トップページ >1841年生まれの有名人

このサイトに登録されている誕生日で有名人の数:89,185人


スポンサーリンク


このサイトに登録されている「1841年」生まれの有名人の数:18:人
 1  八尾ヶ関周藏    愛知県 愛西市 出身Wikipedia
八尾ヶ関 周藏(やおがせき しゅうぞう、1841年(天保12年) - 1909年(明治42年)12月13日)は尾張国海東郡佐織村草平(現・愛知県愛西市草平町)出身の大相撲力士。本名は京谷周蔵。大阪相撲で活躍し最高位は大関。
全国の愛知県出身者    全国の愛西市出身者
 2  津田正臣    和歌山県 和歌山市 出身Wikipedia
津田 正臣(つだ まさおみ、天保12年(1841年) - 明治29年(1896年)11月)は、日本の政治家。初代和歌山県知事(1871年11月25日 - 1872年1月25日)。初名は橘次郎。字は仲相。仮名は監物。号は香巌。
全国の和歌山県出身者    全国の和歌山市出身者
 3  浦風林右エ門    富山県 射水市 出身Wikipedia
浦風 林右エ門(うらかぜ りんえもん、天保12年(1841年) - 明治36年(1903年)8月9日)は、越中国射水郡(現在の富山県射水市)出身で明治期に活躍した元大相撲力士。本名は藤井 政次郎→藤井 林右衛門→浦風 林右衛門。所属は浦風部屋。最高位は関脇。
全国の富山県出身者    全国の射水市出身者
 4  中村六三郎    長崎県 出身Wikipedia
中村 六三郎(なかむら ろくさぶろう、天保12年(1841年) - 明治40年(1907年)は、長崎出身の教育者である。三菱商船学校(後官立東京商船学校)初代校長、日本海員掖済会創立に参与した。
全国の長崎県出身者
 5  赤松連城    石川県 出身Wikipedia
赤松 連城(あかまつ れんじょう、天保12年1月17日(1841年2月8日) - 大正8年(1919年)7月20日)は、幕末から大正にかけての浄土真宗本願寺派の僧侶。昭和の思想家・政治家の赤松克麿の祖父にあたる。
全国の石川県出身者
 6  吉田稔麿    山口県 出身Wikipedia
吉田 稔麿(よしだ としまろ、天保12年閏1月24日(1841年3月16日) - 元治元年6月5日(1864年7月8日))は、江戸時代末期(幕末)の長州藩の活動家。名は栄太郎。後に稔麿と改名した。久坂玄瑞、高杉晋作とともに松陰門下の三秀と称される(入江九一を入れて松門四天王ともいう)。
全国の山口県出身者
 7  堀和平    岡山県 (総社出身) 出身Wikipedia
堀 和平(ほり わへい、1841年2月16日(天保12年1月25日) - 1892年(明治25年)5月16日)は、日本の洋画家・実業家である。岡山県洋画界の先駆者である。
全国の岡山県出身者    全国の(総社出身)出身者
 8  服部誠一    福島県 出身Wikipedia
服部 誠一(はっとり せいいち、天保12年2月15日(1841年4月6日) - 明治41年(1908年)8月15日)は、明治時代の文学者・ジャーナリスト。号は撫松(ぶしょう)。陸奥国(現福島県)出身。
全国の福島県出身者
 9  境川浪右エ門    千葉県 市川市 出身Wikipedia
境川 浪右衛門(さかいがわ なみえもん、1841年5月28日(天保12年4月8日) - 1887年(明治20年)9月16日)は、下総国葛飾郡(現・千葉県市川市)出身の元大相撲力士。第14代横綱。本名は宇田川 政吉(うだがわ せいきち(まさきち))で、のちに市川 政吉(いちかわ - )から市川 浪右衛門( - なみえもん)。
全国の千葉県出身者    全国の市川市出身者
 10  相浦紀道    佐賀県 出身Wikipedia
相浦 紀道(あいうら のりみち、天保12年6月23日(1841年8月9日) - 1911年(明治44年)4月1日)は、日本の海軍軍人、政治家、華族。最終階級は海軍中将。貴族院議員、従二位、勲一等、功三級、男爵。旧名、忠一郎。
