トップページ >1835年生まれの有名人

このサイトに登録されている誕生日で有名人の数:78,818人


スポンサーリンク


このサイトに登録されている「1835年」生まれの有名人の数:17:人
 1  星野文平Wikipedia
星野文平(ほしの ぶんぺい、天保6年(1835年) - 文久3年2月10日(1863年3月28日))は、江戸時代末期に活躍した武士。広島藩士。現在の広島県呉市(大崎下島に所在していた旧御手洗町)出身。名は文。字は公質。号は蓍山(きざん)。
修道高等学校出身      全国の修道高等学校の出身者
 2  麻生弼吉    大分県 出身Wikipedia
麻生 弼吉(あそう すけきち、天保6年(1835年) - 明治40年(1907年)4月27日)は、明治初期の啓蒙家。のち麻生武平(たけへい)と改名し、6等出仕として初代海軍機関学校校長を務め、軍事技術者として海軍機関大監まで栄進した。
全国の大分県出身者
慶應義塾大学出身      大分県出身の慶應義塾大学の出身者      全国の慶應義塾大学の出身者
 3  前島密    新潟県 上越市 出身Wikipedia
前島 密(まえじま ひそか、天保6年1月7日(1835年2月4日) - 大正8年(1919年)4月27日)は、日本の官僚、政治家。号は「鴻爪(こうそう)」。日本の近代郵便制度の創設者の一人で1円切手の肖像で知られる。「郵便」や「切手」、「葉書」という名称を定めた。その功績から「郵便制度の父」と呼ばれる。
全国の新潟県出身者    全国の上越市出身者
 4  福岡孝弟    高知県 出身Wikipedia
福岡 孝弟(ふくおか たかちか、天保6年2月5日(1835年3月3日) - 大正8年(1919年)3月7日)は、日本の幕末から明治時代の土佐藩士、政治家。五箇条の御誓文を起草した人物である。通称は藤次、雅号は南蘋。栄典は勲一等子爵。
全国の高知県出身者
 5  松方正義    鹿児島県 鹿児島市 出身Wikipedia
松方 正義(まつかた まさよし、天保6年2月25日(1835年3月23日) - 大正13年(1924年)7月2日)は、日本の武士(薩摩藩士)、政治家。位階勲等爵位は従一位大勲位公爵。幼名は金次郎。通称は助左衛門。号は海東[注釈 1]。
全国の鹿児島県出身者    全国の鹿児島市出身者
 6  安場保和    熊本県 出身Wikipedia
安場 保和(やすば やすかず、天保6年4月17日(1835年5月14日) - 明治32年(1899年)5月23日は、近代日本草創期の男性官僚・政治家。明治維新に功があり、華族に列して男爵となる。
全国の熊本県出身者
 7  三島通庸    鹿児島県 出身Wikipedia
三島 通庸(みしま みちつね、1835年6月26日(天保6年6月1日) - 1888年(明治21年)10月23日)は、日本の武士(薩摩藩士)、明治時代の内務官僚。栄典は正三位勲二等子爵。通称は弥兵衛。
全国の鹿児島県出身者
 8  橋本雅邦    東京都 出身Wikipedia
橋本 雅邦(はしもと がほう、男性、天保6年7月27日(1835年8月21日) - 明治41年(1908年)1月13日)は、明治期の日本画家。本名は長郷。幼名は千太郎。号は勝園。
全国の東京都出身者
 9  野津鎮雄    鹿児島県 鹿児島市 出身Wikipedia
野津 鎮雄(のづ しずお、天保6年9月5日(1835年10月26日) - 明治13年(1880年)7月22日)は、大日本帝国陸軍の軍人。最終階級は陸軍中将。栄典は正三位勲二等。薩摩国鹿児島城下高麗町(現・鹿児島県鹿児島市高麗町)出身。幼名は七左衛門。諱は鎮雄。
全国の鹿児島県出身者    全国の鹿児島市出身者
 10  栗田寛    茨城県 水戸市 出身Wikipedia
栗田 寛(くりた ひろし、天保6年9月14日(1835年11月4日) - 明治32年(1899年)1月27日)は、幕末水戸藩に仕えた国学者・歴史学者。元東京帝国大学教授。『大日本史』において最後まで未完であった「表」「志」を執筆した。号は栗里。幼名は八十吉。初名は利三郎。栗田健男海軍中将は孫。
全国の茨城県出身者    全国の水戸市出身者
 11  綾瀬川山左エ門    愛知県 稲沢生まれ、大阪生まれの二説あり。 出身Wikipedia
