トップページ >1845年生まれの有名人

このサイトに登録されている誕生日で有名人の数:89,185人


スポンサーリンク


このサイトに登録されている「1845年」生まれの有名人の数:42:人
 1  佐々木愛次郎    大阪府 出身Wikipedia
佐々木 愛次郎(ささき あいじろう、弘化2年(1845年) - 文久3年8月2日(1863年9月14日))は、新撰組隊士。美男五人衆の一人
全国の大阪府出身者
 2  山岡景命    滋賀県 大津市 出身Wikipedia
山岡 景命(やまおか かげのぶ、弘化2年(1845年) - 大正12年(1923年)9月15日)は、滋賀県最初の新聞『滋賀新聞』創刊者の一人。
全国の滋賀県出身者    全国の大津市出身者
 3  小出光照    福島県 出身Wikipedia
小出 光照(こいで みつてる、弘化2年(1845年) - 明治7年(1874年)2月18日)は、幕末の会津藩士、明治時代の地方官吏である。通称は鉄之助、号は斗南。
全国の福島県出身者
 4  小林乾一郎    宮崎県 出身Wikipedia
小林 乾一郎(こばやし けんいちろう、弘化2年(1845年) - 昭和4年(1929年)1月)は、日本の教育家、政治家。後の延岡市長鈴木憲太郎の実父。
全国の宮崎県出身者
 5  立田革Wikipedia
立田 革(たてだ かく、1845年(弘化2年) - ?)は、明治期の官僚。
慶應義塾大学出身      出身の慶應義塾大学の出身者      全国の慶應義塾大学の出身者
 6  飯塚西湖Wikipedia
飯塚 西湖(いいづか せいこ、弘化2年(1845年) - 昭和4年(1929年)12月6日)は、松江藩出身の明治期の漢詩人、法律学士。元の名は、飯塚静庵(せいあん)でのちに飯塚納(おさむ)と名を改める。西湖は号で、字は脩平。
慶應義塾大学出身      出身の慶應義塾大学の出身者      全国の慶應義塾大学の出身者
 7  笹森儀助    青森県 旧在府町 出身Wikipedia
笹森 儀助(ささもり ぎすけ、弘化2年1月25日(1845年3月3日) - 大正4年(1915年)9月29日)は日本の探検家、政治家、実業家。当時の日本において辺境の地であり、その実態がほとんど分かっていなかった南西諸島や千島列島を調査した他、奄美大島の島司や第2代青森市長も務めている。
全国の青森県出身者    全国の旧在府町出身者
 8  堀江佐吉    青森県 旧覚仙町 出身Wikipedia
堀江 佐吉(ほりえ さきち、弘化2年2月3日(1845年3月10日) - 明治40年(1907年)8月18日)は明治時代の青森県において洋風建築を多く手がけた大工棟梁である。青森県弘前市出身。
全国の青森県出身者    全国の旧覚仙町出身者
 9  石黒忠悳    新潟県 小千谷市 出身Wikipedia
石黒 忠悳(いしぐろ ただのり、弘化2年2月11日(1845年3月18日) - 1941年(昭和16年)4月26日)は、明治時代の日本陸軍軍医、日本赤十字社社長。草創期の軍医制度を確立した。爵位は子爵。
全国の新潟県出身者    全国の小千谷市出身者
 10  野村貞    新潟県 出身Wikipedia
野村 貞(のむら てい / ただし、1845年2月22日(弘化2年1月16日) - 1899年(明治32年)5月4日)は、日本の武士(越後長岡藩士)、海軍軍人。日清戦争で武勲を挙げ、旧越後長岡藩出身者として最初の海軍将官となった。連合艦隊司令長官・山本五十六は義理の甥にあたる。貞之丞と称し、のち貞(てい)と改める。
全国の新潟県出身者
 11  ジュリアス・ソーパーWikipedia
ジュリアス・ソーパー(Julius Soper、1845年2月15日 - 1937年2月5日)は、青山学院神学部の教授、米国メソジスト監督教会宣教師。
青山学院大学出身      全国の青山学院大学の出身者
 12  星野長太郎    群馬県 出身Wikipedia
