トップページ >1847年生まれの有名人

このサイトに登録されている誕生日で有名人の数:89,185人


スポンサーリンク


このサイトに登録されている「1847年」生まれの有名人の数:41:人
 1  濤川惣助    千葉県 下総国鶴巻村(現・千葉県旭市) 出身Wikipedia
濤川 惣助(なみかわ そうすけ、弘化4年(1847年) - 明治43年(1910年)2月9日)は、日本の七宝家。東京を中心にして活躍、無線七宝による絵画的表現を特色とし、京都で活躍した並河靖之と共に二人のナミカワと並び評された。
全国の千葉県出身者    全国の下総国鶴巻村(現・千葉県旭市)出身者
 2  函館大経    北海道 様似町 出身Wikipedia
函館 大経(はこだて だいけい〈ひろつねと読むこともある〉、1847年 - 1907年)は、日本のホースマンの始祖のひとりとされる人物。元大日本帝国陸軍軍人、北海道開拓使職員、北海道庁職員。
全国の北海道出身者    全国の様似町出身者
 3  山田揆一    岩手県 一関市 出身Wikipedia
山田 揆一(やまだ きいち、弘化4年(1847年) - 大正12年(1923年)1月5日)は、大正時代に仙台市長を務めた人物である。
全国の岩手県出身者    全国の一関市出身者
 4  海部壮平    愛知県 出身Wikipedia
海部 壮平(かいふ そうへい、1847年(弘化4年) - 1895年(明治28年))は、幕末の尾張藩藩士。藩の砲術師範であったが、弟・海部正秀とともに名古屋コーチンを作出したことで知られる。
全国の愛知県出身者
 5  佐藤助九郎Wikipedia
佐藤助九郎(さとう すけくろう、1847年(弘化4年)- 1904年(明治37年))は、富山県砺波郡柳瀬(現砺波市)生まれの実業家。総合建設会社(ゼネコン)の佐藤工業株式会社創業者。
学習院大学出身      出身の学習院大学の出身者      全国の学習院大学の出身者
 6  小渕志ち    群馬県 出身Wikipedia
小渕志ち(おぶち しち、1847年(弘化4年) - 1929年(昭和4年))は、三河地方の絹製糸工業に多大な貢献をしたと伝えられる人物である。
全国の群馬県出身者
 7  佐藤助九郎    富山県 砺波市 出身Wikipedia
佐藤 助九郎(さとう すけくろう、1847年(弘化4年)- 1904年(明治37年))は、富山県砺波郡柳瀬(現砺波市)生まれの実業家。総合建設会社(ゼネコン)の佐藤工業株式会社創業者。
全国の富山県出身者    全国の砺波市出身者
学習院大学出身      富山県出身の学習院大学の出身者      全国の学習院大学の出身者
 8  松尾三代太郎Wikipedia
松尾 三代太郎(まつお みよたろう、弘化4年(1847年) - 大正元年(1912年))は、紀州藩出身の陸軍大尉、甲申政変に関与した独立運動家。紀州きっての剣客で、朴泳孝の剣術師範を務めた。号は童阿弥。
慶應義塾大学出身      出身の慶應義塾大学の出身者      全国の慶應義塾大学の出身者
 9  折田平内    鹿児島県 出身Wikipedia
折田 平内(おりた へいない、1847年1月23日(弘化3年12月7日) - 1905年5月7日)は、明治時代の政治家。薩摩藩士。開拓使大書記官、内務書記官、警視総監を務め、山形県令、福島・栃木・広島・滋賀県知事など多くの官選知事を歴任。後に貴族院勅選議員となる。
全国の鹿児島県出身者
 10  折田平内    鹿児島県 出身Wikipedia
折田 平内(おりた へいない、1847年1月23日(弘化3年12月7日) - 1905年5月7日)は、明治時代の政治家。薩摩藩士。開拓使大書記官、内務書記官、警視総監を務め、山形県令、福島・栃木・広島・滋賀県知事など多くの官選知事を歴任。後に貴族院勅選議員となる。
全国の鹿児島県出身者
 11  トーマス・エジソンWikipedia
トーマス・アルバ・エジソン(英語: Thomas Alva Edison, 英語発音: [ˈtɑməs ˈælvə ˈedəs(ə)n](トマス・アルヴァ・エディスン)[注 1], 1847年2月11日 - 1931年10月18日)は、アメリカ合衆国の発明家、起業家。
千葉工業大学出身      全国の千葉工業大学の出身者
 12  河島醇    鹿児島県 出身Wikipedia
