トップページ >1849年生まれの有名人

このサイトに登録されている誕生日で有名人の数:89,186人


スポンサーリンク


このサイトに登録されている「1849年」生まれの有名人の数:38:人
 1  加藤寛六郎    福島県 出身Wikipedia
加藤 寛六郎(かとう かんろくろう、嘉永2年(1849年)- 昭和10年(1935年)は、幕末の会津藩士、明治時代の地方官吏、警察官、教育者、銀行家である。号は六石。
全国の福島県出身者
 2  宇佐川秀次郎Wikipedia
宇佐川 秀次郎(うさがわ しゅうじろう、嘉永2年(1849年) - 明治14年(1881年))は、明治期の大蔵官僚。銀行学伝習所学頭を務めた。字は義温。従六位。
慶應義塾大学出身      出身の慶應義塾大学の出身者      全国の慶應義塾大学の出身者
 3  美澤進    岡山県 出身Wikipedia
美澤 進(みさわ すすむ、1849年(嘉永2年) - 1923年(大正12年)9月16日)は、日本の教育者。横浜商法学校初代校長。字は業卿。
全国の岡山県出身者
慶應義塾大学出身      岡山県出身の慶應義塾大学の出身者      全国の慶應義塾大学の出身者
 4  曾禰荒助    山口県 出身Wikipedia
曾禰 荒助(そね あらすけ、新字体:曽祢、嘉永2年1月28日(1849年2月20日) - 明治43年(1910年)9月13日)は、日本の政治家、外交官。長州閥の1人として歴代内閣で大臣を歴任。第2代韓国統監として韓国併合を進めた。
全国の山口県出身者
 5  本多庸一Wikipedia
本多 庸一(ほんだ よういつ、1849年1月7日(嘉永元年12月13日) - 1912年(明治45年)3月26日)は、日本のキリスト教伝道者・牧師・教育者・政治家。日本メソヂスト教会の初代監督。青森県弘前市生まれ。新島襄、内村鑑三、新渡戸稲造、本間俊平と並び、明治期日本におけるキリスト教主義教育の先駆者とされる。
弘前学院聖愛高等学校出身      全国の弘前学院聖愛高等学校の出身者
 6  本多庸一    青森県 弘前市 出身Wikipedia
本多 庸一(ほんだ よういつ[2]、1849年1月7日(嘉永元年12月13日) - 1912年(明治45年)3月26日)は、日本のキリスト教伝道者・牧師・教育者・政治家。日本メソヂスト教会の初代監督。青森県弘前市生まれ。新島襄、内村鑑三、新渡戸稲造、本間俊平と並び、明治期日本におけるキリスト教主義教育の先駆者とされる。
全国の青森県出身者    全国の弘前市出身者
 7  朝吹英二    大分県 出身Wikipedia
朝吹 英二(あさぶき えいじ、嘉永2年2月18日(1849年3月12日) - 大正7年(1918年)1月31日)は、日本の実業家。幼名は萬吉、鐵之助。族籍は大分県平民[2]
全国の大分県出身者
慶應義塾大学出身      大分県出身の慶應義塾大学の出身者      全国の慶應義塾大学の出身者
 8  朝吹英二    大分県 出身Wikipedia
朝吹 英二(あさぶき えいじ、嘉永2年2月18日(1849年3月12日) - 大正7年(1918年)1月31日)は、日本の実業家。幼名は萬吉、鐵之助。
全国の大分県出身者
慶應義塾大学出身      大分県出身の慶應義塾大学の出身者      全国の慶應義塾大学の出身者
 9  脇坂行三    滋賀県 長浜市 出身Wikipedia
脇坂 行三(わきさか こうぞう /わきざか ぎょうぞう、1849年(嘉永2年2月) - 1914年(大正3年)9月7日)は、明治時代の滋賀県の政治家。
全国の滋賀県出身者    全国の長浜市出身者
 10  末広鉄腸Wikipedia
末広鉄腸(すえひろ てっちょう、1849年3月15日(嘉永2年2月21日) - 1896年(明治29年)2月5日)は、反政府側の政論家・新聞記者・衆議院議員・政治小説家。幼名雄次郎、後に重恭(しげやす)。号に鉄腸、子倹、浩斎。
慶應義塾大学出身      出身の慶應義塾大学の出身者      全国の慶應義塾大学の出身者
 11  菅井誠美    鹿児島県 出身Wikipedia
菅井 誠美(すがい まさみ、1849年3月16日(嘉永2年2月22日) - 1931年(昭和6年)3月18日[2])は、幕末の薩摩藩士、明治期の内務・警察官僚。官選県知事。旧姓・佐藤。
