トップページ >1758年生まれの有名人

このサイトに登録されている誕生日で有名人の数:89,185人


スポンサーリンク


このサイトに登録されている「1758年」生まれの有名人の数:5:人
 1  小野川喜三郎    滋賀県 大津市 出身Wikipedia
小野川 喜三郎(おのがわ きさぶろう、1758年(宝暦8年) - 1806年4月30日(文化3年3月12日))は、近江国京町(現:滋賀県大津市)出身の元大相撲力士。第5代横綱。本名は川村 喜三郎(かわむら きさぶろう)。
全国の滋賀県出身者    全国の大津市出身者
 2  辻宗範    滋賀県 長浜市 出身Wikipedia
辻 宗範(つじ そうはん、宝暦8年(1758年) - 天保11年(1840年))は、江戸時代中期の茶道家。近江国出身。
全国の滋賀県出身者    全国の長浜市出身者
 3  稲村三伯    鳥取県 鳥取市 出身Wikipedia
稲村 三伯(いなむら さんぱく、宝暦8年(1758年) - 文化8年1月16日(1811年2月9日))は、江戸時代後期の蘭学者。幼名は龍介[2]、名は箭[2]、字は白羽[2]。号は原昆堂、白髪書生[2]。
全国の鳥取県出身者    全国の鳥取市出身者
 4  小池曲江    宮城県 出身Wikipedia
小池 曲江(こいけ きょっこう、宝暦8年(1758年) - 弘化4年9月8日(1847年10月16日))は、日本画家。現在の宮城県塩竈市生まれ。仙台藩四大画人の一人。名は維則、字は子翼、通称は周蔵、與八郎。雅号は曲江、甘眠堂。南蘋派に学んだ。
全国の宮城県出身者
 5  帆足長秋    熊本県 肥後国山鹿郡三玉村久村(現・山鹿市) 出身Wikipedia
帆足 長秋(ほあし ちょうしゅう、宝暦7年12月8日(1758年1月17日) - 文政5年1月14日(1822年2月5日))は、肥後国山鹿郡三玉村久村(現・熊本県山鹿市久原)に鎮座する天目一神社(あめのまひとつじんじゃ、薄野 一ツ目神社)及び 靈仙 二宮神社(りょうぜん にのみやじんじゃ)の神官、国学者で遠祖は豊後の帆足氏。姓を清原真人、名を政秀とも長秋とも称す。字は徳甫、通称を式部、号を抱月、徇精錦渓主人老槃洞屋号を考槃洞または抱月洞とも号した。
全国の熊本県出身者    全国の肥後国山鹿郡三玉村久村(現・山鹿市)出身者




スポンサーリンク




有名人ナビ 出身高校編

有名人ナビ 出身大学編

有名人ナビ 誕生日編

有名人ナビ 出身都道府県編





スポンサーリンク