河島 醇(かわしま あつし / じゅん、弘化4年3月6日(1847年4月20日) - 明治44年(1911年)4月28日)は、幕末から明治時代に活躍した武士(薩摩藩士)、官僚、政治家。衆議院議員、貴族院議員。幼名・新之丞。
全国の鹿児島県出身者
 13  三浦仙三郎    広島県  豊田郡三津村 出身Wikipedia
三浦 仙三郎(みうら せんざぶろう、1847年3月8日〈弘化4年1月22日〉 - 1908年〈明治41年〉8月15日)は、日本の酒造家。1887年(明治20年)創案した軟水による酒醸造法「三浦式醸造法」は、天下の名酒広島酒発展の基礎を築いた[2]。「吟醸酒の父」ともいわれる[3]。また酒造りの傍ら、村会議員、三津町長および町会議員としても活躍した。
全国の広島県出身者    全国の 豊田郡三津村出身者
 14  内藤鳴雪    東京都 出身Wikipedia
内藤鳴雪(ないとう めいせつ、1847年5月29日(弘化4年4月15日) - 1926年(大正15年)2月20日)は、幕末の伊予松山藩の武士、明治期の官吏、明治・大正期の俳人。幼名助之進、元服して師克(もろかつ)、のち素行(もとゆき)。俳号の『鳴雪』は、『何事も成行きに任す』の、当て字という。
全国の東京都出身者
愛媛県立松山東高等学校出身      全国の愛媛県立松山東高等学校の出身者
 15  塚原周造Wikipedia
塚原 周造(つかはら しゅうぞう、1847年6月3日(弘化4年4月20日) - 1927年(昭和2年)9月14日)は、明治期の官僚、商船学校校長、東洋汽船、日本海員掖済会創立者。号は夢丹。
慶應義塾大学出身      出身の慶應義塾大学の出身者      全国の慶應義塾大学の出身者
 16  久保田譲    兵庫県 出身Wikipedia
久保田 譲(くぼた ゆずる、1847年6月22日(弘化4年5月10日) - 1936年(昭和11年)4月14日)は、近代日本の文部官僚、政治家。文部省草創の頃から行政に携わり、議定官、枢密顧問官、文部次官、貴族院勅選議員、文部大臣などを歴任した。位階勲等は正二位勲一等。男爵。
全国の兵庫県出身者
東京外国語大学出身      兵庫県出身の東京外国語大学の出身者      全国の東京外国語大学の出身者
 17  久保田譲    兵庫県 出身Wikipedia
久保田 譲(くぼた ゆずる、1847年6月22日(弘化4年5月10日) - 1936年(昭和11年)4月14日)は、近代日本の文部官僚、政治家。文部省草創の頃から行政に携わり、議定官、枢密顧問官、文部次官、貴族院勅選議員、文部大臣などを歴任した。位階勲等は正二位勲一等。男爵。
全国の兵庫県出身者
慶應義塾大学出身      兵庫県出身の慶應義塾大学の出身者      全国の慶應義塾大学の出身者
 18  白峰駿馬Wikipedia
白峰 駿馬(しらみね しゅんま、1847年6月17日(弘化4年5月5日) - 1909年(明治42年)4月1日)は、幕末の武士、実業家。初名は鵜殿豊之進。
慶應義塾大学出身      出身の慶應義塾大学の出身者      全国の慶應義塾大学の出身者
 19  土居光華    兵庫県 出身Wikipedia
土居 光華(どい こうか、弘化4年6月24日(1847年8月4日) - 大正7年(1918年)12月11日は、日本のジャーナリスト、作家、翻訳家、出版人、政治家。衆議院議員。
全国の兵庫県出身者
 20  和田郁次郎    広島県 出身Wikipedia
和田 郁次郎(わだ いくじろう、幼名:山田 徳蔵、弘化4年(1847年)7月12日 - 昭和3年(1928年)11月6日)は、北海道の開拓者として知られる日本の実業家。北海道への集団移住の草分けとなり、現在の北広島市にあたる北海道広島村の創始者となった。
全国の広島県出身者
 21  森有礼    鹿児島県 鹿児島市 出身Wikipedia
森 有礼(もり ありのり、正字体:森有禮、弘化4年7月13日(1847年8月23日) - 明治22年(1889年)2月12日)は、日本の武士(薩摩藩士)、外交官、政治家。初代文部大臣を務めた他、一橋大学を創設し、明六社会長、東京学士会院初代会員を務め、明治六大教育家に数えられる。正二位子爵。通称は助五郎、金之丞。
全国の鹿児島県出身者    全国の鹿児島市出身者
 22  飯田俊徳    山口県 出身Wikipedia
飯田 俊徳(いいだ としのり、1847年8月5日(弘化4年6月25日) - 1923年(大正12年)8月27日)は、日本の鉄道の父といわれる井上勝らと共に、日本の鉄道敷設に努めた明治時代の官僚、技術者である。山口県萩市出身。元長州藩士。
