トップページ >1850年生まれの有名人

このサイトに登録されている誕生日で有名人の数:89,185人


スポンサーリンク


このサイトに登録されている「1850年」生まれの有名人の数:46:人
 1  岡田只治    岐阜県 関市 出身Wikipedia
岡田 只治(おかだ ただじ、1850年 - 1914年)は、日本の実業家、発明家。
全国の岐阜県出身者    全国の関市出身者
 2  三遊亭圓鶴    埼玉県 所沢市 出身Wikipedia
三遊亭 圓鶴(さんゆうてい えんかく、1850年 - 1901年9月21日)は、武州所沢(現:埼玉県所沢市)出身の落語家。本名は倉片順六。兄は同じ落語家の三遊一朝。
全国の埼玉県出身者    全国の所沢市出身者
 3  安藤源五郎Wikipedia
安藤 源五郎(あんどう げんごろう、1850年(嘉永3年) - 1921年(大正10年)は、明治期の司法官僚、大審院判事。
慶應義塾大学出身      出身の慶應義塾大学の出身者      全国の慶應義塾大学の出身者
 4  印東玄得Wikipedia
印東 玄得(いんどう げんとく、1850年(嘉永3年) - 1895年(明治28年)11月25日)は、幕末から明治にかけての医学者。日本最初の保険医。
慶應義塾大学出身      出身の慶應義塾大学の出身者      全国の慶應義塾大学の出身者
 5  石丸三七郎Wikipedia
石丸 三七郎(いしまる さんしちろう、嘉永3年(1850年) - 没年不明)は、幕末期の鴨方藩士、明治期の陸軍省の官吏。測量技師や写真電気銅版法の書物を記している。
慶應義塾大学出身      出身の慶應義塾大学の出身者      全国の慶應義塾大学の出身者
 6  永田一二Wikipedia
永田 一二(ながた いちじ、1850年(嘉永3年)2月 - 1897年(明治30年)1月28日)は、日本の武士(中津藩士)、自由民権運動家。
慶應義塾大学出身      出身の慶應義塾大学の出身者      全国の慶應義塾大学の出身者
 7  藤井包総    広島県 出身Wikipedia
藤井 包總(ふじい かねすけ、1850年2月25日(嘉永3年1月14日) - 1925年(大正14年)12月5日)は、日本の陸軍軍人、政治家、華族。最終階級は陸軍中将。貴族院男爵議員。
全国の広島県出身者
陸軍士官学校出身      広島県出身の陸軍士官学校の出身者      全国の陸軍士官学校の出身者
広島県立福山誠之館高等学校出身      全国の広島県立福山誠之館高等学校の出身者
 8  川村景明    鹿児島県 出身Wikipedia
川村 景明(かわむら かげあき、嘉永3年2月26日(1850年4月8日) - 大正15年(1926年)4月28日)は、日本の陸軍軍人、華族。東京衛戍総督、鴨緑江軍司令官等を歴任した。官位は元帥陸軍大将従一位大勲位功一級子爵。通称は源十郎。
全国の鹿児島県出身者
 9  前田正名    鹿児島県 出身Wikipedia
前田 正名(まえだ まさな、嘉永3年3月12日(1850年4月23日) - 大正10年(1921年)8月11日)は、明治期日本の官僚。男爵。明治政府の殖産興業政策の政策立案と実践した中心人物である。
全国の鹿児島県出身者
 10  角田秀松    福島県 出身Wikipedia
角田 秀松(つのだ ひでまつ、1850年3月25日(嘉永3年2月12日) - 1905年12月13日)は、幕末の会津藩士、明治期の日本海軍軍人。最終階級は海軍中将。戊辰戦争において「朝敵」とされた会津藩出身者として最初の海軍将官となった人物である。
全国の福島県出身者
 11  清浦奎吾    熊本県 出身Wikipedia
清浦 奎吾(きようら けいご、1850年3月27日(嘉永3年2月14日) - 1942年(昭和17年)11月5日)は、日本の司法官僚、政治家。位階は正二位。勲等は大勲位。爵位は伯爵。幼名は普寂(ふじゃく)。旧姓は大久保(おおくぼ)。
全国の熊本県出身者
 12  野村徳七    大阪府 八尾市 出身Wikipedia
初代野村 徳七(しょだい のむら とくしち、1850年(嘉永3年)4月15日 - 1907年(明治40年)9月30日)は大阪の両替商。野村徳七 (二代)の父。
全国の大阪府出身者    全国の八尾市出身者
 13  樽井藤吉Wikipedia
樽井 藤吉(たるい とうきち、嘉永3年4月14日(1850年5月25日) - 大正11年(1922年)10月25日)は、明治大正期の政治運動家。アジア主義者として知られる。
