トップページ >1851年生まれの有名人

このサイトに登録されている誕生日で有名人の数:89,185人


スポンサーリンク


このサイトに登録されている「1851年」生まれの有名人の数:53:人
 1  遠藤敬止    福島県 出身Wikipedia
遠藤 敬止(えんどう けいし、嘉永4年(1851年) - 明治37年(1904年))は、幕末期の武士(会津藩士)、明治期の大蔵官僚、七十七銀行第二代・四代頭取、仙台商工会議所初代会頭。
全国の福島県出身者
慶應義塾大学出身      福島県出身の慶應義塾大学の出身者      全国の慶應義塾大学の出身者
 2  宮崎八郎    熊本県 肥後国玉名郡荒尾村(現・荒尾市) 出身Wikipedia
宮崎 八郎(みやざき はちろう、1851年(嘉永4年)- 1877年(明治10年)4月6日)は熊本県出身の自由民権運動家。中江兆民の仏学塾に学び、「九州のルソー」と呼ばれた。西南戦争で西郷隆盛を支援し、26歳にして志半ばで戦死した。
全国の熊本県出身者    全国の肥後国玉名郡荒尾村(現・荒尾市)出身者
 3  伊東茂右衛門    大分県 出身Wikipedia
伊東茂右衛門(いとう もえもん、嘉永4年(1851、1852年) - 没年不明)は、日本の著述家。号は竹山。経済学の著書が多い。
全国の大分県出身者
慶應義塾大学出身      大分県出身の慶應義塾大学の出身者      全国の慶應義塾大学の出身者
 4  伊賀陽太郎Wikipedia
伊賀 陽太郎(いが ようたろう、1851年 - 1897年5月3日)は、幕末の土佐藩家老、宿毛領主。諱は氏成。
慶應義塾大学出身      出身の慶應義塾大学の出身者      全国の慶應義塾大学の出身者
 5  遠藤敬止    福島県 出身Wikipedia
遠藤 敬止(えんどう けいし、嘉永4年(1851年) - 明治37年(1904年))は、幕末期の武士(会津藩士)、明治期の大蔵官僚、七十七銀行第二代・四代頭取、仙台商工会議所初代会頭。
全国の福島県出身者
慶應義塾大学出身      福島県出身の慶應義塾大学の出身者      全国の慶應義塾大学の出身者
 6  宮崎駿児Wikipedia
宮崎 駿児(みやざき しゅんじ、1851年(嘉永3年) - 没年不明)は、幕末の幕臣、大陸浪人。
慶應義塾大学出身      出身の慶應義塾大学の出身者      全国の慶應義塾大学の出身者
福岡県立明善高等学校出身      全国の福岡県立明善高等学校の出身者
 7  那珂通世    岩手県 出身Wikipedia
那珂 通世(なか みちよ、嘉永4年1月6日(1851年2月6日) - 明治41年(1908年)3月2日)は、南部藩出身の明治時代の歴史学者、文学博士。東洋史の概念を初めて生んだといわれる。
全国の岩手県出身者
慶應義塾大学出身      岩手県出身の慶應義塾大学の出身者      全国の慶應義塾大学の出身者
 8  安楽兼道    鹿児島県 出身Wikipedia
安楽 兼道(あんらく かねみち、1851年1月13日(嘉永3年12月12日) - 1932年4月12日)は、明治から大正期の警察官僚、政治家。県知事、貴族院議員、警視総監、錦鶏間祗候。
全国の鹿児島県出身者
 9  寺田祐之    長野県 飯山市 出身Wikipedia
寺田 祐之(てらだ すけゆき、1851年1月27日(嘉永3年12月26日) - 1917年(大正6年)3月14日)は、日本の内務官僚。鳥取・岡山・宮城・広島の各県知事を歴任した。特に広島県知事在任中、県物産陳列館(現在の原爆ドーム)の設立に関わったことで知られる。
全国の長野県出身者    全国の飯山市出身者
 10  佐藤暢    鹿児島県 出身Wikipedia
佐藤 暢(さとう ちょう / しん、1851年1月(嘉永3年12月)- 1910年(明治43年)9月7日)は、日本の内務官僚、実業家。官選栃木県知事。
全国の鹿児島県出身者
 11  矢野文雄    大分県 出身Wikipedia
矢野 龍渓(やの りゅうけい、1851年1月2日(嘉永3年12月1日) - 1931年(昭和6年)6月18日)は、幕末の佐伯藩士、明治時代の官吏、著作家、ジャーナリスト、政治家。太政官大書記官兼統計院幹事、『郵便報知新聞』社長、宮内省式部官、清国駐箚特命全権公使、大阪毎日新聞社副社長を歴任。
