トップページ >1854年生まれの有名人

このサイトに登録されている誕生日で有名人の数:89,187人


スポンサーリンク


このサイトに登録されている「1854年」生まれの有名人の数:58:人
 1  高木盛之輔    福島県 出身Wikipedia
高木 盛之輔(たかぎ もりのすけ/たかき もりのすけ、1854年(安政1年) - 1919年(大正8年)2月19日)は、日本の武士、検察官。会津藩藩士として戊辰戦争を、別働第二旅団の一員として西南戦争を戦った。姉の高木時尾は照姫附き祐筆で、元新撰組副長助勤斎藤一(藤田五郎)に嫁ぐ[* 1]。福島県立会津高等学校の創立功労者の一人である[2]。
全国の福島県出身者
 2  西川寅吉    三重県 明和町 出身Wikipedia
西川 寅吉(にしかわ とらきち、1854年 - 1941年)は、日本において過去に脱獄を最も多く行った事で知られた、いわゆる脱獄魔。
全国の三重県出身者    全国の明和町出身者
 3  瀧澤菊太郎    長野県 出身Wikipedia
瀧澤 菊太郎(たきざわ きくたろう、1854年(安政元年) - 1933年(昭和8年))は、明治期の教育者、師範学校校長。
全国の長野県出身者
慶應義塾大学出身      長野県出身の慶應義塾大学の出身者      全国の慶應義塾大学の出身者
 4  坪井仙次郎Wikipedia
坪井 仙次郎(つぼい せんじろう、1854年(安政元年) - 1945年(昭和20年))は、明治期の教育家。
慶應義塾大学出身      出身の慶應義塾大学の出身者      全国の慶應義塾大学の出身者
 5  冷泉為紀Wikipedia
冷泉 為紀(れいぜい ためもと、1854年 - 1905年)は日本の歌人。上冷泉家21代当主。父は冷泉為理。明治17年(1884年)7月7日、伯爵を授かる。明治31年(1898年)から死去まで伊勢神宮の大宮司をつとめた。子は冷泉為系。
皇學館大学出身      出身の皇學館大学の出身者      全国の皇學館大学の出身者
 6  西川鉄次郎    福島県 出身Wikipedia
西川 鉄次郎(にしかわ てつじろう、1854年1月22日(嘉永6年12月24日) - 1932年(昭和7年)6月1日[* 1])は、幕末の会津藩士。明治期の裁判官。白虎隊士として戊辰戦争を戦い、裁判官として大審院判事にいたる。中央大学の前身である英吉利法律学校の創立者の一人。
全国の福島県出身者
東京大学出身      福島県出身の東京大学の出身者      全国の東京大学の出身者
 7  田代重右衛門    岐阜県 出身Wikipedia
田代重右衛門(たしろ じゅうえもん、1854年(嘉永7年)1月2日 - 1932年(昭和7年)12月14日)は、日本の実業家。
全国の岐阜県出身者
 8  大達羽左エ門    山形県 出身Wikipedia
大達 羽左エ門(おおだて うざえもん、1854年1月13日(旧暦安政3年12月15日) - 1904年8月17日)は、出羽国田川郡(現:山形県鶴岡市)出身の元大相撲力士。5代千賀ノ浦。本名は諏訪 辯治(すわ べんじ)。
全国の山形県出身者
 9  佐々友房    熊本県 熊本市 出身Wikipedia
佐々 友房(さっさ ともふさ、嘉永7年1月23日(1854年2月20日) - 明治39年(1906年)9月28日)は熊本出身の教育者、言論人、政治家。元衆議院議員。鵬州、克堂と号す。幼名寅雄。後、坤次。
全国の熊本県出身者    全国の熊本市出身者
 10  箕浦勝人Wikipedia
箕浦 勝人(みのうら かつんど、嘉永7年2月15日(1854年3月13日) - 昭和4年(1929年)8月30日)は日本の新聞記者、実業家、政治家。旧姓は実相寺。
慶應義塾大学出身      出身の慶應義塾大学の出身者      全国の慶應義塾大学の出身者
 11  石本新六    兵庫県 姫路市 出身Wikipedia
石本 新六(いしもと しんろく、1854年2月17日(嘉永7年1月20日) - 1912年(明治45年)4月2日)は、日本陸軍の軍人。陸士旧1期。栄典は勲一等功二級。最終階級は陸軍中将。男爵。