明治大学出身      出身の明治大学の出身者      全国の明治大学の出身者
 14  北方心泉    石川県 金沢市 出身Wikipedia
北方 心泉(きたがた しんせん、嘉永3年4月28日(1850年6月8日) - 明治38年(1905年)7月29日)は真宗大谷派の僧侶。書家としても知られる。心泉は号、俗名は蒙(きざし)。
全国の石川県出身者    全国の金沢市出身者
 15  樽井藤吉    奈良県 五條市 出身Wikipedia
樽井 藤吉(たるい とうきち、嘉永3年4月14日(1850年5月25日) - 大正11年(1922年)10月25日)は、明治大正期の政治運動家。アジア主義者として知られる。別名森本藤吉。
全国の奈良県出身者    全国の五條市出身者
明治大学出身      奈良県出身の明治大学の出身者      全国の明治大学の出身者
 16  林董Wikipedia
林 董(はやし ただす、嘉永3年2月29日(1850年4月11日) - 大正2年(1913年)7月20日)は、江戸時代末期(幕末)の幕臣、明治時代の日本の外交官、政治家。伯爵。蘭方医佐藤泰然の5男で初代陸軍軍医総監・男爵の松本良順は実兄。幼名は信五郎、名は董三郎(とうさぶろう)とも。変名、佐藤 東三郎(さとう とうさぶろう)。
千葉県立佐倉高等学校出身      全国の千葉県立佐倉高等学校の出身者
 17  村山龍平    三重県 玉城町 出身Wikipedia
村山 龍平(むらやま りょうへい、嘉永3年4月3日(1850年5月14日) - 昭和8年(1933年)11月24日)は朝日新聞の経営者(社主・社長)、政治家。衆議院議員、貴族院議員。玉城町名誉町民第1号。
全国の三重県出身者    全国の玉城町出身者
 18  星亨    栃木県 出身Wikipedia
星 亨(ほし とおる、嘉永3年4月8日(1850年5月19日) - 明治34年(1901年)6月21日)は、日本の政治家。元衆議院議員。
全国の栃木県出身者
 19  大浦兼武    鹿児島県 出身Wikipedia
大浦 兼武(おおうら かねたけ、嘉永3年5月6日(1850年6月15日) - 大正7年(1918年)9月30日)は、幕末の薩摩藩士、明治の警察官僚、政治家。
全国の鹿児島県出身者
 20  寺井純司    青森県 出身Wikipedia
寺井 純司(てらい じゅんじ、1850年(嘉永3年)5月 - 1917年(大正6年)11月17日)は、明治期の政治家。勲四等。
全国の青森県出身者
慶應義塾大学出身      青森県出身の慶應義塾大学の出身者      全国の慶應義塾大学の出身者
 21  津田純一Wikipedia
津田 純一(つだ じゅんいち、1850年6月21日(嘉永3年5月12日) - 1924年(大正13年)1月23日)は、明治期の教育者、法学者、官僚。
慶應義塾大学出身      出身の慶應義塾大学の出身者      全国の慶應義塾大学の出身者
 22  馬場辰猪    高知県 出身Wikipedia
馬場 辰猪(ばば たつい、1850年6月24日(嘉永3年5月15日) - 1888年(明治21年)11月1日)は、幕末時代の土佐藩士で明治時代の自由民権運動の思想家・政論家。最も急進的で国粋的な『國友会』を組織した人物。諱は氏保(うじやす)、通称として辰猪を称す。
全国の高知県出身者
慶應義塾大学出身      高知県出身の慶應義塾大学の出身者      全国の慶應義塾大学の出身者
 23  小泉八雲Wikipedia
小泉 八雲(こいずみ やくも、1850年6月27日 - 1904年(明治37年)9月26日)は、ギリシャ生まれの新聞記者(探訪記者)、紀行文作家、随筆家、小説家、日本研究家、日本民俗学者。東洋と西洋の両方に生きたとも言われる。 出生名はパトリック・ラフカディオ・ハーン (Patrick Lafcadio Hearn)。ラフカディオが一般的にファーストネームとして知られているが、実際はミドルネームである。アイルランドの守護聖人・聖パトリックにちなんだファーストネームは、ハーン自身キリスト教の教義に懐疑的であったため、この名をあえて使用しなかったといわれる。 日本・東京府豊多摩郡大久保村西大久保
島根県立松江北高等学校出身      全国の島根県立松江北高等学校の出身者
 24  田尻稲次郎    京都府 鹿児島市(出生地京都府) 出身Wikipedia
