トップページ >1834年生まれの有名人

このサイトに登録されている誕生日で有名人の数:89,185人


スポンサーリンク


このサイトに登録されている「1834年」生まれの有名人の数:16:人
 1  大石孫右衛門    秋田県 五城目町 出身Wikipedia
大石 孫右衛門(おおいし まごえもん、1834年(天保5年) - 1903年(明治36年)12月2日)は、江戸時代後期の篤志家。肝煎として私財を投じ、現在の秋田県五城目町の河川改修工事や新道開削を手がけた。[2]。
全国の秋田県出身者    全国の五城目町出身者
 2  太田黒伴雄    熊本県 出身Wikipedia
太田黒 伴雄(おおたぐろ ともお、天保5年(1834年) - 明治9年(1876年)10月25日)は、日本の士族。神風連の乱の首領、指導者。幼名は鉄兵衛。
全国の熊本県出身者
 3  森田悟由    愛知県 出身Wikipedia
森田 悟由(もりた ごゆう、俗名:常次郎、天保5年1月1日(1834年2月9日) - 大正4年(1915年)2月9日)は、日本の曹洞宗の僧侶。永平寺64世貫首。曹洞宗5代管長(性海慈舩禅師)。号は大休。
全国の愛知県出身者
駒澤大学出身      愛知県出身の駒澤大学の出身者      全国の駒澤大学の出身者
 4  嘉悦氏房    熊本県 肥後国託麻郡本山村(現・熊本市中央区) 出身Wikipedia
嘉悦 氏房(かえつ うじふさ、天保5年(1834年)1月 - 明治41年(1908年)10月30日)は、日本の政治家。
全国の熊本県出身者    全国の肥後国託麻郡本山村(現・熊本市中央区)出身者
 5  依田學海    千葉県 佐倉市 出身Wikipedia
依田 学海(よだ がっかい、旧字体:學海、天保4年11月24日(1834年1月3日) - 明治42年(1909年)12月27日)は、日本の漢学者、文芸評論家、小説家、劇作家。幼名は幸造、信造。通称は七郎、右衛門次郎。諱は朝宗(ともむね)。初め字を百川(ひゃくせん)といったが後にこれを本名とした。学海は雅号で、柳蔭とも号した。
全国の千葉県出身者    全国の佐倉市出身者
千葉県立佐倉高等学校出身      全国の千葉県立佐倉高等学校の出身者
 6  巌谷一六    滋賀県 甲賀市 出身Wikipedia
巌谷 一六(いわや いちろく、天保5年2月8日(1834年3月17日) - 明治38年(1905年)7月12日)は、滋賀県出身の政治家、書家。本名は修(幼名は辨治)、字を誠卿といい、一六は号で、別号に古梅・迂堂・金粟道人などがある。
全国の滋賀県出身者    全国の甲賀市出身者
 7  江藤新平    佐賀県 出身Wikipedia
江藤 新平(えとう しんぺい、天保5年2月9日(1834年3月18日) - 明治7年(1874年)4月13日)は日本の武士(佐賀藩士)、政治家。幼名は恒太郎・又蔵。諱は胤雄、胤風とも、号は南白。朝臣としての正式な名のりは平胤雄(たいら の たねお)。「維新の十傑」、「佐賀の七賢人」。
全国の佐賀県出身者
 8  島惟精    大分県 出身Wikipedia
島 惟精(しま いせい)1834年5月9日(天保5年4月1日) - 1886年(明治19年)5月11日)は、幕末の府内藩士、明治期の内務官僚、政治家。初代岩手県令、元老院議官。通称は唯蔵。
全国の大分県出身者
 9  川路利良    鹿児島県 鹿児島市 出身Wikipedia
川路 利良(かわじ としよし、天保5年5月11日(1834年6月17日) - 明治12年(1879年)10月13日)は、日本の幕末から明治初期の薩摩藩士、警察官僚、陸軍軍人。階級は大警視、陸軍少将。位階は正五位。勲等は勲二等。
全国の鹿児島県出身者    全国の鹿児島市出身者
 10  田中平八    長野県 出身Wikipedia
田中平八(たなかへいはち 1834年8月15日(天保5年7月11日) - 1884年(明治17年)6月8日)は、幕末、明治の実業家。本姓は藤島。幼名は釜吉。名は政春。
全国の長野県出身者
 11  田代栄助    埼玉県 秩父市(旧・秩父郡大宮郷) 出身Wikipedia
田代 栄助(たしろ えいすけ、天保5年8月14日(1834年9月16日) - 明治18年(1885年)5月17日)は江戸時代から明治時代にかけての侠客、明治初期の代言人。秩父事件では困民党の総理として無血蜂起を指揮した。
全国の埼玉県出身者    全国の秩父市(旧・秩父郡大宮郷)出身者
 12  泉谷力治    秋田県 五城目町 出身Wikipedia
泉谷 力治(いずみや りきじ、1834年9月5日 - 1909年12月5日)は、日本の教育者である。出羽国五十目村(後の秋田県五城目町) に、小学校の前身となる「森嶽学校」を設立するなど子弟教育に尽力した[2]。
全国の秋田県出身者    全国の五城目町出身者
 13  河上彦斎    熊本県 出身Wikipedia
河上 彦斎(かわかみ げんさい、天保5年11月25日〈1834年12月25日〉 - 明治4年12月4日〈1872年/明治5年1月13日〉)は、尊皇攘夷派の熊本藩士である。諱は玄明(はるあきら)。幕末の四大人斬りの一人とされる。明治維新後も攘夷を強固に主張しつづけたため、藩と新政府に危険視され、斬首された。
全国の熊本県出身者
 14  広沢真臣    山口県 出身Wikipedia
広沢 真臣(ひろさわ さねおみ、天保4年12月29日(1834年2月7日) - 明治4年1月9日(1871年2月27日))は、日本の武士(長州藩士)、政治家。初名は直温。障岳、向山と号した。維新の十傑の1人。賞典禄は大久保利通・木戸孝允と同等の1,800石で、長州藩の旗手であった。
全国の山口県出身者
 15  川崎八右衛門    茨城県 茨城町 出身Wikipedia
川崎 八右衛門(かわさき はちえもん、1834年(天保5年)12月 - 1907年(明治40年)1月13日)は東京川崎財閥の前身である川崎組、川崎銀行の創始者である。男爵、従五位。
全国の茨城県出身者    全国の茨城町出身者
 16  山田十竹Wikipedia
山田 十竹(やまだ じっちく、天保4年12月9日(1834年1月18日) - 明治34年(1901年)8月26日)は、江戸時代末期から明治時代の儒学者、漢学者、教育者。名は浩(ひろし)、字は養吉(ようきち)。号の「十竹」は広島城郭内の自宅に十数本の竹が植えられていたことによる。墓は広島市の比治山共同墓地(現・南区)。
修道高等学校出身      全国の修道高等学校の出身者




スポンサーリンク




有名人ナビ 出身高校編

有名人ナビ 出身大学編

有名人ナビ 誕生日編

有名人ナビ 出身都道府県編





スポンサーリンク