トップページ >1848年生まれの有名人

このサイトに登録されている誕生日で有名人の数:89,185人


スポンサーリンク


このサイトに登録されている「1848年」生まれの有名人の数:42:人
 1  国吉真吉    沖縄県 久茂地村 出身Wikipedia
国吉 真吉(くによし しんきち、1848年 - 1926年)は、琉球王国時代から明治期にかけて活躍した沖縄県の武術家。
全国の沖縄県出身者    全国の久茂地村出身者
 2  山田藤吉    滋賀県 大津市 出身Wikipedia
山田 藤吉(やまだ とうきち、嘉永元年(1848年) - 慶応3年11月16日(1867年12月11日))は、日本の元力士。四股名は雲井龍。
全国の滋賀県出身者    全国の大津市出身者
 3  海老名リン    福島県 出身Wikipedia
海老名 リン(えびな りん、1848年(嘉永1年)- 1909年(明治42年)4月20日)は、日本の教育者である。福島県で保母の資格を取得した最初の人物であり、会津地方の幼児教育、女子教育に功績があった。婦人矯風会副会頭。
全国の福島県出身者
 4  高間省三Wikipedia
高間 省三(たかま しょうぞう、嘉永元年(1848年) - 慶応4年8月1日(1868年9月16日))は、江戸時代末期(幕末)の広島藩士。戊辰戦争で活躍。名は正忠。
修道高等学校出身      全国の修道高等学校の出身者
 5  内田晋斎Wikipedia
内田 晋斎(うちだ しんさい、嘉永元年(1848年) - 明治32年(1899年)5月12日)は、明治期の書体研究家、教科書編集者、啓蒙思想家。晋斎は号で、他に芳斎。本名は嘉一。明治24年には、日本で始めての特許開発者ともなったとされる。
慶應義塾大学出身      出身の慶應義塾大学の出身者      全国の慶應義塾大学の出身者
 6  宇加地新八Wikipedia
宇加地 新八(うかじ しんぱち、弘化5年(1848年) - 没年不明)は、幕末期の米沢藩士。最も早い憲法草案を建白した。
慶應義塾大学出身      出身の慶應義塾大学の出身者      全国の慶應義塾大学の出身者
 7  三輪光五郎Wikipedia
三輪 光五郎(みわ みつごろう、1848年(嘉永元年) - ?)は、明治期の武士(中津藩士)、恵比寿麦酒会社(恵比寿ビール)支配人。
慶應義塾大学出身      出身の慶應義塾大学の出身者      全国の慶應義塾大学の出身者
 8  末弘直方    鹿児島県 出身Wikipedia
末弘 直方(すえひろ なおかた、1848年1月30日(弘化4年12月25日) - 1920年(大正9年)[2])は、幕末の薩摩藩士、明治期の内務・警察官僚。官選県知事、函館区長、小倉市長、福岡県八幡市長。
全国の鹿児島県出身者
 9  渡辺洪基    福井県 出身Wikipedia
渡辺 洪基(わたなべ ひろもと / わたなべ こうき、1848年1月28日(弘化4年12月23日) - 1901年(明治34年)5月24日)は、日本の政治家、官僚、教育者。衆議院および貴族院議員、元老院議官、東京府知事、初代帝国大学総長、学習院次長、太政官法制部主事、駐オーストリア公使、日本建築学会会長等を歴任。1895年(明治28年)11月から死去まで慶應義塾評議員。「工手学校」を創立した。幼名を孝一郎。浩堂と号す。母の名は蔦埜(つたの)。正三位勲一等。
全国の福井県出身者
 10  日比谷平左衛門    新潟県 出身Wikipedia
日比谷 平左衛門(ひびや へいざえもん、弘化5年2月21日(1848年3月25日) - 大正10年(1921年)1月9日)は、明治期の紡績実業家。東京富士瓦斯紡績や日清紡績など紡績業に深く関わり、東京商業会議所副会頭を務めた。
全国の新潟県出身者
慶應義塾大学出身      新潟県出身の慶應義塾大学の出身者      全国の慶應義塾大学の出身者
 11  木原章六Wikipedia
木原 章六(きはら しょうろく、嘉永元年2月17日(1848年3月21日) - 1889年(明治22年)9月30日)は明治時代の日本の裁判官。諱は祐之。従五位勲六等。旧広島藩士。兵庫裁判所検事、東京控訴裁判所検事、宮城控訴裁判所検事長、大阪控訴裁判所検事、函館控訴裁判所判事、東京重罪裁判所長、東京控訴院評定官等を歴任。
修道高等学校出身      全国の修道高等学校の出身者
 12  石井鼎湖    千葉県 出身Wikipedia