全国の兵庫県出身者    全国の姫路市出身者
 12  加藤正義    鳥取県 日野町 出身Wikipedia
加藤 正義(かとう まさよし、嘉永7年2月23日(1854年3月21日) - 大正12年(1923年)12月24日)は日本の実業家、政治家。元日本郵船副社長。幼名源太郎。
全国の鳥取県出身者    全国の日野町出身者
 13  中村覚    滋賀県 彦根市 出身Wikipedia
中村 覚(なかむら さとる、安政元年2月20日(1854年3月18日) - 大正14年(1925年)1月29日)は、日本の陸軍軍人、華族。階級は陸軍大将勲一等功二級男爵に昇る。
全国の滋賀県出身者    全国の彦根市出身者
 14  安岡雄吉Wikipedia
安岡 雄吉(やすおか ゆうきち、1854年(嘉永7年)3月 - 1920年(大正9年)11月1日)は、明治期の官僚、政治家。勲四等旭日章。大東亜戦争の際、終戦詔勅の起草文を刪修した陽明学者安岡正篤の祖父にあたる。
慶應義塾大学出身      出身の慶應義塾大学の出身者      全国の慶應義塾大学の出身者
 15  岡崎邦輔    和歌山県 出身Wikipedia
岡崎 邦輔(おかざき くにすけ、1854年4月12日(嘉永7年3月15日) - 1936年(昭和11年)7月22日)は、日本の政治家・実業家。号は晩香。
全国の和歌山県出身者
 16  野村政明    鹿児島県 出身Wikipedia
野村 政明(のむら まさあき、1854年4月20日(嘉永7年3月23日)- 1902年(明治35年)10月2日)は、日本の内務官僚、政治家。県知事。旧名、市来七之助。正式名は市来政明。
全国の鹿児島県出身者
 17  雪下熊之助    福島県 出身Wikipedia
雪下 熊之助(ゆきした くまのすけ、1854年4月9日(嘉永7年3月12日) - 1877年(明治10年)3月11日)は、幕末の会津藩士。明治期の海軍軍人。海軍兵学校出身者として最初の戦死者となった海軍少尉補である。
全国の福島県出身者
 18  木越安綱    石川県 出身Wikipedia
木越 安綱(きごし やすつな、1854年4月22日(嘉永7年3月25日) - 1932年3月26日)は、日本の陸軍軍人、政治家。陸士旧1期。最終階級は陸軍中将。栄典は正三位勲一等功二級。陸軍大臣、男爵。幼名、三次郎。
全国の石川県出身者
 19  長谷場純孝    鹿児島県 いちき串木野市 出身Wikipedia
長谷場 純孝(はせば すみたか、嘉永7年4月1日(1854年4月27日) - 大正3年(1914年)3月15日)は、日本の政治家。
全国の鹿児島県出身者    全国のいちき串木野市出身者
 20  工野儀兵衛    和歌山県 美浜町 出身Wikipedia
工野 儀兵衛(くの ぎへえ、嘉永7年5月23日(1854年6月18日) - 大正6年(1917年)8月12日)は、日本のカナダ移民功労者、大工。「カナダ移民の父」と称される。
全国の和歌山県出身者    全国の美浜町出身者
 21  竹内正志Wikipedia
竹内 正志(たけのうち まさし、1854年5月12日(嘉永7年4月16日) - 1920年(大正9年)9月3日)は、明治期の政治家、ジャーナリスト。正五位。
慶應義塾大学出身      出身の慶應義塾大学の出身者      全国の慶應義塾大学の出身者
 22  穂積寅九郎Wikipedia
穂積 寅九郎(ほづみ とらくろう、嘉永7年5月16日(1854年6月11日) - 大正13年(1924年)1月18日)は、幕臣、明治期の実業家、教育者。
慶應義塾大学出身      出身の慶應義塾大学の出身者      全国の慶應義塾大学の出身者
 23  小林義雄    京都府 出身Wikipedia
小林 義雄(こばやし よしお、1854年6月9日(嘉永7年5月14日) - 1911年(明治44年)8月11日)は、明治期の官僚。
全国の京都府出身者
慶應義塾大学出身      京都府出身の慶應義塾大学の出身者      全国の慶應義塾大学の出身者
