トップページ >1856年生まれの有名人

このサイトに登録されている誕生日で有名人の数:89,185人


スポンサーリンク


このサイトに登録されている「1856年」生まれの有名人の数:56:人
 1  大鳴門太三郎    岡山県 岡山市(旧・備前国御野郡) 出身Wikipedia
大鳴門太三郎(おおなると たさぶろう、安政3年(1856年) - 1900年5月4日)は、備前国御野郡(現在の岡山県岡山市)出身で、明治年間の元大相撲力士。本名は武田太三郎。京都・大阪では関脇を努め、脱退して組織した広角組では大関と頭取(年寄)を兼務した。大阪協会との和解後は四股名のまま頭取初代大鳴門(現在の表記は大鳴戸)となり大鳴門部屋を立ち上げた。
全国の岡山県出身者    全国の岡山市(旧・備前国御野郡)出身者
 2  兪吉濬Wikipedia
兪 吉濬(ユ・ギルチュン、1856年 - 1914年9月30日)は、李氏朝鮮末期の政治家、啓蒙思想家。本貫は杞渓。字は聖武。号は矩堂。
慶應義塾大学出身      出身の慶應義塾大学の出身者      全国の慶應義塾大学の出身者
 3  成瀬隆蔵Wikipedia
成瀬 隆蔵(なるせ りゅうぞう、1856年(安政3年) - 1942年(昭和17年))は、明治期の実業家、教育者。東京高等商業学校(現一橋大学)教頭兼幹事、大阪商業学校(現大阪市立大学)校長、三井家同族会主事・書記長、三井合名会社理事を歴任。別名、正忠。子に成瀬達、成瀬雄吾、弘世現がいる。
一橋大学出身      全国の一橋大学の出身者
 4  成瀬隆蔵Wikipedia
成瀬 隆蔵(なるせ りゅうぞう、1856年(安政3年) - 1942年(昭和17年))は、明治期の実業家、教育者。東京高等商業学校(現一橋大学)教頭兼幹事、大阪商業学校(現大阪市立大学)校長、三井家同族会主事・書記長、三井合名会社理事を歴任。別名、正忠。子に成瀬達、成瀬雄吾、弘世現がいる。
慶應義塾大学出身      全国の慶應義塾大学の出身者
 5  丹羽圭介Wikipedia
丹羽 圭介(にわ けいすけ、1856年 -1941年2月27日)は、明治期の商人、京都商品陳列所長、大日本武徳会設立発起人。
慶應義塾大学出身      出身の慶應義塾大学の出身者      全国の慶應義塾大学の出身者
 6  河合浩蔵    東京都 墨田区 出身Wikipedia
河合 浩蔵(かわい こうぞう、安政3年1月24日(1856年2月29日)- 1934年(昭和9年)10月6日)は主に明治・大正期に活躍した建築家。
全国の東京都出身者    全国の墨田区出身者
東京大学出身      東京都出身の東京大学の出身者      全国の東京大学の出身者
 7  湯本武比古    長野県 中野市 出身Wikipedia
湯本 武比古(ゆもと たけひこ、1856年1月8日(安政2年12月1日) - 1925年(大正14年)9月27日)は明治時代から大正時代にかけての日本の教育者。
全国の長野県出身者    全国の中野市出身者
長野県松本深志高等学校出身      全国の長野県松本深志高等学校の出身者
 8  田中稲城    山口県 出身Wikipedia
田中 稲城(たなか いなぎ、安政3年1月6日(1856年2月11日) - 大正14年(1925年)2月22日)は、官僚、図書館学者で、日本の国立図書館であった帝国図書館の初代館長。
全国の山口県出身者
 9  河合浩蔵Wikipedia
河合 浩蔵(かわい こうぞう、安政3年1月24日(1856年2月29日)- 1934年(昭和9年)10月6日)は主に明治・大正期に活躍した建築家。
東京大学出身      全国の東京大学の出身者
 10  平瀬作五郎    福井県 出身Wikipedia
平瀬 作五郎(ひらせ さくごろう、安政3年1月7日(1856年2月12日) - 大正14年(1925年)1月4日)は、明治・大正期の植物学者。
