トップページ >1846年生まれの有名人

このサイトに登録されている誕生日で有名人の数:89,185人


スポンサーリンク


このサイトに登録されている「1846年」生まれの有名人の数:23:人
 1  中江種造    兵庫県 豊岡市 出身Wikipedia
中江 種造(なかえ たねぞう、1846年(弘化3年) - 1931年(昭和6年)3月27日)は、古河財閥を興す礎となり「鉱山王」とよばれた人物。
全国の兵庫県出身者    全国の豊岡市出身者
 2  千田兵衛    青森県 出身Wikipedia
千田兵衛(せんだ ひょうえ、弘化3年(1846年) - 慶応4年8月21日(1868年10月6日))は、陸奥国弘前藩出身の新選組隊士。歩兵差図役下役。
全国の青森県出身者
 3  諸戸清六(初代)    三重県 木曽岬町→桑名市 出身Wikipedia
諸戸 清六(もろと せいろく 1846年 - 1906年)は、日本の実業家。
全国の三重県出身者    全国の木曽岬町→桑名市出身者
 4  武部小四郎Wikipedia
武部 小四郎(たけべ こしろう、弘化3年7月(1846年) - 明治10年(1877年)5月3日)は、幕末の福岡藩士、勤皇家、自由民権運動家。名は(建部)自成。通称は小四郎、燕之允。父は建部武彦、伯父に黒田一葦(母の兄)、従兄弟に加藤堅武(父の妹の子)が居る。
福岡県立修猷館高等学校出身      全国の福岡県立修猷館高等学校の出身者
 5  熊谷辰太郎Wikipedia
熊谷 辰太郎(くまがや たつたろう、1846年(弘化3年) - ?)は、明治期の日本の銀行家。
慶應義塾大学出身      出身の慶應義塾大学の出身者      全国の慶應義塾大学の出身者
 6  名児耶六都Wikipedia
名児耶 六都(なごや むつ、1846年(弘化3年) - ?)は、明治期の官僚、教育者。旧越後長岡藩士族。実家は同藩の家老を連綿する家の一つ牧野頼母の庶子。『三百藩家臣人名辞典4』では名児耶六弥。
慶應義塾大学出身      出身の慶應義塾大学の出身者      全国の慶應義塾大学の出身者
 7  川口武定    和歌山県 出身Wikipedia
川口 武定(かわぐち たけさだ、弘化3年1月26日(1846年2月21日) - 大正7年(1918年)1月19日)は、日本の官僚、陸軍及び海軍軍人。海軍主計総監(のちの主計中将)、貴族院議員。男爵。
全国の和歌山県出身者
 8  草郷清四郎Wikipedia
草郷 清四郎(そうごう せいしろう、1846年1月28日(弘化3年1月2日) - 1924年(大正13年)8月9日)は、幕末紀州藩の重臣、実業家、大学東校総幹事などを務めた。
慶應義塾大学出身      出身の慶應義塾大学の出身者      全国の慶應義塾大学の出身者
 9  西寛二郎    鹿児島県 出身Wikipedia
西 寛二郎(にし かんじろう、弘化3年3月10日(1846年4月5日) - 1912年(明治45年)1月27日)は、日本の陸軍軍人。教育総監、遼東守備軍司令官、軍事参議官等を歴任する。官位は陸軍大将正二位勲一等功一級子爵。
全国の鹿児島県出身者
 10  滋野清彦    山口県 出身Wikipedia
滋野 清彦(しげの きよひこ、1846年3月5日(弘化3年2月8日) - 1896年9月16日)は、日本陸軍の軍人。陸軍中将従三位勲一等男爵。通称は謙太郎や謙太、字は公美、号は生雲山人。初名は真田市太郎、真弓田七助など。
全国の山口県出身者
 11  渡辺国武    長野県 出身Wikipedia
渡辺 国武(渡邊 國武、わたなべ くにたけ、1846年3月29日(弘化3年3月3日) - 1919年(大正8年)5月11日)は、日本の官僚、政治家。子爵。旧姓は小池。第2次伊藤内閣の大蔵大臣、逓信大臣、第4次伊藤内閣の大蔵大臣を歴任した。兄は伯爵渡辺千秋。
全国の長野県出身者
 12  山口素臣    山口県 出身Wikipedia