全国の鹿児島県出身者
 12  湯本義憲    埼玉県 行田市 出身Wikipedia
湯本 義憲(ゆもと よしのり、1849年3月19日(嘉永2年2月25日)- 1918年(大正7年)11月15日[2])は、明治期の政治家、治水家。埼玉県会議員、衆議院議員、岐阜県知事。旧姓は田島、馬込。幼名、増太郎。
全国の埼玉県出身者    全国の行田市出身者
 13  末広鉄腸    愛媛県 出身Wikipedia
末広鉄腸(すえひろ てっちょう、1849年3月15日(嘉永2年2月21日) - 1896年(明治29年)2月5日)は、反政府側の政論家・新聞記者・衆議院議員・政治小説家。幼名雄次郎、後に重恭(しげやす)。号に鉄腸、子倹、浩斎。
全国の愛媛県出身者
慶應義塾大学出身      愛媛県出身の慶應義塾大学の出身者      全国の慶應義塾大学の出身者
 14  平田東助    山形県 出身Wikipedia
平田東助(ひらた とうすけ、嘉永2年3月3日(1849年3月26日)- 大正14年(1925年)4月14日)は、日本の明治・大正期の官僚・政治家。農商務大臣・内務大臣・内大臣を歴任する。山縣有朋の側近としても有名。また、第2次桂内閣において神社合祀を強力に推進した。
全国の山形県出身者
慶應義塾大学出身      山形県出身の慶應義塾大学の出身者      全国の慶應義塾大学の出身者
山形県立米沢興譲館高等学校出身      全国の山形県立米沢興譲館高等学校の出身者
 15  安川敬一郎    福岡県 出身Wikipedia
安川 敬一郎(やすかわ けいいちろう、嘉永2年4月17日(1849年5月9日) - 昭和9年(1934年)11月30日)は日本の武士(福岡藩士)、戦前の政治家、実業家。貴族院議員、衆議院議員。大正9年(1920年)1月13日、男爵授爵。勲三等瑞宝章。地方財閥・安川財閥の創始者であり、国士的な実業家として知られる。号は撫松。
全国の福岡県出身者
慶應義塾大学出身      福岡県出身の慶應義塾大学の出身者      全国の慶應義塾大学の出身者
福岡県立修猷館高等学校出身      全国の福岡県立修猷館高等学校の出身者
 16  阿部泰蔵    愛知県 出身Wikipedia
阿部 泰蔵(あべ たいぞう、嘉永2年4月27日(1849年5月19日) - 大正13年(1924年)10月22日)は、幕末期の武士(吉田藩士)、明治期の官吏、法典調査会査定委員、教育者、明治生命保険創立者。従五位勲四等旭日小綬章。
全国の愛知県出身者
慶應義塾大学出身      愛知県出身の慶應義塾大学の出身者      全国の慶應義塾大学の出身者
 17  河津祐之    愛知県 碧南市 出身Wikipedia
河津 祐之(かわづ すけゆき、嘉永2年4月8日(1849年4月30日) - 明治27年(1894年)7月12日)は、明治時代前期の官僚。元老院書記官、大阪控訴院検事長、名古屋控訴裁判所検事長、司法大書記官、司法省刑事局長、逓信次官等を歴任。東京法学校(現法政大学)校長。通称は四郎。
全国の愛知県出身者    全国の碧南市出身者
 18  安川敬一郎    福岡県 出身Wikipedia
安川 敬一郎(やすかわ けいいちろう、嘉永2年4月18日(1849年5月10日) - 昭和9年(1934年)11月30日)は日本の武士(福岡藩士)、戦前の政治家、実業家。貴族院議員、衆議院議員。大正9年(1920年)1月13日、男爵授爵。勲三等瑞宝章。地方財閥・安川財閥の創始者であり、国士的な実業家として知られる。号は撫松。
全国の福岡県出身者
慶應義塾大学出身      福岡県出身の慶應義塾大学の出身者      全国の慶應義塾大学の出身者
 19  三代目中村歌六    大阪府 出身Wikipedia
三代目 中村 歌六(さんだいめ なかむら かろく、嘉永2年4月16日(1849年5月8日) - 1919年(大正8年)5月17日)は明治時代の歌舞伎役者。俳名は獅童、屋号は播磨屋。定紋は揚羽蝶、替紋は蔓片喰。本名は波野 時蔵(なみの ときぞう)。
全国の大阪府出身者
 20  阿部泰蔵    愛知県 出身Wikipedia
