トップページ >1855年生まれの有名人

このサイトに登録されている誕生日で有名人の数:89,185人


スポンサーリンク


このサイトに登録されている「1855年」生まれの有名人の数:54:人
 1  桐原捨三    埼玉県 鴻巣市 出身Wikipedia
桐原 捨三(きりはら すてぞう、1855年(安政2年) - 1926年(昭和元年))は、明治期の教育者、ジャーナリスト。大阪商業講習所所長。
全国の埼玉県出身者    全国の鴻巣市出身者
慶應義塾大学出身      埼玉県出身の慶應義塾大学の出身者      全国の慶應義塾大学の出身者
 2  仙台四郎    宮城県 出身Wikipedia
仙台 四郎(せんだい しろう、1855年頃 - 1902年頃)は、江戸時代末から明治時代にかけて、現在の宮城県仙台市に実在した人物。旧字体で「仙臺四郎」とも書く。本名は通説では芳賀 四郎であるが、親族によれば「芳賀 豊孝」。
全国の宮城県出身者
 3  鏡岩源之助    岐阜県 羽島郡 鏡岩濱之助の子 出身Wikipedia
鏡岩 源之助(かがみいわ げんのすけ、? - 1855年9月29日(安政2年8月19日)は、美濃国羽栗郡(現:岐阜県羽島郡笠松町)出身の大相撲力士。本名は加藤 助三郎(かとう すけさぶろう)。
全国の岐阜県出身者    全国の羽島郡 鏡岩濱之助の子出身者
 4  桐原捨三Wikipedia
桐原 捨三(きりはら すてぞう、1855年(安政2年) - 1926年(昭和元年))は、明治期の教育者、ジャーナリスト。大阪商業講習所所長。
慶應義塾大学出身      出身の慶應義塾大学の出身者      全国の慶應義塾大学の出身者
 5  川本永守Wikipedia
川本 永守(かわもと えいしゅ、1855年(安政2年) - ?)は、明治期の官僚、鉄道院参事
慶應義塾大学出身      出身の慶應義塾大学の出身者      全国の慶應義塾大学の出身者
 6  池上三郎    福島県 出身Wikipedia
池上 三郎(いけがみ さぶろう、安政2年1月26日(1855年3月14日) - 大正3年(1914年)11月10日)は明治期の司法官、検事。函館控訴院検事長。従三位勲二等。実弟に、第6代大阪市長、第6代朝鮮総督府政務総監を務めた池上四郎がいる。
全国の福島県出身者
 7  神尾光臣    長野県 出身Wikipedia
神尾 光臣(かみお みつおみ、安政2年1月11日(1855年2月27日) - 1927年(昭和2年)2月6日)は、日本の陸軍軍人、華族。東京衛戍総督、青島守備軍司令官、第9師団・第18師団長等を歴任し、階級は陸軍大将勲一等功一級男爵に至る。
全国の長野県出身者
 8  土宜法龍Wikipedia
土宜 法龍(どき ほうりゅう、安政2年(1855年)1月8日 - 大正12年(1923年)1月10日)は近代日本仏教史代表する仏教学者、僧侶。字は覚意、号は雲外、木母堂、幼名は光九、土岐とも書く。高野山学林長、仁和寺門跡(36代)、真言宗御室派管長、真言宗各派連合総裁、高野山真言宗管長などを歴任。
慶應義塾大学出身      全国の慶應義塾大学の出身者
 9  大河内輝剛Wikipedia
大河内 輝剛(おおこうち てるたけ、1855年1月16日(安政元年11月28日) - 1909年(明治42年)10月9日)は、日本の明治期の教育者、軍人、実業家、衆議院議員、歌舞伎座社長。勲六等。
慶應義塾大学出身      出身の慶應義塾大学の出身者      全国の慶應義塾大学の出身者
 10  土宜法龍    愛知県 名古屋市 出身Wikipedia
土宜 法龍(どき ほうりゅう、安政2年(1855年)1月8日 - 大正12年(1923年)1月10日)は近代日本仏教史代表する仏教学者、僧侶。字は覚意、号は雲外、木母堂、幼名は光九、土岐とも書く。高野山学林長、仁和寺門跡(36代)、真言宗御室派管長、真言宗各派連合総裁、高野山真言宗管長などを歴任。
全国の愛知県出身者    全国の名古屋市出身者
慶應義塾大学出身      愛知県出身の慶應義塾大学の出身者      全国の慶應義塾大学の出身者
 11  前田慧雲Wikipedia