田尻 稲次郎(たじり いなじろう、嘉永3年6月29日(1850年8月6日) - 大正12年(1923年)8月15日)は、日本の経済学者・政治家・官僚。元東京市長。専修学校(専修大学の前身)の創始者の一人である。子爵。
全国の京都府出身者    全国の鹿児島市(出生地京都府)出身者
慶應義塾大学出身      京都府出身の慶應義塾大学の出身者      全国の慶應義塾大学の出身者
国士舘高等学校出身      全国の国士舘高等学校の出身者
 25  岩谷松平    鹿児島県 薩摩川内市 出身Wikipedia
岩谷 松平(いわや まつへい 1850年6月[2] - 1920年3月10日)は薩摩国(鹿児島県)出身の実業家、政治家。岩谷商会会長。別名、岩谷天狗。
全国の鹿児島県出身者    全国の薩摩川内市出身者
 26  山本芳翠    岐阜県 恵那市 出身Wikipedia
山本 芳翠(やまもと ほうすい、嘉永3年7月5日(1850年8月12日) - 明治39年(1906年)11月15日)は、明治時代の日本の洋画家である。
全国の岐阜県出身者    全国の恵那市出身者
 27  河原要一    鹿児島県 鹿児島市 出身Wikipedia
河原 要一(かわはら よういち、1850年7月7日(嘉永3年5月28日) - 1926年(大正15年)12月17日)は、日本の武士・薩摩藩士、海軍軍人。官位は海軍中将正四位勲三等功四級。
全国の鹿児島県出身者    全国の鹿児島市出身者
 28  甲斐織衛Wikipedia
甲斐 織衛(かい おりえ、1850年7月27日(嘉永3年6月19日) - 1922年(大正11年)3月21日)は、明治期の貿易商、武士(中津藩士)、神戸商業講習所支配人。
慶應義塾大学出身      出身の慶應義塾大学の出身者      全国の慶應義塾大学の出身者
 29  一柳末徳Wikipedia
一柳 末徳(ひとつやなぎ すえのり、嘉永3年7月19日(1850年8月26日) - 大正11年(1922年)3月7日)は、播磨小野藩の第11代(最後)の藩主。
慶應義塾大学出身      出身の慶應義塾大学の出身者      全国の慶應義塾大学の出身者
 30  大島義昌    山口県 出身Wikipedia
大島 義昌(おおしま よしまさ、嘉永3年8月15日(1850年9月20日) - 大正15年(1926年)4月10日)は、日本の武士(長州藩士)、陸軍軍人、華族。関東都督、軍事参議官、第3師団長等を歴任する。官位は陸軍大将正二位勲一等功二級子爵。第90・96・97代内閣総理大臣の安倍晋三は玄孫にあたる(安倍の父方の祖母・本堂静子が大島の孫娘)。
全国の山口県出身者
 31  横田国臣Wikipedia
横田 国臣(よこた くにおみ、嘉永3年8月9日(1850年9月14日) - 大正12年(1923年)2月24日)は、明治・大正時代の司法官僚、法律家。法学博士。司法次官、検事総長、大審院院長(現在の最高裁判所長官)等を歴任。法典調査会第三部長(刑法起草責任者)。和仏法律学校(現法政大学)校長。位階勲等は正二位勲一等。爵位は男爵。
二松學舍大学出身      出身の二松學舍大学の出身者      全国の二松學舍大学の出身者
 32  九鬼隆一    兵庫県 出身Wikipedia
九鬼 隆一(くき りゅういち、嘉永3年8月7日(1850年9月12日) - 昭和6年(1931年)8月18日)は近代日本の官僚、政治家。位階は正二位、勲等は勲一等、爵位は男爵、賞杯は金杯一組。号は成海。
全国の兵庫県出身者
慶應義塾大学出身      兵庫県出身の慶應義塾大学の出身者      全国の慶應義塾大学の出身者
 33  横田国臣Wikipedia
横田 国臣(よこた くにおみ、嘉永3年8月9日(1850年9月14日) - 大正12年(1923年)2月24日)は、明治・大正時代の司法官僚、法律家。法学博士。司法次官、検事総長、大審院院長(現在の最高裁判所長官)等を歴任。法典調査会第三部長(刑法起草責任者)。和仏法律学校(現法政大学)校長。位階勲等は正二位勲一等。爵位は男爵。
慶應義塾大学出身      出身の慶應義塾大学の出身者      全国の慶應義塾大学の出身者
 34  今田束Wikipedia
今田 束(いまだ つかぬ、嘉永3年(1850年)9月 - 明治22年(1889年)11月22日)は、明治期の解剖学者、医師。日本の解剖学の草分け。従七位。
慶應義塾大学出身      出身の慶應義塾大学の出身者      全国の慶應義塾大学の出身者
 35  梨羽時起    山口県 出身Wikipedia
