トップページ >1872年生まれの有名人

このサイトに登録されている誕生日で有名人の数:89,188人


スポンサーリンク


このサイトに登録されている「1872年」生まれの有名人の数:114:人
 1  野田朝次郎    熊本県 天草郡天草下島(現・苓北町) 出身Wikipedia
野田 朝次郎(のだ あさじろう 1872年(明治5年)頃 - 1942年(昭和17年)1月)とは、記録に残っている中では最初にニュージーランドに移住し、帰化した日本人である。
全国の熊本県出身者    全国の天草郡天草下島(現・苓北町)出身者
 2  寺本婉雅    愛知県 出身Wikipedia
寺本 婉雅(てらもと えんが、1872年(明治5年) - 1940年(昭和15年))は、日本の仏教学者。愛知県海東郡出身で、日本人として3番目にチベットに入った東本願寺の僧である。
全国の愛知県出身者
 3  関口孝五郎    群馬県 出身Wikipedia
関口 孝五郎(せきぐち こうごろう、1872年 - 1953年)は、明治から昭和にかけての日本の柔道家。
全国の群馬県出身者
 4  磯村年    滋賀県 出身Wikipedia
磯村 年(いそむら とし、明治5年9月(1872年10月頃) - 1961年(昭和36年)9月12日)は、日本陸軍の軍人。最終階級は陸軍大将。
全国の滋賀県出身者
陸軍士官学校出身      滋賀県出身の陸軍士官学校の出身者      全国の陸軍士官学校の出身者
東京都立日比谷高等学校出身      全国の東京都立日比谷高等学校の出身者
 5  外村義郎    滋賀県 出身Wikipedia
外村 義郎(とのむら よしろう、1872年 - 1939年)は、日本の信徒伝道者。植村正久の弟子。
全国の滋賀県出身者
一橋大学出身      滋賀県出身の一橋大学の出身者      全国の一橋大学の出身者
 6  島重治    長崎県 出身Wikipedia
島 重治(しま しげはる、1872年 - 1959年)は、日本の土木技術者、都市計画家。長崎県出身。
全国の長崎県出身者
東京大学出身      長崎県出身の東京大学の出身者      全国の東京大学の出身者
 7  伊達宗倫 (男爵)Wikipedia
伊達 宗倫(だて むねみち、1872年(明治4年) - 1892年(明治25年)10月11日)は、男爵。伊達宗城の八男で宇和島藩分家当主。東京府宿所生まれ。
慶應義塾大学出身      出身の慶應義塾大学の出身者      全国の慶應義塾大学の出身者
 8  渡辺海旭    東京都 出身Wikipedia
渡辺 海旭(わたなべ かいきょく、明治5年1月15日(1872年2月23日) - 昭和8年(1933年)1月26日)は、東京・浅草出身の学僧。浄土宗の僧侶。社会事業家。阿雷狂史・壺月と号す。
全国の東京都出身者
芝高等学校出身      全国の芝高等学校の出身者
 9  内田銀蔵    東京都 足立区 出身Wikipedia
内田 銀蔵(うちだ ぎんぞう、明治5年1月25日(1872年3月4日) - 1919年(大正8年)7月20日)は、日本の歴史学者。専門は日本経済史。文学博士。日本経済史学の先駆者。
全国の東京都出身者    全国の足立区出身者
早稲田大学出身      東京都出身の早稲田大学の出身者      全国の早稲田大学の出身者
 10  千葉宮次郎    兵庫県 出身Wikipedia
千葉 宮次郎(ちば みやじろう、1872年(明治5年)1月 - 1933年(昭和8年)5月6日)は、日本の政治家、実業家。
全国の兵庫県出身者
明治大学出身      兵庫県出身の明治大学の出身者      全国の明治大学の出身者
 11  上野英三郎    三重県 一志郡本村(現・津市) 出身Wikipedia
上野 英三郎(うえの ひでさぶろう、1872年1月19日(明治4年12月10日) - 1925年(大正14年)5月21日)は、日本の農業土木学者である。農学博士。東京帝国大学教授。族籍は三重県平民。日本の農業土木、農業工学、農業農村工学の創始者であり、また東京都渋谷駅前に銅像が建つ忠犬ハチ公の飼い主としても知られる。
全国の三重県出身者    全国の一志郡本村(現・津市)出身者
東京大学出身      三重県出身の東京大学の出身者      全国の東京大学の出身者
 12  須藤憲三    山形県 出身Wikipedia
須藤 憲三(すとう けんぞう、明治5年1月10日(1872年2月18日) - 昭和9年(1934年)1月7日)は、日本の医師、医学者、医学博士、金沢医科大学学長、生化学者。日本における糖尿病研究の先駆者であり、尿糖の定量法を確立した。また、「栄養」の命名者でもある[1]。 当時は「営養」と書かれていたが「“営む”のではなく、“養い栄えさせる”のが栄養学の目的で、心身を栄えさせてはじめて頭も良くなるんだ」との主張の元、森鴎外、尾崎幸雄などの支持を得て「栄養」に改めた。 金沢医科大学病院に病院では初めて栄養部を設立1923年、栄養部長に大橋タカ子を登用。
全国の山形県出身者
日本医科大学出身      山形県出身の日本医科大学の出身者      全国の日本医科大学の出身者
 13  三矢重松    山形県 出身Wikipedia
三矢 重松(みつや しげまつ 明治4年11月29日(1872年1月19日) - 大正13年(1924年)7月18日)は、日本の国語学者・国文学者。文学博士。國學院大學教授。折口信夫の師。弟に三矢宮松がいる。
全国の山形県出身者
國學院大學出身      山形県出身の國學院大學の出身者      全国の國學院大學の出身者
山形県立山形東高等学校出身      全国の山形県立山形東高等学校の出身者
 14  諸井六郎    埼玉県 児玉郡本庄宿 出身Wikipedia
諸井 六郎(もろい ろくろう、1872年(明治5年)1月 - 1940年(昭和15年))は、児玉郡本庄宿(現在の埼玉県本庄市)出身の明治期から大正期の外交官、郷土史家。 従三位勲二等[2]。兄諸井恒平は秩父セメント会社の創設者。
