トップページ >1836年生まれの有名人

このサイトに登録されている誕生日で有名人の数:89,185人


スポンサーリンク


このサイトに登録されている「1836年」生まれの有名人の数:22:人
 1  西道仙    熊本県 出身Wikipedia
西 道仙(にし どうせん、1836年 - 1913年7月10日)は明治時代のジャーナリスト・政治家・教育家・医者。本名は喜大。別号は琴石。西家は代々、肥後(熊本県)で医を業とする。西周の一族にとっては本家にあたるという。
全国の熊本県出身者
 2  吉田幸兵衛    群馬県 出身Wikipedia
吉田 幸兵衛(よしだ こうべえ、1836年(天保7年) - 1907年(明治40年))は、江戸幕末から明治にかけて活躍した横浜の実業家であり、横浜の代表的生糸売込商人である。
全国の群馬県出身者
 3  櫻間伴馬    熊本県 熊本市 出身Wikipedia
櫻間 伴馬(さくらま ばんま、1836年1月6日(天保6年11月18日) - 1917年(大正6年)6月24日)は、シテ方金春流能楽師。1911年(明治44年)以降は櫻間 左陣を名乗る。
全国の熊本県出身者    全国の熊本市出身者
 4  遠藤謹助    山口県 出身Wikipedia
遠藤 謹助(えんどう きんすけ、天保7年2月15日(1836年3月31日) - 明治26年(1893年)9月13日)は、明治時代の長州藩出身の官僚で長州五傑の一人。
全国の山口県出身者
 5  中村道太    愛知県 出身Wikipedia
中村 道太(なかむら みちた、天保7年3月10日(1836年4月25日) - 大正10年(1921年)1月3日)は、幕臣、明治・大正期の実業家、教育者。
全国の愛知県出身者
慶應義塾大学出身      愛知県出身の慶應義塾大学の出身者      全国の慶應義塾大学の出身者
 6  中村道太Wikipedia
中村 道太(なかむら みちた、天保7年3月10日(1836年4月25日) - 大正10年(1921年)1月3日)は、幕臣、明治・大正期の実業家、教育者。
慶應義塾大学出身      出身の慶應義塾大学の出身者      全国の慶應義塾大学の出身者
 7  本沢竹雲Wikipedia
本沢 竹雲(もとさわ ちくうん、1836年3月26日(天保7年2月10日)- 1907年(明治40年)10月13日)は「チョンマゲ学校」として知られる山形県東村山郡所在の格知学舎を開いた浄土真宗の僧侶で漢学者。幼名は八郎、通称は俊丸(としまる)、本名は盛遜。竹雲は雅号であるが、他に老山、虎山、虚堂、寄嘱子の号があった。
千葉県立佐倉高等学校出身      全国の千葉県立佐倉高等学校の出身者
 8  野村文夫    広島県 出身Wikipedia
野村文夫(のむら ふみお、天保7年4月5日(1836年5月19日) - 明治24年(1891年)10月27日)は、幕末の広島藩の武士、のち明治政府の官僚、のちジャーナリスト、自由民権活動家。戯画入り風刺雑誌『団団珍聞』・『驥尾団子』を発行した。幼名虎吉、通称文夫・文機。1842年から1872年まで、村田家の養子でいた。号に雨荘・簾雨・秋野人。
全国の広島県出身者
修道高等学校出身      全国の修道高等学校の出身者
 9  高崎五六    鹿児島県 出身Wikipedia
高崎 五六(たかさき ごろく / いつむ、1836年4月4日(天保7年2月19日) - 1896年(明治29年)5月6日)は、江戸時代末期の薩摩藩士、明治時代の官僚、錦鶏間祗候。爵位は男爵。仮名を猪太郎または兵部と名乗り、のち諱を友愛。高崎正風は従兄弟にあたる。
全国の鹿児島県出身者
 10  千田貞暁    鹿児島県 出身Wikipedia
千田貞暁(せんだ さだあき、天保7年7月29日(1836年9月9日) - 明治41年(1908年)4月23日)は、明治時代の県令(知事)、貴族院議員、男爵。広島県の県令のち県知事後、新潟県・和歌山県・愛知県・京都府・宮崎県知事を歴任した。
全国の鹿児島県出身者
 11  高崎正風    鹿児島県 出身Wikipedia
高崎 正風(たかさき まさかぜ、天保7年7月28日(1836年9月8日) - 明治45年(1912年2月28日)は志士、作詞家。二条派の歌人。通称は左太郎、他に伊勢、豊麿、左京とも。号は宝義堂。長男元彦は日露戦争で戦死し、その跡は正光、正人と続く。
全国の鹿児島県出身者
國學院大學出身      鹿児島県出身の國學院大學の出身者      全国の國學院大學の出身者
