トップページ >1853年生まれの有名人

このサイトに登録されている誕生日で有名人の数:89,185人


スポンサーリンク


このサイトに登録されている「1853年」生まれの有名人の数:44:人
 1  高崎親章    鹿児島県 出身Wikipedia
高崎 親章(たかさき ちかあき、1853年(嘉永6年) - 1920年(大正9年)12月27日)は、日本の江戸~大正時代の武士(鹿児島藩士)・警察官(警察官僚)・政治家。貴族院議員。幼名は半十郎。名前は「しんしょう」とも読まれる(有職読み)。高崎親廣の長男。鹿児島県出身。男性。
全国の鹿児島県出身者
 2  津軽薫    青森県 弘前市 出身Wikipedia
津軽 薫(つがる かおる、1853年 - 1918年)は日本の士族。菊池楯衛らが結成した津軽果樹研究会のメンバー[2]。
全国の青森県出身者    全国の弘前市出身者
 3  江南哲夫    福島県 出身Wikipedia
江南 哲夫(えなみ てつお、1853年(嘉永6年) - 1916年(大正5年)11月21日)は、会津藩士、白虎隊士、実業家、書家。旧姓林、諱は哲夫、号は蝦農。勲六等瑞宝章。
全国の福島県出身者
慶應義塾大学出身      福島県出身の慶應義塾大学の出身者      全国の慶應義塾大学の出身者
 4  双木八郎    埼玉県 出身Wikipedia
双木 八郎(なみき はちろう、1853年 - 1923年12月8日)は埼玉県の政治家。
全国の埼玉県出身者
 5  佐藤百太郎    千葉県 佐倉市 出身Wikipedia
佐藤 百太郎(さとう ももたろう、1853年(嘉永6年) - 1910年(明治43年)12月24日)は日本の実業家で日米貿易の先駆者。日本における百貨店の創始者でもあり、日本領事をも務めた。
全国の千葉県出身者    全国の佐倉市出身者
千葉県立佐倉高等学校出身      全国の千葉県立佐倉高等学校の出身者
 6  佐藤百太郎    千葉県 佐倉市 出身Wikipedia
佐藤 百太郎(さとう ももたろう、1853年(嘉永6年) - 1910年(明治43年)12月24日)は日本の実業家で日米貿易の先駆者。日本における百貨店の創始者でもあり、日本領事をも務めた。
全国の千葉県出身者    全国の佐倉市出身者
明治学院高等学校出身      全国の明治学院高等学校の出身者
 7  江南哲夫Wikipedia
江南 哲夫(えなみ てつお、1853年(嘉永6年) - 1916年(大正5年)11月21日)は、会津藩士、白虎隊士、実業家、書家。旧姓林、諱は哲夫、号は蝦農。勲六等瑞宝章。
慶應義塾大学出身      出身の慶應義塾大学の出身者      全国の慶應義塾大学の出身者
 8  中井芳楠Wikipedia
中井 芳楠(なかい ほうなん、1853年(嘉永6年) - 1903年(明治36年)2月9日)は、明治期の銀行家、教育者。正六位勲五等。
慶應義塾大学出身      出身の慶應義塾大学の出身者      全国の慶應義塾大学の出身者
 9  大蔵平三    岡山県 出身Wikipedia
大蔵 平三(おおくら へいぞう、1853年1月30日(嘉永5年12月21日) - 1911年8月25日)は、日本陸軍の軍人。最終階級は陸軍中将。男爵。
全国の岡山県出身者
 10  北里柴三郎    熊本県 出身Wikipedia
北里 柴三郎(きたざと しばさぶろう、1853年1月29日(嘉永5年12月20日) - 1931年(昭和6年)6月13日)は、日本の医学者・細菌学者である。従二位・勲一等旭日大綬章・男爵・医学博士。
全国の熊本県出身者
東京大学出身      熊本県出身の東京大学の出身者      全国の東京大学の出身者
 11  北里柴三郎    熊本県 小国町 出身Wikipedia
北里 柴三郎(きたさと しばさぶろう、1853年1月29日(嘉永5年12月20日) - 1931年(昭和6年)6月13日)は、日本の医学者・細菌学者である。従二位・勲一等旭日大綬章・男爵・医学博士。
全国の熊本県出身者    全国の小国町出身者
東京大学出身      熊本県出身の東京大学の出身者      全国の東京大学の出身者
 12  東海散士    千葉県 富津市(明治から大正にかけての政治家・小説家) 出身Wikipedia
