トップページ >1842年生まれの有名人

このサイトに登録されている誕生日で有名人の数:89,185人


スポンサーリンク


このサイトに登録されている「1842年」生まれの有名人の数:29:人
 1  雷電震右エ門    石川県 江戸時代に活躍、現在の羽咋市出身 出身Wikipedia
雷電 震右エ門(らいでん しんえもん、1842年 - 1884年11月16日)は、能登国羽咋郡(現在の石川県羽咋市)出身で千賀ノ浦部屋(入門時は阿武松部屋)所属の明治初期に活躍した元大相撲力士。本名は、和吉→楠和助。現役時代の体格は身長177cm、体重125kg。得意手は突き、押し。最高位は大関。
全国の石川県出身者    全国の江戸時代に活躍、現在の羽咋市出身出身者
 2  床次正精    鹿児島県 鹿児島市 出身Wikipedia
床次 正精(とこなみ まさよし、画家としての読みは「とこなみ せいせい」、1842年(天保13年) - 1897年(明治30年)10月21日)は日本の検事・判事、洋画家。息子に床次竹二郎がいる。
全国の鹿児島県出身者    全国の鹿児島市出身者
 3  村上新九郎    熊本県 肥後国熊本 出身Wikipedia
村上 新九郎(むらかみ しんくろう、天保13年(1842年) - 1876年(明治9年)10月25日)は江戸時代後期(幕末)の肥後藩士。明治時代前期の熊本県庁第四課所属。最終階級は六等警部。
全国の熊本県出身者    全国の肥後国熊本出身者
 4  北原雅長    福島県 出身Wikipedia
北原 雅長(きたはら まさなが、天保13年(1842年) - 大正2年(1913年)7月24日)は、初代長崎市長。 号は清華、歌仏庵。
全国の福島県出身者
 5  辻新次    長野県 出身Wikipedia
辻 新次(つじ しんじ、天保13年1月9日(1842年2月18日) - 大正4年(1915年)11月30日)は明治時代の日本の文部官僚。旧松本藩士。男爵。号は信松。
全国の長野県出身者
 6  得能関四郎    群馬県 出身Wikipedia
得能 関四郎(とくのう せきしろう、1842年2月24日(天保13年1月15日) - 1908年(明治41年)7月17日)は、日本の武士、剣術家、警察官。諱は通久。
全国の群馬県出身者
 7  川端玉章    京都府 出身Wikipedia
川端 玉章(かわばた ぎょくしょう、天保13年3月8日(1842年4月18日) - 大正2年(1913年)2月14日)は、日本画家。京都・高倉二条瓦町の生まれ。蒔絵師左兵衛の子。本名・滝之助。
全国の京都府出身者
 8  小松彰    長野県 出身Wikipedia
小松 彰(こまつ あきら、1842年4月19日(天保13年3月9日) - 1888年(明治21年)3月25日)は明治時代の日本の実業家、官僚。旧松本藩士。久美浜県権知事兼生野県権知事、豊岡県令、東京株式取引所頭取を歴任した。通称・彰太郎、左右輔。号は雪巌[2]。
全国の長野県出身者
 9  竹添進一郎    熊本県 上天草市 出身Wikipedia
竹添 進一郎(たけぞえ しんいちろう、1842年4月25日(天保13年3月15日) - 1917年(大正6年)3月31日)は、日本の外交官、漢学者。名は漸、字は光鴻(こうこう、みつあき)、号は井井(せいせい)と称した[2]。 甲申政変時の朝鮮弁理公使であり、後に漢学者として活躍した。日本学士院賞受賞。熊本県近代文化功労者[3]。
全国の熊本県出身者    全国の上天草市出身者
 10  時任為基    鹿児島県 出身Wikipedia
時任 為基(ときとう ためもと、天保13年5月(1842年) - 明治38年(1905年)9月1日)は、日本の内務官僚、政治家。府県知事、元老院議官、貴族院議員。通称・静吉。
全国の鹿児島県出身者
 11  足立寛    静岡県 出身Wikipedia
足立 寛(あだち かん、1842年(天保13年)5月 - 1917年(大正6年)7月7日)は、幕末から明治にかけての医師、医学者、日本陸軍軍医、陸軍軍医学校校長。最終階級は陸軍軍医総監。字は士得。号は菊径、欲堂。
全国の静岡県出身者