 12  川崎正蔵    鹿児島県 鹿児島市 出身Wikipedia
川崎 正蔵(かわさき しょうぞう、天保7年7月10日(1836年8月10日) - 大正元年(1912年)12月2日)は日本の実業家、政治家。神戸川崎財閥の創設者。川崎造船所創業者、貴族院議員。男爵。幼名・磯治。従五位。
全国の鹿児島県出身者    全国の鹿児島市出身者
 13  加藤弘之    兵庫県 豊岡市(旧出石郡出石町) 出身Wikipedia
加藤 弘之(かとう ひろゆき、1836年8月5日(天保7年6月23日) - 1916年(大正5年)2月9日)は、日本の政治学者、教育家、官僚。位階は正二位。勲等は勲一等。爵位は男爵。学位は文学博士(1888年)、法学博士(1905年)。旧名弘蔵(こうぞう)。
全国の兵庫県出身者    全国の豊岡市(旧出石郡出石町)出身者
東洋大学出身      兵庫県出身の東洋大学の出身者      全国の東洋大学の出身者
 14  加藤弘之    兵庫県 出身Wikipedia
加藤 弘之(かとう ひろゆき、1836年8月5日(天保7年6月23日) - 1916年(大正5年)2月9日)は、日本の政治学者、教育家、官僚。位階は正二位。勲等は勲一等。爵位は男爵。学位は文学博士(1888年)、法学博士(1905年)。幼名は土代士(とよし)、のち弘蔵(こうぞう)。
全国の兵庫県出身者
東洋大学出身      兵庫県出身の東洋大学の出身者      全国の東洋大学の出身者
 15  渡辺驥    長野県 出身Wikipedia
渡辺 驥(わたなべ すすむ、天保7年9月9日(1836年10月18日) - 明治29年(1896年)6月24日)は、幕末の松代藩士、明治期の検事。元老院議官、貴族院勅選議員、錦鶏間祗候。通称は左太郎。
全国の長野県出身者
 16  本野盛亨    佐賀県 出身Wikipedia
本野 盛亨(もとの もりみち、1836年9月25日(天保7年8月15日) - 1909年(明治42年)12月10日)は、日本の官僚、実業家、読売新聞創業者。旧姓は八田。
全国の佐賀県出身者
 17  北垣国道    兵庫県 養父市(養父郡能座村) 出身Wikipedia
北垣 国道(きたがき くにみち、1836年9月17日(天保7年8月7日) - 1916年(大正5年)1月16日)は、幕末期の志士、明治時代の官僚、政治家。幼名は捨蔵。通称は晋太郎。号は静屋。
全国の兵庫県出身者    全国の養父市(養父郡能座村)出身者
 18  坂部大作    愛知県 豊橋市 出身Wikipedia
坂(阪)部 大作(さかべ だいさく、1836年(天保7年)10月 - 1908年(明治41年)9月)は、日本の武士(三河吉田藩藩士)、剣術家。流派は鏡新明智流。称号は大日本武徳会剣道範士。
全国の愛知県出身者    全国の豊橋市出身者
 19  井上馨    山口県 出身Wikipedia
井上 馨(いのうえ かおる、天保6年11月28日(1836年1月16日) - 大正4年(1915年)9月1日)は、日本の武士(長州藩士)、政治家、実業家。本姓は源氏。清和源氏の一家系河内源氏の流れを汲む安芸国人毛利氏家臣・井上氏。首相・桂太郎は姻戚。同時代の政治家・井上毅や軍人・井上良馨は同姓だが血縁関係はない。
全国の山口県出身者
 20  河野久Wikipedia
河野 久(こうの ひさし、天保7年(1836年)11月 - 明治20年(1887年)7月または8月)は近代の宗教家(神道)。通称は虎五郎。後に俊八。道号は至道寿人(しどう)。
國學院大學出身      出身の國學院大學の出身者      全国の國學院大學の出身者
 21  村田新八    鹿児島県 鹿児島市 出身Wikipedia
村田 新八(むらた しんぱち、天保7年11月3日(1836年12月10日) - 明治10年(1877年)9月24日)は日本の武士(薩摩藩士)・政治家。
全国の鹿児島県出身者    全国の鹿児島市出身者
 22  滝谷琢宗    新潟県 出身Wikipedia
滝谷 琢宗(たきや たくしゅう、天保7年(1836年)12月22日 - 明治30年(1897年)1月31日)は、越後出身の日本の曹洞宗の僧侶。魯山琢宗とも。俗名は小川五三郎。永平寺63世貫首(真晃断際禅師)。
全国の新潟県出身者
駒澤大学出身      新潟県出身の駒澤大学の出身者      全国の駒澤大学の出身者




スポンサーリンク




有名人ナビ 出身高校編

有名人ナビ 出身大学編

有名人ナビ 誕生日編

有名人ナビ 出身都道府県編





スポンサーリンク