東海 散士(とうかい さんし、1853年1月11日(嘉永5年12月2日) - 1922年(大正11年)9月25日)は、明治から大正にかけての政治家・小説家。本名は柴四朗。安房国(千葉県)の出身。台湾軍司令官・東京衛戍総督の柴五郎は弟。
全国の千葉県出身者    全国の富津市(明治から大正にかけての政治家・小説家)出身者
 13  曽禰達蔵    東京都 出身Wikipedia
曽禰 達蔵(そね たつぞう、1853年1月3日(嘉永5年11月24日) - 1937年(昭和12年)12月6日)は日本の建築家。
全国の東京都出身者
東京大学出身      東京都出身の東京大学の出身者      全国の東京大学の出身者
佐賀県立唐津東高等学校出身      全国の佐賀県立唐津東高等学校の出身者
 14  東海散士    福島県 出身Wikipedia
東海 散士(とうかい さんし、1853年1月11日(嘉永5年12月2日) - 1922年(大正11年)9月25日)は、明治から大正にかけての政治家・小説家。本名は柴四朗。安房国(千葉県)の出身。台湾軍司令官・東京衛戍総督の柴五郎は弟。
全国の福島県出身者
ペンシルベニア大学出身      福島県出身のペンシルベニア大学の出身者      全国のペンシルベニア大学の出身者
 15  山根武亮    山口県 出身Wikipedia
山根 武亮(やまね たけすけ、嘉永6年2月15日(1853年3月24日) - 昭和3年(1928年)4月4日)は、日本陸軍の軍人。最終階級は陸軍中将。貴族院議員、男爵。勲一等受章。
全国の山口県出身者
 16  山口半七Wikipedia
山口 半七(やまぐち はんしち、1853年2月14日(嘉永6年1月7日) - 1932年(昭和7年)6月9日)は、明治期の政治家。初名は克己。
慶應義塾大学出身      出身の慶應義塾大学の出身者      全国の慶應義塾大学の出身者
 17  松旭斎天一    福井県 出身Wikipedia
初代松旭斎 天一(しょうきょくさい てんいち、1853年2月 - 1912年6月14日)は、日本の奇術師である。福井城下(現在の福井県福井市)生まれ。本名は服部 松旭(はっとり しょうきょく)、幼名は牧野 八之助(まきの はちのすけ)。
全国の福井県出身者
 18  小笠原貞信    福島県 出身Wikipedia
小笠原貞信(おがさわら ていしん、1853年(嘉永6年)2月 - 1903年(明治36年)2月18日)は、福島県出身の法律家、衆議院議員2期(第2回、第3回)。福島民報初代社長。
全国の福島県出身者
 19  松村務本    石川県 出身Wikipedia
松村 務本(まつむら かねもと、1853年2月5日(嘉永5年12月27日) - 1905年2月4日)は、日本陸軍の軍人。最終階級は陸軍中将。
全国の石川県出身者
 20  小泉信吉    和歌山県 和歌山市 出身Wikipedia
小泉信吉(こいずみ のぶきち、1853年3月12日(嘉永2年2月3日) - 1894年(明治27年)12月8日) 第2代慶應義塾塾長、横浜正金銀行支配人。小泉信三の父。
全国の和歌山県出身者    全国の和歌山市出身者
慶應義塾大学出身      和歌山県出身の慶應義塾大学の出身者      全国の慶應義塾大学の出身者
 21  肝付兼行    鹿児島県 出身Wikipedia
肝付 兼行(きもつき かねゆき、嘉永6年3月16日(1853年4月23日) - 大正11年(1922年)1月13日)は、日本の海軍軍人。最終階級は海軍中将。貴族院男爵議員、大阪市長。
全国の鹿児島県出身者
 22  金子堅太郎Wikipedia
金子 堅太郎(かねこ けんたろう、嘉永6年2月4日(1853年3月13日) - 1942年(昭和17年)5月16日)は、明治期の官僚・政治家。司法大臣、農商務大臣、枢密顧問官を歴任し栄典は従一位大勲位伯爵。
ハーバード大学出身      全国のハーバード大学の出身者
福岡県立修猷館高等学校出身      全国の福岡県立修猷館高等学校の出身者
 23  東恩納寛量    沖縄県 出身Wikipedia
東恩納 寛量(ひがおんな かんりょう、1853年4月17日(嘉永6年3月10日) - 1915年)は、那覇手中興の祖といわれる、明治期を代表する唐手(現・空手)の大家である。
全国の沖縄県出身者
 24  志賀直温Wikipedia