前田 慧(恵)雲(まえだ えうん、安政2年1月14日(1855年3月2日) - 昭和5年(1930年)4月29日)は、伊勢国桑名(現・三重県桑名市)出身の浄土真宗本願寺派の学僧(文学博士・三重県初、東洋大学長、龍谷大学長)。含潤、止舟斎と号す。
東洋大学出身      出身の東洋大学の出身者      全国の東洋大学の出身者
 12  岡部長職Wikipedia
岡部 長職(おかべ ながもと、1855年1月3日(嘉永7年11月15日) - 1925年(大正14年)12月27日)は、和泉岸和田藩の第13代(最後)の藩主で、明治・大正時代の政治家・外交官。英国公使館参事官、外務次官、司法大臣、東京府知事、枢密顧問官、法律取調委員会会長などを歴任。岸和田藩岡部家14代。官位は正二位勲一等子爵。
慶應義塾大学出身      出身の慶應義塾大学の出身者      全国の慶應義塾大学の出身者
 13  田健治郎    兵庫県 丹波市 出身Wikipedia
田 健治郎(でん けんじろう、安政2年2月8日(1855年3月25日) - 昭和5年(1930年)11月16日)は、日本の官僚、政治家、華族(男爵)。丹波国氷上郡(現在の兵庫県丹波市)出身。幼名は梅之助、号は譲山。男爵。衆議院議員・貴族院議員・逓信大臣・司法大臣・農商務大臣・台湾総督・枢密顧問官等を歴任。田艇吉(衆議院議員)は兄。田英夫(参議院議員)は孫。また先祖に元禄時代の女流俳人田捨女がいる。
全国の兵庫県出身者    全国の丹波市出身者
 14  西ノ海嘉治郎 (初代)    鹿児島県 薩摩川内市 出身Wikipedia
西ノ海 嘉治郎(にしのうみ かじろう、1855年2月19日(安政2年1月3日) - 1908年(明治41年)11月30日)は、薩摩国高城郡(現:鹿児島県薩摩川内市)出身の元大相撲力士。第16代横綱。本名は小園 嘉次郎(おぞの かじろう)。
全国の鹿児島県出身者    全国の薩摩川内市出身者
 15  赤羽四郎    福島県 出身Wikipedia
赤羽 四郎(あかばね しろう、1855年(安政2年2月)- 1910年(明治43年)1月28日)は、幕末の会津藩士で明治時代の外交官。日露戦争時のスペイン公使。
全国の福島県出身者
イェール大学出身      福島県出身のイェール大学の出身者      全国のイェール大学の出身者
 16  寺原長輝    鹿児島県 出身Wikipedia
寺原 長輝(てらはら おさてる / ながてる、1855年3月2日(安政2年1月14日)- 1912年(大正元年)12月23日)は、日本の内務官僚、政治家。官選県知事、貴族院勅選議員、錦鶏間祗候。幼名・研輔。一時、園田家の養子となる。
全国の鹿児島県出身者
 17  菊池大麓Wikipedia
菊池 大麓(きくち だいろく、1855年3月17日(安政2年1月29日) - 1917年(大正6年)8月19日)は、明治・大正期の日本の数学者、政治家である。
学習院大学出身      全国の学習院大学の出身者
 18  久保田鼎Wikipedia
久保田 鼎(くぼた かなえ、安政2年3月27日(1855年5月13日) - 1940年1月10日)は近代日本の官僚。奈良および京都帝室博物館の館長、東京美術学校校長などを務めた。号は理道。
二松學舍大学出身      出身の二松學舍大学の出身者      全国の二松學舍大学の出身者
 19  菊池大麓    東京都 出身Wikipedia
菊池 大麓(きくち だいろく、1855年3月17日(安政2年1月29日) - 1917年(大正6年)8月19日)は、明治から大正にかけて活躍した日本の数学者、教育者、政治家。男爵。
全国の東京都出身者
学習院大学出身      東京都出身の学習院大学の出身者      全国の学習院大学の出身者
 20  小泉正保    茨城県 水戸市 出身Wikipedia
小泉 正保(こいずみ まさやす、1855年4月29日(安政2年3月13日) - 1917年(大正6年)10月23日)は、日本陸軍の軍人。最終階級は陸軍中将。
全国の茨城県出身者    全国の水戸市出身者
 21  大石正巳    高知県 出身Wikipedia
大石 正巳(おおいし まさみ、正しくは「まさき」、安政2年4月11日(1855年5月26日) - 昭和10年(1935年)7月12日)は、日本の政治家。衆議院議員・農商務大臣などを務めた。土佐国(高知県)出身。