星野 長太郎(ほしの ちょうたろう、弘化2年2月3日(1845年3月10日) - 明治41年(1908年)11月27日)は、日本の実業家・政治家。衆議院議員当選1回(当初は甲辰倶楽部で、後の大同倶楽部に所属)。農民出身であったが外国人居留地外商を介さず日本初の日本人による生糸直輸出を実現した。産業組合結成などにも取り組み、明治期における日本製生糸の品質向上と輸出の飛躍的拡大の先駆者となった。
全国の群馬県出身者
 13  小野光景    長野県 出身Wikipedia
小野 光景(おの みつかげ、弘化2年3月15日(1845年4月21日) - 大正8年(1919年)9月18日)は、近代日本の実業家、政治家。幼名、彦太郎。
全国の長野県出身者
 14  梅ヶ谷藤太郎 (初代)    福岡県 朝倉市 出身Wikipedia
梅ヶ谷 藤太郎(うめがたに とうたろう、1845年3月16日(弘化2年2月9日) - 1928年(昭和3年)6月15日)は、筑前国上座郡志波村梅ヶ谷(現・福岡県朝倉市)出身の元大相撲力士。第15代横綱。本名は小江 藤太郎(おえ とうたろう)。
全国の福岡県出身者    全国の朝倉市出身者
 15  藤島正健    熊本県 熊本市 出身Wikipedia
藤島 正健(ふじしま まさたけ、1845年(弘化2年3月)- 1904年(明治37年)10月15日)は、日本の大蔵官僚。官選県知事。
全国の熊本県出身者    全国の熊本市出身者
 16  広瀬進一    滋賀県 彦根市 出身Wikipedia
広瀬 進一(ひろせ しんいち、1845年3月19日(弘化2年2月12日)- 1904年(明治37年)7月29日)は、日本の法制官僚。官選秋田県知事。旧名・篤譲。
全国の滋賀県出身者    全国の彦根市出身者
 17  吉原重俊    鹿児島県 鹿児島市 出身Wikipedia
吉原 重俊(よしはら しげとし、弘化2年4月10日(1845年5月15日) - 明治20年(1887年)12月19日)は、江戸時代末期(幕末期)の薩摩藩士、明治の官僚、日本銀行初代総裁。薩摩藩藩校造士館に学んだ攘夷派の志士であったが、薩摩藩第二次米国留学生としてアメリカ合衆国イエール大学初の日本人留学生として政治・法律学を学ぶ。岩倉使節団にワシントンで現地参加し、帰朝後は外務省書記官となり、大蔵省に転じて大蔵卿松方正義の下で活躍した。横浜税関長、租税局長を務め初代の日銀総裁となった。
全国の鹿児島県出身者    全国の鹿児島市出身者
 18  藤村紫朗    熊本県 出身Wikipedia
藤村 紫朗(ふじむら しろう、1845年4月7日(弘化2年3月1日)- 1908年(明治41年)1月4日)は、日本の官僚、政治家。山梨県令、山梨県知事、愛媛県知事。貴族院勅選議員、男爵。
全国の熊本県出身者
 19  大内青巒Wikipedia
大内 青巒(おおうち せいらん、弘化2年4月17日(1845年5月22日)- 大正7年(1918年)12月16日)は、明治期から大正期における仏教学者・思想家。父は仙台藩士大内権右衛門。名は退(まかる)。字は巻之。別号を藹々居士。陸奥国(後の陸前国)仙台出身[1]。
東洋大学出身      全国の東洋大学の出身者
 20  松田正久    佐賀県 出身Wikipedia
松田 正久(まつだ まさひさ、弘化2年4月12日(1845年5月17日) - 大正3年(1914年)3月4日)は、日本の政治家。男爵。幼名は猪吉郎。号は牛州・江村など。
全国の佐賀県出身者
 21  三好退蔵    宮崎県 高鍋町 出身Wikipedia
三好 退蔵(みよし たいぞう、弘化2年5月12日(1845年6月16日) - 1908年(明治31年)8月20日)は、日本の法曹。検事総長・大審院院長を務め、退官後は弁護士となった。錦鶏間祗候。
全国の宮崎県出身者    全国の高鍋町出身者
慶應義塾大学出身      宮崎県出身の慶應義塾大学の出身者      全国の慶應義塾大学の出身者
 22  牧野毅    長野県 出身Wikipedia
牧野 毅(まきの つよし、1845年5月(弘化元年4月)- 1894年(明治27年)9月1日)は、日本の陸軍軍人。陸軍少将、正四位勲三等。大阪砲兵工廠提理。近代日本の砲兵術・製鉄事業の先駆けの一人。
全国の長野県出身者
 23  関藤成緒Wikipedia