全国の大分県出身者
慶應義塾大学出身      大分県出身の慶應義塾大学の出身者      全国の慶應義塾大学の出身者
 12  那珂通世    岩手県 出身Wikipedia
那珂 通世(なか みちよ、嘉永4年1月6日(1851年2月6日) - 明治41年(1908年)3月2日)は、南部藩出身の明治時代の歴史学者、文学博士。東洋史の概念を初めて生んだといわれる。
全国の岩手県出身者
慶應義塾大学出身      岩手県出身の慶應義塾大学の出身者      全国の慶應義塾大学の出身者
 13  矢野龍渓    大分県 出身Wikipedia
矢野 龍渓(やの りゅうけい、1851年1月2日(嘉永3年12月1日) - 1931年(昭和6年)6月18日)は、幕末の佐伯藩士、明治時代の官吏、著作家、ジャーナリスト、政治家。太政官大書記官兼統計院幹事、『郵便報知新聞』社長、宮内省式部官、清国駐箚特命全権公使、大阪毎日新聞社副社長を歴任。
全国の大分県出身者
慶應義塾大学出身      大分県出身の慶應義塾大学の出身者      全国の慶應義塾大学の出身者
 14  山中信儀    山口県 出身Wikipedia
山中 信儀(やまなか のぶよし、1851年2月15日(嘉永4年1月15日) - 1926年(大正15年)4月18日)は、日本の陸軍軍人。最終階級は陸軍中将。男爵。
全国の山口県出身者
 15  木下広次    熊本県 肥後国飽田郡坪井 出身Wikipedia
木下廣次(きのした ひろじ、1851年2月25日(嘉永4年1月25日) - 1910年(明治43年)8月22日)は、明治時代の教育行政家(文部官僚)・教育者。
全国の熊本県出身者    全国の肥後国飽田郡坪井出身者
 16  石塚左玄    福井県 出身Wikipedia
石塚 左玄(いしづか さげん、嘉永4年2月4日(1851年3月6日) - 明治42年(1909年)10月17日)は、明治時代の日本の医師・薬剤師、であり陸軍で薬剤監、軍医を勤めた。 玄米・食養の元祖で、食養会をつくり普及活動を行った。
全国の福井県出身者
 17  岩崎弥之助    高知県 出身Wikipedia
岩崎 弥之助(いわさき やのすけ、1851年2月8日(嘉永4年1月8日) - 1908年(明治41年)3月25日)は、日本の実業家で、三菱財閥の2代目総帥。男爵。三菱の創業者・岩崎弥太郎の弟にあたる。
全国の高知県出身者
 18  真鍋斌    山口県 出身Wikipedia
真鍋 斌(まなべ あきら/さかり、1851年3月7日(嘉永4年2月5日) - 1918年12月14日)は、日本の陸軍軍人、政治家。最終階級は陸軍中将。貴族院議員、男爵。幼名・熊槌。
全国の山口県出身者
 19  渡辺章    山口県 出身Wikipedia
渡辺 章(わたなべ しょう、1851年3月31日(嘉永4年2月29日) - 1934年(昭和9年)5月27日)は、日本の陸軍軍人。最終階級は陸軍中将。男爵。
全国の山口県出身者
 20  今村勤三    奈良県 安堵町 出身Wikipedia
今村 勤三(いまむら きんぞう、1851年3月1日 - 1924年10月26日)は、実業家・政治家。奈良県安堵町生まれ。銀行家・今村幸男、大阪大学第5代総長・今村荒男、大日本紡績常務取締役・今村奇男の父。天誅組の立役者・今村文吾の甥。
全国の奈良県出身者    全国の安堵町出身者
 21  柏田盛文    鹿児島県 出身Wikipedia
柏田 盛文(かしわだ もりふみ、1851年4月23日(嘉永4年3月22日) - 1910年(明治43年)6月20日)は、明治期の政治家、官僚、ジャーナリスト。衆議院議員、文部次官、旧制第四高等学校校長、千葉県知事、茨城県知事、新潟県知事。
全国の鹿児島県出身者
慶應義塾大学出身      鹿児島県出身の慶應義塾大学の出身者      全国の慶應義塾大学の出身者
 22  荻野吟子    埼玉県 熊谷市(旧・幡羅郡俵瀬村) 出身Wikipedia
