トップページ >1831年生まれの有名人

このサイトに登録されている誕生日で有名人の数:78,818人


スポンサーリンク


このサイトに登録されている「1831年」生まれの有名人の数:8:人
 1  糸洲安恒    沖縄県 出身Wikipedia
糸洲 安恒(いとす あんこう、1831年 - 1915年3月11日)は、沖縄県の唐手(からて、現・空手)家。琉球王国時代から明治にかけて活躍した唐手の大家であり、唐手の「近代化」に着手した最初の人物としても知られる。
全国の沖縄県出身者
 2  天野八郎    群馬県 出身Wikipedia
天野 八郎(あまの はちろう、1831年(天保2年) - 1868年12月21日(明治元年11月8日))は、江戸時代後期、幕末期の幕臣である。幼名は林太郎。諱は忠告、号は斃止。妻はつね。子は1男1女。
全国の群馬県出身者
 3  林遠里    福岡県 出身Wikipedia
林遠里(はやし えんり、1831年3月8日(天保2年1月24日(旧暦)) - 1906年(明治39年)1月30日)は、福岡県生まれの老農(篤農家)・農業技術指導者。私塾・興産社・勧農社の創始者としても知られる。
全国の福岡県出身者
福岡県立修猷館高等学校出身      全国の福岡県立修猷館高等学校の出身者
 4  野村盛秀    鹿児島県 出身Wikipedia
野村 盛秀(のむら もりひで、1831年4月15日(天保2年3月3日) - 1873年(明治6年)5月21日)は、幕末の薩摩藩藩士。明治維新後に初代埼玉県令となるが、早世した。通称は宗七。
全国の鹿児島県出身者
 5  河鍋暁斎    茨城県 古河市 出身Wikipedia
河鍋 暁斎(かわなべ きょうさい、天保2年4月7日〈1831年5月18日〉 - 明治22年〈1889年〉4月26日)は、幕末から明治にかけて活躍した浮世絵師、日本画家。号は「ぎょうさい」とは読まず「きょうさい」と読む。それ以前の「狂斎」の号の「狂」を「暁」に改めたものである。明治3年(1870年)に筆禍事件で捕えられたこともあるほどの反骨精神の持ち主で、多くの戯画や風刺画を残している。狩野派の流れを受けているが、他の流派・画法も貪欲に取り入れ、自らを「画鬼」と称した。その筆力・写生力は群を抜いており、海外でも高く評価されている。
全国の茨城県出身者    全国の古河市出身者
 6  初代實川延若    大阪府 出身Wikipedia
初代 實川 延若(しょだい じつかわ えんじゃく、新字体:実川、天保2年6月23日(1831年7月31日) - 明治18年(1885年)9月18日)は、大坂出身の歌舞伎役者。本名は天星 庄八(あまぼし しょうはち)。屋号は河内屋。定紋は重ね井筒、替紋は五つ雁金。俳名は正鴈。
全国の大阪府出身者
 7  福羽美静    島根県 津和野町 出身Wikipedia
福羽 美静(ふくば びせい、「よししず」とも天保2年7月17日(1831年8月24日) - 明治40年(1907年)8月14日)は日本の武士・津和野藩士、国学者、歌人。通称は文三郎、号は木園、硯堂。子爵。貴族院議員、錦鶏間祗候。
全国の島根県出身者    全国の津和野町出身者
 8  近藤真琴    東京都 出身Wikipedia
近藤 真琴(こんどう まこと、天保2年9月24日(1831年10月29日) - 明治19年(1886年)9月4日)は、日本の教育家、思想家。明治の六大教育家の一人、攻玉社創立者。日本海軍軍人及び軍属、最終階級は海軍中佐。幼名は鉚之助。江戸生まれ。天保5年(1834年)9月14日に父を亡くし、4歳で家督を相続すると、諱を真琴、字を徽音、通称を誠一郎とした。
全国の東京都出身者




スポンサーリンク




有名人ナビ 出身高校編

有名人ナビ 出身大学編

有名人ナビ 誕生日編

有名人ナビ 出身都道府県編





スポンサーリンク