慶應義塾大学出身      静岡県出身の慶應義塾大学の出身者      全国の慶應義塾大学の出身者
 12  長谷川泰Wikipedia
長谷川 泰(はせがわ たい/やすし、天保13年(1842年)6月 - 明治45年(1912年)3月11日)は、幕末期の越後長岡藩軍医、「済生学舎」(日本医科大学の前身)創立者、内務省衛生局長、衆議院議員。従三位勲三等。幼名は多一、字は子寧、通称は復庵。号に蘇山・蘇門道人・柳塘・八十八峰外史・信水漁夫など。
慶應義塾大学出身      出身の慶應義塾大学の出身者      全国の慶應義塾大学の出身者
 13  大東義徹    滋賀県 彦根市 出身Wikipedia
大東 義徹(おおひがし ぎてつ/よしあきら/よしてつ、天保13年7月15日(1842年8月20日) - 明治38年(1905年)4月8日)は、日本の官僚、政治家。司法大臣(第9代)、衆議院議員(7期)を務めた。元の名は小西新左衛門。
全国の滋賀県出身者    全国の彦根市出身者
 14  百武兼行    佐賀県 出身Wikipedia
百武 兼行(ひゃくたけ かねゆき、1842年7月14日(天保13年6月7日) - 1884年(明治17年)12月21日)は、日本近代の洋画家、外交官。日本で最初に洋画・裸婦像を描いた人物・フランスで初めて洋画を学んだ日本人といわれる。龍造寺氏に仕えた戦国武将の百武賢兼の直系の子孫にあたる。
全国の佐賀県出身者
 15  野村靖    山口県 出身Wikipedia
野村 靖(のむら やすし、天保13年8月6日(1842年9月10日) - 明治42年(1909年)1月24日)は日本の武士、政治家。子爵。名は和作、靖之助。号を欲庵、香夢庵主。官位は正二位。山口県萩市萩往還公園に天野清三郎と並んだ銅像が立っている。
全国の山口県出身者
 16  林有造    高知県 出身Wikipedia
林 有造(はやし ゆうぞう、天保13年8月17日(1842年9月21日) - 大正10年 (1921年)12月29日)は、日本の武士、政治家、自由民権運動家。逓信大臣、農商務大臣などを歴任。位階勲等は従二位勲四等。幼名を助次。実名は包直。梅渓と号した。
全国の高知県出身者
 17  小林信近    愛媛県 出身Wikipedia
小林 信近(こばやし のぶちか、天保13年8月28日(1842年10月2日) - 大正7年(1918年)9月24日)は、日本の実業家、政治家。松山城下(現愛媛県松山市)出身。伊予鉄道会社の創立者であり初代社長。第五十二国立銀行(現伊予銀行)、松山商法会議所(現松山商工会議所)、伊予水力電気(現四国電力)を創立するとともに、海南新聞社(現愛媛新聞社)社長を務めるなど、明治時代に愛媛経済の基盤を作った。
全国の愛媛県出身者
愛媛県立松山東高等学校出身      全国の愛媛県立松山東高等学校の出身者
 18  若嶌久三郎    福島県 出身Wikipedia
若嶌 久三郎(わかしま きゅうざぶろう、1842年9月 - 1891年1月6日)は、福島県会津若松市出身の大相撲力士。最高位は大関。本名は小沢(旧姓根本)久三郎。現役時代の体格は174cm、113kg。福島県出身の力士でただ一人大関になっている。
全国の福島県出身者
 19  森山茂    奈良県 出身Wikipedia
森山 茂(もりやま しげる、天保13年9月(1842年) - 大正8年(1919年)2月26日)は、日本の外交官、政治家。外交官の時には朝鮮との外交交渉に携わり、退官後は元老院議官、富山県知事、貴族院議員などを務めた。錦鶏間祗候[1]。
全国の奈良県出身者
京都大学出身      奈良県出身の京都大学の出身者      全国の京都大学の出身者
 20  大山巌    鹿児島県 鹿児島市 出身Wikipedia
大山 巌(おおやま いわお、正字: 大山 巖、天保13年10月10日(1842年11月12日) - 大正5年(1916年)12月10日)は、日本の武士(薩摩藩士)、陸軍軍人、政治家。幼名は岩次郎。通称は弥助。雅号は赫山、瑞岩。字は清海。称号・階級は元帥陸軍大将。栄典(位階勲等および爵位)は従一位大勲位功一級公爵。
