トップページ >1843年生まれの有名人

このサイトに登録されている誕生日で有名人の数:89,185人


スポンサーリンク


このサイトに登録されている「1843年」生まれの有名人の数:20:人
 1  斯波蕃    石川県 出身Wikipedia
斯波 蕃(しば しげり、天保14年(1843年) - 明治40年(1907年)3月9日)は、江戸時代末期(幕末)から明治期の武士、華族。男爵。初名は津田 正邦(つだ まさくに)。
全国の石川県出身者
 2  寺島忠三郎    山口県 出身Wikipedia
寺島 忠三郎(てらしま ちゅうざぶろう、天保14年(1843年) - 元治元年7月19日(1864年8月20日))は、日本の武士・長州藩士、尊皇攘夷派の志士である。父は寺島直一。兄に寺島秋介。諱は昌昭、字は子大。作間忠三郎などの変名を名乗る。家格は無給通組。
全国の山口県出身者
 3  関信三    愛知県 一色町 出身Wikipedia
関 信三(せき しんぞう、天保14年(1843年) - 明治13年(1880年)4月12日)は、日本の教育者、浄土真宗僧侶である。真宗大谷派安休寺の末子として生まれる。法名は猶龍。
全国の愛知県出身者    全国の一色町出身者
 4  逸見宗助    千葉県 佐倉市 出身Wikipedia
逸見 宗助(へんみ そうすけ、1843年(天保14年) - 1894年(明治27年))は、幕末から明治の武士、剣術家、警察官。
全国の千葉県出身者    全国の佐倉市出身者
 5  新島襄    群馬県 出身Wikipedia
新島 襄(にいじま じょう 英字表記:Joseph Hardy Neesima、天保14年1月14日(1843年2月12日) - 明治23年(1890年)1月23日)は日本の宗教家、教育者。学位は理学士。同志社英学校(後の同志社大学)を興した。明治六大教育家の1人に数えられている。
全国の群馬県出身者
同志社女子大学出身      群馬県出身の同志社女子大学の出身者      全国の同志社女子大学の出身者
 6  安保清康    広島県  広島市 出身Wikipedia
安保 清康(あぼ きよやす、1843年1月30日(天保14年1月1日) - 1909年10月27日)は、日本海軍の軍人。最終階級は海軍中将。男爵。旧姓、林。通称、謙三。海軍の先覚者の一人。
全国の広島県出身者    全国の 広島市出身者
 7  松尾臣善    兵庫県 出身Wikipedia
松尾 臣善(まつお しげよし、天保14年2月6日(1843年3月6日) - 1916年(大正5年)4月7日)は、大蔵省理財局長などを務めた後、第6代日本銀行総裁を務めた。兵庫県出身。次女の乕は北里柴三郎の妻。
全国の兵庫県出身者
 8  坪井航三    山口県 出身Wikipedia
坪井 航三(つぼい こうぞう、天保14年3月7日(1843年4月6日) - 明治31年(1898年)2月1日)は、日本の幕末から明治期の長州藩士、海軍軍人。海軍中将従三位勲二等功三級男爵。幼名・信次郎、のち則光。ミスター単縦陣のあだ名を持つ。
全国の山口県出身者
 9  岡村為蔵Wikipedia
岡村 為蔵(おかむら ためぞう、天保14年5月25日(1843年6月22日) - 大正4年(1915年)2月21日)は、幕末期の桑名藩士、明治時代の司法官僚、大審院判事。
慶應義塾大学出身      出身の慶應義塾大学の出身者      全国の慶應義塾大学の出身者
 10  伊東祐亨    鹿児島県 鹿児島市 出身Wikipedia
伊東 祐亨(いとう すけゆき、天保14年5月12日(1843年6月9日) - 大正3年(1914年)1月16日)は、日本の武士(薩摩藩士)、海軍軍人、華族。元帥海軍大将・従一位・大勲位・功一級・伯爵。初代連合艦隊司令長官を務めた。通称は四郎左衛門、四郎。号は碧海。家紋は庵木瓜。海軍兵学校長の海軍中将子爵・伊東祐麿は兄、弟に海軍大尉・伊東祐道、海軍大佐・窪田祐章。
全国の鹿児島県出身者    全国の鹿児島市出身者
 11  渡辺千秋    山口県 長門市 出身Wikipedia