石井 鼎湖(いしい ていこ、嘉永元年(1848年)3月‐明治30年(1897年)11月2日)は、明治時代の日本画家、版画家。
全国の千葉県出身者
 13  加納久宜    千葉県 一宮町 出身Wikipedia
加納 久宜(かのう ひさよし、嘉永元年3月19日(1848年4月22日) - 大正8年(1919年)2月26日)は、幕末の上総国一宮藩主、明治・大正時代の政治家である。子爵。鹿児島県知事、千葉県一宮町長、貴族院議員。十五銀行取締役。日本体育会会長、日本体育会体操学校(現日本体育大学)校長。全国農事会幹事長、帝国農会初代会長。産業組合中央会副会長。日本競馬会創設に尽力、「日本農政の父」と仰がれる。第92代内閣総理大臣・麻生太郎の曾祖父にあたる。
全国の千葉県出身者    全国の一宮町出身者
日本体育大学出身      千葉県出身の日本体育大学の出身者      全国の日本体育大学の出身者
 14  加納久宜Wikipedia
加納 久宜(かのう ひさよし、嘉永元年3月19日(1848年4月22日) - 大正8年(1919年)2月26日)は、幕末の上総国一宮藩主、明治・大正時代の政治家である。子爵。鹿児島県知事、千葉県一宮町長、貴族院議員。十五銀行取締役。日本体育会会長、日本体育会体操学校(現日本体育大学)校長。全国農事会幹事長、帝国農会初代会長。産業組合中央会副会長。日本競馬会創設に尽力、「日本農政の父」と仰がれる。
日本体育大学出身      出身の日本体育大学の出身者      全国の日本体育大学の出身者
 15  柳本直太郎    福井県 出身Wikipedia
柳本 直太郎(やなぎもと なおたろう、嘉永元年3月7日(1848年4月10日) - 大正2年(1913年)3月13日)は、江戸時代末期の越前福井藩士、明治時代の官吏、政治家。第一大学区第一番中学校(東京大学の前身)、東京外国語学校(東京外国語大学の前身)の校長、名古屋市長を歴任した。諱は直満、号は久斎。
全国の福井県出身者
慶應義塾大学出身      福井県出身の慶應義塾大学の出身者      全国の慶應義塾大学の出身者
 16  日高壮之丞    鹿児島県 出身Wikipedia
日高 壮之丞(ひだか そうのじょう、嘉永元年3月23日(1848年4月26日) - 昭和7年(1932年)7月24日)は、日本の海軍軍人。海軍大将勲一等功二級男爵。
全国の鹿児島県出身者
慶應義塾大学出身      鹿児島県出身の慶應義塾大学の出身者      全国の慶應義塾大学の出身者
 17  沖原光孚    山口県 出身Wikipedia
沖原 光孚(おきはら こうふ、1848年4月6日(嘉永元年3月3日) - 1931年9月11日)は、日本陸軍の軍人。最終階級は陸軍中将。男爵。
全国の山口県出身者
 18  福原有信    千葉県 館山市 出身Wikipedia
福原 有信(ふくはら ありのぶ、嘉永元年4月8日(1848年5月10日) - 大正13年(1924年)3月30日)は、第3代日本薬剤師会会長であり1872年に資生堂の前身である調剤薬局を銀座に開き、1897年には化粧品を発売した、資生堂の創業者である。
全国の千葉県出身者    全国の館山市出身者
 19  浅野総一郎    富山県 氷見市 出身Wikipedia
浅野 総一郎(淺野總一郎 あさの そういちろう、1848年4月13日(嘉永元年3月10日) - 1930年(昭和5年)11月9日)は日本の実業家。一代で浅野財閥を築いた。
全国の富山県出身者    全国の氷見市出身者
 20  沖牙太郎    広島県  沼田郡新庄村 出身Wikipedia
沖 牙太郎(おき きばたろう、1848年5月10日(嘉永元年4月8日) - 1906年(明治39年5月29日)は、明工舎(沖電気の前身)創業者。日本で初めて電気通信機器の製造・販売事業を興した技術者・実業家。
全国の広島県出身者    全国の 沼田郡新庄村出身者
 21  桜井規矩之左右    千葉県 佐倉市 出身Wikipedia
桜井 規矩之左右(さくらい きくのぞう、嘉永元年6月6日(1848年7月6日) - 大正元年(1912年)11月27日)は、大日本帝国海軍の軍人。海軍兵学校3期。最終階級は海軍少将。海軍砲術学校長、巡洋艦「比叡」「松島」「千歳」「橋立」の艦長を歴任。
全国の千葉県出身者    全国の佐倉市出身者
千葉県立佐倉高等学校出身      全国の千葉県立佐倉高等学校の出身者
 22  小川又次Wikipedia