荻野 吟子(おぎの ぎんこ(本名:荻野ぎん)、1851年4月4日(嘉永4年3月3日) - 1913年(大正2年)6月23日)は、近代日本における最初の女性の医師である。女性運動家としても知られる。なお、日本人女性初の国家資格を持った医師であるが、医術開業試験制度がなかった時代から、榎本住(1816年 - 1893年)ほか何人かの女性医師が開業していた。西洋医学を学んだ女性医師としてはシーボルトの娘・楠本イネ(1827年 - 1903年)がいる。
全国の埼玉県出身者    全国の熊谷市(旧・幡羅郡俵瀬村)出身者
お茶の水女子大学出身      埼玉県出身のお茶の水女子大学の出身者      全国のお茶の水女子大学の出身者
 23  荻野吟子    埼玉県 出身Wikipedia
荻野 吟子(おぎの ぎんこ(本名:荻野ぎん)、1851年4月4日(嘉永4年3月3日) - 1913年(大正2年)6月23日)は、近代日本における最初の女性の医師である。女性運動家としても知られる。なお、日本人女性初の国家資格を持った医師であるが、医術開業試験制度がなかった時代から、榎本住(1816年 - 1893年)ほか何人かの女性医師が開業していた。西洋医学を学んだ女性医師としてはシーボルトの娘・楠本イネ(1827年 - 1903年)がいる。
全国の埼玉県出身者
お茶の水女子大学出身      埼玉県出身のお茶の水女子大学の出身者      全国のお茶の水女子大学の出身者
 24  村上専精Wikipedia
村上 専精(むらかみ せんしょう、嘉永4年4月1日(1851年5月1日) - 昭和4年(1929年)10月31日)は、日本の明治・大正期に活躍した教育者、仏教史学者。
東洋大学出身      全国の東洋大学の出身者
 25  江副靖臣    佐賀県 出身Wikipedia
江副 靖臣(えぞえ やすおみ、1851年(嘉永4年4月) - 1915年(大正4年)4月24日)は佐賀藩出身の明治、大正時代の士族、弁護士、政治家、実業家。佐賀新聞の創刊者・初代社長、衆議院議員。本姓は野口。幼名は又四郎。
全国の佐賀県出身者
慶應義塾大学出身      佐賀県出身の慶應義塾大学の出身者      全国の慶應義塾大学の出身者
 26  山葉寅楠    和歌山県 和歌山市 出身Wikipedia
山葉 寅楠(やまは とらくす、嘉永4年4月20日(1851年5月20日) - 大正5年(1916年)8月8日)は、日本楽器製造株式会社(現在のヤマハ株式会社)の創業者。日本初のオルガン(リード・オルガン)製造者であり、日本のピアノ製造業の創始者の一人である。
全国の和歌山県出身者    全国の和歌山市出身者
 27  柏田盛文Wikipedia
柏田 盛文(かしわだ もりふみ、1851年4月23日(嘉永4年3月22日) - 1910年(明治43年)6月20日)は、明治期の政治家、官僚、ジャーナリスト。衆議院議員、文部次官、旧制第四高等学校校長、千葉県知事、茨城県知事、新潟県知事。
慶應義塾大学出身      出身の慶應義塾大学の出身者      全国の慶應義塾大学の出身者
 28  山口仙之助Wikipedia
山口 仙之助(やまぐち せんのすけ、嘉永4年5月5日(1851年6月4日) - 大正4年(1915年)3月25日)は、富士屋ホテル創業者。
慶應義塾大学出身      出身の慶應義塾大学の出身者      全国の慶應義塾大学の出身者
 29  岩男三郎Wikipedia
岩男 三郎(いわお さぶろう、1851年6月8日(嘉永4年5月9日)[1] - 1909年(明治42年)7月15日)は、幕末期の肥後熊本藩士、維新後は官吏、各県知事などを歴任した。
慶應義塾大学出身      全国の慶應義塾大学の出身者
 30  伊沢修二    長野県 出身Wikipedia
伊沢 修二(いさわ しゅうじ、旧字体:伊澤、1851年6月30日(嘉永4年6月2日) - 1917年(大正6年)5月3日)は明治時代の日本の教育者、文部官僚。近代日本の音楽教育、吃音矯正の第一人者である。号は楽石。
全国の長野県出身者
 31  杉田定一    福井県 出身Wikipedia
杉田 定一(すぎた ていいち、嘉永4年6月2日(1851年6月30日) -昭和4年 (1929年)3月23日)は、日本の政治家。衆議院議長などを務めた。号は鶉山。越前国坂井郡波寄村(現在の福井県福井市波寄町)出身。