志賀 直温(しが なおはる、1853年4月2日(嘉永6年2月24日) - 1929年(昭和4年)2月16日)は、明治期の実業家。小説家・志賀直哉の父。
慶應義塾大学出身      出身の慶應義塾大学の出身者      全国の慶應義塾大学の出身者
 25  依田勉三Wikipedia
依田 勉三(よだ べんぞう、嘉永6年5月15日(1853年6月21日) - 大正14年(1925年)12月12日)は日本の北海道開拓者。北海道開墾を目的として結成された「晩成社」を率い帯広市を開拓した。開墾に関わる業績から緑綬褒章を受章している。北海道神宮開拓神社の祭神。
慶應義塾大学出身      出身の慶應義塾大学の出身者      全国の慶應義塾大学の出身者
 26  草間時福    京都府 出身Wikipedia
草間 時福(くさま ときよし、1853年6月25日(嘉永6年5月19日) - 1932年(昭和7年)1月5日)は、明治期の官吏、教育者、自由民権運動家、政治家、旧制松山中学(現・愛媛県立松山東高等学校)初代校長。夏目漱石や正岡子規に影響を与えたことでよく知られている。
全国の京都府出身者
慶應義塾大学出身      京都府出身の慶應義塾大学の出身者      全国の慶應義塾大学の出身者
 27  小坂善之助    長野県 出身Wikipedia
小坂 善之助(こさか ぜんのすけ、嘉永6年(1853年)7月15日 - 大正2年(1913年)12月21日)は、日本の政治家、実業家。長野県議会議員、衆議院議員を務めた。
全国の長野県出身者
 28  須田辰次郎Wikipedia
須田 辰次郎(すだ たつじろう、1853年7月6日(嘉永6年6月1日) - 1928年(昭和3年))は、明治期の教育者。師範学校校長を歴任。
慶應義塾大学出身      出身の慶應義塾大学の出身者      全国の慶應義塾大学の出身者
 29  安東貞美    長野県 出身Wikipedia
安東 貞美(あんどう さだよし、 または故実読みで ていび、嘉永6年8月19日(1853年10月20日) - 昭和7年(1932年)8月29日)は、日本の陸軍軍人。朝鮮駐剳軍司令官、第10師団長、第12師団長、台湾総督などを歴任した。階級は陸軍大将勲一等功三級。勲功により男爵に叙爵された。
全国の長野県出身者
 30  真野秀雄Wikipedia
真野 観我(まの かんが、嘉永6年8月25日(1853年9月27日) - 1920年(大正9年)2月26日)は、大日本帝国海軍旅順海軍経理部長、海軍主計総監、主計少将。功四級金鵄勲章。別名は秀雄(ひでお)。
慶應義塾大学出身      出身の慶應義塾大学の出身者      全国の慶應義塾大学の出身者
 31  本山彦一    熊本県 出身Wikipedia
本山 彦一(もとやま ひこいち、嘉永6年8月10日(1853年9月12日) - 昭和7年(1932年)12月30日)は、日本の実業家、政治家。大阪毎日新聞社長、貴族院勅選議員。号は松蔭。
全国の熊本県出身者
慶應義塾大学出身      熊本県出身の慶應義塾大学の出身者      全国の慶應義塾大学の出身者
 32  村上敬次郎    広島県 出身Wikipedia
村上 敬次郎(むらかみ けいじろう、嘉永6年9月4日(1853年10月6日) - 昭和4年(1929年)2月15日)は、安芸国(現広島県)出身の官僚、大日本帝国海軍軍人。貴族院議員、男爵、勲一等旭日大綬章。
全国の広島県出身者
修道高等学校出身      全国の修道高等学校の出身者
 33  香川富太郎Wikipedia
香川 富太郎(かがわ とみたろう、1853年9月25日(嘉永6年8月23日) - 1937年(昭和12年)12月17日)は、日本の陸軍軍人。最終階級は陸軍中将。安芸国(現・広島県)出身。
修道高等学校出身      全国の修道高等学校の出身者
 34  本山彦一Wikipedia
本山 彦一(もとやま ひこいち、1853年9月12日(嘉永6年8月10日) - 1932年(昭和7年)12月30日)は、大阪毎日新聞社長、貴族院勅選議員。勲一等瑞宝章。号は松蔭。
慶應義塾大学出身      全国の慶應義塾大学の出身者
 35  栗本東明    山形県 出身Wikipedia
