの子供であったため六一郎と命名された。
全国の滋賀県出身者    全国の彦根市出身者
東京大学出身      滋賀県出身の東京大学の出身者      全国の東京大学の出身者
滋賀県立彦根東高等学校出身      全国の滋賀県立彦根東高等学校の出身者
 4  本部朝勇    沖縄県 赤平村 出身Wikipedia
本部 朝勇(もとぶ ちょうゆう、1857年(安政4年) - 1928年(昭和3年))は、琉球王国末期に生まれた琉球王族であり、本部御殿手古武術の第11代宗家である。弟に唐手(現・空手)家として名高い本部朝基が、直弟子には上原清吉(本部御殿手)、兼島信助(渡山流)、千歳剛直(千唐流)、次男の本部朝茂などがいる。
全国の沖縄県出身者    全国の赤平村出身者
 5  甲斐鉄三郎Wikipedia
甲斐 鉄三郎(かい てつさぶろう、1857年(安政4年) - ?)は、明治期の大日本帝国海軍造船大監。従五位勲三等旭日中綬章
慶應義塾大学出身      出身の慶應義塾大学の出身者      全国の慶應義塾大学の出身者
 6  村上定Wikipedia
村上 定(むらかみ てい / さだむ、1857年(安政4年) - 1932年)は、明治期の実業家・ジャーナリスト。共同火災保険株式会社設立者。三井銀行代表、三井倉庫社長兼支配人、東洋出版協会社長、熊本新聞主幹、神戸又新日報主筆などを歴任した。
慶應義塾大学出身      出身の慶應義塾大学の出身者      全国の慶應義塾大学の出身者
 7  珍田捨巳    青森県 弘前市 出身Wikipedia
珍田 捨巳(ちんだ すてみ、1857年1月19日(安政3年12月24日) - 1929年(昭和4年)1月16日)は、日本の外交官。侍従長・枢密顧問官・外務次官。キリスト教牧師(メソジスト派)。
全国の青森県出身者    全国の弘前市出身者
デポー大学出身      青森県出身のデポー大学の出身者      全国のデポー大学の出身者
東奥義塾高等学校出身      全国の東奥義塾高等学校の出身者
 8  植木枝盛    高知県 出身Wikipedia
植木 枝盛(うえき えもり、安政4年1月20日(1857年2月14日) - 明治25年(1892年)1月23日)は、日本の思想家、政治家。自由民権運動の理論的指導者。雅号は六花。
全国の高知県出身者
 9  鶴原定吉Wikipedia
鶴原 定吉(つるはら さだきち、1857年1月10日(安政3年12月15日) - 1914年(大正3年)12月2日)は、日本の官僚、実業家、政治家。第2代大阪市長。韓国統監府初代総務長官。衆議院議員。
東京大学出身      全国の東京大学の出身者
福岡県立修猷館高等学校出身      全国の福岡県立修猷館高等学校の出身者
 10  永井謙蔵    千葉県 出身Wikipedia
永井 謙蔵(ながい けんぞう、1857年(安政3年1月) - 1914年(大正3年)5月7日[1])は、明治期の政治家、実業家。千葉電灯会社創立者
全国の千葉県出身者
慶應義塾大学出身      千葉県出身の慶應義塾大学の出身者      全国の慶應義塾大学の出身者
 11  瓜生外吉    石川県 出身Wikipedia
瓜生 外吉(うりゅう そときち、旧仮名遣い:うりう、安政4年1月2日(1857年1月27日) - 昭和12年(1937年)11月11日)は、大日本帝国の海軍軍人。最終階級は海軍大将。石川県出身。
全国の石川県出身者
 12  大和田荘七    福井県 出身Wikipedia
大和田 荘七(おおわだ しょうしち、安政4年2月11日(1857年3月6日) - 昭和22年(1947年)1月30日)は、日本の実業家。北前船の船主であり、大和田銀行、大和田貯金銀行を創立した。初名、山本 亀次郎。
全国の福井県出身者
