トップページ >1839年生まれの有名人

このサイトに登録されている誕生日で有名人の数:78,818人


スポンサーリンク


このサイトに登録されている「1839年」生まれの有名人の数:19:人
 1  月岡芳年    東京都 出身Wikipedia
月岡 芳年(つきおか よしとし、1839年4月30日(天保10年3月17日) - 1892年(明治25年)6月9日)は、日本の画家。幕末から明治前期にかけて活動した浮世絵師である。姓は吉岡(よしおか)、のちに月岡。本名は米次郎(よねじろう)。画号は、一魁斎芳年(いっかいさい よしとし)、魁斎(かいさい)、玉桜楼(ぎょくおうろう)、咀華亭(そかてい)、子英、そして最後に大蘇芳年(たいそ よしとし)を用いた。
全国の東京都出身者
 2  尾形俊太郎    熊本県 肥後国菊池郡 出身Wikipedia
尾形 俊太郎(おがたしゅんたろう、天保10年(1839年) - 大正2年(1913年))は、新選組隊士。諸士取調兼監察及び文学師範。姓は緒方、小形とも。本姓は三嶋であり、尾形姓は新撰組入隊に際して先祖に当たる武将の姓から名乗ったとされる。[2]
全国の熊本県出身者    全国の肥後国菊池郡出身者
 3  鹿島則文Wikipedia
鹿島 則文(かしま のりぶみ、1839年1月13日 - 1901年10月10日)は、幕末・明治時代の神職。
皇學館大学出身      出身の皇學館大学の出身者      全国の皇學館大学の出身者
 4  中沢彦吉Wikipedia
中沢 彦吉(なかざわ ひこきち、天保10年(1839年)2月27日 - 明治45年(1912年)5月6日)は、幕末・明治時代の政治家、実業家。衆議院議員、東京市議会議長等を歴任。中沢銀行と八十四銀行を創立した。従六位。号は蘭谷。
慶應義塾大学出身      全国の慶應義塾大学の出身者
 5  安川繁成Wikipedia
安川 繁成(やすかわ しげなり、1839年(天保10年)3月 - 1906年(明治39年)8月29日)は、明治期の官僚、政治家。衆議院議員(1期)。正三位勲三等瑞宝章。
慶應義塾大学出身      出身の慶應義塾大学の出身者      全国の慶應義塾大学の出身者
 6  渡正元Wikipedia
渡 正元(わたり まさもと、1839年3月8日(天保10年1月23日 ) - 1924年(大正13年)1月29日)は、日本の官僚、政治家。元老院議官、貴族院勅選議員、正三位・勲二等、錦鶏間祗候。旧姓・田中[3]、諱・正範、旧名・六之助、六之介[4]。安芸国(現広島県)出身。
修道高等学校出身      全国の修道高等学校の出身者
 7  樺山資雄    鹿児島県 出身Wikipedia
樺山 資雄(かばやま すけお、1839年5月27日(天保10年4月15日) - 1899年(明治32年)11月16日)は、幕末の薩摩藩士、明治期の官僚。官選県知事。旧姓・春山。
全国の鹿児島県出身者
 8  松田道之    鳥取県 鳥取市 出身Wikipedia
松田 道之(まつだ みちゆき、天保10年5月12日(1839年6月22日) - 明治15年(1882年)7月6日)は、日本の内務官僚・政治家。大津県令、滋賀県令(ともに初代)、東京府知事(第7代)などを務めた。琉球処分において中心的な役割を果たしたことで知られる。
全国の鳥取県出身者    全国の鳥取市出身者
 9  初代・島津源蔵    京都府 出身Wikipedia
初代・島津 源蔵(しまづ げんぞう、天保10年5月15日(1839年6月25日) - 明治27年(1894年)12月8日)は島津製作所の創業者、また日本の発明家。没後に息子の梅次郎が後継者となり、二代目・源蔵となった。
全国の京都府出身者
 10  根岸武香    埼玉県 熊谷市(旧・冑山村) 出身Wikipedia
根岸 武香(ねぎし たけか、天保10年5月15日(1839年6月25日) - 明治35年(1902年)12月3日)は、武蔵国大里郡冑山村(現在の熊谷市)出身の政治家、郷土史家。 幼名「新吉」、後に「伴七」と改めた。父は根岸友山。
全国の埼玉県出身者    全国の熊谷市(旧・冑山村)出身者
 11  速水堅曹    埼玉県 出身Wikipedia