 24  小林義雄    京都府 出身Wikipedia
小林 義雄(こばやし よしお、1854年6月9日(嘉永7年5月14日) - 1911年(明治44年)8月11日)は、明治期の官僚。
全国の京都府出身者
専修大学出身      京都府出身の専修大学の出身者      全国の専修大学の出身者
 25  小林義雄    京都府 出身Wikipedia
小林 義雄(こばやし よしお、1854年6月9日(嘉永7年5月14日) - 1911年(明治44年)8月11日)は、明治期の官僚。
全国の京都府出身者
千葉商科大学出身      京都府出身の千葉商科大学の出身者      全国の千葉商科大学の出身者
 26  井上伝蔵    埼玉県 秩父市(旧・下吉田村) 出身Wikipedia
井上伝蔵(いのうえ でんぞう、安政元年6月26日(1854年7月20日) - 大正7年(1918年)6月23日)は、秩父事件の中心人物の一人。
全国の埼玉県出身者    全国の秩父市(旧・下吉田村)出身者
 27  鈴木充美Wikipedia
鈴木 充美(すずき みつよし/すずき じゅうび[1]、安政元年6月15日(1854年7月9日) - 昭和5年(1930年)5月23日)は、日本の政治家、外交官、弁護士。
慶應義塾大学出身      出身の慶應義塾大学の出身者      全国の慶應義塾大学の出身者
 28  加藤政之助    埼玉県 鴻巣市(旧・足立郡滝馬室村) 出身Wikipedia
加藤 政之助(かとう まさのすけ、嘉永7年7月18日(1854年8月11日) - 昭和16年(1941年)8月2日)は、明治期、大正期、昭和期の政治家、ジャーナリスト、実業家、衆議院議員、貴族院議員、大東文化学院総長(第7代)などを歴任した。
全国の埼玉県出身者    全国の鴻巣市(旧・足立郡滝馬室村)出身者
慶應義塾大学出身      埼玉県出身の慶應義塾大学の出身者      全国の慶應義塾大学の出身者
 29  大迫尚道    鹿児島県 出身Wikipedia
大迫 尚道(おおさこ なおみち、嘉永7年7月25日(1854年9月6日) - 昭和9年(1934年)9月12日)は、日本の陸軍軍人。軍事参議官・第4師団長・第18師団長・野砲兵監を歴任し、階級は陸軍大将勲一等功二級に至る。
全国の鹿児島県出身者
 30  金尾稜厳Wikipedia
金尾 稜厳(かなお りょうごん、1854年7月8日(嘉永7年6月14日) - 1921年(大正10年)3月23日[3])は、幕末から大正期の僧侶、政治家。衆議院議員(通算8期)、官選県知事。旧名・楞厳。
修道高等学校出身      全国の修道高等学校の出身者
 31  加藤政之助Wikipedia
加藤 政之助(かとう まさのすけ、1854年(嘉永7年)7月 - 1941年(昭和16年)8月2日)は、明治期、大正期、昭和期の政治家、ジャーナリスト、実業家、衆議院議員、貴族院議員、大東文化学院総長(第7代)などを歴任した。
慶應義塾大学出身      出身の慶應義塾大学の出身者      全国の慶應義塾大学の出身者
 32  山川健次郎    福島県 出身Wikipedia
山川 健次郎(やまかわ けんじろう、安政元年閏7月17日(1854年9月9日) - 昭和6年(1931年)6月26日)は、日本の教育者。日本初の理学博士。位階・勲等・爵位は正二位勲一等男爵。枢密顧問官。東京帝国大学で物理学を教える。東京帝国大学、京都帝国大学総長、九州帝国大学の初代総長、私立明治専門学校(現在の九州工業大学)の初代総裁、旧制武蔵高等学校(現在の武蔵大学)の校長などを務める。
全国の福島県出身者
九州大学出身      福島県出身の九州大学の出身者      全国の九州大学の出身者
 33  加藤政之助    埼玉県 鴻巣市 出身Wikipedia
加藤 政之助(かとう まさのすけ、嘉永7年7月18日(1854年8月11日) - 昭和16年(1941年)8月2日)は、明治期、大正期、昭和期の政治家、ジャーナリスト、実業家、衆議院議員、貴族院議員、大東文化学院総長(第7代)などを歴任した。