全国の福井県出身者
福井県立藤島高等学校出身      全国の福井県立藤島高等学校の出身者
 11  丸山重俊    熊本県 肥後国熊本城下高田原(現・熊本市中央区) 出身Wikipedia
丸山 重俊(まるやま しげとし、1856年1月2日(安政2年11月25日) - 1911年(明治44年)5月22日[2])は、幕末の熊本藩士、明治期の検察官・警察官僚。官選島根県知事。旧名・一平[3]。
全国の熊本県出身者    全国の肥後国熊本城下高田原(現・熊本市中央区)出身者
 12  浅野守夫    広島県 出身Wikipedia
浅野 守夫(あさの もりお、1856年1月19日(安政2年12月12日) - 1938年(昭和13年)5月23日)は、日本の男爵、貴族院議員、正三位。
全国の広島県出身者
慶應義塾大学出身      広島県出身の慶應義塾大学の出身者      全国の慶應義塾大学の出身者
 13  大淵龍太郎    福岡県 出身Wikipedia
大淵 龍太郎(おおふち りゅうたろう、1856年(安政3年2月28日) - 1923年(大正12年)9月25日)は、日本の政治家、弁護士。
全国の福岡県出身者
明治大学出身      福岡県出身の明治大学の出身者      全国の明治大学の出身者
 14  千田軍之助    和歌山県 出身Wikipedia
千田 軍之助(せんだ ぐんのすけ、安政3年2月11日(1856年3月17日) – 大正3年(1914年)3月2日)は、衆議院議員(自由党→憲政党→立憲政友会)、ジャーナリスト。
全国の和歌山県出身者
 15  神谷伝兵衛    愛知県 一色町 出身Wikipedia
神谷 伝兵衛(かみや でんべえ、神谷傳兵衛、安政3年2月11日(1856年3月17日) - 大正11年(1922年)4月24日)は三河国松木島村(現在の愛知県西尾市一色町)出身の実業家である。東京都台東区浅草の洋酒バーの神谷バー、茨城県牛久市のワイン醸造所のシャトーカミヤの創設者。
全国の愛知県出身者    全国の一色町出身者
 16  松村任三    茨城県 高萩市 出身Wikipedia
松村 任三(まつむら じんぞう、1856年2月14日〔安政3年1月9日〕- 1928年5月4日)は日本の植物学者。
全国の茨城県出身者    全国の高萩市出身者
 17  中野信陽    佐賀県 出身Wikipedia
中野 信陽(なかの しんよう、1856年(安政2年)2月4日(12月28日) - 1895年(明治28年)2月11日)は、日本の海軍軍人。日清戦争で戦死した海軍大尉である。
全国の佐賀県出身者
 18  高橋順太郎    石川県 出身Wikipedia
高橋 順太郎(たかはし じゅんたろう、安政3年3月28日(1856年5月2日) - 大正9年(1920年)6月4日)は明治・大正期の、医師、医学博士、薬理学者。東京帝国大学医科大学、初代薬物学教授。医術開業試験医員、日本薬局方調査委員、理学文書目録委員会委員、東京帝国大学評議委員などをつとめた。従三位勲二等。通称:順太郎、諱:信之(もりゆき)。石川県金沢市出身。著作に「河豚之毒」「肝油ノ効果ヲ論ス」「『ファゴール』二就テ」など
全国の石川県出身者
東京大学出身      石川県出身の東京大学の出身者      全国の東京大学の出身者
 19  高橋順太郎    石川県 金沢市 出身Wikipedia
高橋 順太郎(たかはし じゅんたろう、安政3年3月28日(1856年5月2日) - 大正9年(1920年)6月4日)は明治・大正期の、医師、医学博士、薬理学者。東京帝国大学医科大学、初代薬物学教授。医術開業試験医員、日本薬局方調査委員、理学文書目録委員会委員、東京帝国大学評議委員などをつとめた。正三位勲一等瑞宝章。通称:順太郎、諱:信之(もりゆき)。石川県金沢市出身。著作に「河豚之毒」「肝油ノ効果ヲ論ス」「『ファゴール』二就テ」など