 13  菅了法    島根県 出身Wikipedia
菅 了法(すが りょうほう、安政4年2月8日(1857年3月3日) - 昭和11年(1936年)7月26日)は、明治期のジャーナリスト、「グリム童話」の訳者、衆議院議員、僧(本願寺顧問)。号は桐南。筆名は桐南居士。
全国の島根県出身者
慶應義塾大学出身      島根県出身の慶應義塾大学の出身者      全国の慶應義塾大学の出身者
 14  千賀鶴太郎Wikipedia
千賀 鶴太郎(せんが つるたろう、安政4年2月11日(1857年3月6日) - 昭和4年(1929年)3月19日)は、明治期の法学者。雅号は「孤松庵主人」「蝉水漁史」。従三位勲二等。
慶應義塾大学出身      出身の慶應義塾大学の出身者      全国の慶應義塾大学の出身者
 15  土方千種    東京都 出身Wikipedia
土方 千種(ひじかた ちくさ、1857年(安政4年)2月 - 1921年(大正10年)5月14日)は日本の政治家、法律家。衆議院議員(1期、立憲国民党)。
全国の東京都出身者
法政大学出身      東京都出身の法政大学の出身者      全国の法政大学の出身者
 16  内藤守三    広島県  賀茂郡板城村 出身Wikipedia
内藤 守三(ないとう もりぞう、安政4年2月13日(1857年3月8日) - 昭和21年(1946年)2月22日)は、実業家、政治家。国勢調査創設者。安芸国賀茂郡板城村馬木(現在の広島県東広島市)出身。幼名・太郎一。
全国の広島県出身者    全国の 賀茂郡板城村出身者
 17  神田乃武    東京都 出身Wikipedia
神田 乃武(かんだ ないぶ、安政4年2月27日(1857年3月22日) - 大正12年(1923年)12月30日)は、日本の英語学者。
全国の東京都出身者
一橋大学出身      東京都出身の一橋大学の出身者      全国の一橋大学の出身者
 18  鎌田栄吉    和歌山県 出身Wikipedia
鎌田 榮吉(かまた えいきち、1857年2月15日(安政4年1月21日) - 1934年(昭和9年)2月6日)は、紀州藩出身の明治期の官僚、政治家。枢密顧問官、貴族院議員、衆議院議員、文部大臣、第4代慶應義塾塾長、帝国教育会長、造士館教頭。正三位勲一等。号は竹堂。
全国の和歌山県出身者
慶應義塾大学出身      和歌山県出身の慶應義塾大学の出身者      全国の慶應義塾大学の出身者
 19  寺垣猪三    石川県 出身Wikipedia
寺垣 猪三(てらがき いぞう、(1857年2月22日 (安政4年1月28日) - 1938年(昭和13年)6月1日)は、日本の海軍軍人。戦艦「敷島」艦長として日本海海戦を戦った。最終階級は海軍中将。旧名猪之助。
全国の石川県出身者
 20  佐藤愛麿    青森県 出身Wikipedia
佐藤 愛麿(さとう あいまろ(よしまろ)、1857年〈安政4年3月〉 - 1934年〈昭和9年〉1月12日、満76歳没)は、日本のメソジストの牧師、後に外交官、宮中顧問官になった人物である。
全国の青森県出身者
デポー大学出身      青森県出身のデポー大学の出身者      全国のデポー大学の出身者
東奥義塾高等学校出身      全国の東奥義塾高等学校の出身者
 21  神田乃武    東京都 出身Wikipedia
神田 乃武(かんだ ないぶ、1857年3月22日(安政4年2月27日) - 1923年(大正12年)12月30日)は明治時代から大正時代にかけての日本の教育者、英学者。男爵。
全国の東京都出身者
一橋大学出身      東京都出身の一橋大学の出身者      全国の一橋大学の出身者
正則高等学校出身      全国の正則高等学校の出身者
 22  藤岡市助    山口県 出身Wikipedia