全国の佐賀県出身者
 11  藤田伝三郎    山口県 出身Wikipedia
藤田傳三郎(ふじた でんざぶろう、1841年7月3日(天保12年5月15日) - 1912年3月30日)は、日本の実業家。明治時代の関西財界の重鎮で、藤田財閥の創立者である。建設・土木、鉱山、電鉄、電力開発、金融、紡績、新聞、などの経営を手がけ、今日の多くの名門企業の前身を築いた。また有能な経営者を多数育て、美術品の収集家、慈善事業家、数寄者としても名高い。号を香雪と称す。藤田組の創始者。男爵(民間人で初めての男爵)。現在の山口県萩市出身。元奇兵隊士。
全国の山口県出身者
 12  沖守固    鳥取県 守 出身Wikipedia
沖 守固(おき もりかた、1841年8月13日(天保12年6月27日) - 1912年10月7日)は、幕末の鳥取藩士・絵師、明治の内務官僚、政治家。元老院議官、貴族院議員、錦鶏間祗候、男爵。幼名は鶴、貞一郎、探(丹)三。号は九皐。
全国の鳥取県出身者    全国の守出身者
 13  伊藤博文    山口県 出身Wikipedia
伊藤 博文(いとう ひろぶみ/ひろふみ、天保12年9月2日(1841年10月16日) - 明治42年(1909年)10月26日)は、日本の武士(長州藩士)、政治家。位階勲等爵位は従一位大勲位公爵。諱は博文(ひろぶみ、「ハクブン」と有職読みすることもある)。幼名は利助(りすけ)、後に吉田松陰から俊英の俊を与えられ、俊輔(しゅんすけ)とし、さらに春輔(しゅんすけ)と改名した。号は「春畝(しゅんぽ)」、「滄浪閣主人(そうろうかくしゅじん)」など。「春畝公」と表記されることも多い。
全国の山口県出身者
 14  内藤新吾    福岡県 出身Wikipedia
内藤 新吾(ないとう しんご、天保12年10月11日(1841年11月23日) - 大正6年(1917年)8月2日)は、初代久留米市長、衆議院議員。諱は敏樹、字は子敏、号は寒山。
全国の福岡県出身者
福岡県立明善高等学校出身      全国の福岡県立明善高等学校の出身者
 15  田中正造    栃木県 佐野市 出身Wikipedia
田中 正造(たなか しょうぞう、天保12年11月3日(1841年12月15日) - 1913年(大正2年)9月4日)は、日本の政治家。日本初の公害事件と言われる足尾銅山鉱毒事件を告発した政治家として有名。衆議院議員選挙に当選6回。幼名、兼三郎。下野国安蘇郡小中村(現・栃木県佐野市小中町)出身。
全国の栃木県出身者    全国の佐野市出身者
 16  野津道貫    鹿児島県 出身Wikipedia
野津 道貫(のづ みちつら(どうがん)、天保12年11月5日(1841年12月17日) - 1908年(明治41年)10月18日)は、幕末の薩摩藩士、明治の陸軍軍人、貴族院議員。東部都督、教育総監、第4軍司令官を歴任した。通称は七次。諱は道貫。最終階級は元帥陸軍大将正二位大勲位功一級侯爵。兄に陸軍中将・野津鎮雄がいる。
全国の鹿児島県出身者
 17  川島宇一郎    滋賀県 高島市 出身Wikipedia
川島 宇一郎(かわしま ういちろう、1841年11月17日(天保12年10月5日) - 1904年(明治37年)12月15日)は、明治時代の滋賀県の政治家。
全国の滋賀県出身者    全国の高島市出身者
 18  今村信行    長野県 出身Wikipedia
今村 信行(いまむら のぶゆき、天保11年12月25日(1841年1月17日) - 明治40年(1907年)9月21日)は、日本の司法官。幼名は松太郎。竜川と号す。今村恭太郎の父。
全国の長野県出身者




スポンサーリンク




有名人ナビ 出身高校編

有名人ナビ 出身大学編

有名人ナビ 誕生日編

有名人ナビ 出身都道府県編





スポンサーリンク