トップページ >1832年生まれの有名人

このサイトに登録されている誕生日で有名人の数:78,818人


スポンサーリンク


このサイトに登録されている「1832年」生まれの有名人の数:11:人
 1  安立利綱    鹿児島県 出身Wikipedia
安立 利綱(あだち としつな、天保3年(1832年) - 1892年(明治25年)9月30日)は、幕末の薩摩藩士、明治期の警察官僚。福井県知事。旧姓・迫田。
全国の鹿児島県出身者
 2  湖城以正    沖縄県 久米村 出身Wikipedia
湖城 以正(こぐすく いせい、1832年 - 1891年)は、主に琉球王国時代に活躍した、湖城流の唐手(現・空手)家である。通称は、湖城小(グヮー)。
全国の沖縄県出身者    全国の久米村出身者
 3  服部武雄Wikipedia
服部 武雄(はっとり たけお、天保3年(1832年) - 慶応3年11月18日(1867年12月13日))は、新選組隊士・御陵衛士。通称は三郎兵衛。
鎮西学院高等学校出身      全国の鎮西学院高等学校の出身者
 4  海江田信義    鹿児島県 出身Wikipedia
海江田 信義(かいえだ のぶよし、天保3年2月11日(1832年3月13日) - 明治39年(1906年)10月27日)は、日本の武士(薩摩藩士)、政治家。通称は武次(たけじ)。幕末期は有村俊斎の名で活動。雅号は黙声、静山、孤松。
全国の鹿児島県出身者
 5  津田出    和歌山県 和歌山市 出身Wikipedia
津田 出(つだ いずる、天保3年2月1日(1832年3月3日) - 明治38年(1905年)6月2日)は、幕末期から明治前期にかけて活躍した武士・官僚、陸軍軍人。明治新政府に先駆けて紀州藩藩政を改革して徴兵制を施行するなど、テストケースとして廃藩置県及び徴兵令に影響を与えた。官位は錦鶏間祗候陸軍少将従二位勲一等。通称は又太郎。号は芝山。
全国の和歌山県出身者    全国の和歌山市出身者
 6  安部井磐根    福島県 出身Wikipedia
安部井 磐根(あべい いわね、天保3年3月17日(1832年4月17日) - 大正5年(1916年)11月9日)は、日本の衆議院議員(大成会→憲政本党)。
全国の福島県出身者
 7  高林謙三    埼玉県 出身Wikipedia
高林謙三(たかばやし けんぞう、天保3年4月25日(1832年5月25日) - 明治34年(1901年4月1日)は、「高林式製茶機械」の開発で知られる発明家、実業家、医師。
全国の埼玉県出身者
 8  寺島宗則    鹿児島県 出身Wikipedia
寺島 宗則(てらしま むねのり、1832年6月21日(天保3年5月23日)- 1893年(明治26年)6月6日)は、日本の政治家。爵位は伯爵。元は松木弘安[注 1](まつき こうあん)。通称は寺島改姓後に陶蔵と名乗った。日本の電気通信の父と呼ばれる。第4代外務卿として活躍した。
全国の鹿児島県出身者
 9  中村正直    東京都 明治六大教育家 出身Wikipedia
中村 正直(なかむら まさなお、1832年6月24日(天保3年5月26日) - 1891年(明治24年)6月7日)は明治時代の日本の啓蒙思想家、教育者。文学博士。英学塾・同人社の創立者で、東京女子師範学校摂理、東京大学文学部教授、女子高等師範学校長を歴任した。通称・敬太郎、敬輔。号は敬宇。
全国の東京都出身者    全国の明治六大教育家出身者
 10  柳楢悦    東京都 出身Wikipedia
柳 楢悦(やなぎ ならよし、天保3年9月15日(1832年10月8日) - 明治24年(1891年)1月15日)は、日本の海軍軍人・和算家・数学者・測量学者・政治家。最終階級は海軍少将。錦鶏間祗候・元老院議官・貴族院議員。
全国の東京都出身者
 11  船津伝次平    群馬県 勢多郡富士見村 出身Wikipedia
船津伝次平(ふなつ でんじべい、天保3年11月1日(1832年11月22日) - 明治31年(1898年)6月15日)は、幕末から明治時代にかけて活動した農業研究家。
全国の群馬県出身者    全国の勢多郡富士見村出身者




スポンサーリンク




有名人ナビ 出身高校編

有名人ナビ 出身大学編

有名人ナビ 誕生日編

有名人ナビ 出身都道府県編





スポンサーリンク