トップページ >1844年生まれの有名人

このサイトに登録されている誕生日で有名人の数:89,186人


スポンサーリンク


このサイトに登録されている「1844年」生まれの有名人の数:37:人
 1  小川駒橘Wikipedia
小川 駒橘(おがわ こまきつ、1844年(弘化元年) - 1922年(大正11年))は、明治期の官吏(官僚)、実業家。実兄に、長屋喜弥太初代和歌山市長、養子に小川琢治、孫に小川芳樹、貝塚茂樹、湯川秀樹、小川環樹がいる。
慶應義塾大学出身      出身の慶應義塾大学の出身者      全国の慶應義塾大学の出身者
 2  新谷保志    神奈川県 南足柄市 出身Wikipedia
『あさ天5』 『NNNニュースサンデー』 『Oha!4 NEWS LIVE』 『プロレスリング・ノア中継』 『Dramatic Game 1844(プロ野球巨人戦中継)』『レスリング』『オートバイMotoGP』
全国の神奈川県出身者    全国の南足柄市出身者
早稲田大学出身      神奈川県出身の早稲田大学の出身者      全国の早稲田大学の出身者
 3  笠間益三Wikipedia
笠間 益三(かさま ますぞう、弘化元年(1844年) - 明治30年(1897年)8月3日)は、明治期の漢学者、官吏、教育者。諱は広延、字を梧園、号に十六松園、含紫楼主人など。通称は辰之助と「旧柳川藩志」にある。
慶應義塾大学出身      出身の慶應義塾大学の出身者      全国の慶應義塾大学の出身者
 4  新谷保志    神奈川県 出身Wikipedia
『プロレスリング・ノア中継』 『Dramatic Game 1844(プロ野球巨人戦中継)』『レスリング』『バイクmotoGP』
全国の神奈川県出身者
早稲田大学出身      神奈川県出身の早稲田大学の出身者      全国の早稲田大学の出身者
 5  山崎友親    滋賀県 大津市 出身Wikipedia
山崎 友親(やまざき ともちか、1844年(弘化元年) - 1897年(明治30年)11月2日)は、明治時代の滋賀県の政治家。
全国の滋賀県出身者    全国の大津市出身者
 6  神辰太郎Wikipedia
神 辰太郎(じん たつたろう、弘化1年(1844年) - 大正14年(1925年))は、弘前藩士、海軍軍人。のちに機関長を歴任した。
慶應義塾大学出身      出身の慶應義塾大学の出身者      全国の慶應義塾大学の出身者
 7  荒虎敬之助    埼玉県 北川辺町 出身Wikipedia
荒虎 敬之助(あらとら けいのすけ、1844年1月4日〈天保14年11月15日〉 - 1882年〈明治15年〉9月19日)は、若藤部屋及び伊勢ノ海部屋に所属した元力士。
全国の埼玉県出身者    全国の北川辺町出身者
 8  香川松石    千葉県 佐倉市 出身Wikipedia
香川松石(かがわ しょうせき、弘化元年1月15日(1844年3月3日) - 明治44年(1911年)9月28日)は、学校で用いられる書道の教科書を記した書道家。千葉師範学校(現在の千葉大学教育学部)教諭。通称、香川熊蔵。
全国の千葉県出身者    全国の佐倉市出身者
千葉県立佐倉高等学校出身      全国の千葉県立佐倉高等学校の出身者
 9  青木周蔵    山口県 出身Wikipedia
青木 周藏(あおき しゅうぞう、1844年3月3日(天保15年1月15日) - 1914年(大正3年)2月16日)は、明治、大正期の日本の外交官、政治家。勲等は勲一等。爵位は子爵。
全国の山口県出身者
 10  黒木為楨    鹿児島県 出身Wikipedia
黒木 為楨(くろき ためもと、天保15年3月16日(1844年5月3日) - 大正12年(1923年)2月3日)は、日本の陸軍軍人。最終階級は陸軍大将。伯爵。通称は七左衛門。
全国の鹿児島県出身者
 11  小柳津要人    愛知県 岡崎市 出身Wikipedia
小柳津 要人(おやいづ かなめ、1844年4月2日(天保15年)2月15日) - 1922年(大正11年)6月21日)は、明治・大正期の実業家、武士(岡崎藩士)。丸善の専務取締役社長を務めた。