関藤 成緒(せきとう なるお/せきふじ しげお、弘化2年(1845年)5月 - 明治39年(1906年))は、旧備後福山藩士、維新後に官吏、師範学校校長等を歴任。初名は大友平五郎、号は北涯。
慶應義塾大学出身      出身の慶應義塾大学の出身者      全国の慶應義塾大学の出身者
 24  谷元兵右衛門Wikipedia
谷元 道之(たにもと みちゆき、1845年(弘化2年5月) - 1910年(明治43年)2月21日)は、幕末の薩摩藩士、外交官、海軍主計官、実業家、東京馬車鉄道創立者。衆議院議員。元の名は、谷元兵右衛門。
慶應義塾大学出身      出身の慶應義塾大学の出身者      全国の慶應義塾大学の出身者
 25  谷元道之Wikipedia
谷元 道之(たにもと みちゆき、1845年(弘化2年5月) - 1910年(明治43年)2月21日)は、幕末の薩摩藩士、外交官、海軍主計官、実業家、東京馬車鉄道創立者。衆議院議員。元の名は、谷元兵右衛門。
慶應義塾大学出身      出身の慶應義塾大学の出身者      全国の慶應義塾大学の出身者
 26  三好退蔵Wikipedia
三好 退蔵(みよし たいぞう、弘化2年5月12日(1845年6月16日) - 1908年(明治31年)8月20日)は、日本の法曹。検事総長・大審院院長を務め、退官後は弁護士となった。錦鶏間祗候。
慶應義塾大学出身      出身の慶應義塾大学の出身者      全国の慶應義塾大学の出身者
 27  田中不二麿    愛知県 名古屋市 出身Wikipedia
田中 不二麿(たなか ふじまろ、弘化2年6月12日(1845年7月16日) - 明治42年(1909年)2月1日)は、日本の幕末・明治期の武士、官僚、政治家。位階爵位は正二位子爵。号は夢山。名前は「不二麻呂」とも表記され、幕末には寅三郎(とらさぶろう)、国之輔と称した。明治維新期の著名人物としては非常に稀少な尾張藩士の一人。
全国の愛知県出身者    全国の名古屋市出身者
 28  ジョン・F・ガウチャーWikipedia
ジョン・フランクリン・ガウチャー(John Franklin Goucher、1845年6月7日 - 1922年7月19日)は、アメリカ合衆国の宣教師であり、ボルティモア女子大学(現ガウチャー大学)設立者、モルガン大学設立者である。また、日本においては青山学院の設立にも大きな貢献を果たした。
青山学院大学出身      出身の青山学院大学の出身者      全国の青山学院大学の出身者
 29  村上義雄    熊本県 出身Wikipedia
村上 義雄(むらかみ よしお、旧姓:平塚、1845年6月18日(弘化2年5月14日) - 1919年(大正8年)6月12日)は、日本の内務官僚。肥後国(現熊本県)出身。
全国の熊本県出身者
 30  中小路与平治    滋賀県 近江八幡市 出身Wikipedia
中小路 与平治(なかこうじ よへいじ、1845年(弘化2年6月) - 1922年(大正12年)12月18日)は、明治時代滋賀県の政治家。貞章(さだあき)と改名。
全国の滋賀県出身者    全国の近江八幡市出身者
 31  立見尚文    三重県 出身Wikipedia
立見 尚文(たつみ なおふみ/なおぶみ、弘化2年7月19日(1845年8月21日) - 明治40年(1907年)3月6日)は桑名藩士、日本の裁判官・陸軍軍人。陸軍大将、男爵。通称は鑑三郎。号は快堂。変名に倉田巴。父は桑名藩士江戸勤番・町田伝太夫。
全国の三重県出身者
 32  長井長義    徳島県 出身Wikipedia
長井 長義(ながい ながよし、1845年7月24日(弘化2年6月20日)– 1929年(昭和4年)2月10日)は日本の薬学者。
全国の徳島県出身者
 33  千家尊福    島根県 出雲市 出身Wikipedia
千家 尊福(せんげ たかとみ、弘化2年8月6日(1845年9月7日) - 大正7年(1918年)1月3日)は、日本の宗教家、政治家。位階は従二位。勲等は勲一等。爵位は男爵。
全国の島根県出身者    全国の出雲市出身者
 34  豊田芙雄    茨城県 水戸市 出身Wikipedia