全国の福井県出身者
 32  岩男三郎    熊本県 出身Wikipedia
岩男 三郎(いわお さぶろう、1851年6月8日(嘉永4年5月9日) - 1909年(明治42年)7月15日)は、幕末期の肥後熊本藩士、維新後は官吏、各県知事などを歴任した。
全国の熊本県出身者
慶應義塾大学出身      熊本県出身の慶應義塾大学の出身者      全国の慶應義塾大学の出身者
 33  松永正敏    熊本県 出身Wikipedia
松永 正敏(まつなが まさとし、嘉永4年6月1日(1851年6月29日) - 明治45年(1912年)2月18日)は、日本陸軍の軍人。陸軍中将正三位勲一等功二級男爵。幼名・山平。
全国の熊本県出身者
 34  平佐良蔵    山口県 出身Wikipedia
平佐 良蔵(ひらさ りょうぞう、1851年(嘉永4年7月) - 1912年(明治45年)7月5日)は、日本の陸軍軍人、華族。最終階級は陸軍中将。男爵。
全国の山口県出身者
 35  平岡浩太郎Wikipedia
平岡 浩太郎(ひらおか こうたろう、嘉永4年6月23日(1851年7月21日) - 明治39年(1906年)10月24日) は、日本の政治団体玄洋社初代社長、自由民権運動家。
福岡県立修猷館高等学校出身      全国の福岡県立修猷館高等学校の出身者
 36  平山藤次郎Wikipedia
平山 藤次郎(ひらやま とうじろう、1851年(嘉永4年8月) - 1910年(明治43年)5月11日[1])は、日本の海軍軍人。最終階級は海軍大佐。商船学校長。
慶應義塾大学出身      全国の慶應義塾大学の出身者
 37  鹿野勇之進    長野県 出身Wikipedia
鹿野 勇之進(かの ゆうのしん、1851年10月8日(嘉永4年9月14日) - 1914年4月7日)は、日本の海軍軍人、政治家、華族。海軍中将正四位勲二等功三級男爵。貴族院議員。
全国の長野県出身者
 38  根本正Wikipedia
根本 正(ねもと しょう、1851年10月25日(嘉永4年10月1日)) - 1933年(昭和8年)1月5日)は、幕末の水戸藩士、明治・大正時代の衆議院議員。帝国教育会東京府会員、殖民協会幹事などを歴任し、1898年(明治31年)第5回総選挙以降、連続当選10回。未成年者喫煙禁止法・未成年者飲酒禁止法を提唱し、成立させた。
慶應義塾大学出身      全国の慶應義塾大学の出身者
 39  浅田信興    埼玉県 川越市 出身Wikipedia
浅田 信興(あさだ のぶおき、嘉永4年10月12日(1851年11月5日) - 1927年(昭和2年)4月27日)は、日本の陸軍軍人、華族。最終階級は陸軍大将。男爵。
全国の埼玉県出身者    全国の川越市出身者
 40  呉文聰    東京都 港区 出身Wikipedia
呉 文聡(くれ あやとし/ふみあき、嘉永4年11月27日(1851年12月19日) - 大正7年(1918年)9月19日)は、日本の統計学者、慶應義塾大学教授。「国勢調査の生みの親」といわれる。
全国の東京都出身者    全国の港区出身者
慶應義塾大学出身      東京都出身の慶應義塾大学の出身者      全国の慶應義塾大学の出身者
 41  井上光    山口県 出身Wikipedia
井上 光(いのうえ ひかる、嘉永4年11月8日(1851年11月30日) - 1908年(明治41年)12月17日)は、日本の陸軍軍人、華族。第12師団長、第4師団長などを歴任。陸軍大将勲一等功二級男爵。
全国の山口県出身者
 42  岸本辰雄    鳥取県 鳥取市 出身Wikipedia
岸本辰雄(きしもと たつお、1851年11月13日(嘉永4年10月19日) - 1912年(明治45年)4月4日)は日本の法学者。明治大学の創設者。
全国の鳥取県出身者    全国の鳥取市出身者
 43  滝川弁三    山口県 出身Wikipedia
瀧川 辨三(たきがわ べんぞう、嘉永4年11月21日(1851年12月13日) - 大正14年(1925年)1月12日)は、日本の実業家、政治家で神戸市実業界の重鎮。