綾瀬川 山左エ門(あやせがわ さんざえもん、1835年10月 - 1877年3月8日)は、大阪府大阪市中央区(愛知県稲沢市説も)出身の大相撲力士。最高位は大関。本名は川村 藤次郎。現役時代の体格は173cm、113kgと伝わる。
全国の愛知県出身者    全国の稲沢生まれ、大阪生まれの二説あり。出身者
 12  富田鐵之助    宮城県 出身Wikipedia
富田 鐵之助(とみた てつのすけ、天保6年10月16日(1835年12月5日)- 大正5年(1916年)2月27日)は、幕末の仙台藩士・明治期の外交官・実業家。諱は実則。号は鉄畊。
全国の宮城県出身者
 13  大築尚志    千葉県 佐倉市 出身Wikipedia
大築 尚志(おおつき たかゆき、1835年12月24日(天保6年11月5日) - 1900年(明治33年)6月12日)は、日本の陸軍軍人、陸軍中将。幼名、保太郎(やすたろう)。
全国の千葉県出身者    全国の佐倉市出身者
陸軍士官学校出身      千葉県出身の陸軍士官学校の出身者      全国の陸軍士官学校の出身者
千葉県立佐倉高等学校出身      全国の千葉県立佐倉高等学校の出身者
 14  福沢諭吉    大分県 慶応義塾創立者。著書「学問のすゝめ」「西洋事情」「福翁自伝」(思想家) 出身Wikipedia
福澤 諭吉(ふくざわ ゆきち、新字体:福沢 諭吉、天保5年12月12日(1835年1月10日)- 明治34年(1901年)2月3日)は、日本の武士(中津藩士のち旗本)、蘭学者、著述家、啓蒙思想家、教育者。慶應義塾の創設者であり、専修学校(後の専修大学)、商法講習所(後の一橋大学)、神戸商業講習所(後の神戸商業高校)、土筆ヶ岡養生園(後の北里研究所)、伝染病研究所(現在の東京大学医科学研究所)の創設にも尽力した。新聞『時事新報』の創刊者。他に東京学士会院(現在の日本学士院)初代会長を務めた。そうした業績を元に明治六大教育家として列される。昭和59年(1984年)から日本銀行券一万円紙幣表面の肖像に採用されている。
全国の大分県出身者    全国の慶応義塾創立者。著書「学問のすゝめ」「西洋事情」「福翁自伝」(思想家)出身者
 15  福澤諭吉    大阪府 大阪市 出身Wikipedia
福澤 諭吉(ふくざわ ゆきち、新字体:福沢 諭吉、天保5年12月12日(1835年1月10日)- 明治34年(1901年)2月3日)は、日本の武士(中津藩士のち旗本)、蘭学者、著述家、啓蒙思想家、教育者。慶應義塾の創設者であり、専修学校(後の専修大学)、商法講習所(後の一橋大学)、神戸商業講習所(後の神戸商業高校)、土筆ヶ岡養生園(後の北里研究所)、伝染病研究所(現在の東京大学医科学研究所)の創設にも尽力した。新聞『時事新報』の創刊者。他に東京学士会院(現在の日本学士院)初代会長を務めた。そうした業績を元に明治六大教育家として列される。昭和59年(1984年)から日本銀行券一万円紙幣表面の肖像に採用されている。
全国の大阪府出身者    全国の大阪市出身者
北里大学出身      大阪府出身の北里大学の出身者      全国の北里大学の出身者
 16  伴資健Wikipedia
伴 資健(ばん すけゆき、1835年12月31日(天保6年11月12日) - 1913年(大正2年)1月28日)は、安芸国(現広島県)出身の政治家。広島市長を3期務めた。幼名保之丞、のちに後十郎兵衛、資知と改名。
修道高等学校出身      全国の修道高等学校の出身者
 17  岩崎弥太郎    高知県 安芸市 出身Wikipedia
岩崎 弥太郎(いわさき やたろう、天保5年12月11日(1835年1月9日) - 明治18年(1885年)2月7日)は、日本の実業家。三菱財閥の創業者で初代総帥。明治の動乱期に政商として巨利を得た最も有名な人物である。諱は敏(後に寛)、雅号は東山。別名を土佐屋善兵衛。彌太郎とも書く[2]。
全国の高知県出身者    全国の安芸市出身者
東京海洋大学出身      高知県出身の東京海洋大学の出身者      全国の東京海洋大学の出身者




スポンサーリンク




有名人ナビ 出身高校編

有名人ナビ 出身大学編

有名人ナビ 誕生日編

有名人ナビ 出身都道府県編

有名人ナビ 星座編

日本人の名前(ファーストネーム)





スポンサーリンク



TOPへ戻る