速水 堅曹(はやみ けんそう、天保10年6月13日(1839年7月23日)- 大正2年(1913年)1月17日)は、日本の製糸技術者。日本で最初の器械製糸所である前橋藩営前橋製糸所を開設し、その後官営富岡製糸場の所長を2度務めた。日本初の生糸直輸出専門商社である横浜同伸会社の取締役社長を歴任した農商務省官僚。
全国の埼玉県出身者
 12  高杉晋作    山口県 出身Wikipedia
高杉 晋作(たかすぎ しんさく、天保10年8月20日(1839年9月27日)- 慶應3年4月14日(1867年5月17日))は、江戸時代後期の長州藩士。幕末に長州藩の尊王攘夷の志士として活躍した。奇兵隊など諸隊を創設し、長州藩を倒幕に方向付けた。
全国の山口県出身者
 13  岩山敬義    鹿児島県 出身Wikipedia
岩山 敬義(いわやま たかよし、天保10年10月(1839年) - 明治25年(1892年)1月13日)は、日本の官僚。宮崎県知事、石川県知事、駒場農学校初代校長、下総御料牧場の初代場長、農務局長を歴任。正四位・勲三等。日本農政、特に牧羊の貢献者。薩摩藩家老岩山八郎太の子。姉糸子(いと)が西郷隆盛に嫁いでおり、隆盛にとっては義理の弟にあたる。著書に『西洋農学法教養』。幼名岩山壮太郎、壮八郎。通称・直樹。
全国の鹿児島県出身者
 14  岡田良一郎    静岡県 掛川市・旧遠江国佐野郡倉真村 出身Wikipedia
岡田良一郎(おかだ りょういちろう、雅号淡山、天保10年10月21日(1839年11月26日) - 大正4年(1915年)1月1日)は、日本の実業家、政治家、衆議院議員。二宮尊徳の弟子として報徳思想の普及に尽力し、地域の振興に努めた。
全国の静岡県出身者    全国の掛川市・旧遠江国佐野郡倉真村出身者
 15  須川信行    滋賀県 高島市 出身Wikipedia
須川 信行(すがわ のぶゆき、天保10年10月25日 (1839年11月30日)- 大正6年(1917年)11月13日)は、江戸時代末期・明治時代の歌人、医師。宮内省御歌所寄人(よりゅうど)、「明治天皇御集」の編纂委員を務めた。
全国の滋賀県出身者    全国の高島市出身者
 16  森村市左衛門Wikipedia
森村 市左衛門(もりむら いちざえもん)は、武具商・陶磁器業などを営んだ森村家の歴代当主が襲名した名前。特に、森村財閥の創設者である6代目・市左衛門(天保10年10月27日(1839年12月2日)-大正8年(1919年)9月11日)が有名である。以下では、この6代を中心に説明する。
北里大学出身      出身の北里大学の出身者      全国の北里大学の出身者
 17  松山棟庵    和歌山県 紀の川市 出身Wikipedia
松山 棟庵(まつやま とうあん、1839年10月23日(天保10年9月17日) - 1919年(大正8年)12月1日)は、紀州藩出身の幕末・明治の日本の医師、慶應義塾医学所校長。東京慈恵会医科大学創立者。初名は勤。棟庵は名で、字は功、号は棲菝で尊生舎と称した。
全国の和歌山県出身者    全国の紀の川市出身者
慶應義塾大学出身      和歌山県出身の慶應義塾大学の出身者      全国の慶應義塾大学の出身者
 18  中井弘    鹿児島県 出身Wikipedia
中井 弘(なかい ひろし / ひろむ、天保9年11月29日(1839年1月14日) - 明治27年(1894年)10月10日)は、日本の武士(薩摩藩士)、外交官、政治家である。号は桜洲(桜州山人)。別名:横山休之進、鮫島雲城、後藤休次郎、田中幸介、中井弘蔵。書家としても知られる。鹿鳴館の名付け親でもある。著書に『合衆国憲法略記』『西洋紀行航海新説』『魯西亜土耳其漫遊記程』などがある。逸話が多く、明治の怪傑、奇人、滑稽家として知られた[3][4]。
全国の鹿児島県出身者
 19  高砂浦五郎 (初代)    千葉県 東金市 出身Wikipedia
高砂 浦五郎(たかさご うらごろう、天保9年11月20日(1839年1月5日) - 明治33年(1900年)4月8日)は、明治期に活躍した大相撲の力士・年寄。最高位は前頭筆頭。身長170cm、体重100kg。出身は上総国山辺郡(現在の千葉県東金市)。本名は山崎(後に一時今井姓)伊之助(後に浦五郎)。現在まで続く高砂部屋の開祖である。
全国の千葉県出身者    全国の東金市出身者




スポンサーリンク




有名人ナビ 出身高校編

有名人ナビ 出身大学編

有名人ナビ 誕生日編

有名人ナビ 出身都道府県編





スポンサーリンク