全国の高知県出身者
慶應義塾大学出身      高知県出身の慶應義塾大学の出身者      全国の慶應義塾大学の出身者
 22  頭山満Wikipedia
頭山 満(とうやま みつる、安政2年4月12日(1855年5月27日) - 昭和19年(1944年)10月5日、幼名:乙次郎)は、明治から昭和前期にかけて活動したアジア主義者の巨頭。玄洋社の総帥でもある。号は立雲。
国士舘高等学校出身      全国の国士舘高等学校の出身者
 23  奥平昌邁Wikipedia
奥平 昌邁(おくだいら まさゆき、安政2年4月1日(1855年5月16日) - 明治17年(1884年)11月26日)は、豊前中津藩の最後(第9代)の藩主。中津藩奥平家13代。
慶應義塾大学出身      出身の慶應義塾大学の出身者      全国の慶應義塾大学の出身者
 24  長谷川藤次郎    青森県 出身Wikipedia
長谷川 藤次郎(はせがわ とうじろう、1855年5月21日(安政2年4月6日) - 1933年(昭和8年)2月17日)は、日本の起業家。青森県八戸地方などで水産業に携わる一方で、漁網の改良により近代漁業の基礎を築いた。
全国の青森県出身者
 25  櫻井ちか    東京都 出身Wikipedia
櫻井ちか(さくらい ちか、1855年5月19日(安政2年4月4日) - 1928年(昭和3年)12月19日)は、日本の教育者。櫻井女学校、櫻井女塾を設立して、日本における初期の女子教育を担った。なお、自著でちか子との表記も見られる。
全国の東京都出身者
横浜共立学園高等学校出身      全国の横浜共立学園高等学校の出身者
 26  犬養毅Wikipedia
犬養 毅(いぬかい つよし、1855年6月4日(安政2年4月20日) - 1932年(昭和7年)5月15日)は、日本の政治家。位階は正二位。勲等は勲一等。通称は仙次郎。号は木堂、子遠。
慶應義塾大学出身      全国の慶應義塾大学の出身者
 27  末岡精一    山口県 出身Wikipedia
末岡 精一(すえおか せいいち、1855年(安政2年)6月20日 - 1894年(明治27年)1月22日)は、日本の法学者。学位は法学博士。山口県熊毛郡田布施町宿井(しゅくい)出身。東京帝国大学法科大学教授。日本法律学校(現・日本大学)の創立者の一人。
全国の山口県出身者
東京大学出身      山口県出身の東京大学の出身者      全国の東京大学の出身者
 28  石黒五十二    石川県 金沢市 出身Wikipedia
石黒 五十二(いしぐろ いそじ、安政2年6月10日(1855年7月23日) - 1922年(大正11年)1月14日)は、明治時代の官僚、土木技術者、政治家。
全国の石川県出身者    全国の金沢市出身者
 29  丸山芳介    福島県 出身Wikipedia
丸山 芳介(まるやま よしすけ、1855年6月12日(安政2年4月28日)[2] - 1922年(大正11年)10月11日)は、日本の武士(会津藩藩士)、実業家、政治家である。戊辰戦争を戦ったのち、土木請負業を営む実業家となり、姫路において各種事業に関わる。姫路市商業会会長、衆議院議員一期。
全国の福島県出身者
 30  斉藤斐    茨城県 出身Wikipedia
斉藤 斐(さいとう あきら、1855年6月28日(安政2年5月15日) - 1938年(昭和13年)12月9日)は、日本の政治家、実業家。元衆議院議員。
全国の茨城県出身者
慶應義塾大学出身      茨城県出身の慶應義塾大学の出身者      全国の慶應義塾大学の出身者
 31  犬養毅Wikipedia
犬養 毅(いぬかい つよし、1855年6月4日(安政2年4月20日) - 1932年(昭和7年)5月15日)は、日本の政治家。位階は正二位。勲等は勲一等。通称は仙次郎。号は木堂、子遠。
二松學舍大学出身      全国の二松學舍大学の出身者
 32  仙波太郎    愛媛県 出身Wikipedia
仙波 太郎(せんば たろう、1855年6月5日(安政2年4月21日) - 1929年2月19日)は、日本の陸軍軍人、政治家。最終階級は陸軍中将。衆議院議員。
全国の愛媛県出身者