全国の埼玉県出身者    全国の児玉郡本庄宿出身者
 15  田山花袋    群馬県 出身Wikipedia
田山 花袋(たやま かたい、1872年1月22日(明治4年12月13日) - 1930年(昭和5年)5月13日)は、日本の小説家。本名、録弥(ろくや)。群馬県(当時は栃木県)生れ。
全国の群馬県出身者
日本大学出身      群馬県出身の日本大学の出身者      全国の日本大学の出身者
 16  内田銀蔵    東京都 出身Wikipedia
内田 銀蔵(うちだ ぎんぞう、明治5年1月25日(1872年3月4日) - 1919年(大正8年)7月22日)は、日本の歴史学者。専門は日本経済史。文学博士。日本経済史学の先駆者。
全国の東京都出身者
早稲田大学出身      東京都出身の早稲田大学の出身者      全国の早稲田大学の出身者
 17  田山花袋    群馬県 出身Wikipedia
田山 花袋(たやま かたい、1872年1月22日(明治4年12月13日) - 1930年(昭和5年)5月13日)は、日本の小説家。本名、録弥(ろくや)。群馬県(当時は栃木県)生れ。
全国の群馬県出身者
日本大学出身      群馬県出身の日本大学の出身者      全国の日本大学の出身者
 18  上野英三郎    三重県 出身Wikipedia
上野 英三郎(うえの ひでさぶろう、1872年1月19日(明治4年12月10日) - 1925年(大正14年)5月21日)は、日本の農業土木学者である。日本の農業土木、農業工学、農業農村工学の創始者であり、また東京都渋谷駅前に銅像が建つ忠犬ハチ公の飼い主としても知られる。
全国の三重県出身者
東京大学出身      三重県出身の東京大学の出身者      全国の東京大学の出身者
 19  石田孝吉    島根県 出身Wikipedia
石田 孝吉(いしだ こうきち、1872年(明治5年2月) - 1926年(大正15年)8月9日[1])は、日本の衆議院議員、勲四等旭日小綬章。
全国の島根県出身者
慶應義塾大学出身      島根県出身の慶應義塾大学の出身者      全国の慶應義塾大学の出身者
 20  徳田秋声    石川県 帝国芸術院会員 出身Wikipedia
徳田 秋声(德田 秋聲、とくだ しゅうせい、男性、1872年2月1日(明治4年12月23日) - 1943年(昭和18年)11月18日)は、石川県金沢市生まれの小説家である。本名は末雄(すえお)。
全国の石川県出身者    全国の帝国芸術院会員出身者
 21  平櫛田中    広島県  沼隈郡今津村 出身Wikipedia
平櫛 田中(ひらくし(又は ひらぐし) でんちゅう、1872年2月23日(明治5年1月15日) - 1979年(昭和54年)12月30日)は、日本の彫刻家。本名は平櫛倬太郎。旧姓は田中。井原市名誉市民(1958年)、福山市名誉市民(1965年)、小平市名誉市民(1972年)。
全国の広島県出身者    全国の 沼隈郡今津村出身者
 22  武田徳三郎    新潟県 出身Wikipedia
武田 徳三郎(たけだ とくさぶろう、明治5年2月10日[1](1872年3月18日) - 昭和25年(1950年)5月23日[2])は日本の政治家、新聞記者。衆議院議員(6期、立憲政友会)
全国の新潟県出身者
法政大学出身      新潟県出身の法政大学の出身者      全国の法政大学の出身者
 23  岩辺季貴    熊本県 小川町(現・宇城市) 出身Wikipedia
岩辺 季貴(いわべ すえたか、1872年2月17日(明治5年1月9日) - 1955年(昭和30年)4月24日)は、日本海軍の軍人。海軍中将。
全国の熊本県出身者    全国の小川町(現・宇城市)出身者
 24  下田次郎Wikipedia
下田 次郎(しもだ じろう、明治5年3月6日(1872年4月13日) - 昭和13年(1938年)3月24日)は、日本の女子教育家。
東京大学出身      全国の東京大学の出身者
広島県立広島国泰寺高等学校出身      全国の広島県立広島国泰寺高等学校の出身者
 25  与良松三郎    長野県 小諸市 出身Wikipedia
与良 松三郎(よら まつさぶろう、明治5年3月23日(1872年4月30日) - 昭和13年(1938年)10月17日)は、日本の実業家、教育者。名古屋新聞社主筆・社長。与良ヱの父。旧姓は上野。
全国の長野県出身者    全国の小諸市出身者
 26  木村曙    兵庫県 出身Wikipedia
木村 曙(きむら あけぼの、明治5年3月3日(1872年4月10日) - 明治23年(1890年)10月19日)は兵庫県出身の作家。本名、岡本栄子。
全国の兵庫県出身者
お茶の水女子大学附属高等学校出身      全国のお茶の水女子大学附属高等学校の出身者
 27  内海弘蔵    神奈川県 出身Wikipedia
内海 弘蔵(うつみ こうぞう、明治5年3月24日(1872年5月1日) - 昭和10年(1935年)12月7日)は、神奈川県出身の国文学者、歌人。号は月杖(げつじょう)。
全国の神奈川県出身者
明治大学出身      神奈川県出身の明治大学の出身者      全国の明治大学の出身者
 28  大村卓一    福井県 出身Wikipedia
大村 卓一(おおむら たくいち、1872年3月21日(明治5年2月13日) - 1946年(昭和21年)3月5日)は日本の鉄道官僚・実業家。
全国の福井県出身者
 29  篠原温亭    熊本県 宇土郡宇土町(現・宇土市) 出身Wikipedia
篠原 温亭(しのはら おんてい、1872年3月9日(明治5年2月1日) - 1926年(大正15年)9月2日)は、俳人、小説家。
全国の熊本県出身者    全国の宇土郡宇土町(現・宇土市)出身者
龍谷大学出身      熊本県出身の龍谷大学の出身者      全国の龍谷大学の出身者
 30  比田井天来    長野県 出身Wikipedia
比田井天来(ひだい てんらい、1872年3月2日(明治5年1月23日) - 1939年1月4日)は、長野県出身の書道家。