梨羽 時起(なしは ときおき、1850年9月24日(嘉永3年8月19日) - 1928年10月24日)は、日本海軍の軍人。最終階級は海軍中将。貴族院議員、男爵。
全国の山口県出身者
 36  高島北海    山口県 出身Wikipedia
高島 北海(たかしま ほっかい、嘉永3年9月26日(1850年10月31日) - 昭和6年(1931年)1月10日)は、明治~大正期の日本画家。本名は、得三(とくぞう)。なお長女に映画女優の高島愛子がいる。
全国の山口県出身者
 37  長谷川好道    山口県 出身Wikipedia
長谷川 好道(はせがわ よしみち、1850年10月1日(嘉永3年8月26日) - 1924年(大正13年)1月27日)は、日本の陸軍軍人。韓国駐剳軍司令官、参謀総長、朝鮮総督を歴任。官位は元帥陸軍大将・従一位・大勲位・功一級・伯爵。
全国の山口県出身者
 38  園田安賢    鹿児島県 出身Wikipedia
園田 安賢(そのだ やすかた、1850年10月6日(嘉永3年9月1日) - 1924年8月7日)は、幕末の薩摩藩士、明治から大正期の内務・警察官僚・政治家・実業家。貴族院議員、宮中顧問官、男爵。
全国の鹿児島県出身者
 39  片倉兼太郎    長野県 出身Wikipedia
片倉 兼太郎(かたくら かねたろう、嘉永2年11月29日 / グレゴリオ暦 : 1850年1月12日 - 1917年2月13日)は、日本の実業家、資本家である[2][3][4]。片倉組(現在の片倉工業)を設立、片倉財閥の基礎を築く[2][3][4]。兼太郎の名は3代目まで引き継がれたが、本稿では初代のみを扱う。
全国の長野県出身者
 40  矢島八郎    群馬県 出身Wikipedia
矢島 八郎(やじま はちろう、嘉永3年11月27日(1850年12月30日) - 大正10年(1921年)9月7日)は、日本の政治家。衆議院議員。初代高崎町長、初代高崎市長でもある。上野国新町出身。
全国の群馬県出身者
 41  相馬永胤    滋賀県 出身Wikipedia
相馬 永胤(そうま ながたね、1850年12月25日(嘉永3年11月22日) - 1924年(大正13年)1月26日)は日本の政治家、法学者、経済学者、代言人、横浜正金銀行頭取、専修学校創立者の一人・校長、専修大学創立者・初代学長。
全国の滋賀県出身者
コロンビア大学出身      滋賀県出身のコロンビア大学の出身者      全国のコロンビア大学の出身者
滋賀県立彦根東高等学校出身      全国の滋賀県立彦根東高等学校の出身者
 42  ジョン・ミルンWikipedia
ジョン・ミルン(John Milne、1850年12月30日 - 1913年7月31日)は、イギリス・リバプール出身の鉱山技師、地震学者、人類学者、考古学者。東京帝国大学名誉教授。日本地震学の基礎をつくった。
東京大学出身      全国の東京大学の出身者
 43  牛場卓蔵Wikipedia
牛場 卓蔵(うしば たくぞう、1850年(嘉永3年)12月 - 1922年(大正11年)3月5日)は、明治期から大正期のジャーナリスト、官僚、実業家、政治家。慶應義塾出身、衆議院議員、山陽鉄道取締役会長などを勤める。
慶應義塾大学出身      出身の慶應義塾大学の出身者      全国の慶應義塾大学の出身者
 44  高取伊好    佐賀県 出身Wikipedia
高取 伊好(たかとり これよし、1850年12月15日(嘉永3年11月12日) - 1927年(昭和2年)1月7日)は、明治時代に活躍した佐賀藩出身の実業家、炭鉱技術者である。漢詩も嗜み西渓と号した。正六位。
全国の佐賀県出身者
慶應義塾大学出身      佐賀県出身の慶應義塾大学の出身者      全国の慶應義塾大学の出身者
 45  塩屋方圀    石川県 出身Wikipedia
塩屋 方圀(しおや かたくに、1850年(嘉永2年12月) - 1914年(大正3年)11月11日)は、日本陸軍の軍人。最終階級は陸軍中将。
全国の石川県出身者
 46  田坂虎之助    広島県 出身Wikipedia
田坂 虎之助(たさか とらのすけ、1850年12月6日(嘉永3年11月3日) - 1933年(昭和8年)1月25日)は、日本陸軍の軍人。日本における測地測量の基礎を築いた。最終階級は陸軍少将。
全国の広島県出身者




スポンサーリンク




有名人ナビ 出身高校編

有名人ナビ 出身大学編

有名人ナビ 誕生日編

有名人ナビ 出身都道府県編





スポンサーリンク