藤岡 市助(ふじおか いちすけ 安政4年3月14日(1857年4月8日) - 大正7年(1918年)3月5日)は、日本の工学者、実業家。日本に電気、電球灯の普及させたところに功績が大きく、「日本のエジソン」、「電力の父」と評される。東京電気株式会社(後の東芝の弱電部門)創業者。
全国の山口県出身者
 23  三浦守治    福島県 出身Wikipedia
三浦 守治(みうら もりはる、安政4年4月30日〈ユリウス暦:1857年5月11日〉- 大正5年〈1916年〉2月2日)は明治・大正期の病理学者。帝国大学医科大学の初代病理学教授、帝国学士院会員などをつとめた。東京帝国大学名誉教授、従二位勲二等瑞宝章受章。
全国の福島県出身者
東京大学出身      福島県出身の東京大学の出身者      全国の東京大学の出身者
 24  池上四郎    福島県 出身Wikipedia
池上 四郎(いけがみ しろう、安政4年4月18日(1857年5月11日) - 昭和4年(1929年)4月4日)は、日本の警察官僚、政治家。第6代大阪市長、第6代朝鮮総督府政務総監。兄に検事・池上三郎、娘婿に内務省官吏石川銀蔵。文仁親王妃紀子は曾孫に当たる。
全国の福島県出身者
 25  大和田建樹    愛媛県 出身Wikipedia
大和田 建樹(おおわだ たけき、安政4年4月29日(1857年5月22日) - 明治43年(1910年)10月1日)とは、日本の詩人・作詞家・国文学者・東京高等師範学校(現・筑波大学)教授。
全国の愛媛県出身者
広島県立広島国泰寺高等学校出身      全国の広島県立広島国泰寺高等学校の出身者
 26  稲野花倉吉    愛知県 一宮市 出身Wikipedia
稲野花 倉吉(いねのはな くらきち、1857年5月8日〈安政4年4月15日〉 - 1889年〈明治22年〉9月15日)は、田子ノ浦部屋及び粂川部屋(8代田子ノ浦[田子ノ浦嘉藏(2代)]の養子となるも後に離縁した)に所属していた元力士。稲ノ花小右エ門としての四股名も有名である。
全国の愛知県出身者    全国の一宮市出身者
 27  山下りん    茨城県 笠間市 出身Wikipedia
山下りん(山下里舞 やました りん、安政4年5月25日(1857年6月16日) - 1939年(昭和14年)1月26日)は日本の画家である。日本人最初のイコン画家として知られる。正教徒で聖名はイリナ。そのためしばしばイリナ山下りんとも言及される。
全国の茨城県出身者    全国の笠間市出身者
 28  岩下清周Wikipedia
岩下 清周(いわした きよちか、安政4年5月28日(1857年6月19日) - 昭和3年(1928年)3月19日)は、実業家。銀行家としてベンチャー企業への積極的な融資を行った。息子は、カトリック司祭で哲学者の岩下壮一、清周本人も聖公会に所属したクリスチャンであった。
一橋大学出身      出身の一橋大学の出身者      全国の一橋大学の出身者
不二聖心女子学院高等学校出身      全国の不二聖心女子学院高等学校の出身者
 29  新田長次郎    愛媛県 出身Wikipedia
新田 長次郎(にった ちょうじろう、安政4年5月29日(1857年6月20日) - 昭和11年(1936年)7月17日)は、明治時代から昭和前期の実業家。号は温山。愛媛県出身。新田帯革製造所(現 ニッタ)の創業者として知られる。
全国の愛媛県出身者
 30  酒井忠利    山形県 出身Wikipedia
酒井 忠利(さかい ただとし、安政4年5月12日(1857年6月3日) - 昭和18年(1943年)2月8日)は、日本の海軍軍人。出羽庄内藩主・酒井左衛門尉家の一門で、米津政明の次男、酒井忠発の養子(三男)。伯爵・酒井忠良の養大叔父、子爵・米津政賢の叔父にあたる。備中松山藩主で、子爵・板倉勝定(勝貞)[3]、陸軍大将・西尾寿造は女婿。従四位勳三等功四級。最終階級は海軍少将。
