トップページ >1859年生まれの有名人

このサイトに登録されている誕生日で有名人の数:89,185人


スポンサーリンク


このサイトに登録されている「1859年」生まれの有名人の数:62:人
 1  嵐山捨吉    福井県 出身Wikipedia
嵐山 捨吉(あらしやま すてきち、安政6年(1859年) - 明治43年(1910年)10月4日)は、越前国足羽郡(現福井県福井市)出身の元大相撲力士。本名は佐々木 捨吉(のち八太夫)。京都相撲(松ヶ枝部屋)から東京(藤嶋→伊勢ノ海→千賀ノ浦)を経て最終的には小野川部屋(大阪相撲)所属。最高位は東京では小結、大阪・京都では大関を務めた。
全国の福井県出身者
 2  ソラキチ・マツダ    福井県 出身Wikipedia
ソラキチ・マツダ(1859年?-1891年8月16日)は、福井県出身で伊勢ヶ濱部屋所属の元力士、元プロレスラー。身長166cm、体重77kg。本名:松田幸次郎(まつだ こうじろう)。日本人初のプロレスラーと言われ、アメリカで活躍した。
全国の福井県出身者
 3  井土霊山    福島県 出身Wikipedia
井土 霊山(いど れいざん、1859年(安政6年) - 1935年(昭和10年))は、日本のジャーナリスト、文筆家、漢詩人、自由民権家。
全国の福島県出身者
東北大学出身      福島県出身の東北大学の出身者      全国の東北大学の出身者
 4  櫛引弓人    青森県 五戸町 出身Wikipedia
櫛引 弓人(くしびき ゆみんど、1859年 - 1924年)は、日本の興行師。博覧会における各種興行を取り扱う「ランカイ屋」と呼ばれる興行師の一人で、「博覧会キング」と呼ばれた。
全国の青森県出身者    全国の五戸町出身者
 5  大久保彦三郎    香川県 三豊市財田町 出身Wikipedia
大久保彦三郎(おおくぼ ひこさぶろう、安政6年(1859年) - 明治40年(1907年)7月19日)は、讃岐国三野郡財田上村戸川(現・香川県三豊市財田町財田上字戸川)、大久保森冶の五男、四国最古の私立学校・忠誠塾(後の尽誠学園)の創始者。香川県議会副議長。大久保諶之丞の弟で剛石または在我堂と号した。
全国の香川県出身者    全国の三豊市財田町出身者
二松學舍大学出身      香川県出身の二松學舍大学の出身者      全国の二松學舍大学の出身者
 6  淡島寒月    東京都 出身Wikipedia
淡島 寒月(あわしま かんげつ、本名:淡島寶受郎(とみお)、安政6年10月23日(1859年11月17日) - 1926年(大正15年)2月23日)は、明治時代の日本の作家、画家、古物収集家。父親は画家の淡島椿岳。長女は教育者・政治家の木内キヤウ(日本初の女性の公立学校校長となり第1回参議院議員選挙で参議院議員ともなった)。伯父は幕末の大富豪の伊藤八兵衛。
全国の東京都出身者
慶應義塾大学出身      東京都出身の慶應義塾大学の出身者      全国の慶應義塾大学の出身者
 7  井土霊山Wikipedia
井土 霊山(いど れいざん、1859年(安政6年) - 1935年(昭和10年))は、日本のジャーナリスト、文筆家、漢詩人、自由民権家。
東北大学出身      全国の東北大学の出身者
 8  淡島寒月    東京都 井原西鶴を評価 出身Wikipedia
淡島 寒月(あわしま かんげつ、本名: 淡島 寶受郎(とみお)、安政6年10月23日(1859年11月17日) - 1926年(大正15年)2月23日)は、明治時代の日本の作家、画家、古物収集家。父親は画家の淡島椿岳。長女は教育者・政治家の木内キヤウ(日本初の女性の公立学校校長となり第1回参議院議員選挙で参議院議員ともなった)。伯父は幕末の大富豪の伊藤八兵衛。
全国の東京都出身者    全国の井原西鶴を評価出身者
慶應義塾大学出身      東京都出身の慶應義塾大学の出身者      全国の慶應義塾大学の出身者