山口 素臣(やまぐち もとおみ、弘化3年5月15日(1846年6月8日) - 1904年(明治37年)8月7日)は、日本の陸軍軍人、華族。第5師団長、歩兵第3・10旅団長を歴任し数々の戦役に悉く従軍した事から「戦将中の戦将」と評された。階級は陸軍大将従三位勲一等功二級子爵。
全国の山口県出身者
 13  丹羽賢    愛知県 名古屋市 出身Wikipedia
丹羽 賢(にわ まさる、弘化3年閏5月3日(1846年6月26日) - 明治11年(1878年)3月20日)は尾張藩の勤王運動家、明治期の官吏。
全国の愛知県出身者    全国の名古屋市出身者
 14  井出猪之助Wikipedia
井出 猪之助(いで いのすけ、弘化3年5月17日(1846年) - 大正4年8月10日(1915年))は、日本の武士(備後福山藩士)、官吏、教育者。別名:菊池忠英。
慶應義塾大学出身      出身の慶應義塾大学の出身者      全国の慶應義塾大学の出身者
 15  中島信行    高知県 出身Wikipedia
中島 信行(なかじま のぶゆき、弘化3年8月15日(1846年10月5日) - 明治32年(1899年)3月26日)は、日本の政治家。男爵。通称は作太郎。長男は中島久万吉。最初の妻は陸奥宗光の妹中島初穂(1877年死去)で、後妻は女性解放運動家の岸田俊子。
全国の高知県出身者
 16  箕作麟祥    東京都 出身Wikipedia
箕作 麟祥(みつくり りんしょう / あきよし、1846年9月19日(弘化3年7月29日) - 1897年(明治30年)11月29日)は明治時代の日本の洋学者、法学者、官僚。男爵、法学博士。
全国の東京都出身者
 17  箕作麟祥    岡山県 美作国津山※生まれは東京都 出身Wikipedia
箕作 麟祥(みつくり りんしょう / あきよし、1846年9月19日(弘化3年7月29日) - 1897年(明治30年)11月29日)は明治時代の日本の洋学者、法学者、官僚。男爵、法学博士。
全国の岡山県出身者    全国の美作国津山※生まれは東京都出身者
 18  藤田正方    福井県 出身Wikipedia
藤田 正方(ふじた まさかた、1846年(弘化3年)9月12日 -1886年(明治19年)9月9日)は明治期の医師。旧丸岡藩医。1880年(明治13年)東京薬科大学の前身である「私立東京薬舗学校」を創設し校長に就任したが、数年後コレラに冒され40歳で急逝した [2]。
全国の福井県出身者
 19  雨宮敬次郎    山梨県 出身Wikipedia
雨宮 敬次郎(あめのみや けいじろう、あめみや けいじろう、弘化3年9月5日(1846年10月24日) - 1911年(明治44年)1月20日)は日本の実業家・投資家。「天下の雨敬」「投機界の魔王」と呼ばれた。
全国の山梨県出身者
 20  今村和郎    高知県 出身Wikipedia
今村 和郎(いまむら わろう、1846年10月22日(弘化3年9月3日) - 1891年(明治24年)5月4日)は、明治期の官僚、政治家。貴族院勅選議員。官位は正四位勲五等。
全国の高知県出身者
 21  内藤魯一    福島県 出身Wikipedia
内藤 魯一(ないとう ろいち、弘化3年10月6日(1846年11月24日) - 明治44年(1911年)6月29日)は、幕末から明治にかけて活躍した自由民権家。衆議院議員(立憲政友会)。
全国の福島県出身者
 22  清水誠 (実業家)    石川県 出身Wikipedia
清水 誠(しみず まこと、弘化2年12月25日(1846年1月22日) - 明治32年(1899年)2月8日)は、明治時代の実業家。マッチの製造で知られる。
全国の石川県出身者
 23  小林雄七郎Wikipedia
小林 雄七郎(こばやし ゆうしちろう、弘化2年12月23日(1846年1月20日) - 明治24年(1891年)4月4日)は、幕末期の越後長岡藩士、明治期の官吏、衆議院議員。
慶應義塾大学出身      出身の慶應義塾大学の出身者      全国の慶應義塾大学の出身者




スポンサーリンク




有名人ナビ 出身高校編

有名人ナビ 出身大学編

有名人ナビ 誕生日編

有名人ナビ 出身都道府県編





スポンサーリンク