トップページ >1852年生まれの有名人

このサイトに登録されている誕生日で有名人の数:89,185人


スポンサーリンク


このサイトに登録されている「1852年」生まれの有名人の数:53:人
 1  長澤鼎    鹿児島県 鹿児島市 出身Wikipedia
長澤 鼎(ながさわ かなえ、本名:磯永彦輔、1852年 - 1934年3月1日)は江戸時代の薩摩藩士。薩摩国出身。13歳の時藩命でイギリスに留学し、後にカリフォルニアに渡り「カリフォルニアのワイン王」「葡萄王」「バロン・ナガサワ」と呼ばれる。
全国の鹿児島県出身者    全国の鹿児島市出身者
 2  真島襄一郎    熊本県 出身Wikipedia
真島 襄一郎(眞島 襄一郎、まじま じょういちろう、1852年(嘉永5年) -1913年(大正2年))は、明治の実業家。日本における洋紙製造業の先覚者の一人であり、製紙会社3社を立ち上げた。真島は、1873年から1911年まで製紙業界に身をおいていた。戦前の日本の製紙業では旧王子製紙(後のいわゆる大王子製紙)が圧倒的なガリバー企業であったが、真島自身は王子製紙の傘下に組したことは一度もなかった。真島は、巨大企業旧王子製紙にとってライバルであり続けた人物であるが、旧王子製紙の継承会社たる現王子製紙からは日本製紙業界の先覚者としてその慧眼に尊敬を受けている人物である[2][3]。
全国の熊本県出身者
 3  小島範一郎    広島県 出身Wikipedia
小島 範一郎(おじま はんいちろう、1852年(嘉永5年) - ?)は、明治期の司法官僚、実業家。正七位。
全国の広島県出身者
慶應義塾大学出身      広島県出身の慶應義塾大学の出身者      全国の慶應義塾大学の出身者
 4  佐藤祐輔Wikipedia
新政酒造株式会社(あらまさしゅぞう)は、秋田県の清酒製造業を行う酒蔵である。創業は嘉永5年(1852年)で、協会六号酵母の発祥蔵としても有名である。
明治大学出身      出身の明治大学の出身者      全国の明治大学の出身者
 5  新宮凉園Wikipedia
新宮 凉園(しんぐう りょうえん、1852年(嘉永5年) - 1925年(大正14年))は、幕末・明治期の医者、官吏。
慶應義塾大学出身      出身の慶應義塾大学の出身者      全国の慶應義塾大学の出身者
 6  矢部善蔵    静岡県 出身Wikipedia
矢部 善蔵(やべ ぜんぞう、1852年(嘉永5年) - 没年不明)は、明治時代の教育者、師範学校校長などを務め、京都女子学園(京都女子大学)の基礎を創った。
全国の静岡県出身者
慶應義塾大学出身      静岡県出身の慶應義塾大学の出身者      全国の慶應義塾大学の出身者
 7  中川元    長野県 出身Wikipedia
中川 元(なかがわ はじめ、1852年1月7日(嘉永4年12月16日) - 1913年9月28日)は明治時代の日本の教育者、文部官僚。第四高等中学校(金沢大学の前身の一つ)、第五高等学校(熊本大学の前身の一つ)、第二高等学校(東北大学の前身の一つ)、仙台高等工業学校(東北大学工学部の前身の一つ)の校長を歴任した。旧名・孫一郎、号は槐陰。
全国の長野県出身者
 8  阿部浩    岩手県 出身Wikipedia
阿部 浩(あべ ひろし、嘉永5年1月3日(1852年1月23日) - 大正11年(1922年)10月7日)は、日本の内務官僚、政治家。群馬県知事、千葉県知事(2期)、富山県知事、新潟県知事、東京府知事(2期)を歴任。衆議院議員(2期)。貴族院議員。岩手県盛岡市出身。子息は洋画家の阿部金剛。
全国の岩手県出身者
慶應義塾大学出身      岩手県出身の慶應義塾大学の出身者      全国の慶應義塾大学の出身者