 9  大久保彦三郎    香川県 出身Wikipedia
大久保彦三郎(おおくぼ ひこさぶろう、安政6年(1859年) - 明治40年(1907年)7月19日)は、讃岐国三野郡財田上村戸川(現・香川県三豊市財田町財田上字戸川)、大久保森冶の五男、四国最古の私立学校・忠誠塾(後の尽誠学園)の創始者。香川県議会副議長。大久保諶之丞の弟で剛石または在我堂と号した。
全国の香川県出身者
二松學舍大学出身      香川県出身の二松學舍大学の出身者      全国の二松學舍大学の出身者
 10  町村金弥    福井県 出身Wikipedia
町村 金弥(まちむら きんや、安政6年1月12日(1859年2月14日) - 昭和19年(1944年)11月25日)は、日本の実業家、政治家。元大久保町長。政治家・町村信孝の祖父。
全国の福井県出身者
 11  吉松茂太郎    高知県 出身Wikipedia
吉松 茂太郎(よしまつ しげたろう、安政6年1月7日(1859年2月9日) - 昭和10年(1935年)1月2日)は日本の海軍軍人、海軍大将。名は「もたろう」と読む場合がある。
全国の高知県出身者
 12  加藤恒忠    愛媛県 出身Wikipedia
加藤 恒忠(かとう つねただ、安政6年1月22日(1859年2月24日) - 大正12年(1923年)3月26日)は、日本の外交官、政治家。旧姓は大原。号は拓川。衆議院議員、貴族院勅選議員、松山市長、錦鶏間祗候。三男忠三郎は阪急電鉄の車掌、阪急百貨店の職員で、俳人正岡子規の妹リツの養子となり正岡家の祭祀を嗣いだ。
全国の愛媛県出身者
愛媛県立松山東高等学校出身      全国の愛媛県立松山東高等学校の出身者
 13  妻木頼黄    東京都 出身Wikipedia
妻木 頼黄(つまき よりなか、安政6年1月20日(1859年2月22日) - 1916年(大正5年)10月10日)は日本の建築家。大蔵省などで数多くの官庁建築を手がけ、明治時代の官庁営繕組織を確立した。国会議事堂の建設にも執念を燃やしたが、妻木の在世中に本建築が着工することはなかった。工手学校(現工学院大学)造家学科教員。
全国の東京都出身者
 14  秋山好古Wikipedia
秋山 好古(あきやま よしふる、安政6年1月7日(1859年2月9日)- 昭和5年(1930年)11月4日)は、日本の陸軍軍人。最終階級及び位階勲等功級は陸軍大将従二位勲一等功二級。幼名は信三郎。
大阪教育大学出身      全国の大阪教育大学の出身者
愛媛県立松山東高等学校出身      全国の愛媛県立松山東高等学校の出身者
 15  小柴保人    千葉県 佐倉市 出身Wikipedia
小柴 保人(こしば やすと、安政6年1月2日(1859年2月4日) - 大正13年(1924年)5月9日)は日本の工学博士。第二高等中学校(現東北大学教養部)教授。旧制鹿山中学校(現在の千葉県立佐倉高等学校)を経て東京大学理学部(土木科)卒。土木学会会員。
全国の千葉県出身者    全国の佐倉市出身者
東京大学出身      千葉県出身の東京大学の出身者      全国の東京大学の出身者
千葉県立佐倉高等学校出身      全国の千葉県立佐倉高等学校の出身者
 16  石川倉次    静岡県 出身Wikipedia
石川 倉次(いしかわ くらじ、1859年2月28日(安政6年1月26日) - 1944年(昭和19年)12月23日)は、日本の教諭。静岡県浜松市中区鹿谷町で生まれる。父は、浜松藩士。
全国の静岡県出身者
 17  寺尾亨Wikipedia
寺尾 亨(てらお とおる、1859年2月1日(安政5年12月19日)- 1925年(大正14年)9月15日)は、明治・大正期の法学者・アジア主義者。天文学者寺尾寿の弟。商工省官僚寺尾進、女優東山千栄子の養父。
福岡県立修猷館高等学校出身      全国の福岡県立修猷館高等学校の出身者