全国の埼玉県出身者    全国の鴻巣市出身者
慶應義塾大学出身      埼玉県出身の慶應義塾大学の出身者      全国の慶應義塾大学の出身者
 34  山川健次郎    福島県 出身Wikipedia
山川 健次郎(やまかわ けんじろう、嘉永7年閏7月17日(1854年9月9日) - 昭和6年(1931年)6月26日)は日本の教育者。学位は理学博士。爵位は男爵。枢密顧問官。東京帝国大学で物理学を教える。東京帝国大学、京都帝国大学総長、九州帝国大学の初代総長、私立明治専門学校(現在の九州工業大学)の初代総裁、旧制武蔵高等学校(現在の武蔵大学)の校長などを務める。
全国の福島県出身者
九州大学出身      福島県出身の九州大学の出身者      全国の九州大学の出身者
 35  中上川彦次郎    大分県 出身Wikipedia
中上川 彦次郎(なかみがわ ひこじろう、嘉永7年8月13日(1854年10月4日) - 明治34年(1901年)10月7日)は、明治時代の官吏・実業家。三井財閥の工業化と三井銀行の不良債権処理を推進し、三井家の最高議決機関である「三井家同族会」を設置。「三井中興の祖」として高く評価されている。従五位。
全国の大分県出身者
慶應義塾大学出身      大分県出身の慶應義塾大学の出身者      全国の慶應義塾大学の出身者
 36  下田歌子    岐阜県  恵那市(現在の岩村町) 出身Wikipedia
下田 歌子(しもだ うたこ、出生名:平尾 鉐(ひらお・せき)、安政元年8月9日(1854年9月30日) - 昭和11年(1936年)10月8日)は、日本の明治から大正期にかけて活躍した教育者・歌人。女子教育の先覚者。美濃国恵那郡岩村(現在の岐阜県恵那市)出身。
全国の岐阜県出身者    全国の 恵那市(現在の岩村町)出身者
二松學舍大学出身      岐阜県出身の二松學舍大学の出身者      全国の二松學舍大学の出身者
学習院女子高等科出身      全国の学習院女子高等科の出身者
 37  中上川彦次郎    大分県 出身Wikipedia
中上川 彦次郎(なかみがわ ひこじろう、嘉永7年8月13日(1854年10月4日) - 明治34年(1901年)10月7日)は、明治時代の官吏・実業家。三井財閥の工業化と三井銀行の不良債権処理を推進し、三井家の最高議決機関である「三井家同族会」を設置。「三井中興の祖」として高く評価されている。従五位。
全国の大分県出身者
慶應義塾大学出身      大分県出身の慶應義塾大学の出身者      全国の慶應義塾大学の出身者
 38  菊池武夫    岩手県 出身Wikipedia
菊池 武夫(きくち たけお、1854年8月21日(嘉永7年7月28日) - 1912年(明治45年)7月6日)は、日本の法学者。陸奥国岩手郡外加賀野村(現・岩手県盛岡市加賀野)出身。司法省民事局長、東京弁護士会会長、中央大学初代学長、貴族院勅選議員等を務めた。
全国の岩手県出身者
東京大学出身      岩手県出身の東京大学の出身者      全国の東京大学の出身者
 39  廣瀬貞文Wikipedia
広瀬 貞文(ひろせ さだふみ、嘉永6年(1854年)9月 - 大正3年(1914年)4月15日)は、明治・大正期の官吏、法学者、儒学者。衆議院議員(5期)、国民協会所属。号は、濠田(ごうでん)。
慶應義塾大学出身      出身の慶應義塾大学の出身者      全国の慶應義塾大学の出身者
 40  高峰譲吉    石川県 富山県高岡生まれ、幼生期に金沢に転居 出身Wikipedia
高峰 譲吉(たかみね じょうきち、嘉永7年9月13日(1854年11月3日) - 大正11年(1922年)7月22日)は、日本の科学者、実業家。工学博士・薬学博士。現在の富山県高岡市生まれ。現在の東京大学工学部の前身の一つである工部大学校卒。理化学研究所の設立者の一人。1912年帝国学士院賞受賞、1913年帝国学士院会員。
全国の石川県出身者    全国の富山県高岡生まれ、幼生期に金沢に転居出身者