阿部 泰蔵(あべ たいぞう、嘉永2年4月27日(1849年5月19日) - 大正13年(1924年)10月22日)は、幕末期の武士(吉田藩士)、明治期の官吏、法典調査会査定委員、教育者、明治生命保険創立者。従五位勲四等旭日小綬章。
全国の愛知県出身者
慶應義塾大学出身      愛知県出身の慶應義塾大学の出身者      全国の慶應義塾大学の出身者
 21  昭憲皇太后Wikipedia
昭憲皇太后(しょうけんこうたいごう、嘉永2年4月17日(1849年5月9日) - 1914年(大正3年)4月9日)は、明治天皇の皇后。旧名・一条美子(いちじょう はるこ)。病弱で実子はなかったが、嫡妻として、明治天皇の側室(柳原愛子)が生んだ嘉仁親王(大正天皇)を養子とした。
東京慈恵会医科大学出身      出身の東京慈恵会医科大学の出身者      全国の東京慈恵会医科大学の出身者
 22  上村彦之丞    鹿児島県 鹿児島市 出身Wikipedia
上村 彦之丞(かみむら ひこのじょう、嘉永2年5月1日(1849年6月20日) - 大正5年(1916年)8月8日)は日本の海軍軍人。最終階級は海軍大将。従二位勲一等功一級男爵。あだ名は「船乗り将軍」。
全国の鹿児島県出身者    全国の鹿児島市出身者
攻玉社高等学校出身      全国の攻玉社高等学校の出身者
 23  佐藤正Wikipedia
佐藤 正(さとう ただし、嘉永2年6月1日(1849年7月20日) - 大正9年(1920年)4月27日)は、明治時代の陸軍軍人。階級は陸軍少将、位階は従二位功四級。広島県広島市出身。広島県平民。歩兵第18連隊長、第3代広島市長、宮中顧問官等を歴任する。
修道高等学校出身      全国の修道高等学校の出身者
 24  河野広中    福島県 出身Wikipedia
河野広中(こうの ひろなか、嘉永2年7月7日(1849年8月24日) - 大正12年(1923年)12月29日)は、日本の武士(三春藩士)、政治家。第11代衆議院議長。磐州と号した。福島県庁前に「河野磐州翁」の銅像が立っている。
全国の福島県出身者
 25  白井久井Wikipedia
白井 久井(しらい ひさい、嘉永2年7月8日(1849年8月25日) - 大正元年(1912年)9月10日)は、婦人運動家、庄内婦人会会長。出羽国庄内(現在の山形県鶴岡市)出身。
山形県立鶴岡北高等学校出身      全国の山形県立鶴岡北高等学校の出身者
 26  松平直致Wikipedia
松平 直致(まつだいら なおむね、嘉永2年8月4日(1849年9月20日) - 明治17年(1884年)6月28日)は、明治時代初期の知藩事。播磨国明石藩第10代(最後)の藩主。直良系越前松平家11代。
慶應義塾大学出身      出身の慶應義塾大学の出身者      全国の慶應義塾大学の出身者
 27  鮫島重雄    鹿児島県 南九州市(旧川辺郡川辺町平山) 出身Wikipedia
鮫島 重雄(さめしま しげお、嘉永2年9月6日(1849年10月21日) - 昭和3年(1928年)4月17日)は、日本の陸軍軍人。陸軍大将正三位勲一等功二級男爵。
全国の鹿児島県出身者    全国の南九州市(旧川辺郡川辺町平山)出身者
 28  高木兼寛    宮崎県 宮崎市(旧高岡町(誕生時は、穆佐(むかさ)村) 出身Wikipedia
高木 兼寛(たかき かねひろ[注 1]、嘉永2年9月15日(1849年10月30日) - 大正9年(1920年)4月13日)は日本の海軍軍人、最終階級は海軍軍医総監(少将相当)。医学博士。男爵。東京慈恵会医科大学の創設者。脚気の撲滅に尽力し、「ビタミンの父」とも呼ばれる。当時日本の食文化では馴染みの薄かったカレーを脚気の予防として海軍の食事に取り入れた(海軍カレー)。
全国の宮崎県出身者    全国の宮崎市(旧高岡町(誕生時は、穆佐(むかさ)村)出身者
 29  茨木惟昭    和歌山県 出身Wikipedia
茨木 惟昭(いばらき これあき、嘉永2年9月9日(1849年10月24日) - 大正3年(1914年)7月14日)は、日本陸軍の軍人。最終階級は陸軍中将。男爵。
全国の和歌山県出身者
 30  鞆ノ平武右衛門    広島県  備後国後路村 出身Wikipedia