 18  石川倉次    千葉県 市原市 出身Wikipedia
石川 倉次(いしかわ くらじ、1859年2月28日(安政6年1月26日) - 1944年(昭和19年)12月23日)は、日本の教諭。静岡県浜松市中区鹿谷町で生まれる。父は、浜松藩士。
全国の千葉県出身者    全国の市原市出身者
 19  野村龍太郎Wikipedia
野村 龍太郎(のむら りゅうたろう、1859年2月27日(安政6年1月25日) - 1943年(昭和18年)9月18日)は、大正・昭和期の鉄道官僚・実業家。
東京大学出身      全国の東京大学の出身者
 20  松下丈吉Wikipedia
松下 丈吉(まつした じょうきち、安政6年2月6日(1859年3月10日) - 昭和6年(1931年)7月1日)は、東京英語学校(日本学園中学校・高等学校)創立者、政教社同人、『日本人』発刊者。息子は海軍中将の松下元。号は鬼窟。
慶應義塾大学出身      出身の慶應義塾大学の出身者      全国の慶應義塾大学の出身者
 21  野村龍太郎Wikipedia
野村 龍太郎(のむら りゅうたろう、1859年2月27日(安政6年1月25日) - 1943年(昭和18年)9月18日)は、大正・昭和期の鉄道官僚・実業家。
慶應義塾大学出身      全国の慶應義塾大学の出身者
 22  山崎辨榮Wikipedia
山崎 弁栄 (やまざき べんねい、安政6年2月20日(1859年3月24日) - 大正9年(1920年)12月4日)は、日本の浄土宗の僧侶。大正時代に浄土宗の社会運動である光明主義運動を行った。
駒澤大学出身      出身の駒澤大学の出身者      全国の駒澤大学の出身者
 23  河村譲三郎    滋賀県 大津市 出身Wikipedia
河村 譲三郎(かわむら じょうざぶろう、1859年3月23日(安政6年2月19日) - 1930年(昭和5年)4月14日)は明治〜昭和期の法曹家、大審院検事・司法省次官・貴族院議員等を歴任し、法典調査会委員として民法・行政関連法の成立に尽くした。滋賀県出身者として司法省法学校同期の田部芳と共に最初の法学博士(博士登録番号21番)。
全国の滋賀県出身者    全国の大津市出身者
 24  藤井宣正    新潟県 出身Wikipedia
藤井 宣正(ふじいせんしょう、安政6年3月2日(1859年4月4日) - 1903年6月6日)は、日本の宗教家・探検家。島崎藤村の「椰子の葉陰」主人公のモデルとなった人物である。
全国の新潟県出身者
慶應義塾大学出身      新潟県出身の慶應義塾大学の出身者      全国の慶應義塾大学の出身者
新潟県立長岡高等学校出身      全国の新潟県立長岡高等学校の出身者
 25  藤沢幾之輔    宮城県 出身Wikipedia
藤沢 幾之輔(ふじさわ いくのすけ[2]、1859年3月20日(安政6年2月16日) - 1940年(昭和15年)4月3日)は、明治、大正、昭和期の日本の政治家、弁護士。衆議院議員、衆議院議長[3]、第1次若槻禮次郎内閣の商工大臣[3]、貴族院議員を歴任した[3]。号は成天[3]。
全国の宮城県出身者
 26  安井理民    千葉県 成東町 出身Wikipedia
安井 理民(やすい はるたみ、安政6年3月3日(1859年4月5日) - 明治27年(1894年)2月16日)は、上総国(現在の千葉県)の成東出身で1889年(明治22年)に総武本線の前身の総武鉄道を設立した。
全国の千葉県出身者    全国の成東町出身者
 27  本間三郎    群馬県 出身Wikipedia
本間 三郎(ほんま さぶろう、1859年4月12日(安政6年3月10日) - 1928年(昭和3年)12月27日)は、日本の剣術家、政治家。流派は本間念流。称号は大日本武徳会剣道範士。衆議院議員(3期)。
全国の群馬県出身者