全国の愛知県出身者    全国の岡崎市出身者
慶應義塾大学出身      愛知県出身の慶應義塾大学の出身者      全国の慶應義塾大学の出身者
 12  小柳津要人Wikipedia
小柳津 要人(おやいづ かなめ、1844年4月2日(天保15年2月15日) - 1922年(大正11年)6月21日)は、明治期の実業家、武士(岡崎藩士)。
慶應義塾大学出身      出身の慶應義塾大学の出身者      全国の慶應義塾大学の出身者
 13  雲井龍雄Wikipedia
雲井 龍雄(くもい たつお、天保15年3月25日(1844年5月12日) - 明治3年12月28日(1871年2月17日)は、江戸時代末期(幕末)から明治にかけての志士、集議院議員。本名は小島守善(もりよし)、字は居貞、号は枕月または瑚海侠徒とも。壮志と悲調とロマンティシズムに溢れた詩人とも評されている。雲井龍雄という名は明治元年(1868年)頃から用いたもので、生まれが辰年辰月辰日から「龍雄」とし「龍が天に昇る」との気概をもってつけたといわれる。
山形県立米沢興譲館高等学校出身      全国の山形県立米沢興譲館高等学校の出身者
 14  杉浦俊香    静岡県 出身Wikipedia
杉浦 俊香(すぎうら しゅんこう、1844年6月22日(天保15年5月7日) - 1931年(昭和6年)6月8日)は、静岡県安倍郡静岡東草深町(現在の静岡県静岡市葵区)出身、戦前の日本の美術家、日本画家、哲学者。壮年期は日光及び高野山に籠り技を研磨し、支那に遊び台湾に渡り技を磨いた。60歳にして摂津国剣尾山(けんぴさん、現在の大阪府豊能郡能勢町)の人跡絶し山頂に籠居し3年間の修養を積み、独自の日本画を創出し雅号を俊香と称す。生涯を通じての作品は一般の画家に較べ遥かに少なく、溌墨画及び雪影は独自の画風である。近代日本画壇はもとより、前後五回、欧米に渡り日本画の紹介行脚を行い海外にも日本画を紹介した。1913年(大正2年)、仏蘭西政府よりオフィシエ・ド・アカデミー勲章、外国人に贈られる最高章を授章、同時にルーヴル美術館より遺作《遠浦帰帆》の展示を約束された。
全国の静岡県出身者
 15  伊藤赤水    新潟県 出身Wikipedia
伊藤赤水(いとう せきすい)は日本の陶芸家であり、江戸後期から続く無名異焼窯元、赤水窯の代々が襲名する名称。弘化(1844年−1847年)に先祖にあたる伊藤甚兵衛が、佐渡特有の「無名異」と呼ばれる土を作陶に用いたのが無名異焼の創始である。2006年現在、五代伊藤赤水(1941年6月24日 - )が当代であり、2003年に人間国宝に認定されている。
全国の新潟県出身者
京都工芸繊維大学出身      新潟県出身の京都工芸繊維大学の出身者      全国の京都工芸繊維大学の出身者
 16  陸奥宗光    和歌山県 和歌山市 出身Wikipedia
陸奥 宗光(むつ むねみつ、天保15年7月7日(1844年8月20日) - 明治30年(1897年)8月24日)は、日本の政治家、外交官、武士(紀州藩藩士)。明治初期に行われた版籍奉還、廃藩置県、徴兵令、地租改正に大きな影響を与えた。また、カミソリ大臣と呼ばれ、伊藤内閣の外務大臣として不平等条約の改正(条約改正)に辣腕を振るった。江戸時代までの通称は陽之助(ようのすけ)。
全国の和歌山県出身者    全国の和歌山市出身者
 17  岡沢精    山口県 出身Wikipedia
岡沢 精(おかざわ くわし、弘化元年7月7日(1844年8月20日) - 1908年(明治41年)12月12日)は、日本の陸軍軍人、華族。陸軍大将正二位勲一等功二級子爵。
全国の山口県出身者
 18  野田豁通    熊本県 出身Wikipedia
野田 豁通(のだ ひろみち、天保15年7月24日(1844年9月6日) - 1913年1月6日)は、日本の武士(熊本藩士)、陸軍軍人、陸軍経理組織の創設者。最終階級は陸軍監督総監(のちの陸軍主計総監)。旧姓石光。
全国の熊本県出身者
 19  大沼渉    栃木県 大田原市 出身Wikipedia