全国の山形県出身者
 31  菊亭修季Wikipedia
菊亭 脩季(きくてい ゆきすえ/ながすえ、安政4年(1857年)5月6日 - 明治38年(1905年)10月8日)は、貴族院侯爵議員。従一位。権中納言今出川実順の養嗣子。実父は関白鷹司輔熙。実家の鷹司家は、実兄の輔政が早世し、煕通が養子に迎えられて跡を継いでいた。よって、閑院宮直仁親王の第四王子で鷹司家を継承した鷹司輔平の血統は菊亭家に引き継がれることとなった。
慶應義塾大学出身      出身の慶應義塾大学の出身者      全国の慶應義塾大学の出身者
 32  福本日南Wikipedia
福本 日南(ふくもと にちなん、安政4年5月23日(1857年6月14日) - 大正10年(1921年)9月2日)は、日本のジャーナリスト、政治家、史論家。
福岡県立修猷館高等学校出身      全国の福岡県立修猷館高等学校の出身者
 33  仙石貢    高知県 出身Wikipedia
仙石 貢(せんごく みつぎ/せんごく みつぐ[1]、安政4年6月2日(1857年7月22日)- 昭和6年(1931年)10月30日)は、日本の鉄道官僚、実業家、政治家。高知県高知市出身。工学博士。没後勲一等旭日大綬章追贈(昭和6年10月30日付)。
全国の高知県出身者
東京大学出身      高知県出身の東京大学の出身者      全国の東京大学の出身者
 34  阪本釤之助    愛知県 名古屋市 出身Wikipedia
阪本 釤之助(さかもと さんのすけ、安政4年6月24日(1857年8月13日) - 昭和11年(1936年)12月16日)は、日本の官僚、政治家。
全国の愛知県出身者    全国の名古屋市出身者
 35  後藤新平    岩手県 出身Wikipedia
後藤 新平(ごとう しんぺい、安政4年6月4日(1857年7月24日) - 昭和4年(1929年)4月13日)は日本の医師・官僚・政治家。位階勲等爵位は正二位勲一等伯爵。
全国の岩手県出身者
名古屋大学出身      岩手県出身の名古屋大学の出身者      全国の名古屋大学の出身者
 36  後藤新平    岩手県 奥州市 出身Wikipedia
後藤 新平(ごとう しんぺい、安政4年6月4日(1857年7月24日) - 昭和4年(1929年)4月13日)は日本の医師・官僚・政治家。位階勲等爵位は正二位勲一等伯爵。
全国の岩手県出身者    全国の奥州市出身者
名古屋大学出身      岩手県出身の名古屋大学の出身者      全国の名古屋大学の出身者
 37  阪田恒四郎    広島県 竹原市忠海出生地は大阪府 出身Wikipedia
阪田 恒四郎(さかた つねしろう、安政4年(1857年)7月 - 昭和19年(1944年)3月5日)は、日本の実業家、サカタインクス創業者。俳人。大中寅二は女婿、阪田寛夫は孫、大浦みずきは曾孫にあたる[2]。
全国の広島県出身者    全国の竹原市忠海出生地は大阪府出身者
 38  伊藤欽亮Wikipedia
伊藤 欽亮(いとう きんすけ(きんりょう)、安政4年8月4日(1857年9月21日) - 昭和3年(1928年)4月28日)は実業家。新聞『時事新報』編集長、新聞『日本』社長。交詢社理事、慶應義塾評議員。
慶應義塾大学出身      出身の慶應義塾大学の出身者      全国の慶應義塾大学の出身者
 39  金森通倫    熊本県 肥後国玉名郡小天本村(現・玉名市) 出身Wikipedia
金森 通倫(かなもり みちとも、「つうりん」とも 安政4年8月15日(1857年10月2日) - 昭和20年(1945年)3月4日)は、日本の宗教家・牧師。別名はポール・カナモリ。晩年は湘南の嶺山に隠居、原始的な洞窟生活をして「今仙人」といわれた。