 9  押川方義    愛媛県 出身Wikipedia
押川 方義(おしかわ まさよし、嘉永4年12月16日(1852年1月7日) - 1928年(昭和3年)1月10日、生年に関しては諸説ある)は、日本人のキリスト教宗教家、教育家。東北学院及び宮城学院の創立者。日韓同志組合代表者の一人。
全国の愛媛県出身者
愛媛県立松山東高等学校出身      全国の愛媛県立松山東高等学校の出身者
 10  坪井玄道    千葉県 市川市 出身Wikipedia
坪井 玄道(つぼい げんどう、嘉永5年1月9日(1852年1月29日) - 大正11年(1922年)11月2日)は、明治時代の体育学者で日本最初の体操教師と言われる。
全国の千葉県出身者    全国の市川市出身者
 11  吉川泰次郎    奈良県 出身Wikipedia
吉川 泰次郎(よしかわ たいじろう、1852年1月20日(嘉永4年12月29日) - 1895年(明治28年)11月12日)は、明治期の実業家、官僚、教育者。日本郵船二代目社長。従五位勲三等。
全国の奈良県出身者
慶應義塾大学出身      奈良県出身の慶應義塾大学の出身者      全国の慶應義塾大学の出身者
 12  益田克徳Wikipedia
益田 克徳(ますだ こくとく、1852年(嘉永5年)1月 - 1903年(明治36年)4月8日)は、幕末期の幕臣で明治期の官吏、実業家、政治家。東京海上保険創立者。幼名は荘作。号は無為庵、非黙。
慶應義塾大学出身      出身の慶應義塾大学の出身者      全国の慶應義塾大学の出身者
 13  豊川良平    高知県 出身Wikipedia
豊川 良平(とよかわ りょうへい、嘉永5年1月16日(1852年2月5日) - 1920年(大正9年)6月12日)は、近代日本の実業家、貴族院勅選議員。荘田平五郎や近藤廉平など三菱財閥に多くの人材を紹介し、いとこの岩崎弥太郎を支えた。
全国の高知県出身者
慶應義塾大学出身      高知県出身の慶應義塾大学の出身者      全国の慶應義塾大学の出身者
 14  小林富次郎    埼玉県 さいたま市中央区(旧・北足立郡与野町) 出身Wikipedia
小林 富次郎(こばやし とみじろう、嘉永5年1月15日(1852年2月4日) - 明治43年(1910年)12月13日)は、ライオン株式会社の創業者。1891年に小林富次郎商店を創業した。熱心なクリスチャンで、「そろばんを抱いた宗教家」といわれる。
全国の埼玉県出身者    全国のさいたま市中央区(旧・北足立郡与野町)出身者
 15  寺内正毅    山口県 出身Wikipedia
寺内 正毅(てらうち まさたけ[注釈 1]、旧字体: 寺內 正毅、嘉永5年2月5日(1852年2月24日) - 大正8年(1919年)11月3日)は、日本の陸軍軍人、政治家。階級位階勲等功級爵位は元帥陸軍大将従一位大勲位功一級伯爵。書の雅号は桜圃、魯庵。「ビリケン宰相」の異名を持つ。
全国の山口県出身者
 16  小松原英太郎Wikipedia
小松原 英太郎(こまつばら えいたろう、嘉永5年2月16日(1852年3月6日) - 大正8年(1919年)12月26日)は、戦前の官僚・政治家。錦鶏間祗候、枢密顧問官、埼玉県知事、静岡県知事、長崎県知事、司法次官、内務次官、文部大臣、農商務大臣、貴族院勅選議員、東洋協会会長、皇典講究所長、大阪毎日新聞社社長、日華学会長、斯文会会長、國學院大學学長、内務省警保局長等、ベルリン公使館駐在を歴任。 拓殖大学第2代総長。
慶應義塾大学出身      出身の慶應義塾大学の出身者      全国の慶應義塾大学の出身者
 17  有坂成章    山口県 出身Wikipedia