 28  青木宣純    宮崎県 宮崎市佐土原 出身Wikipedia
青木 宣純(あおき のぶずみ、安政6年5月19日(1859年6月19日) - 大正13年(1924年)12月12日)は、日本の陸軍軍人。最終階級は陸軍中将。最も初期の「支那通軍人」。通算13年の中国生活を送った。
全国の宮崎県出身者    全国の宮崎市佐土原出身者
 29  渡邊魁    東京都 出身Wikipedia
渡邊 魁(わたなべ かい、安政6年5月6日(1859年6月6日 )- 大正11年(1922年)12月26日[1])は、明治中期の日本の裁判官。脱獄囚であったが、戸籍を偽って別人になりすまし、裁判官となっていたという特異な経歴で知られる。
全国の東京都出身者
一橋大学出身      東京都出身の一橋大学の出身者      全国の一橋大学の出身者
 30  柳原愛子Wikipedia
柳原 愛子(やなぎわら なるこ、1859年6月26日(安政6年5月26日) - 1943年(昭和18年)10月16日)は、明治天皇の典侍。大正天皇の生母。
同志社女子大学出身      出身の同志社女子大学の出身者      全国の同志社女子大学の出身者
 31  坪内逍遥    岐阜県 美濃加茂市 出身Wikipedia
坪内 逍遥(つぼうち しょうよう、旧字体:坪內逍遙、1859年6月22日(安政6年5月22日) - 1935年(昭和10年)2月28日)は、日本の小説家、評論家、翻訳家、劇作家。小説家としては主に明治時代に活躍した。代表作に『小説神髄』『当世書生気質』およびシェイクスピア全集の翻訳があり、近代日本文学の成立や演劇改良運動に大きな影響を与えた。本名は坪内 雄蔵(つぼうち ゆうぞう)。別号に「朧ろ月夜に敷くものぞなき」の古歌にちなんだ春のやおぼろ(春廼屋朧)、春のや主人など。俳句も詠んだ。
全国の岐阜県出身者    全国の美濃加茂市出身者
東京大学出身      岐阜県出身の東京大学の出身者      全国の東京大学の出身者
愛知県立旭丘高等学校出身      全国の愛知県立旭丘高等学校の出身者
 32  荒尾精    愛知県 名古屋市 出身Wikipedia
荒尾 精(あらお せい、安政6年6月25日(1859年7月24日) - 1896年(明治29年)10月30日)は、日本の陸軍軍人、日清貿易研究所の設立者。日清戦争の最中、「対清意見」「対清弁妄」を著し、清国に対する領土割譲要求に反対した。日中提携によるアジア保全を唱えた明治の先覚者である。
全国の愛知県出身者    全国の名古屋市出身者
 33  野崎広太Wikipedia
野崎 廣太(のざき こうた/ひろた、1859年(安政6年)6月19日 - 1941年(昭和16年)12月2日)は、日本の実業家。岡山市北区平野出身。幼名・兵三。諱・通礼。筆名・汲古庵主。号・幻庵(げんあん)。
慶應義塾大学出身      全国の慶應義塾大学の出身者
 34  野崎廣太Wikipedia
野崎 廣太(のざき こうた/ひろた、1859年(安政6年)6月19日 - 1941年(昭和16年)12月2日)は、日本の実業家。岡山市北区平野出身。幼名・兵三。諱・通礼。筆名・汲古庵主。号・幻庵(げんあん)。
慶應義塾大学出身      全国の慶應義塾大学の出身者
 35  井上篤太郎    神奈川県 出身Wikipedia
井上篤太郎(いのうえ とくたろう、1859年7月12日〔安政6年6月13日〕 - 1948年〔昭和23年〕11月28日)は実業家。現在の京王電鉄の前身、京王電気軌道の事実上の創業者。
全国の神奈川県出身者
明治大学出身      神奈川県出身の明治大学の出身者      全国の明治大学の出身者
 36  辻健介    広島県 出身Wikipedia
辻 健介(つじ けんすけ、1859年7月14日(安政6年6月15日) - 1918年(大正7年)7月31日)は、日本の男爵、貴族院議員。勲四等旭日章。