全国の山口県出身者
 23  尾崎伊兵衛    静岡県 静岡市 出身Wikipedia
尾崎伊兵衛(おざき いへえ、弘化4年(1847年)8月15日 - 昭和4年(1926年)7月21日)は、静岡県の実業家。製茶貿易業。
全国の静岡県出身者    全国の静岡市出身者
 24  中川源吾    滋賀県 高島市 出身Wikipedia
中川 源吾(なかがわ げんご、弘化4年8月18日(1847年9月27日) - 大正12年(1923年)5月26日)は、琵琶湖の水産業者、水産資源保護のため養殖を推進した。
全国の滋賀県出身者    全国の高島市出身者
 25  井上操    長野県 出身Wikipedia
井上 操(いのうえ みさお、弘化4年9月20日(1847年10月28日) - 明治38年(1905年)2月23日)は、日本の法律家。
全国の長野県出身者
 26  外松孫太郎    和歌山県 出身Wikipedia
外松 孫太郎(とまつ まごたろう、1847年9月10日(弘化4年8月1日) - 1926年7月13日)は、日本陸軍の軍人。最終階級は陸軍主計総監(のちの主計中将)。貴族院議員、男爵。
全国の和歌山県出身者
 27  菊池九郎    青森県 出身Wikipedia
菊池 九郎(きくち くろう、1847年10月26日(弘化4年9月18日) - 1926年(大正15年)1月1日)は、日本の武士(弘前藩士)、教育者、官吏、政治家。東奥義塾創立者。新聞『東奥日報』創刊者。東津軽郡郡長、初代・第7代弘前市長、山形県知事、農商務省農務局長、衆議院全院委員長等を歴任。諱は武行。
全国の青森県出身者
慶應義塾大学出身      青森県出身の慶應義塾大学の出身者      全国の慶應義塾大学の出身者
 28  西島助義    山口県 出身Wikipedia
西島 助義(にしじま すけよし、1847年10月11日(弘化4年9月3日) - 1933年(昭和8年)2月8日)は、日本の陸軍軍人。通称は吉太郎。陸軍中将正二位勲一等功二級男爵。
全国の山口県出身者
 29  荘田平五郎    大分県 出身Wikipedia
荘田 平五郎(しょうだ へいごろう、弘化4年10月1日(1847年11月8日) - 大正11年(1922年)4月30日)は豊後・臼杵藩出身の明治・大正期の三菱財閥の実業家、教育者。長崎造船所第2代所長、三菱造船所支配人等を経て三菱合資会社支配人、日本郵船支配人、東京海上火災保険会社会長等三菱の要職を歴任して大番頭といわれた。海員掖済会や日本勧業銀行、満鉄等の創立にも携わり、三菱商業学校(明治義塾)校長、三菱工業予備学校所長として三菱社員の教育にあたった。
全国の大分県出身者
慶應義塾大学出身      大分県出身の慶應義塾大学の出身者      全国の慶應義塾大学の出身者
 30  菊池九郎Wikipedia
菊池 九郎(きくち くろう、1847年10月26日(弘化4年9月18日) - 1926年(大正15年)1月1日)は、日本の武士(弘前藩士)、教育者、官吏、政治家。東奥義塾創立者。新聞『東奥日報』創刊者。東津軽郡郡長、初代・第7代弘前市長、山形県知事、農商務省農務局長、衆議院全院委員長等を歴任。諱は武行。
慶應義塾大学出身      出身の慶應義塾大学の出身者      全国の慶應義塾大学の出身者
 31  中江兆民    高知県 出身Wikipedia
中江 兆民(なかえ ちょうみん、弘化4年11月1日(1847年12月8日) - 明治34年(1901年)12月13日)は、日本の思想家、ジャーナリスト、政治家(衆議院議員)。フランスの思想家ジャン=ジャック・ルソーを日本へ紹介して自由民権運動の理論的指導者となった事で知られ、東洋のルソーと評される。衆議院当選1回、第1回衆議院議員総選挙当選者の一人。兆民は号で、「億兆の民」の意味。「秋水」とも名乗り、弟子の幸徳秋水(伝次郎)に譲り渡している。また、他の号に青陵、木強生がある。名は篤介(とくすけ、篤助)。幼名は竹馬。
全国の高知県出身者
二松學舍大学出身      高知県出身の二松學舍大学の出身者      全国の二松學舍大学の出身者
 32  中江兆民Wikipedia
中江 兆民(なかえ ちょうみん、弘化4年11月1日(1847年12月8日) - 明治34年(1901年)12月13日)は、日本の思想家、ジャーナリスト、政治家(衆議院議員)。フランスの思想家ジャン=ジャック・ルソーを日本へ紹介して自由民権運動の理論的指導者となった事で知られ、東洋のルソーと評される。衆議院当選1回、第1回衆議院議員総選挙当選者の一人。兆民は号で、「億兆の民」の意味。「秋水」とも名乗り、弟子の幸徳秋水(伝次郎)に譲り渡している。名は篤介(とくすけ、篤助)。幼名は竹馬。