有坂 成章(ありさか なりあきら、嘉永5年2月18日(1852年4月5日)-大正4年(1915年)1月12日)は日本陸軍軍人、男爵。帝国陸軍初の国産小銃の開発者である村田経芳の後継者である。最終階級は陸軍中将。別名に淳蔵。
全国の山口県出身者
 18  門脇重雄    鳥取県 境港市 出身Wikipedia
門脇 重雄(かどわき しげお、嘉永5年2月8日(1852年2月27日) - 大正10年(1921年)12月15日)は、日本の実業家、政治家。元渡村長、渡村会議員、鳥取県会議員、衆議院議員。鳥取県士族。
全国の鳥取県出身者    全国の境港市出身者
 19  児玉源太郎    山口県 出身Wikipedia
児玉[注 1] 源太郎(こだま げんたろう、嘉永5年閏2月25日(1852年4月14日) - 明治39年(1906年)7月23日)は、日本の陸軍軍人、政治家。階級位階勲等功級爵位は陸軍大将正二位勲一等功一級子爵。日露戦争において満州軍総参謀長を勤め、勝利に貢献した。
全国の山口県出身者
 20  上田聴秋Wikipedia
上田 聴秋(うえだ ちょうしゅう、嘉永5年2月24日(1852年3月14日) - 昭和7年(1932年)1月17日)は、明治期の俳人。聴秋は号で、本名は「上田肇」、俳号は不識庵、別名「花本聴秋」、花本流派の11世宗匠で明治から大正期に京都の俳壇で重きをなした。書家としても優れた作品を残している。
慶應義塾大学出身      出身の慶應義塾大学の出身者      全国の慶應義塾大学の出身者
 21  森下岩楠    和歌山県 出身Wikipedia
森下 岩楠(もりした いわくす、1852年2月19日(嘉永5年1月30日) - 1917年(大正6年)3月28日)は、明治期の官僚、教育者、実業家、ジャーナリスト。
全国の和歌山県出身者
慶應義塾大学出身      和歌山県出身の慶應義塾大学の出身者      全国の慶應義塾大学の出身者
 22  小松原英太郎    岡山県 御野郡青江村(現・岡山市) 出身Wikipedia
小松原 英太郎(こまつばら えいたろう、嘉永5年2月16日(1852年3月6日) - 大正8年(1919年)12月26日)は、戦前の官僚・政治家。錦鶏間祗候、枢密顧問官、埼玉県知事、静岡県知事、長崎県知事、司法次官、内務次官、文部大臣、農商務大臣、貴族院勅選議員、東洋協会会長、皇典講究所長、大阪毎日新聞社社長、日華学会長、斯文会会長、國學院大學学長、内務省警保局長等、ベルリン公使館駐在を歴任。 拓殖大学第2代総長。
全国の岡山県出身者    全国の御野郡青江村(現・岡山市)出身者
慶應義塾大学出身      岡山県出身の慶應義塾大学の出身者      全国の慶應義塾大学の出身者
 23  澤山保羅    山口県 出身Wikipedia
沢山 保羅(さわやま ぽうろ、嘉永5年3月22日(1852年5月10日) - 明治20年(1887年)3月27日)は、日本のキリスト教牧師、教育者。「保羅」は使徒パウロに由来し、本名は馬之進。日本で按手礼を受けた最初の牧師である。
全国の山口県出身者
 24  高村光雲    東京都 出身Wikipedia
高村 光雲(たかむら こううん、1852年3月8日(嘉永5年2月18日) - 1934年(昭和9年)10月10日)は、日本の仏師、彫刻家。幼名は光蔵。高村光太郎、高村豊周は息子。写真家の高村規は孫。
全国の東京都出身者
 25  黒雲雷五郎    熊本県 玉名郡 出身Wikipedia
黒雲雷五郎(くろくもらいごろう、1852年3月5日(嘉永5年2月15日) - 1910年(明治43年)1月13日)は、京都相撲・出水川部屋、境川部屋、武隈部屋、湊部屋に所属した元力士。本名は五島林吉。肥前国玉名郡出身。最高位は西前頭6枚目。身長体重不明。
全国の熊本県出身者    全国の玉名郡出身者