全国の広島県出身者
慶應義塾大学出身      広島県出身の慶應義塾大学の出身者      全国の慶應義塾大学の出身者
 37  響舛市太郎    石川県 野々市町(旧押野村) 出身Wikipedia
響舛 市太郎(ひびきます いちたろう、安政6年8月17日(1859年9月13日) - 明治36年(1903年)7月4日)は、加賀国石川郡押野村(現在の石川県野々市市)出身の明治期に活躍した元大相撲力士。最高位は関脇。本名は河→井ノ口→河 市太郎(粂次郎とも)。身長173cm、体重114kg。所属は鯨波部屋(京都)から中立部屋、境川部屋を経て高砂部屋。[2]
全国の石川県出身者    全国の野々市町(旧押野村)出身者
 38  和田雄治    福島県 出身Wikipedia
和田 雄治(わだ ゆうじ、1859年9月29日(安政6年9月4日) - 1918年(大正7年)1月5日)は日本の気象学者、海洋学者。東京大学理科大学物理学科を卒業し中央気象台の前身である内務省地理局測量課気象掛に勤め、気象事業の統轄と気象の調査研究に一生をささげた。暴風警報や天気予報の創始者である。主な業績は1880年の富士山頂での気象観測、日本近海の海流調査、及び研究。また東京物理学講習所(現東京理科大学)の設立者の一人でもある。
全国の福島県出身者
 39  平賀敏Wikipedia
平賀 敏(ひらが さとし/びん、1859年9月9日(安政6年8月13日) - 1931年(昭和6年)1月14日)は、明治期の実業家、官僚。伊豆豆陽学校校長、宮内省勤務、三井銀行大阪支店長、中東製革社長、酒井セメント社長、帝国鉱泉(後の三ツ矢サイダー)社長、藤本ビルブローカー銀行(後の大和証券)社長、阪急電鉄社長、播磨水電取締役、両備水電社長、日本簡易火災保険社長、日本徴兵保険監査役、亜鉛乾鉱会長、白山水電監査役、岡山電燈会長等を歴任。
慶應義塾大学出身      出身の慶應義塾大学の出身者      全国の慶應義塾大学の出身者
 40  石河幹明    茨城県 出身Wikipedia
石河 幹明(いしかわ みきあき、安政6年10月17日(1859年11月11日) - 昭和18年(1943年)7月25日)は、日本のジャーナリスト。新聞『時事新報』主筆、慶應義塾評議員。号は碩果生(せきかせい)。福澤諭吉の伝記『福澤諭吉伝』全4巻を執筆し、大正版『福澤全集』全10巻、昭和版『続福澤全集』全7巻を編纂した。
全国の茨城県出身者
慶應義塾大学出身      茨城県出身の慶應義塾大学の出身者      全国の慶應義塾大学の出身者
 41  石渡敏一    東京都 出身Wikipedia
石渡 敏一(いしわたり びんいち[1]、1859年(安政6年)10月 - 1937年(昭和12年)11月18日)は、官僚、政治家。法学博士。大審院検事、司法次官、貴族院勅選議員、枢密顧問官。法典調査会刑法起草委員。正三位勲一等。江戸(後の東京)出身。石渡荘太郎の父。
全国の東京都出身者
慶應義塾大学出身      東京都出身の慶應義塾大学の出身者      全国の慶應義塾大学の出身者
 42  石河幹明    茨城県 水戸市 出身Wikipedia
石河 幹明(いしかわ かんめい[2]、安政6年10月17日(1859年11月11日) - 昭和18年(1943年)7月25日)は、日本のジャーナリスト。新聞『時事新報』主筆、慶應義塾評議員。号は碩果生(せきかせい)。福澤諭吉の伝記『福澤諭吉伝』全4巻を執筆し、大正版『福澤全集』全10巻、昭和版『続福澤全集』全7巻を編纂した。
全国の茨城県出身者    全国の水戸市出身者
慶應義塾大学出身      茨城県出身の慶應義塾大学の出身者      全国の慶應義塾大学の出身者
 43  片岡直温    高知県 出身Wikipedia
片岡 直温(かたおか なおはる、1859年10月13日(安政6年9月18日)- 1934年(昭和9年)5月21日)は、明治・大正・昭和初期の実業家、政治家。土佐国(現在の高知県)出身。片岡直輝の弟で、片岡安は娘婿。