小川 又次(おがわ またじ、嘉永元年7月24日(1848年8月22日) - 明治42年(1909年)10月20日)は、明治時代の陸軍軍人。陸軍大将正二位勲一等功二級子爵。幼名・助太郎。
福岡県立育徳館高等学校出身      全国の福岡県立育徳館高等学校の出身者
 23  土屋光春    愛知県 岡崎市 出身Wikipedia
土屋 光春(つちや みつはる、嘉永元年8月26日(1848年9月23日) - 1920年(大正9年)11月17日)は、明治時代~大正時代の陸軍軍人。階級及び位階勲等功級爵位は陸軍大将正三位勲一等功二級男爵。
全国の愛知県出身者    全国の岡崎市出身者
 24  鈴木長吉    埼玉県 坂戸市 出身Wikipedia
鈴木 長吉(すずき ちょうきち、 嘉永元年8月15日(1848年9月12日) - 大正8年(1919年)1月29日)は日本の金工家。号は鈴木嘉幸(かこう、よしゆき)。
全国の埼玉県出身者    全国の坂戸市出身者
 25  成田直衛    秋田県 北秋田市 出身Wikipedia
成田 直衛(なりた なおえ、嘉永元年9月8日[2](1848年10月4日) - 大正7年(1918年)12月29日[3])は、明治時代の代議士、秋田県議会初代議長。
全国の秋田県出身者    全国の北秋田市出身者
 26  外山正一Wikipedia
外山 正一(とやま まさかず、1848年10月23日(嘉永元年9月27日) - 1900年(明治33年)3月8日)は明治時代の日本の社会学者、教育者。文学博士。号は丶山(ちゅざん)。
正則高等学校出身      全国の正則高等学校の出身者
 27  上野理一    兵庫県 篠山市 出身Wikipedia
上野理一(うえの りいち、1848年10月29日(嘉永元年10月3日) - 1919年12月31日)は朝日新聞の社主・社長。数寄者としても有名で号を有竹と称す。
全国の兵庫県出身者    全国の篠山市出身者
兵庫県立篠山鳳鳴高等学校出身      全国の兵庫県立篠山鳳鳴高等学校の出身者
 28  大島久直    秋田県 出身Wikipedia
大島 久直(おおしま ひさなお、1848年10月1日(嘉永元年9月5日) - 1928年(昭和3年)9月27日)は、日本の陸軍軍人、華族。軍事参議官、教育総監、近衛師団長等を歴任し、官位は陸軍大将正二位勲一等功二級子爵に昇る。
全国の秋田県出身者
 29  益田孝    新潟県 出身Wikipedia
益田 孝(ますだ たかし、嘉永元年10月17日(1848年11月12日) - 昭和13年(1938年)12月28日)は、日本の実業家。草創期の日本経済を動かし、三井財閥を支えた実業家である。明治維新後世界初の総合商社・三井物産の設立に関わり、日本経済新聞の前身である中外物価新報を創刊した。茶人としても高名で鈍翁と号し、「千利休以来の大茶人」と称された。男爵。
全国の新潟県出身者
明治学院大学出身      新潟県出身の明治学院大学の出身者      全国の明治学院大学の出身者
明治学院高等学校出身      全国の明治学院高等学校の出身者
 30  桂太郎    山口県 出身Wikipedia
桂 太郎(かつら たろう、弘化4年11月28日(1848年1月4日) - 大正2年(1913年)10月10日)は、日本の武士(長州藩士)、陸軍軍人、政治家。階級は陸軍大将。位階勲等功級爵位は、従一位大勲位功三級公爵。諱は清澄(きよずみ)。幼名は寿熊、左中。号は海城。元老・井上馨とは義理の親子の関係。
全国の山口県出身者
 31  西澤之助    広島県  豊田郡戸野村 出身Wikipedia
西 澤之助(にし さわのすけ、西 沢之助、1848年11月13日(嘉永元年10月18日) - 1929年(昭和4年)10月5日)は、日本の実業家、教育者。日本女学校(現・相模女子大学)創立者。
全国の広島県出身者    全国の 豊田郡戸野村出身者
 32  川上操六    鹿児島県 出身Wikipedia
川上 操六(かわかみ そうろく、嘉永元年11月11日(1848年12月6日) - 明治32年(1899年)5月11日)は、日本の陸軍軍人、華族。官位は参謀総長・陸軍大将。栄典は従二位・勲一等・功二級・子爵。幼名宗之丞。長男の素一は陸軍少佐、娘は小原伝陸軍中将に嫁ぐ。桂太郎、児玉源太郎とともに、「明治陸軍の三羽烏」とされる。
全国の鹿児島県出身者
 33  佐久間恪二郎Wikipedia
三浦 啓之助(みうら けいのすけ、嘉永元年11月11日(1848年12月6日) - 明治10年(1877年)2月26日)は、日本の武士・新選組隊士。