大沼 渉(おおぬま わたる、1844年(天保15年8月) - 1899年10月14日)は、幕末の黒羽藩士。明治期の陸軍軍人。陸軍少将。男爵。
全国の栃木県出身者    全国の大田原市出身者
 20  渡辺辰五郎    千葉県 長南町 出身Wikipedia
渡辺 辰五郎 (わたなべ たつごろう、天保15年(1844年)8月 - 明治40年(1907年)5月26日)は千葉県長生郡長南町生まれの教育家。
全国の千葉県出身者    全国の長南町出身者
 21  山川二葉    福島県 出身Wikipedia
山川 二葉(やまかわ ふたば、弘化元年8月19日(1844年9月30日) - 明治42年(1909年)11月14日)は、日本の教育者。
全国の福島県出身者
 22  嶌田川儀兵衞    群馬県 明治期の力士)館林市 出身Wikipedia
嶌田川 儀兵衞(しまだがわ ぎへえ、1844年8月 - 1922年2月15日)は、上野国邑楽郡(現在の群馬県館林市)出身で東関部屋所属の元大相撲力士。初切の名人として知られ、明治時代に活躍した力士。本名は東関庄助(あずまぜき しょうすけ)、旧姓は濱野儀兵衛(はまの ぎへえ)。 最高位は東前頭9枚目。当時の力士としては異例の長寿で、天保15年から大正11年まで、実に77年も生きた。
全国の群馬県出身者    全国の明治期の力士)館林市出身者
 23  大越亨    福島県 出身Wikipedia
大越 亨(おおごし とおる、1844年(天保15年9月) - 1896年(明治29年)1月11日[2])は、幕末の相馬中村藩士、明治期の内務官僚。官選滋賀県知事。幼名・慎八郎[3]。
全国の福島県出身者
 24  五十川基Wikipedia
五十川 基(いかがわ もとい、天保15年9月6日(1844年10月17日) - 明治6年(1873年)2月22日)は、幕末・明治初期の備後福山藩士、医師。通称は基之丞、芳之丞。字は敬甫、号は米里。福山医学校兼病院(のちの同仁館病院)の設立に尽力した。
慶應義塾大学出身      出身の慶應義塾大学の出身者      全国の慶應義塾大学の出身者
広島県立福山誠之館高等学校出身      全国の広島県立福山誠之館高等学校の出身者
 25  山田顕義    山口県 出身Wikipedia
山田 顕義[注 1](やまだ あきよし、天保15年10月9日(1844年11月18日) - 明治25年(1892年)11月11日)は、日本の江戸時代末期(幕末)の武士(長州藩士)、明治時代の政治家、陸軍軍人。諱は顕孝、のち顕義と改めた。幼名は市之允(いちのじょう)。号は「養浩斎(ようこうさい)」、「狂痴(きょうち)」、「韓峰山人(かん お(ね) さんじん)」、「不抜(ふばつ)」など。特に「空斎(くうさい)」と表記されることが多い。階級は陸軍中将。栄典は正二位勲一等伯爵。
全国の山口県出身者
 26  佐久間左馬太    山口県 出身Wikipedia
佐久間 左馬太(さくま さまた、天保15年10月10日(1844年11月19日) - 大正4年(1915年)8月5日)は、日本の陸軍軍人、華族。栄典は正二位勲一等伯爵。台湾総督・東京衛戍総督・近衛師団長等を歴任し、最終階級は陸軍大将に昇る。
全国の山口県出身者
 27  松本重太郎    京都府 京丹後市間人 出身Wikipedia
松本 重太郎(まつもと じゅうたろう、天保15年10月5日(1844年11月14日) - 大正2年(1913年)6月20日)は日本の実業家。関西経済界の重鎮。旧姓は松岡、幼名は亀蔵。肥料、銀行、紡績、鉄道など多くの企業の設立、経営に参画し、西の松本、東の渋沢と呼ばれた。数寄者としても有名で号を叟軒と称す。
全国の京都府出身者    全国の京丹後市間人出身者
 28  宍野半    鹿児島県 薩摩川内市 出身Wikipedia
宍野 半(ししの なかば、1844年10月20日(弘化元年9月9日) - 1884年(明治17年)5月13日)は、富士講諸派を結集した教派神道の一派である扶桑教の初代管長で、扶桑教の設立に尽くした日本の宗教家、国学者。
全国の鹿児島県出身者    全国の薩摩川内市出身者