 26  東郷正路    福井県 出身Wikipedia
東郷 正路(とうごう まさみち、1852年4月19日(嘉永5年3月1日) - 1906年1月4日)は、日本海軍の軍人、最終階級は海軍中将。幼名、哲吉。
全国の福井県出身者
 27  丹羽五郎    福島県 出身Wikipedia
丹羽 五郎(にわ ごろう、1852年5月2日(嘉永5年3月14日) - 1928年(昭和3年)9月6日)は、幕末の会津藩士。明治、大正期の警察官、開拓者である。西南戦争では抜刀隊小隊長として戦い、戦後はせたな町の一部となっている丹羽村を開村した。警察官時代は田村五郎と名乗る。
全国の福島県出身者
 28  松野勇雄    広島県  備後国三原 出身Wikipedia
松野 勇雄(まつの いさお、1852年5月17日(嘉永5年3月29日) - 1893年(明治26年)8月6日)は、皇典講究所、國學院設立に尽力した国文学者。幼名・秀吉、通称・栄、または盛枝、達志、尚志、のち勇雄に定めた。
全国の広島県出身者    全国の 備後国三原出身者
 29  藤田茂吉Wikipedia
藤田 茂吉(ふじた もきち、嘉永5年6月25日(1852年8月10日) - 明治25年(1892年)8月19日)は、日本の新聞記者、政治家。旧姓は林、号は鶴谷山人・九皐外史・鳴鶴居士・聞天楼主人・翠嵐生。衆議院議員。
慶應義塾大学出身      出身の慶應義塾大学の出身者      全国の慶應義塾大学の出身者
 30  岩永省一Wikipedia
岩永 省一(いわなが しょういち、1852年6月5日(嘉永5年4月18日) - 1913年(大正2年)3月12日)は、明治期の海事実業家。勲四等。ボンペイ航路を拓いて航海自主権回復に功があった。息子はニュース配信の通信自主権回復に功のあった岩永裕吉。
慶應義塾大学出身      出身の慶應義塾大学の出身者      全国の慶應義塾大学の出身者
 31  千葉卓三郎    宮城県 出身Wikipedia
千葉 卓三郎(ちば たくさぶろう、嘉永5年6月17日(1852年8月2日) - 明治16年(1883年)11月13日)は、明治時代の自由民権運動家。私擬憲法「日本帝国憲法」(通称:五日市憲法)の起草者として知られる。
全国の宮城県出身者
 32  矢代操    福井県 出身Wikipedia
矢代 操(やしろ みさお、嘉永5年6月20日(1852年8月5日) - 明治24年(1891年)4月2日)は、日本の民法学者。明治大学の創立者の1人である。ギュスターヴ・エミール・ボアソナードの弟子。   
全国の福井県出身者
 33  宮城浩蔵    山形県 出身Wikipedia
宮城 浩蔵(みやぎ こうぞう、1852年6月2日(嘉永5年4月15日) - 1893年(明治26年)2月13日)は、日本の刑法学者、政治家。明治大学創設者の一人。衆議院議員。
全国の山形県出身者
 34  佐双左仲    石川県 出身Wikipedia
佐双 左仲(さそう さちゅう、1852年6月2日(嘉永5年4月15日) - 1905年10月9日)は、日本の海軍軍人、工学博士。旧名、堀尾友吉。位階勲等功級は、海軍造船総監・正四位・功三級・勲一等旭日大綬章・工学博士。
全国の石川県出身者
 35  和久正辰    愛媛県 出身Wikipedia
和久 正辰(わく まさたつ、1852年7月 - 1934年11月)は日本の武士。教育学者、理学者。秋山好古を陸軍士官学校へ導いた人物とされる。
全国の愛媛県出身者
慶應義塾大学出身      愛媛県出身の慶應義塾大学の出身者      全国の慶應義塾大学の出身者
愛媛県立松山東高等学校出身      全国の愛媛県立松山東高等学校の出身者
 36  小花万次Wikipedia