東京大学出身      石川県出身の東京大学の出身者      全国の東京大学の出身者
 41  高峰譲吉    富山県 出身Wikipedia
高峰 譲吉(たかみね じょうきち、嘉永7年9月13日(1854年11月3日) - 大正11年(1922年7月22日)は、日本の科学者、実業家。工学博士・薬学博士。現在の富山県高岡市生まれ。現在の東京大学工学部の前身の一つである工部大学校卒。理化学研究所の設立者の一人。1912年帝国学士院賞受賞、1913年帝国学士院会員。
全国の富山県出身者
東京大学出身      富山県出身の東京大学の出身者      全国の東京大学の出身者
 42  高橋是清    東京都 出身Wikipedia
高橋 是清(たかはし これきよ、1854年9月19日〈嘉永7年閏7月27日〉 - 1936年〈昭和11年〉2月26日)は、日本の幕末の武士(仙台藩士)、明治、大正、昭和時代初期の官僚、政治家。立憲政友会第4代総裁。第20代内閣総理大臣(在任 : 1921年〈大正10年〉11月13日 - 1922年〈大正11年〉6月12日)。栄典は大勲位子爵。幼名は和喜次(わきじ)。財政家として知られているため総理大臣としてよりも大蔵大臣としての評価の方が高い。
全国の東京都出身者
明治学院大学出身      東京都出身の明治学院大学の出身者      全国の明治学院大学の出身者
 43  高橋是清    東京都 出身Wikipedia
高橋 是清(たかはし これきよ、1854年9月19日〈嘉永7年閏7月27日〉 - 1936年〈昭和11年〉2月26日)は、日本の幕末の武士(仙台藩士)、明治、大正、昭和時代初期の官僚、政治家。立憲政友会第4代総裁。第20代内閣総理大臣(在任 : 1921年〈大正10年〉11月13日 - 1922年〈大正11年〉6月12日)。栄典は大勲位子爵。幼名は和喜次(わきじ)。財政家として知られているため総理大臣としてよりも大蔵大臣としての評価の方が高い。
全国の東京都出身者
明治学院大学出身      東京都出身の明治学院大学の出身者      全国の明治学院大学の出身者
 44  高峰譲吉    富山県 高岡市 出身Wikipedia
高峰 譲吉(たかみね じょうきち、嘉永7年9月13日(1854年11月3日) - 大正11年(1922年)7月22日)は、日本の科学者、実業家。工学博士・薬学博士。現在の富山県高岡市生まれ。現在の東京大学工学部の前身の一つである工部大学校卒。理化学研究所の設立者の一人。1912年帝国学士院賞受賞、1913年帝国学士院会員。
全国の富山県出身者    全国の高岡市出身者
東京大学出身      富山県出身の東京大学の出身者      全国の東京大学の出身者
 45  原龍太    福島県 出身Wikipedia
原 龍太(はら りゅうた、嘉永7年10月15日(1854年12月4日) - 大正元年(1912年)12月30日)は、土木工学者、工学博士。吾妻橋、御茶ノ水橋、江戸橋などの橋梁の設計・施工、馬車鉄道の敷設工事、上下水道の付設など、各種の公共工事に携わる。従四位勲三等。
全国の福島県出身者
慶應義塾大学出身      福島県出身の慶應義塾大学の出身者      全国の慶應義塾大学の出身者
 46  田村怡与造    山梨県 笛吹市 出身Wikipedia
田村 怡与造(たむら いよぞう、嘉永7年10月11日(1854年11月30日) - 明治36年(1903年)10月1日)は、日本の陸軍軍人。最終階級は陸軍中将。
全国の山梨県出身者    全国の笛吹市出身者
 47  高嶺秀夫    福島県 出身Wikipedia
高嶺 秀夫(たかみね ひでお、1854年10月5日(嘉永7年8月14日) - 1910年(明治43年)2月22日)は明治時代の日本の教育者。旧会津藩士。
全国の福島県出身者
 48  辰野金吾    佐賀県 唐津市 出身Wikipedia
辰野 金吾 (たつの きんご、1854年10月13日〈嘉永7年8月22日〉- 1919年3月25日) は、日本の建築家である。
全国の佐賀県出身者    全国の唐津市出身者