全国の石川県出身者    全国の金沢市出身者
東京大学出身      石川県出身の東京大学の出身者      全国の東京大学の出身者
 20  岡崎藤吉    佐賀県 出身Wikipedia
岡崎 藤吉(おかざき とうきち、1856年(安政3年)3月 - 1927年(昭和2年)11月26日)は、明治、大正期の実業家、企業経営者。海運業を基盤として、銀行業や保険業を生業に、明治、大正期に神戸において財閥を形成した。中堅の阪神財閥の一つである岡崎財閥の創業者。神戸財界の雄と呼ばれた。
全国の佐賀県出身者
 21  山本達雄    大分県 出身Wikipedia
山本 達雄(やまもと たつお、安政3年3月3日(1856年4月7日) - 1947年(昭和22年)11月12日)は、明治後期から戦前昭和期の日本の銀行家・政治家。43歳で第5代日本銀行総裁に就任後、政界に転じて貴族院議員、日本勧業銀行総裁、大蔵大臣・農商務大臣・内務大臣・立憲民政党の最高顧問を歴任した。
全国の大分県出身者
 22  一ノ矢藤太郎    青森県 田舎館村 出身Wikipedia
一ノ矢 藤太郎(いちのや とうたろう、1856年3月25日 - 1923年2月15日)は、青森県南津軽郡田舎館村出身の大相撲力士。高砂部屋所属。最高位は大関。本名は福士藤太郎。現役時代の体格は178cm、95kg。
全国の青森県出身者    全国の田舎館村出身者
 23  小田貫一Wikipedia
小田 貫一(おだ かんいち、安政3年3月(1856年) - 明治42年(1909年)7月22日)は、日本の政治家、広島市長(第六代)。
慶應義塾大学出身      出身の慶應義塾大学の出身者      全国の慶應義塾大学の出身者
 24  川田龍吉    高知県 出身Wikipedia
川田 龍吉(かわだ りょうきち、安政3年3月14日(1856年4月18日) - 1951年(昭和26年)2月9日)は実業家。男爵。
全国の高知県出身者
慶應義塾大学出身      高知県出身の慶應義塾大学の出身者      全国の慶應義塾大学の出身者
 25  川田龍吉    高知県 出身Wikipedia
川田 龍吉(かわだ りょうきち、安政3年3月14日(1856年4月18日) - 1951年(昭和26年)2月9日)は実業家。男爵。
全国の高知県出身者
慶應義塾大学出身      高知県出身の慶應義塾大学の出身者      全国の慶應義塾大学の出身者
 26  山本達雄Wikipedia
山本 達雄(やまもと たつお、安政3年3月3日(1856年4月7日) - 1947年(昭和22年)11月12日)は、明治後期から戦前昭和期の日本の銀行家・政治家。43歳で第5代日本銀行総裁に就任後、政界に転じて貴族院議員、日本勧業銀行総裁、大蔵大臣・農商務大臣・内務大臣・立憲民政党の最高顧問を歴任した。
慶應義塾大学出身      出身の慶應義塾大学の出身者      全国の慶應義塾大学の出身者
 27  小崎弘道    熊本県 肥後国託麻郡本山村(現・熊本市本山町) 出身Wikipedia
小崎 弘道(こざき ひろみち、安政3年4月14日(1856年5月17日) - 昭和13年(1938年)2月26日)は、日本の牧師。霊南坂教会を創設し、同志社第2代社長(現総長)、日本組合基督教会会長、日本基督教連盟会長などを務めた。神学者で牧師の小崎道雄は長男。日本の思想家、神学者、牧師の岩村信二は孫である。
全国の熊本県出身者    全国の肥後国託麻郡本山村(現・熊本市本山町)出身者
 28  門野幾之進Wikipedia
門野 幾之進(かどの いくのしん、1856年4月18日(安政3年3月14日) - 1938年(昭和13年)11月18日)は、日本の実業家、貴族院勅選議員。千代田生命保険初代社長。勲四等。
