トップページ >1774年生まれの有名人

このサイトに登録されている誕生日で有名人の数:89,185人


スポンサーリンク


このサイトに登録されている「1774年」生まれの有名人の数:4:人
 1  景山粛    鳥取県 境港市 出身Wikipedia
景山 粛(かげやま しゅく、安永3年(1774年) - 文久2年5月3日(1862年5月31日))は日本の医師、儒者、教育者。号は仙嶽、通称は立碩。
全国の鳥取県出身者    全国の境港市出身者
 2  井上春策因碩    広島県 出身Wikipedia
井上春策因碩(いのうえ しゅんさくいんせき、安永3年(1774年) - 文化7年(1810年)5月8日)は、江戸時代の囲碁棋士で、家元井上家九世井上因碩。備後国出身、七段上手。元の姓は佐藤。本因坊元丈、安井知得仙知、林元美ら同世代で拮抗し、最も早く家督を継いだが、病弱だったとされ、37歳で夭逝した。
全国の広島県出身者
 3  藤田幽谷    茨城県 出身Wikipedia
藤田 幽谷(ふじた ゆうこく、1774年3月29日(安永3年2月18日) - 1826年12月29日(文政9年12月1日))は、江戸時代後期の儒学者・水戸学者・民政家。水戸城下で古着商藤田屋を営む与右衛門の次男、母は根本氏の娘。祖父に与左衛門。子に藤田東湖。常陸水戸生まれ。名は一正。通称は熊之介、後に与介、また次郎左衛門。字は子定。水戸学中興の祖。
全国の茨城県出身者
 4  銭屋五兵衛    石川県 出身Wikipedia
銭屋 五兵衛(ぜにや ごへえ、安永2年11月25日(1774年1月7日) - 嘉永5年11月21日(1852年12月31日)は、江戸時代後期の加賀の商人、海運業者。金沢藩の御用商人を務めた。姓名の略から「銭五」とも呼ばれる。幼名は茂助。「五兵衛」は銭屋代々の当主が襲名する通称だが、この項では最も著名な最後の当主(三代目)について説明する。
全国の石川県出身者




スポンサーリンク




有名人ナビ 出身高校編

有名人ナビ 出身大学編

有名人ナビ 誕生日編

有名人ナビ 出身都道府県編





スポンサーリンク