全国の熊本県出身者    全国の肥後国玉名郡小天本村(現・玉名市)出身者
 40  岩垂邦彦    福岡県 出身Wikipedia
岩垂 邦彦(いわだれ くにひこ、安政4年8月15日(1857年10月2日) - 昭和16年(1941年)12月20日)は技術者、日本の実業家。日本で最初の外資との合弁企業である日本電気株式会社の創業者。勲五等。
全国の福岡県出身者
福岡県立育徳館高等学校出身      全国の福岡県立育徳館高等学校の出身者
 41  麻生太吉Wikipedia
麻生 太吉(あそう たきち、1857年8月26日(安政4年7月7日) - 1933年(昭和8年)12月8日)は日本の炭鉱業者、実業家、政治家。第92代内閣総理大臣麻生太郎の曽祖父。
国士舘高等学校出身      全国の国士舘高等学校の出身者
 42  青山元    福井県 出身Wikipedia
青山 元(あおやま はじめ、1857年(安政4年)8月 - 1918年(大正7年)10月4日)は、日本の男爵、貴族院議員、従四位勲六等。
全国の福井県出身者
慶應義塾大学出身      福井県出身の慶應義塾大学の出身者      全国の慶應義塾大学の出身者
 43  関直彦Wikipedia
関 直彦(せき なおひこ、1857年9月4日(安政4年7月16日) - 1934年(昭和9年)4月21日)は、日本のジャーナリスト、政治家、弁護士。東京日日新聞社長、衆議院議員、貴族院議員。
東京大学出身      出身の東京大学の出身者      全国の東京大学の出身者
 44  滝本誠一Wikipedia
滝本 誠一(たきもと せいいち、安政4年9月27日(1857年11月13日) - 昭和7年(1932年)8月20日)は、宇和島藩出身の法学博士、官吏、経済思想史家、農政家、経世論提唱者。江戸時代の経済思想史の先覚者で山川均を始めとする労農派の思想に大きな影響を与えた。
慶應義塾大学出身      出身の慶應義塾大学の出身者      全国の慶應義塾大学の出身者
 45  佐々木忠次郎    福井県 出身Wikipedia
佐々木 忠次郎(ささき ちゅうじろう、1857年9月27日(安政4年8月10日)- 1938年(昭和13年)5月26日)は明治・大正・昭和期の昆虫学者。近代養蚕学・製糸学の開拓者。
全国の福井県出身者
 46  井上敏夫    石川県 金沢市 出身Wikipedia
井上 敏夫(いのうえ としお、1857年9月29日(安政4年8月12日) - 1924年(大正13年)3月9日)は、日本の海軍軍人。最終階級は海軍少将。衆議院議員2期。
全国の石川県出身者    全国の金沢市出身者
 47  巖谷立太郎    滋賀県 甲賀市 出身Wikipedia
巌谷 立太郎(いわや りゅうたろう、1857年10月2日(安政4年8月15日)-1891年(明治24年)1月24日)は、明治期の鉱山学者、日本新聞社創立発起人。東京大学理学部教授・農商務省鉱山局技師として採鉱冶金術の改良に貢献した。滋賀県出身者として最初の工学博士(博士登録番号10番)。
全国の滋賀県出身者    全国の甲賀市出身者
慶應義塾大学出身      滋賀県出身の慶應義塾大学の出身者      全国の慶應義塾大学の出身者
 48  清水郁太郎    広島県  福山市 出身Wikipedia
清水 郁太郎(しみず いくたろう、安政4年10月13日(1857年11月29日) - 明治18年2月26日(1885年))は、日本の医学者、産婦人科医。医学博士第1号。初代の東京大学医学部産婦人科学教授。広島県吉津村(現・福山市)生まれ。
全国の広島県出身者    全国の 福山市出身者
東京大学出身      広島県出身の東京大学の出身者      全国の東京大学の出身者