全国の高知県出身者
 44  伊藤松宇    長野県 出身Wikipedia
伊藤松宇(いとう しょうう、安政6年10月18日(1859年11月12日) - 昭和18年(1943年)3月25日)は俳人、古書収集家である。別号は雪操居。
全国の長野県出身者
 45  石河幹明    茨城県 水戸市 出身Wikipedia
石河 幹明(いしかわ かんめい、安政6年10月17日(1859年11月11日) - 昭和18年(1943年)7月25日)は、日本のジャーナリスト。新聞『時事新報』主筆、慶應義塾評議員。号は碩果生(せきかせい)。福澤諭吉の伝記『福澤諭吉伝』全4巻を執筆し、大正版『福澤全集』全10巻、昭和版『続福澤全集』全7巻を編纂した。
全国の茨城県出身者    全国の水戸市出身者
慶應義塾大学出身      茨城県出身の慶應義塾大学の出身者      全国の慶應義塾大学の出身者
茨城県立水戸第一高等学校出身      全国の茨城県立水戸第一高等学校の出身者
 46  武田惣角    福島県 出身Wikipedia
武田 惣角(たけだ そうかく、安政6年10月10日(1859年11月4日) - 昭和18年(1943年)4月25日)は、日本の武術家。武号は源正義。大東流合気柔術の実質的な創始者[注釈 1]。
全国の福島県出身者
 47  川原茂輔    佐賀県 出身Wikipedia
川原 茂輔(かわはら もすけ、1859年10月10日(安政6年9月15日) - 1929年(昭和4年)5月19日)は、日本の実業家、政治家。衆議院議長、佐賀県会議長。
全国の佐賀県出身者
 48  石渡敏一    東京都 出身Wikipedia
石渡 敏一(いしわたり びんいち[1]、1859年(安政6年)10月 - 1937年(昭和12年)11月18日)は、官僚、政治家。法学博士。大審院検事、司法次官、貴族院勅選議員、枢密顧問官。法典調査会刑法起草委員。正三位勲一等。江戸(後の東京)出身。石渡荘太郎の父。
全国の東京都出身者
東京大学出身      東京都出身の東京大学の出身者      全国の東京大学の出身者
 49  安広伴一郎Wikipedia
安広 伴一郎(やすひろ ばんいちろう、安政6年10月13日(1859年11月7日) - 昭和26年(1951年)5月27日)は、明治時代から昭和時代にかけて活躍した官僚・政治家・実業家。内閣書記官長、貴族院議員、満鉄総裁などを歴任した。号は竜峰。
慶應義塾大学出身      出身の慶應義塾大学の出身者      全国の慶應義塾大学の出身者
 50  今井五介    長野県 出身Wikipedia
今井 五介(いまい ごすけ、安政6年11月15日(1859年12月8日) - 昭和21年(1946年)7月9日)は、日本の実業家、政治家。片倉兼太郎の実弟。
全国の長野県出身者
 51  松川敏胤    宮城県 出身Wikipedia
松川 敏胤(まつかわ としたね、安政6年11月9日(1859年12月2日) - 昭和3年(1928年)3月7日)は、日本の陸軍軍人。軍事参議官・朝鮮軍司令官・東京衛戍総督や第10・第16師団長を歴任し、階級は陸軍大将勲一等功二級に至る。宮城県仙台市出身。
全国の宮城県出身者
二松學舍大学出身      宮城県出身の二松學舍大学の出身者      全国の二松學舍大学の出身者
 52  寺田栄Wikipedia
寺田 栄(てらだ さかえ、1859年(安政6年)11月19日 - 1926年(大正15年)1月13日)は、日本の政治団体幹部・官僚・裁判官・政治家。
明治大学出身      出身の明治大学の出身者      全国の明治大学の出身者
 53  松川敏胤Wikipedia