東京外国語大学出身      出身の東京外国語大学の出身者      全国の東京外国語大学の出身者
 33  三浦梧楼    山口県 出身Wikipedia
三浦 梧楼(梧樓)(みうら ごろう、弘化3年11月15日(1847年1月1日) - 大正15年(1926年)1月28日)は、日本の武士、陸軍軍人、政治家。最終階級は陸軍中将。栄典は従一位勲一等子爵。号は観樹。
全国の山口県出身者
学習院大学出身      山口県出身の学習院大学の出身者      全国の学習院大学の出身者
 34  三浦梧楼    山口県 出身Wikipedia
三浦 梧楼(梧樓)(みうら ごろう、弘化3年11月15日(1847年1月1日) - 大正15年(1926年)1月28日)は、日本の武士、軍人、政治家。最終階級は陸軍中将。栄典は従一位勲一等子爵。号は観樹。
全国の山口県出身者
学習院大学出身      山口県出身の学習院大学の出身者      全国の学習院大学の出身者
 35  奥保鞏Wikipedia
奥 保鞏(おく やすかた、弘化3年11月19日(1847年1月5日) - 昭和5年(1930年)7月19日)は、明治の陸軍軍人。官位は元帥陸軍大将従一位大勲位功一級伯爵。
福岡県立育徳館高等学校出身      全国の福岡県立育徳館高等学校の出身者
 36  中江兆民Wikipedia
中江 兆民(なかえ ちょうみん、弘化4年11月1日(1847年12月8日) - 明治34年(1901年)12月13日)は、日本の思想家、ジャーナリスト、政治家(衆議院議員)。フランスの思想家ジャン=ジャック・ルソーを日本へ紹介して自由民権運動の理論的指導者となった事で知られ、東洋のルソーと評される。衆議院当選1回、第1回衆議院議員総選挙当選者の一人。兆民は号で、「億兆の民」の意味。「秋水」とも名乗り、弟子の幸徳秋水(伝次郎)に譲り渡している。名は篤介(とくすけ、篤助)。幼名は竹馬。
二松學舍大学出身      出身の二松學舍大学の出身者      全国の二松學舍大学の出身者
 37  曽根俊虎    山形県 出身Wikipedia
曾根 俊虎(そね としとら、1847年11月13日〈弘化4年10月6日〉 - 1910年〈明治43年〉5月21日)は、幕末期の武士(米沢藩士)、大日本帝国海軍大尉、号は暗雲、中国名は曾嘯雲。幼名は小太郎。近代日本史におけるアジア主義の中の最重要人物とされ、興亜会の創立者としてよく知られている。
全国の山形県出身者
慶應義塾大学出身      山形県出身の慶應義塾大学の出身者      全国の慶應義塾大学の出身者
 38  大槻文彦    岩手県 出身Wikipedia
大槻 文彦(おおつき ふみひこ、弘化4年11月15日(1847年12月22日) - 1928年2月17日)は、日本の国語学者。明六社会員。帝国学士院会員。本名は清復、通称は復三郎、号は復軒。
全国の岩手県出身者
 39  美当一調    熊本県 出身Wikipedia
美当 一調(びとう いっちょう、1847年(弘化4年)12月22日 - 1928年(昭和3年)11月16日)は、明治時代に九州地方で活躍した講談(軍談)師。肥後国(現熊本県)生まれ。本名の尾藤新也でも活動する。 講談に三味線を加えた形式で、主に日清戦争、日露戦争などを題材として「忠君愛国」「仁義忠孝」を歌うものとして高く評価され、 後に九州から日本全国を制覇した桃中軒雲右衛門を通じ、浪花節の成立に大きな影響を与えた。
全国の熊本県出身者
 40  塚本勝嘉    岐阜県 出身Wikipedia
塚本 勝嘉(つかもと かつよし、1847年12月27日(弘化4年11月20日) - 1912年1月15日)は、日本陸軍の軍人。最終階級は陸軍中将。男爵。幼名・琢磨。
全国の岐阜県出身者
 41  早速勝三    広島県 出身Wikipedia
早速勝三(はやみ かつぞう、1847年12月2日(弘化4年10月25日) - 1918年(大正7年)11月6日は、明治、大正期の広島県の実業家。芸備日日新聞社主、宮島連絡船を開設した人物である。
全国の広島県出身者




スポンサーリンク




有名人ナビ 出身高校編

有名人ナビ 出身大学編

有名人ナビ 誕生日編

有名人ナビ 出身都道府県編





スポンサーリンク