全国の長野県出身者
二松學舍大学出身      長野県出身の二松學舍大学の出身者      全国の二松學舍大学の出身者
 31  西田天香    滋賀県 長浜市 出身Wikipedia
西田 天香(にしだ てんこう、1872年3月18日(明治5年2月10日) - 1968年(昭和43年)2月29日)は、滋賀県長浜市生まれの宗教家・社会事業家、政治家。一燈園の創始者。参議院議員。本名は市太郎。
全国の滋賀県出身者    全国の長浜市出身者
 32  比田井天来    長野県 出身Wikipedia
比田井天来(ひだい てんらい、1872年3月2日(明治5年1月23日) - 1939年1月4日)は、長野県出身の書道家。
全国の長野県出身者
東洋大学出身      長野県出身の東洋大学の出身者      全国の東洋大学の出身者
 33  比田井天来    長野県 出身Wikipedia
比田井天来(ひだい てんらい、1872年3月2日(明治5年1月23日) - 1939年1月4日)は、日本の書道家。「現代書道の父」と呼ばれる。本名・鴻。雅号は天来、別号の画沙(かくさ)、大朴(たいぼく)も用いる。
全国の長野県出身者
二松學舍大学出身      長野県出身の二松學舍大学の出身者      全国の二松學舍大学の出身者
 34  松木幹一郎    愛媛県 東予市 出身Wikipedia
松木 幹一郎(まつき かんいちろう、1872年3月10日(明治5年2月2日) - 1939年(昭和14年)6月14日)は、愛媛県に生まれ、明治から昭和初期にかけて活動した技術者、実業家。後藤新平の信頼が篤く、東京帝国大学卒業後逓信省、鉄道庁に勤めた後、台湾電力社長、帝都復興院副総裁などを務めた。
全国の愛媛県出身者    全国の東予市出身者
東京大学出身      愛媛県出身の東京大学の出身者      全国の東京大学の出身者
愛媛県立松山東高等学校出身      全国の愛媛県立松山東高等学校の出身者
 35  島崎藤村    岐阜県 中津川市 出身Wikipedia
島崎 藤村(しまざき とうそん、1872年3月25日(明治5年2月17日)- 1943年(昭和18年)8月22日)は、日本の詩人、小説家。本名は島崎 春樹(しまざき はるき)。信州木曾の中山道馬籠(現在の岐阜県中津川市馬籠)生まれ。
全国の岐阜県出身者    全国の中津川市出身者
明治学院大学出身      岐阜県出身の明治学院大学の出身者      全国の明治学院大学の出身者
明治学院高等学校出身      全国の明治学院高等学校の出身者
 36  篠原温亭    熊本県 出身Wikipedia
篠原 温亭(しのはら おんてい、1872年3月9日(明治5年2月1日) - 1926年(大正15年)9月2日)は、俳人、小説家。
全国の熊本県出身者
龍谷大学出身      熊本県出身の龍谷大学の出身者      全国の龍谷大学の出身者
 37  藍川清成    岐阜県 出身Wikipedia
藍川 清成(あいかわ きよなり、1872年(明治5年)4月15日 - 1948年(昭和23年)9月7日)は、明治末期から大正、昭和初期にかけて活動した日本の弁護士、政治家、実業家。岐阜県平民[1]。
全国の岐阜県出身者
東京大学出身      岐阜県出身の東京大学の出身者      全国の東京大学の出身者
 38  石田孝吉    島根県 田孝吉:元衆議院議 出身Wikipedia
石田 孝吉(いしだ こうきち、1872年4月7日(明治5年2月30日) - 1926年(大正15年)8月9日[2])は、日本の衆議院議員、勲四等旭日小綬章。
全国の島根県出身者    全国の田孝吉:元衆議院議出身者
慶應義塾大学出身      島根県出身の慶應義塾大学の出身者      全国の慶應義塾大学の出身者
 39  藍川清英    岐阜県 出身Wikipedia
藍川 清成(あいかわ きよなり、1872年(明治5年)4月15日 - 1948年(昭和23年)9月7日)は、明治末期から大正、昭和初期にかけて活動した日本の弁護士、政治家、実業家。岐阜県平民[1]。
全国の岐阜県出身者
法政大学出身      岐阜県出身の法政大学の出身者      全国の法政大学の出身者
 40  市来乙彦    鹿児島県 出身Wikipedia
市来 乙彦(いちき おとひこ、明治5年4月13日〈グレゴリオ暦1872年5月19日・ユリウス暦1872年5月7日〉 - 昭和29年〈グレゴリオ暦1954年〉2月19日)は、日本の大蔵官僚、政治家。貴族院議員、参議院議員。
全国の鹿児島県出身者
東京大学出身      鹿児島県出身の東京大学の出身者      全国の東京大学の出身者
 41  錦戸春吉    愛知県 豊川市 出身Wikipedia
錦戸春吉(にしきどはるきち、1872年4月21日(明治5年3月14日)-1945年4月24日)は、錦戸部屋に所属した元力士。5代錦戸。本名は吉澤春吉(旧姓 大場春吉)。愛知県豊川市赤坂町出身(当時は額田県)。164cm、96kg。最高位は西前頭15枚目。
全国の愛知県出身者    全国の豊川市出身者
 42  板谷波山    茨城県 真壁郡下館町(現・筑西市) 出身Wikipedia
板谷 波山(いたや はざん、1872年4月10日〈明治5年3月3日〉 - 1963年〈昭和38年〉10月10日)は、明治後期から昭和中期にかけて活動した日本の陶芸家。本名は板谷 嘉七(いたや かしち)。号は、始め「勤川」、のち「波山」。「勤川」は故郷を流れる五行川の別名「勤行川(ごんぎょうがわ)」に、「波山」は故郷の名山である「筑波山」に因む。
全国の茨城県出身者    全国の真壁郡下館町(現・筑西市)出身者
東京芸術大学出身      茨城県出身の東京芸術大学の出身者      全国の東京芸術大学の出身者
 43  市来乙彦    鹿児島県 出身Wikipedia
市来 乙彦(いちき おとひこ、明治5年4月13日〈グレゴリオ暦1872年5月19日〉 - 昭和29年〈1954年〉2月19日)は、日本の大蔵官僚、政治家。貴族院議員、参議院議員。