渡辺 千秋(渡邉 千秋、わたなべ ちあき、1843年6月17日(天保14年5月20日) - 1921年(大正10年)8月27日)は、幕末の諏訪藩士、明治・大正期の官僚・政治家。位階・勲等・爵位は、正二位勲一等伯爵[2]。
全国の山口県出身者    全国の長門市出身者
 12  渡辺千秋    長野県 出身Wikipedia
渡辺 千秋(渡邉 千秋、わたなべ ちあき、1843年6月17日(天保14年5月20日) - 1921年(大正10年)8月27日)は、幕末の諏訪藩士、明治・大正期の官僚・政治家。位階・勲等・爵位は、正二位勲一等伯爵[2]。
全国の長野県出身者
 13  西村捨三Wikipedia
西村 捨三(にしむら すてぞう、天保14年7月29日(1843年8月24日) - 明治41年(1908年)1月14日)は、日本の武士、官僚、政治家。沖縄県令(第4代)、大阪府知事(第6代)、初代内務省警保局長などを務めた。
滋賀県立彦根東高等学校出身      全国の滋賀県立彦根東高等学校の出身者
 14  井上勝    山口県 出身Wikipedia
井上 勝(いのうえ まさる、天保14年8月1日(1843年8月25日) - 明治43年(1910年)8月2日)は、日本の幕末から明治にかけて活躍した武士(長州藩士)、官僚。正二位勲一等子爵。幼名は卯八(うのはち)、通称は弥吉(やきち)。鉄道発展に寄与し、日本の鉄道の父と呼ばれる。長州五傑の1人。ユニヴァーシティ・カレッジ・ロンドン卒業。
全国の山口県出身者
埼玉県立川越高等学校出身      全国の埼玉県立川越高等学校の出身者
 15  小牧昌業    鹿児島県 出身Wikipedia
小牧 昌業(こまき まさなり、天保14年9月12日(1843年10月5日) - 大正11年(1922年)10月25日)は、日本の漢学者、官僚、貴族院議員。
全国の鹿児島県出身者
 16  品川弥二郎    山口県 出身Wikipedia
品川 弥二郎(しながわ やじろう、天保14年閏9月29日(1843年11月20日)- 明治33年(1900年)2月26日)は、日本の武士(長州藩士)、政治家。勲一等子爵。名は省吾、弥吉。号は扇洲。別称に橋本八郎、松本清熊などがある。
全国の山口県出身者
 17  田中光顕Wikipedia
田中 光顕(たなか みつあき、天保14年閏9月25日(1843年11月16日) - 1939年(昭和14年)3月28日)は、日本の武士・土佐藩家老深尾氏家臣、官僚、政治家。栄典は従一位勲一等伯爵。初名は浜田辰弥。通称を顕助、号は青山。フリーカメラマンの田中光常は孫。
学習院大学出身      出身の学習院大学の出身者      全国の学習院大学の出身者
 18  桜井勉    兵庫県 豊岡市(旧出石町) 出身Wikipedia
桜井 勉(さくらい つとむ、1843年10月6日(天保14年9月13日) - 1931年(昭和6年)10月12日)は、明治時代の行政官。日本の天気予報の創始者とされる。
全国の兵庫県出身者    全国の豊岡市(旧出石町)出身者
 19  林田騰九郎    滋賀県 甲賀市 出身Wikipedia
林田 騰九郎(はやしだ とうくろう、1843年10月14日(天保14年9月21日) - 1899年(明治32年)9月5日)は、明治時代滋賀県の政治家。
全国の滋賀県出身者    全国の甲賀市出身者
 20  田中光顕    高知県 出身Wikipedia
田中 光顕(たなか みつあき、1843年11月16日(天保14年閏9月25日) - 1939年(昭和14年)3月28日)は、日本の武士・土佐藩家老深尾氏家臣、官僚、政治家。栄典は従一位勲一等伯爵。初名は浜田辰弥。通称を顕助、号は青山。フリーカメラマンの田中光常は孫。
全国の高知県出身者
学習院大学出身      高知県出身の学習院大学の出身者      全国の学習院大学の出身者




スポンサーリンク




有名人ナビ 出身高校編

有名人ナビ 出身大学編

有名人ナビ 誕生日編

有名人ナビ 出身都道府県編





スポンサーリンク