栗本 東明(くりもと とうめい、嘉永6年10月8日(1853年11月8日) - 大正10年(1921年)1月1日)は、医学博士。狂犬病の予防注射液を世界で初めて発見し、第五高等学校教授、旧制長崎医科大学の主事心得、長崎医学専門学校長崎病院内科医長兼眼科医長などを歴任した。従五位勲六等。また、ロシア皇帝ニコライ2世から神聖アンチ第三等勲章が授与されている。
全国の山形県出身者
慶應義塾大学出身      山形県出身の慶應義塾大学の出身者      全国の慶應義塾大学の出身者
 36  梅沢道治    宮城県 出身Wikipedia
梅沢 道治(うめざわ みちはる、嘉永6年10月4日(1853年11月4日) - 1924年(大正13年)1月10日)は、日露戦争で活躍した大日本帝国陸軍軍人。近衛歩兵第2旅団長、第6師団長を歴任し、陸軍中将勲一等功二級に昇る。
全国の宮城県出身者
 37  織田信敏Wikipedia
織田 信敏(おだ のぶとし、嘉永6年10月19日(1853年11月19日) - 明治34年(1901年)6月6日)は、出羽天童藩第3代藩主、のち藩知事。第2代藩主織田信学の四男。正室は松前崇広の娘・増子(のち離婚)。子は次女・栄子(織田信恒妻)など。養子は寿重丸(信学の六男)、信恒(相馬誠胤の長男)がある。幼名は富久之助。官位は従五位下兵部大輔。後に従三位。爵位は子爵。
慶應義塾大学出身      出身の慶應義塾大学の出身者      全国の慶應義塾大学の出身者
 38  後藤牧太    愛知県 出身Wikipedia
後藤 牧太(ごとう まきた、1853年11月5日(嘉永6年10月5日) - 1930年(昭和5年)3月25日)は、近代日本の物理学者、教育者。理科教育の先駆者で、「手工教育の開拓者」と呼ばれる。大日本教育会・帝国教育会で32年間評議員を務め、名誉会員となる。初代東京高等師範学校名誉教授。
全国の愛知県出身者
慶應義塾大学出身      愛知県出身の慶應義塾大学の出身者      全国の慶應義塾大学の出身者
 39  野田卯太郎Wikipedia
野田 卯太郎(のだ うたろう、嘉永6年旧暦11月21日(1853年12月21日) - 昭和2年(1927年)2月23日)は日本の政治家、実業家。号は大塊。衆議院議員、逓信大臣、商工大臣などを務めた。福岡県平民。一平民から大臣にまで昇った立身出世を体現するような人物である。
国士舘高等学校出身      全国の国士舘高等学校の出身者
 40  野田卯太郎    福岡県 みやま市(旧三池郡高田町) 出身Wikipedia
野田 卯太郎(のだ うたろう、嘉永6年11月21日(1853年12月21日) - 昭和2年(1927年)2月23日)は日本の政治家、実業家。号は大塊。元衆議院議員。元逓信大臣。元商工大臣。福岡県平民[3]。一平民から大臣にまで昇り詰めた近代の象徴的な人物であった。
全国の福岡県出身者    全国のみやま市(旧三池郡高田町)出身者
 41  大山綱昌    鹿児島県 出身Wikipedia
大山 綱昌(おおやま つなまさ、1853年12月24日(嘉永6年11月24日) - 1934年(昭和9年)10月18日)は、日本の官僚、政治家、警察官、陸軍軍人。貴族院議員、錦鶏間祗候。4県の知事を務めた。幼名・勘助。
全国の鹿児島県出身者
 42  緒方正規    熊本県 出身Wikipedia
緒方 正規(おがた まさのり、1853年12月5日(嘉永6年11月5日) - 1919年(大正8年)7月30日)は日本の衛生学者、細菌学者。東京帝国大学医科大学学長、東京帝大教授。日本における衛生学、細菌学の基礎を確立した。長男の緒方規雄は細菌学者、次男の緒方益雄は衛生学者。
全国の熊本県出身者
 43  鵜飼退蔵    滋賀県 栗東市 出身Wikipedia
鵜飼 退蔵(うかい たいぞう、1853年12月27日(嘉永6年11月27日) - 1915年(大正4年)12月19日)は、明治時代の滋賀県の政治家。
全国の滋賀県出身者    全国の栗東市出身者
 44  手塚猛昌Wikipedia
手塚 猛昌(てづか たけまさ、1853年12月22日(嘉永6年11月22日) - 1932年(昭和7年)3月1日)は、明治期の実業家。日本最初の月刊時刻表とされる「汽車汽船旅行案内」の発行者。
慶應義塾大学出身      出身の慶應義塾大学の出身者      全国の慶應義塾大学の出身者




スポンサーリンク




有名人ナビ 出身高校編

有名人ナビ 出身大学編

有名人ナビ 誕生日編

有名人ナビ 出身都道府県編





スポンサーリンク