全国の鹿児島県出身者
東京大学出身      鹿児島県出身の東京大学の出身者      全国の東京大学の出身者
 44  野田文一郎    広島県 出身Wikipedia
野田 文一郎(のだ ぶんいちろう、1872年4月12日(明治5年3月5日) - 1960年(昭和35年)3月9日)は、広島県三次町(後の三次市)出身の裁判官、政治家。関西法律学校(後の関西大学)卒業。正四位勲二等旭日重光章。
全国の広島県出身者
明治大学出身      広島県出身の明治大学の出身者      全国の明治大学の出身者
 45  板谷波山    茨城県 出身Wikipedia
板谷 波山(いたや はざん、1872年4月10日〈明治5年3月3日〉 - 1963年〈昭和38年〉10月10日)は、明治後期から昭和中期にかけて活動した日本の陶芸家。本名は板谷 嘉七(いたや かしち)。号は、始め「勤川」、のち「波山」。「勤川」は故郷を流れる五行川の別名「勤行川(ごんぎょうがわ)」に、「波山」は故郷の名山である「筑波山」に因む。
全国の茨城県出身者
東京芸術大学出身      茨城県出身の東京芸術大学の出身者      全国の東京芸術大学の出身者
 46  下郷久成    滋賀県 出身Wikipedia
下郷 久成(しもごう ひさなり、1872年4月23日(明治5年3月16日) - 1946年(昭和21年)1月15日)は、明治時代の実業家、貴族院議員、勲四等。2代目下郷傳平(しもごう でんべい)。幼名は寅吉。
全国の滋賀県出身者
慶應義塾大学出身      滋賀県出身の慶應義塾大学の出身者      全国の慶應義塾大学の出身者
 47  俵国一    島根県 浜田市 出身Wikipedia
俵 国一(たわら くにいち、1872年4月5日(明治5年2月28日) - 1958年(昭和33年)7月30日)は日本の冶金学者。工学博士。東京帝国大学名誉教授。島根県生まれ平民。
全国の島根県出身者    全国の浜田市出身者
 48  村越三千男    埼玉県 出身Wikipedia
村越 三千男(むらこし みちお、1872年4月20日(明治5年3月13日) - 1948年4月[2])は、日本の博物学者、教育者。特に牧野富太郎『日本植物図鑑』と同時期に刊行した『大植物図鑑』の著者として知られる。また他にも動物図鑑や昆虫図鑑の編集も行なっている。
全国の埼玉県出身者
 49  野田文一郎    広島県 出身Wikipedia
野田 文一郎(のだ ぶんいちろう、1872年4月12日(明治5年3月5日) - 1960年(昭和35年)3月9日)は、広島県三次町(後の三次市)出身の裁判官、政治家。関西法律学校(後の関西大学)卒業。正四位勲二等旭日重光章。
全国の広島県出身者
関西大学出身      広島県出身の関西大学の出身者      全国の関西大学の出身者
 50  野田文一郎    広島県  双三郡三次町 出身Wikipedia
野田 文一郎(のだ ぶんいちろう、1872年4月12日(明治5年3月5日) - 1960年(昭和35年)3月9日)は、広島県三次町(後の三次市)出身の裁判官、政治家。関西法律学校(後の関西大学)卒業。正四位勲二等旭日重光章。
全国の広島県出身者    全国の 双三郡三次町出身者
明治大学出身      広島県出身の明治大学の出身者      全国の明治大学の出身者
 51  仙石政敬Wikipedia
仙石 政敬(せんごく まさゆき、明治5年4月20日(1872年5月26日) - 昭和10年(1935年)9月16日)は、明治時代から昭和初期にかけての官僚・政治家。子爵。
東京帝国大学出身      全国の東京帝国大学の出身者
学習院高等科出身      全国の学習院高等科の出身者
 52  樋口一葉    東京都 台東区 出身Wikipedia
樋口 一葉(ひぐち いちよう、1872年5月2日(明治5年3月25日)- 1896年(明治29年)11月23日)は、日本の小説家。東京生まれ。本名は夏子、戸籍名は奈津。
全国の東京都出身者    全国の台東区出身者
 53  和田潤    高知県 出身Wikipedia
和田 潤(わだ じゅん、1872年5月8日(明治5年4月2日) - 1947年(昭和22年)[1])は日本の内務官僚、政治家。沖縄県知事、郡山市長、松阪市長。
全国の高知県出身者
法政大学出身      高知県出身の法政大学の出身者      全国の法政大学の出身者
 54  藍川清成    岐阜県 現岐阜市 出身Wikipedia
藍川 清成(あいかわ きよなり、1872年5月21日(明治5年4月15日) - 1948年(昭和23年)9月7日)は、明治末期から大正、昭和初期にかけて活動した日本の弁護士、政治家、実業家。
全国の岐阜県出身者    全国の現岐阜市出身者
東京大学出身      岐阜県出身の東京大学の出身者      全国の東京大学の出身者
 55  加納友之介    茨城県 出身Wikipedia
加納 友之介(かのう とものすけ、1872年6月13日(明治5年5月8日) - 1936年(昭和11年)8月14日)は、明治期の官僚、住友銀行理事。
全国の茨城県出身者
慶應義塾大学出身      茨城県出身の慶應義塾大学の出身者      全国の慶應義塾大学の出身者
 56  名取和作    長野県 出身Wikipedia
名取 和作(なとり わさく、1872年6月3日(明治5年4月28日) - 1959年(昭和34年)6月4日)は、日本の実業家、政治家。貴族院勅選議員、富士電機製造会社(現・富士電機ホールディングス)初代社長。子に名取洋之助。
全国の長野県出身者
慶應義塾大学出身      長野県出身の慶應義塾大学の出身者      全国の慶應義塾大学の出身者
 57  名取和作    長野県 出身Wikipedia
名取 和作(なとり わさく、1872年6月3日(明治5年4月28日) - 1959年(昭和34年)6月4日)は、日本の実業家、政治家。貴族院勅選議員、富士電機製造会社(現・富士電機ホールディングス)初代社長。子に名取洋之助。