慶應義塾大学出身      出身の慶應義塾大学の出身者      全国の慶應義塾大学の出身者
 29  川路利恭    鹿児島県 出身Wikipedia
川路 利恭(かわじ としあつ / としやす、1856年5月31日(安政3年4月28日)- 1925年(大正14年)1月12日)は、日本の内務官僚。県知事。旧姓、五代。
全国の鹿児島県出身者
 30  鳩山和夫    東京都 出身Wikipedia
鳩山 和夫(はとやま かずお、1856年5月6日〈安政3年4月3日〉 - 1911年〈明治44年〉10月3日)は、江戸時代末期の美作勝山藩士。明治維新後は政治家、代言人(弁護士)。位階勲等学位は正四位勲三等法学博士。
全国の東京都出身者
東京大学出身      東京都出身の東京大学の出身者      全国の東京大学の出身者
 31  南部辰丙    石川県 出身Wikipedia
南部 辰丙(なんぶ しんぺい、1856年5月13日(安政3年4月10日) - 1931年2月21日)は、日本陸軍の軍人。最終階級は陸軍中将。
全国の石川県出身者
 32  鳩山和夫Wikipedia
鳩山 和夫(はとやま かずお、1856年5月6日〈安政3年4月3日〉 - 1911年〈明治44年〉10月3日)は、江戸時代末期の美作勝山藩士。明治維新後は政治家、代言人(弁護士)。正四位勲三等法学博士。
東京大学出身      全国の東京大学の出身者
 33  鳩山和夫    岡山県 武蔵国江戸虎門(現東京都港区虎ノ門)(美作勝山藩(現・岡山県真庭市勝山)藩士鳩山十右衛門博房の4男として出生。幼少期に勝山で生活。第52・53・54代首相鳩山一郎の父、第105代外務大臣鳩山威一郎の祖父、第93代首相鳩山由紀夫の曾祖父) 出身Wikipedia
鳩山 和夫(はとやま かずお、1856年5月6日〈安政3年4月3日〉 - 1911年〈明治44年〉10月3日)は、江戸時代末期の美作勝山藩士。明治維新後は政治家、代言人(弁護士)。位階勲等学位は正四位勲三等法学博士。
全国の岡山県出身者    全国の武蔵国江戸虎門(現東京都港区虎ノ門)(美作勝山藩(現・岡山県真庭市勝山)藩士鳩山十右衛門博房の4男として出生。幼少期に勝山で生活。第52・53・54代首相鳩山一郎の父、第105代外務大臣鳩山威一郎の祖父、第93代首相鳩山由紀夫の曾祖父)出身者
東京大学出身      岡山県出身の東京大学の出身者      全国の東京大学の出身者
 34  大岡育造Wikipedia
大岡 育造(おおおか いくぞう、安政3年6月3日(1856年7月4日) - 1928年(昭和3年)1月27日)は、明治 - 大正期の弁護士・政治家。『硯海』を号した。
長崎大学出身      出身の長崎大学の出身者      全国の長崎大学の出身者
 35  大岡育造    山口県 出身Wikipedia
大岡 育造(おおおか いくぞう、安政3年6月3日(1856年7月4日) - 1928年(昭和3年)1月27日)は、明治 - 大正期の弁護士・政治家。『硯海』を号した。
全国の山口県出身者
長崎大学出身      山口県出身の長崎大学の出身者      全国の長崎大学の出身者
 36  南清    福島県 出身Wikipedia
南 清(みなみ きよし、1856年6月3日(安政3年5月1日)-1904年(明治37年)1月3日)は日本の鉄道技術者および鉄道会社経営者。山陽鉄道、筑豊興業鉄道、播但鉄道などにおいて技師長・技術顧問・顧問技師を務める。また、阪鶴鉄道、唐津興業鉄道社長、鉄道協会(大阪)副会長を務める。
全国の福島県出身者
グラスゴー大学出身      福島県出身のグラスゴー大学の出身者      全国のグラスゴー大学の出身者
 37  水野忠弘Wikipedia