東京大学出身      佐賀県出身の東京大学の出身者      全国の東京大学の出身者
佐賀県立唐津東高等学校出身      全国の佐賀県立唐津東高等学校の出身者
 49  ウォルター・ラッセル・ランバスWikipedia
ウォルター・ラッセル・ランバス(Walter Russel Lambuth、中国名は藍華徳。 1854年11月10日 - 1921年9月26日)は、アメリカの宣教師、医師、教育者。日本において関西学院の創設に尽力した。大分リバイバルを起こした人。
関西学院大学出身      全国の関西学院大学の出身者
 50  平山成信Wikipedia
平山 成信(ひらやま なりのぶ[1]、嘉永7年11月6日(1854年12月25日) - 昭和4年(1929年)9月25日)は、日本の官僚、貴族院議員、男爵。
専修大学出身      出身の専修大学の出身者      全国の専修大学の出身者
 51  小方仙之助Wikipedia
小方 仙之助(おがた せんのすけ、嘉永6年12月26日(1854年1月24日) - 昭和17年(1942年)9月22日)は、日本のメソジスト派の宣教師。青山学院の院長も務めた。
青山学院大学出身      出身の青山学院大学の出身者      全国の青山学院大学の出身者
 52  金子彌平    岩手県 出身Wikipedia
金子 弥平(かねこ やへい、安政元年12月(1854年) - 1924年2月17日)は、明治期の官僚、満州開拓者、実業家。興亜会や黒龍会といったアジア主義団体に幅広く通じたナショナリストの魁的な存在。正式名は金子弥兵衛。
全国の岩手県出身者
慶應義塾大学出身      岩手県出身の慶應義塾大学の出身者      全国の慶應義塾大学の出身者
 53  富岡定恭    長野県 出身Wikipedia
富岡 定恭(とみおか さだやす、1854年12月24日(嘉永7年11月5日) - 1917年(大正6年)7月1日)は、日本の海軍軍人、華族。最終階級は海軍中将。男爵。
全国の長野県出身者
 54  瀧澤菊太郎    長野県 千曲市 出身Wikipedia
瀧澤 菊太郎(たきざわ きくたろう、1854年12月4日(嘉永7年10月15日) - 1933年(昭和8年)1月12日)は、明治期の教育者、師範学校校長。
全国の長野県出身者    全国の千曲市出身者
慶應義塾大学出身      長野県出身の慶應義塾大学の出身者      全国の慶應義塾大学の出身者
 55  片山東熊    山口県 出身Wikipedia
片山東熊(かたやま とうくま、嘉永6年12月20日(1854年1月18日)- 1917年(大正6年)10月24日)は明治期に活躍した建築家。山口県生まれ。工部大学校の建築学科第1期生。 工手学校(現工学院大学)造家学科教務主理。
全国の山口県出身者
 56  小池正直    山形県 出身Wikipedia
小池 正直(こいけ まさなお、1854年12月23日(嘉永7年11月4日) - 1914年1月1日)は、日本の陸軍軍人。貴族院議員。陸軍軍医総監・正四位・勲一等・功二級・医学博士・男爵。山形県鶴岡市出身。
全国の山形県出身者
 57  浜野昇    千葉県 佐倉市 出身Wikipedia
浜野 昇(はまの のぼる、1854年12月17日(安政元年10月28日) - 1920年(大正9年)2月11日)は、日本の医師、政治家。
全国の千葉県出身者    全国の佐倉市出身者
千葉県立佐倉高等学校出身      全国の千葉県立佐倉高等学校の出身者
 58  藤巻胤家    山形県 出身Wikipedia
藤巻 胤家(ふじまき たねいえ、嘉永6年12月30日(1854年1月28日) - 1901年(明治34年)12月1日)は、明治時代の陸軍軍人。官位は陸軍歩兵大尉正七位勲四等。山形県士族(1894年(明治27年)に分家後は千葉県士族)。
全国の山形県出身者




スポンサーリンク




有名人ナビ 出身高校編

有名人ナビ 出身大学編

有名人ナビ 誕生日編

有名人ナビ 出身都道府県編





スポンサーリンク