全国の長野県出身者
慶應義塾大学出身      長野県出身の慶應義塾大学の出身者      全国の慶應義塾大学の出身者
 58  百武三郎    佐賀県 出身Wikipedia
百武 三郎(ひゃくたけ さぶろう、1872年6月3日(明治5年4月28日) - 1963年(昭和38年)10月30日)は、日本の海軍軍人、海軍大将、侍従長。二人の弟、百武源吾は海軍大将、百武晴吉は陸軍中将。三郎・源吾は海軍史上唯一組の海軍大将兄弟である。
全国の佐賀県出身者
攻玉社高等学校出身      全国の攻玉社高等学校の出身者
 59  渋川玄耳    佐賀県 出身Wikipedia
渋川 玄耳(しぶかわ げんじ、1872年6月3日(明治5年4月28日) - 1926年(大正15年)4月9日)。明治期に活躍したジャーナリスト、随筆家、俳人。佐賀県出身。本名渋川柳次郎。ほかに薮野椋十(やぶの むくじゅう)の筆名を用いる。
全国の佐賀県出身者
中央大学出身      佐賀県出身の中央大学の出身者      全国の中央大学の出身者
 60  百武三郎Wikipedia
百武 三郎(ひゃくたけ さぶろう、1872年6月3日(明治5年4月28日) - 1963年(昭和38年)10月30日)は、日本の海軍軍人、海軍大将、侍従長。二人の弟、百武源吾は海軍大将、百武晴吉は陸軍中将。三郎・源吾は海軍史上唯一組の海軍大将兄弟である。
佐賀県立佐賀西高等学校出身      全国の佐賀県立佐賀西高等学校の出身者
 61  林毅陸    佐賀県 出身Wikipedia
林 毅陸(はやし きろく、1872年6月6日(明治5年5月1日) - 1950年(昭和25年)12月17日)は、明治後期から戦前昭和期の歴史家、法学者(法学博士)、政治家。枢密顧問官、衆議院議員、帝国学士院会員、第6代慶應義塾塾長、初代愛知大学学長等を歴任。号は弘堂。
全国の佐賀県出身者
 62  渋川玄耳    佐賀県 出身Wikipedia
渋川 玄耳(しぶかわ げんじ、1872年6月3日(明治5年4月28日) - 1926年(大正15年)4月9日)は、明治期に活躍したジャーナリスト、随筆家、俳人。佐賀県出身。本名渋川柳次郎。ほかに薮野椋十(やぶの むくじゅう)の筆名を用いる。
全国の佐賀県出身者
中央大学出身      佐賀県出身の中央大学の出身者      全国の中央大学の出身者
 63  櫻井鴎村    愛媛県 出身Wikipedia
櫻井 鴎村(さくらい おうそん、1872年7月31日(明治5年6月26日) - 1929年(昭和4年)2月27日)は日本の翻訳家、児童文学者、教育者、実業家である。本名は彦一郎(ひこいちろう)。津田梅子とともに女子英学塾(今の津田塾大学)を設立して幹事となる。北樺太石油会社(英: Northern Karafuto Oil Consession)の取締役を勤める。日本陸軍軍人の櫻井忠温は弟である。
全国の愛媛県出身者
愛媛県立松山東高等学校出身      全国の愛媛県立松山東高等学校の出身者
 64  杉村楚人冠    和歌山県 出身Wikipedia
杉村 楚人冠(すぎむら そじんかん、明治5年7月25日(1872年8月28日) - 昭和20年(1945年)10月3日)は、新聞記者、随筆家、俳人である。本名は杉村 廣太郎(すぎむら こうたろう)。別号は縦横、紀伊縦横生、四角八面生、涙骨など多数。
全国の和歌山県出身者
中央大学出身      和歌山県出身の中央大学の出身者      全国の中央大学の出身者
 65  松江豊寿    福島県 出身Wikipedia
松江 豊寿(まつえ とよひさ、1872年7月11日(明治5年6月6日) - 1956年(昭和31年)5月21日)は、日本の陸軍軍人、政治家。最終階級は陸軍少将。第9代若松市長。
全国の福島県出身者
 66  吉田静致Wikipedia
吉田 静致(よしだ せいち、明治5年7月25日(1872年8月28日) - 昭和20年(1945年)10月4日)は日本の倫理学者。
東京帝国大学出身      全国の東京帝国大学の出身者
長野県松本深志高等学校出身      全国の長野県松本深志高等学校の出身者
 67  安田伊左衛門    岐阜県 出身Wikipedia
安田 伊左衛門(やすだ いさえもん、安田 伊左衞門、1872年7月28日- 1958年5月18日)は日本の陸軍軍人、最終階級は陸軍騎兵大尉。衆議院議員ののち貴族院議員、日本競馬会理事長、日本中央競馬会理事長。正五位勲三等旭日中綬章。
全国の岐阜県出身者
東京大学出身      岐阜県出身の東京大学の出身者      全国の東京大学の出身者
 68  佐佐木信綱    三重県 鈴鹿市 出身Wikipedia
佐佐木 信綱(ささき のぶつな、1872年7月8日(明治5年6月3日) - 1963年(昭和38年)12月2日)は、日本の歌人・国文学者。正三位勲六等文学博士。
全国の三重県出身者    全国の鈴鹿市出身者
東京大学出身      三重県出身の東京大学の出身者      全国の東京大学の出身者
日本学園高等学校出身      全国の日本学園高等学校の出身者
 69  杉村楚人冠    和歌山県 出身Wikipedia
杉村 楚人冠(すぎむら そじんかん、明治5年7月25日(1872年8月28日) - 昭和20年(1945年)10月3日)は、新聞記者、随筆家、俳人である。本名は杉村 廣太郎(すぎむら こうたろう)。別号は縦横、紀伊縦横生、四角八面生、涙骨など多数。
全国の和歌山県出身者
中央大学出身      和歌山県出身の中央大学の出身者      全国の中央大学の出身者
 70  加藤与五郎    愛知県 出身Wikipedia
加藤 与五郎(かとう よごろう、旧字体:加藤 與五郞、1872年8月5日(明治5年7月2日)- 1967年(昭和42年)8月13日)は、日本の化学者、工学者、理学博士。
全国の愛知県出身者
東京工業大学出身      愛知県出身の東京工業大学の出身者      全国の東京工業大学の出身者