水野 忠弘(みずの ただひろ、安政3年6月18日(1856年7月19日) - 明治38年(1905年)12月7日)は、江戸時代末期の大名。出羽国山形藩第3代(最後)の藩主。近江国朝日山藩知事。忠元系水野家13代。先代藩主・水野忠精の長男。正室は水野忠制の娘(水野忠幹の養女)。継室は伊達宗城の娘。和泉守。従三位勲四等、子爵。
慶應義塾大学出身      出身の慶應義塾大学の出身者      全国の慶應義塾大学の出身者
 38  樋口喜輔    青森県 出身Wikipedia
樋口 喜輔(ひぐち きすけ、1856年(安政3年)7月 - 1933年 (昭和8)11月10日)は、青森県出身の政治家、実業家。
全国の青森県出身者
明治大学出身      青森県出身の明治大学の出身者      全国の明治大学の出身者
 39  片岡直輝    高知県 出身Wikipedia
片岡 直輝(かたおか なおてる、安政3年7月3日(1856年8月3日) - 昭和2年(1927年)4月13日)は、明治・大正・昭和初期の実業家。貴族院議員。土佐国出身。片岡直温の兄。戦前の関西経済を牽引した人物の一人であった。
全国の高知県出身者
 40  浅井忠    千葉県 佐倉市 出身Wikipedia
浅井 忠(あさい ちゅう、1856年7月22日(安政3年6月21日) - 1907年(明治40年)12月16日)は、明治期の洋画家。教育者としても貢献した。
全国の千葉県出身者    全国の佐倉市出身者
千葉県立佐倉高等学校出身      全国の千葉県立佐倉高等学校の出身者
 41  高橋善一    愛知県 豊橋市 出身Wikipedia
高橋 善一(たかはし よしかず、1856年8月3日 - 1923年5月20日)は、日本の鉄道員。現在の福井県にあった河合家に生まれた後、三河国吉田城下(現在の愛知県豊橋市)の高橋家の養子となった[2]永年の皇族や外国の要人の送迎などを務めた功績で大正天皇、貞明皇后の写真を受けている。
全国の愛知県出身者    全国の豊橋市出身者
 42  佐藤範雄    広島県  福山市 出身Wikipedia
佐藤 範雄(さとう のりお、安政3年(1856年)8月6日 - 昭和17年(1942年)6月20日)は、現在の広島県福山市出身の宗教家、教育者。
全国の広島県出身者    全国の 福山市出身者
 43  田中館愛橘    岩手県 出身Wikipedia
田中舘 愛橘(たなかだて あいきつ、安政3年旧暦9月18日(1856年10月16日換算) - 1952年(昭和27年)5月21日)は、日本の地球物理学者。東京帝国大学教授。帝国学士院会員、文化勲章受章者。
全国の岩手県出身者
 44  堀井新治郎    滋賀県 竜王町 出身Wikipedia
堀井 新治郎(元紀)(ほりい しんじろう、1856年10月14日(安政3年9月16日) - 1932年(昭和7年)7月19日)は明治・大正期の発明家、謄写版(ガリ版)印刷機の開発者。滋賀県出身。
全国の滋賀県出身者    全国の竜王町出身者
 45  福田馬之助    岐阜県 出身Wikipedia
福田 馬之助(ふくだ うまのすけ、1856年(安政3年)10月24日 - 1936年(昭和11年)4月12日)は、日本の船舶工学者、海軍軍人。位階勲等功級は、海軍技術中将・従三位・功四級・勲一等旭日大綬章・勲二等瑞宝章。工学博士。
全国の岐阜県出身者
 46  井口在屋    石川県 金沢市 出身Wikipedia
井口 在屋(いのくち ありや、安政3年10月30日(1856年11月27日) - 大正12年(1923年)3月25日)は、石川県金沢市出身の機械工学者。東京大学教授。
全国の石川県出身者    全国の金沢市出身者
 47  田中舘愛橘    岩手県 出身Wikipedia