小花 万次(おばな まんじ、嘉永5年7月11日(1852年8月25日) - 大正9年(1920年)3月10日)は、幕臣、海軍大学校教授。正五位勲三等。名は萬次郎。
慶應義塾大学出身      出身の慶應義塾大学の出身者      全国の慶應義塾大学の出身者
 37  永井久一郎    愛知県 出身Wikipedia
永井 久一郎(ながい きゅういちろう、嘉永5年8月2日(1852年9月15日) - 大正2年(1913年)1月2日)は、日本の漢詩人、官僚。文部省、内務省、帝国大学などに勤め、のち日本郵船に転じた。正四位。名は匡温(まさはる)また温、字は伯良・耐甫、号は禾原(かげん)・来青。通称、久一郎。
全国の愛知県出身者
慶應義塾大学出身      愛知県出身の慶應義塾大学の出身者      全国の慶應義塾大学の出身者
 38  山田才吉    岐阜県 出身Wikipedia
山田 才吉(やまだ さいきち、1852年8月19日 - 1937年1月31日)は美濃国出身の実業家。
全国の岐阜県出身者
 39  鹿島秀麿Wikipedia
鹿島 秀麿(かしま ひでまろ、1852年(嘉永5年8月) - 1932年(昭和7年)3月27日)は、日本の武士(徳島藩士)、明治期の政治家、ジャーナリスト、実業家。勲四等旭日小綬章。
慶應義塾大学出身      出身の慶應義塾大学の出身者      全国の慶應義塾大学の出身者
 40  永井久一郎    愛知県 名古屋市 出身Wikipedia
永井 久一郎(ながい きゅういちろう、嘉永5年8月2日(1852年9月15日) - 大正2年(1913年)1月2日)は、日本の漢詩人、官僚。文部省、内務省、帝国大学などに勤め、のち日本郵船に転じた。正四位。諱は匡温(まさはる)また温、字は伯良・耐甫、号は禾原(かげん)・来青。久一郎は元来は通称。
全国の愛知県出身者    全国の名古屋市出身者
慶應義塾大学出身      愛知県出身の慶應義塾大学の出身者      全国の慶應義塾大学の出身者
 41  岡本柳之助Wikipedia
岡本 柳之助(おかもと りゅうのすけ、嘉永5年8月14日(1852年9月27日) - 1912年(明治45年)5月14日)は、紀州藩出身の国粋主義者、大陸浪人、陸軍少佐、朝鮮宮内府兼軍部顧問。本姓は諏訪。乙未事変を主導[1]。辛亥革命が勃発すると上海に渡り、当地で客死した。号は東光。
慶應義塾大学出身      出身の慶應義塾大学の出身者      全国の慶應義塾大学の出身者
 42  小室信介    京都府 出身Wikipedia
小室 信介(こむろ しんすけ、1852年9月4日(嘉永5年7月21日) - 1885年(明治18年)8月25日)は、明治期の官僚、自由民権運動家、丹後宮津藩士。小室案外堂と号した。
全国の京都府出身者
慶應義塾大学出身      京都府出身の慶應義塾大学の出身者      全国の慶應義塾大学の出身者
 43  福島安正    長野県 出身Wikipedia
福島 安正(ふくしま やすまさ、嘉永5年9月15日(1852年10月27日) - 大正8年(1919年)2月19日)は、日本の陸軍軍人。最終階級は陸軍大将。男爵。萩野末吉に続く情報将校。
全国の長野県出身者
二松學舍大学出身      長野県出身の二松學舍大学の出身者      全国の二松學舍大学の出身者
 44  伊集院五郎    鹿児島県 鹿児島市 出身Wikipedia
伊集院 五郎(いじゅういん ごろう、嘉永5年9月28日(1852年11月9日) - 大正10年(1921年)1月13日)は、日本の海軍軍人。元帥海軍大将正二位勲一等功一級男爵。
全国の鹿児島県出身者    全国の鹿児島市出身者
攻玉社高等学校出身      全国の攻玉社高等学校の出身者
 45  長谷川喬Wikipedia