広島県立福山誠之館高等学校出身      全国の広島県立福山誠之館高等学校の出身者
 49  陸羯南    青森県 弘前市 出身Wikipedia
陸 羯南(くが かつなん、安政4年丁巳10月14日(1857年11月30日) - 明治40年(1907年)9月2日)は、日本の国民主義の政治評論家。日本新聞社長。正岡子規を育てた。幼名は巳之太郎、のち実、号が羯南。
全国の青森県出身者    全国の弘前市出身者
東奥義塾高等学校出身      全国の東奥義塾高等学校の出身者
 50  立川雲平    兵庫県 出身Wikipedia
立川 雲平(たつかわ うんぺい、1857年10月14日(安政4年8月27日) - 1936年(昭和11年)1月24日)は、日本の政治家、弁護士。『破戒』(島崎藤村)に登場する市村代議士のモデルといわれる。
全国の兵庫県出身者
明治大学出身      兵庫県出身の明治大学の出身者      全国の明治大学の出身者
 51  巖谷立太郎    滋賀県 出身Wikipedia
巌谷 立太郎(いわや りゅうたろう、1857年10月2日(安政4年8月15日)-1891年(明治24年)1月24日)は、明治期の鉱山学者、日本新聞社創立発起人。東京大学理学部教授・農商務省鉱山局技師として採鉱冶金術の改良に貢献した。滋賀県出身者として最初の工学博士(博士登録番号10番)。
全国の滋賀県出身者
慶應義塾大学出身      滋賀県出身の慶應義塾大学の出身者      全国の慶應義塾大学の出身者
 52  鏑木誠    千葉県 出身Wikipedia
鏑木 誠(かぶらぎ まこと、1857年10月7日(安政4年8月20日) - 1919年(大正8年)4月9日)は、日本の大日本帝国海軍軍人。海軍少将、従四位勲三等。
全国の千葉県出身者
慶應義塾大学出身      千葉県出身の慶應義塾大学の出身者      全国の慶應義塾大学の出身者
 53  名和靖    岐阜県 出身Wikipedia
名和 靖(なわ やすし、安政4年10月8日(1857年11月24日) - 大正15年(1926年)8月30日)は、明治・大正時代の日本の昆虫学者である。
全国の岐阜県出身者
 54  丸山名政Wikipedia
丸山 名政(まるやま なまさ、1857年11月11日(安政4年9月25日) - 1922年(大正11年)11月21日)は、日本の政治家、実業家、官僚。
明治大学出身      全国の明治大学の出身者
 55  児嶋幸吉    鳥取県 鳥取市 出身Wikipedia
児嶋 幸吉(こじま こうきち、安政4年(1857年)11月1日 - 昭和4年(1929年)12月1日)は日本の実業家。鳥取ガス株式会社の創業者。鳥取市名誉市民に昭和44年9月24日に選ばれる。
全国の鳥取県出身者    全国の鳥取市出身者
 56  丸山名政    長野県 出身Wikipedia
丸山 名政(まるやま なまさ、1857年11月11日(安政4年9月25日) - 1922年(大正11年)11月21日)は、日本の政治家、実業家、官僚。
全国の長野県出身者
明治大学出身      長野県出身の明治大学の出身者      全国の明治大学の出身者
 57  佐藤三吉    岐阜県 出身Wikipedia
佐藤 三吉(さとう さんきち、1857年12月30日(安政4年11月15日) - 1943年(昭和18年)6月17日)は明治〜昭和期の外科医、医学博士、貴族院議員。美濃国大垣藩(現岐阜県大垣市)出身。
全国の岐阜県出身者
東京大学出身      岐阜県出身の東京大学の出身者      全国の東京大学の出身者




スポンサーリンク




有名人ナビ 出身高校編

有名人ナビ 出身大学編

有名人ナビ 誕生日編

有名人ナビ 出身都道府県編





スポンサーリンク