 71  藤岡勝二Wikipedia
藤岡勝二(ふじおか かつじ、1872年8月12日 – 1935年2月28日)は、日本の言語学者。上田萬年を継いで東京帝国大学言語学教授をつとめた。
京都府立洛北高等学校出身      全国の京都府立洛北高等学校の出身者
 72  奥田重栄    福島県 出身Wikipedia
奥田 重栄(おくだ しげよし、1872年8月13日(明治5年7月10日) - 1956年(昭和31年)1月10日)は、日本の陸軍軍人。最終階級は陸軍少将。
全国の福島県出身者
 73  安田伊左衛門    岐阜県 出身Wikipedia
安田 伊左衛門(やすだ いさえもん、安田 伊左衞門、1872年8月31日(明治5年7月28日) - 1958年(昭和33年)5月18日)は、日本の陸軍軍人、政治家。軍人としての階級は陸軍騎兵大尉。衆議院議員ののち貴族院議員。他に日本競馬会理事長、日本中央競馬会理事長を務める。栄典は正五位勲三等旭日中綬章。
全国の岐阜県出身者
東京大学出身      岐阜県出身の東京大学の出身者      全国の東京大学の出身者
 74  江藤哲蔵    熊本県 陣内村(現・大津町) 出身Wikipedia
江藤 哲蔵(えとう てつぞう、明治5年8月3日(1872年9月5日) - 大正8年(1919年)6月24日[2])は、衆議院議員(立憲政友会)。
全国の熊本県出身者    全国の陣内村(現・大津町)出身者
 75  加藤与五郎    愛知県 出身Wikipedia
加藤 与五郎(かとう よごろう、旧字体:加藤 與五郞、1872年8月5日(明治5年7月2日)- 1967年(昭和42年)8月13日)は、日本の化学者、工学者、理学博士。
全国の愛知県出身者
京都大学出身      愛知県出身の京都大学の出身者      全国の京都大学の出身者
 76  岡鬼太郎Wikipedia
岡 鬼太郎(おか おにたろう、明治5年8月1日(1872年9月3日) - 1943年(昭和18年)10月29日)は、歌舞伎作家、劇評家、著述家。本名嘉太郎(よしたろう)。号は鬼吟(きぎん)。
慶應義塾大学出身      全国の慶應義塾大学の出身者
東京都立日比谷高等学校出身      全国の東京都立日比谷高等学校の出身者
 77  大谷幸四郎    高知県 出身Wikipedia
大谷 幸四郎(おおたに こうしろう、1872年8月23日(明治5年7月20日) - 1937年6月24日)は、日本海軍の軍人。最終階級は海軍中将。
全国の高知県出身者
海軍兵学校出身      高知県出身の海軍兵学校の出身者      全国の海軍兵学校の出身者
高知県立高知小津高等学校出身      全国の高知県立高知小津高等学校の出身者
 78  加藤与五郎    愛知県 出身Wikipedia
加藤 与五郎(かとう よごろう、旧字体:加藤 與五郞、1872年8月5日(明治5年7月2日)- 1967年(昭和42年)8月13日)は、日本の化学者、工学者、理学博士。
全国の愛知県出身者
同志社大学出身      愛知県出身の同志社大学の出身者      全国の同志社大学の出身者
 79  畑英太郎    福島県 出身Wikipedia
畑 英太郎(はた えいたろう、1872年8月28日(明治5年7月25日) - 1930年5月31日)は、日本陸軍の軍人。最終階級は陸軍大将。
全国の福島県出身者
慶應義塾大学出身      福島県出身の慶應義塾大学の出身者      全国の慶應義塾大学の出身者
麻布高等学校出身      全国の麻布高等学校の出身者
 80  松尾伝蔵    福井県 出身Wikipedia
松尾 伝蔵(まつお でんぞう、明治5年8月16日(1872年9月18日) - 昭和11年(1936年)2月26日)は、日本の陸軍軍人。最終階級は陸軍大佐。
全国の福井県出身者
福井県立藤島高等学校出身      全国の福井県立藤島高等学校の出身者
 81  青井鉞男    栃木県 宇都宮市 出身Wikipedia
青井 鉞男(あおい えつお、明治5年8月10日(1872年9月12日) - 1937年(昭和12年)9月17日)は、日本のアマチュア野球選手(投手)で、学生野球の指導者。
全国の栃木県出身者    全国の宇都宮市出身者
東京大学出身      栃木県出身の東京大学の出身者      全国の東京大学の出身者
栃木県立宇都宮高等学校出身      全国の栃木県立宇都宮高等学校の出身者
 82  石川安次郎    岡山県 出身Wikipedia
石川 安次郎(いしかわ やすじろう、1872年(明治5年)8月17日 - 1925年(大正14年)11月12日)は、明治大正期の日本のジャーナリスト、代議士。号は半山(はんざん)で、通称石川半山。王冠章を白耳義皇帝から受章している[要出典]。
全国の岡山県出身者
慶應義塾大学出身      岡山県出身の慶應義塾大学の出身者      全国の慶應義塾大学の出身者
 83  幣原喜重郎    大阪府 門真市 出身Wikipedia
幣原 喜重郎(しではら きじゅうろう、1872年9月13日(明治5年8月11日) - 1951年(昭和26年)3月10日)は、日本の外交官、政治家。位階は従一位。勲等は勲一等。爵位は男爵。
全国の大阪府出身者    全国の門真市出身者
東京大学出身      大阪府出身の東京大学の出身者      全国の東京大学の出身者
 84  鵜澤總明    千葉県 出身Wikipedia
鵜澤 總明(うざわ ふさあき、1872年9月4日(明治5年8月2日)- 1955年10月21日)は日本の弁護士、政治家。学位は法学博士。新字体で鵜沢 総明(うざわ ふさあき)とも表記される。
全国の千葉県出身者
東京大学出身      千葉県出身の東京大学の出身者      全国の東京大学の出身者
 85  工藤吉次    山形県 出身Wikipedia
工藤 吉次(くどう きちじ、明治5年9月29日[1](1872年10月31日) - 昭和11年(1936年)1月9日[2])は、衆議院議員(立憲政友会)、弁護士。
全国の山形県出身者