長谷川 喬(はせがわ たかし、嘉永5年10月15日(1852年11月26日) - 大正元年(1912年)12月10日)は、明治期の司法官僚。大審院判事、法典調査会主査委員、東京控訴院長等を歴任した。
慶應義塾大学出身      出身の慶應義塾大学の出身者      全国の慶應義塾大学の出身者
 46  長谷川喬    福井県 出身Wikipedia
長谷川 喬(はせがわ たかし、嘉永5年10月15日(1852年11月26日) - 大正元年(1912年)12月10日)は、明治期の司法官僚。大審院判事、法典調査会主査委員、東京控訴院長等を歴任した。
全国の福井県出身者
慶應義塾大学出身      福井県出身の慶應義塾大学の出身者      全国の慶應義塾大学の出身者
 47  鹿島秀麿    滋賀県 甲賀市 出身Wikipedia
鹿島 秀麿(かしま ひでまろ、1852年10月10日(嘉永5年8月27日) - 1932年(昭和7年)3月27日)は、日本の武士(徳島藩士)、明治期の政治家、ジャーナリスト、実業家。勲四等旭日小綬章。
全国の滋賀県出身者    全国の甲賀市出身者
慶應義塾大学出身      滋賀県出身の慶應義塾大学の出身者      全国の慶應義塾大学の出身者
 48  瀬木博尚    富山県 富山市 出身Wikipedia
瀬木博尚(せき ひろなお、嘉永5年10月6日(1852年11月17日) - 昭和14年(1939年)1月22日)は博報堂の創業者。富山県富山市出身。
全国の富山県出身者    全国の富山市出身者
 49  福島安正    長野県 出身Wikipedia
福島 安正(ふくしま やすまさ、1852年10月27日(嘉永5年9月15日) - 1919年(大正8年)2月19日)は、日本の陸軍軍人。最終階級は陸軍大将。男爵。萩野末吉に続く情報将校。
全国の長野県出身者
二松學舍大学出身      長野県出身の二松學舍大学の出身者      全国の二松學舍大学の出身者
 50  高野瀬宗則    滋賀県 彦根市 出身Wikipedia
高野瀬 宗則(たかのせ むねのり、1852年11月3日(嘉永5年9月22日) - 1915年(大正4年))は、理学士。東京物理学講習所(後の東京物理学校、現在の東京理科大学)の創立者の一人である。
全国の滋賀県出身者    全国の彦根市出身者
 51  山本権兵衛    鹿児島県 鹿児島市 出身Wikipedia
山本 権兵衛(やまもと ごんのひょうえ、旧字体: 山本 權兵衞、1852年11月26日(嘉永5年10月15日) - 1933年(昭和8年)12月8日)は、日本の武士、海軍軍人、政治家。階級・位階・勲等・功級・爵位は海軍大将従一位大勲位功一級伯爵。諱は盛武。出生時より若輩時にかけて使用した本称は「ごんべえ」であるが、進水式で祝詞用に神主がつけた名前であり、宮中でも使用したごんのひょうえが公称である。
全国の鹿児島県出身者    全国の鹿児島市出身者
 52  日下義雄    福島県 出身Wikipedia
日下 義雄(くさか よしお、嘉永4年12月25日(1852年1月16日) - 大正12年(1923年)3月18日)は、明治から大正時代の政治家、実業家。
全国の福島県出身者
 53  岩倉具定Wikipedia
岩倉 具定(いわくら ともさだ、嘉永4年12月27日(1852年1月18日) - 明治43年(1910年)4月1日)は、日本の政治家。第4代宮内大臣、貴族院議員。
学習院大学出身      出身の学習院大学の出身者      全国の学習院大学の出身者




スポンサーリンク




有名人ナビ 出身高校編

有名人ナビ 出身大学編

有名人ナビ 誕生日編

有名人ナビ 出身都道府県編





スポンサーリンク