全国の鹿児島県出身者    全国の鹿児島市出身者
 21  河原田盛美    福島県 出身Wikipedia
河原田 盛美(かわらだ もりはる/もりよし、天保13年10月5日(1842年11月7日) - 大正3年(1914年)8月15日)は、幕末・明治の農学者。一時、会津藩や内務省・農商務省に出仕していた。
全国の福島県出身者
 22  初代市川左團次    大阪府 出身Wikipedia
初代 市川左團次(しょだい いちかわ さだんじ、天保13年10月28日(1842年11月30日) - 1904年(明治37年)8月7日)は歌舞伎役者。屋号は髙島屋。定紋は三升に左(みますに ひだり)、替紋は松川菱に鬼蔦(まつかわびしに おにづた)。俳名に松蔦(しょうちょう)・筵升(えんしょう)。本名は高橋 榮三(たかはし えいぞう)。
全国の大阪府出身者
 23  肥田昭作Wikipedia
肥田 昭作(ひだ しょうさく、天保13年(1842年)10月 - 大正10年(1921年))は明治時代の文部官僚、実業家。東京外国語学校(東京外国語大学の前身)、東京英語学校(東京大学教養学部の前身)の校長を務めた。別名元碩[1]、昭敷[2]、玄二郎[3](玄次郎、鉉次郎[4])。
慶應義塾大学出身      出身の慶應義塾大学の出身者      全国の慶應義塾大学の出身者
 24  村橋久成    鹿児島県 鹿児島市 出身Wikipedia
村橋久成(むらはしひさなり、天保13年(1842年)10月 - 明治25年(1892年)9月28日)は、幕末の薩摩藩士、開拓使官吏。幼名・昇介。成人後、直衛、久成と名乗る。英国留学時の変名は橋直輔。
全国の鹿児島県出身者    全国の鹿児島市出身者
 25  原六郎    兵庫県 出身Wikipedia
原 六郎(はらろくろう、天保13年11月9日(1842年12月10日) - 昭和8年(1933年)11月14日)は日本の幕末から大正期の志士、軍人、銀行家、実業家。もとの名は進藤俊三郎長政といい、生野の変で敗れ潜伏中に、原六郎と改名。但馬国佐中村(現・兵庫県朝来市)出身。
全国の兵庫県出身者
明治大学出身      兵庫県出身の明治大学の出身者      全国の明治大学の出身者
 26  外山脩造    新潟県 出身Wikipedia
外山 脩造(とやま しゅうぞう、天保13年(1842年)11月10日 - 1916年(大正5年)1月13日)は、幕末の越後長岡藩士。明治期の衆議院議員、官吏、実業家。大蔵省、初代・日本銀行大阪支店長、横浜正金銀行取締役を経て、アサヒビール、商業興信所(日本初の信用調査会社)等の創業に関わる。阪神電鉄初代社長となり、関西財界の礎を築いた。号は軽雲。
全国の新潟県出身者
慶應義塾大学出身      新潟県出身の慶應義塾大学の出身者      全国の慶應義塾大学の出身者
 27  山田為暄    鹿児島県 出身Wikipedia
山田 為暄(やまだ ためのぶ / ためはる[要出典] / いけん[2]、1842年12月(天保13年11月) - 1911年5月12日)は、日本の内務官僚、政治家。県知事、警視総監、貴族院議員。旧姓・園田。
全国の鹿児島県出身者
 28  二代目中村梅玉    大阪府 出身Wikipedia
二代目 中村梅玉(にだいめ なかむら ばいぎょく、天保12年12月28日(1842年2月8日) - 大正10年(1921年)6月8日)は、幕末から明治、大正にかけて活躍した上方の歌舞伎役者。屋号は高砂屋。俳名に三雀・鶯声。本名は笹木 徳数(ささき のりかず)。
全国の大阪府出身者
 29  芳川顕正    徳島県 出身Wikipedia
芳川 顕正(よしかわ あきまさ、天保12年12月10日(1842年1月21日) - 大正9年(1920年)1月10日)は、日本の官僚、政治家。阿波国麻植郡山川町(後の徳島県吉野川市)出身。伯爵。
全国の徳島県出身者
國學院大學出身      徳島県出身の國學院大學の出身者      全国の國學院大學の出身者




スポンサーリンク




有名人ナビ 出身高校編

有名人ナビ 出身大学編

有名人ナビ 誕生日編

有名人ナビ 出身都道府県編





スポンサーリンク