明治大学出身      山形県出身の明治大学の出身者      全国の明治大学の出身者
 86  森田茂    高知県 出身Wikipedia
森田 茂(もりた しげる、1872年9月19日 - 1932年11月30日)は、日本の政治家、第24代衆議院議長。
全国の高知県出身者
明治大学出身      高知県出身の明治大学の出身者      全国の明治大学の出身者
 87  秦豊助Wikipedia
秦 豊助(はた とよすけ、1872年9月29日(明治5年8月27日) - 1933年(昭和8年)2月4日)は、日本の内務官僚、政治家。衆議院議員、拓務大臣。
東京帝国大学出身      全国の東京帝国大学の出身者
東京都立日比谷高等学校出身      全国の東京都立日比谷高等学校の出身者
 88  山室軍平    岡山県 阿哲郡(現新見市) 出身Wikipedia
山室 軍平(やまむろ ぐんぺい、1872年9月1日(明治5年7月29日戸籍上は8月20日) - 1940年(昭和15年)3月13日)は日本の宗教家。説教者。日本人初の救世軍士官(=牧師)で日本人初の日本軍国司令官(「日本軍国初代司令官」ではない[3])。最終階級は中将[4][5]。岡山県阿哲郡哲多町(現在の新見市)生まれ。石井十次、アリス・ペティ・アダムス、留岡幸助とともに「岡山四聖人」と呼ばれる。
全国の岡山県出身者    全国の阿哲郡(現新見市)出身者
同志社大学出身      岡山県出身の同志社大学の出身者      全国の同志社大学の出身者
 89  宮崎三之助Wikipedia
宮崎 三之助(みやざき さんのすけ、1872年(明治5年)9月 – 1941年(昭和16年)9月1日[1])は、日本の裁判官、弁護士、政治家。
明治大学出身      全国の明治大学の出身者
 90  鵜澤總明    千葉県 出身Wikipedia
鵜澤 總明(うざわ ふさあき、1872年9月4日(明治5年8月2日)- 1955年10月21日)は日本の弁護士、政治家。学位は法学博士。新字体で鵜沢 総明(うざわ ふさあき)とも表記される。
全国の千葉県出身者
東京大学出身      千葉県出身の東京大学の出身者      全国の東京大学の出身者
 91  山室軍平    岡山県 出身Wikipedia
山室 軍平(やまむろ ぐんぺい、1872年9月1日(明治5年7月29日戸籍上は8月20日) - 1940年(昭和15年)3月13日)は日本の宗教家。説教者。日本人初の救世軍士官[2](=牧師)で日本人初の日本軍国司令官(「日本軍国初代司令官」ではない[3])。最終階級は中将[4][5]。岡山県阿哲郡哲多町(現在の新見市)生まれ。石井十次、アリス・ペティ・アダムス、留岡幸助とともに「岡山四聖人」と呼ばれる。
全国の岡山県出身者
同志社大学出身      岡山県出身の同志社大学の出身者      全国の同志社大学の出身者
 92  加藤精神    愛媛県 出身Wikipedia
加藤 精神(かとう せいしん、明治5年9月29日(1872年10月31日) - 昭和31年(1956年)10月18日)は、愛媛県松山市出身の真言宗豊山派の学僧、仏教学者、文学博士、大正大学名誉教授。
全国の愛媛県出身者
東洋大学出身      愛媛県出身の東洋大学の出身者      全国の東洋大学の出身者
 93  幣原喜重郎    大阪府 出身Wikipedia
幣原 喜重郎(しではら きじゅうろう、1872年9月13日(明治5年8月11日) - 1951年(昭和26年)3月10日)は、日本の外交官、政治家。位階は従一位。勲等は勲一等。爵位は男爵。 
全国の大阪府出身者
京都大学出身      大阪府出身の京都大学の出身者      全国の京都大学の出身者
 94  秦豊助Wikipedia
秦 豊助(はた とよすけ、1872年9月29日(明治5年8月27日) - 1933年(昭和8年)2月4日)は、日本の内務官僚、政治家。衆議院議員、拓務大臣。
東京帝国大学出身      全国の東京帝国大学の出身者
日本学園高等学校出身      全国の日本学園高等学校の出身者
 95  森田茂    高知県 出身Wikipedia
森田 茂(もりた しげる、1872年9月19日 - 1932年11月30日)は、日本の政治家、第24代衆議院議長。
全国の高知県出身者
明治大学出身      高知県出身の明治大学の出身者      全国の明治大学の出身者
 96  幣原喜重郎    大阪府 出身Wikipedia
幣原 喜重郎(しではら きじゅうろう、1872年9月13日(明治5年8月11日) - 1951年(昭和26年)3月10日)は、日本の外交官、政治家。位階は従一位。勲等は勲一等。爵位は男爵。 
全国の大阪府出身者
東京大学出身      大阪府出身の東京大学の出身者      全国の東京大学の出身者
 97  荒木十畝    長崎県 出身Wikipedia
荒木 十畝(あらき じっぽ、1872年10月5日(明治5年9月3日) - 1944年(昭和19年)9月11日)は、日本画家。長崎県大村生まれ。本名・朝長悌二郎。
全国の長崎県出身者
長崎県立大村高等学校出身      全国の長崎県立大村高等学校の出身者
 98  柴田天馬    鹿児島県 出身Wikipedia
柴田 天馬(しばた てんま、明治5年10月3日(1872年11月3日) - 昭和38年(1963年)2月9日)は、中国文学者、ジャーナリスト。
全国の鹿児島県出身者
中央大学出身      鹿児島県出身の中央大学の出身者      全国の中央大学の出身者
 99  富田幸次郎    高知県 出身Wikipedia
富田 幸次郎(とみた こうじろう、明治5年10月1日(1872年11月1日) - 昭和13年(1938年)3月23日)は日本の新聞人、政治家、第32代衆議院議長、双川と号した。
全国の高知県出身者
 100  菅舜英Wikipedia
菅 舜英(すが しゅんえい、明治5年(1872年)10月19日- 昭和31年(1956年)5月27日)は石川県羽咋郡生まれの僧侶、大正、昭和時代の社会主義者、後に国家社会主義に転向。