豊田 芙雄(とよだ ふゆ、弘化2年10月21日(1845年11月20日) - 昭和16年(1941年)12月1日)は、女子教育家である。女子高等教育の先駆者、日本の幼稚園教育の開拓者などともいわれ、日本の女子教育界発展に大きく貢献したほか、日本の保母第1号とされる。藤田東湖の姪。豊田香窓の妻。名は冬、冬子。のち芙雄と改めたが、後年は芙雄子と署名することが多かった。
全国の茨城県出身者    全国の水戸市出身者
 35  山川浩    福島県 出身Wikipedia
山川 浩(やまかわ ひろし、弘化2年11月6日(1845年12月4日) - 明治31年(1898年)2月4日)は、日本の武士(会津藩士)、陸軍軍人、政治家。最終階級は陸軍少将。位階・勲等・爵位は従三位勲三等男爵。貴族院議員。
全国の福島県出身者
 36  勝田四方蔵    山口県 出身Wikipedia
勝田 四方蔵(しょうだ よもぞう、1845年(弘化2年11月) - 1918年(大正7年)7月9日)は、日本の陸軍軍人、政治家、華族。栄典は正三位勲一等功三級[2]。最終階級は陸軍中将。貴族院議員、男爵。
全国の山口県出身者
 37  新島八重Wikipedia
新島 八重(にいじま やえ〈やゑ〉、弘化2年11月3日(1845年12月1日) - 昭和7年(1932年)6月14日)は、江戸時代末期(幕末)から昭和初期の日本女性。同志社創立者の新島襄の妻として知られる。旧姓は山本。一部の手紙などでは「八重子」と署名してあることから、史料によっては新島八重子と書かれる場合もある。勲等は勲六等宝冠章。皇族以外の女性としてはじめて政府より受勲した人物[2]。
同志社女子大学出身      出身の同志社女子大学の出身者      全国の同志社女子大学の出身者
 38  井上良馨    鹿児島県 鹿児島市 出身Wikipedia
井上 良馨(いのうえ よしか、弘化2年11月3日(1845年12月1日) - 昭和4年(1929年)3月22日)は、幕末から明治時代の日本の軍人。元帥海軍大将・従一位・大勲位・功二級・子爵。薩摩国(現鹿児島県)出身。
全国の鹿児島県出身者    全国の鹿児島市出身者
 39  新島八重    福島県 出身Wikipedia
新島 八重(にいじま やえ〈やゑ〉、弘化2年11月3日(1845年12月1日) - 昭和7年(1932年)6月14日)は、江戸時代末期(幕末)から昭和初期の日本の女性。同志社創立者の新島襄の妻として知られる。旧姓は山本。一部の手紙などでは「八重子」と署名してあることから、史料によっては新島八重子と書かれる場合もある。勲等は勲六等宝冠章。皇族以外の女性としてはじめて政府より受勲した人物。
全国の福島県出身者
同志社女子大学出身      福島県出身の同志社女子大学の出身者      全国の同志社女子大学の出身者
 40  佐藤進    千葉県 佐倉市 出身Wikipedia
佐藤 進(さとう すすむ、1845年12月23日(弘化2年11月25日) - 1921年7月25日)は、幕末から明治にかけての医師、医学者、日本陸軍軍医、順天堂医院院長。最終階級は陸軍軍医総監(中将相当官)。男爵。医学博士。
全国の千葉県出身者    全国の佐倉市出身者
 41  佐藤進    茨城県 常陸太田市 出身Wikipedia
佐藤 進(さとう すすむ、1845年12月23日(弘化2年11月25日) - 1921年7月25日)は、幕末から明治にかけての医師、医学者、日本陸軍軍医、順天堂医院院長。最終階級は陸軍軍医総監(中将相当官)。男爵。医学博士。
全国の茨城県出身者    全国の常陸太田市出身者
 42  木子清敬Wikipedia
木子 清敬(きこ きよよし、弘化元年12月24日(1845年1月31日)- 明治40年(1907年)6月25日)は、明治宮殿をはじめ、皇室関係の造営工事で活躍した建築家。工科大学講師として、大学において初めて日本建築史の講義を行ったことでも知られる。
東京大学出身      全国の東京大学の出身者




スポンサーリンク




有名人ナビ 出身高校編

有名人ナビ 出身大学編

有名人ナビ 誕生日編

有名人ナビ 出身都道府県編





スポンサーリンク