松川 敏胤(まつかわ としたね、安政6年11月9日(1859年12月2日) - 昭和3年(1928年)3月7日)は、日本の陸軍軍人。軍事参議官・朝鮮軍司令官・東京衛戍総督や第10・第16師団長を歴任し、階級は陸軍大将勲一等功二級に至る。宮城県仙台市出身。
二松學舍大学出身      全国の二松學舍大学の出身者
 54  渡邊修Wikipedia
渡邊 修(わたなべ おさむ、1859年(安政6年)12月 - 1932年(昭和7年)10月15日)は、明治期の官僚、政治家。正六位勲四等。
慶應義塾大学出身      出身の慶應義塾大学の出身者      全国の慶應義塾大学の出身者
 55  阿部政太郎    青森県 出身Wikipedia
阿部 政太郎(あべ まさたろう、1859年(安政6年)12月 - 1934年(昭和9年)10月4日[1])は、青森市長、衆議院議員(立憲政友会)。号は波城。
全国の青森県出身者
明治大学出身      青森県出身の明治大学の出身者      全国の明治大学の出身者
 56  浮田和民    熊本県 出身Wikipedia
浮田 和民(うきた かずたみ、安政6年12月28日(1859年1月20日) - 昭和21年(1946年)10月28日)は、日本の思想家・政治学者。法学博士、早稲田大学高等師範部長。同志社英学校最初の卒業生。熊本バンドの一人。
全国の熊本県出身者
 57  片山潜Wikipedia
片山 潜(かたやま せん、1859年12月26日(安政6年12月3日) - 1933年(昭和8年)11月5日)は、日本の労働運動家・社会主義者・マルクス主義者・思想家・社会事業家。号は深甫。
岡山大学出身      全国の岡山大学の出身者
岡山県立勝間田高等学校出身      全国の岡山県立勝間田高等学校の出身者
 58  坪井九馬三Wikipedia
坪井 九馬三(つぼい くめぞう、安政5年12月12日(1859年1月15日) - 1936年1月21日)は、歴史学者、東京帝国大学教授。
東京大学出身      全国の東京大学の出身者
 59  水野龍Wikipedia
水野 龍(みずの りょう、1859年12月4日(安政6年11月11日) - 1951年8月20日)は、皇國殖民会社、海外興業株式会社を創立し日本人のブラジル移民を初めて手がけた人物。サンタ・カタリーナ州のドイツ植民地の先駆者であるHermann Bruno Otto Blumenauに比すべき人物とされる。勲六等単光旭日章。2010年にブラジル・サンパウロ市議会から名誉市民章を贈呈された。
慶應義塾大学出身      出身の慶應義塾大学の出身者      全国の慶應義塾大学の出身者
 60  片山潜Wikipedia
片山 潜(かたやま せん、1859年12月26日(安政6年12月3日) - 1933年(昭和8年)11月5日)は、日本の労働運動家・社会主義者・マルクス主義者・思想家・社会事業家。号は深甫。
岡山大学出身      全国の岡山大学の出身者
攻玉社高等学校出身      全国の攻玉社高等学校の出身者
 61  伊丹春雄    京都府 出身Wikipedia
伊丹 春雄(いたみ はるお、安政5年12月(1859年) - 大正9年(1920年)3月1日)は、日本の政治家。貴族院議員、男爵、正四位勲四等。
全国の京都府出身者
慶應義塾大学出身      京都府出身の慶應義塾大学の出身者      全国の慶應義塾大学の出身者
 62  安立綱之    鹿児島県 出身Wikipedia
安立 綱之(あだち つなゆき、1859年12月8日(安政6年11月15日) - 1938年(昭和13年)12月2日)は、日本の警察官僚、政治家。警視総監、貴族院議員。旧名・国分彦七、迫田彦七、安立彦七。1889年6月、綱之と改名。
全国の鹿児島県出身者




スポンサーリンク




有名人ナビ 出身高校編

有名人ナビ 出身大学編

有名人ナビ 誕生日編

有名人ナビ 出身都道府県編





スポンサーリンク