 33  犬養毅    岡山県 出身Wikipedia
犬養 毅(いぬかい つよし[注釈 1]、1855年6月4日(安政2年4月20日) - 1932年(昭和7年)5月15日)は、日本の政治家。位階は正二位。勲等は勲一等。通称は仙次郎。号は木堂、子遠。
全国の岡山県出身者
二松學舍大学出身      岡山県出身の二松學舍大学の出身者      全国の二松學舍大学の出身者
 34  川上親晴    鹿児島県 出身Wikipedia
川上 親晴(かわかみ ちかはる、1855年7月6日(安政2年5月23日) - 1944年(昭和19年)5月12日)は、日本の警察・内務官僚、政治家。県知事、京都市長、警視総監、貴族院議員。
全国の鹿児島県出身者
 35  奈須川光宝    青森県 出身Wikipedia
奈須川 光宝(なすがわ みつとみ、1855年(安政2年7月) - 1926年(昭和元年)12月29日)は、日本の政治家。青森県八戸町長、衆議院議員。
全国の青森県出身者
 36  新井領一郎    群馬県 出身Wikipedia
新井領一郎(あらい りょういちろう、安政2年7月19日(1855年8月31日) - 昭和14年(1939年)4月10日)は日本の実業家。旧姓は星野。
全国の群馬県出身者
一橋大学出身      群馬県出身の一橋大学の出身者      全国の一橋大学の出身者
 37  西村精一    山口県 出身Wikipedia
西村 精一(にしむら せいいち、1855年7月21日(安政2年6月8日) - 1924年3月21日)は、日本の陸軍軍人、政治家、華族。最終階級は陸軍中将。貴族院議員、男爵。
全国の山口県出身者
 38  新井領一郎    群馬県 出身Wikipedia
新井 領一郎(あらい りょういちろう、安政2年7月19日(1855年8月31日) - 昭和14年(1939年)4月10日)は、日本の実業家。旧姓名は星野良助。
全国の群馬県出身者
一橋大学出身      群馬県出身の一橋大学の出身者      全国の一橋大学の出身者
 39  一戸兵衛    青森県 弘前市 出身Wikipedia
一戸 兵衛(いちのへ ひょうえ、安政2年6月20日(1855年8月2日) - 1931年(昭和6年)9月2日)は、日本陸軍の軍人。教育総監、軍事参議官、第1・第4・第17師団長を歴任し、軍を退いてからは学習院院長・明治神宮宮司・帝国在郷軍人会長等の公職に就く。官位は陸軍大将従二位勲一等功二級。
全国の青森県出身者    全国の弘前市出身者
学習院大学出身      青森県出身の学習院大学の出身者      全国の学習院大学の出身者
東奥義塾高等学校出身      全国の東奥義塾高等学校の出身者
 40  井口省吾    静岡県 出身Wikipedia
井口 省吾(いぐち しょうご、安政2年8月10日(1855年9月20日) - 大正14年(1925年)3月4日)は、日本の陸軍軍人。最終階級は陸軍大将。日清戦争、日露戦争期を代表する軍人の一人である。駿河国出身。
全国の静岡県出身者
 41  末松謙澄    福岡県 行橋市 出身Wikipedia
末松 謙澄(すえまつ けんちょう、安政2年8月20日(1855年9月30日) - 大正9年(1920年)10月5日)は、明治・大正時代のジャーナリスト・政治家・歴史家。子爵。幼名は千松(または線松)。帝国学士院会員。
全国の福岡県出身者    全国の行橋市出身者
 42  三須宗太郎    滋賀県 彦根市 出身Wikipedia
三須 宗太郎(みす そうたろう、安政2年8月6日(1855年9月16日) - 大正10年(1921年)12月24日)は、明治の海軍軍人。海軍大将。男爵。近江国(現滋賀県)出身。
全国の滋賀県出身者    全国の彦根市出身者
 43  穂積陳重    愛媛県 出身Wikipedia
穂積 陳重(ほづみ のぶしげ、1855年8月23日(安政2年7月11日) - 1926年(大正15年)4月7日)は、明治から大正期の日本の法学者。日本初の法学博士の一人。東京帝国大学法学部長。英吉利法律学校(中央大学の前身)の創立者の一人。貴族院議員(勅選)。男爵。枢密院議長。勲一等旭日桐花大綬章。現在の愛媛県宇和島市出身。
全国の愛媛県出身者