慶應義塾大学出身      出身の慶應義塾大学の出身者      全国の慶應義塾大学の出身者
 34  高木貞作Wikipedia
高木 貞作(たかぎ ていさく、嘉永元年11月23日(1848年12月18日) - 昭和8年(1933年)1月14日)は、幕末の桑名藩士で、新選組隊士。後、商法講習所(現・一橋大学)で教鞭をとり、銀行家となる。通称、剛次郎。変名は神戸四郎。
一橋大学出身      出身の一橋大学の出身者      全国の一橋大学の出身者
 35  三宅秀    東京都 出身Wikipedia
三宅 秀(みやけ ひいず、嘉永元年11月17日(1848年12月12日) - 昭和13年(1938年)3月16日)は、日本の医師・洋学者・医学者・貴族院議員。東京大学で最初の医学博士、のち名誉教授。幼名は復一(またいち)。
全国の東京都出身者
明治学院高等学校出身      全国の明治学院高等学校の出身者
 36  東郷平八郎    鹿児島県 鹿児島市 出身Wikipedia
東郷 平八郎(とうごう へいはちろう、弘化4年12月22日(1848年1月27日) - 昭和9年(1934年)5月30日)は、日本の幕末から明治時代の薩摩藩士、軍人。階級は元帥海軍大将。栄典は従一位大勲位功一級侯爵。
全国の鹿児島県出身者    全国の鹿児島市出身者
 37  鳥尾小弥太    山口県 出身Wikipedia
鳥尾 小弥太(とりお こやた、弘化4年12月5日(1848年1月10日) - 明治38年(1905年)4月13日)は、日本の陸軍軍人、政治家。陸軍中将正二位勲一等子爵。諱は照光、のち敬高(孝)。幼名は一之助。通称は百太郎、鳳輔など。号は得庵居士、不識道人など。
全国の山口県出身者
 38  鮫島武之助    鹿児島県 出身Wikipedia
鮫島 武之助(さめしま たけのすけ、1848年12月5日(嘉永元年11月10日) - 1931年(昭和6年)2月20日)は、明治時代の官僚・政治家。貴族院議員ならびに伊藤博文内閣における内閣書記官長。鹿児島城下山之口馬場の薩摩藩藩医、鮫島淳愿の三男として鹿児島に生まれる。鮫島尚信の弟。
全国の鹿児島県出身者
慶應義塾大学出身      鹿児島県出身の慶應義塾大学の出身者      全国の慶應義塾大学の出身者
 39  福西志計子    岡山県 出身Wikipedia
福西志計子(ふくにし しげこ、弘化4年12月13日(1848年1月18日) - 明治31年(1898年)8月21日[2])は、日本の教育者、キリスト教信徒。幼名(本名)は福西繁(ふくにし しげ)[3][4]であり、信仰者・教育者として職に携わるにあたっては名を読み替えて志計(しげ)ないしは志計子(しげこ)と名乗る[3][4][注 5]。 岡山県高梁市において岡山県初の女学校[注 6]である順正女学校を設立した事により、同地において女子中等教育の実践を通し高等教育普及の礎を築いた人物。
全国の岡山県出身者
 40  近藤廉平    徳島県 出身Wikipedia
近藤 廉平(こんどう れんぺい、1848年12月20日(嘉永元年11月25日) - 1921年(大正10年)2月9日)は、日本の男爵。徳島藩士、日清汽船社長[1]、日本郵船会社社長、貴族院男爵議員。
全国の徳島県出身者
慶應義塾大学出身      徳島県出身の慶應義塾大学の出身者      全国の慶應義塾大学の出身者
 41  高橋琢也Wikipedia
高橋 琢也(たかはし たくや、弘化4年12月17日(1848年1月22日) - 昭和10年(1935年)1月20日)は、日本の官僚。貴族院議員[1]。沖縄県知事(第6代)。東京医科大学創立者[2]。広島県平民[3]。
東京医科大学出身      出身の東京医科大学の出身者      全国の東京医科大学の出身者
 42  高橋琢也    広島県  安芸郡牛田村 出身Wikipedia
高橋 琢也(たかはし たくや、弘化4年12月17日(1848年1月22日) - 昭和10年(1935年)1月20日)は、日本の官僚。貴族院議員。沖縄県知事(第6代)。東京医科大学創立者[2]。広島県平民[3]。
全国の広島県出身者    全国の 安芸郡牛田村出身者
東京医科大学出身      広島県出身の東京医科大学の出身者      全国の東京医科大学の出身者




スポンサーリンク




有名人ナビ 出身高校編

有名人ナビ 出身大学編

有名人ナビ 誕生日編

有名人ナビ 出身都道府県編





スポンサーリンク