鞆ノ平 武右衛門(とものひら たけえもん、嘉永2年9月18日(1849年11月2日) - 明治34年(1901年)11月25日)は、備後国沼隈郡鞆(現在の広島県福山市)出身で雷部屋(入門時は玉垣部屋、大坂相撲では湊部屋)所属の明治時代に活躍した元大相撲力士。本名は、村上武右衛門(むらかみ たけえもん)。現役時代の体格は身長170cm、体重96kg。得意手は左四つ、寄り。最高位は関脇。
全国の広島県出身者    全国の 備後国後路村出身者
 31  西園寺公望    京都府 出身Wikipedia
西園寺 公望(さいおんじ きんもち、嘉永2年10月22日(1849年12月6日)[注釈 1] - 昭和15年(1940年)11月24日)は、日本の公家、政治家、教育者。位階・勲等・爵位は従一位大勲位公爵。雅号は陶庵、不読、竹軒[注釈 2]。
全国の京都府出身者
 32  大久保諶之丞    香川県 出身Wikipedia
大久保 諶之丞(おおくぼ じんのじょう、1849年10月2日(嘉永2年8月16日) - 1891年(明治24年)12月14日)は明治期日本の政治家。明治初期に四国新道(現在の国道32号、国道33号等の前身)・香川用水・瀬戸大橋を提唱したことで知られる。
全国の香川県出身者
 33  越智彦四郎Wikipedia
越智 彦四郎(おち ひこしろう、嘉永2年10月12日(1849年11月26日) - 明治10年(1877年)5月1日)は、幕末の筑前福岡藩士、勤皇家、自由民権運動家。
福岡県立修猷館高等学校出身      全国の福岡県立修猷館高等学校の出身者
 34  児玉仲児Wikipedia
児玉 仲児(こだま ちゅうじ、嘉永2年11月14日(1849年12月28日) - 明治42年(1909年)1月24日)は、和歌山県の民権家、官吏、衆議院議員(3期)、大日本水産会名誉会員。
慶應義塾大学出身      出身の慶應義塾大学の出身者      全国の慶應義塾大学の出身者
 35  乃木希典    山口県 出身Wikipedia
乃木 希典(のぎ まれすけ、嘉永2年11月11日(1849年12月25日) - 1912年(大正元年)9月13日)は、日本の武士(長府藩士)、軍人、教育者。日露戦争における旅順攻囲戦の指揮や、明治天皇の後を慕って殉死したことで国際的にも著名である。
全国の山口県出身者
学習院大学出身      山口県出身の学習院大学の出身者      全国の学習院大学の出身者
 36  乃木希典    山口県 出身Wikipedia
乃木 希典(のぎ まれすけ、嘉永2年11月11日(1849年12月25日) - 大正元年(1912年)9月13日)は、日本の武士(長府藩士)、軍人、教育者。階級は陸軍大将。栄典は贈正二位・勲一等・功一級・伯爵。第10代学習院院長。家紋は「市松四つ目結い」。幼名は無人(なきと)で、その後、源三と名を改め、頼時とも称した[1]。 さらに後、文蔵、次いで希典と名を改めた。また、出雲源氏佐々木氏の子孫と称したことから源希典との署名もよく用いた[2]。号としては、静堂、秀顕、石樵及び石林子を用いた[1]。「乃木大将」または「乃木将軍」などの呼称で呼ばれることも多い[3]。
全国の山口県出身者
学習院大学出身      山口県出身の学習院大学の出身者      全国の学習院大学の出身者
 37  宇佐川一正    山口県 出身Wikipedia
宇佐川 一正(うさがわ かずまさ、1849年12月24日(嘉永2年11月10日) - 1927年11月10日)は、日本陸軍の軍人。最終階級は陸軍中将。男爵。
全国の山口県出身者
 38  江木高遠    広島県  備後国 出身Wikipedia
江木高遠(えぎたかとお、1849年(嘉永2年)12月22日 - 1880年(明治13年)6月6日)は、文明開化期の学者、啓蒙家、外務官僚。養子に入り、『高戸賞士』を名乗った時期があった。
全国の広島県出身者    全国の 備後国出身者
慶應義塾大学出身      広島県出身の慶應義塾大学の出身者      全国の慶應義塾大学の出身者
広島県立福山誠之館高等学校出身      全国の広島県立福山誠之館高等学校の出身者




スポンサーリンク




有名人ナビ 出身高校編

有名人ナビ 出身大学編

有名人ナビ 誕生日編

有名人ナビ 出身都道府県編





スポンサーリンク