トップページ >1827年生まれの有名人

このサイトに登録されている誕生日で有名人の数:78,818人


スポンサーリンク


このサイトに登録されている「1827年」生まれの有名人の数:14:人
 1  生月鯨太左衛門    長崎県 肥前国松浦郡(現・平戸市生月町)伝説の巨漢力士 出身Wikipedia
生月 鯨太左衛門(いきつき(いくづき、あるいはいけづきとも) げいたざえもん、文政10年3月21日(1827年4月16日) - 嘉永3年5月24日(1850年7月3日))は、肥前国松浦郡(現在の長崎県平戸市生月町)出身の江戸時代の力士。本名は、墨谷要作。身長が227cm、体重が169kgあり、日本一の巨漢力士であった。平戸藩生月島は江戸時代中期より捕鯨で有名となり、文政年間には日本一の捕鯨量を誇っていた。四股名はその生地と体格にちなんでつけられた。最高位は西張出前頭(初土俵から引退まで)。
全国の長崎県出身者    全国の肥前国松浦郡(現・平戸市生月町)伝説の巨漢力士出身者
 2  安里安恒    沖縄県 出身Wikipedia
安里 安恒(あさと あんこう、1827年 - 1903年、1828年 - 1906年の説もあり)は、琉球王国時代から明治にかけての沖縄の唐手(現・空手)家。首里手の大家の一人として知られる。
全国の沖縄県出身者
 3  荒川亀斎    島根県 松江市 出身Wikipedia
荒川亀斎(あらかわきさい、文政10年(1827年) - 明治39年(1906年))は島根県松江市横浜町出身の彫刻家である。名は明生。通称、重之輔。木彫りの彫刻等が有名であるが、機械器具の発明家でもある。79歳で亡くなった後洞光寺に葬られている。
全国の島根県出身者    全国の松江市出身者
 4  河野仲次郎Wikipedia
河野 仲次郎(こうの ちゅうじろう、文政10年(1827年) - 明治15年(1882年))は、幕末期の八王子千人同心頭。維新後に通唯と改名、初名は通聿。
慶應義塾大学出身      出身の慶應義塾大学の出身者      全国の慶應義塾大学の出身者
 5  ジョン万次郎    高知県 出身Wikipedia
ジョン万次郎(ジョン まんじろう、文政10年1月1日(1827年1月27日) - 明治31年(1898年)11月12日)は、江戸時代末期(幕末)から明治にかけての人物。日米和親条約の締結に尽力し、その後通訳・教師などとして活躍した。ジョン・マン(John Mung)とも呼ばれた。本名は中濱 萬次郎(なかはま まんじろう)。なお、「ジョン万次郎」という呼称は、昭和13年(1938年)に第6回直木賞を受賞した『ジョン萬次郎漂流記』(井伏鱒二)で用いられたため広まったもので、それ以前には使用されていない。
全国の高知県出身者
 6  下村善太郎    群馬県 出身Wikipedia
下村 善太郎(しもむら ぜんたろう、文政10年4月28日(1827年5月19日) - 明治26年(1893年)6月4日)は明治時代の生糸貿易商。初代前橋市長。
全国の群馬県出身者
 7  原善三郎    群馬県 出身Wikipedia
原善三郎(はらぜんざぶろう 文政10年4月28日(1827年5月23日) - 明治32年(1899年)2月6日)は、江戸後期から明治の実業家、政治家。
全国の群馬県出身者
 8  中林梧竹    佐賀県 出身Wikipedia
中林 梧竹(なかばやし ごちく、文政10年4月19日(1827年5月14日) - 大正2年(1913年)8月4日)は、日本の書家。明治の三筆の一人。名を隆経、通称は彦四郎、字は子達。梧竹は号である。また剣閣主人ともいった。家は代々鍋島藩の支藩小城藩の家臣であった。
全国の佐賀県出身者
 9  杉谷雪樵    熊本県 肥後国熊本坪井(現・熊本市中央区) 出身Wikipedia
杉谷 雪樵(すぎたに せっしょう、文政10年9月26日(1827年11月15日) - 明治28年(1895年)8月4日)は、幕末から明治時代中期の日本画家。雪舟の流れを汲む雲谷派支流で、熊本藩の御用を務める矢野派に属する、熊本藩最後の御用絵師。晩年は上京して日本美術協会などで活躍、熊本における近代日本画家の先駆と評される。
全国の熊本県出身者    全国の肥後国熊本坪井(現・熊本市中央区)出身者
 10  内藤耻叟    茨城県 水戸市 出身Wikipedia
内藤 耻叟(ないとう ちそう、文政10年9月25日(1827年11月15日) - 明治36年(1903年)6月7日)は、明治時代に活躍した歴史家。本名は正直。
全国の茨城県出身者    全国の水戸市出身者
 11  武田斐三郎    愛媛県 出身Wikipedia
武田 斐三郎(たけだ あやさぶろう、文政10年9月15日(1827年11月4日) - 明治13年(1880年)1月28日)は、日本の武士(伊予大洲藩士)、科学者、教育者、陸軍軍人。函館時代までは斐三郎、明治政府時代からは成章(しげあきら)の名を使った。竹塘(ちくとう)と号す。
全国の愛媛県出身者
 12  税所篤    鹿児島県 出身Wikipedia
税所 篤(さいしょ あつし、文政10年11月5日(1827年12月22日)- 明治43年(1910年)6月21日)は、日本の武士(薩摩藩士)、官僚。子爵。内国事務権判事、西日本各地の県知事・県令、元老院議官、宮中顧問官、枢密顧問官等を歴任した。通称は喜三左衛門、容八、長蔵。号は巌舎、鵬北。初名は篤満、後に篤信とも名乗った。旧幕時代は王事に奔走し、一時は西郷隆盛、大久保利通と共に薩南の三傑と並び称された薩摩閥の重鎮である。
全国の鹿児島県出身者
 13  重野安繹    鹿児島県 鹿児島市 出身Wikipedia
重野 安繹(しげの やすつぐ、1827年11月24日(文政10年10月6日) - 1910年(明治43年)12月6日)は江戸時代末期から明治初期に活躍した漢学者、歴史家。日本で最初に実証主義を提唱した日本歴史学研究の泰斗、また日本最初の文学博士。通称は厚之丞。字は子徳、号は成斎、曙戒軒鞭。安繹は「あんえき」とも。
全国の鹿児島県出身者    全国の鹿児島市出身者
 14  茂木惣兵衛    群馬県 出身Wikipedia
茂木 惣兵衛(もぎ そうべえ、1827年12月8日(文政10年10月20日) - 1894年(明治27年)8月21日)は、横浜の実業家であり、原善三郎と並ぶ明治時代における横浜商人の象徴的人物である。
全国の群馬県出身者




スポンサーリンク




有名人ナビ 出身高校編

有名人ナビ 出身大学編

有名人ナビ 誕生日編

有名人ナビ 出身都道府県編





スポンサーリンク



TOPへ戻る