田中舘 愛橘(たなかだて あいきつ、1856年10月16日(安政3年9月18日) - 1952年(昭和27年)5月21日)は、日本の地球物理学者。東京帝国大学教授。帝国学士院会員、文化勲章受章者。男性。
全国の岩手県出身者
慶應義塾大学出身      岩手県出身の慶應義塾大学の出身者      全国の慶應義塾大学の出身者
 48  上原勇作    宮崎県 都城市 出身Wikipedia
上原 勇作(うえはら ゆうさく、安政3年11月9日(1856年12月6日) - 1933年(昭和8年)11月8日)は、明治~昭和期の陸軍軍人。
全国の宮崎県出身者    全国の都城市出身者
 49  森田仲造    栃木県 壬生町 出身Wikipedia
森田 仲造(もりた なかぞう、1856年(安政3年11月3日) - 1927年(昭和2年6月13日)は、下野国壬生藩(現在の栃木県)出身の人物。元壬生藩士。陸軍伍長。
全国の栃木県出身者    全国の壬生町出身者
 50  正木直太郎    長野県 出身Wikipedia
正木 直太郎(まさき なおたろう、安政3年11月9日(1856年12月6日) - 昭和9年(1934年)4月20日)は日本の教育者。
全国の長野県出身者
 51  平井晴二郎    石川県 金沢市 出身Wikipedia
平井 晴二郎(ひらい せいじろう、1856年11月13日(安政3年10月16日) - 1926年(大正15年)6月28日)は、明治・大正期にかけての日本の鉄道技術者である。正三位勲一等、工学博士。貴族院勅選議員。
全国の石川県出身者    全国の金沢市出身者
 52  福羽逸人    島根県 出身Wikipedia
福羽 逸人(ふくば はやと/いつせん、安政3年11月16日(1856年12月13日) - 大正10年(1921年)5月19日)は、日本の官僚、農学者、造園家、園芸家。位階・勲等は正三位勲一等。爵位は子爵。宮内省で長く宮廷園芸技師として活躍、小豆島のオリーブや「ふくばいちご」として知られるイチゴなど植物栽培、花弁果樹野菜等の品種改良など園芸分野で多く貢献をしたほか、新宿御苑をはじめとする宮内省管轄の庭園等の整備、武庫離宮(須磨離宮)の庭園設計、栗林公園北庭および日比谷公園西洋花壇の設計に当たった。
全国の島根県出身者
 53  西河通徹Wikipedia
西河 通徹(にしかわ つうてつ、安政3年11月18日(1856年12月15日) - 昭和4年(1929年)9月29日)は、旧宇和島藩士のジャーナリスト。号は鬼城山人、鬼城。『海南新聞』を創刊して主筆を務め、旧制松山中学(現・愛媛県立松山東高等学校)校長などを歴任した。
慶應義塾大学出身      出身の慶應義塾大学の出身者      全国の慶應義塾大学の出身者
 54  出羽重遠    福島県 出身Wikipedia
出羽 重遠(でわ しげとお、安政2年12月10日(1856年1月17日) - 昭和5年(1930年)1月27日)は、日本の海軍軍人、華族。最終階級は海軍大将。栄典は正二位・勲一等・功二級・男爵。
全国の福島県出身者
 55  湯本武比古    長野県 出身Wikipedia
湯本 武比古(ゆもと たけひこ、安政2年12月1日(1856年1月8日) - 大正14年(1925年)9月27日)は日本の教育学者。信濃国高井郡赤岩村(現長野県中野市)生まれ。生年月日は安政4年12月1日(1858年1月15日)とも
全国の長野県出身者
 56  志田林三郎    佐賀県 出身Wikipedia
志田 林三郎(しだ りんざぶろう、安政2年12月25日(1856年2月1日) - 明治25年(1892年)1月4日)は日本の物理学者・電気工学者。佐賀県多久市(当時佐賀藩)生まれ。工学博士、電気学会創設者。
全国の佐賀県出身者




スポンサーリンク




有名人ナビ 出身高校編

有名人ナビ 出身大学編

有名人ナビ 誕生日編

有名人ナビ 出身都道府県編





スポンサーリンク