東洋大学出身      全国の東洋大学の出身者
 101  南部利克Wikipedia
南部 利克(なんぶ としなり、明治5年10月17日(1872年11月17日) – 昭和25年(1950年)5月6日)は、八戸南部氏12代当主。
慶應義塾大学出身      出身の慶應義塾大学の出身者      全国の慶應義塾大学の出身者
 102  筧克彦    長野県 出身Wikipedia
筧 克彦(かけい かつひこ 1872年11月28日 - 1961年2月27日)は、日本の法学者、神道思想家。専門は公法学、法哲学(法理学)、憲法学。
全国の長野県出身者
東京大学出身      長野県出身の東京大学の出身者      全国の東京大学の出身者
 103  岡本綺堂Wikipedia
岡本綺堂(おかもと きどう、1872年11月15日(明治5年10月15日) - 1939年(昭和14年)3月1日) は、小説家、劇作家。本名は岡本 敬二(おかもと けいじ)。別号に狂綺堂、鬼菫、甲字楼など。著名な作品は、新歌舞伎の作者及び「半七捕物帳」などがある。
東京都立日比谷高等学校出身      全国の東京都立日比谷高等学校の出身者
 104  武島羽衣Wikipedia
武島 羽衣(たけしま はごろも、明治5年11月3日(1872年12月3日) - 昭和42年(1967年)2月3日)は日本の詩人、国文学者、作詞家。宮内省御歌所寄人。本名・武島 又次郎。
東京大学出身      全国の東京大学の出身者
東京都立日比谷高等学校出身      全国の東京都立日比谷高等学校の出身者
 105  山元春挙    滋賀県 大津市 出身Wikipedia
山元 春挙(やまもと しゅんきょ、明治4年11月24日(1872年1月4日) - 昭和8年(1933年)7月12日)は、明治から昭和初期にかけ活動した円山四条派の日本画家。本名は金右衛門。幼名は寛之助。別号に円融斎、一徹居士。竹内栖鳳と共に、近代京都画壇を代表する画家である。
全国の滋賀県出身者    全国の大津市出身者
 106  増田勇    青森県 出身Wikipedia
増田 勇(ますだ いさむ、明治5年11月25日(1872年12月25日) - 昭和20年(1945年)3月10日)は、日本の医学者、皮膚科医。ハンセン病研究の先覚者である。青森県で開業し、1904年に青森県の医師会で自分が作った薬が有効と主張、患者を連れて発表した。その後横浜に転じ、1907年『癩病と社会問題』という著書を発表、同年のらい予防法を強く批判した。本の出版に対し、政府による圧迫があったようで、その後の活躍はみられない。横浜時代の患者の写真を撮影しハンナ・リデルに送付している。
全国の青森県出身者
 107  古川鈊三郎    福井県 出身Wikipedia
古川 鈊三郎(ふるかわ しんざぶろう、1872年11月24日(明治5年10月24日) - 1959年1月1日)は、日本海軍の軍人。最終階級は海軍中将。
全国の福井県出身者
 108  武田五一    広島県  福山藩 出身Wikipedia
武田 五一(たけだ ごいち、明治5年11月15日(1872年12月15日) - 1938年(昭和13年)2月5日)は、日本の建築家・建築学者。
全国の広島県出身者    全国の 福山藩出身者
東京大学出身      広島県出身の東京大学の出身者      全国の東京大学の出身者
 109  武田五一    広島県 出身Wikipedia
武田 五一(たけだ ごいち、明治5年11月15日(1872年12月15日) - 1938年(昭和13年)2月5日)は、備後福山藩(現・広島県福山市)出身の建築家・学者。
全国の広島県出身者
東京大学出身      広島県出身の東京大学の出身者      全国の東京大学の出身者
 110  磯村年    滋賀県 出身Wikipedia
磯村 年(いそむら とし、1872年11月1日(明治5年9月30日) - 1961年(昭和36年)9月12日)は、日本陸軍の軍人。最終階級は陸軍大将。
全国の滋賀県出身者
 111  安永東之助Wikipedia
安永 東之助(やすなが とうのすけ、1872年11月 - 1905年11月17日)は大陸浪人。日露戦争における特別任務隊満州義軍隊員・掩撃隊第一隊長。
福岡県立修猷館高等学校出身      全国の福岡県立修猷館高等学校の出身者
 112  別所梅之助Wikipedia
別所 梅之助(べっしょ うめのすけ、明治4年12月12日(1872年1月21日) - 昭和20年(1945年)3月1日)は日本の牧師、讃美歌作家。明治版共通『讃美歌』(1903年)、昭和6年(1931年)版の『讃美歌』の編集に携わり、日本の讃美歌史に貢献した。1917年の『大正改訳聖書』の改訂にも委員として参加した。
青山学院大学出身      出身の青山学院大学の出身者      全国の青山学院大学の出身者
 113  安西直一    千葉県 出身Wikipedia
安西 直一(名前の読み方不明。明治5年(1872年)12月2日 - 没年不明)は、日本の実業家、政治家。元千葉県議会議長[1]。日本養鮑(名)社長[2]。元東京瓦斯会長安西浩は長男。元昭和電工社長安西正夫は次男。
全国の千葉県出身者
二松學舍大学出身      千葉県出身の二松學舍大学の出身者      全国の二松學舍大学の出身者
 114  筧克彦    長野県 出身Wikipedia
筧 克彦(かけい かつひこ、1872年12月28日(明治5年11月28日) - 1961年(昭和36年)2月27日)は、日本の法学者、神道思想家。専門は公法学、法哲学(法理学)、憲法学。
全国の長野県出身者
東京大学出身      長野県出身の東京大学の出身者      全国の東京大学の出身者
東京都立日比谷高等学校出身      全国の東京都立日比谷高等学校の出身者




スポンサーリンク




有名人ナビ 出身高校編

有名人ナビ 出身大学編

有名人ナビ 誕生日編

有名人ナビ 出身都道府県編





スポンサーリンク