 29  大迫尚敏    鹿児島県 出身Wikipedia
大迫 尚敏(おおさこ なおはる、天保15年11月15日(1844年12月24日) - 昭和2年(1927年)9月20日)は、日本の武士・薩摩藩士、陸軍軍人、華族。学習院長、第7師団長等を務める。栄典は陸軍大将正二位勲一等功二級子爵。
全国の鹿児島県出身者
学習院大学出身      鹿児島県出身の学習院大学の出身者      全国の学習院大学の出身者
 30  大迫尚敏    鹿児島県 出身Wikipedia
大迫 尚敏(おおさこ なおはる、天保15年11月15日(1844年12月24日) - 昭和2年(1927年)9月20日)は、日本の武士・薩摩藩士、陸軍軍人、華族。学習院長、第7師団長等を務める。栄典は陸軍大将正二位勲一等功二級子爵。
全国の鹿児島県出身者
学習院大学出身      鹿児島県出身の学習院大学の出身者      全国の学習院大学の出身者
 31  高島鞆之助    鹿児島県 鹿児島市 出身Wikipedia
高島 鞆之助(たかしま とものすけ、天保15年11月9日(1844年12月18日) - 大正5年(1916年)1月11日)は、日本の武士(薩摩藩士)、陸軍軍人、政治家。薩摩藩士・高島喜兵衛の四男。諱は昭光。階級は陸軍中将、位階は正二位、勲等は勲一等、爵位は子爵。陸軍大臣・拓殖務大臣・枢密顧問官等を歴任した。また、現在の追手門学院小学校の前身である、大阪偕行社附属小学校の設立者でもある。当時の自宅は上智大学四谷キャンパスのクルトゥルハイム聖堂として現存。
全国の鹿児島県出身者    全国の鹿児島市出身者
 32  馬越恭平    岡山県 出身Wikipedia
馬越 恭平(まこし きょうへい、1844年11月21日(天保15年10月12日) - 1933年(昭和8年)4月20日)は、日本の実業家。三井物産に勤務し、大日本麦酒(日本麦酒、朝日麦酒、札幌麦酒の合併会社)の社長を務めた人物。大日本麦酒の大合同合併を画策し、「日本のビール王」とよばれた。衆議院議員(1期)、貴族院勅選議員。茶人・馬越化生としても知られた。
全国の岡山県出身者
 33  片岡健吉    高知県 出身Wikipedia
片岡 健吉(かたおか けんきち、天保14年12月26日(1844年2月14日) - 明治36年(1903年)10月31日)は、日本の武士(土佐藩士)、政治家、自由民権家。衆議院議長を務めた。正四位。
全国の高知県出身者
 34  小沢武雄Wikipedia
小沢 武雄(おざわ たけお、1844年12月19日(天保15年11月10日) - 1926年1月29日)は、日本陸軍の軍人。最終階級は陸軍中将。貴族院議員、男爵。幼名・直之丞。
福岡県立育徳館高等学校出身      全国の福岡県立育徳館高等学校の出身者
 35  井上毅    熊本県 出身Wikipedia
井上 毅(いのうえ こわし、天保14年12月18日(1844年2月6日) - 明治28年(1895年)3月15日)は、日本の武士、官僚、政治家である。子爵。法制局長官、文部大臣などを歴任する。同時代の政治家・井上馨とは血縁関係は無い。
全国の熊本県出身者
 36  清水宗徳    埼玉県 狭山市 出身Wikipedia
清水 宗徳(しみず・そうとく、天保14年12月11日(1844年1月30日) - 明治42年(1909年)8月18日)は、明治時代の政治家、実業家。幼名は要治郎。諱は当初は宥三と称した。号は不朽軒義同。
全国の埼玉県出身者    全国の狭山市出身者
 37  沼間守一    東京都 出身Wikipedia
沼間 守一(ぬま もりかず、しゅいち、天保14年12月2日(1844年1月21日) - 明治23年(1890年)5月17日)は、江戸幕臣出身の政治家、ジャーナリスト。雅号・不二峰楼主人(旧字体: 不二峰樓主人、ふじほうろう)、弄花生(ろうかせい)。
全国の東京都出身者
明治学院高等学校出身      全国の明治学院高等学校の出身者




スポンサーリンク




有名人ナビ 出身高校編

有名人ナビ 出身大学編

有名人ナビ 誕生日編

有名人ナビ 出身都道府県編





スポンサーリンク