全国の山口県出身者
 44  井田武雄    鳥取県 境港市 出身Wikipedia
井田 武雄(いだ たけお、嘉永4年(1851年)11月 - 昭和8年(1933年))は、日本の医師、実業家、政治運動家。号は陸舟。鳥取県西伯郡中浜村(現在の境港市)出身。四谷病院、後楽堂医院長。東京府平民。
全国の鳥取県出身者    全国の境港市出身者
 45  栗野慎一郎Wikipedia
栗野 慎一郎(くりの しんいちろう、嘉永4年11月7日(1851年11月29日) - 昭和12年(1937年)11月15日)は、明治・大正期の日本の外交官。初代駐フランス特命全権大使。
国士舘高等学校出身      全国の国士舘高等学校の出身者
 46  ドーラ・E・スクーンメーカーWikipedia
ドーラ・E・スクーンメーカー(Dora E. Schoonmaker、1851年11月14日 - 1934年12月5日)は、アメリカ合衆国のメソジスト派の伝道師であり、麻布新堀町にあった「女子小学校」の設立者。
青山学院大学出身      出身の青山学院大学の出身者      全国の青山学院大学の出身者
 47  中田清兵衛    富山県 富山市 出身Wikipedia
中田 清兵衛(なかた せいべえ、嘉永4年11月20日(1851年12月12日) - 大正5年(1916年)11月12日[2])は、明治から大正時代の日本の実業家、政治家。
全国の富山県出身者    全国の富山市出身者
 48  栗野慎一郎Wikipedia
栗野 慎一郎(くりの しんいちろう、嘉永4年11月7日(1851年11月29日) - 昭和12年(1937年)11月15日)は、明治・大正期の日本の外交官。初代駐フランス特命全権大使。
福岡県立修猷館高等学校出身      全国の福岡県立修猷館高等学校の出身者
 49  呉文聰    東京都 出身Wikipedia
呉 文聡(くれ あやとし/ふみあき、嘉永4年11月27日(1851年12月19日) - 大正7年(1918年)9月19日)は、日本の統計学者、慶應義塾大学教授。貴族院勅選議員。「国勢調査の生みの親」といわれる。
全国の東京都出身者
慶應義塾大学出身      東京都出身の慶應義塾大学の出身者      全国の慶應義塾大学の出身者
 50  高山紀齋Wikipedia
高山 紀齋(たかやま きさい、嘉永3年12月12日(1851年1月13日) - 昭和8年(1933年2月5日))は明治時代の歯科医。東京歯科大学の前身高山歯科医学院を設立した。
慶應義塾大学出身      出身の慶應義塾大学の出身者      全国の慶應義塾大学の出身者
 51  山辺丈夫    島根県 津和野町 出身Wikipedia
山辺 丈夫(やまのべ たけお、1851年12月30日(嘉永4年12月8日) - 1920年(大正9年)5月14日)は、明治期の実業家、紡績技師、津和野藩士。東洋紡創業者。従五位。
全国の島根県出身者    全国の津和野町出身者
慶應義塾大学出身      島根県出身の慶應義塾大学の出身者      全国の慶應義塾大学の出身者
 52  本多錦吉郎    東京都 出身Wikipedia
本多 錦吉郎(ほんだ きんきちろう、嘉永3年12月2日(1851年1月3日) - 大正10年(1921年)5月26日)は、明治初期からの洋画家。画家としては寡作であったが、多くの著書を書き、画塾で後進を育てた。趣味で始めた造園もプロ級だった。号は契山。
全国の東京都出身者
慶應義塾大学出身      東京都出身の慶應義塾大学の出身者      全国の慶應義塾大学の出身者
修道高等学校出身      全国の修道高等学校の出身者
 53  山辺丈夫Wikipedia
山辺 丈夫(やまのべ たけお、1851年12月30日(嘉永4年12月8日) - 1920年5月14日)は、明治期の実業家、紡績技師、津和野藩士。従五位。
慶應義塾大学出身      出身の慶應義塾大学の出身者      全国の慶應義塾大学の出身者




スポンサーリンク




有名人ナビ 出身高校編

有名人ナビ 出身大学編

有名人ナビ 誕生日編

有名人ナビ 出身都道府県編





スポンサーリンク