 44  小村壽太郎    宮崎県 日南市 出身Wikipedia
小村 壽太郎(こむら じゅたろう、安政2年9月16日(1855年10月26日) - 1911年(明治44年)11月26日)は、日本の外交官、政治家。外務大臣、貴族院議員などを務めた。侯爵。新字体で小村寿太郎とも表記される。初代拓務次官の小村欣一は長男。
全国の宮崎県出身者    全国の日南市出身者
 45  寺尾寿Wikipedia
寺尾 寿(てらお ひさし、安政2年9月25日(1855年11月4日) - 大正12年(1923年)8月6日)は、明治・大正時代の福岡県出身の日本の天文学者、数学者。近代日本天文学の基礎を固めたことで知られている。門下生には平山信、木村栄、平山清次らがいる。
東京外国語大学出身      全国の東京外国語大学の出身者
福岡県立修猷館高等学校出身      全国の福岡県立修猷館高等学校の出身者
 46  井島茂作    三重県 出身Wikipedia
井島 茂作(いじま もさく、1855年9月18日(安政2年8月8日)-1925年(大正14年)8月31日)は、三重県四日市市(伊勢国)出身の政治家、教育者、実業家。第2代四日市市長(官選市長)。
全国の三重県出身者
三重県立四日市商業高等学校出身      全国の三重県立四日市商業高等学校の出身者
 47  宮崎道三郎    三重県 出身Wikipedia
宮崎 道三郎(みやざき みちさぶろう、1855年10月14日(安政2年9月4日) - 1928年(昭和3年)4月18日)は、三重県津市出身の法学者。法学博士。東京帝国大学教授(法制史)。日本法律学校(現在の日本大学)の設立者総代。
全国の三重県出身者
東京大学出身      三重県出身の東京大学の出身者      全国の東京大学の出身者
 48  石塚重平    長野県 出身Wikipedia
石塚 重平(いしづか じゅうへい、安政2年10月10日(1855年11月19日) - 明治40年(1907年)8月12日[2])は、日本の衆議院議員(自由党→立憲政友会→甲辰倶楽部→大同倶楽部)。
全国の長野県出身者
 49  新妻駒五郎    福島県 出身Wikipedia
新妻 駒五郎(にいづま こまごろう、1855年(安政2年)10月 - 1937年(昭和12年)8月12日)は、幕末の会津藩士。明治、大正期の警察官、大分県知事、小倉市長である。
全国の福島県出身者
 50  平島松尾    福島県 出身Wikipedia
平島 松尾(ひらしま まつお、安政元年11月17日(1855年1月5日) - 昭和14年(1939年)8月13日)は、日本の衆議院議員(自由党→憲政党→憲政本党→憲政会)。
全国の福島県出身者
 51  東條英教    岩手県 出身Wikipedia
東條 英教(とうじょう ひでのり、安政2年11月8日(1855年12月16日) - 大正2年(1913年)12月16日)は、日本の陸軍軍人、陸軍中将。陸軍大学校第一期生で、首席卒業の穎才として知られる。東條英機の実父である。日本体育会体操練習所(現日本体育大学)所長を務めた。
全国の岩手県出身者
 52  田中穂積    山口県 出身Wikipedia
田中 穂積(たなか ほづみ、Tanaka Hozumi, (1855年12月22日(安政2年 旧暦11月14日) - 1904年(明治37年)12月31日)は、現在の山口県岩国市出身の作曲家、海軍軍人。
全国の山口県出身者
 53  中村弥六    長野県 出身Wikipedia
中村 弥六(なかむら やろく、安政元年12月8日〔1855年1月25日〕 - 昭和4年〔1929年〕7月7日)は日本の林学者・農商務官僚・政治家(代議士)。号は「背水」または「背山」で、通称「背水将軍」。
全国の長野県出身者
 54  西郷吉義    長野県 出身Wikipedia
西郷 吉義(さいごう よしみち、1855年12月15日(安政2年11月7日) - 1927年(昭和2年)9月3日)は、明治期から大正期の医師、医学博士、陸軍軍医学校長、宮内省侍医・宮中顧問官を歴任する。
全国の長野県出身者




スポンサーリンク




有名人ナビ 出身高校編

有名人ナビ 出身大学編

有名人ナビ 誕生日編

有名人ナビ 出身都道府県編





スポンサーリンク